ゼルダの伝説の人気おすすめランキング10選【海外でも大人気】

記事ID2259のサムネイル画像

ゼルダの伝説シリーズは日本だけでなく海外でも多くのファンを持つ人気作品で、最新作のブレスオブザワイルドは圧倒的に高い評価を受けています。また神々のトラーフォース、時のオカリナはそれぞれの時代を代表する名作であり、いまだにゲーム業界に影響を与え続けています。

ゼルダの伝説とは

ゼルダの伝説とは1986年にファミコンのディスクシステムのローンチタイトルとして発売されて以来、数々のシリーズやスピンオフ作品を発売し続けている人気作品であり、世界的人気を誇るゲームソフトです。

 

多くの作品の共通点としては、プレイヤーが主人公のキャラクターであるリンクを操り、剣や魔法で敵を倒し、マップに配置された様々な謎を解きながら進むアクションRPGです。

 

また、マスターソード、ゴロン族、ゾーラ族といったおなじみのアイテムやキャラクター達が登場したり、主人公であるリンクがガノンドロフと呼ばれる敵からゼルダ姫を助け出すといった共通点もあります。

 

どの作品の主人公もリンクという名前であり見た目もよく似ていますが、一部を除いてそれぞれ別人であり、お話の時代も違います。しかし物語の舞台である「ハイラル」と呼ばれる世界の歴史が設定されており、お話全体としての時系列が存在します。

 

この記事ではゼルダの伝説シリーズのソフトをグラフィック、アクション、謎解きの難易度を基準に紹介していきます。

おすすめゼルダ10選

10位

任天堂

ゼルダの伝説1

価格:453円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

記念すべき初代

10位はオリジナル版がディスクシステムで発売された初代ゼルダの伝説です。この当時のゲームソフトは非常に難易度が高いうえに、ゼルダには謎解きという要素があるうえろくにヒントも無かったため、多くのプレイヤーがクリアできずに挫折してしまいました。

 

しかし、この時代のソフトはほぼヒントがないが故に、行動の決定はプレイヤーにゆだねられ非常に自由度が高いものであったともいえます。今のゲームのようにガイドがついたりもしません。

 

この作品ですでに謎解きアクションと言う今に続くスタイルが確立されており、その他多数のフォロワーに影響を与えたエポックメーキング的な作品です。現在はいくつかのハードに移植されており、バーチャルコンソールでもプレイ可能です。

グラフィック5アクション6
謎解き6

口コミを紹介

後にマリオと並ぶ任天堂の生み出したヒーローと並ぶリンクの初作品。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

任天堂

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

価格:5,049円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タッチペンで操作

今作はゼルダの伝説風のタクトの続編にあたる作品で、主人公やわき役たちも引き続き登場します。ゲームのジャンルは「ペンアクションアドベンチャー」とされており、アクションから謎解きまでほとんどの操作をタッチペンだけで行います。

 

タッチパネルを使ったメモ機能が搭載されており、プレイヤーは自由にマップ上に書き込みを出来るというこれまでにない遊び方が提示されています。

 

タッチペンによる操作は慣れるまで多少時間がかかりますが、しばらくすると直感的にプレイできる楽しさに気づき違和感はなくなるでしょう。

グラフィック7アクション8
謎解き8

口コミを紹介

内容も面白く、DSの機能を活かした操作プレイで満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

任天堂

ゼルダの伝説 夢をみる島DX

価格:543円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリジナリティ強し

ゲームボーイカラーと言う性能的に限られたハードで発売されたソフトですが、ストーリー謎解き、アクション全てにおいてよく練られた名作です。

 

謎解きに関しては昔のゲームだけあってかなり厳しいものがありますが、わからなかったらネットでググってしまえばよいでしょう。

グラフィック6アクション7
謎解き8

口コミを紹介

当時はGBCで夢中になってやった。
携帯ゲーム機でここまで面白いゲームが作れるんだと任天堂はすげーと思った。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

任天堂

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

価格:4,450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

壁画化

本作はゼルダシリーズでは珍しく既存のタイトルの続編にあたります。今作の一番の特徴はリンクの壁画化能力にあります。

 

