耐震ラッチの人気おすすめランキング10選【仕組みもご紹介!】

記事ID22876のサムネイル画像

地震時に食器棚などの中の物の散乱を防ぐ効果がある耐震ラッチ。ビスや両面テープを使いDIYで取り付けや調整をすることが可能で、自動でロックと解除をする種類の商品もあります。今回は、耐震ラッチの選び方やおすすめをランキング形式でご紹介します。

地震に備えて食器棚に耐震ラッチを

最近また地震が多くなり、日ごろの備えが気になりますよね。ある調査では、大きな地震の時でのケガの原因の6割以上が「家具の転倒、物やガラスの散乱」という結果もあり、家の中を見回すと危険なところが多々目についてしまいますよね。

 

そこでおすすめしたいのが耐震ラッチです。地震の時に食器棚や引き出しをロックして、凶器になり得る食器や物の散乱を防いでくれます。中でも最新の耐震ラッチには揺れを感知した瞬間に自動で作動し、揺れが止んだら自動で解除してくれるものもあるんですよ!

 

ここでは、地震対策として便利な耐震ラッチの選び方やおすすめをランキング形式でご紹介します。ぜひこの記事を参考に取り付けにチャレンジしてみましょう。

耐震ラッチの仕組み

耐震ラッチといえば数ある種類の中で、地震を感知して扉をロックする「感震式」のタイプが取り上げられることが多くあります。感震式の耐震ラッチは家具本体に感震ラッチ、扉側に受けとなるストライクを取り付けるモデルが多いです。

 

そして、感震ラッチは震度4~5ほどの揺れを感知するとストライクを離さないようにロックし、扉が開く動きを防ぎます。それから揺れが収まったあと、自動でロックを解除するモデルや解除動作が必要なモデルに分かれています。

 

耐震ラッチには、感震式のほかにも場所や使い方に合わせて適したタイプがあります。ご自身の家具や使い方を考え、最適な商品を選ぶことをおすすめします。

耐震ラッチの選び方

耐震ラッチには場所や機能させたい場面により最適なものが違います。ここでは安全かつ便利な耐震ラッチの選び方をご紹介します。

扉の「開き方」で取り付けられるか見る

耐震ラッチには、扉の開き方によって適したモデルがあります。大きく分けて3種類で、つけたい扉に応じたものを探しましょう。

 

  • ・台所の吊戸棚などの開き戸には「開き戸用
  • ・食器棚などに多い引き戸には「引き戸用
  • ・カトラリー収納などに多い引き出しには「引き出し用

 

また、家具の作りによっては取り付けられるモデル、取り付けられないモデルがあります。安全に関わることですので、説明書をよく読み最適なモデルを選びましょう。

扉の素材で選ぶ

耐震ラッチは比較的簡単に取り付けられる製品が多いですが、どれも同じわけではありません。家具の扉の材質が変われば取り付け方も変わります。

木製家具には「ビス」付けタイプを

木製家具にはビス付けタイプの耐震ラッチを選びましょう。ビスは両面テープと比べて丈夫で、開き戸用などの地震時などに荷重がかかる恐れがある場所に適しています

 

ただし、木製以外の素材の家具や、木製家具でもビスが効きにくい構造になっているケースにはビス付けタイプが使えないこともあります。そういった場合には両面テープタイプの耐震ラッチを選びましょう。

ガラス・金属製家具には「両面テープ」付けタイプを

家具の素材がガラスや金属などの場合は、両面テープで取り付けるタイプを選びましょう。耐震ラッチの両面テープはしっかり固定でき、はがすときは綺麗にはがれるようにできています。

 

また、両面テープタイプはビス付けタイプと比べて取り付けしやすいため、ビスで取り付けることに地震がない方にもおすすめです。

両面テープ付けなら「賃貸マンション」もOK

賃貸マンションやアパートで耐震ラッチを取り付けする場合は、ビスで家具に穴をあけることができないため、必然的に両面テープタイプの耐震ラッチを選ぶことになります

 

両面テープタイプのものは地震対策用ではないものも多く、ビス付けタイプに比べ強度が劣ることがあります。そのため、吊戸棚などの高い場所には重い調理器具や割れ物を収納しないことなどの基本的なこともとても大切です。

「補助ツールが付属」だと安心

取り付け作業は慣れていないこともあり、時間がかかったり本当に作動するのか不安になったりすることはよくあります。このような場合には、補助ツールが付属の商品がおすすめです。

 

耐震ラッチの中には、取り付け位置や固定するときに便利な治具(じぐ)がついているものや、仮止めで使える両面テープなどがついているものがあり、取り付けに不安があるばあいも比較的簡単に作業できる商品があります。

