雨の日も楽しくなる!レインコートのおすすめ人気ランキング7選

    記事ID2227のサムネイル画像

    雨の日は気分が上がらず憂鬱になってしまう事が多いですよね。自転車やアウトドアなど傘をさせない状況の時に欠かせないのがレインコートです。たくさん種類があって選べない!という方、そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気レインコートをご紹介致します!

    レインコートのメンテナンス

        

    レインコートを使用した後に、どのように干しておけば良いか迷われたことはありませんか?天気の良い日に合わせてベランダなどでカラっと干したくなる気持ちもあるかと思いますが、レインコートは直射日光に当てて干してはいけません。

    レイコンコートの素材で主に使用されているのは、撥水加工のされたナイロンやポリウレタンです。こちらは紫外線にとても弱く、撥水効果を少なくしてしまいます。撥水効果が少なくなるとレインコートの水分がいつまでも残ってしまい、内側が湿度によって蒸れてしまいます。そうならないためにも、レインコートは使用した後すぐに水分を拭き取り、日陰の風通しの良いところに干すようにしましょう。また、乾燥後に撥水スプレーを使用することで撥水効果を長持ちさせることができます。

    泥汚れなどが気になる場合はまずは水洗いを行い、落ちない場合は少量の洗濯洗剤をつけて手洗いを行います。中には弱洗濯モードで洗濯できるものもあります。そうした種類のものにはレイコンコートに洗濯機のマークがついていますので、ボタンを全てとめた上で洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。その際は撥水加工により脱水はできませんので、バスタオルを用意してレインコートを包み込むように上から押して脱水します。水滴が落ちてこなくなりましたら、先程と同じように風通しの良い日陰で干すようにしましょう。燃えてしまう可能性がありますので、絶対に乾燥機には入れないようにしてください。

    レインコートの選び方ポイント3つ

    レインコートには上下が繋がったものや別々になったものなど、様々な種類があってどれを選べば良いか迷ってしまいますよね。ですのでこちらでは、レインコートを選ぶ際に知っておくと良いポイントを3つに分けてご紹介しましょう。素材や用途、機能について詳しくご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

    ポイント①:素材で選ぶ

    レインコートの素材は、主にビニールや化学繊維(ナイロン、ポリエステル)などが使用されています。こちらでそれぞれの特徴やメリットを詳しくご紹介していきますので、レインコートを選ぶ際の参考にしてみてください。

    ビニール

    ビニールタイプはPVCやEVAなどの表示がされているものがあり、雨をまったく通さないという特徴があります。浸透もしないのでレインコートにも最適かと思われますが、化学繊維よりも重さががあり動きにくいということがあります。雨が浸透しませんので、パソコンなど水に濡らしたくないものを持ち歩く機会の多い方はビニールのレインコートをおすすめします。

    化学繊維(ナイロン、ポリエステル)

     

    こちらは軽くて動きやすい反面、人工的に雨が浸透しないように加工されたものですので、使用年数が2~3年程度で劣化してしまいます。劣化してしまうとコーティングが剥離してしまう場合や黄色く変色してしまう恐れがあります。しかし軽い分着ていて疲れを感じることも少ないのですので、通勤や通学の際には重宝されています。

    ポイント②:用途で選ぶ

    レインコートの用途によっても、様々な種類があります。ポンチョタイプやベンチレーションタイプ、小さく収納できるものまで多様なものがありますが、こちらでそれぞれの特徴やおすすめの使用方法についてご紹介していきましょう。

    ポンチョタイプ:遊園地やレジャーで

    上からかぶるだけのタイプですので、服装や体格にあまりこだわることなく着用することができます。急な雨に即座に対応できますので、アウトドアでのキャンプやお祭りにはポンチョタイプをおすすめします。

    ベンチレーションタイプ:軽い運動に

    主にレインコートの背面部分の記事が大きく開いており、中に水が入らないよう上からかぶせたようなスタイルのレインコートです。中には胸部部分が開いているものもあります。この構造によって他の種類のレインコートより蒸れを逃がすことができ、ウォーキングやランニングにはベンチレーションタイプをおすすめします。