この能力でリンクはまるで壁画のようになり壁の中を自由に動き回れるようになるのですが、この能力は謎解き、アクション両方にとって重要な要素になります。

 

また、アイテムのレンタルシステムによって、プレイヤーが好きなダンジョンから攻略できるという新しい試みもなされています。

グラフィック7アクション8
謎解き9

口コミを紹介

小学校のときスーファミでやったのの進化版
あとの木の感動がよみがえる
やってそんなし!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

任天堂

ゼルダの伝説 風のタクト HD - Wii

価格:5,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネコ目リンク

ゼルダの伝説風のタクトはトゥーンレンダリングのネコ目リンクが初めて登場した作品です。非常にユニークなデザインに対して当初は首をかしげる人もいました。

 

しかし今となっては、似たり寄ったりの3Dのデザインのキャラクターが多い現状に比べて、トゥーンレンダリングのキャラクター方がよほどデザインが際立っているように見えます。

 

前作時のオカリナでは愛馬エポナにのって移動しましたが、今作ではしゃべる船に乗って大海原を移動します。オリジナルのゲームキューブ版では海を移動している時間が長く、不評を買いましたが、Wii U版では船の移動速度が上がっており、ストレスなく遊ぶことが出来ます。

グラフィック9アクション8
謎解き8

口コミを紹介

今更ですが今日クリアしました。とても楽しかったです。トライフォース集めは面倒でしたが全編通して面白かったです。いくつかゼルダシリーズをクリアしてきましたが初めてハートの欠片を全て集めました。またいつかプレイしたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

任天堂

ゼルダの伝説 神々のトライフォース

価格:816円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2Dの傑作

初代ゼルダによって謎解きアクションというスタイルを確立したとすれば、神々のトライフォースは回転切りや楽器、様々なサブウエポンなど、もはや定番と言える要素を確立した2Dアクションの金字塔と言える作品です。

 

ゲームが始まったとたんからすでにドラマチックで、プレイヤーはいつの間にか物語の世界に引き込まれマスターソードを手にした頃にはどっぷりゲームにはまって抜けだ出せなくなっていること間違いなしです。

 

3Dのゲームが全盛期の現在においても色あせないこの名作は、これからゲームを始めてみたい方にもピッタリの作品です。

グラフィック6アクション8
謎解き9

口コミを紹介

Amazonで購入する方が1割ほど安く買えるのでいいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

任天堂

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D - 3DS

価格:5,670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ただのホラーじゃない

神々のトライフォース以降ゼルダシリーズの演出には少々不気味なシーンがりますが、ムジュラの仮面にはそういった不気味なシーンがたびたび登場します。しかしそれらのシーンはキャラクターの内面を掘り下げるための演出あり、ただのホラーではありません。

 

3DS版のムジュラの仮面はオリジナル版にくらべて遊びやすくなっており、当時クリアできなかった方にもおすすめです。

グラフィック8アクション8
謎解き8

口コミを紹介

団員手帳のおかげでフラグが分かりやすくなって、64の時よりも快適にプレイできました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

任天堂

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD - Wii U

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フォトリアル

トワイライトプリンセスはシリーズ初のリアルなグラフィックのリンクが登場します。お供の少々口の悪い謎の生き物ミドナが案内役で、リンクは状況に応じて狼に変身しミドナを背中に乗せ、マップを駆けずり回るさまはまるで暴れ馬のようでユニークです。

 

今まで何かに乗って冒険してきた主人公が今作では乗せる側に回るという逆転の演出でしょう。全体的にダークな雰囲気の世界は非常に広く、ゲームのボリュームが多く最後まで飽きさせません。剣術のスキルも多彩でアクションゲームとしての手ごたえも十分です。

 

ゲームをクリアしたときにサブタイトルであるトワイライトプリンセスの意味が分かる仕掛けにグッとくるでしょう。

グラフィック9アクション9
謎解き8

口コミを紹介

Wii版のをやり、やっぱりHDのもやりたいなぁと購入。前にやった事があるから、ダンジョンはそんなに問題無く順調にクリアー。昔は次どこ?何すんの?ってよく行き詰まってたのを記憶してますが、今回はサクサク進みました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
アイテムID:4896203の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:4896203の画像1枚目

