自己破産しても生活保護は受けられる?どっちが先?流れや注意点も解説

記事ID15157のサムネイル画像

人が生きるためのセーフガードである「自己破産」と「生活保護」。ですが、自己破産すると生活保護を同時に受給できなくなるのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、自己破産と生活保護の関係や、手続きのポイントなどを詳しく解説します。

自己破産すると生活保護に影響する?

どうしても借金の返済が難しいときは、借金が免除になる自己破産を行います。その際に気になるのは、その後の生活についてですよね。生活費の工面が難しい場合には、生活保護を検討する必要があります。

 

ですが、債務整理についての知識が乏しくて、「自己破産をしても生活保護は受けられるのか」「自己破産と生活保護はどっちが先なの?」など疑問や不安を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、自己破産と生活保護の関係や、注意点などを詳しく解説していきます。また、自己破産をする前に相談できるおすすめの法律&法務事務所も紹介するので、参考にしてください。

自己破産しても生活保護は受けられる

自己破産をしてしまっても、生活保護は受けることが可能です。また、生活保護中であっても自己破産をすることもできます。自己破産と生活保護の手続きを一緒に手続きすることに対しても規制はないため、同時に行えます。

 

借金問題の解決は生活保護を受給中であっても自己破産を一緒に行うことが多いです。そのため、生活の立て直しのために自己破産と生活保護について知識を増やしていきましょう。

そもそも自己破産とは?

自己破産というのは、借金を解決することが難しく裁判所に申し立てをすることを指します。借金解決のために自分の所有している財産を債権者に差し出し、債務の支払いを免除する制度です。そのため財産をお金にかえますが、手元に20万円以下の預貯金などは残せます。

 

裁判所に「破産申立書」を提出し、「免責許可定」をもらい、すべての借金をゼロにすることを目的としています。今後の稼ぎから見て借金の返済が不可能だと判断した場合に視野に入れるべき制度です。

自己破産のメリット

自己破産の最大のメリットは、借金の支払い義務が免責される点です。家族が借金の肩代わりをする必要もなく、借金の支払いが全額免除されます。自己破産が認定されると、給料の差し押さえもなくなります。また、生活に必要な財産は全て残すことができます。

自己破産のデメリット

自己破産すると、20万円以上の価値がある財産を手放さなければなりません。家や車を所有している人は、対象となり失う可能性があります。また、自己破産すると個人信情報機関にデータが記録されるため、5〜10年はローンやカードの審査が通りづらくなります。

自己破産手続きに必要な書類

 自己破産手続きに必要な書類は、以下の通りです。

 

・住民票

・債務者の財産目録

・源泉徴収票の写し、債務者の収入額を明らかにする書目

・破産手続き開始の申し立ての1ヶ月の債務者の収入・および支出を記録した書面

・申立書

・陳述書

・債務者一覧

そもそも生活保護とは?

生活保護というのは、最低限度の生活も送れないほど困っている人に、国が最低限度の生活を保障する制度です。憲法で定められており一定の条件を満たしていれば申請することが可能です。生活保護費として支給されるため、最低限の生活をすることができます。

 

さまざまな事情で暮らしに困っている方が利用するものであり、一定の条件をクリアしないと生活保護の受給することが難しいです。そのため、受給するための条件を確認してみましょう。

生活保護のメリット

生活保護が認められると、生活に必要最低限のお金を受け取れるメリットがあります。受給金額は、状況によって異なります。また、住民税などの税金や医療費など支払い免除がされ、生活のサポートをしてもらえます。

生活保護のデメリット

生活保護を受給していると、車や贅沢品を所有できなかったり居住地が制限されたりします。また、ケースワーカーの訪問があり定期的に面談が必要です。ローンやクレジットカードの審査が通らないなどのデメリットがあります。

生活保護申請に必要な書類

生活保護申請に役立つ書類は、以下の通りです。

 

・申請書

・住民票

・病気の診断書

・離職票や求職中であることを証明する書類

・給与明細など収入を証明するもの

・預金通帳

・家賃や光熱費の請求書

生活保護を受ける要件は?

