アイラインの人気おすすめランキング8選【初心者向け商品を紹介】

記事ID2011のサムネイル画像

メイクをしたいなと思い始める頃は誰しもアイラインの引き方がわからなかったり、色や種類に迷ったりと悩んでしまうことでしょう。そこで初心者の方におすすめのアイラインの人気ランキングをご紹介します!ぜひ参考にしてみてください!

アイラインの選び方ポイント2つ

数多くあるアイラインの中から、ご自分に合ったアイラインを選ぶために、確認したいポイントを2つにまとめました。この2つを確認した上で、自分にぴったりなアイラインを探してみてください。

ポイント①:タイプで選ぶ

アイラインにはいくつかの種類があり、目元をはっきりさせるものもあったり雰囲気を変えてくれるものが多いです。その中から自分に合うタイプを見つけましょう。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプは先が固形芯になっていて、少しずつ繰り出しながら使うタイプです。他のタイプと比べると手ブレをしにくく、少し思うようにラインが引けなくてもぼかしてごまかせるので初心者の方でも扱いやすいです。

うまく引くコツ!まずまつ毛の根元を塗って間を埋めていきましょう。ペンシルタイプのアイラインは濃い色でもナチュラルな印象になるので、まつ毛の根元に塗っても目元の雰囲気が強くなることはありません。また一度に塗ることができるものではないので少しずつ小刻みにラインを引いていきましょう。

リキッドタイプ

リキッドタイプのアイライナーは先端が筆のようなものになっていてペンシルタイプのようにラインをぼかせないので初心者の方には少し難易度が高いタイプです。ですが、筆が太くも細くも描けるので調節がしやすいので慣れたらこちらも試してみてください。

うまく引くコツはまつ毛のギリギリを塗ることで目元がきつくならず大きく見えるのではっきりとした印象になります。リキッドタイプの特徴は目尻の跳ね上げを描けることなのですが、これもその日のメイクに合った具合で描いていくと良いでしょう。

ジェルタイプ

ペンシルタイプとリキッドタイプの中間のようなアイライナーがジェルタイプです。小さいボトルのようなものに入っていて少しずつ筆につけて塗っていくものやペンシルタイプのように少しずつ繰り出して使うものもあります。

うまく引くコツは肌への密着度が高いので細めの筆で描くことをおすすめします。もし付属のペンが少し大きい、小さいと感じた場合は別で自分に合った筆を購入することをおすすめします。肌への密着度が高く落ちにくいジェルタイプですが、目尻などに多く塗ってしまうと目薬などの瞬きで滲んでしまうのでアイシャドウなどをうまく使ってカバーしましょう。

ポイント②:色で選ぶ

誰しもメイクの雰囲気を自分の思い通りにしたいですよね。この雰囲気にはどんな色のアイライナー合うのかなとわからない方は無難にブラックを選びがちです。ですが、ブラックはリキッドタイプとジェルタイプを使う初心者の方は少し避けたほうがいい色です。ポイント①で説明しましたが、リキッドタイプとジェルタイプは思い通りにラインを引いてしまってもぼかせないのでブラックだとグッときつい印象になってしまいます。ですのでペンシルタイプを選ぶ方の色はブラックでも良いでしょう。

もしリキッドタイプやジェルタイプを選ぶ方の最初の色はブラウンにしましょう。ブラウンは少し濃く塗ってしまってもブラックよりも目元が柔らかくなるのでおすすめです。ですが、もしハーフ顔メイクなどあえて濃いメイクをしたい場合はブラックを選んでみたり、自分のしたいメイクによって色を選ぶのもいいのではないでしょうか。

アイラインのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるアイラインの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

3位:スプリングハートリキッドアイライナー

スプリングハートリキッドアイライナー

価格:430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かきやすさ

にじみにくい!とうたっているだけあって、持ちがいいです。かといって、メイクオフする時には残ってしまうこともないのでいいと思います。速乾性に優れているのでアイシャドウでぼかす時には、よれてしまうこともありません。

 

毛筆タイプのものだと使い続けて、最後の方には毛先にまとまりがなくなってしまい綺麗なラインが描け無くなってしまうこともありますが、スプリングハートのリキッドアイライナーはフエルトで筆が出来ているので、使い切るまで綺麗に描くことができます。描く時の力加減が苦手な方やメイク初心者の方にオススメしたいです。

2位:ケイトアイライナーソフトブラックライナー

ケイトアイライナーソフトブラックライナー

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

綺麗な仕上がりのアイライナー

こちらのアイライナーは極細になっているので、少しずつ書いて太さを調整できますし、ナチュラルメイクの方も少しだけラインを書き足せるのでおすすめです。極細の筆はぶれにくく書きやすく初心者の方でも失敗しにくいと思うので、メイクの初心者さんや不器用でなかなかアイラインが綺麗に書けないという方は是非使ってみてほしいアイテムです。

 

