温湿度計の人気おすすめランキング15選【無印やタニタもご紹介!】

記事ID10081のサムネイル画像

室内の温度と湿度を計測して表示する温湿度計。熱中症対策や乾燥対策、快適な環境を維持するために役立つアイテムで、健康管理を気遣う赤ちゃんやお年寄りがいるご家庭は特に欠かせません。表示方式にはアナログとデジタルがあり、製品によって精度、デザイン、機能が異なります。今回は温湿度計のおすすめランキングと選び方をご紹介します。

オシャレで精度の高い温湿度計を取り入れよう!

室内の温度と湿度を気にしない方が多いですよね。しかし、ウィルスが繁殖しやすい乾燥対策や夏場の熱中症対策、快適な環境の維持、体調管理などのためには、温度と湿度を整えなくてはいけませんので、温湿度計が必要不可欠になってきます。

 

温湿度計は製品によって精度、視認性、機能が異なり、温度や湿度を表示するだけでなく、時計やカレンダーを表示したり、熱中症やインフルエンザの注意喚起をアラームやイラストでお知らせしてくれるものもあります。

 

そこで今回は温湿度計の人気おすすめランキング15選をご紹介していきます。ランキングは精度・機能性・デザインなどを基準にして選びました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

温湿度計の人気おすすめランキング15選

15位

EVILTO

デジタル温湿度計

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで見やすいデジタルタイプ

EVILTOが販売している「デジタル温湿度計」は、コンパクトでありながら視認性が良いので、温度や湿度を確認しやすい製品です。2パターンの顔マークでお部屋の快適度を表示してくれるので、お部屋の状態が分かり易いです。

サイズ78×82×20mm機能顔マーク表示
温度表示範囲-50~70℃温湿表示範囲10~99.9%

口コミを紹介

新生児の赤ちゃんがいるので購入しました。
デジタル表示で画面も大きく見やすいのでとても使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

セイコークロック(Seiko Clock)

BC402K

価格:1,881円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時計の用途をメインとするならコレ!

シンプルかつ上質な実用性を求めている方におすすめしたいのが、セイコークロックが販売している「BC402K」という置き時計モデル。スヌーズ、アラーム、カレンダーといった時計としての機能が充実しているのが特徴です。

サイズ85×148×53mm機能アラームオートストップ機能
温度表示範囲0~40℃温湿表示範囲25~85%

口コミを紹介

お手頃で表面にボタンが無くシンプルな温湿度計を探していました。
似た機種が多く迷いましたが、これを買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

dretec(ドリテック)

温湿度計 O-319

価格:984円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインもおしゃれ!サイズもちょうど良い!

dretec(ドリテック)が販売している「温湿度計 O-319」は、アンティークやレトロなデザインが魅力的な商品で、インテリア性が高く、木目調の家具との相性もGOOD。ナチュラルウッド・ダークウッドの2種類から選べますよ!

サイズ127×127mm機能スタンド付、5段階表情
温度表示範囲-30~50℃温湿表示範囲10~100%

口コミを紹介

届いてみて思ったことは、まず数字が見やすい!
温度湿度ともに快適範囲が緑に表示してあるので、温度湿度管理しやすいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Homidy

デジタル湿度計

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高精度で設置方法も選べる温湿度計

スイスの高精度センサーを搭載した、Homidが販売している「デジタル湿度計」なら、温度精度±0.3℃、湿度精度±3%という正確な数値を計測できます。設置方法が置き・掛け・貼りの3つに対応しているのも、おすすめポイント!

サイズ64.5×64.5×9.7mm機能Sensirionセンサー、顔文字でお知らせ
温度表示範囲0〜60℃温湿表示範囲0~100%

口コミを紹介

必要十分な機能やサイズ感でハズレを引かない分にはとてもいい商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

タニタ(Tanita)

温湿度計 TT-557

価格:849円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適な温度と湿度が分かりやすい!

