イヤーマフのおすすめ人気ランキング15選【聴覚過敏や防音に!目立たないものはある?】

イヤーマフは防寒だけでなく、工事・勉強・睡眠などのシーンや聴覚過敏の方の遮音にもおすすめです。今回はそんなイヤーマフの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。しっかり防音できる最強のイヤーマフはどれなのか?ぜひ最後までご覧ください!

遮音性に優れた最強のイヤーマフを選ぼう

騒音に悩まされている方、自閉症や聴覚過敏の方をサポートする最強アイテムのイヤーマフはヘッドホンのように耳を覆うので、遮音性に優れています。しかし「耳を完全に覆ったら何も聞こえないのでは?」と不安になって手が出せない人も多いですよね。

 

イヤーマフにはさまざまな種類があり、きちんと選べば会話程度は聞こえて環境音はシャットアウトする調整も可能です。マイクをオンにしたときだけ周りの音が聞こえるタイプや、周囲から気づかれにくい目立たないものもあります。

 

そこで今回は、イヤーマフの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはNRR(ノイズ騒音減衰指数)・重さ・遮音方法を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

周囲の音をやわらげる遮音性と柔軟なフィット感

「ハイクオリティのイヤーマフを低コストで」をコンセプトに、コスパを追求したイヤーマフです。優れた機能性だけでなく、ファッション性にもこだわったスタイリッシュな設計となっています。

 

また、耳カバーにPUレザーを採用することで快適に着用可能です。

NRR 29dB 遮音方法 パッシブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ

イヤーマフの選び方

イヤーマフを失敗なく購入するには、自分がどのような場面で使うかを考えるのがおすすめです。以下で詳しく見ていきましょう。

防音性で選ぶなら「NRR値」が高いタイプをチェック

絶対に確認しておきたいのが「NRR(Noise Reduction Rating)」で、防音性を表す数値です。騒音の大きさを表すのには、通常dB(デシベル)単位を使いますが、NRRの数値はそのdBを下げてくれる目安として考えてください。

 

たとえば防音性が非常に高い「NRR33dB」のイヤーマフは33dB以下の音を完全に遮断します。もし83dBの環境にいるなら、-33dBなので50dBほどに減少するわけです

 

83dBは地下鉄の車内程度、50dBは静かな事務所程度なので、かなり静かになるのがわかります。

低音・高音など防音対象が明確なら「周波数」をチェック

イヤーマフによっては上記画像のように周波数ごとの遮音性が書かれているものがあり、特定の周波数をシャットアウトできます。周波数の単位はHz(ヘルツ)で、数値が大きいほど高い音です。

 

例として「125Hzの遮音性が22.2dB」「8000Hzの遮音性が38.6dB」と書かれているイヤーマフなら、高音の8000Hzの方をより遮音します。高音ほど響いて辛い方や、低音を遮りたい場合など遮りたい特定の音源があるなら、周波数を意識して選ぶのがおすすめです。

遮音方法で選ぶ

イヤーマフには、大きく分けて2つの遮音方法があります。これにより遮音性に差が出るだけでなく、値段にも関わってくるので、チェックしておきましょう。

軽量タイプなら構造が単純な「パッシブタイプ」がおすすめ

パッシブタイプは、イヤーカップの中にスポンジの吸音材が入っており、それを耳に押し付けて音を遮断するものです。単純な構造なためその多くが軽量になっています。パッシブタイプは物理的に耳をふさぐため、周りの音が全体的に小さくなるのが特徴です。

会話ができるタイプなら「アクティブタイプ」がおすすめ

アクティブタイプ、騒音を消すノイズキャンセリング機能がついています。電子の力を使うため遮音できる周波数が幅広く、騒音を消しながらの会話が可能です。しかしパッシブタイプに比べ重量がある点や、扱いに気を付けなければならないので覚えておきましょう。