任天堂

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D - 3DS

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3Dゲームの礎

ゼルダの伝説時のオカリナは当時のゲーム業界にとって革命的なソフトであり、現在の3Dのオープンワールドの基礎となったソフトです。アクション面では敵をターゲッティングするという概念を作り上げ、これはFPS以外のアクションゲームではもはや必須の要素です。

 

時のオカリナ以前にここまでマップを自由に移動できるソフトは無く、愛馬エポナに乗っての移動はまさに冒険です。

 

ゲーム開始当初少年であるリンクが7年の時を経て大人になる様は非常にドラマチックで多くのプレイヤーの心に残っています。時のオカリナ以降たくさんの関連作品や続編が出ましたが、時のオカリナこそがベストだと推すプレイヤーは非常に多いです。

グラフィック8アクション9
謎解き9

口コミを紹介

改めて内容を述べる必要もないほどの名作だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

任天堂

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

価格:5,839円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

傑作

素晴らしい物理エンジンと化学エンジンに基づいた最高のアクションRPGであり、現時点で最高のゲームと言えます。ゲームの世界の住人は敵も味方も生き生きと描かれ生活感すら感じさせます。

 

Nintendo Switchを持っているなら買わない理由は無いし、持っていないならハードごと買ってプレイする価値が十分にあるソフトです。

グラフィック10アクション10
謎解き10

口コミを紹介

このゲームは本当に名作。100年間寝ていたからヒョロヒョロに弱ってしまった体で(100年寝ていた割には元気です、歩けなくても仕方ないのに!)、身一つで知らない世界に放り出されるも、最終的にはゼルダを救い出す術を身につける。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゼルダの伝説の選び方

ゼルダの伝説は初代のソフトがファミコンのディスクシステムで発売されて以来、多くのシリーズが発売されてきましたが、その歴史と進歩は日本のゲーム機の進歩とともにありました。

 

ゲーム機の歴史において第一世代、第二世代と呼ばれるハードウェアの時代では2D表現が主流でしたが、第三世代と呼ばれるハードのウェアの時代に入るとゲームは3D表現の時代に入り、一気に映像表現が飛躍しました。

 

そのような進歩の歴史の中でゼルダシリーズは常にハードの性能を生かし、新たな表現の先駆者となり、業界全体にインパクトを与え続けてきたのです。

 

そんなゼルダシリーズは、多くの作品を生み出すうちに様々なバリエーションを増やしてきました。ここからは数多くの作品の中からどの作品を選べばよいか書いていきます。

シリーズで選ぶ

ゼルダの伝説はほとんどの作品がそれぞれ独立したストーリーの作品ですが、全体としては一本の世界観を持った作品であり、多くの共通点を持っています。

 

しかしいくつかの作品群には全く同じキャラクターも出ている作品もあるので、シリーズを通して遊んでみると、なじみのキャラクターに別の作品で会えたり、別の側面を見られたりで楽しいものです。

 

どの作品とどの作品がつながっているかはなかなか複雑ですが、オフィシャルの設定資料集などを見るとよくわかりますし、それらの資料集をペラペラめくる楽しみや、開発者のインタビューなどゲーム以外の楽しみにも触れることが出来ます。

メインシリーズ

物語の中核であるメインシリーズの作品は、任天堂が新しい据え置きのハードを発売するたびに毎回最低でも一本は出ます。なので各据え置きハードのゼルダ作品をプレイしていれば大体物語の全体像を把握していると言えるでしょう。

 

過去のメインシリーズの作品は今ではバーチャルコンソールという形でプレイすることが出来ます。

 

64以降の任天堂のハードウェアの特徴とし主にコントローラーに他社の製品にはない独自のギミックを仕込むという事があります。

 

それらはアナログスティック、振動パック、ジャイロセンサー、タッチパネルであったりとしますがゼルダシリーズはそれらの独自の機能を最新のソフトに取り込みオンリーワンのソフトを提供し続けてきました。

