下地センサーの人気おすすめランキング15選【壁の中の柱や下地探しに】

建設現場やDIY等で必須の下地センサー(壁裏センサー)は、壁の中の木材や柱などを探すのに便利なツールです。プロ用の本格的なものやシンワ・マキタなどのメーカー品も多数で、どれを選べばいいか迷うはずです。そこで今回は下地センサーの人気おすすめランキング15選と選び方をご紹介します。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

DIYで大活躍の下地センサーとは?

DIYや家具の取り付けなどを行う際び、あらかじめ壁の中にある柱や鉄骨などの位置を確認する必要があります。そんな時にあると便利なのが下地センサー。下地センサーは、壁裏センサー・ウォールディテクタとも呼ばれています。壁だけでなく天井にも使用可能です。

 

薄型テレビ・カーテンレールの取り付けなどに活躍するほか、地震による家具転倒防止の金具の設置の際にも役立ちます。実は、下地センサーには工事現場で使うプロ用のものや、シンワ・マキタなどメーカーによっても違いがあり、選ぶのに悩んでしまいますよね。

 

そこで下地センサーの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは機能性・使いやすさ・満足度を重視して作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

サイディング外壁の下地チェッカーや磁石探知機はコーナンで購入

サイディングといった外壁素材を探知できる下地チェッカーは、コーナンなどのホームセンターで手軽に購入できます。壁に穴を開けることなく使用できるため、ご自身で気軽に試せるはずです。

 

また高感度タイプの磁石探知機なら、軽量形鋼やアルミ箔付の断熱材が使用された場所でも、簡単に探知できるでしょう。ホームセンターでレンタル可能なものもあり、たくさんの選択肢があります。

下地センサー(壁裏センサー)の選び方

下地センサー(壁裏センサー)を選ぶ際に注目しておきたいのは、下地センサーのタイプ・性能・メーカーです。失敗しないDIYのためにも、これらのポイントを意識してみましょう。

タイプで選ぶ

下地センサーにはセンサータイプ・針タイプ・マグネットタイプの3つがあります。一般的なDIYに使用するなら、腰袋に収まるサイズのものがおすすめです。

初心者には手軽に柱を検知できる「センサータイプ」がおすすめ

センサータイプは文字通りセンサーを使って柱を検知するタイプです。電源を入れて壁に押し当てて動かすと、壁裏の密度にセンサーが反応して、ランプが点灯する仕組みになっています。下地を探す本数や、探す範囲が広い場合におすすめです。

 

基本的にセンサータイプは、柱が埋め込まれていないところからスタートして計測していきます。センサータイプの中には金属も探知できる機能を備えたものをあり便利です。

壁の厚さを確認するなら「針タイプ」が便利

壁に穴が開くというデメリットがありますが、石膏ボードなどの壁の厚さを測るなら針式の下地センサーがおすすめ。メモリ付きだと、壁の厚さが具体的にどれだけあるのかがわかり、その壁面に適した長さの釘やビスを選びやすくなります。

 

曲がったり破損した場合に備えて、替え芯があるのものを選びましょう。針が不要に飛び出さないようなロック式のものがおすすめ。また、金属に反応するマグネットを備えたものもあります。

釘などの金属を探知するなら「マグネットタイプ」がおすすめ

磁石の力を利用して、壁の内側に設置されている釘やビス・ネジなどを探知するのが、マグネットタイプの下地センサーです。下地センサーの中には針タイプに付属しているものもあります。

 

マグネットタイプを使ってあらかじめ金属部品がある場所かどうかがわかれば、誤って釘を打ってしまうことも避けられます。

幅広く使うなら木材・金属・電源など「探知できる材質」を確認

下地センサーの中には、木材だけで探知できるタイプのものや金属やAC電源なども探知できる優れた商品も多く販売されています。そのためさまざまな種類の下地でもモードを変えるだけで、簡単に探知が可能です。

 

