ピュアオリーブオイルの人気おすすめランキング15選【マイルドで食べやすい!2020年最新】

記事ID14553のサムネイル画像

ピュアオリーブオイルは、クセがなく風味や香りが少ないのが特徴です。料理の邪魔にならずマイルドな口当たりなので、料理に取り入れやすいのも魅力です。今回はそんなピュアオリーブオイルの選び方と一緒におすすめ商品をランキング形式で紹介します。

ピュアオリーブオイルとは

ピュアオリーブオイルとは、風味や香りが弱いオリーブオイルです。精製されたオリーブオイルを使用しているので、オリーブ本来のクセのある香りが少なく、マイルドなのが特徴です。

 

品質の高いエキストラバージンオリーブオイルよりも、風味にクセがないのでピュアオリーブオイルを好んで使用する人もいます。「オリーブオイルはクセがあって苦手」という方でも、ピュアオリーブオイルならクセを気にせず食事を楽しめるかもしれません!

 

そこで今回は、ピュアオリーブオイルの選び方やおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは原産国酸化防止対策を基準に作成しました。料理に適したオリーブオイルについてもご紹介しているので、参考にしてくださいね。

オリーブオイルの種類

まずはオリーブオイルの種類についてご紹介します。オリーブオイルは主に3種類があり、特徴や製造方法が異なります。

加熱調理におすすめの「ピュアオリーブオイル」

ピュアオリーブオイルとは、精製したオリーブオイルとエキストラバージンオリーブオイルをブレンドして作られています。比率は製品によって異なりますが、エキストラバージンオリーブオイルが10%以下の製品が多いです。

 

ブレンドしているので、エキストラバージンオリーブオイルよりも風味や香りが弱く、マイルドな味わいが特徴です。その特徴から、料理の風味を邪魔しないので、加熱調理に使用されます。また、エキストラバージンオリーブオイルよりもリーズナブルです。

 

なお、「ピュアオリーブオイル」は日本国内で使用されている呼び方です。日本国外では使用されない呼び方ということもあり、日本国内のピュアオリーブオイルも「オリーブオイル」と表記されている製品が増えてきています。

本物志向におすすめの「エキストラバージンオリーブオイル」

エキストラバージンオリーブオイルは、オリーブの果実を絞った果汁100%のオイルのことです。精製処理を行なっていないので、オリーブ独特の風味や香りを楽しめます。加熱すると香りが移ったり成分が失われるので、ドレッシングや食事の香り付けに適しています。

 

ちなみに、エキストラバージンオリーブオイルは「バージンオリーブオイル」の1つです。バージンオリーブオイルには4種類あり、国際オリーブ協会(IOC)が定めた国際基準によってオリーブオイルの種類が決まります。

 

最も高い基準をクリアしたのが「エキストラバージンオリーブオイル」です。他のバージンオリーブオイルはエキストラバージンオリーブオイルよりも品質が低く、稀に市場に流通しています。

ピュアオリーブオイルよりも安い「オリーブポマースオイル」

オリーブポマースオイルとは、オリーブオイルを搾り終わった実(ポマース)を精製して、さらにバージンオリーブオイルをブレンドしたオイルです。オリーブオイルの1つとして紹介される事が多いですが、厳密にはオリーブオイルではありません。

 

オリーブポマースオイルは食用油として認められていない国が多いですが、日本では0.3%以下の酸度に精製している製品を食用油として認めています。オリーブオイルの栄養や風味はありませんが、価格が安いので揚げ物をするときにおすすめです。

ピュアオリーブオイルの選び方

クセがなく使い勝手が良いピュアオリーブオイル。そんなピュアオリーブオイルだけでも、様々な特徴があります。選び方をご紹介するので、参考にしてください。

原産国で選ぶ

ピュアオリーブオイルは原産国の気候などによって、風味や品質が異なります。特におすすめの原産国をご紹介します。

地域によって風味が違う「イタリア産」

イタリア産のオリーブオイルは、地域によって香りや風味が違います。なぜなら、イタリアは南北に長い形状をしているので、その土地で気候が異なるからです。また、イタリアで栽培されているオリーブは種類が豊富なことも関係しています。

