【2021年最新版】ロードバイクタイヤの人気おすすめランキング10選

記事ID20656のサムネイル画像

ロードバイクタイヤは、自転車の中でもトップクラスに重要な要素です。走り心地など性能にも影響するアイテムなので買って後悔はしたくないところでしょう。今回は、ロードバイクタイヤのタイプやサイズ、重さなどの選び方やおすすめランキングを紹介します、ぜひ参考にしてピッタリのタイヤを探してみてください。

今回の記事ではロードバイクタイヤの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではロードバイクについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

性能や見た目を大きく左右するロードバイクタイヤ

ロードバイクのカスタムで、かける費用に比べて、大きな効果が実感できるのがタイヤと言われています。タイヤは交換すると乗り心地や、走り出し、制動力などの変化が実感でき、 デザインや太さが変われば、ロードバイクの見た目も大きく変わります。

 

タイヤ径の小さいロードバイクを見ておしゃれだと感じたことがある人も多いのではないでしょうか。そんな自転車はミニベロと呼ばれここ最近増え始めています。それだけタイヤは、性能と同じくらいに見た目にも影響するんです。

 

そこで今回はロードバイクの選び方や おすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはタイプ・サイズ・重さを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ロードバイクの選び方

ロードバイクタイヤをしっかりと選ぶことは、性能や乗り心地に大きく影響します。ぜひ購入の参考にしてください。

タイプから選ぶ

ロードバイクタイヤの種類は主に3種類に分けられます。それぞれの特徴を把握して選ぶようにすると良いでしょう。

メンテナンスの簡単さなら「クリーチャータイプ」がおすすめ

クリンチャータイプのタイヤは最も普及しているタイプで、タイヤの中にチューブを入れて
使用するタイヤです。パンク修理やメンテナンスが簡単です。タイヤからチューブを引き出して交換するだけなこともポイントで出先での携行品が身軽なことも魅力です。

 

対応ホイールの種類が豊富でエントリーモデルからハイエンドモデルまで選べることができます。コスパも良くシンプルでありながら耐久性も十分に備えています。デメリットは、「リム打ちパンク」を起こしやすいことです。

 

段差などを乗り越える際、リムのサイドウォールと路面の間にタイヤとチューブが強く挟まれることで起きやすくなるので注意しておきましょう。

パンクのしにくさなら「チューブレスタイプ」がおすすめ

チューブレスタイプはチューブを使用しないタイヤになります。そのため、ホイールも専用の密閉構造を持ったホイールが必要。低圧での走行も可能になっておりパンクをしにくい構造になっています。

 

転がりが軽く、乗り心地が良い異物が突き刺さってパンクした際にも、大きな穴や裂け目が開きにくく急激な減圧が起こらないメリットもあります。デメリットとしては取扱いが難しい、 チューブタイプよりエア抜けが早い、高価な点があげられます。

 

仮にパンクしてしまってもパンク部分に直接パッチを貼って修理することもできます。もしくは、暫定的にチューブを入れてクリンンチャー化することでリカバリーすることもできます。

競技用として使うなら「チューブラータイプ」がおすすめ

チューブをタイヤで包み込み、ホイールに接着剤やテープで貼りつけるタイプで主に競技用として使われています。ホイールのリム、タイヤともに軽量で、乗り味がしなやかで高速性能を維持することができます。


パンクをしにくく、タイヤ補修剤のシーラントを併用することで耐パンク性能をアップさせることができます。ただし、基本的にパンクするとタイヤそのものを交換しなくてはならないため、パンクをした場合の補修に慣れていないと難しい点が多いので注意しましょう。

トータルバランスの良さなら「タイヤの太さ」は25Cがおすすめ

ロードバイクのタイヤは、〇〇Cという数値で太さが表されます。人気の太さとしては、乗り心地がよくグリップ力もある25Cや28Cなどがあります。ただし、ホイールによって使用できるタイヤ幅が変わりますので注意しましょう。

 