利用目的に合わせて探知できる材質が何なのかを確認してから購入するようにしましょう。下地センサーの種類によっては金属が反応しないものだったり、モルタルやコンクリートまで反応するものもあります。

 

下地センサーはリーズナブルなものもあれば、非常に高価なものもあります。価格の幅が広いのは、こういった性能や機能に差があるためです。下地センサーを購入する前に、壁の材質などを確認しておきましょう。

厚い壁に使うなら「探知可能な深さ」を確認

下地センサーの深度が深ければ深いほど、奥にある下地もしっかりと探知することができるのでおすすめです。しかし、探知する壁があらかじめ分かっているなら、対応している商品でも問題ありません。

 

ただし、さまざまな壁に対して使用する予定なら、なるべく深くまで探知できる商品を選ぶのがおすすめ。下地センサーのよって対応している壁の厚さが違います。できるだけ厚い壁にも使用できるものを選びましょう。

 

一般的に天井に使われている石膏ボードは9.5mmで、壁に使われているものは12.5mmです。それを目安に、最大探知深さをどこまで対応できるか確認して購入しましょう。

性能から選ぶ

下地センサーを選ぶなら目的にあった性能があるか、チェックしておきましょう。

電気配線が多い場所には「電線警告機能」付きがおすすめ

配線がたくさん通っている可能性があるなら、電線警告機能が付いた下地センサーがおすすめ。しかし電気の通っている部分の近くで下地センサーが反応する仕様なので、あくまで「おおよその位置の特定」に限ります。

 

電線警告機能付きの下地センサーを使用していると、静電気の影響で電線が全くないところで反応するケースがあります。その場合は、反応した場所にしばらくとどまってセンサーの反応を観察しましょう。静電気の場合は、しばらくすると反応がなくなるはずです。

より具体的な数値を知りたいなら「液晶画面付き」がおすすめ

初めて下地センサーを使う方や、下地センサーの数値を具体的に知りたい方は液晶画面付きのモデルがおすすめです。液晶画面付きの下地センサーは高機能なものが多いので、あらゆる種類や素材の探知が可能。下地の太さや中心位置なども目で見て確認できます。

メーカーで選ぶ

商品選びで迷ったときは、有名なメーカーから探すものおすすめ。信頼のおける会社から発売されているものは、よい口コミも多いです。

下地センサーHGや下地探しどこ太など人気商品が豊富な「シンワ」

流通している日本製の下地センサーの多くはシンワ(シンワ株式会社)のもの。計測機器メーカーとして知られており、コンベックスやマイクロメーターをはじめ、レーザー機器も扱っています。

 

人気のセンサー式「下地センサーHG」は、針式の「下地探し どこ太」のセット使いもおすすめ。シンワが手掛ける下地センサーは種類やバリエーションが豊富で人気商品も多く、同じシンワ同士の下地センサーを比較しながら選ぶこともできます。

アフターケアが充実の「Panasonic(パナソニック)」

必ず日本の誰しもがお世話になっている大手のPanasonicは、デジタル家電から生活家電、美容家電、住宅設備など幅広く扱っています。商品のサポートや修理の相談などにも対応してくれるので、信頼と安心の会社です。

 

そんなPanasonicから発売しているセンサーは、電線も感知することができるということが特徴です。もちろん柱を特定する精度も高いので、これ一本購入しておけば問題ないでしょう。ユーザーからも「最初から買っておけばよかった」との口コミが多いです。

プロ用にもおすすめのコンクリート内の金属探知なら「Makita(マキタ)」

おしゃれでカッコいい外観と充実の機能を搭載したMakita(株式会社マキタ)の下地センサーは、コンクリート壁の内側にある金属や樹脂製の配管、そして電線などを確実に教えてくれます。

 

LEDライトやガイドレーザーなどの便利な機能も充実しており、プロ用にもおすすめです。

下地センサーの人気おすすめランキング15選

15位

マキタ(Makita)

