【2021年最新版】バイク用プロテクターの人気おすすめランキング15選【ジャケットもご紹介!】

記事ID21415のサムネイル画像

バイク用プロテクターは、ツーリング中の身の安全を守るのに欠かせません。しかし、バイク用プロテクターは種類が豊富です。そこで、今回はバイク用プロテクターの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。おすすめは、上半身・下半身・一体型などを基準に作成しました。購入を検討されている方は、参考にしてください。

バイク用プロテクターは事故から体を守るのに効果的なアイテム!

バイクに乗るときに備えておきたいのがバイク用プロテクターです。事故に備えて身を守るためにバイク用プロテクターは、欠かすことができないアイテムです。バイク用プロテクターがあると万が一のときの備えになります。

 

実は、バイク用プロテクターは種類が豊富なんです!上半身・下半身など、部位によっても異なります。また、数多くのメーカーやブランドから販売されています。種類が豊富なバイク用プロテクターの中から自分に合った商品を見つけるのはなかなか難しいですよね。

 

そこで、今回はバイク用プロテクターの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。おすすめは、上半身・下半身・一体型などを基準に作成しました。購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

バイク用プロテクターの選び方

バイク用プロテクターは、種類が豊富です。そのため、どの商品を選んだら良いのか迷うことも多いです。そこで、ここからは選び方について詳しくご紹介していきます。

部位で選ぶ

バイク用プロテクターは、部位で種類が異なります。ここでは、部位に注目してバイク用プロテクターをご紹介します。

胸・腹・肩・肘・脊髄を保護したい方は「上半身」が保護できるものがおすすめ

胸・腹・肩・肘などを重点的に保護したい方は、上半身用のバイク用プロテクターがおすすめです。特に胸や腹は致命傷になることが多いので、上半身用を購入する場合には、胸や腹を保護できるタイプがおすすめです。

尾骨・膝・腰を保護したい方は「下半身」が保護できるものがおすすめ

尾骨・膝・腰などを重点的に保護したい方は、下半身用のバイク用プロテクターがおすすめです。パンツの下に装着できるタイプや一体型など、種類が豊富なので自分の好みや使いやすい方を選ぶのがおすすめです。

手軽さで選ぶ

バイク用プロテクターは、商品によって手軽さが異なります。取り付けのしやすさも重要なポイントです。ここでは、手軽さに注目してご紹介します。

プロテクターを取り付ける時間を短縮したい方は「ジャケット一体型」がおすすめ

ジャケット一体型のバイク用プロテクターは、取り付けの時間を短縮したい方におすすめです。上半身はプロテクターを取り付ける部分も多いので、ジャケットを着るだけで簡単に体を保護することができます。普段着感覚でプロテクターを取り付けることがきるのも魅力です。

普段着のようにおしゃれなものやかっこいいものが履きたい方は「パンツ一体型」がおすすめ

パンツ一体型のバイク用プロテクターは、デザイン性が豊かで見た目にこだわる方におすすめです。おしゃれな服装でバイクに乗りたい方にもぴったりです。違和感なく履くことができるのもおすすめのポイントです。

プロテクターをつけない部位や自由にカスタマイズする場合は「単体型」がおすすめ

プロテクターをつけない部位がある場合やプロテクターをつける部位を自由にカスタマイズしたい場合には、単体型のバイク用プロテクターがおすすめです。重点的に保護したい部位がある場合にも単体型はぴったりです。

特徴で選ぶ

バイク用プロテクターは、大きくわけるとハードタイプとソフトタイプがあります。ここでは、それぞれの特徴について詳しくご紹介します。

安全性にこだわる方は「ハードタイプ」がおすすめ

ハードタイプのバイク用プロテクターは、硬くて丈夫な素材で作られているので安全性が高いのが特徴です。フィット感はやや落ちますが、価格もお手頃で種類も豊富です。安全性にこだわる方やコストを抑えたい方は、ハードタイプがおすすめです。

服の下に装着する場合や装着感にこだわる方は「ソフトタイプ」がおすすめ

ソフトタイプのバイク用プロテクターは、柔らかいので装着感が良く使いやすいのが特徴です。フィット感が抜群で、動きに合わせて柔軟に対応できます。バイク用プロテクターが慣れていない方や初めての購入の際にもおすすめです。

安全基準の目安になる「CE規格」も要チェック!