生活保護を受給するためには、一定条件をクリアしなければいけません。その内容は、家族や親族に生活を援助してくれる方がいない場合です。その他にも、持ち家や車、土地の資産価値がある財産を所有していないことです。

 

生活保護を申請する場合、財産を処分することを求められることが多いです。自己破産をした場合であれば、自動的に生活保護の条件をクリアすることができます。あとは、収入が生活を維持できる基準に満たされていないと、生活保護の基準をクリアします。

生活保護を申請するタイミングはいつ?

自己破産と生活保護のどちらを先にするかは自由に選択できますが、どちらを先に行うのがいいのかタイミングについてご紹介します。

どちらが先かは自由に選択できるが、ケースワーカーから指導を受ける可能性も

自己破産と生活保護のどちらを先にするかは自由に選択できますが、自身が置かれている状況によって異なります。生活保護申請と自己破産手続のタイミングは法律の専門家と相談をして決めるのがベストであるため、まずはどこに相談するかを考えてみましょう。

 

場合によっては、自己破産して借金をなくしてから生活保護を受給するよう自治体の担当者(ケースワーカー)から指導を受ける可能性があります。自己判断で進めるよりは、専門家に相談した上で判断するのが無難です。

 

自己破産と生活保護のどちらを先に手続きするタイミングによって、どのようなメリットがあるのかチェックしていきましょう。

自己破産手続きをしてから生活保護を申請する場合

自己破産をしてから生活保護の手続きをすると、ある程度財産を整理していることもあり、生活保護の条件を満たしていることが多いです。ケースワーカーが借金問題を解決しておくことが望ましいとアドバイスをしてくれ、先に自己破産の手続きを開始する方が現実的です。

 

自己破産をした方は次の就職の見込みが立たないため、生活保護を同時進行で申請するのがおすすめです。申請するタイミングは人によって異なりますが、自己破産をするときは生活保護のことも頭に入れておきましょう。

生活保護申請をしてから自己破産手続きする場合

生活保護を受給している間に、自己破産の手続きを行うことはできます。申請できる理由としては、生活保護を受給している間に、収入を得るわけではありません。自己破産の手続きをしても、通常通り生活保護の受給を行うことはできます

 

また、生活保護を受給している状態であれば、自己破産にかかる費用を免除することも可能です。自己破産の手続きには裁判所費用が発生します。しかし、生活保護を受給していることによって裁判所費用は1~20万円程度も免除されるため、費用を軽減することができます。

\自己破産の前に無料相談/

生活保護者は自己破産の費用が免除されるのか?

自己破産の手続きをする際に、費用が発生します。法律の専門家に相談しながら進めるため、まずは費用も把握しておくことが大切です。

自己破産手続きで必要な費用は?

自己破産の手続きを行うときは、専門家の弁護士の力を借りなくてはいけません。相談は無料であっても、実際に手続きを始めていくと費用がかかります。依頼費用の相場は20~30万円程度であり、破産費用は大きな負担になるため、どのくらいの費用がかかるかは把握しましょう。

 

裁判所費用は1~20万円程度となっており、所有している財産の価値によって異なります。そこに、弁護士費用がかかり、事務所によっては30万円~50万円程度が発生します。専門家でないと手続きが難しいこともあり、お任せするのがおすすめです。

 

よって、事前に費用を把握しておくことが大切であり、生活保護を受けていることで免除される費用もあるので、次で確認してみてください。

生活保護者はどんな費用を免除される?