充電式ウォールディテクタ WD181DZK

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

プロ用にもおすすめのマキタの下地チェッカー

最大探知深さは180mm。見やすさ抜群のフルカラーの液晶モニターで、壁の内側の柱や配管の位置を確認できます。鉄筋などの探知が可能なシングル探知モードの他に、斜めに通る埋蔵物も把握しやすいマルチ探知モードも搭載。

 

さらに施工から1年未満のWETコンクリートの探知にも対応しています。暗い現場で便利なLEDライト、ガイドレーザーの機能も便利です。

サイズ 259×118×107mm 重量 3.06kg
電源 充電式 タイプ センサー

口コミを紹介

中々良い商品でした、性能も良くこれから色々活躍してくれそうです。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

14位

山真製鋸(Yamashin Seikyo)

多機能センサー リアルプロ

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

これ一台で探知可能の多機能な下地チェッカー

壁の中の見えない木材・鉄筋・電線・銅管をこれ一台で探知可能な多機能下地センサーです。この下地チェッカーの最大探知深さは、木材は38mm、金属は38mm、非鉄金属は20mmです。

 

切り替えボタンの簡単作業で、LEDランプで赤く点灯しておしらせしてくれます。「明かりがどこからどこまで表示されるから便利」と口コミでも好評です。

サイズ 202.5×88×63.5mm 重量 340g
電源 単3アルカリ電池×2 タイプ センサー

口コミを紹介

明かりでどこからどこまでが下地があるのかが表示されるのでとても便利。もっと安い下地チェッカーもあるけど、下地の幅がわかるのがとても便利なので高くてもこれを買ってよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ボッシュ(BOSCH)

ウォールスキャナー D-TECT150CNT

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

誰でも正確な作業ができる探知機

BOSCHの下地センサーは、鉄筋、非鉄金属、塩ビパイプ、電線、木材など7つの材質の探知が可能。最大探知深さは150mm。対象物までの深さ・材質をずばり表示してくれます。

 

大型液晶画面の採用や簡単な操作方法により、誰が使っても正確な探知作業が行うことができます。キャンリングケース付き。最大2年間の保証付きです。

サイズ 22×12×9.7 cm 重量 700g
電源 単3アルカリ乾電池×4本 タイプ センサー

口コミを紹介

石膏ボードの裏にある木材をきちんと探知できるか不安だったのですが、けっこうちゃんと拾ってくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

メタルキャッチャー ミニ 78674

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コンパクト&手軽さで人気の探知機

どの下地センサーとも異なる形状ですが、口コミ・レビューでは「簡単にに釘やネジが見つかる」と好評です。その秘密はコンパクトさや手軽さにあると言えるでしょう。

 

振り子として強力なマグネット(緑色の部分)を使用しているため、時計やカード・精密機器のそばでの使用は注意が必要です。壁に接する部分の4方向に印を付けやすいよう「くぼみ」があるのもうれしい配慮。壁の厚さは15mm前後までです。

サイズ 30×30×31.5mm 重量 13 g
電源 不要 タイプ マグネット

口コミを紹介

我が家は鉄骨構造なんで、壁に中空ボードアンカーをつける際のために購入しました。石膏ボートの厚みは12mmなので、本品をゆっくり動かすことにより、下地の金属製の場所がわかりました。値段的にも買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ムラテックKDS

デジタルセンサー120

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

金属は120mmまで探知できる下地チェッカー

ムラテックKDSのデジタルセンサーは、金属、検電、間柱の探知ができる下地センサーです。最大探知深さは金属は120mm、非鉄金属は80mmで、とても深い場所まで探知できます。

 

LEDライトで光り、ブザー音でお知らせしてくれます。連続使用時間が5時間なのもうれしいポイント。「事前にしっかり練習が必要ですが、十分使えました」と口コミでも好評です。