形状で選ぶ

イヤーマフは頭部に付けるものです。形状を確認して、長時間の着用でもストレスが少ないものを選びましょう。ここでは3種類の形状を紹介します。

着脱頻度が高いならヘッドホンのような「ヘッドバンド型」がおすすめ

市販のイヤーマフで一番多いのがヘッドバンド型です。ヘッドホンのような形をしており、頭の上部にバンドが来るものです。着脱が簡単で、安定してつけられるのが大きなメリットで、サイズが微調整できる商品が多くあります。

帽子やヘルメットと併用するなら「ネックバンド型」がおすすめ

機械を扱うときにもイヤーマフを使用しますが、頭の上部にバンドがあるとヘルメットがかぶれません。そんなときには首の部分にバンドがくるネックバンド型がおすすめです。着用時にずれやすいデメリットはありますが、頭を守りつつ耳もしっかり守れます。

ぴったりフィットさせたいなら「マルチポジション型」がおすすめ

バンドの位置を頭の上や首に動かせるのがマルチポジション型です。普段は安定する頭上にしておいて、横になるときには首に持ってくるような使い分けができます。日常のいろいろなシーンで着用する方におすすめです。

子供用なら「サイズ・かわいいデザイン」をチェック

子供が大人用のイヤーマフを使うと耳の位置が合わず遮音できなかったり、耳が痛くなってしまったりします。子供用のイヤーマフは多く市販されていますので、専用品をチェックしましょう。

 

購入の際にはサイズをしっかり確認するとともに、子供が好きなかわいいデザインだと楽しく着用できておすすめです。

使い道で選ぶ

ここからは、使い道に応じてどんなイヤーマフがおすすめかをご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

自閉症や発達障害など「聴覚過敏」ならフィット感の高いタイプがおすすめ

聴覚過敏とは音が聞こえすぎるために周囲の音に苦痛を感じたり、不快感を覚えたりする状態です。先天性もあれば後天性で聴覚過敏になるケースもあり、自閉症や発達障害の方にも多く見られます。そんな方にとって遮音できるイヤーマフは救世主です。

 

もし聴覚過敏で日常的に使用するなら遮音性だけでなくフィット感も重視しましょう。常につけているものなので、圧迫感があったり、耳が痛くなってしまったりすると、それがストレスになってしまいます。

「工事・機械作業」で使うなら遮音性の高いタイプがおすすめ

自分で工事をするのは近所で工事をしている状態とは比べものにならないほど音が大きく、難聴になる可能性があります。もしご自身が工事をする場合や、大きな音の出る機械を使って作業をするなら、何よりも遮音性の高いイヤーマフを選ぶがのおすすめです。

「勉強」に集中したいなら軽いものがおすすめ

勉強をしていて周囲の音が気になる場合は、軽量なイヤーマフをつけるのがおすすめです。頭が重いと疲れてしまい、さらに勉強中は顔を下に向けるので重いイヤーマフはずり落ちてくる可能性があります。着用を忘れてしまうような重さのものがベストです。

「睡眠用」なら寝返りが打てるものや耳栓がおすすめ

ベッドに入って目を閉じても音が気になって眠れない方にもイヤーマフはおすすめです。睡眠用に使用するなら寝返りが打てる邪魔にならないデザインや、フィット感が良く耳が痛くならないものを選びましょう。場合によっては耳栓もおすすめです。

「サバゲー・狩り」なら集音機能の高いタイプがおすすめ

サバゲー(サバイバルゲーム)や狩りなどでイヤーマフを使用する場合は、会話ができるよう集音機能がついているものがおすすめです。またデザイン性の高いものも人気で、イヤーマフも装備の一部と考えると、かっこいいものを選びたくなります。

持ち運びするなら折りたたみ式など「携帯性」の高いタイプがおすすめ

持ち運ぶケースが多く携帯性を重視するなら、軽いものや折りたたみ可能なものをチェックしましょう。個人差ありますが重さは200g〜300gを目安に選ぶとかばんに入れても負担になりにくくおすすめです。中にはイヤーマフ用のケースが付いているものもあります。