25Cは、現在の主流の太さであり、トータルバランスに優れていて、レースでもユーザーが増えています。28Cはクロスバイクでも使われているサイズになります。大径によるエアボリュームは、空気圧を下げられるのでロングライド・街乗りに最適な太さといえます。


ただし32C以上のタイヤはグラベルロードやマウンテンバイクなどでも使われるサイズで、太すぎるとロードバイクのフレームやホイールによっては、使用できない場合もあるので注意しておきましょう。

「トレッドパターン」は好みで選ぶのがおすすめ

自転車のタイヤにある溝をトレッドパターンと呼びます。ロードバイクのタイヤはスリックと呼ばれる溝のないタイヤと、トレッドパターンのあるタイヤの2種あります。排水、制動力、駆動力、操作性などに効果が現われるとされています。


しかし自転車の場合、シビアに考える必要はあまりないといってもいいかもしれません。自動車のタイヤは地面との接地面が大きいため、溝によるグリップ力の強化がみられるが、接地面が小さい自転車の場合、その実用性は弱いということになります。


荒れた路面を走るときにブロックタイヤを使用するのは理にかなっていますが、ロードバイクで舗装路を走るだけならば、溝はあまり気にせず、好みなパターンを選ぶのがおすすめです。

「ホイール」との適合性をチェックして選ぶのがおすすめ

各タイヤともそれに対応したホイールが必要になります。例外はクリンチャーとチューブレスの互換性になります。基本的にチューブレス対応ホイールは、クリンチャータイヤの
装着が可能です。

 

例えば、シマノから発売されているアルテグラグレードのホイール、カンパニョーロとフルクラムで製品化されている「2WAY-FIT」ならば両者の併用もできます。その他のメーカー製のほとんどは併用を推奨していないのが現状です。

 

それぞれ対応ホイールを用意しなければなりません。チューブラーは完全独立型の専用品となっています。

自分好みにカスタマイズするなら「カラータイヤ」がおすすめ

ロードバイクのタイヤには、単純な黒色ではなく、全体がカラーリングされているタイヤや、サイドにカラーが入っているタイヤなど、様々あります。フレームの色に合わせて、コーディネートするとロードバイクの印象も、がらっと変わるのでおすすめです。

タイヤの交換が多いなら無理のない「価格」がおすすめ

高い値段のタイヤの方が走行性能は良いですが、性能が最も発揮される期間というのは限られてきます。仮に値段の高いタイヤでも、パンクする寸前まで使えば、路面をグリップする力も落ちて、耐パンク性にも不安が残ってしまいます。

 

高いタイヤを買うのもありですが、無理のない価格で、きちんと小まめに交換する場合が良いこともあります。特に、通勤などの用途で走行距離の多い人は、タイヤの交換頻度も高くなっていきます。

 

また、高価なものやレース用の方が走行性能は良い代わりに、摩耗が早い傾向があるのも注意が必要です。

タイヤの太さで選ぶ

タイヤによっては、細いもの・太いもの様々な種類があります。用途に合わせて、適したタイヤサイズを選びましょう。

ヒルクライム向けなら「23Cより細い」タイヤがおすすめ

23Cよりも細いタイヤは、とにかく軽量なのが特徴となっています。そのため、軽さが最も重要とされるヒルクライムに挑戦する方におすすめです。ただし、耐久力や安定感には欠けるため、普段使いのタイヤには向いていないため、注意しておきましょう。

レースに参加するなら「23c」がおすすめ

23Cのタイプは空気抵抗も少なく走りも軽いため、瞬発力が必要なレースにおすすめです現在のロードバイク用タイヤの主流となっており、手に入れやすさも23Cサイズタイヤの特徴となります。

 

ただし、長距離を走る場合には、25Cよりもやや安定感に欠けるように感じられることもあるため、選ぶ際は注意しておきましょう。

トータルバランスで選ぶなら「25c」がおすすめ

25cサイズのタイヤはパンクのしにくさ、乗り心地などのトータルバランスに優れていて、レースでも使っているユーザーが増えています。また重量があるため瞬発力には不安が残りますが、ロングライドでの安定性の高さがポイントです。

 