 

今でこそ任天堂以外の会社のハードウェアでも類似の機能を搭載していますが、ほとんどが任天堂発です。

スピンオフ

ゼルダの伝説にはメインのシリーズとなる作品の他に多くのスピインオフ作品があります。それらはゼルダの伝説の作品に触れたことのない方でも楽しめるようになっていますが、シリーズのファンであればニヤッとする演出や、懐かしいキャラクターが登場したりします。

 

これらのスピンオフ作品は主に任天堂の携帯器で発売されることが多く、携帯機独自の機能を使った遊び方が出来ます。例えばゲームボーイアドバンスをケーブルでつないで対戦したり、DSのタッチパネルのみで全ての操作を行うなど、非常に独特なソフトもあります。

 

これらのソフト遊ぶ上での難点は、ゲームの性質上バーチャルコンソールなどほかのハードウェア上で遊ぶことが出来ないので、古いソフトであってもハードごと購入しないといけないという点があります。

スマブラ

任天堂の大人気アクションゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」にもゼルダの伝説のキャラクターが登場しており、初代スマブラから最新作まで全てに主人公のリンクと、いくつかのバリエーションのゼルダ姫が登場しています。

 

スマブラはゼルダのストリートは全然関係ないお祭りソフトですが、キャラクターの性能はそれぞれのキャラクターの本編での性能を反映しており、ファンにとってはお気に入りのキャラクターを操作できるだけでテンションの上がる作品です。

 

リンクについてはスマブラのそれぞれの作品で大した違いはありませんが、ゼルダ姫については、色々な作品に出てくるゼルダ姫の姿を反映しており、見た目もかなり変わります。また、大乱闘スマッシュブラザーズXからは通称ネコ目リンクも使えるようになります。

ハードで選ぶ

初代ゼルダが発売されてから30年以上が経ち、その間様々なハードウェアや周辺機器が発売されました。中には人知れず発売されていつの間にか消えていた物もありますが、ほとんどのハードは大人から子供まで周知されるほど売れています。

 

当然新しいハードの方が画像は美しいのですが、昔のハードにも、性能に劣る携帯機にもそれぞれ良いところがあります。

ファミコン~スーファミ時代

この時代は家庭用ゲーム機にとって第3~第4世代と呼ばれる時代で、ファミコンを筆頭に家庭用ゲーム機が爆発的に普及した時代です。この時代のゲームはハードの限られた性能をフルに生かすために涙ぐましい工夫がされており、職人的な技巧が多くみられます。

 

この時代のキャラクターや背景はドット絵で表現されており、中には芸術的ともいえる作品が多く存在し、作者たちは尊敬の念を込めてドット絵職人とも呼ばれています。そのような作品群も今ではバーチャルコンソールという形で遊ぶことが出来ます。

64以降

ゲームの表現が2Dから3Dに躍進を遂げ、ハードの性能は右から上がりに向上し、映像表現は飛躍的に進歩しました。しかし、3D表現の基本は任天堂のスーパーマリオ64で基礎が固まり、ゼルダの伝説時のオカリナでほぼ完成したと言われています。

 

しかし、近年のハードでは単に映像表現を追求するだけでなくいわゆる物理エンジンの進歩によって、より現実的な世界をゲームに落とし込んでいます。近年のハードで発売されたゼルダシリーズをプレイしてゲームの進化を追体験しましょう。

携帯機

任天堂と言えば携帯機、携帯機と言えば任天堂と言うくらい任天堂は携帯機に強いです。ゼルダの伝説シリーズは初代ゲームボーイでゼルダの伝説 夢をみる島といタイトルが発売されて以来コンスタントに作品が発売されてきました。

 

これらの作品は据え置き期のシリーズとは違い、ストーリーが独特であったり、新たな試みがされた作品が目立ちます。また携帯機特有のケーブルで携帯機同士をつないで遊ぶ対戦や協力プレイ、タッチパネルを使った操作も魅力の一つです。

 