楽しく過ごしたいなら「音楽が聴ける」タイプがおすすめ

イヤーマフの中には音楽が聴けるものもあります。AUX接続などでMP3プレイヤーやスマホに繋げて、音を遮断しながら好きな音楽やラジオを聴くのが可能です。ただし危険なので外を歩行中に使用するのはやめましょう。

メーカーで選ぶ

いろいろな選び方を見てもまよってしまう方はメーカーで絞って探すのがおすすめです。人気・話題のメーカーをピックアップしてご紹介しますので参考にしてください。

王道の有名メーカーなら「3M(スリーエム)」をチェック

初めての購入で失敗したくない方には、有名なメーカーの商品がおすすめです。ポストイットなどでも有名な3Mはさまざまな分野で実績のある会社で、そのイヤーマフも高品質で人気があります。間違いない商品をお探しならぜひチェックしてみてください。

防寒メインなら「ワークマン」をチェック

ワークマンのイヤーマフはイヤーウォーマーとの商品名で、防寒目的になります。遮音性は高くないものの、防寒メインで使いたい方やコスパ重視の方におすすめです。ネックバンド型で帽子と併用できる便利アイテムなのでぜひチェックしてみてください。

イヤーマフの人気おすすめランキング15選

シンプル&マルチポジション型で使いやすい

マルチポジション型なので、使用する場面に合わせてバンドの位置を変えられます。負担になりにくい276gとほどよい重さも魅力で、落ち着いた見た目は家庭だけでなく学校や図書館などでの使用もおすすめです。

 

パットがサラサラで装着時のムレが気になりません。

NRR 26dB 遮音方法 パッシブタイプ
形状 マルチポジション型 重さ 276g

口コミを紹介

4~5年は大丈夫なので値段と比して十分な耐久性能と思います。
遮音性能も期待通りでMOLDEX の各種耳栓と併用する事で
日常の静寂な世界が簡単に手に入れられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

音量従属制御機能付きのハイクオリティなイヤーマフ

音量従属制御機能が付いているため、騒音レベルに合わせて聞こえる音をコントロールしてくれます。自動電源オフ機能や音声が聴ける機能も付いているハイクオリティなイヤーマフです。

 

少し重さがあるのが難点で、ご家庭で使う頻度が多い方に向いています。

NRR 26dB 遮音方法 アクティブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ 355g

口コミを紹介

私は音嫌悪症(ミソフォニア)でビニール袋がガサガサする音、キーボードの鍵打音、老人のしつこい咳払い、大き目の物音、鼻水をすする音など、各種日常生活音が非常に嫌です。(中略)困っている方にはおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

安全性が高く聴覚過敏の子供におすすめ

こちらは児童の聴覚・耳を守るため安全性を重視したイヤーマフです。子どもにケガがないように、金属部品を一切使用をしていません。可愛らしいデザインのため、聴覚過敏でお困りのお子様が抵抗なく使用できるのも魅力です。

NRR 22dB 遮音方法
形状 重さ 180g

口コミを紹介

どこの商品もシンプルなデザインでしっくりこなかったですが、これはユニコーンですのでオシャレです(^^)

出典:https://www.amazon.co.jp

かわいくて遮音性の高いイヤーマフ

子供用イヤーマフとして販売されていますが、バンドの微調整ができるので、大人でも使用している方も多い商品です。大人用ではなかなか見かけないカラーが魅力でグリーン以外にもピンク・ブルー・ホワイトから選べます。

 

見た目だけでなく性能も充分で、NRR25dBと遮音性が高く、189gという驚きの軽さも人気の理由です。大きな音が苦手なお子さんやかわいいデザインを探している大人にもおすすめできます。