ただし、25cのサイズでもメーカーによって特徴が異なっていることもあるので購入する際は、その点にも注意しておくことをおすすめします。

オフロードを走行したいなら「25cより太い」タイヤがおすすめ

25Cよりも太めのタイヤは、オフロードのような荒れた道でも衝撃が少なく、安定して走ることができることが魅力です。舗装道だけではなく、オフロードもバリバリ走りたいという方にはおすすめです。

 

注意点としては、抵抗感が強く、発進するときにひっかかるような感覚になることもあるため、選ぶ際はその点に留意しておくと良いでしょう。

メーカーで選ぶ

ここでは、おすすめのメーカーを紹介します。各メーカーの特徴を解説しますので、購入の参考にしてください。

寿命の長いクリンチャータイヤなら「ミシュラン」がおすすめ

クリンチャータイヤが、それまで主流だったチューブラーに取って代わったのも、1980年代にミシュランが本格的にレース用ロードクリンチャータイヤを作り始めてからになります。
寿命の長さと耐久性に定評のあるクリンチャータイプを多く取り揃えています。


コーナリンググリップにも優れており、濡れた路面でも滑りにくい特徴があります。クリンチャータイヤを試したいという方におすすめのメーカーといえます。

耐久性とコスパなら「コンチネンタル」がおすすめ

コンチネンタルは、ドイツ製高級スポーツメーカーにも純正採用されている、ドイツを代表する総合タイヤメーカーです。コンチネンタルから発売されているタイヤは、国内生産にこだわっています。

 

品質ながら低価格で、アマチュアレーサーやファンライダーにも手が出しやすいのは大きなメリットです。また過去に発売されたモデルでもリニューアルを繰り返して耐久性などの性能を着実にアップさせていることも魅力といえます。

豊富なラインナップなら「パナレーサー」がおすすめ

Panaracer(パナレーサー)は、1952年創業の日本の自転車用タイヤメーカーです。世界初の自転車用ラジアルタイヤの開発に成功するなど、先進的な技術で業界をリードしてきたという実績があります。

 

生産と開発拠点を日本に置き、純国産の高品質・高性能タイヤで多くのファンがいます。またラインナップも豊富でレース用のハイパフォーマンスモデルから街乗り用など目的に合わせたタイヤを探しやすいメリットもあります。

クリンチャータイヤの人気おすすめランキング4選

4位

ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR)

EXTENZA BICOLORE エクステンザ ビコローレ

日常でもレースでも映えるカラータイヤ

グリップの高いコンパウンドを幅広く使用し、コーナーの安定感や乗り心地の良さを実現させたモデル。カラーは4色展開され、フレームに合わせたコーディネートも楽しめます。RR2シリーズで採用されているグリップ力が高いコンパウンドを使用しています。

 

トレッド構造を見直しセンターゴム幅を広げることにより、コーナーリングの安定感に加え高い乗り心地の良さを実現しています。

タイプ クリンチャー サイズ 700×25C
重さ 205g ビード -
コンパウンド -

口コミを紹介

パナレーサー RACE A EVO3 からの履き替えです。パナに比べて柔らかい感じで、長距離での疲労が軽減されます。グリップも粘りがあり安心感もあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ビットリア(Vittoria)

ザフィーロプロIV G2.0

技術の粋が詰まったクリンチャータイヤ

トレーニング用に軽さと耐久性を追求したコストパフォーマンスに優れるモデルです。街乗りやポタリングにも、その耐久性と価格は心強い味方になります。グラフェン2.0はそれぞれのパフォーマンスをピンポイントで向上させています。

 

ヴィットリアは特にスピード、ウェット時のグリップ、耐久性と耐パンク性能のパフォーマンスを押し上げてくれています。

タイプ クリンチャー サイズ 700×23c
重さ 310g ビード -
コンパウンド グラフェン2.0

口コミを紹介

タイヤ断面形状との相性なのか、スムーズに自転車を倒し旋回できるようになりました。また縦溝が付けられた道などでも、あまり影響を受けずに走ることができ安全性につながると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

