家庭用脱毛器の人気おすすめランキング15選【家庭で手軽に脱毛を】

記事ID12517のサムネイル画像

家庭用脱毛器を使えば、家庭でも脱毛サロンのような脱毛ができます。ですが、脱毛の方法や使用できる場所などが商品によって異なるので、間違った商品を購入すると思うような効き目が得らないこともあります。ここでは、そんな家庭用脱毛器の選び方とランキングを紹介します。

家庭で好きな時間に脱毛するなら家庭用脱毛器がおすすめ

ムダ毛の処理は、脱毛サロンやクリニックに行って処理する方法と自分で自宅で処理する方法があります。サロンやクリニックに行くのは敷居が高いので、自宅脱毛しようと思っても家庭用脱毛器の種類がたくさんあるので、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。

 

家庭用脱毛器の種類には痛みが強いもの、弱いもの、処理できる部分が違うものなどさまざまなタイプがあるので、自分に合わないものを選ぶと期待した効き目を得ることができない場合があります。

 

ここでは、家庭用脱毛器の選び方やおすすめの商品をランキング形式で紹介します。ランキングは使いやすさ機能価格ランニングコストなど、を基準に作成しました。ぜひ、購入の際の参考にしてみてください。

家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器にはさまざまな種類のものがあります。商品によって効き目や特徴に違いがあり、間違った商品を購入すると、最悪の場合目的の場所には使用できないこともあるので、自分の目的に合った商品を選びましょう。

脱毛器の種類で選ぶ

家庭用脱毛器には、「光美容器」と「脱毛器」の2つの種類があります。それぞれ特徴が異なるので、自分に合った方を選びましょう。

痛みが少ないものを選ぶなら「光美容器」を

光美容器は、メラニン色素に反応するレーザーやフラッシュを肌に照射し、毛根や毛にダメージを与えて脱毛することができる脱毛器のこと。

 

とくにフラッシュ式は今までの脱毛器に比べると痛みが少ないのが特徴。フラッシュによる美肌効果も期待できます。ただし、今までの脱毛器に比べると価格は高めです。

一度に広い範囲を脱毛したいのなら「脱毛器」を

脱毛器は、ローラーが毛を挟むことによってムダ毛をひっこ抜きます。ローラーを動かすと毛が挟み取られていくので、広い範囲のムダ毛を一度に脱毛できるのが、メリットです。また、「剃る」のではなく「抜く」ので、次の毛が生えてくるのに時間がかかります。

 

また、光脱毛器に比べると価格が安いのも特徴のひとつ。ただし、毛を抜く時には強い痛みを感じます。

ケア方式の種類で選ぶ

家庭用脱毛器には、フラッシュ式・レーザー式・ローラー式・サーコミン式の4つのケア方式があります。ここでは、それぞれの違いについて説明していきます。

初めての人や痛みに弱いひとはフラッシュ式を

フラッシュ式(光式)は脱毛サロンでも採用されている方法で、IPLという光を使用し、毛根の黒い部分(メラミン色素)にダメージを与えて処理する方法です。家庭用脱毛器の多くはフラッシュ式で、照射範囲が広いので少ない時間でムダ毛の処理ができるのが特徴です。

 

毛根にダメージを与えるので徐々にムダ毛が生えてくる期間が長くなり、ムダ毛のお手入れが楽になります。レーザー式に比べると痛みが弱いのがメリットなので、初めの人や痛みが苦手な人におすすめです。産毛の処理もできます。

 

デメリットはレーザー式に比べると効き目が弱いこと。硬い毛や太い毛も苦手です。

 

より高い効き目を求める人はレーザー式を

レーザー式はダイオードレーザーを使用しており、照射範囲が狭くピンポイントで脱毛するのが特徴。

 

メリットはフラッシュ式よりも威力が強いので、硬くて太い毛にも効き目が期待できること。デメリットは痛みがフラッシュ式よりも強いことと、照射範囲が狭いので処理に時間がかかることです。

 

