最強!ジグヘッドの人気おすすめランキング10選【選び方も紹介!】

記事ID19806のサムネイル画像

ジグヘッドは釣りジャンルや魚種に応じたモデルがラインナップされているため、シーンに適合するタイプを選ぶことが重要になります。ワームの大きさにフックサイズを合わせる必要があるほか、使用するタックルのパワーバランスなども考慮しておきましょう。今回は、形状や重さ、人気メーカーなどの選び方からおすすめランキングを紹介します。

アジングするならジグヘッドにこだわる

ジグヘッドとはオモリとハリが一体になっているリグを指します。バスフィッシングやライトソルトフィッシングで使用され、「ワーム」と呼ばれるソフトルアーをセットします。とくに、最近人気のアジングやメバリングは欠かせないアイテムです。

 

長く釣りをしていると購入したジグヘッドが思うような結果が得られなかったなんて経験もありますよね。そんなときに試してほしいのが自作してみることです。ジグフック ・ガン玉 ・接着剤の3つの材料で作ることができちゃうんです。

 

そこで今回はジグヘッドの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはヘッドの形・針の形状・重さを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ジグヘッドの選び方

ジグヘッドの形や重さなどの選び方について詳しく紹介します。各項目を参考にぜひ購入を検討してみてください。

ヘッドの形で選ぶ

ジグヘッドは形状によって動きが異なり、得意分野があります。それぞれの形状がどんな釣り方に合っているかを把握しましょう。

ダートで誘うなら「矢じり型ジグヘッド」がおすすめ

前方から見ると、ヘッドが三角形になっているタイプのジグヘッドが矢じり型です。ルアーをダート(横すべり)させるときに使われます。やり方は簡単で、着水して狙う水深まで沈めたら、リトリーブしながら2、3度ロッドを叩きつけるようにあおるだけです。


ダートさせた後は、少し間をあけてアジが食いつくタイミングを作るのがおすすめです。ただ巻きやリフト&フォールに反応しない魚でもリアクションバイトを誘うことができるため、活性が低い時や日中に有効なジグです。

リトリーブしたいなら「円柱型ジグヘッド」がおすすめ

円柱形のオモリとハリが一体化しているのが円柱型ジグヘッドです。単純な円柱というよりは側面を平らにしたり、くぼみをつけたりと工夫をこらしたモデルが主流です。「円柱形ジグヘッド」なら水深キープ力に優れているため、特定の層を探りたいときに便利です。


キャストして着水したら、カウントダウンして泳がせたい水深まで沈め、ゆっくりとリトリーブしてくれば問題ありません。リトリーブのスビードを変えたり、ジグヘッドの重さを
ローテーションしたりすれば、より多くの魚へのアプローチが可能です。

リフト&フォールの釣りなら「丸型ジグヘッド」がおすすめ

ラウンドタイプのオモリとハリが一体になっているのが丸型ジグヘッドです。もっとも一般的なジグヘッドの形です。基本型なので、表層のスイミング、落とし込んでの縦の釣りなど
オールマイティに活躍してくれます。

 

とくにフォールの姿勢が安定しているので、リフト&フォールで誘いをかけるときに有効です。アジが表層から中層にいるときに威力を発揮します。

重さで選ぶ

アジング用ジグヘッドは0.3gから5g程度の重さのものを使います。軽量のものから、やや重いものまで幅があります。どのように使い分ければいいのかみていきましょう。

ナチュラルにアピールするなら「軽量」がおすすめ

ナチュラルにアプローチするなら、軽めのジグヘッドがおすすめです。自然な動きにより、それだけアジに口を使わせやすくなります。目安として、風がないときは1gぐらいの重さが最適です。


はじめは1gをベースとして、それより少し軽いものと重いものをいくつか準備しておきましょう。0.5gより軽くなると軽すぎてキャストしづらくなり、距離も出ません。ベテランなら超軽量でもテクニックでカバーできるかもしれません。

 

しかし、ビギナーは無理して軽すぎるものを使うより、きちんとキャストできる重さのものを使ったほうが、釣れる確率は高くなります。思ったところにしっかり投げられるものを選びましょう。

距離を稼ぐならなら「重い」ジグヘッドがおすすめ

重いジグヘッドは、遠くへ飛ばしたいときに適しています。ある程度距離を稼がないと魚がいる場所に届かないときは、1g以上の重いジグヘッドを選びましょう。また、ある程度沈めて中層を狙いたいとき、底まで落としてズル引きするときも重いジグヘッドの出番です。