タニタが販売している「温湿度計 TT-557」は、温度は-20℃~40℃まで、湿度は10~90%まで計測することができます。過ごしやすい温度と湿度が一目でわかる「快適ゾーン」も付いています。

サイズ30×75×75mm機能快適ゾーンマーク付き
温度表示範囲-20~40℃温湿表示範囲10~90%

口コミを紹介

購入して二ヶ月ほど経った。
問題なく動いてる。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Apsung

温湿度計

価格:1,485円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすくシンプルな温湿度計

温度、湿度、時刻、日付といった知りたい情報をいつでも表示してくれるのが、Apsungが販売している「温湿度計」です。シンプルなデザインでコンパクトなサイズなのも特徴で、少し離れた場所からも確認することができます。

サイズ9.6×10cm機能置き掛け兼用、見やすい大画面
温度表示範囲-50~+70℃温湿表示範囲10~99%

口コミを紹介

鮮明な画質、大きい文字表示、オリジナルを再現し、一目瞭然です。あらゆる温湿度の変化も掌を差すように気がつく。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ThermoPro

TP-49

価格:945円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで視認性や精度が良い温湿度計

ThermoProが販売している「TP-49」は、手のひらサイズのコンパクトな製品ですが、大画面で液晶がくっきりしているため視認性が良好です。室内の快適度を表情マークでお知らせしてくれるのも特徴。

サイズ66×55×15mm機能顔マーク、マグネット装着可能
温度表示範囲-50~70°C温湿表示範囲10~99%

口コミを紹介

本当に手のひらすっぽり収まるとても小さな温湿度計です。早速、付属の電池を入れて計測開始。他の部屋からの温湿度計を机の上に置いて正確さを確認しましたが、全く問題ありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

エンペックス (EMPEX)

温度湿度計 EX-2821

価格:1,180円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

正確で見やすい温湿度計

高精度・高品位の「スーパーEXセンサ」を採用している、エンペックスの「温度湿度計 EX-2821」は、正確性の面でかなり信頼できるモデル。室内の状態をチェックできるゾーン表示も非常に便利ですよ!

サイズ120×120×27mm機能スーパーEXセンサ
温度表示範囲-7~43℃温湿表示範囲18~90℃

口コミを紹介

湿度計は正確。クーラーで除湿すると湿度が下がっていくのがみてとれる。
 いつまで除湿すればよいかの目安がわかり、クーラーの性能をいかした運転ができるようになった。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

リズム時計工業(Rhythm)

CITIZEN 8RE648-A03

価格:2,260円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デジタルとアナログを組み合わせた温湿度計

「CITIZEN 8RE648-A03」は、アナログ時計にデジタル温湿度計が組み合わさったモデル。熱中症・食中毒・インフルエンザ・カビ(ダニ)の4項目を、アイコン表示で注意喚起してくれるライフナビも、快適な暮らしをサポートしてくれます。

サイズ86×160×48mm機能音の静かな連続秒針、電子音アラーム
温度表示範囲-9.9~50℃温湿表示範囲20~95%

口コミを紹介

アナログの目覚まし時計で簡易でも良いから温度&湿度付きが欲しくて購入しました。
机に置くとやや斜めに見えるように工夫されています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Hanmir

デジタル温湿度計

価格:1,390円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な情報を確認したい方におすすめ!

温度湿度のみならず、最高最低温度(湿度)、快適度など、様々な情報を1画面に表示してくれるのが、Hanmirの「デジタル温湿度計」です。季節の変わり目でのお肌トラブルの予防、健康管理に役立つ、おすすめのアイテム!

サイズ76×63×14mm機能タッチパネル機能
温度表示範囲-50°C~70°C温湿表示範囲10%~99%

口コミを紹介

現在の温度と湿度については大きめに表示し、かつ24時間の中での最大、最小の温湿度も表示してくれます。これは他社にはあまりない機能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

エー・アンド・デイ(A&D)

熱中症指数モニター AD-5688

価格:2,290円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熱中症対策におすすめの温湿度計

A&Dが販売している「熱中症指数モニター AD-5688」は、温度や湿度に加えて熱中症指数を表示するため、日常生活における熱中症対策に最適な温湿度計。ストラップ付きで持ち運びやウォーキングにも便利です。

サイズ47×82×12.5mm機能自動メモリー機能付き、おまかせモード
温度表示範囲記載なし温湿表示範囲記載なし

口コミを紹介

熱中症指数が表示されて、危険な温度と湿度になると、警告を出してくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

dretec(ドリテック)

温湿度計 オプシスC

価格:1,522円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見やすく使いやすい!おすすめの温湿度計

遠くからでも見やすいものが欲しいなら、dretecの「温湿度計 オプシスC」がおすすめです。スタンド・マグネット・壁掛けの3wayで設置することができ、快適度を5段階の表情マークで表示してくれますよ。

サイズ95×22×122mm機能顔マークで表示、3way
温度表示範囲-10.0〜50.0℃温湿表示範囲10〜98%

口コミを紹介

見やすいです。操作も簡単。
赤ちゃんがいるので環境を整えるために買いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

タニタ(Tanita)

デジタル温湿度計 TT-581

価格:4,211円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グラフ付きだから温度と湿度の変化が分かりやすい!