日本には明確な安全基準となるものはありませんが、ヨーロッパには安全基準の目安となるCE規格があります。安全性が高いプロテクターを使いたい方は、安全基準の目安となるCE規格を満たしているプロテクターがおすすめです。

素材で選ぶ

バイク用プロテクターは、素材もさまざまです。ここでは、素材に注目してバイク用プロテクターをご紹介します。

通気性にこだわる方は「メッシュ素材」がおすすめ

梅雨の湿気が多い季節や暑い夏にバイクに乗るときに、プロテクターを着けるとムレが気になります。ツーリングを快適に楽しみたい方は、通気性が良いメッシュ素材がおすすめです。ムレを防ぐことができます。

お手入れのしやすさにこだわる方は「ナイロン素材」がおすすめ

ナイロン素材は、洗濯をすることができて乾くのが早いのでお手入れが簡単で扱いやすいのでおすすめです。シワになりにくく、型崩れがしにくい特徴もあります。お手入れのしやすさにこだわる方はナイロン素材がおすすめです。

クッション性や柔軟性にこだわる方は「EVA素材」がおすすめ

EVA素材は、クッション性が高く衝撃の吸収力も抜群です。柔軟性もあるので、動きが制限されることなく快適に着用することができるのでおすすめです。環境に優しい素材で、劣化しにくい特徴もあります。

メーカーやブランドで選ぶ

バイク用プロテクターは、さまざまなメーカーやブランドから販売されています。ここでは、メーカーやブランドに注目してご紹介します。

部位別でプロテクターを選びたい方は「ウミネコ」がおすすめ

ウミネコは、部位別のプロテクターが豊富です。細かい部位でプロテクターを選びたい方はウミネコがおすすめです。アウトドア用品も豊富なので、ツーリングに便利なアイテムも揃えることができるのも魅力です。

オリジナル感を出したい方はカスタム用品が豊富な「南海部品」がおすすめ

南海部品は、オリジナル商品から海外ブランドまで幅広い商品を取り扱っています。中でもヘルメットのラインナップは豊富です。カスタム用品も豊富に取り扱っています。オリジナル感を演出したい方は、南海部品がおすすめです。

豊富なラインナップから選びたい方は「コミネ」がおすすめ

コミネはとにかく商品のラインナップが豊富で、バイク用品の取り扱いが多いです。プロテクターに限らずさまざまな商品があるので、お気に入りのバイク用品を見つけたい方におすすめです。下記のサイトでは、コミネの商品が紹介されているのでぜひ、チェックしてみてください。

より安全性を高めたいなら「エアバッグ機能」がついたものがおすすめ

エアバッグと聞くと、車を想像する方も多いですが、バイクに乗るときにもエアバッグを装備ができます。バイク用のエアバッグは、ジャケットタイプでバイクとつなげることにより使うことができます。白バイ隊にも採用されるほど、安全性が高く、事故のときの備えにおすすめです。

上半身のバイク用プロテクターの人気おすすめランキング5選

通気性が良い上半身のバイク用プロテクター

多数の通気口があり、通気性が良いので暑い夏でも快適に着用することができるバイク用プロテクターです。通気性に優れながらも、しっかりとした強度を持っているバイク用プロテクターで、特に胸と背中を強力にガードしてくれます。

 

両肩と脇腹に調整ベルトがあるので、体型に合わせて細かく調整することができるのでフィット感も抜群です。CE規格はレベル2で、しっかりと体を保護してくれるのでおすすめのバイク用プロテクターです。

