プレミアムウォーターの電気代はどれくらい?節約する方法は?

記事ID17510のサムネイル画像

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法はご存知ですか。今回は、ウォーターサーバーシェア率・顧客満足度No.1を獲得している「プレミアムウォーター」の電気代や気になる消費電力、さらには高い電気代を節約する方法について詳しくご紹介します。

プレミアムウォーター の電気代はいくら?

使用状況や管理状況によって違いがありますが、プレミアムウォーター の電気代は、月額およそ630円〜1,180円です。下記にサーバーごとの消費電力やおよその月額電気代をまとめました。参考にしてみてください。

 

サーバー

消費電力 電気代(使用状況により個人差あり)
スリムサーバーIII(ロングタイプ) 冷水/80W 温水/350W 通常時/約630円
スリムサーバーIII(ショートタイプ) 冷水/80W 温水/350W 通常時/約790円 
amadana スタンダートサーバー 冷水/80W 温水/350W 約1,060円
cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー 冷水/80W 温水/350W 通常時/約840円 
amadana ウォーターサーバー 冷水/80W 温水/350W 約980円
QuOL 冷水/100W 温水/350W

通常時/約1,188円 

 

「プレミアムウォーター 」は、サーバーの種類が非常に豊富です。それぞれのサーバーに、機能やデザイン性に違いがあり、特徴があります。もちろん、使用するサーバーによって電気代は異なります。また、「プレミアムウォーター」には、エコモードを搭載しているサーバーもあります。エコモードを使用することで、高い電気代を抑えることが可能となります。

ウォーターサーバーを利用する以上、毎月かかってしまうのが電気代です。電気代は、できるだけ節約して安く抑えたいですよね。そこで、次の見出しからはウォーターサーバーの電気代を抑える方法についてご紹介します。

少し高い?ウォーターサーバーの電気代を抑える方法

そもそも、ウォーターサーバーの電気代についてどのように感じていますか。「少し高いな...」と思われてしまいがちなウォーターサーバーの電気代。しかし、水を温水にする機能を持つ「電気ポット」とウォーターサーバーを比べると、月額電気代はほとんど変わらないのです。電気ポットは水を沸かすのに一定の時間が必要な一方、ウォータサーバーは、使用したい時いつでも温水・冷水が出るのが特徴。ウォーターサーバーは「手間いらず」が1番のメリットです。まずは、ウォーターサーバー会社の企業努力によって、電気代も抑えられていることを認識しましょう。

 

ただ、そうはいってもウォーターサーバーの電気代をより抑えて節約したいもの。企業努力の他にも使用する側の工夫で、ウォーターサーバーの電気代を抑えることが可能です。ここでは、ウォーターサーバーの電気代を最小限に抑えたい方に向けて、電気代を抑える方法をご紹介します。

【注意】ウォーターサーバーの電源は切らないこと!

必ず、常にウォーターサーバーの電源はONにしましょう。ウォーターサーバーの電気代を抑えたいからといって、ウォーターサーバーの電源を切ることはしてはいけません。ウォーターサバーの電源を切ってしまうと、細菌が繁殖しやすい環境となり衛生面に悪影響を及ぼします。また、電源を入れるたびに温度調整をおこなわなけらばならないため、余計に電気代がかかってしまいます。災害時などの非常時はのぞき、普段はウォーターサバーの電源は常に入れておくようにしましょう。これから説明するウォーターサバーの電気代の節約方法は、「電源がON」になっている前提の上でご紹介します。

エコモードの効果は?

「プレミアムウォーター」には、エコモードを搭載しているサーバーがあります。エコモードは、部屋の暗さを光センサーが感知し、自動的に温水タンクの電源がオフになる機能です。では通常使用時とエコモード使用時で、月額電気代はどのくらい違うのでしょうか。

 

サーバー 電気代(通常使用時) 電気代(エコモード使用時)
スリムサーバーIII(ロングタイプ) 約630円 約500円

スリムサーバーIII

(ショートタイプ)

約790円 約630円
cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー 約840円 約670円
QuOL 約1,188円 約1,080円

 

表からわかる通り、「プレミアムウォーター」はエコモードを使用することで、月額電気代を約2割ほど節約することができます。ウォーターサーバーの電気代を抑える方法として、エコモードが搭載されているサーバーを選ぶことは、有効な手段です。

ウォーターサーバーの電気代を抑える方法4選

ここからは、「プレミアムウォーター」のウォーターサーバーの電気代を抑えるために、使用者が実践できる工夫を4つご紹介します。ウォーターサーバーは、設置場所やお手入れ方法を工夫することで電気代を抑えることができます。ウォーターサーバーの電気代を抑える方法を詳しく説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.直射日光の当たらない場所に置く

「プレミアムウォーター」のウォーターサーバーは、直射日光の当たらない場所に設置するようにしましょう。直射日光の当たる場所に設置すると、サーバー本体の温度が高くなり、ボトル内の水が熱されてしまいます。そのため、ウォーターサーバー内で冷水を保つには、より多くの電力を消費することになります。ウォーターサーバーを直射日光の当たらない場所に設置することで、サーバー本体の温度上昇を防ぐことができます。サーバー本体の温度上昇を防ぐことは、ボトル内の水を冷却するために消費する電力を節約することに繋がります。