インプレの評価も良いフルモデルチェンジさせたタイヤ

GrandPrix5000は。名作だったGrandPrix4000シリーズから実に10年をかけてリニューアルされているモデルです。4000シリーズと比較して転がり抵抗・耐久性をアップしながら軽量化されています。

 

5000シリーズにはチューブレスも用意され、700Cの他に650もラインナップされています。

タイプ クリンチャー サイズ 700x25C
重さ 249g ビード -
コンパウンド ブラックチリ

口コミを紹介

4シーズンはサイドの紐が解れて、ゴム接着して使ってました。ひび割れたので、これに変更。走り出しから、違う。ハンドルはクイックに。ハンドルで手が疲れやすい人にオススメ。これ、最高。

出典:https://www.amazon.co.jp

コントロール性を重視したロングライドに適したのコンパクトモデル

パナレーサーRACEシリーズの中でも、RACE Cはトレッドパターンを持ち、荒れた路面にも対応するタイヤです。サイズも23~28Cと、ロードバイクにセットすることができ、クラシカルなサイドウォールはクロモリバイクにもよくマッチします。

 

高いグリップ力を維持したまま転がり抵抗の低減を実現した新開発のコンパウンドになっています。高い貫通パンク強度を誇る超高強度の補強材をトレッド下部に配置。ケーシングの構造強度を高めて耐貫通パンク性能をアップしています。

タイプ クリンチャー サイズ 700×26C
重さ 220g ビード フォールディング
コンパウンド ZSGアドバンスド

口コミを紹介

簡潔に言うと本当にいいタイヤ。高級ブランドも履きましたが雨天時のグリップ、サイドカット後の耐久など安心感はかなりいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

クリンチャータイヤのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6407936の画像

    パナレーサー(Panaracer)

  • 2
    アイテムID:6407961の画像

    コンチネンタル(Continental)

  • 3
    アイテムID:6407989の画像

    ビットリア(Vittoria)

  • 4
    アイテムID:6408007の画像

    ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR)

  • 商品名
  • エボ4 F726-RCC-AX4
  • Grand Prix 5000
  • ザフィーロプロIV G2.0
  • EXTENZA BICOLORE エクステンザ ビコローレ
  • 特徴
  • コントロール性を重視したロングライドに適したのコンパクトモデル
  • インプレの評価も良いフルモデルチェンジさせたタイヤ
  • 技術の粋が詰まったクリンチャータイヤ
  • 日常でもレースでも映えるカラータイヤ
  • タイプ
  • クリンチャー
  • クリンチャー
  • クリンチャー
  • クリンチャー
  • サイズ
  • 700×26C
  • 700x25C
  • 700×23c
  • 700×25C
  • 重さ
  • 220g
  • 249g
  • 310g
  • 205g
  • ビード
  • フォールディング
  • -
  • -
  • -
  • コンパウンド
  • ZSGアドバンスド
  • ブラックチリ
  • グラフェン2.0
  • -

チューブレスタイヤの人気おすすめランキング3選

新構造となりグリップと耐パンク性がアップしたタイヤ

チューブレスタイヤを得意とするIRC。最上級グレードにあるFORMULA PROシリーズのX-Guardは最も耐久性を重視したモデルになっています。タイヤサイドまで全面を40x40tpiメッシュ耐パンクガードで覆い、耐パンク性能はチューブレスタイヤの中でもトップクラスになります。

タイプ チューブレス サイズ 700X25c
重さ 300g ビード -
コンパウンド -

走行性能と快適性を備えた28c通勤に使えるタイヤ

トップモデルのSCHWALBE PRO ONEを、高い走行性能を保ちながら、オールラウンドモデルとしてるのがSCHWALBE ONEです。さらなる耐パンク性を向上させるべくVガードを採用し、より高レベルなコントロール性能と安全性を提供します。

 

ウェット路面にも対応しているので、街乗りや通勤に適したタイヤと言えます。シュワルベのハイエンドモデルがロゴも新たに劇的に進化。新たに開発されたカーカス構造「スープレス」と新コンパウンドの「ADDIX RACE」により軽量化と転がり抵抗の低減を実現。