 

例えば、イタリア北部にあるリグーリア州やヴェネト州のオリーブオイルは、香りが弱くクセが少ないのが特徴です。まろやかでマイルドな味わいを楽しめます。タジャスカ産のオリーブオイルが有名です。

 

イタリア南部で栽培されているオリーブオイルは、バリエーションが豊富です。特に有名なのが、イタリア最大のオリーブオイルの生産地であるプーリア州。緑がかった色が特徴で、フルーティで爽やかな味わいを出しています。

どんな料理にも合う「スペイン産」

オリーブオイル生産量が世界1位のスペイン。イタリア産のオリーブオイルよりもバリエーションが少ないと言われていますが、世界各国に輸出していることから、どんな料理にも合うように作られています。アンダルシア地方のオリーブオイルが有名です。

 

スペイン産のオリーブオイルは、マイルドな風味で口当たりも良いのが特徴です。オリーブ独特のクセが少なく、品質も安定しています。まろやかで苦みが少ないので、「飲むオリーブオイル」に使用されることも多いです。

高品質な「ギリシャ産」

ギリシャのオリーブオイルは高品質で有名です。生産量と消費量とともに世界3位に入るほど、ギリシャの人たちの生活に根付いています。ちなみに、ギリシャ神話にオリーブが登場しており、古代から美容や灯など食用以外にも使われていました。

 

品質が高いオリーブオイルを作れる理由は、オリーブが地面に触れないように収穫することと24時間以内にオリーブオイルを抽出することが関係しています。イタリアがギリシャ産のエキストラバージンオリーブオイルを輸入してブレンドしているほどです。

 

なお、ギリシャ産のオリーブオイルで有名なのは、「コロネイキ」という品種です。ギリシャ国内で製造されるオリーブオイルの約6割を占めています。フルーティで爽やかな香りでコクのある風味が特徴です。

まろやかな味の「日本産」

日本産のオリーブオイルといえば、瀬戸内海にある香川県の小豆島です。100年以上の歴史を誇っています。オリーブオイルの生産だけではなく、イタリアやスペインから輸入したオリーブオイルの加工でも有名です。

 

小豆島で生産されたオリーブオイルは、クセが少ないのが特徴です。メーカーによっては、和食に合うオリーブオイルが作られています。様々な料理と合わせやすく、質が高いのもポイントです。

 

小豆島のオリーブは手摘みで収穫し、新鮮な状態でオリーブオイルの抽出を行なっています。日本で製造されているので、品質にこだわっている方におすすめです。

ボトルの色やサイズで選ぶ

オリーブオイルを選ぶときは、ボトルの色や使い切れるサイズであるかが重要です。酸化を防げるボトルや酸化する前に使い切れるサイズの製品を選べば、高い品質を保ったままオリーブオイルを使用できます。

「遮光性」のあるボトルで酸化防止

オリーブオイルは遮光性のあるボトルがおすすめです。光を浴びると、オリーブオイルが酸化して品質が落ちてしまいます。遮光対策が取られているボトルを選べば、オリーブオイルの品質が落ちにくく、酸化を遅らせることができます。

 

遮光対策が取られているボトルは、緑色や黒など、色がついている製品です。透明な容器のオリーブオイルを使用するのであれば、アルミホイルでボトルを包んでください。温度も酸化に関係しているので、16~18度程度の光が当たらない場所に保管しましょう。

「ガラス製」のボトルで酸化防止

酸化は酸素によっても進行します。ペットボトルなどのプラスチック製のボトルは、重量が軽く扱いやすいですが、酸素が入りやすいです。酸素が入りにくい「ガラス製」のボトルがおすすめです。

 

オリーブオイルをおしゃれなボトルに移し変えて使用する方もいますが、空気に触れることで品質の劣化が進みます。陶器や素焼きのボトルもペットボトルと同様、酸素を通しやすい構造なので、オリーブオイルの保管には適しません。

 