生活保護を申請してから、自己破産の手続きを行うと免除できる費用があります。そのため、どのような費用を節約することができるのか確認してみてください。

予納金

自己破産の手続きには裁判所に収める「予納金」があり、20万円程度のことが多いです。これを準備することが難しいと、自己破産手続きが進められなくなってしまうため、生活保護を先に申請して受給されている方であれば、免除することができます

 

予納金についても立替の場合は、費用を返済する必要がありますが、生活保護受給者で免除であれば支払う必要はありません。このように、自己破産を進めていくためにも多くの費用が発生するため、生活保護を受給していることで免除される費用もあることを覚えておきましょう。

弁護士依頼に必要な費用

自己破産は裁判に申し立てをしなくてはいけないため、専門家である弁護士に依頼しないと手続きを進めていくことが難しいです。そのため、弁護士費用が発生し、事務所によっても金額に差が出るため、比較をしてできるだけ良心的なところを選ぶ必要があります。

 

基本的には30万円~50万円程度が必要ですが、初めの相談は無料のことも多いため、費用についても確認しておくことが大切です。

 

破産手続中に予納金の返還金を猶予してもらえたり、生活保護を受けていていれば免除されることもあるため、費用を抑えることができる方法を選択してみてください。

法テラスを利用すれば弁護士・司法書士費用は立て替えられる

法テラスとは、「日本司法支援センター」の通称で、無料で法律相談ができるほか弁護士や司法書士の費用を立て替えてくれます。弁護士費用や司法書士費用は高額で依頼ができない人でも、使えるサービスなのでぜひ参考にしてください。

\自己破産の前に無料相談/

自己破産者が生活保護を受ける際の注意点は?

自己破産をした方が、生活保護を受ける際に気を付けなければいけないポイントがあります。不正受給を目的とした悪質なケースにならないためにも、注意点を確認してください。

生活保護費による借金返済や、生活保護を隠して借金することはできない

生活保護を受給している方は、最低限の生活を維持するためのお金ですから、借金の返済に使うことは禁じられています。財産も整理し、最低限の生活のお金を借金の返済に支払っていることが発覚すれば、条件によっては生活保護を受けられなくなるため、気を付けましょう。

生活保護を申請するときに借金はバレる?

あくまでも生活に必要なお金を支給しているのであり、借金の返済には使ってはいけません。また、生活保護を受給すると、返済能力が不安視されるので、銀行や消費者金融会社からお金を借りることは難しくなります。申し込みを行い審査には通ってもバレるのは時間の問題です。

 

嘘をついてお金を生活保護者が借りると、あとで給付金の返還金を求められたりする可能性もあるため、一時的にお金が必要なときは自治体の貸与を相談してみましょう。

生活保護者にも返済の督促はある

自己破産の前に生活保護を受給したとしても、借金がなくなったわけではありません。そのため、生活保護を受給していても、借金の返済の催促はあります。そのため、借金を返済することが困難と判断した場合は、自己破産の手続きができるため開始するようにしましょう。

 

自己破産と生活保護の違いについてしっかりと知識を取り入れて入れば、不安になることがなく手続きを正確に進めていくことができます。どちらを先に行うかタイミングにもよりますが、人によって借金の内容が異なるため、生活を保障してもらえる範囲で進めてみてください。

不正受給は免責されない可能性もある

生活保護で本人の勘違いなどで不正受給になった場合は、「返還金」という扱いです。悪質なケースであれば「徴収金」として扱われるため、自己破産と同時に申請する方は注意点をしっかりと確認しておきましょう。

 

「徴収金」は支払い義務が免除されませんし、免責の対象にならないので悪質なことはしてはいけません。裁判所に悪質と判断されると刑事罰が科せられ自己破産の他に多くの代償を覆います。

自己破産は2回目もできる?

