スポーツタイヤの人気おすすめランキング10選【用途別・人気メーカーも】

スポーツタイヤは、走行性能や耐久性に優れている特徴があります。種類によって特徴が異なるだけでなく、幅広いニーズに応えてくれるタイヤになっています。今回は、スポーツタイヤの種類や性能、メーカーなどの選び方とおすすめランキングを紹介します。ぜひ、スポーツタイヤの購入の参考にしてください。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

最適なスポーツタイヤを選んで快適な走りを

スポーツタイヤは、グリップ性能に優れたタイヤといえます。サーキットなどでのスポーツ走行を行う方や、街乗りでも運動性能を活かしたキビキビとした走りを楽しみたい方に向いています。

 

燃費や耐久性などは通常のタイヤに劣るものの、走りの楽しさを味わうには最適です!スポーツタイヤというとサーキットをイメージする方も多いかもしれません。スポーティーな走りを公道でという場合にも向いているスポーツタイヤも最近は登場してきているんです!

 

そこで今回は、スポーツタイヤの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはたいやの種類・性能・サイズなどを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

スポーツタイヤの選び方

スポーツタイヤの選び方のポイントを紹介します。各項目を着目して購入のときの参考にしてください。

用途で選ぶ

スポーツタイヤは、用途別に5種類に分けることができます。それぞれの種類の特徴を比べ、自分の用途に適した種類のタイヤを選びましょう。

グリップ力を求めるなら「Sタイヤ」がおすすめ

「Sタイヤ」とは、公道走行可能なタイヤの中でも、レース用レベルの最も高いグリップ力を持つタイヤになります。限りなくレーシングタイヤやスリックタイヤに近い、競技用のタイヤです。


モータースポーツシーンでは、かなり好タイムが期待できるこちらのタイヤになります。しかし、寿命が短い上騒音も大きく、ウェットな道も苦手だといったように、デメリットもありますので選ぶ際は考慮してこうと良いでしょう。


公道走行よりも、サーキットでの走行をメインに考える方向きのタイヤと言えるでしょう。

サーキットや街乗りなら「カジュアルスポーツ」がおすすめ

カジュアルスポーツタイヤは、Sタイヤよりドライグリップ性能は劣るものの、街乗りからサーキットまで幅広く対応でき、濡れた路面でも使えるのが魅力です。スポーツコンフォートやプレミアムスポーツには及ばないものの、快適さを持ち合わせています。


性能のバランスが良い割に安価で、気軽に使いやすいのもポイントです。

乗り心地なら「プレミアムスポーツ」がおすすめ

プレミアムスポーツタイヤは、スポーツコンフォートの快適さをそのままに、運動性能をさらに高いレベルまで高めたタイヤになっています。どんな性能も犠牲にしない、贅沢なスポーツタイヤです。


高い運動性能を持ちながら、乗り心地はソフトで快適です。プレミアムという名の通り高性能なタイヤですが、スポーツタイヤの中でも最も高価な点には留意しておきましょう。

快適さと運動性能なら「スポーツコンフォート」がおすすめ

快適な走行を追求した「コンフォートタイヤ」はどうしても運動性能が犠牲になりがちなものでした。しかし、技術の向上により、快適さを犠牲にせずとも高い運動性能を持ったタイヤを開発することが可能となりました。


それがこのスポーツコンフォートタイヤです。快適さと運動性能を、どちらも高いレベルで
両立させたタイヤとなっています。他のタイヤよりも価格は高めではありますが、快適さと運動性能、どちらも諦めたくないという方におすすめです。

ドライ性能重視なら「リアルスポーツ」がおすすめ

ドライ性能を重視したタイヤが、リアルスポーツタイヤ。乾いた路面で高いグリップ力を発揮してくれます。走り出しからスムーズにコントロールできるので、サーキット走行にもおすすめです。


ドライ重視ではありますが、最近ではウェットもある程度走りこなせるようになってきているのも特徴です。騒音が大きいなど快適さにはやや問題がありますが、どんな道でも比較的走りやすいタイヤとなっています。

性能で選ぶ

愛車に合ったタイヤを選ぶためにはタイヤの性能チェックは欠かせません。しっかりと性能を把握して選び方の参考にしてください。

サーキット走行目的なら「ドライ性能」チェックがおすすめ

ドライ性能は乾いた路面で最大限発揮できるタイヤの能力です。スポーツタイヤの基本となる性能なので、特に重要なステータスと言えます。ある程度ドライ性能が優れていることを前提に、後述のウェット性能やコンフォートなどの要素を加味することが理想です。