また、酸化を防ぐために保管するときはボトルを立てましょう。横向きに保管すると、空気に触れる面が広くなるので、酸化しやすくなります。

「使い切りサイズ」で酸化防止

オリーブオイルの品質を保つには、短期間で使い切れるサイズの製品を選ぶことも大切です。頻繁にオリーブオイルを使用しないのに、大容量タイプの製品を購入してしまうと、使い切るまでに時間がかかり、酸化が進みます。

 

一方、短期間で使いきれるのであれば、オリーブオイルの品質が落ちる前に使用できるでしょう。料理内容や使用頻度によって使い切るスパンが異なるので、購入前に確認してくださいね。

品質を求めるなら「酸度」で選ぶ

酸度とは、酸化の度合いを示したものです。酸度を確認することで、オリーブオイルの鮮度がわかります。酸度の数値が低いほど、そのオリーブオイルの品質が高いということです。酸度の単位はパーセンテージ(%)で表記されます。

 

国際オリーブオイル協会(IOC)の国際基準では、酸度1.0%以下のオリーブオイルをピュアオリーブオイルと定めています。ピュアオリーブオイルよりも品質が高いエキストラバージンオリーブオイルは酸度が0.8%以下です。

 

農林水産省 (JAS)が定めた国内基準は、酸度ではなく酸化(mg)を表記しています。この場合、ピュアオリーブオイルは2.0mg以下と定められています。酸度を確認する場合は、どの規格が適用されているか確認してから数値を見ましょう。

オーガニックは「認証マーク」で選ぶ

素材にこだわる方なら、オーガニックを選びたいですよね。認証マークが記載されているオリーブオイルであれば、その認定機関が定めた基準を超えていることがわかります。例えば有機JAS認定マークは、化学肥料や農薬を頼っていない食品に付与されます。

 

ピュアオリーブオイルは、製造の過程でオリーブオイルをブレンドしているので有機JAS認定マークが記載されていることは少なく、エキストラバージンオリーブオイルに記載されていることが多いです。

イタリア産のピュアオリーブオイルの人気おすすめランキング7選

7位

ピエトロ・コリチェッリ

ピュアオリーブオイル

価格:2,455円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

微かなアーモンド風味が特徴

ピエトロ・コリチェッリは、イタリア屈指のオリーブオイルメーカー。このピュアオリーブオイルは、エクストラバージンオリーブオイルを30%もブレンドしていながら、クセと雑味のない味わいが特徴です。また、アーモンドのような甘い風味で料理にコクを与えます。

 

高品質なオリーブオイルを製造できる理由は、ピエトロ・コリチェッリが独自で用意している自社畑や契約農家でオリーブを栽培しているからです。イタリア産のベーシックなピュアオリーブオイルを探している方におすすめです。

原産国イタリアボトルの色透明
ボトルの素材ペットボトル
6位

コラビータ

ピュアオリーブオイル缶

価格:2,002円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イタリア原料だけで製造!

イタリアの原料だけで製造されたピュアオリーブオイルです。ペペロンチーノなどのイタリア料理に使えば、ワンランク上の仕上がりを目指せます。

 

こだわりのイタリア産で品質の高いオリーブオイルですが、エクストラバージンオリーブオイルのようなクセのある風味はせず、まろやかな味わいです。

 

ちなみに、イタリアの原料だけで製造されたことを証明する「CERMET」を取得しているピュアオイルなので信頼度も抜群。酸化を防止するために、遮光性あるアルミ缶を使用しているので高品質をキープします。

原産国イタリアボトルの色黄色
ボトルの素材

口コミを紹介

新宿にある某有名パスタ店のペペロンチーノがうま過ぎて自分でも作りたくたくなったのですが、、
お店で使用しているオリーブオイルがこのコラビータのピュアオリーブオイルでした。
これを使ってからはお店の味にだいぶ近づけるようになりました、最高です!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ルグリオ

ピュアオリーブオイル

価格:1,430円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

品質を重視!酸化しにくいボトルを採用

イタリアのナポリ近郊の町で生まれたルグリオ社。品質を重視しているので、新鮮なオリーブの香りと風味が特徴です。ピュアオリーブオイルは加熱調理に適していますが、ルグリオのピュアオリーブオイルは、そのまま使用してもまろやかでさっぱりとした口当たり