タニタが販売している「デジタル温湿度計 TT-581」は、グラフが付いているのが最大の特徴で、温度や湿度の変化を確認しやすいです。1日の温湿度変化と過去14日分の温湿度変化をグラフで表示します。

サイズ107×110×26mm 機能グラフ付き
温度表示範囲-9.9~50.0℃温湿表示範囲記載なし

口コミを紹介

グラフ表示で推移が見れるのが良いです。これまで気にしていなかった深夜帯の気温や湿度の変化が可視化され参考になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

LECDDL

デジタル温湿度計

価格:2,199円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な場所の温度と湿度を2か所まで計測できる!

親機と子機でそれぞれ2か所の温度と湿度を計測することができるのが、LECDDLが販売している「デジタル温湿度計」です。子機は屋外に設置することができます!価格が安く、コスパも優秀で非常におすすめ!

サイズ112×95×24mm機能タッチバックライト付き
温度表示範囲-20~70°C温湿表示範囲20~95%

口コミを紹介

画面も大きく見易いです。説明書(英語)もほぼ見なくても、使っている内に解りました。
子機が防水仕様なのも助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

タニタ

デジタル温湿度計 TT-572NA

価格:2,158円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見やすくてデザインも機能もベストバイな温湿度計

タニタが販売している「TT-572NA」は、高級感のある木目調デザインの温湿度計で、ナチュラルな風合いがインテリアによく馴染んでくれます。視認性・デザイン性・機能性の3拍子揃った理想的な温湿度計でとってもおすすめ!

サイズ75×30×132mm機能目覚ましアラーム機能、時計/日付表示機能
温度表示範囲-5~50℃温湿表示範囲20~95%

口コミを紹介

温室度を見てエアコンのオンオフをしている。快適に過ごせているように感じる。タニタ製という安心感もある。

出典:https://www.amazon.co.jp

温湿度計の選び方

温湿度計は精度の高さ、デザイン、機能、サイズなど選ぶポイントがたくさんあります。ここからは、温湿度計の選び方を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

表示形式で選ぶ

温湿度計の表示形式には、デジタルとアナログがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。まずはデジタルとアナログの特徴をおさえて、表示方式から選んでみましょう。

電池不要でおしゃれなデザインも多い「アナログ」

「アナログ」の温湿度計は、数値を針で示す表示形式であり、遠目からでも大体の数値を確認できますが、正確な数値は近づかないと確認できません。インテリアともよく馴染むオシャレなデザインのものが多いのもポイント。

 

また、電池が不要な点もメリットです。とはいえアナログは精密な機構で作られているため、衝撃に弱く、落下させたりしてしまうとセンサーが狂ってしまうので、お子さんやペットがいるご家庭では注意が必要です。

数値を確認しやすく精密なモデルも多い「デジタル」

液晶画面の数字で温度と湿度を表示する「デジタル」は、どなたでも一目で具体的な数値を確認しやすいです。電池交換が必要になりますが、使い方次第では半永久的に長く使い続けることができるのも魅力。

 

特にペットや赤ちゃんがいるご家庭や、温度や湿度に影響されやすい観葉植物を生育しているご家庭におすすめです。多機能で精密なモデルが多いのもポイント。時計やアラームといった機能が搭載されているものも多いです。

「誤差」をチェックする!目安は±5%以内!

温湿度計の温湿度と実際の温湿度には若干の誤差があります。誤差が少なく正確な数値を確認したいなら、許容誤差が±1%までの高精度なモデルがおすすめですが、精度が高いほど価格も高価になってしまいます。

 

コスパと精度のバランスが良いものを選ぶなら、誤差±5%以下を目安にしてみてください。家庭用よりも業務用の温湿度計のほうが、精度が高く、誤差が少ないです。尚、許容誤差はメーカーが公表しているものなので、正確な誤差ではない場合があります。

設置場所で選ぶ

温湿度計には、スタンドタイプ、壁掛けタイプ、マグネットタイプといった設置方法があるので、設置する場所に合わせて選びましょう。ただし、高さや位置によっては正確な数値の計測ができない場合があるので注意が必要です。

