ペットボトル加湿器の人気おすすめランキング15選【メリット・デメリット】

記事ID23094のサムネイル画像

ペットボトルをタンクにして使えるペットボトル加湿器。100均・ニトリ・ドンキなど、さまざまなお店で見かけるアイテムです。今回は、ペットボトル加湿器の選び方とおすすめ商品ランキング、ペットボトル加湿器のデメリット・カビ対策・フィルター交換についてご紹介します。

今回の記事ではペットボトル加湿器の人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事では加湿器について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ペットボトル加湿器のメリット

お部屋の湿度を調整することができるペットボトル加湿器。ペットボトルをタンクにして使用できるため、衛生的に長く使えるのが魅力的です。ですが、調べてみるとさまざまなタイプのペットボトル加湿器があり、どれを選ぶべきかわからなくなってしまいます。

 

ペットボトル加湿器は空間の乾燥を防ぎ風邪予防になるアイテムですよね。実は、アロマオイル対応のアイテムを使えばリラックス効果も期待できるんです!

 

そこで今回は、ペットボトル加湿器の選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは加湿方式・電源方式・便利機能を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ペットボトル加湿器の選び方

ペットボトル加湿器には、さまざまな種類の商品があります。自宅の広さやライフスタイルに合ったペットボトル加湿器を選んでみましょう

加湿方式で選ぶ

ペットボトル加湿器には、「スチーム式」「超音波式」「気化式」の3種類の加湿方式があります。加湿方式によって特徴が異なるため、しっかりと確認して自分に合ったペットボトル加湿器を選びましょう。

空気を暖めたいなら「スチーム式」

スチーム式は、水を沸騰させて発生した水蒸気で加湿します。加熱することで雑菌やカビ予防になり、衛生的に長く使用できるのが魅力的です。温かい蒸気が噴射されるため、お部屋の空気を温めることができますよ。

 

加湿力が高い商品が多く、素早く加湿できるのもポイントです。ですが、加熱による加湿のため電気代が多くかかってしまうのがデメリット。吹き出し口は熱くなっているため、子供やペットがいる家庭は注意が必要です。

子供やペットがいるなら「超音波式」

超音波式とは、細かな振動で水を霧状にして噴射する加湿方式のことです。加熱をしないで加湿できるため、子供やペットがいる家庭でも使いやすいのが魅力的。お部屋の温度が変わりにくく、湿度だけを調節することが可能です。

 

超音波式はアロマ機能がついているペットボトル加湿器が多く、香りを楽しみながら加湿することができます。スチーム式と比べて電気代がかからなく、長時間でも使用しやすいのがメリットです。

 

ですが、加熱しない分加湿器内は雑菌が繁殖しやすいです。そのためこまめにお手入れをする必要があります。スチーム式に比べると加湿力が劣るため、お部屋全体の加湿には不向きです。

電源を使用したくないなら「自然気化式」

自然気化方式は、水が浸透したフィルターを置き、自然に気化させて加湿する方式です。スチーム式や超音波式のペットボトル加湿器に比べて、加湿力が劣るのがデメリット。ですが電源不要のため電気代が一切かからず、気軽に使いたいという方におすすめです。

電源で選ぶ

ペットボトル加湿器には、「コンセント」「USB充電」「乾電池」の3種類の電源方式があり、さらに「電源なし」で使用できる商品もあります。使用シーンに合わせた電源方式で選んでみましょう。

電池交換などが面倒なら「コンセント」

自宅やオフィスなどのデスクの上で使用したい方は、コンセントがおすすめです。電池切れの心配がなく、常に安定した電力で使用することができます。高い電力に対応できるため、加湿力が高い商品に使われていることが多いです。

ワイヤレスで使用したいなら「USB充電」

USB充電はワイヤレスで使用できるため、外出先で使用したい方におすすめです。パソコンのUSBからも充電することができるため、コンセントが使えない状況でも使用することが可能。車内用のシガーソケットがあれば、車の中でも使うことができます。

 