 

ドレッシングとして使用したりパンに塗ったりしても、クセがなくマイルドな味わいです。だから1本あれば様々な料理に使用できます。品質を重視しているので遮光性のあるガラス瓶で酸化を防止してくれるのもポイントです。

原産国イタリアボトルの色
ボトルの素材ガラス
4位

ギャバン

オリーブオイルピュア

価格:1,726円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本物にこだわったGABANのイタリア産のオリーブオイル

調味料で有名なGABANから発売されているイタリア産のピュアオリーブオイル。酸度を1%以下に抑え、ピュアオリーブオイルでも高い品質を保っています。だから、オリーブ独特の香りを抑えつつ、コクのあるマイルドな味わいを実現。炒め物や煮込み料理に最適です。

さらに、酸化しにくいガラス製の色が付いたボトルを採用しているので、劣化しにくいのも特徴です。

原産国イタリアボトルの色
ボトルの素材ガラス

口コミを紹介

アヒージョにアボカドにパスタにと使っているので
すぐになくなっちゃいます。
美味しくて安くて不満はないのでかれこれ三回リピしてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

モンテ物産

モンテベッロ ピュア・オリーブオイル

価格:3,737円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライトな風味でクセがない!

モテベッロのイタリア産のピュアオリーブオイル。大容量なので、レストランでも使用されています。マイルドな風味でクセがないので、どんな料理に使用しても素材の味を邪魔しません。パスタや炒め物に最適です。

 

また、エキストラバージンオリーブオイルのような重さがないので、天ぷらなどの揚げ物でも脂っこさがないサクサクした食感に。ピュアオリーブオイルの国際規格をクリアしているので、酸度は1%以下。製造システムも国際標準化機構の基準をクリアしています。

原産国イタリアボトルの色透明
ボトルの素材ペットボトル

口コミを紹介

パッケージのデザイン等よりも、実際の味が大切、と思い、思い切って、普段用のオリーブオイルとして購入をしたところ、パスタ料理や揚げ物等に、とても美味しくなめらかな、くせのない、すんなりと身体が吸収をしているという感想を持ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

明治屋

モニーニ ピュア・オリーブオイルアンフォーラ

価格:843円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素材の邪魔をせず、どんな料理も美味しく仕上がる

エキストラバージンオリーブオイルが有名なモニーニ。ピュアオリーブオイルも高い人気を誇ります。まろやかでバランスのとれた味わいに加えて、火を通してもクセがない爽やかな香りがキープされるのが特徴です。

ペペロンチーノなどでエキストラバージンオリーブオイルを使用すると、強い風味を持つニンニクでさえ香りが消されます。しかし、このピュアオリーブオイルを使用すれば、ニンニクの風味を邪魔しないので、どんな料理でも美味しく仕上げられます。

原産国イタリアボトルの色透明
ボトルの素材ガラス

口コミを紹介

火を入れても良い香りが持続します。素材の味を邪魔せず大変使いやすいです。
コストとのバランスが他の製品と比べてベストです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

日欧商事

ソル・レオーネ ピュア・オリーブオイル

価格:811円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あっさり風味!サラダから揚げ物まで使える

あっさりした風味とクセのない味わいで人気のあるピュアオリーブオイルです。素材と味、品質にこだわっていながら、リーズナブルな価格なのもポイント。カルパッチョやサラダのドレッシングなど、火を通さなくてもさっぱりとした味でクセがありません。

 

また。火を通してもオリーブの風味が落ちないのも特徴です。炒め物に使用してもオリーブの風味を楽しめます。マイルドな口当たりで油切れが良いので、揚げ物に使用するのもおすすめです。

原産国イタリアボトルの色透明
ボトルの素材ガラス

口コミを紹介

味に変な癖も無いし香りも強くないのでどんな料理にでも使えて便利。料理の仕上がりもさらっとしていて食べやすい気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

イタリア産のピュアオリーブオイルのおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5902043の画像