 

また、必要な工具がついてくるセットもあり、最初の1カ所はこのようなセットを購入するのもおすすめです。

動作タイプで選ぶ

耐震ラッチには、作動するタイミングや方法によって3種類に別けることができます。よく使用する場面や取り付けする収納の使い方に合わせて選ぶことで、快適に使うことができます。

地震の時だけラッチが引っかかる「感震式」

感震式の耐震ラッチは、震度4~5の揺れを感知して開きを防止するラッチが引っかかってロックする優れもの。普段は取り付ける以前の家具の使い方と変わらず使うことができ、地震のときだけ活躍します。

 

内側に取り付けるタイプが多く、見た目も使い勝手も違和感なく対策を講じたい方におすすめです。

ロックしたいときだけには「手動式」

手動式の耐震ラッチはロックをしたいときだけ自分でかけるタイプです。よく使うときはロックせず、夜間だけロックをかけるという使い方も可能です。ワンタッチで施錠することもできるものもあり、バリエーションは豊富です。

 

また、お子さんやペットのいたずら防止にも役立ちます。キッチンには包丁などの危険なものも多いので、日常の事故防止としてもおすすめです。

常にロックしたいところには「プッシュ式」

常にロックがかかっている状態になるプッシュ式耐震ラッチ。しかし開けるときは扉を外から一押しするだけでロックが開きます。余計な操作いらずなので、すぐに日常に馴染むのがメリットです。

 

施錠忘れの心配がないので、いざというときに確実に役立つ安心感があります。

メーカーで選ぶ

地震に備えるための耐震ラッチは、ノーブランドのものよりもよく知られたメーカーのものが安心です。ここでは代表的な4つのメーカーをご紹介します。

家具の耐震や免振金物も作る「スガツネ工業」

スガツネ工業は建築金物を製造販売するメーカーで、耐震ラッチのほかには、家具の免振金物や固定金物も多く販売しています。そのなかでも、プッシュラッチは操作性、安全性ともに高くおすすめです。

初心者目線で親切な「和気産業」

早くからDIYが普及すると読み、街の建物や家庭でよく見る建築資材や防災用品に力を入れてきた和気産業。消費者自身が取り付けをするために種類が豊富で、わかりやすく親切なセットになっているものも多くDIY初心者にはおすすめのメーカーです。

耐震ラッチ開発歴が25年以上「ムラコシ精工」

ムラコシ精工は家具や住宅の金物などを製造販売しているメーカーで、阪神淡路大震災が起こった1995年から耐震ラッチの開発を始めました。

 

金物の実験用に地震を再現する「3次元加振試験機」を導入するなど、ユーザーの安心のための製品開発が特徴的です。

防災メーカーならではの製品づくり「ノムラテック」

防犯用品や防災用品メーカーであるノムラテック。

 

釘を使わずに家具を固定する金物やガラスの飛散防止フィルムなど、地震対策の製品も多数あります。中でも外付けタイプの耐震ラッチは他メーカーの製品とは一味違う利便性があり、おすすめです。

耐震ラッチの人気おすすめランキング10選

ラッチ受けが自動調整で取り付けが容易

この商品は自動でロックの作動と解除をしてくれる耐震ラッチです。扉の使用感も変わらず、作動音も静かなので、違和感なく使うことができます。

 

耐震ラッチを受ける部品は扉を閉めた時に正確な位置に自動で調整されるため、取り付けの多少のズレを吸収してくれます。また、自社サイトに取り付け手順の動画も用意されているため、安心して作業できます。

適応扉 開き戸 タイプ 感震式
取り付け方法 ビス 補助付属

口コミをご紹介

2個×5セット + 専用施工治具 を購入したところ、送料をまとめられたのでお得でした。
施工治具は必須なので一緒に買いましょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

自動でロックと解除ができる

杉田エースのパーフェクトロックは感震式の耐震ロックで、揺れが終わった後の解除も自動で行ってくれる優れものです。加えて、収納の開き戸の内側に取り付けることから、外観も使用感も変わらないことがメリットです。

 

パッケージに切り取って使う位置決めプレートも印刷されてあり、取り付けるときに役立ちます。2個セットになっているのもうれしい耐震ラッチです。

適応扉 開き戸 タイプ 感震式
取り付け方法 ビス 補助付属

引き出し用の感震式耐震ラッチ

引き出し用の耐震ラッチといえば、外付けの手動タイプが主流ですが、この商品は感震式のため、ロックのし忘れがなく安心です。また解除も自動でしてくれるため、操作方法を覚えることなく使用できます。