タイプ チューブレス サイズ 700x28c
重さ 300g ビード フォールディング,レースガード
コンパウンド ADDIX

ピレリの経験と信頼性が生み出した快適性の高いモデル

F1を始めとするレース界で長年、培ってきたテクノロジーが、ロードバイク用のタイヤに詰め込まれている「CINTURATO VELO」。快適に楽しむためのハンドリング性・耐パンク性は、ロングライドやポタリングでも性能を実感できるでしょう。

タイプ チューブレス サイズ 700×28C
重さ 320g ビード -
コンパウンド スマートネットシリカ

チューブレスタイヤのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6408078の画像

    PIRELLI(ピレリ)

  • 2
    アイテムID:6408062の画像

    SCHWALBE(シュワルベ)

  • 3
    アイテムID:6408039の画像

    IRC tire

  • 商品名
  • CINTURATO VELO チューブレスレディ フォルダブル
  • ONE TUBELESS EASY
  • FORMULA PRO TUBELESS X-Guard
  • 特徴
  • ピレリの経験と信頼性が生み出した快適性の高いモデル
  • 走行性能と快適性を備えた28c通勤に使えるタイヤ
  • 新構造となりグリップと耐パンク性がアップしたタイヤ
  • 価格
  • -
  • -
  • 4790円(税込)
  • タイプ
  • チューブレス
  • チューブレス
  • チューブレス
  • サイズ
  • 700×28C
  • 700x28c
  • 700X25c
  • 重さ
  • 320g
  • 300g
  • 300g
  • ビード
  • -
  • フォールディング,レースガード
  • -
  • コンパウンド
  • スマートネットシリカ
  • ADDIX
  • -

チューブラータイヤの人気おすすめランキング3選

高品質な国産ハンドメイドシームレスタイヤ

従来の22Cに比べ接地面積が増え、グリップ力がさらに向上。高速コーナーでの安心した走行が体感できます。トラック・競輪用もラインナップされていますが、Upstreamはロードバイク用として作られたチューブラータイヤで、ハンドメイドによる国産品です。

 

縫い目のないシームレス化による軽量など国内ではトップクラスの品質を誇るチューブラータイヤといえます。

タイプ チューブラー サイズ 24mm×28C
重さ 240g ビード -
コンパウンド -

口コミを紹介

事前に伸ばす必要が無く、軽くリムにはまります。非常にしなやかです。逆に事前の伸ばしスギに注意ですね。サイドが布で柔らかいので、センター出しをしっかりしてからリムテープを抜きましょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐久性のある練習用に最適の安いロードバイクタイヤ

東欧チェコのタイヤメーカーTUFOは、ロードバイクタイヤをメインに独自開発・展開をしているメーカーです。S33PROは耐久性も高く練習用チューブラーの位置づけですが、センター部をスリック・サイドを杉目にしています。

 

走りに関してもクオリティが高く、安価で購入できるので初めてのチューブラーやスペアにおすすめのタイヤです。

タイプ チューブラー サイズ 700×27c
重さ 335g ビード -
コンパウンド トレッド

口コミを紹介

最初は硬くてハメるのが大変でしたが、だんだん慣れてコツを掴めばそんなに時間はかかりませんよ。空気圧高めでガンガン使っています、オススメです。雨でも問題なし。

出典:https://www.amazon.co.jp

先進のテクノロジーとツールを駆使して高いパフォーマンスを実現

根強いファンを持つタイヤメーカーVITTORIA。RUBINO PROシリーズはクリンチャー・チューブレスも用意されていて、どのタイプを選択しても高いトータルバランスを持った性能を実感できます。

 

チューブラーとしてはCORSAに次ぐセカンドグレードですが、耐久性も高く街乗りやサイクリングに適しているでしょう。

タイプ チューブラー サイズ 700×28c
重さ 335g ビード -
コンパウンド グラフェン

口コミを紹介

ブルベに利用しています。ブチルで空気抜けが無く使いやすいです。リムへの装着も適切なキツさです。

出典:https://www.amazon.co.jp

チューブラータイヤのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6408132の画像

    ビットリア(Vittoria)