NRR 25dB 遮音方法 パッシブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ 189g

口コミを紹介

大人ですが問題なく使用しております。丸ノコで木材を切る用に購入しましたが、この商品があるとなしでは全く違います。

出典:https://www.amazon.co.jp

重さ171gと超軽量のイヤーマフ

ブラックを基調にビビッドカラーでアクセントを加えたデザインが印象的なイヤーマフです。見た目の良さはもちろん、171gと驚きの軽さからも高い人気を誇っています。サイズ調整ができるので子供から大人まで使用可能です。

 

NRRは23dBと遮音性も充分でさらに値段も手ごろと、コストパフォーマンスに優れています。

NRR 23dB 遮音方法 パッシブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ 171g

口コミを紹介

音に対して敏感な障害を持つ子供のために買いました。今まで使っていたのは黄色い他社の製品で、同級生からバカにさてれて嫌がっていました。この商品はデザインがとても良く、とても気に入っているようです。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

抜群の遮音性と驚きの低価格

イヤーカップの内部が二重構造になっており、NRRはなんと30dBと高い遮音性を誇ります。それほど高い遮音性のものがこの値段で購入できるのは驚きです。

 

また保護メガネとのセット商品もあり、耳だけでなく目も守らなければならない作業にも向いています。

NRR 30dB 遮音方法 パッシブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ 358g

口コミを紹介

何個も イヤーマフ を買いましたが この 3Mのは最高ですね、フィット感が、抜群でメガネをかけても 柔らかいので 痛くありません。長時間かけていても ぜんぜん大丈夫です。

出典:https://www.amazon.co.jp

フィット感が抜群のイヤーマフ

装着感の良さが魅力のイヤーマフです。「何時間つけていても気にならない」との口コミも多く、フィット感の良さがうかがえます。すっきりとしたデザインでヘッドホンにも見えるので図書館などで人目を気にせず使用できるのもメリットです。

NRR - 遮音方法 パッシブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ 295g

口コミを紹介

行動障害のある聴覚過敏の息子用に購入。パニックして何度も投げたり叩きつけたりしていますが、耳あての部分が外れても壊れることはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

音を調節して取り入れられるイヤーマフ

全方向性マイクがついており、装着したまま必要な音を取り入れられるイヤーマフです。AUX入力に対応しておりラジオや音楽が聴けたり、電話をしたりできます。

 

さらに、折りたたみ可能で持ち運びやすくサバゲーや狩りなどアウトドアでの使用にもおすすめです。

NRR 22dB 遮音方法 アクティブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ -

口コミを紹介

射撃場、フィールド、どちらでも使えます。マイクの感度を変えることで、フィールドにおいて獲物を静かに待つ等の時に周囲の音を感じ取れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

すっきりしたデザインのイヤーマフ

イヤーマフには珍しいすっきりしたオフホワイトカラーで、200gを切る軽さから女性にも人気がある商品です。NRRは表記されていませんがほどよい遮音感があります。会話はしたいけれどエアコンやパソコンのファンの音は消したい方におすすめです。

NRR - 遮音方法 パッシブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ 197g

口コミを紹介

無音ではありませんが、家族と会話出来るので私はこれくらいがいいです。当初締め付けも感じましたが、女性の自分はそこまで気にならず、装着したままお昼寝も出来ています。聴覚過敏の方には是非一度試して欲しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐久性が高く子供用やアウトドア使用にも最適

イヤーカップが2層で遮音性が高く、バンド部分はねじっても大丈夫な素材で耐久性も高い商品です。何段階かに分けてバンドの調節ができるため色々な方が幅広く使用できます。

 

長時間耳に当てていても痛くなりづらく、睡眠用にもおすすめです。耐久性の高さを生かして子供用にしたり、狩りなどのアウトドア使用にも向いています。

NRR 28dB 遮音方法 パッシブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ 290g

口コミを紹介

中学3年生で受験勉強しているので生活音が気になるようで買ってみました。集中できるみたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

