”顕微鏡の人気おすすめランキング15選【実体顕微鏡や中学生向けまで】

顕微鏡はさまざまものをミクロ単位でみれる小・中学生の理科の授業などで親しみのあるものです。実体顕微鏡・生物顕微鏡・USB対応・カメラやスマホに対応したものなどがあります。また、最近ではSWIFTなどのメーカーから大人も満足できるものが販売され、非常に便利です。今回はそんな顕微鏡の選び方と人気おすすめランキングをご紹介させて頂きます。

小・中学生の自由研究から仕事まで幅広い用途で使われる顕微鏡

皆さんは顕微鏡を使ったことがありますか。顕微鏡はさまざまな物をミクロの単位で観察でき、小・中学校の授業でも利用した方も多いはずです。種類も多く、実体顕微鏡や生物顕微鏡などがあり、子供から大人まで多くの方が利用しています。

 

顕微鏡なんて使いにくそうと思う方もいらっしゃいますよね。実は最近の商品の中にはどこでも繋げられるワイヤレスタイプ・USBタイプ・スマホのカメラを利用できるもの・SWIFTなどの人気メーカーのものがあり使いやすいです。

 

今回はそんな顕微鏡の選び方と人気おすすめランキングをご紹介させて頂きます。ランキングは価格・タイプ・その他の特徴を基準に作成しているので、これから顕微鏡を購入しようと考えている方は是非参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

生物顕微鏡のおすすめ

機能性や平坦性の優れたSWIFTの人気商品

様々な機能を搭載したシンプルで使いやすい商品です。高性能な双眼式の顕微鏡であり、最大で2500倍率までの高倍率と360°回転式ヘッドを採用しているので生物の細胞の細かい部分までしっかりと確認することができます。

タイプ 生物顕微鏡 本体サイズ 19.5×4×37cm
倍率 40倍~2500倍

デジタル顕微鏡のおすすめ

さまざまなメディアに接続可能なUSB対応顕微鏡

光学倍率が1000倍まで拡大できる高性能なデジタル顕微鏡です。様々な対象物を観察することができるだけでなく、Windows・Mac・Android・IOSで使用できる互換性の高さも兼ね備えています。使い勝手の良い商品をお探しの方におすすめです。

タイプ デジタル顕微鏡 本体サイズ 14.8×4cm
倍率 50~1000倍

ハンディタイプの顕微鏡のおすすめ

手のひらにすっぽり収まるコンパクト商品

電源の心配なく使用できるコンパクトな商品です。ハンディタイプの中でも軽量でサイズも手のひらに収まる程なので、どんな場所にも収納して持ち運ぶことができます。またLEDライトも内蔵されているため、暗い場所でも活躍します。

タイプ 本体サイズ 3.7x2.6x8.8cm
倍率 60~120倍

顕微鏡の選び方

顕微鏡の選び方についてご紹介させて頂きます。同じような設計に見えても特徴が大きく異なるので是非下記でご紹介するポイントを参考に選んでみましょう。

種類で選ぶ

顕微鏡を選ぶ際は種類を確認してから選びましょう。種類には主に生物顕微鏡、実体顕微鏡、金属顕微鏡などがあります。

生物や花粉などを観察したい方は「生物顕微鏡」がおすすめ

細胞や花粉を細かく観察したい方は、生物顕微鏡がおすすめです。生物顕微鏡は顕微鏡の中では最もメジャーな商品であり、下から照明を当てて光を透過させ観察するタイプの商品です。厚みのある物を観察するのには向いていませんが、より高倍率で観察できます。

 

そのため肉眼では観察することが難しい物も気軽に観察することが可能です。価格も商品によっては非常にリーズナブルな物もあるので是非確認してみてください。

耐倍率で岩石などの観察をしたい方は「実体顕微鏡」がおすすめ

昆虫観察や岩石などの表面を観察したい方は実体顕微鏡がおすすめです。様々な物を観察することができ、対物レンズとステージの距離が長いので立体的な物の観察もできます。また、他の種類よりも価格が安いので、初めて顕微鏡を購入する方にもおすすめです。

 

お買い求めしやすい商品ですが、低倍率の商品が多く、微細なものの観察には向いていないので注意してください。

金属や半導体を観察したい方は「金属顕微鏡」がおすすめ

光を通さない金属や半導体などの観察をしたい方は金属顕微鏡がおすすめです。他の種類よりも解像度の高い商品が多く、さまざまなフィルターやオプションが付属しています。また金属組織以外の対象を観察することもできます。