また、家庭用脱毛器にはレーザー式の製品はあまり数がないので、選択の余地があまりありません。

一時的な除毛を求める人はローラー式やサーコミン式を

ローラー式は先端にゴムがついていて、ゴムを回転させてムダ毛を挟み込んで処理するので、痛みを伴います。サーコミン式は、ムダ毛を焼いて処理する方法で、深いところまでは熱が届かないので痛みがないのが特徴です。

 

ローラー式やサーコミン式はフラッシュ式やレーザー式に比べると価格が安いのがメリットです。デメリットは、今生えている毛を除毛するだけで、抑毛の効き目はないこと。そのため、フラッシュ式やレーザー式に比べると使用回数が多くなってしまいます。

 

また、ローラー式は肌にダメージを与えやすく毛穴が傷つき、毛が皮膚の中で成長してしまう埋没毛や肌あれを引き起こす可能性もあります

カートリッジ式か使い捨てかで選ぶ

家庭用脱毛器は、カートリッジを交換できるものと、カートリッジ交換はなく、使い捨て式のものがあります。

長く使いたい人はカートリッジが交換できるものを

家庭用脱毛器の先端には発光ランプがついていて、ランプが光ると脱毛できます。ランプには寿命があるので、切れると使えなくなったり効き目が低下したりします。

 

家庭用脱毛器には、この部分がカートリッジとして取り換えられる商品と取り換えできない商品があり、取り換えできない商品の場合はランプが消えたら本体ごと買い替える必要があります。

 

家庭用脱毛器は価格が高い商品が多いので、長く使いたい人はカートリッジがついているものをおすすめします。また、カートリッジには美肌効果が高いものや照射面積を変えることができるものもあるので、使用する場所によって変えるといいでしょう。

カートリッジ交換が面倒だという人は使い捨てを

カートリッジの交換が面倒!という人は使い捨てをおすすめです。カートリッジ式の方が長く使えますが、使い捨てでも全身脱毛が何回もできたり、5年以上使えたりする商品もあります。

 

忙しくて新しいカートリッジを購入して付け替える、という作業に時間を使いたくない人、それくらいの間使えるのなら、使い捨てで十分!と思う人、使い捨てではあるけれど、商品の機能が気に入っている、と思う人は使い捨てを選ぶといいでしょう。

脱毛したい部位で選ぶ

家庭用脱毛器は、商品によって使用可能な部位が異なる場合があります。自分が脱毛したい場所に対応していない商品を買ってしまうと、せっかく買っても脱毛できません。

顔やIOラインに使いたい人はVIO脱毛器を選ぶ

脱毛器には照射が可能な部位があり、顔やIOライン、ひげなどは使用できない商品もあります。間違った商品を買ってしまうと使用できなくなってしまうので、購入の際には注意が必要です。

 

顔やIOラインを脱毛したい場合は、顔、IOライン専用か、全部の部位に対応している商品を選びましょう。

 

使用不可と書いてる商品を使用すると安全性の保障がなくなります。やけどや傷、跡などが起こる可能性もあるので避けましょう。

ムラなく広範囲を脱毛したい人は照射面積が広いものを

家庭用脱毛器は商品によって照射範囲が異なります。照射範囲が小さいと脱毛するのに時間がかかってしまいます。ですので、忙しい人や広い面積を脱毛したい人は、照射範囲が広いものを選ぶといいでしょう。

 

フラッシュ式の場合は、縦1.5×横3.5cmはあるものを選ぶことをおすすめします。レーザー式は、もともとピンポイントで脱毛するので気にしなくても構いません。

 

ただし、照射面積が広いと細かい部分を脱毛するときに不便なので、小さな口径のアタッチメントがついている商品を選ぶことをおすすめします。

値段で選ぶ

家庭用脱毛器の値段は、1万円いないの安価なものから10万円以上するものまで、値段に幅があります。価格帯によって特徴や注意点が異なるのでしっかりと確認して自分に合ったものを選びましょう。

