【2021年最新版】ソファの滑り止め人気おすすめランキング15選【目立たない・耐震・床暖房対応も!2021年最新】

記事ID15052のサムネイル画像

ソファが滑るのがストレスだという方におすすめなのが滑り止めです。ソファの滑り止めには床暖房に対応しているもの、丸型のソファの脚に適しているもの、耐震マットとしても活用できるものなど様々あります。そんな滑り止めマットのランキングと上手な選び方をいくつかご紹介します。

ソファを置くときは滑り止めを敷くのがおすすめ!

ソファに座った瞬間にズレてしまい座りにくかったり、ソファが滑ることでフローリングが傷ついてしまい落ち込んでしまった経験ありませんか?ソファが滑らないように気をつけながら座っていたら、なかなかリラックスできませんよね。

 

そんな時におすすめなのがソファの滑り止めです。実はソファに滑り止めを使うだけで、ソファが滑って使いにくいというストレスから解放されるのです!ソファのズレ対策なら滑り止めが最適なのです。

 

そこで今回はソファの滑り止めの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは素材、サイズ、内容量を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

ソファの滑り止めの選び方

ソファの滑り止めには材質や対応している機能などによって使い勝手が変わります。選び方のポイント素材、サイズ、内容量などをご紹介します。

床材から素材で選ぶ

ソファの滑り止めを選ぶ時は床材に合わせて素材を選ぶのがポイントです。畳、床暖房など、どの床材の上に置かれたソファに使うのかを意識して選びましょう。

フローリングならクッション性の高いものなら「ゴムマット素材」がおすすめ

フローリングに使うのであれば一般的なゴムマット素材でも問題なく使えます。ゴムマットは滑りにくい素材であるだけではなく比較的安価な商品が多いため、幅広い商品ラインナップから選べるのがポイントです。

 

滑り止めとしての機能も充実しているだけではなく、コスパもよいためとりあえず滑り止めを使いたいという方や、無難なものがほしいという初心者の方にもおすすめの素材だといえるでしょう。

耐久性と床への色移りが心配なら「シリコン製」がおすすめ

耐久性や色移りが心配ならシリコン製がおすすめです。ゴム製に比べて価格は上がるものの、色移りの心配はなく耐久性もあるため長く使いたい方やできる限り高性能の滑り止めを選びたい方におすすめです。

 

またシリコン製はとても長く使える滑り止めとしても知られています。頻繁に滑り止めを買い替えたくないという人にもよいでしょう。コスパよりも機能性を求めている方に向いています

床暖房の部屋なら「フェルト素材」がおすすめ

フローリングはゴムやシリコン素材でも使えると述べましたが、床暖房のフローリングに滑り止めを置く時は注意が必要です。床暖房の熱によってゴム素材が溶けてしまう可能性があるためです。

 

床暖房の上に置く場合はフェルト素材がおすすめです。また、床暖房に対応しているソファの滑り止めを使うようにしましょう。

畳の上なら「畳専用の滑り止め」がおすすめ

畳の上のソファに滑り止めを使いたいなら畳専用のものを選ぶようにしましょう。通常のゴムやシリコンの場合、摩擦がおきてしまい畳を傷めてしまう可能性があります。畳を守るためにも、使う時は畳専用を選ぶように気をつけてください。

色で選ぶ

ソファはお部屋の印象を決める重要なインテリアです。しかし、せっかくこだわって決めたソファでも滑り止めのデザインがよくないと台無しです。色も意識して選びましょう

お部屋の雰囲気や家具を邪魔したくないなら「クリアタイプ」がおすすめ

ソファの色やお部屋の雰囲気を邪魔したくないならクリアタイプのものを選ぶのがおすすめです。クリアタイプなら周りの雰囲気を邪魔しないだけではなく、カラーやインテリアを機にすることなく設置できるため幅広い方に人気があります。

 

ただし、デメリットとしては汚れが目立ちやすいという点と定期的に洗わないとくすんでしまい逆にソファの滑り止めがとても目立ってしまうという心配があります。使う時は定期的に洗うか汚れにくい素材のものをにしましょう。

家具と馴染ませたいなら「ブラウン系」がおすすめ

ブラウン系の滑り止めは木製の家具となじみやすいのが特徴です。ブラウン系と一言でいっても、ナチュラルブラウン系、ダークブラウン系、ホワイトブラウン系などカラーの明暗が幅広く分かれています。