 

しかし、性能が良い反面、価格の高い商品も多いので、費用を抑えたいという方は注意しましょう。

使いやすく高性能な商品をお探しの方は「デジタル顕微鏡」がおすすめ

使いやすく高性能な商品をお探しの方はデジタル顕微鏡がおすすめです。デジタル顕微鏡は接眼レンズがなく、代わりにカメラでモニターに映像を表示させて観察します。最近ではメジャーになっており、生物顕微鏡から金属顕微鏡まで多くの種類が販売されてます。

 

また、デジタルならではの自動調整機能や素早く使える一体型などの商品も販売されており、電源方式も異なるのため購入する際は事前に確認しておきましょう。

野外観察などに使用したい方は「ハンディタイプ」をチェック

顕微鏡を野外観察などに利用したい方はハンディタイプの商品がおすすめです。携帯性に優れており、手のひらに収まるサイズなので、どんな場所にも気軽に持ち運ぶことができます。また、価格もお手頃な商品も多く、子供用として購入する方もいらっしゃいます。

 

しかし、コンパクトな反面、機能性は他の商品よりも劣る場合があるので高性能な商品をお探しの方にはあまり向いていません。

接眼部の数で選ぶ

顕微鏡を購入するのであれば、接眼部の数で選ぶのもおすすめです。接眼部には主に単眼式と双眼式があります。

安価で手に入りやすい商品をお探しの方は「単眼式」がおすすめ

費用をなるべく抑えたいという方は単眼式の商品がおすすめです。単眼式は片目だけで観察する方式のものであり、部品が少なくシンプルな設計なのでその分、価格を抑えられるようになっています。

 

しかし、人によっては目が疲れてしまったり、見づらい場合などのデメリットもあるので注意しましょう。

目の負担を軽減したい方は「双眼式」がおすすめ

顕微鏡を使用する際に目の負担を軽減したい方は、双眼式の商品がおすすめです。片方の目だけで対象物を観察する単眼式と異なり、双眼式は2つのレンズを使用するため対象物をより立体的に拡大して見ることができます。

 

また、両眼で見ることで疲労も抑えられるため、長時間でも使っていられます。ブレなども抑えられる双眼式ですが、本体価格は単眼式よりも高いので注意してください。

デジタル顕微鏡を選ぶならタイプで選ぶ

デジタル顕微鏡には主にセパレート型と一体型の2種類のタイプがあります。そのため、デジタルな商品をお探しの方は確認しておいてください。

パソコンやスマホを利用したいなら「セパレート型」がおすすめ

使い勝手のいい本格的な商品をお探しの方はセパレート型の顕微鏡がおすすめです。セパレートタイプはコードを介して、パソコンやスマホのディスプレイを使って観察します。性能が高く機能性の良い物も多いので、本格的な仕事で使われるものもあります。

 

また、機能性によって価格も大きく異なるため、自分の費用に適した商品を購入できます。利便性の高い商品ですがディスプレイがないと使用することができず、手間を感じる方もいらっしゃると思うので注意しましょう。

気軽に使いたいなら「一体型」がおすすめ

屋内や屋外を問わずに気軽に顕微鏡を使いたいという方は一体型の商品がおすすめです。レンズやディスプレイが一体化しているため、簡単に持ち運ぶことができます。また、切り取って顕微鏡に乗せられない生体等も観察が可能です。

 

そのため、学習目的だけでなく、お肌のチェック等の健康管理を目的に使用する方もいらっしゃいます。非常に人気のあるタイプですがセパレート型よりも性能が劣る商品が多いので購入する際は、機能面もチェックしておきましょう。

電源方式で選ぶ

顕微鏡を選ぶ際は電源方式をチェックしておきましょう。通電源方式には主にUSB給電式・バッテリー式の2種類があります。

長時間使い続けたい方は「USB給電式」がおすすめ

長時間顕微鏡を使用したい方やパソコンの傍でしか使わないという方はUSB給電式の商品がおすすめです。バッテリーの心配もなく常に顕微鏡を使用することができるので、より作業も快適になります。主にジタル顕微鏡に採用されている電源方式です。

 