プロテクト部位 胸部・背中 タイプ 単体
ハード/ソフト ハード 安全基準 CE規格レベル2
重量 1Kg 素材 プラスチックシェル

口コミを紹介

暑さに耐えかねたので購入。これだと私服の上に直接装着できる上、プロテクター自体に穴が複数あいているため通気性もいい。それからCE2規格を通っているだけあって、守られている安心感が凄い。

出典:https://www.amazon.co.jp

椎骨を保護できるバイク用プロテクター

上半身用のバイク用プロテクターで、胸と背中に合わせて椎骨まで保護することができるのでおすすめです。マジックテープでしっかりと固定することができるので、体型に合わせてサイズ調整も簡単に行えます。

 

軽量で衝撃にも強く、通気性も良いので動きやすく快適に着用できます。サイズも3種類と豊富で、メンズとレディースを問わず着用することができるのでおすすめです。蒸れやすい時期や暑い夏にぴったりです。

プロテクト部位 胸・背中・椎骨 タイプ 単体
ハード/ソフト ハード 安全基準 -
重量 640g 素材 プラスチックシェル

口コミを紹介

軽くて、コンパクトで、脱着もしやすく、178㎝の自分では、Lサイズが丁度良いサイズでした。目的地に到着しても、汗びっしょり状態はなくなり、涼しく走れました。

出典:https://www.amazon.co.jp

フリーサイズの上半身用バイク用プロテクター

フリーサイズのバイク用プロテクターなので、誰でも装着することができるのでおすすめです。胸・背中・肩と保護してくれる範囲も広いので安心してバイクに乗ることができます。フィット感も良く使いやすいです。

 

教習所向けに開発されたバイク用プロテクターなので、バイク初心者の方にもおすすめです。バイク事故で死につながりやすい胸部をしっかりと保護してくれるので安心です。モトクロスにも使うことができます。

プロテクト部位 胸・背中・肩 タイプ 単体
ハード/ソフト ハード 安全基準 -
重量 980g 素材 合成樹脂・ウレタン・ゴム

口コミを紹介

教習所でも採用されているプロテクターでしたので、万が一に備えて購入させて頂きました。ジャケットに付属されているプロテクターよりも守備範囲は広いので、購入は正解でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BenKen

ボディープロテクター 上半身

柔軟性に優れているバイク用プロテクター

ソフトタイプのバイク用プロテクターで、柔軟性に優れているので動きやすいのが特徴です。軽量なEVAパッドが使用されているので、重さを気にせずバイクに乗ることができるのでおすすめのプロテクターです。

 

半袖と長袖の2種類から好きなものを選ぶことができます。マジックテープでサイズ調整もしやすいので使いやすいです。柔軟性に優れているので、バイク用プロテクターを初めて購入する方にもおすすめです。

プロテクト部位 脊髄・肩・胸・背中 タイプ 単体
ハード/ソフト ソフト 安全基準 -
重量 880g 素材 エチレン酢酸ビニル

口コミを紹介

バイクに乗る際のプロテクターとして購入。生地の伸縮性のおかげなのか、窮屈感は強くは感じません。

出典:https://www.amazon.co.jp

体の動きにフィットするバイク用プロテクター

フィット感が抜群のバイク用プロテクターです。主に胸と背中・脊髄を保護してくれるので、事故の備えに装着したい方におすすめです。軽量で装着感も良く、快適にバイクに乗ることができるので便利です。

 

脱着もしやすく、袖が無いので使いやすいです。特に胸や脊髄を保護したい方におすすめのバイク用プロテクターです。6サイズ展開で、自分の体形に合わせて選ぶことができるのも魅力です。立体メッシュ構造で通気性も良いです。

プロテクト部位 胸・背中・脊髄 タイプ 単体
ハード/ソフト ハード 安全基準 -
重量 821g 素材 プラスチックシェル

口コミを紹介

肩部とサイドの調整で確り固定できて、インナーとして邪魔な感じは一切無く購入お勧めの商品です。デザインも秀逸です。

出典:https://www.amazon.co.jp

上半身のバイク用プロテクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6972651の画像

    コミネ(Komine)