 

周りに馴染ませるためにブラウン系の滑り止めを選ぶのであれば、ご自宅のフローリングや家具に馴染むカラーを意識して選ぶようにしましょう。また、ブラウン系を選ぶときはお部屋の雰囲気と合うか、逆に浮かないかをあらかじめ考えるようにしましょう

無難なカラーなら「ブラック系」がおすすめ

無難なカラーがよいのであればブラック系がおすすめです。ブラック系は様々なカラーとなじみやすいだけではなく、ソファの脚の下にあったとしても気になりにくいです。マットタイプよりも脚の下につけるタイプがなじみやすくておすすめです。

 

またブラック系はゴム製の滑り止めにもっとも多いタイプです。見た目よりも耐久性を重視したい場合や、とにかく滑らないようにしたいという場合は黒系の滑り止めも検討するとよいでしょう。

価格帯で選ぶ

滑り止めを選べるのかを選ぶ時は価格帯を重要視するのもポイントです。軽度のズレなのか、広範囲をカバーしたいのかを考えて選んでみましょう。

軽度のズレを防止するなら100均ダイソーなどの「安いもの」がおすすめ

軽度のズレをカバーする場合や、できる限りコスパのよいものを選びたい場合は安いものがおすすめです。100均などでも購入できますが、100円以下で手に入る安いものも中にはあります。500円以下のものを目安に選んでみましょう。

最強完璧にズレを防止したいなら「本格的なもの」がおすすめ

完璧にズレを防止したいという人や、広範囲のズレをカバーしたい人は本格的なソファの滑り止めを選ぶのがおすすめです。また軽いソファも安価な滑り止めでは完璧にカバーできない可能性があります。安全性や機能性を重視するなら、本格的なものを選びましょう。

メンテナンスのしやすさで選ぶなら「洗えるタイプ」がおすすめ

メンテナンスがしやすいものや清潔感があるものを選びたいのであれば洗えるタイプがおすすめです。洗濯機で丸洗いができるものはもちろん、ゴム素材やシリコン素材のような水で洗えるタイプを使えば気軽にメンテナンスができるためおすすめです。

取り付け方法で選ぶ

滑り止めを使う時に重要なのが使用方法です。置くだけタイプ、被せるタイプ、貼るタイプなどがあります。どの取り付け方法がご自身に合っているのか確認してみましょう。

広範囲をカバーしたいなら「マットタイプ」がおすすめ

ソファに敷くだけで使えるマットタイプはもっともポピュラーなソファの滑り止めといえます。広範囲をカバーできるだけではなく、ゴムやシリコンなどを使用しているためズレにくいという特徴があります。ズレない滑り止めを探しているならおすすめです。

人気がある滑り止めなら脚カバーの「ソックスタイプ」がおすすめ

シールタイプよりも手軽に滑り止めを使いたいなら被せるタイプのカバーがおすすめです。ソファの脚に被せるタイプであるためシールを脚に直接貼りたくないという人や、滑り止めをもっと手軽に使いたいという人におすすめです。

カーペットにも使えて手軽に使いたいなら「シールタイプ」がおすすめ

もっと手軽に使いたいならソファの下に貼るタイプのシールがおすすめです。脚に貼るだけで使えるため、とても手軽に使えることから人気を集めています。ただしシールの粘着力がなくなると使えなくなってしまいますのでご注意ください。

ソファも床も傷つけたくないなら「キャップタイプ」

ソックスタイプは脱げてしまいそうで不安だという人はキャップタイプがおすすめです。キャップタイプは耐久性に優れているだけではなく、ソファの脚にぴったりとはまるためソファと床両方の傷防止考えている方におすすめです。

インテリアにこだわるなら丸型の「目立たないもの」がおすすめ

ソファはお部屋の印象を決める重要なインテリアです。そのため滑り止めを選ぶ時は見た目にもこだわる方がよいでしょう。ソファの脚に貼るだけのものなら目立たずインテリア性を損なわずに使えるためおすすめです。

 

またソファの脚の形に合わせて作られた丸型の滑り止めもよいでしょう。マットタイプの滑り止めも好きな大きさにカットして使えるタイプが販売されています。おしゃれさを損ないたくない方は意識をして選ぶようにしましょう。