サイズ 200×86×32mm 重量 270g
電源 9V電池 タイプ センサー

口コミを紹介

木造の下地やガス床暖パネル位置の測定用に購入しました。事前に計測した場所で練習しましたが、まぁまぁの精度でした。反応の仕方に癖があるので事前にしっかり練習が必要ですが、十分使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

下地センサー Basic

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

使いやすいシンプルな下地チェッカー

壁にあててスイッチを押すだけで簡単に探知できます。最大探知深さは19mmです。使いやすいシンプル設計で、使い方が難しいといったことはありません。デザインもシンプルで、半透明のレッドというカラーもおしゃれに見えて人気があります。

 

カーテンレールや、手すり・タオルハンガー等の取り付けに役立ちます。火災報知機の設置などにも便利です。「安くても十分働いてくれます」と口コミでも好評です。

サイズ 136×56×35mm 重量 101g
電源 9V電池 タイプ センサー

口コミを紹介

壁掛け扇風機の設置のために買いましたが、これはとても便利です。もっと早く買っていれば額縁フックなどの取り付けにも活躍しただろうにと、少額を惜しんでいたことを悔いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Panasonic(パナソニック)

壁うらセンサー

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

マーキング用鉛筆穴もある探知機

Panasonicの下地センサーは、壁材や天井材などの裏側にある見えない部材の端を探知してくれる下地センサーです。両端を探知したのち、その中央を推測することで部材の中心がわかるでしょう。近づくとランプが点灯し、知らせてくれます。

 

本体上部にマーキング用鉛筆穴もあるのでとても便利で、「うまく反応します」と口コミでも好評です。

サイズ 66×161×36mm 重量 140g
電源 単3形乾電池×2本 タイプ センサー

口コミを紹介

いままでは、石膏ボードを指で叩き、針を刺して間柱を探していましたが、この商品を購入してからは、指で叩く作業が必要なくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

下地センサー Home 79151

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

お手頃価格の柱や電線用探知機

使いやすい操作性とシンプルな設計の下地センサーです。矢印型のライトとブザーの音で壁裏の柱や電線を教えてくれます。金属やコンクリートなどは探知できないので、ちょっとしたお部屋のDIYにおすすめの商品です。

サイズ 136×54×35mm 重量 99g(電池含)
電源 電源9Vアルカリ乾電池 タイプ センサー

口コミを紹介

ピンで刺すタイプもあると思いますがこちらの方が無駄に穴あけせず手軽です。感度正確性は分かりませんが失敗せず出来ました。買って満足したのでオススメします。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

TTZ SHOP

シンワ測定(Shinwa Sokutei) 下地センサー Super スーパー 78576

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

電線警告機能付きの壁裏センサー

壁にあててスイッチを押すだけで簡単探知ができます。最大探知深さは19mmです。電線警告機能付きで作業の際に電線などを釘やネジで傷つけることなく安心して作業できます。

 

使いやすいシンプル設計で、火災報知器の設定や、引っ越しなどのカーテンレールの取り付けや金属や手すり、タオルハンガー等の取り付けなどに役立ちます。メーカーも安心のシンワ製なので精度や商品は安心して使用できるのも人気の理由です。

サイズ 153×61×42mm 重量 134g
電源 9V電池×1個 タイプ センサー

口コミを紹介

カーテンレールの打ち込み場所や、壁面用の棚を打ち付ける為の間柱を探すために購入しました。通電中の電気線の場所も分かり、一般住宅での作業程度なら何も不自由ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

FOLAI

下地センサー

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コンパクトで握りやすいボディが特徴の探知機

金属・木材・AC電源探知の3役で使うことができる下地センサーです。人間工学に基づいたデザインで作られているので、握りやすく使いやすいのが魅力の一つと言えます。

 

大型液晶ディスプレイを採用しているので、モードや検知結果が見やすいのが特徴です。電気の配線・建築物の鉄筋・金属の落とし物など位置探査に対応しています。

サイズ 18.7×8.4×5cm 重量 230g
電源 AC電源 タイプ センサー

口コミを紹介

ある程度レイアウトをイメージしてから柱のありそうな箇所周辺を手で壁を叩いて固い箇所を探ってましたが、これがあればしっかりとネジが固定できる場所がわかります。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