  • 2
    アイテムID:6972608の画像

    BenKen

  • 3
    アイテムID:6972556の画像

    コミネ(Komine)

  • 4
    アイテムID:6972492の画像

  • 5
    アイテムID:6972447の画像

    コミネ(Komine)

  • 商品名
  • バイク用 M
  • ボディープロテクター 上半身
  • バイク用 チェストガード
  • バイク用 胸部プロテクター
  • バイク用 CE規格レベル2
  • 特徴
  • 体の動きにフィットするバイク用プロテクター
  • 柔軟性に優れているバイク用プロテクター
  • フリーサイズの上半身用バイク用プロテクター
  • 椎骨を保護できるバイク用プロテクター
  • 通気性が良い上半身のバイク用プロテクター
  • 価格
  • 4531円(税込)
  • 5799円(税込)
  • 6774円(税込)
  • 3653円(税込)
  • -
  • プロテクト部位
  • 胸・背中・脊髄
  • 脊髄・肩・胸・背中
  • 胸・背中・肩
  • 胸・背中・椎骨
  • 胸部・背中
  • タイプ
  • 単体
  • 単体
  • 単体
  • 単体
  • 単体
  • ハード/ソフト
  • ハード
  • ソフト
  • ハード
  • ハード
  • ハード
  • 安全基準
  • -
  • -
  • -
  • -
  • CE規格レベル2
  • 重量
  • 821g
  • 880g
  • 980g
  • 640g
  • 1Kg
  • 素材
  • プラスチックシェル
  • エチレン酢酸ビニル
  • 合成樹脂・ウレタン・ゴム
  • プラスチックシェル
  • プラスチックシェル

下半身のバイク用プロテクターの人気おすすめランキング5選

デザイン性が高いパンツ一体型のレディースバイク用プロテクター

デザイン性が高く、ストレッチ性もあるのでバイクの運転もしやすいパンツ一体型のバイク用プロテクターです。レディース用なので、見た目を気にする方やおしゃれな服装でバイクに乗りたいという方にもおすすめです。

 

カラーバリエーションも豊富なので、自分の好きなスタイルのパンツを選べるのもおすすめのポイントです。プロテクターの取り外しも簡単にできるので、洗濯もしやすく扱いやすいのも魅力です。人間工学に基づいたデザインで快適に履くことができます。

プロテクト部位 膝・腰 タイプ 単体
サイズ S・XS・2XS 安全基準 -
重量 1.02Kg 素材 デニム

口コミを紹介

サイズがびっくりするくらいピッタリでした。
バイクに乗った時にきつくなるかと心配になりましたが、ストレッチがすごく効いていたので、問題なかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

安全性が高いパンツ一体型のバイク用プロテクター

CE規格レベル2の安全性が高く、パンツ一体型のバイク用プロテクターです。ストレッチ性が高い立体裁断で作られています。2色展開でサイズも豊富なので、体型に合わせて選ぶことができるのも魅力です。

 

夜間視認性を高めるためにリフレクター装備が施されているので、夜間の走行も安心です。プロテクターとパンツが一体化しているので、普段着と同じように履くだけで足を保護できるのでおすすめです。価格もお手頃です。

プロテクト部位 タイプ 単体
サイズ WS・WM・WL・S・M・L・XL・2XL・3XL・4XLB・5XLB 安全基準 CE規格レベル2
重量 460g 素材 コットン

口コミを紹介

細身な作りですが、伸縮性があるので乗っている時もキツくないと思います。
見た目スキニーなのでいかにもバイク用というゴツさもないので、バイクから降りた時も良いと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヒップ用のバイク用プロテクター

極厚のヒップ用バイク用プロテクターです。2cmの厚さで強い衝撃からもしっかりと体を守ってくれるので安心です。メッシュ加工で通気性も良いので蒸れにくく、快適に身に着けることができるのでおすすめです。

 