滑り止めと耐震性をカバーしたいなら「耐震マット」もおすすめ

ソファの滑り止めだけではなく振動対策や耐震対策もしたいと考えているなら耐震マットを使うのがおすすめです。耐震マットは揺れによって家具が滑るのを防いでくれます。耐震マットを有効的に使えば、滑り止めと耐震防止ができますので合理的な方におすすめです。

メーカーで選ぶ

ソファの滑り止めをどれにすればいいのかわからない!という方は有名なメーカーのものを選ぶのがおすすめです。おすすめのメーカーをいくつかご紹介します。

性能で選ぶなら「アーランド」がおすすめ

性能で選ぶならアーランドがおすすめです。メディアで取り上げられている有名な商品から、世界的ロングセラーとなっている商品まで多数揃っています。特におすすめなのが、「アーランド H-45-B ソファーのすべり止め ゴムマット」です。

 

絶対に滑らない高性能な滑り止めマットを探しているならチェックしてみましょう。

コスパの良さで選ぶなら「ニトリ」がおすすめ

コスパ面を考えるならニトリがおすすめです。ニトリの商品はお値段が良いわりに性能が高いことで有名です。ソファ用としてではなくマットや家具などの幅広い用途に使える滑り止めシートが販売されているのが大きな特徴です。

 

ソファ用の滑り止めとしてだけではなく、家具や家電にも使える滑り止めを探している方はぜひとも選んでみましょう。またニトリのソファも人気です。以下の記事ではニトリのソファおすすめ商品を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

とにかく価格を抑えたいなら「カインズ」がおすすめ

とにかく価格を抑えたいという方には、カインズのものがおすすめです。価格が安いからといって機能面で劣るという心配はありません。100均のものを使ってやっぱりダメだったという方が、カインズにするというのも多いようです。

2タイプから選びたいなら「無印」がおすすめ

テープタイプとシールタイプの2種類から選べるのが無印の滑り止めです。自分の欲しい大きさにカットできるシールタイプなら、大きさを考えて購入する必要がないので簡単です。

実際に使った感想が知りたいなら「家具ブログを見る」のもおすすめ

家具や関係する商品を実際に使ってみてどんなものかブログに書いている人もいます。どういう使い方で、どれくらい持つのかなど気になる部分についても書かれているのでとても参考になるでしょう。

目立たないソファの滑り止めの人気おすすめランキング5選

天然ゴム製の目立ちにくい滑り止め

滑り止めが目立つのは嫌だけれど滑りにくい素材を使ったものがほしいという人におすすめなのがこちらです。ソファの脚の先端にネジで滑り止めを固定するタイプなので床を絶対に傷つけたくないという人におすすめです。

サイズ 2.2cm 素材 ゴム&スチール
内容量 80個入り

口コミを紹介

私は椅子に取り付けました。安心して使えるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

カーペットにも使える

置くだけで使えるので大変簡単に使えます。お手ごろ価格で何枚か購入したいという方におすすめです。床暖房やホットカーペットにも対応しているので、ソファ以外のシーンでも扱いやすくなっています。

サイズ 10×10×0.1cm 素材 粘着テープ/アクリル系、芯材/ポリエステル、吸着面/アクリル樹脂
内容量 8枚入り

口コミを紹介

これを貼ったままマットを洗濯機でガシガシ洗っても、
剥がれない!吸着力落ちない!

出典:https://www.amazon.co.jp

騒音対策としても優秀なシリコンソックスタイプ

シリコン製のボディと底面はフェルトタイプを採用している騒音対策としても優秀なソファに使える滑り止めです。脚に直接被せる透明なソックスタイプなので手軽に使いたい方やフェルトタイプの目立たない滑り止めを探している人におすすめです。

サイズ 0.4~0.5mm 素材 透明部分:シリコン、底部:フェルト
内容量 16個セット

口コミを紹介

ゴムのグリップ具合がとてもちょうどよく、シンプルなデザインでよかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

目立たないシリコンキャップが欲しい方におすすめ

透明タイプで目立たないソファの脚に取り付けられるシリコンキャップです。しっかりと取り付けられるシリコンキャップだからビジュアルも機能性も諦めたくない方におすすめです。シリコンタイプなので水洗いも可能です。

サイズ 0.2cm 素材 シリコン
内容量 16個入り

口コミを紹介

お手頃なお値段で、しっかりした品物でした。会社と自宅で1枚ずつ使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