最近は携帯機も進化し、3DSからはインターネットを介した通信プレイもできるようになっています。

キャラクターで選ぶ

ハードの進化とともにキャラクターの表現も2Dから3Dへと進化し、今度はVRの時代に入ろうとしていますが、それぞれの時代のキャラクターに見るべきところと魅力がります。

 

最新のものを追うのも良いですがたまには後ろを振り返って先人の足跡を見るのも良いでしょう。

2Dリンク

昔懐かしい2D時代のリンクです。このころのゲーム、特にファミコン時代のゲームは今とは比較にならない程難しいというか理不尽でした。

 

初代ゼルダでもヒントらしいヒントもなく、マップを駆けずり回って手に入れたアイテムをとりあえずいろんなところで使ってみてなんとなく道が開けるなどという事はざらでした。

 

しかし今ではネットで一発で答えが分かるので、昔クリアできなかった方は再挑戦してみてはどうでしょうか。

3Dリンク

今では主流となった3D表現のリンクは64時代に登場しました。表現が2Dから3Dに変わったことでゲームの操作性自体が変化し、3D用の入力デバイスも登場したことは新たな時代の到来の象徴でした。

 

ゼルダの伝説時のオカリナは3D時代の幕開けの象徴のような作品であり、今なお名作として語り継がれている作品です。また、この作品は現在の3Dアクションゲーム、ひいてはオープンワールドのゲームの礎ともいえる作品です。

トゥーンリンク

トゥーンリンクは通称猫目リンクとも呼ばれ、一番最初に登場したのはゲームキューブ用のソフトゼルダの伝説風のタクトです。このキャラクターが発表された当初は賛否ありましたが、今ではゼルダファンの間で認知され様々な作品に登場しています。

 

主な登場作品は風のタクトの他に、ゼルダの伝説夢幻の砂時計、ゼルダの伝説大地の汽笛など携帯機が多いですが、任天堂の人気シリーズ大乱闘スマッシュブラザーズにも登場します。

ゼルダの伝説のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4897184の画像

    任天堂

  • 2
    アイテムID:4896203の画像

    任天堂

  • 3
    アイテムID:4896201の画像

    任天堂

  • 4
    アイテムID:4896197の画像

    任天堂

  • 5
    アイテムID:4896194の画像

    任天堂

  • 6
    アイテムID:4896193の画像

    任天堂

  • 7
    アイテムID:4896192の画像

    任天堂

  • 8
    アイテムID:4896190の画像

    任天堂

  • 9
    アイテムID:4896187の画像

    任天堂

  • 10
    アイテムID:4894024の画像

    任天堂

  • 商品名
  • ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  • ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D - 3DS
  • ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD - Wii U
  • ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D - 3DS
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース
  • ゼルダの伝説 風のタクト HD - Wii
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
  • ゼルダの伝説 夢をみる島DX
  • ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
  • ゼルダの伝説1
  • 特徴
  • 傑作
  • 3Dゲームの礎
  • フォトリアル
  • ただのホラーじゃない
  • 2Dの傑作
  • ネコ目リンク
  • 壁画化
  • オリジナリティ強し
  • タッチペンで操作
  • 記念すべき初代
  • 価格
  • 5839円(税込)
  • 2900円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 5670円(税込)
  • 816円(税込)
  • 5800円(税込)
  • 4450円(税込)
  • 543円(税込)
  • 5049円(税込)
  • 453円(税込)
  • グラフィック
  • 10
  • 8
  • 9
  • 8
  • 6
  • 9
  • 7
  • 6
  • 7
  • 5
  • アクション
  • 10
  • 9
  • 9
  • 8
  • 8
  • 8
  • 8
  • 7
  • 8
  • 6
  • 謎解き
  • 10
  • 9
  • 8
  • 8
  • 9
  • 8
  • 9
  • 8
  • 8
  • 6

まとめ

ゼルダの伝説シリーズは日本を代表するゲームのシリーズであり、海外でも非常に人気の高いシリーズです。シリーズをプレイするにあたってどれから遊べばいいの?という疑問もあるかと思いますが、作品ごとにストーリーは独立しているのでどれから遊んでも大丈夫です。気になったタイトルから遊んでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