また、省電力で経済的なものも多いのでコストパフォーマンスの高い商品をお探しの方にも向いています。しかし、パソコンのない場所では使い勝手が悪くなってしまうので注意しましょう。

どんな場所でも使いたい方は「バッテリー式」がおすすめ

どこでも顕微鏡を使いたい方は、バッテリー式の商品がおすすめです。本体に乾電池や充電池をセットして作動するタイプなので、屋内から屋外まで場所を問わずに使用することができます。そのため、非常に利便性が高いです。

 

軽快に作業のできるバッテリー式ですが、充電時間や連続使用時間が商品によっても異なります。また、乾電池式の物は電池が切れるたびに交換が必要となるので注意してください。

基本性能やスペックで選ぶ

顕微鏡を選ぶ際は、基本性能やスペックで選ぶのも重要なポイントです。基本性能が高ければそれだけで、使い勝手も良くなります。

より繊細に対象物を観たいなら「レンズ倍率」がおすすめ

より高性能で繊細に対象物を観察したい方は、レンズ倍率の高い商品を選びましょう。レンズ倍率の高い物であれば低倍率から高倍率までカバーすることができるため、その分使い勝手も良くなります。

 

基本的にミクロまでの世界を楽しみたい方は50倍程度、プランクトンの観察であれば100倍程度あれば問題ありません。また、中には400倍以上の細胞を観察できる物もありますが、コストも高くなるため、用途に応じた倍率がおすすめです。

細かいところまで綺麗に観たいなら「画素数」がおすすめ

デジタル顕微鏡でより綺麗な画像を見たい方は画素数の高い商品を選んでみましょう。画像の良さは画素数によって左右されるため、倍率が高くても細かなところまで観察できない場合があります。そのため、細かい物を観察する際は高画素数の物が向いています。

 

しかし、画素数はレンズ倍率と同様に高いほど高価なものになる傾向があるため、予算を考慮し最適な商品をを選ぶようにしましょう。

その他の機能性で選ぶ

顕微鏡を選ぶ際はスペックなども重要ですが機能性も考慮してみてください。用途に応じた機能などがあればより快適に作業することができます。

カメラのように画像を保存したいなら「撮影機能」がおすすめ

顕微鏡で観察する際は、その画像を写真などで残したいという方もいらっしゃいますよね。そんな方は撮影機能付きの商品がおすすめです。撮影機能の中には静止画だけでなく動画を撮れる商品もあるので、論文や観察などに非常に役に立ちます。

 

また、デジタル電子顕微鏡であればカメラを取り付けなくてもデジタル信号をそのままデータ化して撮影することもできますので興味のある方は是非確認してみてください。

データを強要して使いたい方は「カード付き」がおすすめ

撮影したデータを他の方と共用したいという方は、SDカード対応の商品を選びましょう。保存するにはデータをそのままパソコンに取り込んで保存するタイプが多いですが、中にはそのままSDカードなどを媒体に直接保存できる物もあります。

 

データ流失なども少なくて済むため、より使い勝手が良くなる機能をお探しの方にはおすすめの商品です。

ピントの倍率を頻繁に変える方は「自動調整機能」がおすすめ

観察中にレンズのピントや倍率を頻繁に調整する方は自動調整機能のある商品を選びましょう。自動調整機能のある商品であれば、レンズのピントを調整しても明るさまで調整する手間がないので、より快適に顕微鏡を使えます。

 

自動調整機能には様々な物がありますが、ボタンを押すだけで調整してくれるものであれば、手元を見ずに素早く調整できるため、より作業に集中できます。

価格の安い商品をお探しなら「シンプルな機能」をチェック

費用を抑えたい方はシンプルな機能の商品がおすすめです。最近の顕微鏡は様々な機能が搭載されたものや、高倍率の商品があります。そのような商品であれば、作業は捗りますが、コストも高くなってしまいます。

 

もし、試しに顕微鏡を使ってみたいのなら、機能もシンプルで低倍率な商品であれば費用を抑えられるので是非チェックしてみてください。

用途に応じた「価格」の商品をチェック

顕微鏡には様々な商品があり価格も大きく異なります。価格の高い物であれば実態顕微鏡で40万円以上、生物顕微鏡では30万以上の物があります。そのため、あまり高額な物を購入してしまうと、費用が予想以上にかかってしまいます。