 

また、ウォーターサーバーを直射日光の当たる場所に設置することで、直射日光によって細菌が増えたり、サーバー本体が劣化・変質したりする可能性が高くなります。このような事態を防ぐためにも、直射日光の当たらない場所にウォーターサーバーを設置しましょう。

2.消費電力節約!エアコンなど温風・冷風の当たる場所に置かない

「プレミアムウォーター」のウォーターサーバーは、エアコンやヒーターなどの温風・冷風が当たらない場所に設置しましょう。温風や冷風は、ボトル内の水にも影響を及ぼします。エアコンの冷房が直接ウォーターサーバーに当たっている場合、ボトル内の水も冷えてしまうため、温水にするための電力をより消費することになります。暖房の場合も同じで、冷水にするための消費電力がより必要になります。

 

「プレミアムウォーター」のサーバーのほとんどが上部にボトルを設置しています。サーバーの上部にボトルを設置している場合は、特に影響を受けやすいため注意しましょう。

3.障害物の近くに置かない

「プレミアムウォーター」のウォーターサーバーは、周辺に障害物がない場所に設置しましょう。ウォーターサーバーは電気を消費しているため、常に排熱しています。

 

ウォーターサーバー本体を壁や家具などの近くに設置してしまうと、熱を放出できなくなってしまい、サーバー本体の温度が上昇してしまいます。そのため、ボトル内の温度を調整するために、余計に電力を消費してしまい、電気代が高くなります。

 

具体的にウォーターサーバーは、壁や家具などの障害物から10cm〜15cm以上離れて場所に設置しましょう。

4.定期的にサーバーの掃除をする

「プレミアムウォーター」のウォーターサーバーは、定期的に掃除をすることでも電気代を抑えることができます。特に、ウォーターサーバーの背面部分は注意が必要です。

 

ウォーターサーバーの背面部分にホコリが溜まってしまうと、熱を放出できなくなってしまい、余計な電気を消費してしまいます。また、安全面や衛生面においても、月に1回程度、ウォーターサーバーを掃除をするよう心掛けましょう。

 

 

ウォーターサーバーの電気代は他の家電と比べてどうなの?

「プレミアムウォーター」のウォーターサーバーの電気代は、他の家電と比べて高いのでしょうか。先ほど、電気ポットを例にご紹介しました。ここでは、電気ポット以外にも、さまざまな家電とウォーターサーバーの月額電気代を比較していこうと思います。

 

スリムサーバーIII(ロングタイプ)通常使用時 スリムサーバーIII(ロングタイプ)エコモード使用時 電気ポット 電気ケトル 冷蔵庫

約630円 約500円 約500円 約270円 約600円

 

「プレミアムウォーター」のスリムサーバーIII(ロングタイプ)を例に比較してみましたが、いかがでしょうか。ウォーターサーバーの電気代は、他の家電と比べても高いというわけではありません。

 

むしろ、使いたいときにいつでも冷水・温水を好きなだけ利用できるウォーターサーバーは、「手間いらずで電気代が安い」というメリットがあります。コストパフォーマンスにおいて、他の家電よりも優れているのではないでしょうか。

ウォーターサーバーを賢く利用することでより便利に!

「プレミアムウォーター」の電気代と電気代を節約する方法などをご紹介してきましたが、いかがでしたか。ウォーターサーバーを賢く利用することができれば、電気代をかなり節約することができます。

 

直射日光の当たらない場所に設置する

エアコンやヒーターの風が当たらない場所に設置する

障害物からは10〜15cmほど離して設置する

定期的にサーバー本体を掃除する

これらを実践し、さらにエコモードのあるサーバーはエコモードを利用することで、ウォーターサーバーはより快適で便利なものとなります。

 

ぜひ本記事を参考に、より賢く、便利に利用しましょう。

 

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年11月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

プレミアムウォーターの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

プレミアムウォーターの口コミ評判は?実際に使用している人の感想まとめ!

その他
プレミアムウォーターの口コミや評判は?良い点と悪い点をチェック!

プレミアムウォーターの口コミや評判は?良い点と悪い点をチェック!

その他
【2023年9月最新版】プレミアムウォーターのキャンペーン情報まとめ

【2023年9月最新版】プレミアムウォーターのキャンペーン情報まとめ

その他
うるのんの電気代はどれくらい?節約する方法は?【ウォーターサーバー】

うるのんの電気代はどれくらい?節約する方法は?【ウォーターサーバー】

その他
シンプルウォーターの電気代はどれくらい?節約する方法はある?

シンプルウォーターの電気代はどれくらい?節約する方法はある?

その他
ウォーターサーバーの電気代はいくら?安くするには?【人気サーバーの電気代一覧】

ウォーターサーバーの電気代はいくら?安くするには?【人気サーバーの電気代一覧】

その他