 

どの製品も共通して、エアコンの風や直射日光が当たる場所、加湿器、暖房器具の近くを避けて、風通しの良い場所に設置するのがベスト。

「スタンドタイプ」は高さ1.5mの位置に置くことが大切

テーブルや棚の上に立て掛けて置ける「スタンドタイプ」は、正確な温度と湿度を計測するためにも、高さ1.5mほどの位置に置くことが大切。また、邪魔にならずに落下する恐れがないかもチェックしましょう。

「壁掛けタイプ」は安全対策もできて場所をとらない

「壁掛けタイプ」の温湿度計は、場所を取らずに設置することができ、ある程度高さのある場所なら、お子さんの安全対策にも繋がります。小さいお子さんがいる場合や、置くスペースがない場合におすすめですよ。

 

ただし、壁に穴を開けないと取り付けできないのがネックですが、マグネットタイプなら冷蔵庫などの金属面に貼り付けることができます。

便利な付加機能で選ぶ

より温湿度計を便利に活用したいのであれば、付加機能が搭載されているモデルがおすすめ。ここでは、機能をいくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんや高齢者がいるご家庭なら「環境レベル表示」「注意喚起機能」

付加機能の中でも特に重要視したいのが「環境レベル表示」と「注意喚起機能」です。快適な温度と湿度を表示して、菌が繁殖しやすい環境になるとイラストや警告アラームでお知らせ、インフルエンザや熱中症の注意喚起など、商品によって様々。

 

忙しくて温湿度計を見れない状況でも、アラームでお知らせしてくれるため、いつでも簡単に室内の状況を確認することができますよ。湿度が高い部屋、乾燥しやすい部屋に住んでいる方や、赤ちゃんや高齢者がいるご家庭におすすめです。

目覚ましやカレンダーとしても使える「時計機能」

デジタルタイプの温湿度計は、時刻や日付を表示する「時計機能」「カレンダー機能」が備わったモデルが多く、時計代わりにして活用すれば温湿度計を見る機会が増えるため、温度と湿度の変化に気づきやすくなります。

 

また、アラーム機能が搭載されていれば目覚まし時計としても使用できるため、寝室やリビングに設置しても良いでしょう。

サイズを選ぶ

温湿度計は基本的にコンパクトなサイズの製品が多いですが、その中でも、大きめのサイズと小さめのサイズがあります。用途や使用方法に合わせて、最適なサイズを選んでくださいね。

室内なら見やすい「大きいサイズ」

室内に取り付けて家族みんなで使うなら、数値を確認しやすい「大きいサイズ」の温湿度計がおすすめ。遠くからでも温度と湿度を確認できる、視認性に優れたものなら、子供からお年寄りまでみんなが使いやすいですよ。

 

時計機能が搭載されているのであれば、家族全員が見える位置に設置することを心掛けましょう!

外出先でチェックするなら「小さいサイズ」

外出先でも温度と湿度をチェックしたいのであれば、携帯性に優れた「小さいサイズ」の温湿度計を選ぶようにしましょう。カバンやリュックに入れるだけでなく、ベビーカーなどに取り付ければ、会話ができない赤ちゃんの健康管理にも最適です!

 

熱中症指数を表示するモデルや、熱中症になりやすい温度と湿度になったらアラームでお知らせしてくれるモデルなどは、夏場では特に重宝しますよ。

おすすめのメーカーから選ぶ

温湿度計はラインナップが豊富なため、選ぶとなると迷ってしまいますよね。温湿度計を取り扱っているメーカーは、それぞれに特徴があるため、メーカーを決めてから選んでみるのも1つの手段です。

健康管理のための機能が充実している「タニタ(TANITA)」

「タニタ(TANITA)」は、体重計や体組成計、体温計といった健康のために”はかる”計測機器を販売しているヘルスケアメーカー。タニタの温湿度計は、健康管理や健康づくりのための機能が充実しています。

 

直径15cm以下のコンパクトモデル、時計やカレンダーを表示する多機能モデルなど、ラインナップが豊富です。カラーバリエーションが多いのもポイントで、インテリアやお部屋の雰囲気に合わせやすいです。

シンプルなものからオシャレなものまである「エンペックス気象計」

1973年に創業した「エンペックス気象計」は、高度計や温湿度計、お天気時計、空気清浄機といった、暮らしに役立つ様々なアイテムを展開しているブランド

 