自己破産は回数や金額の制限がないため、生活保護を受けながら2回目以降の自己破産を行うこともできます。自己破産から7年が経過し、破産の理由は前回と異なれば、行うことが可能ですが条件をクリアしないといけないため、内容を確認しましょう。

自己破産に強い法律&法務事務所おすすめ3選

自己破産をする方は、すべての方が同じ内容とは限りません。そこで、法律の専門家に相談しながら手続きを進めていく必要があります。そこで、自己破産に強いおすすめの法律&法務事務所をご紹介します。

▼債務整理におすすめの事務所ランキングは下記をクリック!▼

消費者金融1社から対応可能

実績や依頼費用の安さ、満足度を考慮し、当サイトでイチオシの法務事務所とさせていただきました!

 

【相談件数20万件以上の実績】

はたの法務事務所は、債務整理や過払い請求の相談実績20万件以上、うち95.2%が満足という結果となっており、多くの債務者から絶大な信頼を得ています。はたの法務事務所は調査を無料で引き受けてくれる上に、早期完済をサポートしてもらえるので、借金の整理を気軽に相談することができます。


【債務者にありがたい料金設定】

相談料、着手金無料、分割払いOK!すぐにまとまったお金が用意できないという方でも頼みやすい事務所です。

 

【24時間いつでもOK!まずは無料を】

問い合わせフォームなら全国どこからでも24時間年中無休で無料相談に対応。後日、事務所からメールもしくは電話にて連絡が来るので必ずチェックしましょう!フリーダイヤルなら平日8:30~21:30、土日祝日8:30~21:00に相談OK!今すぐ無料相談を!

 

▼事務所詳細

対応地域 全国出張可(無料)
対応業務 過払い請求、任意整理、個人民事再生、自己破産など



着手金 0円 相談料 無料

借金問題でお悩みの方のための無料相談窓口

アース法律事務所では、借金問題でお悩みの方に向けて、無料相談窓口を設置しています。元裁判官の弁護士が、親身になってあなたの借金問題の早期解決をサポートします。

 

全国どこでも対応可能で、相談実績3500件越えの法律事務所※です。自己破産でお悩みの方は、まずは気軽に相談窓口に連絡してみてはいかがでしょうか。公式サイトから無料メール相談を受け付けています

 

※公式サイトより

着手金 33万円(税込)〜 相談料 無料

女性のための借金相談窓口

女性のための借金相談窓口が設置されています。ご主人やご家族には言えない借金問題の相談に、女性スタッフが無料で対応してくれます。秘密厳守を徹底しているので、できるだけ人に借金がばれたくない方におすすめの法律事務所です。

着手金 27万5000円(税込)〜 相談料 無料

女性専用相談窓口で相談しやすい

旧名村法律事務所は、現在ひばり法律事務所となり債務整理を得意としているのが特徴です。女性専用の相談窓口も設けており、相談しやすいのでおすすめです。相談が何度でも無料で、地方在住者でも相談しやすく匿名から始めることができるため安心です。

着手金 220,000円(税込)〜 相談料 無料

豊富な実績で安心

自己破産をするにあたり、相談が無料で債務整理を的確に行ってもらえる弁護士事務所でおすすめは東京ロータス法律事務所です。土日・全国対応の弁護士事務所であり、3万件という圧倒的な実績があることで、ノウハウや知識もあり相談は何度でも無料なのが良心的です。

着手金 220,000円(税込) 相談料 無料

自己破産と生活保護に関するよくあるQ&A

生活保護の不正受給で発生した返還金は、自己破産で免除される?

編集部の画像

編集部

免除されるケースもあります。基本的に、生活保護の不正受給は福祉事務所に返還しなければなりません。しかし、生活保護法63条に基づいた「返還金」の場合は、自己破産になると返還請求権が免責になり支払い義務がなくなります。

自己破産をして生活保護を受給しても賃貸は契約できる?