マジックテープでサイズの調整も可能で、フィット感も高く、不快感を与えません。動きに合わせてしっかりとフィットするので、バイクの運転もしやすいです。サイズも豊富で、メンズからレディースまで使うことができます。

プロテクト部位 お尻・腰 タイプ 単体
サイズ XXL・S・M・L・XL・XXXL 安全基準 -
重量 288g 素材 EVA素材

口コミを紹介

メッシュ部分がしなやかで履きやすいです。
転んでも痛さがかなり軽減できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

クッション性が優れているバイク用プロテクター

クッション性が優れている膝用のバイク用プロテクターです。2個セットなので、使いやすくておすすめです。特に膝を保護したい方にもおすすめのバイク用プロテクターです。マジックテープで脱着も簡単です。

 

EVA素材が使われているので衝撃にも強く、しっかりと保護してくれるので転倒したときも安心です。伸縮性も良いので、動きが制限されることなく快適に着用することができるのでおすすめです。サイズ調整も簡単にすることができます。

プロテクト部位 膝・脛 タイプ 単体
サイズ フリーサイズ 安全基準 -
重量 300g 素材 ナイロン布・EVA材料シェル

口コミを紹介

この、おかげで膝の骨折を免れました。
樹脂部分が浮いてるので直接衝撃も来ず優れた逸品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ロングタイプのバイク用プロテクター

メッシュ素材で通気性も良いロングタイプの下半身バイク用プロテクターです。CE規格の基準を満たしているので安全性も高いです。下半身の広い範囲を保護できるのでおすすめです。サイズの種類も豊富です。

 

プロテクターには、ハード素材のプラスチックガードが使用されているので衝撃にも強いです。ストレッチ性も高いので動きを制限されることもありません。装着後のズレを防ぐことができる設計なので快適に着用できます。

プロテクト部位 尾骨・大腿部・膝 タイプ 単体
サイズ S・M・L・XL・2XL・3XL 安全基準 CE規格
重量 581g 素材 ライクラ・ポリエステル・合成樹脂

口コミを紹介

下半身のプロテクターが全部入りでコスパ最強。
バラバラに取り付けるよりフルプロテクターを一気につけたり脱いだりで楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

下半身のバイク用プロテクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6989422の画像

    コミネ(Komine)

  • 2
    アイテムID:6989126の画像

    OTraki

  • 3
    アイテムID:6989037の画像

    ウミネコ(Umineko)

  • 4
    アイテムID:6988784の画像

    コミネ(Komine)

  • 5
    アイテムID:6988678の画像

  • 商品名
  • バイク用 プロテクトメッシュアンダーパンツ
  • ひざすねプロテクター 2個入
  • 下半身プロクター L
  • バイク用 ジーンズ
  • バイクパンツ レディース
  • 特徴
  • ロングタイプのバイク用プロテクター
  • クッション性が優れているバイク用プロテクター
  • ヒップ用のバイク用プロテクター
  • 安全性が高いパンツ一体型のバイク用プロテクター
  • デザイン性が高いパンツ一体型のレディースバイク用プロテクター
  • 価格
  • 8123円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 6138円(税込)
  • 5570円(税込)
  • プロテクト部位
  • 尾骨・大腿部・膝
  • 膝・脛
  • お尻・腰
  • 膝・腰
  • タイプ
  • 単体
  • 単体
  • 単体
  • 単体
  • 単体
  • サイズ
  • S・M・L・XL・2XL・3XL
  • フリーサイズ
  • XXL・S・M・L・XL・XXXL
  • WS・WM・WL・S・M・L・XL・2XL・3XL・4XLB・5XLB
  • S・XS・2XS
  • 安全基準
  • CE規格
  • -
  • -
  • CE規格レベル2
  • -
  • 重量
  • 581g
  • 300g
  • 288g
  • 460g
  • 1.02Kg
  • 素材
  • ライクラ・ポリエステル・合成樹脂
  • ナイロン布・EVA材料シェル
  • EVA素材
  • コットン
  • デニム