脚に直接装着できる高性能な最強滑り止め

様々な床材に対応できるフェルト素材を使用した滑り止めです。ソファの脚に直接ネジを差し込むタイプなので滑り止めがいちいち外れてしまうのが嫌な方におすすめです。ソファだけではなく椅子や机などにも使用可能です。

サイズ 1x 2cm 素材 ウールフェルト、金属
内容量 20個入り

口コミを紹介

なかなかの商品でリピート買いしました

出典:https://www.amazon.co.jp

目立たないソファの滑り止めのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6923595の画像

    Navaris

  • 2
    アイテムID:6923592の画像

    William

  • 3
    アイテムID:6923589の画像

    JETS store

  • 4
    アイテムID:6923586の画像

    サンコー(三つ葉)

  • 5
    アイテムID:6923583の画像

    Swpeet

  • 商品名
  • フェルトネジ付きパッド
  • 椅子脚キャップ
  • 床まもるん チュアーソックスキャップ
  • ズレない 安心 滑り止めテープOK-805
  • 家具パッド ブラック
  • 特徴
  • 脚に直接装着できる高性能な最強滑り止め
  • 目立たないシリコンキャップが欲しい方におすすめ
  • 騒音対策としても優秀なシリコンソックスタイプ
  • カーペットにも使える
  • 天然ゴム製の目立ちにくい滑り止め
  • 価格
  • -
  • 1468円(税込)
  • 1400円(税込)
  • 494円(税込)
  • 1354円(税込)
  • サイズ
  • 1x 2cm
  • 0.2cm
  • 0.4~0.5mm
  • 10×10×0.1cm
  • 2.2cm
  • 素材
  • ウールフェルト、金属
  • シリコン
  • 透明部分:シリコン、底部:フェルト
  • 粘着テープ/アクリル系、芯材/ポリエステル、吸着面/アクリル樹脂
  • ゴム&スチール
  • 内容量
  • 20個入り
  • 16個入り
  • 16個セット
  • 8枚入り
  • 80個入り

耐震対策ができるソファの滑り止めの人気おすすめランキング5選

家具ブログでもおすすめされる商品

メディアやネットで話題になっているソファ用の滑り止めマットといえば「アーランド H-45-B ソファーのすべり止め ゴムマット」です。口コミによると「二人で押してもビクともしない」「子供が乗っても問題がなかった」など、満足の高いレビューが数多くあります。

サイズ 10×10×1cm 素材 ゴム素材
内容量 4枚

口コミを紹介

4カ所分はいっていましたが、後ろの部分に2枚使っただけで充分です。大人が思いきり寄りかかっても全く動きません。もっと早く購入すればよかったと思いました。今まで100均等で滑り止めマットを買い試行錯誤しても滑っていたのが嘘みたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ウレタン樹脂でピタッと密着

透明クリアタイプのソファ専用の滑り止めを探している人におすすめなのがこちらです。脚付き脚なしタイプにも対応できるためソファのサイズや脚のタイプに関係なく使いたい方におすすめです。掃除の時も楽に移動できるのがポイントです。

サイズ 30mm 素材 ウレタン樹脂にて特殊加工
内容量 4粒

口コミを紹介

この手の製品は買って見ないと分からないので、選びにくいが、この製品は非常に使えると思う

出典:https://www.amazon.co.jp

寄り掛かってもソファーがズレにくくなる!

どれだけ寄り掛かってもずれないシリコンマットをリーズナブルに購入したい方におすすめのソファ滑り止めです。シリコン製のマットなのでソファを背もたれにして座る方やペットやお子様がソファに飛び乗るという方にもおすすめです。

サイズ 8×8×0.5cm 素材 シリコンゴム
内容量 4枚入り

口コミを紹介

ソファーにもたれると、すぐ後ろにズレてしまい困ってました。
これを敷いたら、もたれてもズレません!
もっと早く購入して敷いてたら良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

自由にカットできる滑り止めシート

ソファの脚にしっかりと吸着する耐震性にも特化したシートです。自分でカットができる滑り止めシートのため特殊な形のソファに使いたい方におすすめです。ソファだけではなくベッドなどの重量級の家具にも使えます。

サイズ 10 x 8cm 素材 シリカゲル
内容量 4枚入り

口コミを紹介

ラグマットの上にソファーを置いているので、ちょっと心配でしたが、滑りません!
4枚入っているので、ラグマットの下に敷いてずれ防止にも使用。

出典:https://www.amazon.co.jp

優秀な耐震マットとしても使える滑り止めマット

震度7の揺れでも耐えられる優秀な耐震マットとしてもおすすめなのがこちらです。トップクラスの耐震性を誇っているためソファの滑り止めとしてだけではなく本棚やテレビ台にも使えます。