    日欧商事

  • 2
    アイテムID:5902048の画像

    明治屋

  • 3
    アイテムID:5902155の画像

    モンテ物産

  • 4
    アイテムID:5912572の画像

    ギャバン

  • 5
    アイテムID:5912779の画像

    ルグリオ

  • 6
    アイテムID:5912776の画像

    コラビータ

  • 7
    アイテムID:5912794の画像

    ピエトロ・コリチェッリ

  • 商品名
  • ソル・レオーネ ピュア・オリーブオイル
  • モニーニ ピュア・オリーブオイルアンフォーラ
  • モンテベッロ ピュア・オリーブオイル
  • オリーブオイルピュア
  • ピュアオリーブオイル
  • ピュアオリーブオイル缶
  • ピュアオリーブオイル
  • 特徴
  • あっさり風味!サラダから揚げ物まで使える
  • 素材の邪魔をせず、どんな料理も美味しく仕上がる
  • ライトな風味でクセがない!
  • 本物にこだわったGABANのイタリア産のオリーブオイル
  • 品質を重視!酸化しにくいボトルを採用
  • イタリア原料だけで製造!
  • 微かなアーモンド風味が特徴
  • 価格
  • 811円(税込)
  • 843円(税込)
  • 3737円(税込)
  • 1726円(税込)
  • 1430円(税込)
  • 2002円(税込)
  • 2455円(税込)
  • 原産国
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • ボトルの色
  • 透明
  • 透明
  • 透明
  • 黄色
  • 透明
  • ボトルの素材
  • ガラス
  • ガラス
  • ペットボトル
  • ガラス
  • ガラス
  • ペットボトル

イタリア産以外のピュアオリーブオイルの人気おすすめランキング8選

8位

カサアルバート

ピュアオリーブオイル

価格:994円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スペイン産特有のまろやかな舌触り

パエリアの発祥地であるスペインのバレンシア地方で生まれたオリーブオイルです。スペイン産特有のまろやかな舌触りさっぱりとした風味で、炒め物から仕上げの香り付けにも適しています。

 

エクストラバージンオリーブオイルを約30%と高い割合で配合していながら、独特なオリーブの香りはせず、ほのかに香る程度です。だから、サラダのドレッシングの代わりに使用しても、臭みを感じません。

原産国スペインボトルの色
ボトルの素材ペットボトル
7位

ドン・マティアス

オリーブオイル ピュア

価格:1,234円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独特の風味がないから素材の味を活かせる!

スペイン原産のオリーブオイル。アンダルシア州を中心としたオリーブをブレンドし、みずみずしさのあるオイルに仕上がっています。ピュアオリーブオイルの中でも風味が抑えられているので、素材の味を邪魔しないのがポイントです。


オリーブ特有の香りがしないので、イタリア料理やスペイン料理だけではなく、どんなジャンルの料理にも使用できます。和食に使用するのもおすすめです。

原産国スペインボトルの色透明
ボトルの素材ペットボトル

口コミを紹介

体のことを考えて、料理で使う油はオリーブオイルにしていたのですが、あの特有の香りが少し苦手でした。
こちらの商品はほとんど香りがなく、幅広い料理に使えると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

KIRKLAND SIGNATURE

ピュアオリーブオイル

価格:2,580円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量でコスパ良し!コストコの自社ブランド

コストコの自社ブランド「KIRKLAND SIGNATURE」のピュアオリーブオイル。さっぱりとした味わいなので、アヒージョや天ぷらなど大量に油を使用する料理でも重たくなりません。スペイン産なので、クセのないマイルドな風味で様々な料理に使用できます。

 

またこのピュアオリーブオイルは、お手頃価格なのに大容量でコストパフォーマンスが高いのが人気の秘密です。毎日オリーブオイルを使用している方や揚げ物に使いたい方でも、心置きなく使えます。

原産国スペインボトルの色透明
ボトルの素材ペットボトル

口コミを紹介

量が多くリーズナブルで満足してます

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

La Pedriza

ピュアオリーブオイル

価格:3,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スペイン料理におすすめ!