 

そうならないためにも、用途に応じた価格の商品を購入しましょう。基本的に気軽な観察したい方や自由研究に使いたい場合は5千円~1万円以内、本格的な研究には1万円以上の商品の購入を検討してみてください。

人気のブランドやメーカーから選ぶ

顕微鏡を選ぶ際は人気のメーカーやブランドの商品もチェックしておきましょう。人気のメーカーは満足度も高いので商品選びで失敗するリスクも抑えられます。

小・中学生から大人まで使えるものなら「新日本通商」がおすすめ

新日本通商は様々な化学商品を販売しているメーカーです。顕微鏡も初心者向けの商品から倍率の高い高性能で本格的な商品までさまざまな物があります。価格も商品によって大きく異なるので、費用に合わせて選ぶことができます。

 

小・中学生の自由研究にはもちろん、大人の方でも十分に利用できるため、是非検討してみてください。

高品質な商品をお探しなら「ケンコートキナー」がおすすめ

ケンコーㇳキナーは光学製品を販売している人気の高いメーカーです。顕微鏡だけでなくカメラや天体望遠鏡等様々な商品を揃えています。特に顕微鏡では高倍率の商品の人気が高く1200倍までの倍率で観察できる物もあります。

コンパクトな商品が欲しいなら「レイメイ藤井」がおすすめ

コンパクトでお手軽な商品をお探しの方はレイメイ藤井の商品がおすすめです。気軽に使うことができるハンディタイプの商品を多く販売しており、子供から大人まで快適に観察を楽しめます。デザインもおしゃれなので是非確認してみてください。

機能性を重視するなら「SWIFT」がおすすめ

機能性を重視するならSWIFTの顕微鏡がおすすめです。小学生・高校生・研究初心者向けの顕微鏡などを開発しているだけでなく、高性能でプロ仕様なものも揃っています。高倍率なものも多いため、気になる方は是非検討してみてください。

生物顕微鏡の人気おすすめランキング5選

人気メーカーの操作しやすい顕微鏡

プルーとブラックの色分けをしている操作性の高い顕微鏡です。一軸式粗微焦準ハンドルを採用しており、ハンドルを回すだけでスムーズにピントを合わせることができます。また、観察中にも細かく調整しておけるので、快適に観察したい方におすすめです。

タイプ 生物顕微鏡 本体サイズ 35.7x22.8x17.5cm(梱包サイズ)
倍率 40~1000倍

口コミを紹介

金属を多く使った作りは価格以上の出来栄え。
素人の目にはレンズの性能も良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

気軽にミクロの世界を確認できる顕微鏡

操作性を重視した低学年生でも使いやすい商品です。倍率を100倍、450倍、900倍の3段階に切り替えることができます。写真を撮れるようスマートフォンアダプターも取り付けることができるので、自由研究などのために使用するのにもおすすめです。

タイプ 生物顕微鏡 本体サイズ 27.2×31.7×7.6cm
倍率 100~900倍

口コミを紹介

子供用に購入。
扱いやすく、初めての顕微鏡にと購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

AS ONE(アズワン)

充電式生物顕微鏡 E-300HQ-LED Cordless

充電して使える便利な生物顕微鏡

360°回転式ヘッドを搭載した充電式の生物顕微鏡です。単3充電池を4本持っておけばどこでも有効に活用できます。電球にLEDライトを搭載しているので、対象物を明るく照らしてくれるのもポイントです。

タイプ 生物顕微鏡 本体サイズ
倍率 40倍~1000倍

小・中学生向きのハイパワー顕微鏡

学生が科学を学ぶためおすすめのハイパワーな顕微鏡です。安定した設計と80~1600倍率までの6段倍率設定機能を搭載しているので、さまざまな生物観察に応用できます。また、ピンセットなどの研究セットも付属しているのですぐに作業が可能です。

タイプ 生物顕微鏡 本体サイズ 39.5x23.4x15.6cm(梱包サイズ)
倍率 80~1600倍

口コミを紹介

ティッシュから始まり、写真や絵本…実際に見ているものとは違う、ミクロの世界☆目に見えないものが現れ、本人・家族ともに興奮‼️息子の疑問や探求心が育てられ、毎日なにかしら調べてます!