編集部の画像

編集部

はい、できます。自己破産をしていても生活保護を受けていても法律上は賃貸の契約ができます。ただし、自己破産により信頼度が下がるため入居時の審査に落ちてしまう可能性があります。審査ハードルの低い保証会社を利用することで契約しやすくなるので、不動産に相談しましょう。

\無料調査受付中/

自己破産の前に専門家に相談しよう

自己破産と生活保護の目的を知って、どのような手続きが必要なのかを把握しておくことで、焦らずに手続きを進めていくことができます。それぞれメリットや注意点などがあるため、専門家に相談しながら手続きを進めていくようにしてください。

 

法務事務所や法律事務所などでは、借金問題について無料で相談できる場合も多いです。賢く活用しながら、1人で抱え込まずに問題の早期解決を目指しましょう

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年08月02日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

自己破産のやり方【流れ、費用、支払い方法は?】メリット・デメリットも解説

自己破産のやり方【流れ、費用、支払い方法は?】メリット・デメリットも解説

債務整理
【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】

【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】

債務整理
自己破産の相場費用はいくら?自己破産が得意な人気おすすめ弁護士事務所ランキング5選も紹介!

自己破産の相場費用はいくら?自己破産が得意な人気おすすめ弁護士事務所ランキング5選も紹介!

債務整理
自己破産後に車のローンは組める?連帯保証人はどうなるの?

自己破産後に車のローンは組める?連帯保証人はどうなるの?

債務整理
【2023年最新版】中小企業が貰えるおすすめの助成金10選

【2023年最新版】中小企業が貰えるおすすめの助成金10選

その他
自己啓発本のおすすめ人気ランキング40選【自己啓発本とは?女性向けも紹介】

自己啓発本のおすすめ人気ランキング40選【自己啓発本とは?女性向けも紹介】

本・雑誌

債務整理のおすすめ記事

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選!費用や口コミで徹底比較のサムネイル画像

債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所10選!費用や口コミで徹底比較

債務整理
はたの法務事務所の口コミ・評判は本当?実際に利用した方の声をもとに徹底調査のサムネイル画像

はたの法務事務所の口コミ・評判は本当?実際に利用した方の声をもとに徹底調査

債務整理
【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】のサムネイル画像

【2023年】自己破産に強い司法書士・弁護士事務所の人気おすすめランキング15選【費用・口コミも】

債務整理
【2023年】任意整理はどこがいいい?おすすめの司法書士・弁護士事務所ランキング11選【口コミも】のサムネイル画像

【2023年】任意整理はどこがいいい?おすすめの司法書士・弁護士事務所ランキング11選【口コミも】

債務整理

地域毎で選ぶおすすめ事務所

東京でおすすめの債務整理事務所人気ランキング9選【無料相談・任意整理】のサムネイル画像

東京でおすすめの債務整理事務所人気ランキング9選【無料相談・任意整理】

債務整理
【2023年最新版】大坂でおすすめの債務整理事務所人気ランキング12選【無料相談できる事務所も!】のサムネイル画像

【2023年最新版】大坂でおすすめの債務整理事務所人気ランキング12選【無料相談できる事務所も!】

債務整理
愛知県名古屋で債務整理に強い弁護士・司法書士の人気おすすめランキング12選【口コミ・評判も】のサムネイル画像

愛知県名古屋で債務整理に強い弁護士・司法書士の人気おすすめランキング12選【口コミ・評判も】

債務整理
札幌で債務整理におすすめな司法書士・弁護士事務所人気ランキング9選【口コミ・評判で選ぶ】のサムネイル画像

札幌で債務整理におすすめな司法書士・弁護士事務所人気ランキング9選【口コミ・評判で選ぶ】

債務整理
仙台で債務整理に強い司法書士・弁護士事務所おすすめランキング9選【安いところは?】のサムネイル画像

仙台で債務整理に強い司法書士・弁護士事務所おすすめランキング9選【安いところは?】

債務整理
【2023最新】福岡で債務整理に強いおすすめ事務所人気ランキング11選【口コミも】のサムネイル画像

【2023最新】福岡で債務整理に強いおすすめ事務所人気ランキング11選【口コミも】

債務整理
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。