特にサーキット走行を念頭においているドライバーは、ドライ性能にこだわりたいところです。

濡れた路面でも性能を発揮させるなら「ウェット性能」がおすすめ

雨の日など濡れている路面や砂地での悪路でのグリップ能力を表しています。近年はウェット性能も鍛えたスポーツタイヤが登場し、天気を問わず心地よくドライブできるタイヤが揃っています。


ウェット性能の注目ポイントは排水性です。排水性がしっかりしていれば、タイヤの溝が路面に張った水の膜をかき分け、安定したグリップを発揮してくれます。

スピード感を求めるなら「コンフォート性能」がおすすめ

装着しているタイヤが違えば、同じ車でも運転中の乗り心地などが異なってきます。こうした快適性に関するステータスはコンフォートという呼び名で、メーカーの公式サイトに表示されることがあります。


近年は静粛性の確保や振動の削減などで、乗り心地に貢献するコンフォートタイプのスポーツタイヤも登場しています。性能と乗り心地を高次元でまとめたタイヤは価格も高くなりがちですが、快適にスピード感を味わいたい人におすすめです。

タイヤ交換の頻度を抑えたいなら「耐久性」の良いものがおすすめ

エコタイヤや一般のタイヤに比べると、スポーツタイヤは寿命が短いものが多いのが特徴です。できるだけ耐久性に優れたスポーツタイヤを選ぶことで、交換の手間や費用を抑えることができます。

 

摩耗の少ないタイヤであれば耐久性が高く、タイヤ交換の頻度を抑えながらスピード感のあるドライブを長く楽しめます。近年は、車から引き出せる運動性能と耐久性を高次元で両立させたスポーツタイヤも多く登場しています。

 

ひとつのタイヤを長く使い続けることにこだわるドライバーはチェックしておくのがおすすめです。

「扁平率」はコーナリングと燃費のバランスを考て選ぶのがおすすめ

扁平率とはタイヤのゴムの厚さを示す指標で、低いほど設置幅が広い状態になります。扁平率が高いスポーツタイヤは、燃費性能や乗り心地に優れていますが、コーナリング性能は劣りがちです。


反対に扁平率が低いとルックスや走りやすさを得られますが、フィーリングや燃費のステータスは高くありません。扁平率をチェックする場合は、燃費とコーナリング性能のバランスを見て選ぶのがおすすめです。

安定感を求めるなら「タイヤの太さ」は太いものがおすすめ

タイヤが太いほど接地面が広くなるので、コーナリングの安定感やブレーキの効きやすさなどにもつながります。ドライバーにとってはタイヤの太さもタイヤ選びには重要なポイントになるでしょう。


中には、見栄えや性能アップを狙ってサイズアップを図る人もいるかもしれません。しかし、純正より太すぎるタイヤをつけることで、ハンドリングが難しくなったり、摩耗が早くなったりするなどのデメリットもあるので注意しておきましょう。

「価格」を抑えてコスパの良いものならアジアンタイヤもおすすめ

できるだけ価格を抑えてコスパの良いタイヤが欲しいという方は、アジアンタイヤを選択肢に入れてみるのもおすすめです。アジアンハイグリップタイヤは1本数千円代から購入できるものも存在しています。

 

モータースポーツユーザーには金銭メリットが高く、価格以上の性能も持ち合わせています。それによりここ最近で人気が上昇してきています。特に、台湾のナンカンタイヤやインドネシアのATR RADIALなどがアジアンスポーツタイヤを牽引する存在となっています。


日本国内ではオートウェイタイヤ通販を通じて、ユーザーに評判のスポーツタイヤ・ドリフトタイヤとして選ばれ続けています。

メーカーで選ぶ

スポーツタイヤの人気メーカーについて紹介します。各メーカーの特徴を理解して選び方の参考にしてください。

ハイグリップと低燃費なら「ブリヂストン」がおすすめ

ブリヂストンはF1をはじめ数々のモータースポーツの経験を生かし、総合力を重視したタイヤを作っています。そこから生み出されたスポーツタイヤ「POTENZA」シリーズなどはドライバーたちに人気です。