充電が切れてしまうと使用できなくなってしまうのがデメリットですが、モバイルバッテリーを常備しておくといざという時でも充電ができるため便利です。

電源がない場所なら「乾電池」

乾電池は、USB充電と同じくワイヤレスで使用できるため外出時に便利です。電池が切れてしまった時は、電池を交換しなければならなく手間に感じる方もいるかもしれません。加湿力が弱い商品が多く、長い時間の連続使用は限りがあるため不向きです。

 

アウトドアなどの、コンセントやUSBポートがないような場面で大活躍します。電池のストックがあれば、電源供給ができない場所でも使用できるのが魅力的です。

電源を使用したくないなら「電源なし」

自然気化式のペットボトル加湿器なら、電源がなくても加湿ができます。「ペットボトル加湿器が欲しいけど電気代が気になる……。」という方におすすめ。置くだけで加湿できるため、初心者の方でも使いやすいのが魅力的です。

お部屋全体を加湿したいなら「強力加湿」

ペットボトル加湿器の加湿量は「100ml/h」などで表記されている商品が多いです。これは「1時間で100mlの水蒸気を噴射する」という意味で、数字が大きくなるほど加湿力が強く、加湿範囲が広くなります。

 

「200ml/h=木造3畳・プレハブ6畳程度」を目安に、加湿量・加湿範囲を選んでみましょう。ペットボトル加湿器は他の加湿器に比べると、加湿力は弱めです。お部屋全体を加湿したい場合は、強力な加湿力の商品を選ぶと失敗しませんよ。

精密機械の近くで使いたいなら「細かいミスト」

ペットボトル加湿器を選ぶ時は、ミストの粒の大きさにも注目してみましょう。ミストの粒が大きいと周りが濡れてしまう場合があり、精密機器があると危険です。

 

細かいミストなら空気中にしっかりと舞ってくれるため、周りが濡れてしまう心配もありません。パソコンなどの精密機器が近くにあっても安心です。

 

ですが、ミストの大きさについて詳しく記載されている商品は少ないです。実際に使用してみないとわからないため、口コミやレビューをしっかりとチェックしましょう。

便利機能で選ぶ

ペットボトル加湿器には、「アロマ機能」「タイマー機能」など、さまざまな便利機能が付いた商品があります。使用シーンに合った機能を選ぶことで、より快適に使用することができますよ。

リラックス効果が欲しいなら「アロマ機能」

アロマ機能が付いたペットボトル加湿機なら、加湿と一緒に香りも楽しむことができます。自宅や車の中など、リフレッシュしたいときに大活躍。自分の好みの香りを選ことで、快適な空間にすることができますよ。

 

アロマオイルには精油やエッセンシャルオイルなどの種類があります。どのアロマオイルが対応しているのかもしっかりとチェックしましょう。アロマ機能がついていないペットボトル加湿器で使用すると、故障の原因になってしまうため注意が必要です。

 

以下の記事で、加湿器に使えるアロマオイルの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください

消し忘れが心配なら「タイマー機能」

タイマー機能がついているペットボトル加湿機なら、電源の消し忘れを防ぐことができます。寝る前などにペットボトル加湿器を使用したい方におすすめの機能です。電気代をできるだけ節約したいという時にも大活躍してくれます。

 

オンタイマーが付いている商品なら、朝起きる前に起動できるように設定することが可能。「朝起きたら喉が痛い……。」と悩む方におすすめの機能です。

故障が心配なら「空焚き防止機能」

空焚き防止機能とは、ペットボトル内の水がなくなったら自動で止めてくれる機能のことです。タイマー機能と同じく、消し忘れが不安な方におすすめ。

 

スチーム式のペットボトル加湿器の空焚きは火事や故障のリスクが高いため、スチーム式が欲しいという方は空焚き防止機能にも注目して選んでみましょう。

転倒が不安なら「水漏れ防止機能」

水漏れ防止機能は、ペットボトルと加湿機本体の間から水が漏れるのを防いでくれる機能です。オフィスなどでペットボトル加湿器を使用したという方は、パソコンなどの機器を守るためにもチェックしておきたい機能ですね。子供やペットがいる家庭におすすめです。