出典:https://www.amazon.co.jp

機能性や平坦性の優れたSWIFTの人気商品

様々な機能を搭載したシンプルで使いやすい商品です。高性能な双眼式の顕微鏡であり、最大で2500倍率までの高倍率と360°回転式ヘッドを採用しているので生物の細胞の細かい部分までしっかりと確認することができます。

タイプ 生物顕微鏡 本体サイズ 19.5×4×37cm
倍率 40倍~2500倍

口コミを紹介

結論:この価格に対し、非常に優れています。十分活躍してくれるものだと思います。
生物顕微鏡ということで透過光のみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

生物顕微鏡のおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 タイプ 本体サイズ 倍率
アイテムID:11624316の画像

楽天

Amazon

ヤフー

機能性や平坦性の優れたSWIFTの人気商品

生物顕微鏡

19.5×4×37cm

40倍~2500倍

アイテムID:11621545の画像

楽天

Amazon

ヤフー

小・中学生向きのハイパワー顕微鏡

生物顕微鏡

39.5x23.4x15.6cm(梱包サイズ)

80~1600倍

アイテムID:11624255の画像

楽天

Amazon

ヤフー

充電して使える便利な生物顕微鏡

生物顕微鏡

40倍~1000倍

アイテムID:11621542の画像

楽天

Amazon

ヤフー

気軽にミクロの世界を確認できる顕微鏡

生物顕微鏡

27.2×31.7×7.6cm

100~900倍

アイテムID:11621539の画像

Amazon

ヤフー

人気メーカーの操作しやすい顕微鏡

生物顕微鏡

35.7x22.8x17.5cm(梱包サイズ)

40~1000倍

デジタル顕微鏡の人気おすすめランキング5選

工業用レンズ使用の大人向け高性能商品

4メガピクセルの工業用レンズを使用した高性能な顕微鏡です。被写界深度は良好で、より立体的に対象物を観察することができます。また、UVフィルターを採用しており、はんだ付け中にレンズが汚れたり負傷するのも防げます。

タイプ デジタル顕微鏡 本体サイズ 32×22×10cm
倍率 4~270倍

口コミを紹介

倍率は記載ほど無いと思うが、十分使える
カメラを傾けられるのが、便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

手ブレのしにくいスタンド付きデジタル顕微鏡

高さを自由に調整できるスタンドを搭載した使いやすい顕微鏡です。定点で観察や撮影ができるので手ブレを防ぎ、より正確に対象物を観察できます。お手軽に使用することができるデジタル顕微鏡をお探しの方にはおすすめです。

タイプ デジタル顕微鏡 本体サイズ 22.5x17.5x13.8cm
倍率 20~300倍

口コミを紹介

台座のあるマイクロスコープを探していました。ピント合わせもダイヤルで楽々でサイコーです。動画、写真も画質良好で文句無しです!

出典:https://www.amazon.co.jp

頑丈でハイテクなデジタル実体顕微鏡

どんな用途にも活用できる高倍率・高性能な実体顕微鏡です。調整可能な可変照明や細かに設定できる倍率操作機能などがあり、ミクロの世界を体験できます。また、パソコンなどに接続して確認できるため、研究や実験にも最適です。

タイプ デジタル・実体顕微鏡 本体サイズ
倍率 3.5X-90X

リーズナブルで手軽に使えるデジタル顕微鏡

リーズナブルで高性能なデジタル顕微鏡です。最大で1000倍まで拡大できるだけでなく明るさなども簡単に調整することができます。また、スタンドは自在に角度を変えることができるので、どんなものを観察する際にも役に立ちます。

タイプ デジタル顕微鏡 本体サイズ 13.6x13.2x 4.8cm(梱包サイズ)
倍率 40~1000倍

口コミを紹介

接続も簡単でズームや撮影の操作もわかりやすく、PCだけでなくタブレットでも見られるので場所を選ばず、ついいろいろなものを拡大して見てしまいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

さまざまなメディアに接続可能なUSB対応顕微鏡

光学倍率が1000倍まで拡大できる高性能なデジタル顕微鏡です。様々な対象物を観察することができるだけでなく、Windows・Mac・Android・IOSで使用できる互換性の高さも兼ね備えています。使い勝手の良い商品をお探しの方におすすめです。