エンペックス気象計の温湿度計は、アンティークでシックな印象のシンプルなデザインから、花柄で可愛らしいオシャレなデザインまで豊富に揃っています。精度が高いのもポイントで、国内外問わず高い評価を得ています。

持ち歩きできるポータブルタイプもある「ドリテック(DRETEC)」

1997年に創業した「ドリテック(DRETEC)」」では、コンパクトで持ち歩きできるポータブルタイプや、冷蔵庫などに貼り付けできるマグネットタイプなどの温湿度計を販売しています。

 

高精度かつコンパクトサイズでありながら、大きな数字表示と分かり易いボタン操作で、視認性や操作性にも優れているのがポイント。また、ドリテックは健康用品ブランドなので、健康に配慮した機能も豊富です。

多機能・高精度なモデルなら「ThermoPro(サーモプロ)」

「ThermoPro(サーモプロ)」が販売している温湿度計は、許容誤差±3%以下の高精度で、正確な数値を計測できるのが特徴。また、夜間でも確認できるバックライト、スマホのように操作できるタッチスクリーンなど、機能性も充実しています。

 

手のひらくらいのコンパクトなサイズながら、24時間以内の最高・最低温度を表示するなど、環境レベルを確認しやすいのも魅力的なポイントです。

リーズナブルでシンプルな「ニトリ」

インテリア・家具を販売する大手企業「ニトリ」でも温湿度計を購入できます。ニトリの温湿度計はデジタルもアナログも数種類ほどしか取り扱っていませんが、どれもリーズナブルでシンプルなので、手頃で使いやすいという特徴があります。

 

アナログタイプの熱中症やインフルエンザ対策用の温湿度計もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

シンプルで視認性が良い「無印良品」

「無印良品」の温湿度計はどれもシンプルで視認性が良く、どんなお部屋にも合わせやすいデザインが魅力。無印良品のタグツールを用意すれば、持ち運ぶことができる温湿度計もありますよ。

それほど精度や正確性にこだわらなければ「100均」もアリ!

ダイソーやキャンドゥといった100均でも温湿度計が販売されており、どこよりも最安値で購入できるため、一番手頃でリーズナブルです。

 

もちろん100均という低コストで生産されているため、計測範囲も限られていたり、誤差もそれなりに生じてしまいます。それほど精度や正確性にこだわらず、あくまで目安となる数値を確認する用途であれば、100均の温湿度計も全然アリです。

菜園や農業、メンテナンスなどに使うなら高精度な「業務用」

家庭菜園や農業、メンテナンス業務といった家庭内ではなく、ビジネスシーンで温湿度計が必要になるなら、高精度な「業務用」のモデルがおすすめです!

 

業務用モデルは正確で高精度なだけに、家庭用よりも高価で5000円~10000円以上します。正確な温度と湿度を確認する必要があるなら、業務用モデルを選びましょう。

屋外に設置するなら「屋外用」や「防雨型」を選ぼう

温湿度計を室内ではなく屋外に設置して、外の温度と湿度を計測したいなら、「屋外用」や「防雨型」と表記がある製品を選びましょう。屋外で使用できる温湿度計は共通して、雨や水に強い防水性能を備えています。

 

ただし、直射日光や風雨が直接当たる場所には設置できないので、設置場所には注意しましょう。

アンティーク調や北欧デザインなら「インテリア」としても映える!

温湿度計と言えばシンプルな外観をイメージしますが、アンティーク調だったり、北欧デザインを取り入れたものなどもあり、インテリア性の高い製品も多いです。

 

美しい外観の温湿度計であれば、インテリアやお部屋の雰囲気によく馴染みます。海外メーカーの温湿度計は特にオシャレなものが多いので、ぜひチェックしてみてくださいね。

温湿度計のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5479877の画像

    タニタ

  • 2
    アイテムID:5480156の画像

    LECDDL

  • 3
    アイテムID:5479989の画像

    タニタ(Tanita)

  • 4
    アイテムID:5480004の画像

    dretec(ドリテック)

  • 5
    アイテムID:5480025の画像

    エー・アンド・デイ(A&D)

  • 6
    アイテムID:5480039の画像

    Hanmir

  • 7
    アイテムID:5480070の画像

    リズム時計工業(Rhythm)

  • 8
    アイテムID:5480082の画像

    エンペックス (EMPEX)