またカラーも自然なブラックなのでケバくならずに自然な仕上がりになり、極細なのでまつ毛の隙間も埋めやすいのでおすすめです。

1位:フローフシモテライナーリキッド

フローフシモテライナーリキッド

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

描きやすさにこだわったアイライナー

筆の開発に熊野の筆職人が関わっているという、筆にこだわりのあるアイライナーです。とにかくラインが描きやいので、失敗しがちな初心者におすすめです。筆には適度なコシがあり、極細なラインから太目のラインまで、簡単に調節が可能。 伸びが良く、スルスルッとストレスなくラインを引くことができます。

 

目尻のハネ上げも筆がしなやかなので綺麗に仕上げることができ、筆の質の良さが感じられる商品です。持ちも良く、滲みにくく落ちにくいところも優秀です。 軸の部分は握りやすい八角形になっているので、力が入りやすいアイライナー初心者におすすめです。

その他のおすすめアイライン5選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。これも口コミと共に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ケイトアイライナースムースアイライナーペンシル

ケイトアイライナースムースアイライナーペンシル

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スムーズに引ける!肌に優しいアイライナー

初心者の方にも失敗が少ない・失敗しても修正がしやすいのが、ペンシル型のアイライナー。デメリットは一発で決まるリキッドと違い、濃いラインを引こうとすると力を入れたり、何度も書き足す必要があります。

 

でも、このアイライナーは芯がとっても柔らかいから力を入れたり何度も書き足す必要はなし!肌への負担も少なく、濃く綺麗なラインを引くことができます。 ぼかすことも可能なので、自然なラインを引くことも簡単。ぼかすことができる分少し滲むこともありますが、失敗も修正しやすいので初心者の方にはとてもオススメです!

ケイトレアフィットジェルペンシル

ケイトレアフィットジェルペンシル

価格:1,188円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

描きやすく、落ちにくい

極細のラインが描けるジェルペンシルアイライナーです。滑らかな描き心地でするするっとラインが描けるので、初心者の人でも扱いやすいと思います。力が入りすぎてラインが太くなりすぎる人でも、これなら繊細なラインが失敗なく描けます。 仕上がりはナチュラルいかにもアイラインを描いている、という感じがありません。

 

繰り出し式になっていて、いちいち削る必要がないところも便利です。 ただし、1度出したら元に戻せないので、少しずつ出していく必要があります。にじみにくく、擦れに強いところも優秀です。値段が安く気軽に買えるので、初心者にピッタリです。

スカルプDボーテピュアフリーアイライナー

スカルプDボーテピュアフリーアイライナー

価格:1,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者でも使いやすく、同時にまつ毛のケアが出来るアイライナー

スカルプDボーテ ピュアフリーアイライナーはアイラインを引くのと同時にまつ育が出来る商品で、まつ毛美容液にも配合されている美容成分をナノ化したカプセルに凝縮しているのが特徴です。アイメイクをしながらまつ毛の根元をケアが出来る優れモノで、さらには描きやすさに拘り毛先が細くコシがあるので初心者でも簡単に使いこなすことが出来るアイライナーです。

 

これを使えば初心者でも皮脂崩れ、パンダ目になる心配はありません。さらにはお湯で手軽に落とすことが可能なので敏感な目元の肌への負担が少ないのが魅力です。あと初心者にはアイライナーは黒より優しい印象になるダークブラウンがおすすめです。

ラブ・ライナーリキッド

ラブ・ライナーリキッド

価格:1,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あなたにあった、間違いないアイライナー

リキッドタイプのライナーは、使いにくいという人もいますが、初心者でもかなり描きやすく、太くなりすぎない、いいラインが描けるように思います。また、いままでプチプラからデパコスまでいろいろなライナーを使って見ましたが、この値段でにじみにくい、落ちにくい、発色も良いと文句が出てこないです。

 

ドライアイで瞬きが多いせいか、いつも目尻のラインが消えるかパンダになるかでしたが、このライナーを使い始めてからそのようなことがありません。 また、ブラック系もブラウン系も色の種類が豊富なので、メイクに合わせて使い分けができるのも、魅力に感じます。

舞妓はんリキッドアイライナー

舞妓はんリキッドアイライナー

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラウンで印象を柔らかく

アイライナーといえば、ブラックを使用されている方も多いかとは思いますが、2本目として明るめな色を1本持っているとアイライナーの色を変えるだけで顔の印象がガラリと変わることを実感できると思います。

 

たしかにブラックは、目元をクッキリとさせるには適していますが、キツイ印象を与えてしまうこともあります。ブラウンを使用することで、目に柔らかさを出すことができ優しい印象的な顔が作れます。 筆が細いのでスーッとした線が描きやすいのを実感できると思います。

アイラインの売れ筋ランキングをチェック

参考までにアイラインの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?アイラインがうまくなればもっと細かいメイクに挑戦したくなるのでぜひ参考にして綺麗に引けるように習得してください!関連記事:

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