タイプ デジタル顕微鏡 本体サイズ 14.8×4cm
倍率 50~1000倍

口コミを紹介

とても使いやすくコストパフォーマンスが良い商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

デジタル顕微鏡のおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 タイプ 本体サイズ 倍率
アイテムID:11621565の画像

楽天

Amazon

ヤフー

さまざまなメディアに接続可能なUSB対応顕微鏡

デジタル顕微鏡

14.8×4cm

50~1000倍

アイテムID:11621562の画像

楽天

Amazon

ヤフー

リーズナブルで手軽に使えるデジタル顕微鏡

デジタル顕微鏡

13.6x13.2x 4.8cm(梱包サイズ)

40~1000倍

アイテムID:11624311の画像

Amazon

ヤフー

頑丈でハイテクなデジタル実体顕微鏡

デジタル・実体顕微鏡

3.5X-90X

アイテムID:11621556の画像

楽天

Amazon

ヤフー

手ブレのしにくいスタンド付きデジタル顕微鏡

デジタル顕微鏡

22.5x17.5x13.8cm

20~300倍

アイテムID:11621553の画像

楽天

Amazon

ヤフー

工業用レンズ使用の大人向け高性能商品

デジタル顕微鏡

32×22×10cm

4~270倍

下記の記事ではマイクロスコープ(デジタル顕微鏡)の人気おすすめランキングをご紹介しているので是非この記事と合わせてご一読をお願いいたします。

ハンディタイプの顕微鏡の人気おすすめランキング5選

モニター付きのハンディタイプ顕微鏡

ハンディタイプでありながらモニターを搭載しているハイテクな小遺品です。ピント調節や静止画、動画撮影などの機能があるため、さまざまな生物の観察に役に立ちます。ハンディタイプの中でも高性能な商品をお探しの方は購入を検討してみてください。

タイプ デジタル顕微鏡 本体サイズ 13×10.3×29cm
倍率 4~300倍

口コミを紹介

こんなに簡便で、安価な低倍率の顕微鏡写真が撮影できる器械ができたことに驚くとともに、感謝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

スマホで撮影可能な利便性の高い商品

いつでもどこでも観察ができるように設計されたストラップ付の顕微鏡です。ミクロの世界をどこでも楽しむことができるだけでなく、スマートフォンを利用することによってミクロの世界を写真に保存しておくことができます。

タイプ 本体サイズ 4x4.3x2.4cm
倍率 20倍

口コミを紹介

医療用に、爪周囲や皮膚の観察目的に購入。
爪周囲毛細血管の観察が十分できます。物凄い高いキャピラロスコピーや、ダーマスコープは個人で買えないですが、これで十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

スマホのカメラを顕微鏡として使えるハンディ顕微鏡

今までのハンディな顕微鏡よりもさらにコンパクトになった最新デザインの商品です。スマートフォンのカメラに合わせて使用することで、スマートフォンを顕微鏡代わりにすることができます。そのため、常に一緒に持ち歩くようにしましょう。

タイプ 本体サイズ 42x18x5cm
倍率 20~1178倍

口コミを紹介

思った以上の拡大率と、そこそこの画質でした。
画質はスマホ依存ですが、この値段ならコスパはかなり良い方でしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

投下モード落射モードを備えた便利な商品

透過型顕微鏡と落射型顕微鏡が一つになった機能性の高いハンディタイプの商品です。下からも上からも光で対象物を照らすことが可能なため、植物などの薄切り切片や細胞をそのまま観察できます。また、ワンタッチでモードを切り替えられるのも強みの1つです。

タイプ 本体サイズ 6.27×11.2×3cm
倍率 100~250倍

口コミを紹介

中学理科でレポート提出をしないタイミングならば、写真で終わらせるよりもこれで実物の観察をした方が理解を促せそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

手のひらにすっぽり収まるコンパクト商品

電源の心配なく使用できるコンパクトな商品です。ハンディタイプの中でも軽量でサイズも手のひらに収まる程なので、どんな場所にも収納して持ち運ぶことができます。またLEDライトも内蔵されているため、暗い場所でも活躍します。

タイプ 本体サイズ 3.7x2.6x8.8cm
倍率 60~120倍

口コミを紹介

子供が私にも勧めてきたので接眼レンズから観てみれば、ライトに照らし出された対照物(革製品の表面)が実に見事にその模様のキメ細かい部分がホントによく見えること見えること。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハンディタイプの顕微鏡のおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 タイプ 本体サイズ 倍率
アイテムID:11621584の画像