    小さく収納できるもの

    こちらのタイプは薄手のものが多く、小さく収納できるので持ち運びにも便利です。小さなお子様を連れている際でも取り出してすぐに着せることができますし、軽い雨なら自分も雨に塗れずに済ますことができます。ですので、散歩やお買い物など自宅近くを移動される場合には小さく収納できるものをおすすめします。また、アウトドアでの急な小雨にも重宝しますね。

    ポイント③:機能で選ぶ

    雨が降ってしまった際でも快適に過ごすことができるレインコートですが、その効果も様々なものがります。防水性や耐水性など知っておくとより快適に過ごせる機能について、こちらで詳しくご紹介していきましょう。防水性生地の裏地部分に防水素材のコーティングを隙間なく施すことで、雨の浸透を防ぐことができます。

    縫い目の細かい部分にはシームテープと呼ばれる防水テープを使用し、更に浸透を防いでいます。防水性は素材そのものよりも加工による効果が大きいですので、耐水性と撥水性を目安にすると良いですね。耐水性生地に圧力をかけた際に、そこから水が染みこんでくるのを抑える性能のことを「耐水圧」という言葉で表しています。小雨の場合ですと約500mm程度ですし、大雨の場合ですと1,500m程度の耐水圧があれば中に進入してくることはありません。しかし登山やハイキングなどのアウトドアで大きなリュックを背負う場合は、20,000mm程度の耐水圧が求められます。ですので中に水分が染みこんでしないようにするためにも、耐水性の高いものを選ぶようにしましょう。

    撥水性生地の方面にシリコン樹脂やフッ素樹脂で繊維の一本一本に撥水加工を施しているものを言います。生地にはとうしても隙間が残るため通気性を残しながらも撥水性の高いものは水が玉のように転がりながら下に落ちていきます。しかしこちらの場合防水加工がされておらず撥水性のみの場合水が浸透してきますので、自転車に乗られる場合やベンチに座る際には注意しましょう。

    外側の水分はとてもよく弾いてくれますので、手軽にお手入れしたい方におすすめです。透湿性透湿性とは、汗などで内側から発せられる水分や蒸気を外に逃がす性能のことを言います。こちらは1平方メートルあたりに対して24時間に何gの水分を透過したのかと数値で表しています。平均的に、大人の方が安静にしていると1時間あたりに50g程度の汗を出します。準備体操のような軽い運動であれば500g、ランニングのような激しい運動ですと1000gにも達します。ですので、ウォーキングや自転車通勤、通学などの軽い運動をされる方は透湿性の高いものを選ぶようにしましょう。

    レインコートのおすすめ人気ランキングベスト3

    それではこちらでは、レインコートの中でもおすすめしたい人気ランキングベスト3のご紹介です。ポリエステルでできたものからデザイン性の高いものまで、人気の秘密を口コミと共にご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

    3位:w.p.c キウレイン

    w.p.c キウレイン

    価格:4,495円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    男女幅広く使用できる

    サイズが大きく、丈が長いのですっぽりと収まります。大きいですので上手に収納できるようになるまで少々慣れが必要かもしれません。その際には、縦にたたむように収納してみると収まりやすいですよ。 上下から開閉できるダブルファスナー付きで、背中部分にはベンチレーションもついていますので、通気性も高いのが良いですね。

    サイズ(着丈)約103cm、(前丈)約93cm、(裄丈)約84cm、(胸囲)約120cm重量約340g
    素材ポリエステル100%(ポリウレタンコーティング)

    2位:ChouChouPoche 自転車レインウェア

    ChouChouPoche 自転車レインウェア

    価格:4,212円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    可愛らしいデザイン

    フード部分が透明ですので、雨が降っている時でも視界良好に使用することができます。顔が濡れないよう大きめに作られているのも嬉しいですね。写真で見るよりも少々紺に近いような色合いの印象がありますが、袖口と裾にストライプがついていますので、とても可愛らしく着こなすことができます。 雨の日の気分の重たくなってしまう日にも、爽やかな演出をすることができますよ。ポケットはついておりませんのでご注意ください。