 

取り付け方法はビスでの固定になりますが、取り付けを補助する治具が付属しているため安心です。しかし、取り付けられない引き出しとして、閉めきる直前に引き出しが下がるものには使えないなどの条件があるので、注意が必要です。

適応扉 引き出し タイプ 感震式
取り付け方法 ビス 補助付属 取り付け治具

両面テープで取り付け簡単

開き戸簡単ロックは両面テープで取り付けすることができるため、取り付けが不安な方にも簡単に取り付けられます。また、手動でロックできるので、お子さんやペットのいたずら対策として使いたい方にもおすすめの耐震ラッチです。

適応扉 開き戸 タイプ 手動式
取り付け方法 両面テープ 補助付属

口コミをご紹介

飼い猫が夜中に餌が欲しくて戸棚の扉を開けるようになったので、猫餌を保管している棚に取りつけました。勝手に開けて餌を食い散らかすことはなくなりました。助かりました。取り付けは簡単です。取り付け部分の汚れを落とし、貼るだけです。

出典:https://www.amazon.co.jp

取り付け治具が付属で安心

耐震ラッチを購入するうえでの一番の不安はうまく取り付けられるかどうかではないでしょうか?この商品は、取り付ける位置決めを補助してくれる治具が付属していることもあり、慣れない方にも安心な耐震ラッチです。

適応扉 開き戸 タイプ 感震式
取り付け方法 ビス 補助付属 取り付け治具
5位
 

ノムラテック(Nomuratec)

吊戸棚用耐震ロック スーパー閉じるポン

手動でも感震でも作動

この商品は感震式と手動式の特徴を併せ持った耐震ラッチです。手動でロックしたい場合はボタンを押すだけで、扉の開閉を妨げるラッチが飛び出します。また、解除はラッチを押し戻すだけなので、操作はワンタッチで簡単です。

適応扉 開き戸 タイプ 手動式・感震式
取り付け方法 両面テープ 補助付属 固定補助金具

口コミをご紹介

食器棚にも付き、ロックができました。今まで、上部に設置していた同等品では子供が解除できないのが問題でしたが、下につけられるこの品だと、小学生の子供でもロックとロック解除ができるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ガラスの扉でも取り付け可能

ノムラテックのひらかんゾーは外側から取り付けできる感震式耐震ラッチです。取り付けはビス止めでおこないますが本体側のみのため、扉がガラスや金属製のものでも取り付けが可能です。

適応扉 開き戸 タイプ 感震式
取り付け方法 ビス 補助付属

口コミをご紹介

大震災以前からこの製品は震度4以上で必ず作動したいた。震災後家に帰ってみると、扉は確実にしまっていて、中で1枚だけ皿が扉と棚の間で止まっていた。実質、皿は一枚も割れなかった。すごい製品と感心した。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

どこでも使える万能タイプ

このアイテムは開き戸や引き出しだけではなく、災害で心配な場所や子供やペットに触ってほしくない場所に取り付けて使うことができ、アイデア次第で用途が広がり便利です。

 

また、取り付けも両面テープで簡単にできることから、DIY初心者にもおすすめのモデルです。

適応扉 開き戸・引き出し・引き戸 タイプ 手動式
取り付け方法 両面テープ 補助付属

口コミをご紹介

大阪北部地震で、プラス転倒防止対策をしていたので、食器が全て無事でした。一番家具が倒れやすい揺れの周期だったらしく、近所の人も酷い状態だったようですが。確かに普段慣れるまでは使いづらいとは思いますが、普通に慣れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

プッシュ式で2個セット

ベストのセイフキャッチはプッシュ式の耐震ラッチ。閉めればロック、扉を軽く押せば開錠できるので、耐震ラッチと意識せずに使えるのがメリットです。

 

2個セットなので、両開きの戸棚に使用するときにちょうどいい商品です。

適応扉 開き戸 タイプ プッシュ式
取り付け方法 ビス 補助付属

口コミをご紹介

元のラッチに加えてつけてから震度三では扉が開かなくなりました(>_<)。それ以上は来て欲しくないですが、期待できると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

安心なのにとても便利

スガツネ工業のプッシュラッチは常にロックがかかる状態になるタイプの代表格の耐震ラッチです。指先で扉を軽く押すだけで扉を開けることができるため、普段使いでの利便性も向上でき、いざというときも安心。広くおすすめしたいモデルです。

適応扉 開き戸 タイプ プッシュ式
取り付け方法 ビス 補助付属

口コミをご紹介

キッチンの戸棚用に買いました。壊れたのは同じタイプなのですが2回り程小型のもので、使用頻度が高いためかすぐに壊れました。今回の商品は、手応えがしっかりしていて丈夫なのが良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐震ラッチのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6691352の画像