超軽量で疲れにくい

184gと超軽量モデルで長時間着用しても疲れにくいのが魅力で、とにかく軽いイヤーマフを負い探しの方におすすめです。別売のWS-CUSHを使用すれば、スマートホンなどと接続できて音楽も聴けます。

NRR 22dB 遮音方法 パッシブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ 184g

口コミを紹介

市販の製品の中では最高の遮音性との評判を聞いて本商品を購入しましたが、初めて装着して感じたのは完全な「無」でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

NRR31dBと最強レベルの遮音性

遮音性はなんとNRR31dBで、工場での勤務から生活音の軽減まであらゆる場面で活躍します。色はイエロー・イエローグリーン・グリーン・ブラックの4色展開です。

 

装着感も良く、イヤーカップ部分だけでなくヘッドバンド部分もやわらかいのでしっかりフィットしてくれます。

NRR 31dB 遮音方法 パッシブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ 351g

口コミを紹介

パッドの吸着性と言えばいいのでしょうか、装着してみるとパッドが密着して音を入り込ませないようになっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

高い防音性能などが特徴

高い防音性能で雑音を抑え、集中力アップや自閉症や聴覚過敏の方にもおすすめのイヤーマフです。勉強・睡眠など大きな音が気になるさまざまなシーンで活躍します。ヘッドホン部分の調整ができ、子供から大人まで使えるのもメリットです。

NRR 25dB 遮音方法
形状 重さ 250g

口コミを紹介

使用者は、9歳の子供。高い音が苦手の聴覚過敏の為に購入しました。締め付け感はなく、子供は快適につけてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヘッドホンのように快適な装着感が魅力

快適な装着感が魅力のイヤーマフです。イヤークッションとしてPUレザーを使用しており、弾力性と柔軟性により耳にフィットしやすくなっています。人間工学に基づいた設計で、快適な装着感や密着感を得られる商品です。

NRR 29dB 遮音方法
形状 重さ 230g

口コミを紹介

装着感はきつくもなく緩くもなくといった感じで、重さも特に負担を感じるものではありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

周囲の音をやわらげる遮音性と柔軟なフィット感

「ハイクオリティのイヤーマフを低コストで」をコンセプトに、コスパを追求したイヤーマフです。優れた機能性だけでなく、ファッション性にもこだわったスタイリッシュな設計となっています。

 

また、耳カバーにPUレザーを採用することで快適に着用可能です。

NRR 29dB 遮音方法 パッシブタイプ
形状 ヘッドバンド型 重さ

口コミをご紹介

聴覚過敏を持っていて、苦手な音があったがこちらの商品を使うことで苦手な音によるストレスの緩和ができた

出典:https://www.amazon.co.jp

イヤーマフのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 NRR 遮音方法 形状 重さ
1
アイテムID:10245466の画像
イヤーマフ

Amazon

詳細を見る

周囲の音をやわらげる遮音性と柔軟なフィット感

29dB パッシブタイプ ヘッドバンド型
2
アイテムID:10033289の画像
防音イヤーマフ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ヘッドホンのように快適な装着感が魅力

29dB 230g
3
アイテムID:10033286の画像
防音イヤーマフ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高い防音性能などが特徴

25dB 250g
4
アイテムID:10033298の画像
PELTOR X5A

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

NRR31dBと最強レベルの遮音性

31dB パッシブタイプ ヘッドバンド型 351g
5
アイテムID:10033295の画像
PELTOR X1A

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

超軽量で疲れにくい

22dB パッシブタイプ ヘッドバンド型 184g
6
アイテムID:10033292の画像
防音イヤーマフ

Amazon

詳細を見る

耐久性が高く子供用やアウトドア使用にも最適

28dB パッシブタイプ ヘッドバンド型 290g
7
アイテムID:10033283の画像
Peltor Optime 95

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

すっきりしたデザインのイヤーマフ

- パッシブタイプ ヘッドバンド型 197g
8
アイテムID:10033280の画像
防音イヤーマフ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