安い商品を選ぶ場合は口コミを参考に

価格が安いものは、痛みが強く、顔やVIOには使えないものが多いです。また、本体が熱くなって持ちにくかったり、照射部分が汚れやすくなっていたりする商品もあり、肌トラブルが起こる可能性もあります。

 

家庭用脱毛器の相場は6~8万なので、あまりに価格が安い商品は購入を避けることをおすすめします。ただし、すべての安価な商品が粗悪、というわけではありません。安価な商品を購入する場合は、メーカーや保証、インターネットでの口コミなどをよく検討しましょう。

トラブルを避けたい人は安全性・信頼性の高いものを

家庭用脱毛器は熱を肌に与える商品です。そのため、低品質の商品には火傷をしやすかったり、傷や跡が残ってしまう、などのトラブルが起こる可能性もあります。

 

家庭用脱毛器を選ぶ場合は、あまりに安価なものは避け、信頼できるメーカーの商品、実績のある商品、修理や保証がしっかりしている商品を選ぶことが大切です。

 

インターネットの評価も参考にはなりますが、個人差があるのである程度自分で取捨選択する必要があります。

痛みに弱い人やデリケートゾーンに使いたい人は照射パワーが調整できるものを

家庭用脱毛器は、一般的に本体が大きいほど照射パワーも大きく、パワーが大きいほど脱毛時間が少なくてすみます。ですが、肌の色が濃いほど反応しやすくなるので、肌の色が濃い人は薄い人より痛みを感じやすいです。 

 

また、デリケートゾーンは他の部分に比べて、痛みを感じやすい場合が多いです。痛みに弱い人やデリケートゾーンに使用する場合は、照射パワーを調整できるタイプを選ぶとよいでしょう。

カートリッジ付き家庭用脱毛器の人気おすすめランキング3選

3位

株式会社NBS

家庭用脱毛機 BiiTo スタンダードセット

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用カートリッジで肌がつるつる

BiiToの家庭用脱毛器は、フラッシュ式。BiiToの家庭用脱毛器はくすみ、シミ、などに効き目が期待できる専用カートリッジがあるので、使用するとムダ毛のお手入れをしながらつるつるすべすべの肌になることが期待できます。

 

医師が監修しているので効き目も信頼性がおけるのも高ポイント。家庭用脱毛器は5~6万が平均の価格ですが、平均に比べて安いのも魅力です。家庭用脱毛器にあまりお金をかけたくない人におすすめです。

重量1,100g梱包サイズ23 x 17 x 15 cm
種類フラッシュ式
2位

ヤーマン

レイボーテ Rフラッシュ ダブル

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全身のムダ毛が約3分で処理できる

ヤーマンのレイボーテ Rフラッシュ ダブルは、照射口が従来の約1.5倍。ランプは消費電力が少なく寿命が長いキセノンランプをダブルで搭載しています。そのため、全身のムダ毛ケアがたったの3分程度で終わるのが最大の特徴です。

 

5段階の出力レベルを自動で最適なレベルに判定する、専用のお手入れ管理アプリがある、など機能がたくさんついている商品。ムダ毛の処理に時間をかけたくない人におすすめです。

重量1140g梱包サイズ23.8 x 18.3 x 7.4 cm
種類フラッシュ式
1位

エムテック

KE-NON 脱毛器 まゆ毛脱毛器付

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

顔のうぶ毛や眉毛にも対応

KE-NON 脱毛器は、コンデンサを4個も搭載しているので、瞬間最大出力が従来の商品より120%もアップ。濃くて深い男性のひげにも使用できます。また、照射パワーを業務用と同じの10段階で選べるので、自分に合った照射パワーでムダ毛の処理ができます。

 

独自の発光システムで肌へ熱や刺激が伝わりにくいので、処理時の肌の負担も少なくてすみます。デリケートゾーンにも使用できるので、はじめての人にもおすすめ。アマゾンの欲しいものランキング脱毛器部門の1位を占めるおすすめの商品です。