加湿量を調節したいなら「ミスト量調節機能」

ペットボトル加湿器には、ミスト量を調節できる商品もあります。つまみを回すことで手動で調節するものや、連続噴射・間欠噴射などモード選択での調節するものなど種類もさまざま。さまざまな場所で使用したいという方におすすめです。

水漏れが心配なら「対応のペットボトルサイズ」

ペットボトル加湿器は、基本的に350mlや500mlの小さいペットボトルサイズに対応しています。対応していないサイズのペットボトルを使用すると、水漏れの原因になってしまうため注意が必要です。

 

また、ペットボトル口の直径が記載されている商品もあるためこちらもあわせてチェックしましょう。

デザイン・形状で選ぶ

ペットボトル加湿器には、大きく分けて「卓上型」「スティック型」の2種類の形状があります。使用シーンを考慮して、自分に合った形状の商品を選んでみましょう。

自宅用なら安定性のある「卓上型」

卓上型は、自宅やオフィスのデスクに使用したい方におすすめです。ペットボトルを差し込み逆さに置くタイプは水を最後まで使い切ることができ、安定性も抜群。

 

また卓上型は、デザイン性の高い商品が幅広くあります。見るだけで気分が上がるようなアイテムなら、オフィスでも気分転換になりますね。自宅で使用する場合も、周りのインテリアと合う商品を選ぶことで、おしゃれにまとまります。

手軽に使用したいなら「スティック型」

スティック型は、ペットボトルに挿すだけ加湿ができる手軽な点が魅力的です。バッグに入れやすく、持ち運びしたい方におすすめ。中の吸水芯の長さ調節が可能な商品なら、コップなどペットボトル以外の容器でも使用できます。

卓上型ペットボトル加湿器の人気おすすめランキング6選

電源要らずのやさしい加湿器

場所を問わないサイズ感が魅力的な、ペットボトル加湿器です。電源不要のため、ペットボトルをセットするだけで加湿することができます。電源があるペットボトル加湿に比べると加湿力が劣りますが、機械音がないため音が気になるという方におすすめです。

加湿方式 自然気化式 加湿量 記載なし
電源 電源なし サイズ 15×5.5×17cm
重量 約110g 付加機能 記載なし

口コミをご紹介

可愛いし、間違いなく私1人だけでも潤してくれていると思うので買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

タイマー機能付きで切り忘れの心配なし

コンパクトな形状が魅力的なペットボトル加湿器です。ペットボトルを差し込み、逆さにすることで加湿ができます。タイマー機能付きで、自動で止めてくれるため、寝る前に使用したという方にもおすすめ。乾電池・USB充電、両方に対応しています。

加湿方式 超音波式 加湿量 15~30ml/h
電源 乾電池・USB充電 サイズ 10×10×4cm
重量 約199g 付加機能 タイマー機能・空焚き防止機能

口コミをご紹介

手軽な感じでとても良かったです

出典:https://www.amazon.co.jp

微細なミストで精密機器の近くでもOK

USB充電が可能なペットボトル加湿器です。微細なミスト噴射で、精密機器の近くでも安心して使用することができます。動作音が30db以下と静音のため、寝ている間の加湿にもおすすめです。2つの噴射モードで加湿量を調節することができます。

加湿方式 超音波 加湿量 35~45ml/h
電源 USB充電 サイズ 15.5×6.5×3cm
重量 144g 付加機能 空焚き防止・アロマ・水漏れ防止

口コミをご紹介

ペットボトルをセットして早速スイッチオン、細かな綺麗なミストが真上に上がります。充電式でコードが無いので何処にでも置けるし満足しています。本体の形もすっきりして良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

LEDライト付きで暗い場所におすすめ

かわいらしいデザインのペットボトル加湿器です。2タイプのボトルキャップコネクターがあり、ペットボトルの口に合わせて取り付けすることができます。LEDライトを搭載しているため、暗い場所でも使用できるのがうれしいポイントです。