日によって、時間帯によって魚の泳層は変わってくるので、表層にいるときは軽めのジグヘッドを使い、中層・底層にいるときは重いジグヘッドと使い分けをすると良いでしょう。

針の形状で選ぶ

ジグヘッドにはシャンク(軸)の長さやゲイブ(ハリ幅)にも違いがあります。アジングにはどんな針を選んだら良いか見ていきましょう。

リトリーブの釣りなら「シャンクの長いもの」がおすすめ

ソフトルアーをセットしたジグヘッドをリトリーブ(リールを巻いて泳がせる)するなら、
シャンクの長いものがおすすめです。リトリーブの釣りの場合、アジが後ろから追いかけてきて食いつくので、長いもののほうが口の中に吸い込まれてハリ掛かりしやすくなります。

リフト&フォールの釣りなら「シャンクの短いもの」がおすすめ

リフト&フォールの釣りでは、逆にシャンクの短いジグヘッドのほうがおすすめです。フォール中は、アジがジグヘッドの横や正面から食いついてくることが多いため、短いシャンクのほうが口に掛かりやすくなります。

 

リトリーブとリフト&フォールでジグヘッドを使い分けてみると、ノリの違いを実感できるでしょう。

フック形状で選ぶ

フックの形状は、主にストレートとオープンの2種類が存在します。二つの違いを理解して購入の参考にしてください。

オールラウンドに対応させるなら「ストレートゲイブ」がおすすめ

ハリの軸と平行になるように角度を保っているタイプがストレートゲイブになります。ノーマルゲイブとも呼ばれ、アジング用のほか、メバリング用のジグヘッドにも多く採用されています。


ワームをスイミングさせる場合に適した形状で、オールラウンドに使う場合におすすめです。さまざまなターゲットや釣り方に対応できます。ハリ先に力がスムーズに伝わりやすく、魚がつつくような繊細なアタリでもフッキングしやすいのもポイント。


スローリトリーブ中の弱く吸い込むようなアタリにも対応し、向こうアワセでフッキングさせやすいタイプです。

フッキングさせたいなら「オープンゲイブ」がおすすめ

ハリ先が軸に対して開いているのがオープンゲイブのジグヘッドです。アジング用ジグヘッドに多く採用されています。リトリーブに適したストレートゲイブに対して、フォーリングの釣りを展開したいときに適したタイプといえます。


魚がリグを吸い込んで吐き出すときにハリが口に引っ掛かりやすく、ショートバイトで威力を発揮します。アジの吸い込みや吐き出しの速さに対応して、アワセを入れてフッキングさせたいときにも活躍してくれます。


フックポイントが外向きのため、わずかな力でフッキングさせやすくなっています。ストレートゲイブでなかなかフッキングしないときに使うのもおすすめです。

「ワームの動き」からフックの長さを決める

ジグヘッドのフックには「ショートシャンク」と「ロングシャンク」の2種類があります。ショートシャンクはソフトルアーがよく動くので、リフト&フォールなどの縦の動きをするときにおすすめです。

 

ロングシャンクはソフトルアーが余計な動きをしないので横方向の動きがよくなります。ジグヘッドで出したい動きに合わせて軸の長さを決めると効果的です。

メーカーで選ぶ

ジグヘッドを発売しているおすすめのメーカーを紹介します。各メーカーの特徴を把握してジグヘッド選びの参考にしてください。

使いやすさなら「ティクト(TICT)」がおすすめ

「ティクト」はアジングをはじめとした、ライトソルトルアー用アイテムをリリースする人気のブランドといえます。アジスタをはじめとして扱いやすい操作感とシンプルでありながらこだわりの詰まったアイテムを取り揃えています。


使いやすい商品を探している方におすすめです。ジグヘッド選びに困っている方は、まず最初にチェックしておくと良いでしょう。

豊富なラインナップなら「シマノ(SHIMANO)」がおすすめ

創業90年を超えるアウトドアメーカーのシマノは、ジグヘッドやリールなど多くの釣り具を展開しています。釣り具をシマノで揃えてみるなんていう楽しみ方もできます。同じメーカーなので相性も良いといえるでしょう。


シマノはじっくりと選びたいという方におすすめのメーカーです。

釣り上級者なら「ダイワ(DAIWA)」がおすすめ

釣り道具の総合メーカーであるダイワは、釣り初心者からベテランの方まで満足できる商品
が揃っています。取り扱いの幅が広いので、自分の成長に合わせて選べて長く愛用できることも魅力です。