スペインのセビリアで製造されたピュアオリーブオイル。油っぽさやしつこさがないので、オリーブオイル初心者でも使いやすいのがポイント。クセがなくまろやかな味わいを楽しめるので、炒め物や揚げ物などオールマイティに使用できます。


食材を選ばないピュアオリーブオイルですが、スペイン産ということもあり、アヒージョやパエリアなどのスペイン料理に最適。また、プロの料理人向けに製造された業務用なので、品質が高いのが特徴です。

原産国スペインボトルの色透明
ボトルの素材ペットボトル

口コミを紹介

何にでも気軽に使えるライトなオリーブオイル、たっぷり使える容量でお買い得です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Palermo

ピュアオリーブオイル

価格:3,998円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まろやかな風味が特徴のトルコ産

アメリカでは有名なパレルモのオリーブオイル。あまり知られてませんが、オリーブの名産地であるトルコで製造されています。トルコ産のオリーブオイルは雑味やえぐみ、苦味が少ないのが特徴です。

 

さっぱりとしたフルーティな風味なので、お肉を炒めたりパスタに和えたりと様々な料理に使用できます。後味もまろやかで油っぽく感じないのもポイント。量が多いので、天ぷらやから揚げなどの揚げ物にもおすすめです。

原産国トルコボトルの色
ボトルの素材ペットボトル

口コミを紹介

何でも油はオリーブオイルを使いたいので、量の多い物を選びました。
量があるのでそれなりに重たいですが、注ぎやすく取手がついてあるので注ぎやすいです。
リピートしたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

日清オイリオ

日清さらっと軽いオリーブオイル 900g

価格:1,074円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本産にこだわる方におすすめ!

日清オイリオのピュアオリーブオイルは、その名の通りさらっと軽い風味なのが特徴です。クセのない味で和食でも洋食でも素材の邪魔をしません。使い勝手がよく、サラダ油のように気軽に使用できます。

 

日本産のオリーブオイルを使用しているので、素材からこだわりたい方におすすめ。コレステロールゼロなので、健康管理をしたい方にも嬉しいですね。また、酸化しにくいオレイン酸が7割を占めているので、劣化しにくいのもポイントです。

原産国日本ボトルの色透明
ボトルの素材ペットボトル

口コミを紹介

サラリとしていて和食、洋食の両方に使い勝手が良くここ数年、こちらのオイルをまばかり使っています。持ちやすく、こぼれにくく、また使い切るまでの量も衛生面から考えると良いと思います。価格も手頃なところが気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

J-オイルミルズ

AJINOMOTO オリーブオイル

価格:529円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の食卓に合うやさしい味とまろやかな風味

日本のメーカー味の素が製造しているピュアオリーブオイルです。日本人の口に合う風味と香りで、和食から洋食まで美味しく仕上げてくれます。青臭いクセがないので、がっつり油を使う料理でも、食材にオリーブの強烈な香りがつきません。

 

また鮮度を保つために、なるべく空気に触れないように製造。ラベルでボトルを包み、酸化による品質の劣化を防ぎます。

原産国スペインなどボトルの色透明
ボトルの素材ペットボトル

口コミを紹介

普段使いにしてます。
エキストラバージンのように強い香りがしないので、非常に使いやすいです。
サラダにそのままかけるのはもちろん、炒めものにも。
お弁当の卵焼きにも使ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

日清オイリオ

ボスコ オリーブオイル

価格:791円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自製法で鮮度とまろやかな味わいをキープ

クセがなくまろやかな口当たりが特徴のピュアオリーブオイル。オリーブの香りを程よく残し、素材の味を引き立ててくれます。エキストラバージンオリーブオイルよりも苦みがなく油切れが良いので、どんな料理とも相性抜群。

 

今までの料理をワンランクアップさせて、コクのある風味を味わえます。また、日清オイリオが独自に開発した「酸化ブロック製法」を採用。油を容器に入れる際に窒素を入れて酸素濃度を下げる製法で、オリーブオイルの酸化を防止します。高い品質をキープします。

原産国ギリシャなどボトルの色透明
ボトルの素材ガラス

口コミを紹介

料理を選ばず、和洋中、何にでも使えて気に入っています!
最近プラ容器が多いですが、品質面でどうしてもガラス瓶入りが欲しかったので
こちらにしました。
ガラス瓶入りは、酸化も防げるし、容器の匂いもつかず良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

イタリア産以外のピュアオリーブオイルのおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5933936の画像

    日清オイリオ

  • 2
    アイテムID:5933962の画像

    J-オイルミルズ

  • 3
    アイテムID:5912650の画像

    日清オイリオ

  • 4
    アイテムID:5912761の画像

    Palermo

  • 5
    アイテムID:5912746の画像

    La Pedriza

  • 6
    アイテムID:5912767の画像

    KIRKLAND SIGNATURE

  • 7
    アイテムID:5912598の画像

    ドン・マティアス

  • 8
    アイテムID:5912582の画像

    カサアルバート

  • 商品名
  • ボスコ オリーブオイル
  • AJINOMOTO オリーブオイル
  • 日清さらっと軽いオリーブオイル 900g
  • ピュアオリーブオイル
  • ピュアオリーブオイル
  • ピュアオリーブオイル
  • オリーブオイル ピュア
  • ピュアオリーブオイル
  • 特徴
  • 独自製法で鮮度とまろやかな味わいをキープ
  • 日本の食卓に合うやさしい味とまろやかな風味
  • 日本産にこだわる方におすすめ!
  • まろやかな風味が特徴のトルコ産
  • スペイン料理におすすめ!
  • 大容量でコスパ良し!コストコの自社ブランド
  • 独特の風味がないから素材の味を活かせる!
  • スペイン産特有のまろやかな舌触り
  • 価格
  • 791円(税込)
  • 529円(税込)
  • 1074円(税込)
  • 3998円(税込)
  • 3880円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 1234円(税込)
  • 994円(税込)
  • 原産国
  • ギリシャなど
  • スペインなど
  • 日本
  • トルコ
  • スペイン
  • スペイン
  • スペイン
  • スペイン
  • ボトルの色
  • 透明
  • 透明
  • 透明
  • 透明
  • 透明
  • 透明
  • ボトルの素材
  • ガラス
  • ペットボトル
  • ペットボトル
  • ペットボトル
  • ペットボトル
  • ペットボトル
  • ペットボトル
  • ペットボトル

料理によって使用するオリーブオイルは違う!

オリーブオイルは料理によって使い分けるのがおすすめです。使い分けることで、料理の仕上がりに差が出ます。

「ペペロンチーノ」はピュアオリーブオイルを使う

ペペロンチーノは、オイルパスタの基本となるイタリア料理。オリーブオイルでニンニクと唐辛子を炒めるだけですが、本格的に作るとなると実は難しい料理です。火を通すので、ピュアオリーブオイルを使用するのがおすすめです。

「アヒージョ」は火加減で使い分ける

スペイン料理であるアヒージョ。食材をオリーブオイルとニンニクで煮込む料理です。加熱するので、ピュアオリーブオイルを使用しましょう。食材の風味を邪魔せず、美味しく出来上がります。

 

もし弱火で煮込むのであれば、エキストラバージンオリーブオイルを代わりに使用することもできます。

「パスタ」の仕上げにはエキストラバージンオイルで香り付け

パスタは火を通して調理しますが、仕上げに香り付けするならエキストラバージンオリーブオイルがおすすめです。完成したパスタにひと回しするだけで、風味がアップします。また、パスタを絡める潤滑油のような働きもしてくれます。

健康に気を使いたい方におすすめ!飲むオリーブオイル

美味しく料理をするためだけではなく、健康のためにオリーブオイルを取り入れている方も多いです。オリーブオイルに含まれているオレイン酸には、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあります。

 

実はオリーブオイルには、飲むために作られたオリーブオイルもあるのです。調理用よりもまろやかで飲みやすく、ライフスタイルに取り入れやすいのも特徴。気になる方は確認してみてくださいね。

まとめ

今回はピュアオリーブオイルの選び方やおすすめランキングをご紹介しましたが、いかがでしたか?クセが少なくマイルドなピュアオリーブオイルでも、原産国で風味が変わったりボトルで酸化しやすいかが決まります。ご紹介したピュアオリーブオイルは、口当たりが良く万人受けするものばかりです。お好みのピュアオリーブオイルを見つけてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