加湿方式 超音波 加湿量 50ml/h
電源 コンセント サイズ 12×12×11.4cm
重量 約190g 付加機能 空焚き防止機能・アロマ機能

口コミをご紹介

会社で使用する為に購入。お手入れが簡単そうだったのとオフシーズンの収納を考慮してこちらにしました。程よく加湿してくれてる感じで、気分良く仕事ができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

最大15時間の加湿が可能

シンプルなつくりが特徴的なペットボトル加湿器です。最大で600mlのペットボトルに対応しており、15時間の加湿が可能LEDライト付きで周りを明るく灯しながら加湿します。10~40ml/hの加湿力で、ちょっとしたスペースを加湿したいという方におすすめです。

加湿方式 超音波 加湿量 10~40ml/h
電源 USBコネクタ サイズ 99×99×42cm
重量 約72g 付加機能 記載なし

口コミをご紹介

スイッチを押せば蒸気が出ます。ペットボトルの水(500ml)は1日ではなくなりません。寝ていると目玉と鼻、口が乾く感覚がありましたが、乾いていないと実感できる程度には加湿できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれなペットボトル加湿器といえばこれ

レトロなデザインが特徴的なペットボトル加湿器。おしゃれな加湿器が欲しいという方におすすめです。アロマオイルに対応しているため、香りを楽しみながら加湿することができます。替えのパーツが付属されているため、衛生的に使用できるのがうれしいポイントです。

加湿方式 超音波式 加湿量 記載なし
電源 コンセント サイズ 9.7×13.2×10.9cm
重量 240g 付加機能 アロマ機能

口コミをご紹介

小さいわりにパワーの調節することが出来るので購入しました。乾燥で静電気が凄かったのがやっと落ち着きました。もう少し値段が安ければいいなとは思いましたが。

出典:https://www.amazon.co.jp

卓上型ペットボトル加湿器のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 加湿方式 加湿量 電源 サイズ 重量 付加機能
1
アイテムID:6694852の画像
トフィー ペットボトルアロマ加湿器 3,850円

詳細を見る

おしゃれなペットボトル加湿器といえばこれ

超音波式 記載なし コンセント 9.7×13.2×10.9cm 240g アロマ機能
2
アイテムID:6694880の画像
USB加湿器 1,800円

詳細を見る

最大15時間の加湿が可能

超音波 10~40ml/h USBコネクタ 99×99×42cm 約72g 記載なし
3
アイテムID:6694916の画像
ペットボトル式加湿器 1,870円

詳細を見る

LEDライト付きで暗い場所におすすめ

超音波 50ml/h コンセント 12×12×11.4cm 約190g 空焚き防止機能・アロマ機能
4
アイテムID:6694775の画像
ペットボトル 加湿器 卓上 2,064円

詳細を見る

微細なミストで精密機器の近くでもOK

超音波 35~45ml/h USB充電 15.5×6.5×3cm 144g 空焚き防止・アロマ・水漏れ防止
5
アイテムID:6699348の画像
USB 卓上加湿器 2,999円

詳細を見る

タイマー機能付きで切り忘れの心配なし

超音波式 15~30ml/h 乾電池・USB充電 10×10×4cm 約199g タイマー機能・空焚き防止機能
6
アイテムID:6699337の画像
自然気化式ECO加湿器 1,291円

詳細を見る

電源要らずのやさしい加湿器

自然気化式 記載なし 電源なし 15×5.5×17cm 約110g 記載なし

USB対応ペットボトル加湿器の人気おすすめランキング6選

2種類の吸水芯でコップにも対応

くまのプーさんがかわいらしいスティック型のペットボトル加湿器です。2種類の吸水芯が付属されているため、コップに入れての加湿もできます。4時間で自動停止するため、空焚きや消し忘れの心配もありません。