ブリヂストンのタイヤの特徴はグリップ力だけでなく、低燃費、静粛性、乗り心地など副次的な要素も高次元でまとめていることです。これにより安心してドライブを楽しめるでしょう。

スピーディーなタイヤなら「ミシュラン」がおすすめ

ミシュランのスポーツタイヤはPILOTシリーズになります。自動車の本場であるヨーロッパのフランスを拠点としており、摩耗の強さをはじめハイクオリティな特徴の数々が高いグリップ力を支えています。

 

公道で走れるタイプながらも、サーキットでのタイムアタックにも使えるように剛性を高めていることなどがPILOTシリーズの特徴です。ミシュランは、スピーディーな走りを楽しみたい方におすすめのメーカーといえます。

気軽に楽しむなら「ダンロップ」がおすすめ

ダンロップはスポーツタイヤとして「DIREZZA」シリーズを展開しています。同シリーズにはハイグリップだけでなく快適性能を備えるなどして、コンパクトカーやセダンでもスポーティに走らせられるタイヤが揃っています。


ダンロップはサーキットだけでなく、ストリートでのツーリングでも気軽に楽しめるスポーツタイヤが魅力です。気軽に公道で良い走りを感じたいという方はダンロップのタイヤがおすすめです。

Sタイヤの人気おすすめランキング3選

3位

NANKANG (ナンカン)

AR-1

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ローコストハイパフォーマンスの一本

AR-1は、安定したグリップ力や高い剛性などにより、ローコストでハイパフォーマンスを引き出せます。自慢のスポーツカーに装着することで、ステアリングへのレスポンスの高さを感じられ、性能を遺憾なく引き出せるでしょう。

タイプ Sタイヤ サイズ 15インチ
太さ 205mm 扁平率 45%
2位

BRIDGESTONE (ブリヂストン)

POTENZA RE-71R

\ポイント最大10倍祭開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

トップクラスの性能を発揮

ブリヂストンのスポーツタイヤシリーズであるPOTENZAのなかでトップクラスの性能を発揮します。サーキットで飛ばせばラップタイム向上も期待できる一品です。グリップ力とコントロール性など、車のスペックを最大限に引き出すしくみが特徴的です。

 

スポーツカーに履かせれば、公道では味わえないスピード感やキビキビとしたコーナリングを楽しめるでしょう。

タイプ Sタイヤ サイズ 15インチ
太さ 165mm 扁平率 50%
1位

ダンロップ(DUNLOP)

DIREZZA Z3

サーキットレースでも活躍するハイグリップタイヤ

主にサーキットで活躍しているスポーツタイヤ。キャッチコピーである「ハイグリップスポーツタイヤ」の名の通り、グリップには特に力が入っています。高いグリップ性能でありながら、耐摩耗性能も兼ね備えているため、長持ちしやすい点も魅力的です。

タイプ Sタイヤ サイズ 14~19インチ
太さ 165~295mm 扁平率 30~60%

Sタイヤのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ サイズ 太さ 扁平率
1
アイテムID:6427434の画像
DIREZZA Z3 29,590円

詳細を見る

サーキットレースでも活躍するハイグリップタイヤ

Sタイヤ 14~19インチ 165~295mm 30~60%
2
アイテムID:6427474の画像
POTENZA RE-71R 28,490円

詳細を見る

トップクラスの性能を発揮

Sタイヤ 15インチ 165mm 50%
3
アイテムID:6427480の画像
AR-1 9,540円

詳細を見る

ローコストハイパフォーマンスの一本

Sタイヤ 15インチ 205mm 45%

カジュアルスポーツタイヤの人気おすすめランキング3選

3位

グッドイヤー(Goodyear)

EAGLE REVSPEC RS-02

あらゆるシーンで活躍する購入しやすいタイヤ

スポーティな車の運動性能を存分に引き出しつつ、日常での扱いやすさも確保しています。多様なシーンで活躍できるスタンダードなスポーツタイヤに仕上がっています。しなやかな走り心地を引き出すので、リラックスしてスビードを楽しめます。

 

本格的なトレッドパターンで排水性などにも配慮している点にも注目です。

タイプ カジュアルスポーツ サイズ 14インチ
太さ 165mm 扁平率 55%

口コミを紹介

タイヤコンパウンドが柔らかく段差の突き上げ感も多少ですが軽減されました。グリップもSdriveからの乗り換え感覚だと柔らかすぎずちょうどいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