  • 2
    アイテムID:6408166の画像

    TUFO

  • 3
    アイテムID:6408191の画像

    SOYO TYRE(ソーヨータイヤ)

  • 商品名
  • rubino pro G2.0
  • TUFO C-S33 PRO
  • アップストリーム
  • 特徴
  • 先進のテクノロジーとツールを駆使して高いパフォーマンスを実現
  • 耐久性のある練習用に最適の安いロードバイクタイヤ
  • 高品質な国産ハンドメイドシームレスタイヤ
  • 価格
  • 5635円(税込)
  • -
  • 8599円(税込)
  • タイプ
  • チューブラー
  • チューブラー
  • チューブラー
  • サイズ
  • 700×28c
  • 700×27c
  • 24mm×28C
  • 重さ
  • 335g
  • 335g
  • 240g
  • ビード
  • -
  • -
  • -
  • コンパウンド
  • グラフェン
  • トレッド
  • -

ロードバイクのカスタマイズも考えてみる

ロードバイクはタイヤにこだわることも重要ではありますが、その他のサドルやシートピラー、ペダルなどのアイテムも併せてチェックしてみると良いでしょう。自分好みにカスタムすることでロードバイクへの愛着もさらにアップするでしょう。


これを機会にタイヤ以外にも目を向けてみてはいかがでしょうか。下記の記事もぜひ参考にしてください。

タイヤ交換のタイミング

クリンチャー、チューブラー、チューブレスともに、ほとんどのメーカー公表値では約1年、3000~5000kmが交換の基準とされています。しかし、これはライダーの乗り方で異なる基準でもあります。


未舗装路や高温気象下での走行、体重やトルクのかけ方などによってタイヤの減りは影響するためです。また、前輪よりも後輪のほうが早くすり減りやすくなります。交換のタイミングを知りたいのなら、スリップサインをつけているタイヤを履くのがおすすめです。

 

タイヤがすり減ることで小さな丸形のスリップサインが消えていくので、完全に消える前に交換する目安となるので便利といえます。

交換方法の違い

ビードのあるクリンチャーとチューブレスは基本構造は同じです。リムに片側のタイヤをはめ込み、クリンチャーならチューブを内部に入れ、チューブレスはそのまま、もう一方のリム片側にタイヤを挟み込んでいきます。

 

この際、チューブレスはリムの内部溝にビードを落としていく感覚だとうまくいくので専用レバーがあれば交換がはかどるでしょう。チューブラーはリム接合面にリムセメントを塗るか、あるいは両面テープを貼り、そこにタイヤを接着します。


大切なのはセンタリングで装着したタイヤの中心軸がズレないようにするため、軽く空気を入れて揉むようにしながら微調整します。また、接着の最適化のため、リムセメント、両面テープともに24時間程度の放置が望ましいといえます。

まとめ

今回は、ローバイクのタイプやサイズ、重さなどの選び方や人気おすすめランキングを紹介してきました。ローバイクによってタイヤは最もこだわりたいアイテムです。ぜひ購入の参考にしてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】高性能スタッドレスタイヤの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】高性能スタッドレスタイヤの人気おすすめランキング10選

カー用品
ゴミ箱用消臭剤の人気おすすめランキング20選

ゴミ箱用消臭剤の人気おすすめランキング20選

日用品
お部屋スッキリ!置き型消臭剤の人気おすすめランキング20選

お部屋スッキリ!置き型消臭剤の人気おすすめランキング20選

日用品
【2021年最新版】使い捨てマスクの人気おすすめランキング30選

【2021年最新版】使い捨てマスクの人気おすすめランキング30選

衛生用品
ロードバイクのハンドルの人気おすすめランキング10選【メーカーも】

ロードバイクのハンドルの人気おすすめランキング10選【メーカーも】

自転車
ハンドソープの人気おすすめランキング20選【ウイルス対策にも】

ハンドソープの人気おすすめランキング20選【ウイルス対策にも】

ボディケア用品