ジャケット一体型のバイク用プロテクターの人気おすすめランキング5選

5位

ヘンリービギンズ(Henly Begins)

バイク用 メッシュパーカー

春夏用のジャケット一体型のバイク用プロテクター

メッシュ素材が使われている通気性が良い、春夏にぴったりなジャケット一体型のバイク用プロテクターです。軽量で動きやすく、蒸れにくいので快適に着用することができるのでおすすめです。デザインもおしゃれです。

 

フードも付いていて、着脱可能なので自分の好きなスタイルで着用することができるのでおすすめです。CE規格のプロテクターが付属しているので、安全性も高く安心してバイクに乗ることができます。

プロテクト部位 胸部・肩・肘・背中 タイプ 単体
サイズ M・L・XL・2XL 安全基準 JMCA推奨プロテクター・CE規格のハードプロテクター
重量 2Kg 素材 メッシュ・ナイロン

口コミを紹介

生地は柔らかく、着心地も良かったです。肘肩にハードプロテクター胸、背部にソフトタイプのプロテクターが標準て付いてきました。

出典:https://www.amazon.co.jp

洗濯がしやすいジャケット一体型のバイク用プロテクター

プロテクターが取り外せるので、汚れたときや汗をかいたときには、洗濯をすることができるので使いやすいです。衛生面が気になる方にも春夏用おすすめのジャケット一体型のバイク用プロテクターです。

 

サイズも豊富で、メンズやレディースを問わずに着用することができるのでおすすめです。デザイン性も高く、見た目も良いです。重さもわずか550gと軽量で通気性も良いジャケット一体型のバイク用プロテクターです。

プロテクト部位 肘・肩・背中・胸 タイプ 単体
サイズ M・L・XL・2XL 安全基準 -
重量 550g 素材 ナイロン・スパンテックス・CE・エコPC

口コミを紹介

バイクを購入し初めて着用しました。
軽いので着用感がなく良い!

出典:https://www.amazon.co.jp

カラーバリエーションが豊富なジャケット一体型のバイク用プロテクター

カラーバリエーションが豊富なジャケット一体型のバイク用プロテクターです。デザイン性も高く、見た目にこだわる方におすすめです。メッシュパーカーなので、通気性が良くて夏でも快適に着用できるのでおすすめです。

 

フードは着脱可能なので、自分の使いたい方法で使うことができるので便利です。サイズの幅も広く小さいサイズから大きいサイズもあるので使い勝手も抜群です。CE規格レベル2なので、安全性も高いです。

プロテクト部位 肩・肘・背中・胸 タイプ 単体
サイズ S・M・L・XL・2XL・3XL・4XL・5XLB・WL・WM 安全基準 CE規格レベル2
重量 1.6Kg 素材 テキスタイル生地・メッシュ

口コミを紹介

春夏秋と着用できます。
軽量な為、お気に入りのジャケットになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

防水性と保温性に優れるジャケット一体型のバイク用プロテクター

防水性と保温性に優れるソフトシェルタイプのジャケット一体型のバイク用プロテクターです。オプションライナーシステム採用で、別売りの保温ライナーを購入することで冬でも着用できるのでおすすめです。

 

防風仕様で、乗車姿勢を取りやすい立体パターンなので、機能面でも充実しているジャケット一体型のバイク用プロテクターです。夜間視認性を高めるリフレクターが採用されているので時間を問わずに着用が可能です。

プロテクト部位 肩・肘・脊髄・背中・胸 タイプ 単体
サイズ M・L・XL・WL・WM・2XL・3XL 安全基準 CE規格レベル2
重量 1.4Lg 素材 ソフトシェル・EVAパッド・メッシュ

口コミを紹介

セットで防寒のインナーを購入し、併せて使用。
風を完全シャットアウトしてくれて保温性も良いのでとても重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

体のあらゆる部位を保護できるジャケット一体型のバイク用プロテクター

肩・肘・胸・背中・脊髄など、体のあらゆる部分をジャケット1枚で保護することができるバイク用プロテクターです。カラーもブラックで、汚れも目立たないので使いやすいです。普段着の下にも着用できるのでおすすめです。