重量2260 グラム梱包サイズ31 x 25 x 19 cm
種類フラッシュ式

カートリッジがついている家庭用脱毛器のおすすめ商品比較

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5753552の画像

    エムテック

  • 2
    アイテムID:5752542の画像

    ヤーマン

  • 3
    アイテムID:5751993の画像

    株式会社NBS

  • 商品名
  • KE-NON 脱毛器 まゆ毛脱毛器付
  • レイボーテ Rフラッシュ ダブル
  • 家庭用脱毛機 BiiTo スタンダードセット
  • 特徴
  • 顔のうぶ毛や眉毛にも対応
  • 全身のムダ毛が約3分で処理できる
  • 専用カートリッジで肌がつるつる
  • 価格
  • 49980円(税込)
  • 59800円(税込)
  • 26389円(税込)
  • 重量
  • 2260 グラム
  • 1140g
  • 1,100g
  • 梱包サイズ
  • 31 x 25 x 19 cm
  • 23.8 x 18.3 x 7.4 cm
  • 23 x 17 x 15 cm
  • 種類
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式

フラッシュ式家庭用脱毛器の人気おすすめランキング8選

10位

LOVE DOCK

家庭用脱毛器

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ICE COOL冷却装置で痛みと肌ケア

Cの家庭用脱毛器は、低価格ですが、一流の皮膚科の医師の協力のもと開発され、科学試験で96%の女性が3回の使用後に効き目を実感しています。スマートチップの搭載で自動で脱毛と冷却を繰り返すので、肌への負担や痛みを軽減します。

 

一体型UVフィルターを搭載しているので、脱毛中に肌を傷つけるリスクも少ないです。照射回数も35万発あるので、低価格なのに全身脱毛なら15年、部分脱毛なら35年使え、コスパも抜群です。

重量1140g梱包サイズ23.7 x 19.5 x 10.7 cm
種類フラッシュ式
9位

モウケナ

脱毛器 光美容器

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格なのにコスパもよい

モウケナの家庭用脱毛器は、照射レベルを5段階で自動で調節。また、照射ライトが90度の角度で肌に当たったときだけ照射するので、不適切な使用や子どもの使用を避けることができ、安心なのが特徴です。

 

低価格ながら照射回数は50万回あるので、コスパが良いのも嬉しいポイント。1本で15人以上の全身脱毛が可能なので、家族全員で使用することもできます。

重量740g梱包サイズ28.7 x 15.6 x 7.2 cm
種類フラッシュ式
8位

CyDen株式会社

スムーズスキン 家庭用 脱毛器

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イギリス生まれの肌に優しい脱毛器

スムーズスキン 家庭用 脱毛器は、はじめて家庭用脱毛器を発売したイギリスのパイオニアサイデン社が開発した脱毛器。肌の色を自動で計測し肌に合った強さで脱毛してくれるのが特徴。

 

普通より優しい力で使えるジェントルモードがあるので、はじめて脱毛する人や敏感肌の人でも安心して使用できます。操作は、ボタンを押すだけなので、いつでもどこでも気軽に脱毛できるのも高ポイント。初めての人や忙しい人にもおすすめです。

重量1420 グラム梱包サイズ27.9 x 19.4 x 17.7 cm
種類フラッシュ式
7位

Philips(フィリップス)

光 脱毛器 ルメア プレステージ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3つのアタッチメントで身体にフィット

フィリップスの光脱毛器は、接地面のカーブや照射ウィンドウのサイズが異なり、身体のカーブにぴったりフィットして効率的に照射できるアタッチメントが3つ付いています。連射モードもあるので、処理にかける時間も短縮します。

 

一人ひとりの肌色に合った照射レベルを5段階で知らせてくれるスマートスキンセンサーが搭載されているので、効率よくムダ毛を処理することができます。臨床試験を行って皮膚科の医師と合同で開発されているので、安心して使用できます。

重量1051梱包サイズ27.3 x 19.7 x 14.4 cm
種類フラッシュ式
6位

ブラウン(BRAUN)