低価格ながら乾いた路面でも雨で濡れた路面の走行性能も十分

インドネシアで1988年に創業した老舗メーカーが手掛ける、スポーティーストリートタイヤ。ドライ・ウェットどちらにも対応する方向性トレッドデザインに加え、ソリッドセンターリブで直線安定性も高めた設計です。

 

燃焼効率がよいシリカトレッドコンバウンド・ノイズを抑えるテクノジーを採用しているため、スポーツ走行だけでなく街中の走行にも適しています。スポーツタイヤとしてはリーズナブルな商品なので、エコタイヤとの違いを試してみたい初心者にもおすすめ。

タイプ カジュアルスポーツ サイズ 15~20インチ
太さ 175~275mm 扁平率 30~60%

口コミを紹介

ATR SPORT(以下、旧モデル)からの履き替えです。旧モデルと比較して、直進安定性・旋回安定性共に向上しており、ドライ路面では高速道路でも何の問題もなく安心です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ヨコハマ(YOKOHAMA)

ADVAN NEOVA AD07

ハンドリングも良く快適な乗り心地で軽自動車にも最適

横浜タイヤの軽自動車やスポーツカー向けのタイヤ。方向性パターンを採用しておりハンドリング性能が高く、運転していて気持ちの良い操作感を誇ります。ECサイトの口コミでは「路面状態を掴み易いタイヤ」との声もあります。

 

ドライグリップ・ウェット性能のバランスにも優れています。

タイプ カジュアルスポーツ サイズ 13~15インチ
太さ 155~225mm 扁平率 50~60%

口コミを紹介

純正サイズでは不足気味のビートのリアタイヤこのサイズでばっちりですね一世代前とはいえ、N/Aのビートには十分すぎる性能でグリップ力にも不足はありません

出典:https://www.amazon.co.jp

カジュアルスポーツタイヤのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ サイズ 太さ 扁平率
1
アイテムID:6427440の画像
ADVAN NEOVA AD07

詳細を見る

ハンドリングも良く快適な乗り心地で軽自動車にも最適

カジュアルスポーツ 13~15インチ 155~225mm 50~60%
2
アイテムID:6427454の画像
ATR SPORT

詳細を見る

低価格ながら乾いた路面でも雨で濡れた路面の走行性能も十分

カジュアルスポーツ 15~20インチ 175~275mm 30~60%
3
アイテムID:6489803の画像
EAGLE REVSPEC RS-02

詳細を見る

あらゆるシーンで活躍する購入しやすいタイヤ

カジュアルスポーツ 14インチ 165mm 55%

プレミアムスポーツタイヤの人気おすすめランキング3選

3位

PIRELLI(ピレリ)

DRAGON SPORT

インチアップ向けでウェットな路面でも活躍

一般的に、インチアップすると乗り心地が硬くなり、走行音も大きくなりがちですが、重力・騒音を軽減する断面形状で、快適な乗り心地を実現しています。さらに、外側のショルダーは堅固で、コーナリングもハイパワー

 

また、センターに4本のラインを配したことで排水性を高め、ウェット路面でもスポーツドライビングを可能にしているのも特徴。ハンドリング性能とブレーキング性能がアップし、安全に運転しやすい設計です。

タイプ プレミアムスポーツ サイズ 17~20インチ
太さ 215~275mm 扁平率 30~50%

口コミを紹介

まだ、5,000キロくらいしか走っていないが、旧モデルDRAGONよりも間違いなくグリップします。とても気に入りました。DRAGONが素晴らしかったのは耐久性でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

コンチネンタル(Continental)

ContiSportContact 5

ドライの路面での性能が大幅に向上

世界ではじめてトレッドパターンを採用した、老舗かつ世界的シェアのタイヤメーカー・コンチネンタルの商品。横方向への剛性が高く接地面を大きく確保するトレッドデザインが、狙ったラインのコーナリングを可能にします。

 

とくにドライ路面でのブレーキング・ハンドリング性が秀逸。とはいえ、グリップ力が高いためドライ路面でも制動距離を短縮できますよ。また、転がり抵抗を軽減・耐摩耗性は向上しており、燃費もよいため快適にドライブが楽しめます。