    サイズ約80cm重量449g
    材質ポリエステル

    1位:カラーショップ レインポンチョ

    カラーショップ レインポンチョ

    価格:2,250円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    通勤通学のお供に

    自転車を運転していてもめくれ上がることがなく、撥水加工がしっかりと施されています。ファスナーで開き部分をとめますが、生地の材質上少し噛みやすいかもしれません。ポンチョタイプですので鞄を背負ったままでもすっぽりと収まることができますし、携帯用の袋に収納すればコンパクトに鞄に入れて持ち歩くことができます。 通勤、通学の方におすすめです。

    サイズ150cm~175cm重量260g
    材質ポリエステル、テフロン

    その他のおすすめレインコート4選

    その他にも、人気ランキングを逃しながらも数あるレインコートの中からおすすめしたいものを4つご紹介します。使い捨てのレインコートから透湿性に優れたものまで、口コミと合わせてご紹介していきますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

    AMKUS レインコート

    AMKUS レインコート

    価格:2,479円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    普段使いに最適

    通気性が高いながらも防風性能も兼ね備えており、通勤、通学の他に朝早い釣りにも重宝する一品です。手触りの良い生地で、普段着の上から着用していても可愛らしく着こなすことができます。手首の部分はすぼんでいますので、雨がしたたって入ってくることもありません。 生地もしっかりとした造りになってますがゴワゴワすることもありませんよ。

    重量238g材質ポリエステル

    HAMIST 携帯使い捨てレインコート

    HAMIST 携帯使い捨てレインコート

    価格:1,280円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    お手入れの必要なく手軽に管理

    使い捨て用のレインコート9枚と、ボールタイプの収納ケースに1枚入った合計10枚入りです。生地はとても薄くできておりますので夏の暑い時期に重宝しますが、雨量によっては肌にくっついてしまう場合があります。使い捨てですので使用後のお手入れを必要とせず、手軽なのが嬉しいですね。 ポンチョタイプですっぽり収まることができ、屋外スタジアムでの観戦やアウトドアでの持ち運びにも重宝します。

    重量30g材質ナイロンオックスフォード

    QIAN レインコート

    QIAN レインコート

    価格:1,680円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    自転車やバイクの通勤、通学に最適

    フードの上からでもヘルメットをかぶることができ、めくれることもありませんのでバイクなどで通勤される場合でも安心して着用することができます。厚めの生地でしっかりしていますので、汚れてしまった際には洗濯洗剤を染みこませたタオルで拭トントンと叩くように汚れを取りましょう。透明のつば部分は、視界を妨げることもありません。

    重量0.9kg材質ナイロンオックスフォード

    トオケミ 透湿レインウェア

    トオケミ 透湿レインウェア

    価格:5,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    激しい動きでも快適に

    だぼっとしているレインコートが多い中、こちらはウインドブレーカーのようにスッキリと着用することができます。ポケットも付いていますので、ちょっとした小物を入れておくにも便利です。耐水圧もしっかりしていますので、山登りの重いリュックを背負っての移動にも重宝します。 また、雪が降るような寒さも防ぐことができます自転車通学されるお子さんにもピッタリですね。

    材質ポリエステル耐水圧耐水圧10,000mm、透湿度5,000g/m2

    レインコートの売れ筋ランキングをチェック

    参考までにレインコートの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?雨の日にも快適に過ごせるよう、様々な工夫が施されたものがありましたね。雨に塗れた際に独特の不快感を少し減らすことができるよう、こちらの記事を参考にされてあなたにぴったりのレインコートを探してみてください。自分用だけでなく、アウトドアに出かける際にご友人たちと一緒に探してみるのも楽しいですね。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