加湿方式 超音波式 加湿量 30ml/h
電源 USB給電 サイズ 1.3×17cm
重量 120g 付加機能 自動停止機能

口コミをご紹介

PC脇に置いたり、特に、乾燥し易い車の中でとても重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

角度調節できる噴射口が魅力的

ミストの噴射角度を調節できるペットボトル加湿器。加湿量が50ml/hとスティック型では強力な加湿力なのが特徴です。1・3・5時間で自動停止するタイマー機能で、消し忘れの不安がある方におすすめ。USB給電のため、さまざまな場所で使用できるのが魅力的です。

加湿方式 超音波式 加湿量 50ml/h
電源 USB給電 サイズ 4.6×6.2cm
重量 約74g 付加機能 タイマー機能

口コミをご紹介

しっかり差し込んだらすごい勢いでミストが出るようになりました。
水のタンクもペットボトルが使えるので交換も容易で清潔に使えるし、ノズルも替えがついているのでコスパもとても良い商品です!

出典:https://www.amazon.co.jp

コロンとした見た目がかわいらしい

丸いフォルムが特徴的なペットボトル加湿器です。ペットボトルにしっかりと固定することができるため、倒れても水がこぼれません。パソコンなどがあるデスクでも使いやすいアイテムです。加湿量も40ml/hなので、デスク周りをしっかりと加湿してくれます。

加湿方式 超音波式 加湿量 40ml/h
電源 USB電源 サイズ 5.7×5.9cm
重量 45g 付加機能 タイマー機能

口コミをご紹介

ペットボトルなどの既存の容器で使用するものなので、加湿器の容器を洗う手間やカビの心配もなく使用できました。水溶性のアロマなら使用できるので、香りも自分好みにできるがよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2つの噴射パターンで加湿量を調節

シンプルで使う人を選ばないペットボトル加湿器です。ペットボトルとコップの2パターンで加湿ができるのも魅力的ですね。ペットボトルにセットしてボタンを押すだけという簡単操作もうれしいポイント。2種類の噴射を選択できるのもおすすめポイントです。

加湿方式 超音波式 加湿量 記載なし
電源 USB電源 サイズ 8.1×7.1×16.5cm
重量 120g 付加機能 タイマー機能

口コミをご紹介

高齢の母が簡単に使えて面倒なメンテナンスがないもの、カビが出ないものを考えて選びました。冬はスチーム式でバッチリですが春先など温度が上がるのは困るのでちょっと使いにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

7色に変化するLEDライトがキレイ

そのまま使えばコップ用ですが、延長パイプとキャップをつけることでペットボトルにも対応します。ペットボトル内の水がなくなったら自動で停止してくれるため、空焚きの心配もありません。連続噴射と間欠噴射の2パターンから選択して加湿することができます。

加湿方式 超音波式 加湿量 30ml/h
電源 USB充電 サイズ 4.2×25.5cm
重量 約35g 付加機能 タイマー機能・加湿量切り替え機能

口コミをご紹介

会社のデスクで使うには十分な機能です。小さいペットボトルにセットして使っています。良い買い物でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

ペットボトルにしっかりと固定

加湿器部分がフタになったペットボトル加湿器です。ペットボトルにしっかりと固定されるため、水漏れの心配もありません。2パターンのミスト噴射が選べて、使用シーンに合わせて使い分けできるのがポイント。タイマー機能も付いた機能性抜群なアイテムです。

加湿方式 超音波式 加湿量 記載なし
電源 USB電源 サイズ 4.5×4.8×4.5cm
重量 40g 付加機能 タイマー機能・加湿量切り替え機能

口コミをご紹介

右半身まひの障がい者の方に利用できる製品はないかと探していましたが、ペットボトルなら重量も軽く操作できるのではと買ってセットしたら簡単に出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

USB対応ペットボトル加湿器のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 加湿方式 加湿量 電源 サイズ 重量 付加機能
1
アイテムID:6694995の画像
ボトル加湿器キューブ 1,270円