タイプ プレミアムスポーツ サイズ 17~22インチ
太さ 195~295mm 扁平率 35~60%
1位

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

POTENZA S007A

今までのタイヤに満足出来なかった方に

国内トップメーカー・ブリヂストンのプレミアムスポーツタイヤ。タイヤ全体の剛性をアップさせ、ハンドリングレスポンスを高めた設計が魅力です。従来品と比べて、ドライコースのラップタイム・ウェットブレーキ性能・コーナリング力も向上しています。

 

スポーティな走りと快適な乗り心地を両立しており、ハイパフォーマンスカ―に向いています。

タイプ プレミアムスポーツ サイズ 16~21インチ
太さ 225~295mm 扁平率 25~55%

プレミアムスポーツタイヤのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ サイズ 太さ 扁平率
1
アイテムID:6427445の画像
POTENZA S007A 20,400円

詳細を見る

今までのタイヤに満足出来なかった方に

プレミアムスポーツ 16~21インチ 225~295mm 25~55%
2
アイテムID:6427449の画像
ContiSportContact 5 33,938円

詳細を見る

ドライの路面での性能が大幅に向上

プレミアムスポーツ 17~22インチ 195~295mm 35~60%
3
アイテムID:6427461の画像
DRAGON SPORT 7,910円

詳細を見る

インチアップ向けでウェットな路面でも活躍

プレミアムスポーツ 17~20インチ 215~275mm 30~50%

スポーツコンフォートタイヤの人気おすすめランキング3選

3位

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

Playz PX2

高い水準を維持してストレスフリーに走れる

コンフォート性能を中心に、従来品よりもトータルバランスを引き上げたスポーツタイヤです。タイヤを非対称形状に仕上げて乗り心地に貢献しているので、ストレスフリーなドライブを楽しめます。

 

ウェットブレーキや耐摩耗など、さまざまな面で高水準の能力を発揮します。車本来のスポーティな走りを引き出したい人におすすめタイヤです。

タイプ スポーツコンフォート サイズ 15インチ
太さ 195mm 扁平率 65%

口コミを紹介

履き替えてさっそく雨の東北自動車道や山岳道をはしりました。以前履いていたタイヤが4年目だったこともあり、雨のグリップが全然違います。停まります。現時点では満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ダンロップ(DUNLOP)

LE MANS V

幅広いニーズに応えるスタイリッシュタイヤ

より良質にグレードアップした快適性能と、定評ある低燃費性能、耐摩耗性能を高次元にバランスに優れています。幅広いユーザーの期待に応えるスタイリッシュなコンフォートタイヤです。特殊吸音スポンジで道路の衝撃音を抑えており、静粛性に貢献します。

 

サーキットやツーリングでもスムーズに走らせられるうえ、街乗りにも安心して使えるなど万能性がうかがえておすすめです。

タイプ スポーツコンフォート サイズ 17インチ
太さ 215mm 扁平率 55%

口コミを紹介

ヴェゼルのタイヤ交換でしたが、最高のコスパです。走り、ハンドリング、燃費(EV)、その全てが別次元です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

グッドイヤー(Goodyear)

EAGLE LS EXE

バランスの取れた低燃費タイヤ

高速でのグリップ能力に優れたスポーツタイヤですが、低燃費性能もポイントです。走行時の過剰な熱や転がり抵抗を抑えることで、ガソリンの節約に役立ちます。排水性能にも優れており、バランスが取れています。

 

ハイレベルなグリップをさまざまな副次的要素で支えている印象で、街乗りでもスムーズに走りやすいスポーツタイヤと言えます。

タイプ スポーツコンフォート サイズ 18インチ
太さ 225mm 扁平率 45%

口コミを紹介

当方レガシィ乗り。最近ポテンザから履き替えました。比較すれば当たり前ですが、スポーツタイヤからの履き替えなので乗り心地は抜群に良くなりました。ロードノイズも大人しくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

スポーツコンフォートタイヤのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 タイプ サイズ 太さ 扁平率
1
アイテムID:6427489の画像
EAGLE LS EXE 12,120円