下地センサー HG

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

壁にあててスイッチを押すだけの手軽な下地チェッカー

壁裏の金属・木材・プラスチック・電線を探知し、点灯と電子音でお知らせしてくれます。壁の厚さによってセンサーのモードを浅モードから深モードに切り替え可能。最大探知深さは浅モードは19mm、深モードは35mmです。

 

グリップ部分は握りやすく、滑りにくくなっています。火災報知器の設置などにも便利で、「数年愛用しています」と口コミでも好評です。

サイズ 169×71×45mm 重量 159g
電源 9V電池×1個 タイプ センサー

口コミを紹介

柱の中心にビスを打ちたくて購入しました。間違った場所にビスを打って壁にビス穴を空けたくなかったので、とても重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Preciva

下地センサー

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

4種類の切り替えモード搭載の探知機

4種類のモードでお好みにあわせてモードを切り替え可能です。ディスプレイは、スキャンモード、信号強度、自動キャリブレーション、バッテリー残量及びインジケーターを表示できます。

 

また、暗闇でも使用するためのバックライトも備えています。自動的に自動校正できたり、音で知らせてくれるのもうれしいポイントで、「我が家では大活躍しています」と口コミでも好評です。

サイズ 重量 181g
電源 9V 電池 タイプ センサー

口コミを紹介

ここからここまでが柱。と目に見えて教えてくれる。石膏ボードの向こう側の柱にネジで固定することが出来ました。 様々な場面で、我が家では大活躍しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

hands-on

下地センサー 下地探し 壁うら探し 一台三役 木材/金属/AC電源探知 自動オフ機能 日本語取扱説明書付き

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

狭い場所でも楽々測定できる下地チェッカー

金属や木材が探知できる下地センサーです。コンパクトで携帯にも便利ですし、狭い場所でも楽々測定できます。電気の配線、建築物の鉄筋、金属の落とし物など、位置探査に対応。

 

電源を切り忘れても1分後には自動でスイッチが切れるので、バッテリーの手入れをよくして寿命をのばすことができます。電源をオンにしたら、測定したい材質に応じて、モードを選択してその材質の大体の位置に近づけるだけで測定可能です。

サイズ 重量 99.8g
電源 9V電池 タイプ センサー

口コミを紹介

大きさは他の製品とそれほど変わりません。9V電池を使用を使用するのでこれ用に新しく電池をストックしておかなきゃいけないです(^^;ものは値段の割にしっかりしてて問題なく使用できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シンワ測定

下地探しセットC セット

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

シンワの人気探知機セット

シンワの人気商品である「下地センサーSuper」と「どこ太 ベーシック 35mm」がセットになったおすすめの商品です。センサーでうまく探知できない箇所はどこ太ベーシックで簡単に探知が可能。安心して確実に下地を探したい方におすすめです。

サイズ ‎24.4 x 8 x 4.5 cm(梱包時) 重量 220g(梱包時)
電源 アルカリ タイプ センサー・針(マグネット)

口コミを紹介

購入前、下地チェッカー78576については半信半疑でした。使用してみると感動しました。自宅の柱、間柱、野縁、電線で試してみましたが、いずれも高確率で反応します。これで無駄に穴を開けなくて済みます。素晴らしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

下地探し どこ太 Basic 35mm マグネット付き

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

シンワの人気商品!石膏ボードの下地探しにおすすめ

シンワの下地探し「どこ太」にはProとBasicの2タイプがあり、壁厚が25~45mmまで対応します。写真は35mm対応でマグネット付きのものです。目盛付きなのでとても便利。

 