詳細を見る

ペットボトルにしっかりと固定

超音波式 記載なし USB電源 4.5×4.8×4.5cm 40g タイマー機能・加湿量切り替え機能
2
アイテムID:6695047の画像
エクリアミスト 700円

詳細を見る

7色に変化するLEDライトがキレイ

超音波式 30ml/h USB充電 4.2×25.5cm 約35g タイマー機能・加湿量切り替え機能
3
アイテムID:6695165の画像
ボトル加湿器 オーブ 1,300円

詳細を見る

2つの噴射パターンで加湿量を調節

超音波式 記載なし USB電源 8.1×7.1×16.5cm 120g タイマー機能
4
アイテムID:6695192の画像
パーソナル加湿器 NAGOMI 1,200円

詳細を見る

コロンとした見た目がかわいらしい

超音波式 40ml/h USB電源 5.7×5.9cm 45g タイマー機能
5
アイテムID:6699199の画像
ペットボトル 加湿器 MOVE 1,980円

詳細を見る

角度調節できる噴射口が魅力的

超音波式 50ml/h USB給電 4.6×6.2cm 約74g タイマー機能
6
アイテムID:6699185の画像
ペットボトル対応 加湿器 1,402円

詳細を見る

2種類の吸水芯でコップにも対応

超音波式 30ml/h USB給電 1.3×17cm 120g 自動停止機能

強力なペットボトル加湿器の人気おすすめランキング3選

最大90ml/hの強力加湿

好みの加湿量に無段階で調節が可能なペットボトル加湿器。最大90ml/hと強力な加湿量なのもポイントです。デスク周りをしっかりと加湿したいという方におすすめ。スタイリッシュなデザインで、使う場所を選ばないのも魅力的です。

加湿方式 超音波式 加湿量 90ml/h
電源 コンセント サイズ 11x6.5x7.6cm
重量 350g 付加機能 加湿量無段階調節

口コミをご紹介

使いやすいサイズと、色が気に入ってます❗以前に使っていたものより、いい感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

アロマ機能付きでリラックス効果

加湿量が100ml/hと強力なペットボトル加湿器です。アロマケースにアロマオイルを垂らすことで、香りを楽しむことができます。強力な加湿力とアロマ機能が一緒になった商品です。イルミネーションランプも搭載で見ているだけでも癒されます。

加湿方式 超音波式 加湿量 100ml/h
電源 コンセント サイズ 110×135×210cm
重量 500g 付加機能 アロマ機能・加湿量無段階調節

口コミをご紹介

デザインも機能も申し分ないです。職場で使用しています。蒸気たっぷり。

出典:https://www.amazon.co.jp

200ml/hと超強力な加湿量

200ml/hと、ペットボトル加湿器では超強力な加湿量が特徴です。スチーム式での加湿なのでお部屋を暖めることもでき、寒い季節の乾燥対策にピッタリです。空焚き防止機能がついているため、スチーム式でも安心して使用できます。

加湿方式 スチーム式 加湿量 200ml/h
電源 コンセント サイズ 11.5×17×20cm
重量 700g 付加機能 空焚き防止機能・アロマ機能

口コミをご紹介

15畳ほどのスペースに4台置くと、スチーム式と言うこともあり室温も湿度も上がるので屋内プールにいるような感覚で、昨冬は風邪を引いたスタッフが一人も出ませんでした!

出典:https://www.amazon.co.jp

強力なペットボトル加湿器のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 加湿方式 加湿量 電源 サイズ 重量 付加機能
1
アイテムID:6699021の画像
ペットボトル式 加熱式 3,500円

詳細を見る

200ml/hと超強力な加湿量

スチーム式 200ml/h コンセント 11.5×17×20cm 700g 空焚き防止機能・アロマ機能
2
アイテムID:6699034の画像
超音波式小型加湿器 2,000円

詳細を見る

アロマ機能付きでリラックス効果

超音波式 100ml/h コンセント 110×135×210cm 500g アロマ機能・加湿量無段階調節
3
アイテムID:6699080の画像
超音波式 ペットボトル加湿器 4,598円