まさに釣りに慣れている上級者のおすすめのメーカーといえます。

アタリがあっても乗らないときは「ゲーブの小さいもの」に変えるのもおすすめ

頻繁にアタリはあるけれどなかなかノラないときは、ゲーブの狭いジグヘッドに変えるのもおすすめです。ゲーブのサイズが大きすぎる場合、小さいものに変えることで、フッキングできるようになることはよくあります。


メバルと違ってアジの口は小さめになります。ゲーブが大きすぎると口の中に入らずショートバイトになってしまいます。ゲーブサイズの違うものをいくつか用意して、状況に合わせて使い分けてみても良いでしょう。

矢じり型のジグヘッドの人気おすすめランキング5選

高い確率でフックアップする唯一無二の鋭い針先

窪みが水の抵抗を受け流し、アクション後の針先を素早く安定させます。アジの上顎にフックアップし易くなります。リフト時に抵抗が小さくて、フォール時に抵抗がかかり「スローフォール」を可能にしています。

タイプ 矢じり型 重さ 0.4〜1.2g
フックサイズ #6 入り数 5

口コミを紹介

アジング初心者ですが、色々なジグヘッドを試してみて今のところ問題なく使用出来てます。土肥富製は信頼性あります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ワームもアジもがっちりロックするジグヘッド

オリジナルベントカーブ形状のフックで、ワームがズレにくいのがポイントです。ワームもアジもがっちりロックします。内臓キーパーがワーム装着時の針先を抜くタイミングの目印になります。ワームセット時のストレスを軽減してくれます。

タイプ 矢じり型 重さ 0.3〜2.0g
フックサイズ #10〜#6 入り数 5

ヘッド底面で浮き上がり性能をアップ

スローなリトリーブが可能となり、ライトゲームにおける戦略の幅が広がります。浮き上がりの良さを活かすことで、軽いウエイトは表層やシャローエリアにおいて「デッドスロー」状態をより効果的に演出しやすく、じっくりとアピールすることができます。

 

ボトムコンタクトからのリフトがしやすい特徴があり、釣りのリズムを乱す根掛かりも最小限に抑えてくれます。

タイプ 矢じり型 重さ 0.5〜2.5g
フックサイズ #6〜#3 入り数 4

バリューパックで消費を気にせず釣行可能

矢じり型ヘッドを採用したジグヘッドでリグを横滑りさせるようなダートアクションで魚を誘うのにおすすめです。お買い得なので根掛りでロストするのを気にせずに使えるため、ボトムのズル引きを多用する方にも向いています。

 

ストレートゲイブタイプでアジングのほか、メバリングでも活躍。ワームのスイミングに適した形状で、オールラウンドに使いやすいのもポイントです。

タイプ 矢じり型 重さ 1g
フックサイズ #6 入り数 30

バラシを激減させるアジ専用ジグ

ラインやスナップが通し易いラージアイや吸い込みを妨げない広すぎないゲイプデザインが特徴のジグです。ヘッド形状は、ワームをセットして水平になる様に、後方に重心に寄せ、ダートさせた後のフォールが漂うフォールアクションに拘って設計されています。

 

フック形状も吸い込み易く、転がりフッキングを高めて半スレ仕様でショートバイトも逃さずしっかり刺し込んでくれます。

タイプ 矢じり型 重さ 1g
フックサイズ - 入り数 4

矢じり型のジグヘッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6320264の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 2
    アイテムID:6320258の画像

    マルシン漁具

  • 3
    アイテムID:6320252の画像

    がまかつ(Gamakatsu)

  • 4
    アイテムID:6320247の画像

    ハヤブサ(Hayabusa)

  • 5
    アイテムID:6320240の画像

    Dohitomi(土肥富)

  • 商品名
  • SOARE スキップヘッド
  • バリュージグヘッド ダート
  • ジグヘッド 宵姫コブラ
  • アジング専用ジグヘッド あじロック
  • フロードライブヘット゛
  • 特徴
  • バラシを激減させるアジ専用ジグ
  • バリューパックで消費を気にせず釣行可能
  • ヘッド底面で浮き上がり性能をアップ
  • ワームもアジもがっちりロックするジグヘッド
  • 高い確率でフックアップする唯一無二の鋭い針先
  • 価格
  • 379円(税込)
  • 715円(税込)
  • 335円(税込)
  • 488円(税込)
  • 350円(税込)
  • タイプ
  • 矢じり型
  • 矢じり型
  • 矢じり型
  • 矢じり型
  • 矢じり型
  • 重さ
  • 1g
  • 1g
  • 0.5〜2.5g
  • 0.3〜2.0g
  • 0.4〜1.2g
  • フックサイズ
  • -
  • #6
  • #6〜#3
  • #10〜#6
  • #6
  • 入り数
  • 4
  • 30
  • 4
  • 5
  • 5