針タイプは折れ曲がる心配がありますが、針曲がりを防止するステンレスガイド内臓だから安心。替針2本も付属し、交換作業も簡単です。

サイズ 189×28×22mm 重量 41g
電源 なし タイプ 針・マグネット

口コミを紹介

地震がきたときの対策をしようかと思い、家具固定用の金具を設置することに。強度を出すために壁面の柱探しをするためこのツールを購入。シンプルに針で探すものですが、結構使いやすいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

下地センサーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量 電源 タイプ
1
アイテムID:8603708の画像
下地探し どこ太 Basic 35mm マグネット付き 996円

詳細を見る

シンワの人気商品!石膏ボードの下地探しにおすすめ

189×28×22mm 41g なし 針・マグネット
2
アイテムID:8603705の画像
下地探しセットC セット 3,790円

詳細を見る

シンワの人気探知機セット

‎24.4 x 8 x 4.5 cm(梱包時) 220g(梱包時) アルカリ センサー・針(マグネット)
3
アイテムID:8603702の画像
下地センサー 下地探し 壁うら探し 一台三役 木材/金属/AC電源探知 自動オフ機能 日本語取扱説明書付き 3,176円

詳細を見る

狭い場所でも楽々測定できる下地チェッカー

99.8g 9V電池 センサー
4
アイテムID:8603699の画像
下地センサー 5,120円

詳細を見る

4種類の切り替えモード搭載の探知機

181g 9V 電池 センサー
5
アイテムID:8603696の画像
下地センサー HG 3,055円

詳細を見る

壁にあててスイッチを押すだけの手軽な下地チェッカー

169×71×45mm 159g 9V電池×1個 センサー
6
アイテムID:8603693の画像
下地センサー 1,999円

詳細を見る

コンパクトで握りやすいボディが特徴の探知機

18.7×8.4×5cm 230g AC電源 センサー
7
アイテムID:8603690の画像
シンワ測定(Shinwa Sokutei) 下地センサー Super スーパー 78576 4,472円

詳細を見る

電線警告機能付きの壁裏センサー

153×61×42mm 134g 9V電池×1個 センサー
8
アイテムID:8603687の画像
下地センサー Home 79151 1,400円

詳細を見る

お手頃価格の柱や電線用探知機

136×54×35mm 99g(電池含) 電源9Vアルカリ乾電池 センサー
9
アイテムID:8603684の画像
壁うらセンサー 4,273円

詳細を見る

マーキング用鉛筆穴もある探知機

66×161×36mm 140g 単3形乾電池×2本 センサー
10
アイテムID:8603681の画像
下地センサー Basic 1,627円

詳細を見る

使いやすいシンプルな下地チェッカー

136×56×35mm 101g 9V電池 センサー
11
アイテムID:8603678の画像
デジタルセンサー120 9,380円

詳細を見る

金属は120mmまで探知できる下地チェッカー

200×86×32mm 270g 9V電池 センサー
12
アイテムID:8603675の画像
メタルキャッチャー ミニ 78674 782円

詳細を見る

コンパクト&手軽さで人気の探知機

30×30×31.5mm 13 g 不要 マグネット
13
アイテムID:8603672の画像
ウォールスキャナー D-TECT150CNT 75,000円

詳細を見る

誰でも正確な作業ができる探知機

22×12×9.7 cm 700g 単3アルカリ乾電池×4本 センサー
14
アイテムID:8603669の画像
多機能センサー リアルプロ 4,445円

詳細を見る

これ一台で探知可能の多機能な下地チェッカー

202.5×88×63.5mm 340g 単3アルカリ電池×2 センサー
15
アイテムID:8603666の画像
充電式ウォールディテクタ WD181DZK 135,900円

詳細を見る

プロ用にもおすすめのマキタの下地チェッカー

259×118×107mm 3.06kg 充電式 センサー

下地センサーの使い方

センサー式・針式・マグネット式それぞれの下地センサーの使い方を簡単にご紹介します。詳細は格メーカーの説明書に従ってください。

センサー式は壁に押し付けてスライドさせる

下地センサーのスイッチを入れたら、壁に押し付けるようにして水平方向へスライドさせていきます。センサーが反応した場所に印をつけ、柱のサイズを知るためには反対方向から同じようにスライドさせて、反応があった場所に印をつけます。