詳細を見る

最大90ml/hの強力加湿

超音波式 90ml/h コンセント 11x6.5x7.6cm 350g 加湿量無段階調節

ペットボトル加湿器のお手入れ方法・カビ対策

ここからは、ペットボトル加湿器のお手入れ方法をご紹介します。正しいお手入れを定期的に行なうことでカビ対策にもなりますよ。

超音波式ペットボトル加湿器のお手入れ方法

超音波式のペットボトル加湿器は、噴出口を定期的に掃除する必要があります。湿らせた綿棒ややわらかいスポンジなどで、汚れを拭きとりましょう。水洗いは故障の原因になる場合があるためNG。またペットボトル内の水は毎日取り換えることも大切です。

スチーム式ペットボトル加湿器のお手入れ方法

スチーム式のペットボトル加湿器は、蒸気による頑固な水垢汚れが気になるところ。定期的に歯ブラシなどで汚れを落とすことが大切です。歯ブラシでこすっても汚れが落ちない場合は、クエン酸水をタンクに入れて1時間程度運転してから歯ブラシでこすってみましょう。

 

超音波式と同じく、スチーム式もこまめなお手入れが大事です。こまめに水を取り替えるのはもちろん、取り替える時にペットボトルの振り洗いをするとより衛生的に保てますよ。

ペットボトル加湿器のフィルターを交換するタイミング

ペットボトル加湿器のフィルター交換のタイミングは、商品によって異なります。早いものなら1カ月、長くて3~6カ月までもつものも。交換時期でなくても、匂いが変だったり加湿量が明らかに少なくなっている場合は、新しいフィルターに取り換えるようにしましょう。

ペットボトル加湿器の噴射が出ない場合

ペットボトル加湿器を使用していると、急にミスト噴射が出なくなってしまったという時がありませんか。故障かな?と新しい商品を買う前に以下のことをチェックしてみましょう。

 

まずは、ペットボトル加湿器の吸水芯がペットボトルの底まで入っているのかを確認してみてください。吸水芯が水に浸ってないと水が加湿器まで上がってこないため、ミスト噴射が止まってしまいます。

 

吸水芯の長さに問題がなければ、噴射口の詰まりをチェックしてみましょう。しばらくお手入れをしていないという場合は、湿らせた綿棒でやさしく拭き取ってみるとミスト噴射が出てくる場合があります。

ペットボトル加湿器は手作りできる

ペットボトル加湿器は手作りすることもできます。自然気化式で加湿をするもので、スチーム式や超音波式ほどの加湿量はありませんが、ちょっとした加湿をしたいという方におすすめですよ。

 

まずは、ペットボトルの上部をカットし切り口にマスキングテープを貼ります。ペットボトルに水を入れて、そこにキッチンペーパー・ペーパーナプキン・新聞紙・コーヒーフィルターを入れて浸透させるだけで完成です。

 

浸透させる際は、あらかじめ湿らせておくと素早く加湿できますよ。お気に入りのペーパーナプキンなどを使用することで、自分だけのオリジナルペットボトル加湿器が作れます。

ペットボトル加湿器のデメリット

ペットボトル加湿器は、ペットボトルをタンクにできる便利さが魅力的です。ですが、通常の加湿器に比べると、加湿の威力が劣ってしまうのがデメリット。基本的に広い部屋での使用は不向きです

 

また350~500mlのペットボトル用の商品が多く、大きいサイズのペットボトルに対応していないものがほとんど。長時間の使用には水をつぎ足す必要があるものもあるため、連続加湿時間をしっかりと確認しておきましょう。

 

シンプルな作りの商品は故障しやすいものもあるため、口コミやレビューをチェックしてから購入することをおすすめします。

まとめ

ここまで、ペットボトル加湿器のおすすめ商品15選をご紹介してきました。ペットボトル加湿器を選ぶとき、電源・加湿方式はもちろん、アロマ機能などの便利機能から選ぶこともポイントです。ぜひ自分に合ったペットボトル加湿器を選んでみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月03日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事