サイズ ~ 素材 ジェル
内容量 12個入り

口コミを紹介

あまり重いものは入れていないので、どうかなー?と思っていたのですが、しっかりくっついてくれて、大人がガタガタと手で揺らしても、ほとんど動かなかったので、安心しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐震対策ができるソファの滑り止めのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6923610の画像

    iHouse all

  • 2
    アイテムID:6923607の画像

    DearMin

  • 3
    アイテムID:6923604の画像

    下村企販

  • 4
    アイテムID:6923603の画像

    kagu-world

  • 5
    アイテムID:6923600の画像

    アーランド(aerland)

  • 商品名
  • 耐震ジェル 極
  • フィットストップ
  • シリコンマット
  • ソファ滑りとめ ピットクッション
  • H-45-B ソファーのすべり止めゴムマット
  • 特徴
  • 優秀な耐震マットとしても使える滑り止めマット
  • 自由にカットできる滑り止めシート
  • 寄り掛かってもソファーがズレにくくなる!
  • ウレタン樹脂でピタッと密着
  • 家具ブログでもおすすめされる商品
  • 価格
  • 1300円(税込)
  • 1753円(税込)
  • 955円(税込)
  • 600円(税込)
  • 1100円(税込)
  • サイズ
  • ~
  • 10 x 8cm
  • 8×8×0.5cm
  • 30mm
  • 10×10×1cm
  • 素材
  • ジェル
  • シリカゲル
  • シリコンゴム
  • ウレタン樹脂にて特殊加工
  • ゴム素材
  • 内容量
  • 12個入り
  • 4枚入り
  • 4枚入り
  • 4粒
  • 4枚

床暖房に使えるソファの滑り止めの人気おすすめランキング5選

フェルト素材の使いやすいソファパッド

椅子やソファの脚にシールで貼るだけで使える床暖房対応のソファ用滑り止めです。フェルトタイプなので床の傷対策としてだけではなく椅子を引いた時に聞こえる音対策としても使用可能です。小さなお子様がいるご家庭の椅子用滑り止めとしても使いやすいです。

サイズ 0.25×0.38cm 素材 高密度繊維 パケージ
内容量 60枚入り

口コミを紹介

見た目を心配していたが、色が合えば気にならない。靴下を履いてる感じで可愛くなる。
椅子の尖った足の対策として、ゴムのカバーやパッドなど色々試したけどこれが一番よかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

滑りにくソックスタイプのソファの脚カバー

ソファの脚が長い人におすすめなのがこちらのソファの滑り止めです。脚に被せるソックスタイプなのでソファの脚を傷つけたくない人におすすめです。中にシリコン加工がされているため通常のソックスカバーよりも滑りにくいです。

サイズ 2~4cm 素材 -
内容量 16枚入り

口コミを紹介

それなりの伸縮性があるのでいろいろな形の椅子足に使うことができると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

好きな形にカットできるフェルトタイプの滑り止めシート

床暖房のお部屋にも使えるフェルトタイプの滑り止めシートです。自由にサイズや形をカットできるため変わった形のソファや様々な家具に対応している滑り止めを探している方におすすめです。ソファ、テーブル、家電など様々なものに使えます

サイズ 31x20×0.6cm 素材 フェルト
内容量 3枚

口コミを紹介

買って良かったです。フローリングの傷が気になる方は購入をお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

テープタイプの使い勝手のよい滑り止め

欲しい分だけテープを引き出して使える使い勝手のいいテープタイプの滑り止めシートです。ソファの脚の形に合わせてカットできるため無駄なく滑り止めシートを使いたい方やピンポイントで使いたい方におすすめです。

サイズ 5×200cm 素材 高密度繊維
内容量 -

口コミを紹介

類似品が多数あって悩みましたが、これはフェルトも厚みがあってしっかりしており満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ズレを防止する高性能シート

床暖房にも使える人気の滑り止めシートといえばこちらです。裏面にズレないための吸着加工が施されているため絶対にずれてほしくない方におすすめです。好きな形にカットできるという点もおすすめしたいポイントです。