円柱型のジグヘッドの人気おすすめランキング3選

シンプルなラウンド系ジグヘッドでコスパも良くバスにも使える

ワームとのコンビネーションを考慮して、ヘッドサイズ別に、強すぎず、弱すぎずの水流抵抗でデザインが特徴です。広短針で魚はかかりやすく、かつフック形状にができることで快適に釣りができます。

 

初心者にもおすすめで扱いやすく、コスパも良い商品になっています。

タイプ 円柱型 重さ 1.5g
フックサイズ - 入り数 5

吸い込みを妨げない、広すぎないゲイプデザイン

高比重で水の抵抗が少ない小さなタングステンヘッドを採用したジグヘッドです。フック形状を吸い込み易く、転がりフッキングを高めるオリジナル形状で設計になっています。オリジナルアジングフックなどこだわりが詰まった商品になっています。

タイプ 円柱型 重さ 1.2g
フックサイズ M 入り数 3

口コミを紹介

鉛と比べるとよく飛びよく沈み、ボトム周辺の釣りに最高です。
自分の行っている激流でも底まで送れます、鉛だと流されるだけのことも(笑)

出典:https://www.amazon.co.jp

中小型アジの数釣りに必要な機能が満載の最強ジグヘッド

フラット面をヘッドに設けているので持ちやすいジグになっています。ハリのゲイプ角度とスレッドキーパーの「2点留め」により柔らかいアジ用ワームがズレにくいのも特徴といえます。

 

全方向バイトに対応しているので、まさにアジを釣るという方におすすめジグヘッドになっています。

タイプ 円柱型 重さ 1.2g
フックサイズ #8〜#5 入り数 5

口コミを紹介

アジの食い込みも良く満足しています。
重さのラインナップ揃えたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

円柱型のジグヘッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6320274の画像

    オーナーばり

  • 2
    アイテムID:6320278の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 3
    アイテムID:6320282の画像

    JACKALL(ジャッカル)

  • 商品名
  • アジ弾丸(アジだま)
  • ソアレ タングステンファインヘッド
  • スイスイ スイムジグヘッド
  • 特徴
  • 中小型アジの数釣りに必要な機能が満載の最強ジグヘッド
  • 吸い込みを妨げない、広すぎないゲイプデザイン
  • シンプルなラウンド系ジグヘッドでコスパも良くバスにも使える
  • 価格
  • -
  • 432円(税込)
  • -
  • タイプ
  • 円柱型
  • 円柱型
  • 円柱型
  • 重さ
  • 1.2g
  • 1.2g
  • 1.5g
  • フックサイズ
  • #8〜#5
  • M
  • -
  • 入り数
  • 5
  • 3
  • 5

丸型のジグヘッドの人気おすすめランキング2選

オープンゲイブフックでロックフィッシュからシーバスやヒラメにも

早掛けのオープンゲイブフックになっているので、アジをはじめメバルや根魚など、ライトSWルアーの様々な魚に効果的です。驚異の貫通力「SaqSas」搭載でかすめるようなバイトもフッキングに結びつけることが可能です。

 

丸型ヘッドに目玉付きでケイムラレッドカラーのデザインは、装着するワームのアピール度をさらにアップしてくれます。しっかりフックングしたい方におすすめのジグになっています。

タイプ 丸型 重さ 0.5g
フックサイズ #8 入り数 4

口コミを紹介

ワームを刺すのがスムーズでフッキングも良いです。針が細いので強度が心配でしたが不満はないです。シンカーを軽めにした場合はスイミング専用で使ったりしてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

長持ちするハイカーボン素材を採用で豆アジにも最適

ラウンドベースのヘッドで飛距離が出せ、斜め上に引くことを考慮した水受け断面で軽量でも操作性の高さが魅力のジグです。SSサイズは、夏場に多い豆アジやスレて口を開けないアジ向きのマイクロフックで細く鋭い針先でアジをゲットします。

 