音を調節して取り入れられるイヤーマフ

22dB アクティブタイプ ヘッドバンド型 -
9
アイテムID:10033277の画像
イヤーマフ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

フィット感が抜群のイヤーマフ

- パッシブタイプ ヘッドバンド型 295g
10
アイテムID:10033274の画像
H10A

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

抜群の遮音性と驚きの低価格

30dB パッシブタイプ ヘッドバンド型 358g
11
アイテムID:10033271の画像
K1

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

重さ171gと超軽量のイヤーマフ

23dB パッシブタイプ ヘッドバンド型 171g
12
アイテムID:10033268の画像
防音イヤーマフ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

かわいくて遮音性の高いイヤーマフ

25dB パッシブタイプ ヘッドバンド型 189g
13
アイテムID:10033265の画像
防音 イヤーマフ

Amazon

詳細を見る

安全性が高く聴覚過敏の子供におすすめ

22dB 180g
14
アイテムID:10033262の画像
PELTOR ProTac III

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

音量従属制御機能付きのハイクオリティなイヤーマフ

26dB アクティブタイプ ヘッドバンド型 355g
15
アイテムID:10033259の画像
Z2 マルチポジションイヤーマフ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シンプル&マルチポジション型で使いやすい

26dB パッシブタイプ マルチポジション型 276g

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

イヤーマフの購入場所はホームセンター・通販などさまざまある

イヤーマフはさまざまなところで販売されています。実店舗なら、コーナンやカインズをはじめとするホームセンター、ビックカメラ・ヨドバシカメラなどの家電量販店、防寒用ならワークマンで探すのがおすすめです。Amazonや楽天などのネット通販でも購入できます。

うるさいと思うdB数をチェック

騒音の大きさを表すdB(デシベル)について、数値の目安が分からない方も多いと思います。〜30dBは「静か」、~50dBは「普通」です。

 

「うるさい」と感じるのは60dB〜70dBで2mの距離で聞くセミの鳴き声がこのレベルにあたります。80dB〜90dBは「うるさくて我慢できない」、100dB〜120dBになると難聴の危険性があるレベルです。ぜひ参考にしてみてください。

目立たないタイプならデジタル耳栓をチェック

目立たないタイプをお探しならデジタル耳栓がおすすめです。米軍など世界中の軍隊や警察で採用されている商品もあります。動きが激しかったり、工事現場など大きなイヤーマフが邪魔になるシーンに最適で、イヤーマフで耳が蒸れてしまう方にもおすすめです。

さらに防音性を高めたいなら耳栓と併用する

イヤーマフの遮音性に物足りなさを感じるなら耳栓を併用するのがおすすめです。ダブルの効果でより防音性が高まります。ただし併用すると蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうので、使用後は消毒するなど対策も忘れずに行いましょう。

 

以下の記事では耳栓の選び方と人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ併せてチェックしてください。

イヤーマフには防寒用もある

騒音から耳を守るイヤーマフ以外に、防寒用のイヤーマフがあります。いわゆる耳あてと言われるものです。女性用商品のイメージが強いですが、男性は短髪で耳が出ている場合が多くメンズ用の防寒イヤーマフも大変人気があります。

イヤホンで代用するならノイズキャンセリング機能をチェック

イヤーマフをイヤホンで代用したいならノイズキャンセリング機能付きのものを選びましょう。ただしノイズキャンセリングには通話音質を向上させる目的のものもあるので、遮音に優れている商品かしっかりチェックするのがポイントです。

 

以下の記事はノイズキャンセリングイヤホンの選び方とおすすめ商品ランキングをご紹介しています。イヤホンで代用したい方はぜひ参考にしてください。

まとめ

イヤーマフの選び方と人気おすすめランキングをご紹介しました。イヤーマフは騒音に悩まされている方にぴったりのアイテムです。ぜひ本記事を参考に自分に合う商品を見つけて、快適な生活を手に入れてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年06月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事