サイズ 10×10cm 素材 表面/アクリル樹脂、基材/ポリエステル、裏面/アクリル樹脂(カテキン入り)
内容量 8枚入り

口コミを紹介

マットレスベッドとマットレスが毎日ズレて困っていましたが、これを貼ってからは軽減されました。あるとないでは全然違います。

出典:https://www.amazon.co.jp

床暖房に使えるソファの滑り止めのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6923627の画像

    ニコ(Nico)

  • 2
    アイテムID:6923624の画像

    WISH SUN

  • 3
    アイテムID:6923621の画像

    ACBAGI

  • 4
    アイテムID:6923618の画像

    lewuxian

  • 5
    アイテムID:6923615の画像

    MAVEEK

  • 商品名
  • ソファの滑り止めシート
  • キズ防止テープ
  • フェルトシート
  • 椅子脚カバー
  • 家具パッド
  • 特徴
  • ズレを防止する高性能シート
  • テープタイプの使い勝手のよい滑り止め
  • 好きな形にカットできるフェルトタイプの滑り止めシート
  • 滑りにくソックスタイプのソファの脚カバー
  • フェルト素材の使いやすいソファパッド
  • 価格
  • 776円(税込)
  • -
  • 1298円(税込)
  • 1036円(税込)
  • 675円(税込)
  • サイズ
  • 10×10cm
  • 5×200cm
  • 31x20×0.6cm
  • 2~4cm
  • 0.25×0.38cm
  • 素材
  • 表面/アクリル樹脂、基材/ポリエステル、裏面/アクリル樹脂(カテキン入り)
  • 高密度繊維
  • フェルト
  • -
  • 高密度繊維 パケージ
  • 内容量
  • 8枚入り
  • -
  • 3枚
  • 16枚入り
  • 60枚入り

ソファの滑り止めの代用品や自作ってあり?

ソファの滑り止めの代用品や自作する方法を探している方も多いのではないでしょうか?確かに滑り止めシートなどを使ってソファの滑り対策をする方法もあります。しかし、滑り止めシートによっては家具やソファの滑り止めとして機能しにくいものもあります。

 

せっかくソファに滑り止めを使うのであればソファ用の滑り止めを使うとよいでしょう。また滑り止め以外にも、滑りにくい重みのあるソファを選ぶのも対策になります。以下の記事ではソファの人気ランキングを紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

ソファが滑ってしまう理由から考える対策

ソファが滑ってしまう、そもそもの理由をご存知でしょうか?ソファがズレてしまう理由はズバリ「ソファの脚」と「床」との間に摩擦が少ないことが原因です。摩擦が少ないことでソファの脚と床の間に空間ができ滑ってしまうのです。

 

ソファが滑ってしまうと床が傷つくだけではなく、ソファの脚が削れてしまうことも。床とソファの摩擦力をなくすためには、間に滑り止めをかませることが大切です。ソファと床を傷から守るためにも滑り止めは有効的に使いましょう。

まとめ

ソファの滑り止めのおすすめ人気ランキングと選び方を紹介しましたが参考になりましたか?滑り止めを使えばソファがずれるイライラから解放されるだけではなく、安全性についても安心できます。ソファの滑り止めを使って快適な生活を送ってください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

滑り止めのジョイントマットの人気おすすめランキング15選【犬用にも使える】

滑り止めのジョイントマットの人気おすすめランキング15選【犬用にも使える】

インテリアファブリック
北欧調カーペットの人気おすすめランキング15選【洗えるタイプも紹介!】

北欧調カーペットの人気おすすめランキング15選【洗えるタイプも紹介!】

インテリアファブリック
おしゃれなカーペットの人気おすすめランキング15選【洗えるタイプも紹介】

おしゃれなカーペットの人気おすすめランキング15選【洗えるタイプも紹介】

インテリアファブリック
【2021年最新版】ソファに合うテーブルの人気おすすめランキング15選【自動開閉機能付き】

【2021年最新版】ソファに合うテーブルの人気おすすめランキング15選【自動開閉機能付き】

家具
畳のジョイントマットの人気おすすめランキング15選【畳用や畳柄も】

畳のジョイントマットの人気おすすめランキング15選【畳用や畳柄も】

インテリアファブリック
【2021年最新版】円形ラグの人気おすすめランキング15選【おしゃれなインテリアに!】

【2021年最新版】円形ラグの人気おすすめランキング15選【おしゃれなインテリアに!】

インテリアファブリック