  • 9
    アイテムID:5480098の画像

    ThermoPro

  • 10
    アイテムID:5479939の画像

    Apsung

  • 11
    アイテムID:5480176の画像

    タニタ(Tanita)

  • 12
    アイテムID:5480197の画像

    Homidy

  • 13
    アイテムID:5480212の画像

    dretec(ドリテック)

  • 14
    アイテムID:5480224の画像

    セイコークロック(Seiko Clock)

  • 15
    アイテムID:5480230の画像

    EVILTO

  • 商品名
  • デジタル温湿度計 TT-572NA
  • デジタル温湿度計
  • デジタル温湿度計 TT-581
  • 温湿度計 オプシスC
  • 熱中症指数モニター AD-5688
  • デジタル温湿度計
  • CITIZEN 8RE648-A03
  • 温度湿度計 EX-2821
  • TP-49
  • 温湿度計
  • 温湿度計 TT-557
  • デジタル湿度計
  • 温湿度計 O-319
  • BC402K
  • デジタル温湿度計
  • 特徴
  • 見やすくてデザインも機能もベストバイな温湿度計
  • 様々な場所の温度と湿度を2か所まで計測できる!
  • グラフ付きだから温度と湿度の変化が分かりやすい!
  • 見やすく使いやすい!おすすめの温湿度計
  • 熱中症対策におすすめの温湿度計
  • 様々な情報を確認したい方におすすめ!
  • デジタルとアナログを組み合わせた温湿度計
  • 正確で見やすい温湿度計
  • コンパクトで視認性や精度が良い温湿度計
  • 使いやすくシンプルな温湿度計
  • 快適な温度と湿度が分かりやすい!
  • 高精度で設置方法も選べる温湿度計
  • デザインもおしゃれ!サイズもちょうど良い!
  • 時計の用途をメインとするならコレ!
  • コンパクトで見やすいデジタルタイプ
  • 価格
  • 2158円(税込)
  • 2199円(税込)
  • 4211円(税込)
  • 1522円(税込)
  • 2290円(税込)
  • 1390円(税込)
  • 2260円(税込)
  • 1180円(税込)
  • 945円(税込)
  • 1485円(税込)
  • 849円(税込)
  • 1599円(税込)
  • 984円(税込)
  • 1881円(税込)
  • 999円(税込)
  • サイズ
  • 75×30×132mm
  • 112×95×24mm
  • 107×110×26mm
  • 95×22×122mm
  • 47×82×12.5mm
  • 76×63×14mm
  • 86×160×48mm
  • 120×120×27mm
  • 66×55×15mm
  • 9.6×10cm
  • 30×75×75mm
  • 64.5×64.5×9.7mm
  • 127×127mm
  • 85×148×53mm
  • 78×82×20mm
  • 機能
  • 目覚ましアラーム機能、時計/日付表示機能
  • タッチバックライト付き
  • グラフ付き
  • 顔マークで表示、3way
  • 自動メモリー機能付き、おまかせモード
  • タッチパネル機能
  • 音の静かな連続秒針、電子音アラーム
  • スーパーEXセンサ
  • 顔マーク、マグネット装着可能
  • 置き掛け兼用、見やすい大画面
  • 快適ゾーンマーク付き
  • Sensirionセンサー、顔文字でお知らせ
  • スタンド付、5段階表情
  • アラームオートストップ機能
  • 顔マーク表示
  • 温度表示範囲
  • -5~50℃
  • -20~70°C
  • -9.9~50.0℃
  • -10.0〜50.0℃
  • 記載なし
  • -50°C~70°C
  • -9.9~50℃
  • -7~43℃
  • -50~70°C
  • -50~+70℃
  • -20~40℃
  • 0〜60℃
  • -30~50℃
  • 0~40℃
  • -50~70℃
  • 温湿表示範囲
  • 20~95%
  • 20~95%
  • 記載なし
  • 10〜98%
  • 記載なし
  • 10%~99%
  • 20~95%
  • 18~90℃
  • 10~99%
  • 10~99%
  • 10~90%
  • 0~100%
  • 10~100%
  • 25~85%
  • 10~99.9%

まとめ

温湿度計は温度と湿度を確認して、室内を快適な環境にするために必要なアイテム。オシャレなデザインならインテリアとしても映えますし、時計や日付を表示したり、環境レベル表示するモデルもあります。この機会に皆さんも温湿度計を設置してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