シルクエキスパート ジレットヴィーナスシェーバー付属

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌の色に合った光の強さを自動で調節

ブラウンのシルクエキスパートは、独自のフラッシュ自動調整システムで、一人ひとりの肌色に合った光の強さを自動で選んでくれます。連続フラッシュが可能なので、広い範囲も素早く処理できるので、忙しい人でも楽にお手入れできます。

 

また、フラッシュを自動ではなく最も弱い強さで処理するモードもついているので、敏感肌の人や少しのムダ毛を処理したい人におすすめです。

重量330g梱包サイズ35.5 x 17.5 x 11.6 cm
種類フラッシュ式
5位

パナソニック

光美容器 ボディ&フェイス用

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強いパワーを2回に分けて照射するので肌に優しい

パナソニックの光脱毛器は、Wランプを連続して発光します。光は強いパワーを1回で照射するよりも2回に分けたほうが肌への刺激が少なく負担が減ります。フェイス用のアタッチメントを使うと美肌に導く効き目の期待がアップします。

 

全身に使用できるので、IOライン用の家庭用脱毛器をわざわざ購入する必要がなく、経済的です。スピード照射モードを使えば、短い時間で処理することも可能です。ムダ毛を処理しながらフェイスケアも行いたい人におすすめです。

重量梱包重量 1,003g梱包サイズ29.2 x 19.4 x 8.3 cm
種類フラッシュ式
4位

脱毛ラボ

家庭用脱毛器

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業務用と同じ照射面積とハイパワー

脱毛ラボの家庭用脱毛器は、大手の脱毛サロンの脱毛ラボが開発した家庭用脱毛器。業務用と同じ照射面積とハイパワーで自宅でもサロンと同じような脱毛が期待できます。氷結5度の冷却クーリング機能で痛みもほとんど感じません。

 

高性能タッチセンサーを搭載しているので、身体のカーブやデコボコ部分にもぴったりとフィット。連射モードを使用すれば全身の脱毛がわずか15分で完了するのも高ポイント。全身脱毛約300回分、と使用回数も多いのでカートリッジがなくても満足するまで使用できます。

重量600g梱包サイズ21.9 x 15.6 x 7.2 cm
種類フラッシュ式
3位

NZACE

脱毛器

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冷感モードで痛みがなく全身を無痛で脱毛

NZACEの脱毛器は、冷感モードで皮膚の温度を下げて毛穴を収縮させて痛みや色素沈着、腫れなどを防ぎます。照射口も4.3cm²と広いので、全身の脱毛が10分で可能。50万回、20年使用できるので、1台買えば長く使用できます。

 

背中などの広い部分は自動的連続照射モードで、脇やビキニラインは1回押し1回照射の手動モードと部位によって効率よく処理できます。照射パワーも8段階で調整可能。これだけ機能が備わっているのに、お求めやすい価格なのも高ポイントです。

重量789g梱包サイズ20 x 15 x 6 cm
種類フラッシュ式
2位

LOVE DOCK

IPL光脱毛器

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一体型二重フィルターで肌を守る

LOVEDOCK脱毛器は、科学試験の結果96%の女性が顕著な効き目を実感、最長8週間ですべすべの肌を実現しています。ICECOOL冷却装置がついているので、自動で肌を冷却し保護します。35万発使えるので1人で使用すれば、全身脱毛が15年間使用できます。

 

スマートスキンセンサーを搭載しているので、自動で肌の色を調べて肌色に合ったフラッシュレベルを選んでくれます。超高性能の脱毛器専用コンデンサと一体型二重フィルターで肌とフィルターガラスとの距離を広げて肌を守ってくれます。

重量梱包重量 1,004g梱包サイズ25 x 15.5 x 12 cm
種類フラッシュ式
1位

BoSidin

レーザー脱毛器

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6つの専用モードで全身の脱毛に対応

BoSidinの家庭用脱毛器は、スタンフォード大学のBioADD研究所との共同研究により開発されました。6つの専用モードで全身を部位別に脱毛できます。また、新世代の美容技術でしわ、しみに対応、肌にハリをもたらす効き目も期待できます。

