【2022最新】中学生におすすめの家庭用脱毛器6選【デメリットや安い器械も!】

記事ID33819のサムネイル画像

中学生でも通える安い脱毛サロンは少なく、高額のお金がかかってしまいます。そんな時は、家庭用脱毛器がおすすめです。今回は、中学生が使っても大丈夫なおすすめ家庭用脱毛器をご紹介します。器械のデメリットについても解説します。中学生の方や、子供でも使える脱毛器をお探しの親御さんはぜひ参考にしてみてください。

中学生にも家庭用脱毛器がおすすめ!

「毛が生えてきたのが気になる」「濃い毛がコンプレックス」なのは大人だけではなく、中学生も同じです。脱毛サロンや医療脱毛に通うのは高いお金がかかるので、自宅で気軽に脱毛ができると嬉しいですよね。しかし、実際に子どもでも使える脱毛器の選び方や脱毛器そのものの選び方がわからない方もいます。デリケートな肌を持つ子どもには、対象年齢をチェックして選ばなければなりません。

 

そこで、今回は、中学生でも使える家庭用脱毛器の選び方とおすすめの家庭用脱毛器をランキング形式でご紹介します。記事の最後には、中学生が自宅で脱毛をする際に気をつけるポイントも解説しているので、ぜひご覧ください。

【編集部イチオシ】中学生にもおすすめの家庭用脱毛機

まず最初に紹介するのは、脱毛サロンが開発した家庭用脱毛器「脱毛ラボ ホームエディション 」です。使用の年齢制限がないため、子どもから大人まで使用OK。カートリッジの交換不要、冷却機能も搭載しているので初めての方でも簡単に使えます。

脱毛ラボ ホームエディション

中学生から大人まで家族で使える

【楽天レビュー満足度98.5%*|脱毛ラボが開発】

「脱毛ラボ ホームエディション」は全身脱毛サロンを全国展開している脱毛ラボが開発した業務用レベルの家庭用脱毛器です。部位に応じて選べる5段階のパワーで全身約300回分の照射が可能です。

 

【中学生でも大丈夫!家族で使える】

年齢制限なく使える家庭用脱毛器なので、ムダ毛が気になり始めたお子さんやヒゲ脱毛がしたい男性など、家族で使用するのにもぴったりでおすすめです。277gの超軽量設計なので、長時間使用しても腕が疲れにくいのもポイントです。

 

【コツいらずの簡単脱毛】

カートリッジを交換しないでも顔からVIOまで脱毛ができます。冷却機能を搭載しているので、保冷剤や冷却ジェルの準備も必要ありません。

 

* 満足を示す★★★~★★★★★だけを集計 (★★★...8.6%、★★★★...49.7%、★★★★★....40.0%) 楽天レビュー10,967件から抽出(2021年4月12日現在)

年齢 年齢制限なし
脱毛方法 フラッシュ
機能 冷却センサー・出力調整(5段階)

中学生が脱毛をするメリット2つ

「子どもが家庭用脱毛器を使う必要があるのか?」と疑問に思う保護者もいるので、中学生が脱毛をするメリットをご紹介します。カミソリなどを使用したムダ毛処理との違いも交えて紹介するので、ぜひ親子で参考にしてください。

①肌への負担が少ない

家庭用脱毛器はカミソリや毛抜きよりも肌への負担が少ないのがメリットです。カミソリを使用したムダ毛処理は、肌を傷つけるだけでなく、将来黒ずみになってしまう可能性もあります。

 

また、毛抜きも根気よくおこなえば綺麗な仕上がりになりますが、再び生えてきてしまいます。肌の負担を考慮するならカミソリや毛抜きよりも家庭用脱毛器を選びましょう。

②カミソリよりも綺麗な仕上がり

家庭用脱毛器の方が仕上がりが綺麗です。大人でもすべすべの綺麗な肌になりたいように中学生も同じです。カミソリを使用すると毛が黒くプツプツと残ってしまったり、少し経つとチクチクしてしまいます。多感な時期の中学生にはコンプレックスになる可能性もあります。そのため、綺麗な仕上がりの家庭用脱毛器がおすすめです。

【中学生でも大丈夫?】子どもと大人では使える脱毛器が違う

子どもと大人では使える家庭用脱毛器が異なります。大人と同じものを使うと毛の濃さが違うので、年齢によっては効果を感じられない場合もあります。また、肌を傷つけるリスクやホルモンに影響をきたす可能性があるため、対象年齢を確認して選ぶのが大切です。

 

親子で家庭用脱毛器を使用する場合は、中学生以上の使用が許可された製品を選んでください。子どもでも使える家庭用脱毛器を販売しているメーカーがあります。

家族で使える家庭用脱毛器がおすすめ

家族で使える家庭用脱毛器なら家族全員で共有できるのでおすすめです。中学生のプレゼントに高い脱毛器は購入できない方やお小遣いだけでは購入できない方もいます。製品によっては照射回数が多く、1人ではなく複数人で使用できるものもあるのでおすすめです。

中学生が使える家庭用脱毛器の選び方7つのポイント

中学生はどのような家庭用脱毛器を選べばいいのか、具体的な選び方をご紹介します。使いやすさはもちろん、選び方一つでコストや痛みが変わるので、ぜひ参考にして選んでください。

①対象年齢を確認する

中学生が選ぶ場合、まずは家庭用脱毛器の対象年齢をしっかりとチェックしてください。大人のみ・中学生から・乳児以外など脱毛器によって記されている対象年齢は異なります。大人用の脱毛器を使用するとリスクが発生する場合もあるので、何歳から使用が許可されているか確認してください。