    スガツネ工業(Sugatsune)

  • 2
    アイテムID:6691341の画像

    ベスト

  • 3
    アイテムID:6691331の画像

    和気産業

  • 4
    アイテムID:6691285の画像

    ノムラテック(Nomuratec)

  • 5
    アイテムID:6691275の画像

    ノムラテック(Nomuratec)

  • 6
    アイテムID:6691262の画像

    和気産業

  • 7
    アイテムID:6691241の画像

    光(Hikari)

  • 8
    アイテムID:6691223の画像

    和気産業

  • 9
    アイテムID:6686277の画像

    杉田エース(Sugita Ace)

  • 10
    アイテムID:6679588の画像

    ムラコシ精工

  • 商品名
  • ランプ印 プッシュラッチ
  • セイフキャッチ ミニ (2個入り)
  • 開き戸・引出しロックII ワンプッシュタイプ
  • NEW ひらかんゾー 2個入
  • 吊戸棚用耐震ロック スーパー閉じるポン
  • 耐震ラッチ 開き戸用 スタンダードタイプ
  • 開き戸簡単ロック
  • 耐震ラッチ 引き出し用
  • パーフェクトロック 2個入り
  • 耐震ラッチ 開き戸用 2個入
  • 特徴
  • 安心なのにとても便利
  • プッシュ式で2個セット
  • どこでも使える万能タイプ
  • ガラスの扉でも取り付け可能
  • 手動でも感震でも作動
  • 取り付け治具が付属で安心
  • 両面テープで取り付け簡単
  • 引き出し用の感震式耐震ラッチ
  • 自動でロックと解除ができる
  • ラッチ受けが自動調整で取り付けが容易
  • 価格
  • 355円(税込)
  • 770円(税込)
  • 446円(税込)
  • 2950円(税込)
  • 1421円(税込)
  • 1415円(税込)
  • 388円(税込)
  • 1803円(税込)
  • 1203円(税込)
  • 650円(税込)
  • 適応扉
  • 開き戸
  • 開き戸
  • 開き戸・引き出し・引き戸
  • 開き戸
  • 開き戸
  • 開き戸
  • 開き戸
  • 引き出し
  • 開き戸
  • 開き戸
  • タイプ
  • プッシュ式
  • プッシュ式
  • 手動式
  • 感震式
  • 手動式・感震式
  • 感震式
  • 手動式
  • 感震式
  • 感震式
  • 感震式
  • 取り付け方法
  • ビス
  • ビス
  • 両面テープ
  • ビス
  • 両面テープ
  • ビス
  • 両面テープ
  • ビス
  • ビス
  • ビス
  • 補助付属
  • 固定補助金具
  • 取り付け治具
  • 取り付け治具

耐震ラッチの注意点

耐震ラッチには、取り付けるときや実際に地震があったときに様々な問題が話題になることがあります。安全のため基本を守り、身を守れるように取り付けましょう。

耐震ラッチのメリット

耐震ラッチのメリットは、なんといっても安全です。地震の際は家具や収納している食器などは凶器になり、散らばったものや食器の破片は避難を妨げます。また破損するものが多ければ、それだけ損害に変わります。

 

引き出しも同様で、揺れによって飛びだすことによりケガや物損の可能性があり危険です。耐震ラッチはこのような被害の防止し、安心を与えてくれます。

耐震ラッチのデメリット

耐震ラッチのデメリットは、家具の作りによっては取り付けが不可能なことがあるということです。家具の製造年によっては耐震ラッチをつけることを想定しておらず、取り付けの時にビスの利きが悪いなどの不都合が出る場合もあります。

 

比較的新しい建物や家具であれば、標準装備で耐震ラッチは取り付けてあることが多いですが、ついていないものには自分でつける場合が多いことでしょう。その際には、商品の注意書きをよく見て購入しましょう。

家具自体の固定も忘れずに

耐震ラッチがあるからといっても、家具を建物に固定せずにいてはあまり意味がありません。阪神淡路大震災での震度7を記録した地域では、6割以上の部屋で家具の転倒があったという報告が上がっています。

 

家具の転倒は、避難を妨げるだけでなく、直撃した場合はケガや命の危険もありとても危険です。家具の転倒防止は震災対策の基本ですので、していない場合は早めに実行しましょう。

地震のあとに耐震ラッチを解除できない?