 

レベル調整ツマミで照射パワーを自在に変えれるので、敏感肌の人も安心して使用できます。持ちやすいデザインで照射ヘッドは180度回転するため、身体の隅々までムラなく、手軽に脱毛できます。

重量1,680g梱包サイズ25 x 21.8 x 12.6 cm
種類フラッシュ式

フラッシュ式の家庭用脱毛器のおすすめ商品比較

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5755119の画像

    BoSidin

  • 2
    アイテムID:5754581の画像

    LOVE DOCK

  • 3
    アイテムID:5755141の画像

    NZACE

  • 4
    アイテムID:5754535の画像

    脱毛ラボ

  • 5
    アイテムID:5754389の画像

    パナソニック

  • 6
    アイテムID:5753678の画像

    ブラウン(BRAUN)

  • 7
    アイテムID:5754355の画像

    Philips(フィリップス)

  • 8
    アイテムID:5753585の画像

    CyDen株式会社

  • 9
    アイテムID:5755202の画像

    モウケナ

  • 10
    アイテムID:5755210の画像

    LOVE DOCK

  • 商品名
  • レーザー脱毛器
  • IPL光脱毛器
  • 脱毛器
  • 家庭用脱毛器
  • 光美容器 ボディ&フェイス用
  • シルクエキスパート ジレットヴィーナスシェーバー付属
  • 光 脱毛器 ルメア プレステージ
  • スムーズスキン 家庭用 脱毛器
  • 脱毛器 光美容器
  • 家庭用脱毛器
  • 特徴
  • 6つの専用モードで全身の脱毛に対応
  • 一体型二重フィルターで肌を守る
  • 冷感モードで痛みがなく全身を無痛で脱毛
  • 業務用と同じ照射面積とハイパワー
  • 強いパワーを2回に分けて照射するので肌に優しい
  • 肌の色に合った光の強さを自動で調節
  • 3つのアタッチメントで身体にフィット
  • イギリス生まれの肌に優しい脱毛器
  • 低価格なのにコスパもよい
  • ICE COOL冷却装置で痛みと肌ケア
  • 価格
  • 33999円(税込)
  • 16983円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 71478円(税込)
  • 69743円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 44683円(税込)
  • 31980円(税込)
  • 5780円(税込)
  • 11033円(税込)
  • 重量
  • 1,680g
  • 梱包重量 1,004g
  • 789g
  • 600g
  • 梱包重量 1,003g
  • 330g
  • 1051
  • 1420 グラム
  • 740g
  • 1140g
  • 梱包サイズ
  • 25 x 21.8 x 12.6 cm
  • 25 x 15.5 x 12 cm
  • 20 x 15 x 6 cm
  • 21.9 x 15.6 x 7.2 cm
  • 29.2 x 19.4 x 8.3 cm
  • 35.5 x 17.5 x 11.6 cm
  • 27.3 x 19.7 x 14.4 cm
  • 27.9 x 19.4 x 17.7 cm
  • 28.7 x 15.6 x 7.2 cm
  • 23.7 x 19.5 x 10.7 cm
  • 種類
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式

VIO対応の家庭用脱毛器の人気おすすめランキング2選

2位

LAVIE

家庭用光エステ脱毛器

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こだわりの日本製で安心して使用できる

LAVIEの家庭用脱毛器は、全モデルより1.5倍アップした照射パワーと2分の1に短縮された発光時間でエネルギーを効率よく使えるので、サロン級のパワーがあります。安全性を求めてすべてが日本製で作られているのが特徴です。

 

別売りのカートリッジを使えば光フィェイシャルで美顔エステも。使いやすいデザインのハンドピースで長く使用しても疲れにくいのも高ポイントです。IOラインを処理するときは冷却して弱いレベルから試しましょう。