楽天

Amazon

ヤフー

手のひらにすっぽり収まるコンパクト商品

3.7x2.6x8.8cm

60~120倍

アイテムID:11621581の画像

楽天

Amazon

ヤフー

投下モード落射モードを備えた便利な商品

6.27×11.2×3cm

100~250倍

アイテムID:11621578の画像

楽天

Amazon

ヤフー

スマホのカメラを顕微鏡として使えるハンディ顕微鏡

42x18x5cm

20~1178倍

アイテムID:11621575の画像

楽天

Amazon

ヤフー

スマホで撮影可能な利便性の高い商品

4x4.3x2.4cm

20倍

アイテムID:11621572の画像

楽天

Amazon

ヤフー

モニター付きのハンディタイプ顕微鏡

デジタル顕微鏡

13×10.3×29cm

4~300倍

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天 「顕微鏡」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

初心者は顕微鏡の使い方もチェック!

顕微鏡を購入するのであれば正しい使い方も確認しておきましょう。基本的に顕微鏡は明るく水平な場所において、上部に接眼レンズを取り付けます。その次に対象レンズを取り付け反射鏡を調整していきます。ライト付きの場合は最小から初めて明るさを調整しましょう。

 

その後プレパラートをステージに乗せ、対象レンズに近づけていきます。この時、プレパラートがレンズにぶつかってしまわないように注意して下さい。プレパラートに対象レンズを近づけたら、次は接眼レンズを覗きピントを合わせていきます。

 

そして、最後に対物レンズの倍率を調整して完了になります。この時、低倍率から高倍率に徐々に調整しておくことで倍率を合わせるようにすると調整しやすいのでおすすめです。

まとめ

今回は顕微鏡の選び方と人気おすすめランキングをご紹介しましたが、いかがでしょうか。普段の生活ではあまり触ることのない顕微鏡ですが、使いこなせば非常に便利な商品なので、是非自分に適した商品を探してみて下さい。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【小学生にも!】デジタル顕微鏡のおすすめ人気ランキング11選【日本製や子供にも!】

【小学生にも!】デジタル顕微鏡のおすすめ人気ランキング11選【日本製や子供にも!】

計測用具
昆虫図鑑のおすすめ人気ランキング15選【大人も楽しめる!】

昆虫図鑑のおすすめ人気ランキング15選【大人も楽しめる!】

本・雑誌
【2023年版】共通テスト向け生物参考書のおすすめ人気ランキング7選【生物基礎にも】

【2023年版】共通テスト向け生物参考書のおすすめ人気ランキング7選【生物基礎にも】

本・雑誌
昆虫ゼリーの人気おすすめランキング15選【クワガタやカブトムシのエサに】

昆虫ゼリーの人気おすすめランキング15選【クワガタやカブトムシのエサに】

昆虫飼育用品
マイクロスコープのおすすめ人気ランキング10選【角栓や毛穴・肌チェックにも】

マイクロスコープのおすすめ人気ランキング10選【角栓や毛穴・肌チェックにも】

計測用具
暗視鏡の人気おすすめランキング10選【単眼から双眼まで】

暗視鏡の人気おすすめランキング10選【単眼から双眼まで】

めがね用品

アクセスランキング

メジャーの人気おすすめランキング15選【引っ越し道具に!】のサムネイル画像

メジャーの人気おすすめランキング15選【引っ越し道具に!】

計測用具
電池チェッカーのおすすめ人気ランキング10選【寿命が正確にわかる!】のサムネイル画像

電池チェッカーのおすすめ人気ランキング10選【寿命が正確にわかる!】

計測用具
【最強】コンベックスのおすすめ人気ランキング15選【かっこいいプロ仕様のものも】のサムネイル画像

【最強】コンベックスのおすすめ人気ランキング15選【かっこいいプロ仕様のものも】

計測用具
水平器のおすすめ人気ランキング15選【プロ用やメーカー品も】のサムネイル画像

水平器のおすすめ人気ランキング15選【プロ用やメーカー品も】

計測用具
”顕微鏡の人気おすすめランキング15選【実体顕微鏡や中学生向けまで】のサムネイル画像

”顕微鏡の人気おすすめランキング15選【実体顕微鏡や中学生向けまで】

計測用具
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。