幅広いシーンで活躍してくれるおすすめの丸型ジグヘッドといえます。

タイプ 丸型 重さ 0.2g
フックサイズ SS 入り数 5

口コミを紹介

アイは大きく、金針で見やすくとても良い、いろいろ使ってみたが、今までではベストです。わざわざダートヘッドに変えなくても強めにシャクればダートしてくれ、ゲープも広めでフッキングもよい。

出典:https://www.amazon.co.jp

丸型のジグヘッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6320299の画像

    ティクト(TICT)

  • 2
    アイテムID:6320309の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 商品名
  • アジスタ
  • 月下美人 SWライトジグヘッド
  • 特徴
  • 長持ちするハイカーボン素材を採用で豆アジにも最適
  • オープンゲイブフックでロックフィッシュからシーバスやヒラメにも
  • タイプ
  • 丸型
  • 丸型
  • 重さ
  • 0.2g
  • 0.5g
  • フックサイズ
  • SS
  • #8
  • 入り数
  • 5
  • 4

軽量タイプを投げるならアジングロッドや結び方も考慮しよう

初心者でも比較的入りやすいアジのルアーフィッシングが「アジング」です。バイトの小さいアジに対しては、軽量ジグヘッドのほうがおすすめです。しかし、軽いジグヘッドは投げづらい印象もあります。


合わないロッドで無理に投げると、バックラッシュしたり、糸が穂先に絡んだり、トラブルが頻発することもあるので注意しておきましょう。そのため、軽量ジグヘッドには、軽量負荷に対応したアジングロッドを使うと良いでしょう。


ブームが盛り上がるにつれ、現在ではアジング専用のロッドも発売されるようになりました。1万円以下のものから5万円を超える高級ロッドまで幅広くラインナップされていますのでチェックしてみましょう。以下の記事では、アジングロッドの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ジグヘッドを効果的に使うのは練習が大切

釣りのポイントにつくとすぐ仕掛けを投げ入れたくなるものですが、その気持ちをグッと抑えて根掛かりの心配がない砂地で、かつ水深のあるところでまずは練習してみましょう。 まずは、フォールで底をとる練習をすることがおすすめです。

 

この感覚がわかると、海底の形状や、ワームがあるところの深さなども理解できるようになります。 また、フィールドに出ると、環境(風向、風速、ポイントの高さ、ラインの太さ、ジグヘッドの重さ、ワームの形など)によって、アクションが難しくなることもあります。

 

そのような厳しい環境下でも、自分の釣りをやるために、はやる気持ちを抑えて、まずは2~3投練習して、ポイントにしっかりとワームを投げ入れてアクションを確認、魚を誘惑して釣り上げられるようにしましょう。以下の記事では、アジングワーム・ルアーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ジグヘッド収納ケースも併せてチェックしよう

ジグヘッドを選ぶ際は合わせて収納ケースをチェックしてみましょう。この道具の良し悪しは人によって大きく変わってくるといえるので、どの収納ケースでも満足できる人や、これじゃなきゃダメという人もいると思います。

 

逆に、パッケージから取り出して使うという方もいるほどです。スポンジにスリットが入ったものもおすすめです。少し価格は高めになりますが、フライ用の収納ケースを使う方法もあります。


価格帯は数百円のものから購入できるので、自分に合ったジグヘッドケースを探してみましょう。

まとめ

今回は、ジグヘッドについて形や重さ、フック形状などの選び方について紹介しました。ジグヘッドにこだわれば、今まで以上に釣りを楽しむことができるようになるでしょう。紹介した内容を参考にジグヘッドを購入してみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ゴミ箱用消臭剤の人気おすすめランキング20選

ゴミ箱用消臭剤の人気おすすめランキング20選

日用品
釣り防寒着の人気おすすめランキング15選【上下セットも紹介!】

釣り防寒着の人気おすすめランキング15選【上下セットも紹介!】

釣具
お部屋スッキリ!置き型消臭剤の人気おすすめランキング20選

お部屋スッキリ!置き型消臭剤の人気おすすめランキング20選

日用品
革製ペンケースの人気おすすめランキング20選【メンズ向けからレディース向けまで!】

革製ペンケースの人気おすすめランキング20選【メンズ向けからレディース向けまで!】

文房具・文具
軽量ノートパソコンの人気おすすめランキング20選【Office搭載や1㎏以下まで】

軽量ノートパソコンの人気おすすめランキング20選【Office搭載や1㎏以下まで】

ノートパソコン
【2021年最新版】使い捨てマスクの人気おすすめランキング30選

【2021年最新版】使い捨てマスクの人気おすすめランキング30選

衛生用品