感震式の耐震ラッチの中には、揺れによるロックの作動後の解除が手動で行う必要があるものがあります。よくある例では、数センチ空いている扉を一度完全に閉めきることや、扉の表面を手で軽く叩くなどの解除法があります。

 

また、取り付け時の位置のズレや、地震による扉の歪みなども耐震ラッチの作動の不具合の原因となります。確実に作動するためにも、取り付ける際は説明書をよく読み、正確に取り付けるようにしましょう。

取り付けに自信がなければプロに依頼するのもおすすめ

実際に耐震ラッチを選ぶときににポイントになるのは、家具の扉の状況や作りの細かな違いを見極められるかどうかということが挙げられます。そして、取り付けもDIYが不慣れな方にとっては道具選びから行う必要があり、大変な重労働です。

 

このような場合は、最初から工務店や家具店などに依頼するのも上手な方法です。取り付けはもちろん、最適な耐震ラッチ選びもお任せすると楽に設置できます。仕事や家事で忙しい方には、プロにお任せするのが結果的に一番早くて安上がりになることもあります。

取り付けたからといっても過信は禁物

耐震ラッチを取り付けると「もし地震があっても物の散乱や破損だけはなくなる」と安心しきってしまうこともあるでしょう。しかし、耐震ラッチは作動時に耐えられる重さを超えたり、対応していないサイズの扉に取り付けたりすると破損することがあります。

 

収納している物の総重量があまりに重い場合は、別のところに分けたり、処分したりするなどの整理も大事です。予期せぬ被害にあわないように、過信せず余裕を持った収納を心がけましょう。

耐震ラッチが効かないときは調整で解決

感震式の耐震ラッチは、本体とラッチ受けの位置が許容範囲を超えてズレているとうまく作動しないことがあります。それは、取り付けてから数年経ち、家具の扉の位置が少しズレてくると同じ現象に陥ることもあります。

 

このようなときには扉や耐震ラッチを適切な位置に調整してあげましょう。耐震ラッチの本体とラッチ受けのビス付け用の穴は、微調整ができるように長穴になっています。一度ビスを緩めて、様子を見ながら開け閉めをし、位置を調整してください。

ニトリや100均でも手に入る家具の地震対策グッズ

耐震ラッチを取り付けるのであれば、ご家庭の地震対策を見直してみるのもいいかもしれません。ここでは、耐震ラッチとともに行うと有効な地震対策をご紹介します。

家を傷つけず転倒を防ぐつっぱり棒

家具の高さが高い場合は、天井で支えるつっぱり棒がおすすめです。壁や天井に釘を使わず固定できるため、マンションやアパートでも施工できます。

 

つっぱり棒は天井の強度がある場所に取り付けることがポイントです。もし天井の下地が入っていない場所に取り付けてしまうと、きちんと固定されなかったり、天井の破損の原因になったりすることがあり、注意が必要です。

建物と固定で安心転倒防止金具

背の低い家具は、つっぱり棒での固定では支えきれず転倒する可能性があることから、転倒防止金具での固定がおすすめです。転倒防止金具は釘やビスでの固定が一般的ですが、釘いらずの接着タイプの商品も多くあります

 

ビスで取り付ける場合、壁の中にある木材などの下地に利かせるのがポイントです。取り付けたところが下地がない壁だと強度がなく、家具が揺れた時に耐えられずビスが抜けてしまうため、気を付けて取り付けましょう。

落下を防止する耐震マット

見落としがちなものとして挙げられるのが、家具の上に置いてある物です。特に電子レンジや炊飯器などの重い家電製品は大きい揺れの地震では激しく動き、危害を加える凶器になってしまいます。

 

このように、家電製品などのしっかりと固定できる方法がなかなかない物は耐震マットが有効です。家電以外にも、ガラスの戸棚の中の物も地震の時にはガラスを突き破ってくる場合もあるので、戸棚の中の置物やお酒の瓶も耐震マットを敷くことをお勧めします。

食器の滑り出しを防ぐ滑り止めシート

食器棚の中の食器はなかなか重く、何枚も重ねたお皿などは数kgにも及びます。食器棚は扉にガラスを使用していることが多く、地震時にはそのお皿がガラスを突き破って滑り出てくることもあります。

 

このような事態に有効なアイテムとして滑り止めシートがあります。棚の大きさに合わせてカットし、食器の下に敷くだけで食器の滑り出しを防ぐことができ、立派な地震対策になりおすすめです。

まとめ

ここまで耐震ラッチのおすすめをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。耐震ラッチといっても場所や場面によって適した種類があり、うまく選ぶことで便利さがプラスになってくれたりもします。この記事を参考に耐震ラッチを選んでみてはいかがでしょうか。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

TOPへ