重量2460g梱包サイズ25.7 x 25.6 x 17.5 cm
種類フラッシュ式
1位

TUF

フラッシュ脱毛器

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消音機能つきで夜中でも気兼ねいらず

TUFの家庭用脱毛器は、消音機能がついているので深夜でも、集合住宅でも気兼ねなく自分の好きな時に処理できます。照射面積7.04㎠と広いうえに照射時間が短いので、処理時間を短縮できます。

 

1ショットを4連続に分けて照射するので、肌への負担が少ないのも高ポイント。照射回数が100万発と多いので、寿命が長くコスパがよいのも嬉しい商品です。

重量不明梱包サイズ27.8 x 26.2 x 22.2 cm
種類フラッシュ式

VIO対応家庭用脱毛器のおすすめ商品比較

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5753286の画像

    TUF

  • 2
    アイテムID:5755161の画像

    LAVIE

  • 商品名
  • フラッシュ脱毛器
  • 家庭用光エステ脱毛器
  • 特徴
  • 消音機能つきで夜中でも気兼ねいらず
  • こだわりの日本製で安心して使用できる
  • 価格
  • 69800円(税込)
  • 54780円(税込)
  • 重量
  • 不明
  • 2460g
  • 梱包サイズ
  • 27.8 x 26.2 x 22.2 cm
  • 25.7 x 25.6 x 17.5 cm
  • 種類
  • フラッシュ式
  • フラッシュ式

以下の記事では、フェイスシェーバーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

脱毛器の使い方と注意点

脱毛器を使う時は、まず脱毛したい部分の毛を剃っておきます。カミソリを使うと肌に傷をつけやすいので、シェーバーを使うことをおすすめします。脱毛したい部分に脱毛器を当てて照射したら、保湿ローションやクリームを塗って肌の乾燥を防ぎます。

 

使用する脱毛器によっては脱毛したい部分を冷やす必要があるものもあるので、まずは取り扱い説明書をよく読んでください。また、脱毛中は光を直接見ないように、脱毛器対応のサングラスなどをかけましょう。

 

光脱毛は、メラニン色素の黒い部分に反応するので、日焼けをすると反応しにくくなってしまいます。日焼けをしてしまった場合は脱毛は控えましょう。また、脱毛後は肌がデリケートになっているので、肌のダメージを避けるために日焼けしないようにしましょう。

永久脱毛をしたい人は医療クリニックへ

家庭用脱毛器で脱毛するとムダ毛は処理できますが、永久に生えてこない、というわけではありません。家庭用脱毛器の処理では、ムダ毛が生えてくる回数が減ったり生えてくる量が減ったりして処理が楽になる効き目が期待できます。

 

とくに、レーザー脱毛というと永久脱毛ができる、と思う人もいるかもしれませんが、レーザー脱毛は専門の資格を持った医師や看護師しか使用できません。永久脱毛をしたい場合は脱毛クリニックで施術してもらう必要があります。

 

家庭用脱毛は資格がない人でも使用できるように、出力が抑えられたものが使用されているので、脱毛ではなく抑毛の効き目が期待できます。

照射前後のお手入れも忘れずに

家庭用脱毛器でムダ毛を処理する場合は処理だけでなく、処理前と処理後のお手入れも大切です。処理を行う2~3日前には使用するする場所のムダ毛を処理しておきましょう。カミソリを使うと肌にダメージや傷を与えてしまうので、シェーバーを使うのがおすすめ。

 

処理後の肌は敏感になっているので、まずは肌を保冷剤などで冷やしましょう。また、処理後はいつもより肌が乾燥しやすくなっているので、ローションやクリームなどでしっかりと保湿しましょう。

 

手入れを怠ると、効き目が十分に発揮されなかったり、肌荒れなどのトラブルが起こったりする場合があるので、注意しましょう。

まとめ

家庭用脱毛器を使うと、脱毛サロンやクリニックに通わなくても自宅でいつでも手軽に脱毛できます。家庭用脱毛器には、脱毛したい部分によっては使えないものもあるので、よく確認する必要があります。この記事を参考にして自分に合った脱毛器を購入してください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年07月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