詳細を見る

バランスの取れた低燃費タイヤ

スポーツコンフォート 18インチ 225mm 45%
2
アイテムID:6427494の画像
LE MANS V 13,280円

詳細を見る

幅広いニーズに応えるスタイリッシュタイヤ

スポーツコンフォート 17インチ 215mm 55%
3
アイテムID:6489862の画像
Playz PX2 14,600円

詳細を見る

高い水準を維持してストレスフリーに走れる

スポーツコンフォート 15インチ 195mm 65%

以下では、一般的なタイヤを中心におすすめ人気商品ランキング15選をご紹介しています。ぜひ併せてチェックしてください。

スポーツタイヤの寿命はどうか

スポーツタイヤは、他の一般的なタイヤと比べてトレッドのブロックが広かったり、接地面にやわらかい素材を使用していたりします。そのためどうしても摩耗は早まり、他のタイヤよりも寿命は短くなってしまいます。

 

一般的にはスリップサインが出たらタイヤの換え時だといわれています。しかし、スポーツタイヤの場合には、スリップサインがはっきり出る前にタイヤを交換した方がよい場合もあります。


走行中に乗り心地や操作性が以前と変わったと感じた場合には、タイヤが劣化・摩耗していることがほとんどといえます。そのような場合にまだスリップサインが現れる前であっても、タイヤを交換しましょう。

タイヤ用空気入れで空気圧を正常な状態に

スポーツタイヤ本来の性能を最大限に活かしたいなら、適正な空気圧を保つことが大切です。ガソリンスタンドで空気を入れてもらうこともできますが、万が一に備え、空気入れとエアゲージを用意しておきたいところです。


自動車だけでなく、自転車や浮き輪などのレジャーグッズの空気入れとして使えるタイプも
多いので、一つ持っておいて損はないでしょう。

スポーツタイヤと一般的なタイヤの違い

一般的なタイヤと比べて、スポーツタイヤはグリップ性能に優れています。グリップ性能はコーナリング性能や制動性能、加速性能に直結する要素になります。スポーツタイヤを履くことにより、車の走行性能が向上します。

 

危険回避の操作を行う際の安全性が向上することもスポーツタイヤのメリットです。ただし、スポーツタイヤは路面の凹凸を拾いやすく、一般的なタイヤと比べて静粛性や乗り心地が劣ります。

 

加えて転がり抵抗が高くエネルギーロスが大きいため、燃費も一般的なタイヤほど伸びません。快適性や燃費性能を重視するなら、一般的なタイヤもしくはエコタイヤを選んだほうが賢明です。

スポーツタイヤのサイズの読み方

タイヤサイズはタイヤの側面に表示されています。タイヤの側面には、メーカー名や商品名以外にも、様々な情報が表示されていますが、タイヤサイズは「215/45R18 93W」や、
「235/45ZR17」のように表示されています。


例えば、「215/45R17 94Y」なら、タイヤ幅が215mm、扁平率が45%、Rはラジアル構造、ホイール適合サイズが17インチであることを示しています。さらに右側の2ケタの数字はロードインデックスであり、タイヤの荷重の許容範囲を示しています。


アルファベットは奥へ進むほど許容速度が高いことを示します。上述の情報は、どのタイヤであっても必ず示してある情報なので、車に合ったタイヤ選びの参考にできるでしょう。

まとめ

そこで今回は、スポーツタイヤの種類や性能、メーカーなどの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介してきました。スポーツタイヤは、車の性能や走り心地に大きく影響を与えます。ぜひ選び方を参考に最適なタイヤを見つけてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【カーブロガー監修】スタッドレスタイヤの人気おすすめランキング11選

【カーブロガー監修】スタッドレスタイヤの人気おすすめランキング11選

カー用品
女性向けクロスバイクの人気おすすめランキング10選【人気メーカーも紹介】

女性向けクロスバイクの人気おすすめランキング10選【人気メーカーも紹介】

自転車
リムテープの人気おすすめランキング10選【ロードバイクのメンテナンスを】

リムテープの人気おすすめランキング10選【ロードバイクのメンテナンスを】

自転車
【2021最新版】初心者向けクロスバイクの人気おすすめランキング15選

【2021最新版】初心者向けクロスバイクの人気おすすめランキング15選

自転車
【2021最新版】ランドナーの人気おすすめランキング10選

【2021最新版】ランドナーの人気おすすめランキング10選

自転車
サイクルパンツの人気おすすめランキング10選【夏用から冬用まで】

サイクルパンツの人気おすすめランキング10選【夏用から冬用まで】

スポーツウェア