 

伸縮性と吸汗性に優れるクールマックスを使用した素材が使われているので、窮屈感を感じることも無く快適に着用できるのでおすすめです。レーシングスーツなどの競技用としても使うことができます。

プロテクト部位 肩・肘・胸・脊髄 タイプ 単体
サイズ S・M・L・XL・2XL 安全基準 CE規格
重量 998g 素材 クールマックス

口コミを紹介

サイズ感はちょうどいいです。
プロテクターはすべて取り外しできます。服装を自由にコーディネイトできるのでいいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

ジャケット一体型のバイク用プロテクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6975974の画像

    コミネ(Komine)

  • 2
    アイテムID:6975790の画像

    コミネ(Komine)

  • 3
    アイテムID:6975307の画像

    コミネ(Komine)

  • 4
    アイテムID:6974843の画像

    GHOST RACING

  • 5
    アイテムID:6974544の画像

    ヘンリービギンズ(Henly Begins)

  • 商品名
  • バイク用 ブラック
  • バイク用 プロテクトソフトシェル
  • バイク用 プロテクトハーフメッシュパーカ
  • 上半身用ボディープロテクター 安全
  • バイク用 メッシュパーカー
  • 特徴
  • 体のあらゆる部位を保護できるジャケット一体型のバイク用プロテクター
  • 防水性と保温性に優れるジャケット一体型のバイク用プロテクター
  • カラーバリエーションが豊富なジャケット一体型のバイク用プロテクター
  • 洗濯がしやすいジャケット一体型のバイク用プロテクター
  • 春夏用のジャケット一体型のバイク用プロテクター
  • 価格
  • 11100円(税込)
  • 14526円(税込)
  • 13671円(税込)
  • 6998円(税込)
  • 16766円(税込)
  • プロテクト部位
  • 肩・肘・胸・脊髄
  • 肩・肘・脊髄・背中・胸
  • 肩・肘・背中・胸
  • 肘・肩・背中・胸
  • 胸部・肩・肘・背中
  • タイプ
  • 単体
  • 単体
  • 単体
  • 単体
  • 単体
  • サイズ
  • S・M・L・XL・2XL
  • M・L・XL・WL・WM・2XL・3XL
  • S・M・L・XL・2XL・3XL・4XL・5XLB・WL・WM
  • M・L・XL・2XL
  • M・L・XL・2XL
  • 安全基準
  • CE規格
  • CE規格レベル2
  • CE規格レベル2
  • -
  • JMCA推奨プロテクター・CE規格のハードプロテクター
  • 重量
  • 998g
  • 1.4Lg
  • 1.6Kg
  • 550g
  • 2Kg
  • 素材
  • クールマックス
  • ソフトシェル・EVAパッド・メッシュ
  • テキスタイル生地・メッシュ
  • ナイロン・スパンテックス・CE・エコPC
  • メッシュ・ナイロン

安全に欠かせないバイク用ジャケットも合わせてチェック!

自分に合ったバイク用プロテクターを選んだら、バイク用ジャケットも合わせてチェックしましょう。バイク用ジャケットは、バイク用プロテクターと同様にツーリング中の身の安全を守るのに欠かせないアイテムです。

 

しかし、バイク用ジャケットも種類が豊富です。また、さまざまなメーカーやブランドから販売されています。種類が豊富なバイクジャケットの中から自分に合った商品を見つけるのはなかなか難しいですよね。

 

そこで、下記の記事ではバイクジャケットの人気おすすめランキング15選【夏・オールシーズン】を詳しくご紹介しています。興味のある方はぜひ、バイク用プロテクターと合わせてチェックしてみてください。

まとめ

今回は、バイク用プロテクターの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介しました。バイク用プロテクターには、さまざまな種類があることがわかりましたね。今回ご紹介した商品を参考にして自分に合った商品を見つけてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事