 

一度の作業で柱の中心を探り当てることができる上位タイプもあります。壁に釘などで穴をあける場合には、そのエリアに電線がないかどうかを電線警告機能が搭載された下地センサーで確認すると、より安全です。

針タイプは針を差し込んでチェック

針を刺して柱があるかどうかを確認します。柱などがない場所ならそのまま貫通しますが、柱がある場所では針が刺さりません。目盛付きのタイプなら、刺した時に壁の厚さが表示されます。

 

ですが、壁に穴をあけたくない・開けられない場合は、センサータイプを利用しましょう。

釘やネジ・ビスなどを探す時はマグネット式

柱の位置がわかっても、その柱にすでに打たれた釘・ネジと同じ場所に釘を打つことはできません。そんな場合には、柱の釘やネジなどに反応するマグネットタイプのものを使います。

 

針タイプと兼用なら、先端部を壁に押し当てて使用します。先端部のマグネットが反応すれば、そこに釘やネジ・ビスがあります。センサータイプでも金属の探知ができないタイプなら、マグネットタイプと併用がおすすめです。

 

以下の記事では、そのほかの工具の人気おすすめランキングもご紹介しています。ぜひご覧ください。

下地センサーはカインズなどのホームセンターでレンタル可能?

「下地センサーを購入しても、使う頻度が低いかも…」と心配な人は、電動工具のレンタルサービスを検討してみましょう。ホームセンターで人気のカインズでは下地センサーのレンタルが可能です。

 

インターネットからレンタルする店舗を選択、レンタル開始日や返却日を選択すれば、簡単にレンタルができます。気になる方は是非チェックしてみてください。

アプリを使った下地センサーもおすすめ

WalabotDIYという商品をご存知でしょうか。この商品はアプリをダウンロードして、スマホを重ねることで壁の中を視覚化することができます。はっきりと下地の場所が目に見えるのがメリットです。

 

しかし10mm以下の探知が出来ないので、まだ一般向けとはなっていませんが、これから期待できる商品かもしれません。

まとめ

下地センサーは主にセンサータイプが主流ですが、状況に応じて針タイプ・マグネットタイプと併用すると便利です。電線警告などの機能や、シンワやマキタなどのメーカーで選ぶのも1つの方法ですが、ほかのポイントもチェックして下地センサーを見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年11月10日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【専門家監修】Bluetoothイヤホンの人気おすすめランキング25選【アプリ連動も】

【専門家監修】Bluetoothイヤホンの人気おすすめランキング25選【アプリ連動も】

イヤホン・ヘッドホン
【元店長監修】成城石井の人気おすすめ商品ランキング50選【2021年最新版!テレビで紹介されたロングセラー商品も紹介】

【元店長監修】成城石井の人気おすすめ商品ランキング50選【2021年最新版!テレビで紹介されたロングセラー商品も紹介】

その他食品
【2021年最新版】マッサージ機の人気おすすめランキング15選【小型・振動式・クッションなど】

【2021年最新版】マッサージ機の人気おすすめランキング15選【小型・振動式・クッションなど】

マッサージ器
GPSロガーの人気おすすめランキング10選【車や登山などの経路確認にも】

GPSロガーの人気おすすめランキング10選【車や登山などの経路確認にも】

ウェアラブル端末・スマートウォッチ
ペンタブの人気おすすめランキング20選【MacBook対応のペンタブも】

ペンタブの人気おすすめランキング20選【MacBook対応のペンタブも】

ペンタブレット
【2021年最新版】スマホスタンドの人気おすすめランキング22選【クリップ型や車載対応も紹介】

【2021年最新版】スマホスタンドの人気おすすめランキング22選【クリップ型や車載対応も紹介】

携帯電話・スマホアクセサリ