②脱毛方法で選ぶ【デメリットも解説】

脱毛方法には「フラッシュ脱毛」と「レーザー脱毛」の2種類があります。脱毛方法によって痛みの感じ方も違います。それぞれの特徴をメリット・デメリットを交えてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

痛みが少ない「フラッシュ式」

痛みに弱い方には「フラッシュ式」の家庭用脱毛器がおすすめです。一般的に脱毛サロンで使用されているタイプの脱毛方法で、毛のメラニン色素に光を当てることで毛根にダメージを与え、ムダ毛を薄くします。業務用脱毛器よりも出力が低いため、より痛みを感じにくく肌へのダメージも抑えられます。

 

広範囲に照射が可能で、1回にかかる時間が短くて済むというメリットがあります。しかし、デメリットとして、パワーが弱い分すぐには脱毛効果を感じられません。何度も繰り返し使用する必要がある脱毛器の種類です。

しっかり脱毛できる「レーザー式」

フラッシュ脱毛よりも効果を感じたいのなら「レーザー式」がおすすめです。一般的に医療脱毛で使用されている種類で、毛を育てる毛乳頭に直接ダメージを与えることで脱毛します。フラッシュ脱毛よりも効果が高いですが、デメリットとして、その分痛みも大きいです。

 

照射範囲が狭いため、広い範囲を脱毛しようとすると時間がかかりますが、狭い箇所にもピンポイントに照射することができます。痛みを感じやすいので冷却機能を搭載している製品を選ぶのがおすすめ。出力調節機能を搭載しているものなら、痛みの感じ方に合わせて調整できますよ

③性能で選ぶ

ここでは、家庭用脱毛器にはどのような性能があるのかご紹介します。性能の選び方次第で痛みの調節や使い続けるのが可能になるので、ぜひ参考にして家庭用脱毛器を選んでください。

照射部位

家庭用脱毛器は製品によって照射可能部位が異なるので、どの部位の脱毛をしたいかで選んでください。顔・わき・手足・VIOなどがあり、VIOは使えない製品が多いです。わきやVIOに使用できない家庭用脱毛器で脱毛をしようとしても照射しにくかったり、肌に負担がかかってしまいます。

 

また、男性の場合は髭脱毛が可能かチェックするのもおすすめです。全身に使う場合は、時間がかかるので出力調整できる製品を選んでください。

レベルの調整ができる製品

痛みに敏感な方や肌が弱い方は「出力調整機能」を搭載している製品を選んでください。痛みを感じてしまっては脱毛ができませんし、肌に負担をかけてしまいます。製品ごとに調節できる範囲が異なるので、購入前に何段階で調節可能か調べるのをおすすめします。

 

一般的に脇やVIOは腕などよりも毛が太く濃いので、その箇所に合ったレベルで照射することが重要です。レベルが低すぎると脱毛効果をあまり感じられませんし、逆に高すぎると肌に負担がかかってしまいます。

冷却機能を搭載したモデル

痛みを感じやすい方には「冷却機能」を搭載した製品もおすすめです。家庭用脱毛器は光やレーザーを発する際に熱が発生します。その熱が痛みや赤みを生じさせてしまう原因にもなるので、冷却機能があればそれらの症状を抑えられます。

④価格で選ぶ

家庭用脱毛器の相場は10,000円〜100,000円程度です。安すぎる製品は保証期間が無かったり、すぐに壊れてしまったりするリスクがあるため、安さだけに捉われず、予算を決めて自分で納得できるものを買うことが重要です。

⑤コスパで選ぶ

ここでは、家庭用脱毛器をコスパ良く使うために確認しておきたいポイントをご紹介します。決して安い買い物ではないので、これから紹介するポイントを参考にして、ぜひコスパの良い製品を選んでください。

繰り返し使うなら「カートリッジ交換可能モデル」

カートリッジが交換可能なら本体を長く使えるのでおすすめです。カートリッジとは本体の先端についている体に当て、光を発して脱毛する部品です。製品によって異なるものの、全てに寿命があります。

 

寿命を過ぎた場合、使用できなくなるので交換不可の家庭用脱毛器は使用できません。繰り返し長い期間使用するならカートリッジが交換可能なモデルを選択してください。それと同時にカートリッジの購入しやすさを調べるのもおすすめです。

広い範囲を脱毛するなら「照射範囲」をチェック

広い範囲を効率よく脱毛したいなら「照射範囲」もチェックしてください。照射範囲は、1回の照射で脱毛できる面積を表します。照射回数が多い脱毛器を選んでも照射範囲が少ないとたくさん使用してしまうのでコスパが良くありません。

 

広い範囲を脱毛する場合とコスパ良く使用する場合は「照射回数」に加えて「照射範囲」がどのくらいなのか調べてください。

コストを確認する

脱毛器本体の価格を確認するのも大切ですが、1回の照射にいくらかかるのか調べるのも大切です。家庭用脱毛器の場合、販売されている製品によって照射回数の限度が異なります。

 

また、出力調整ができる製品はレベルに応じて異なる場合もあります。使用頻度によってはすぐに使えなくなる製品もあるので、人数や頻度を踏まえた上で選んでください。

⑥どこの国の製品かで選ぶ【デメリットも解説】

ここでは、外国製と日本製の家庭用脱毛器の違いをご紹介します。それぞれメリット・デメリットがあるので、それを踏まえた上で使いやすい方を選んでください。

日本人の肌に合わせた「日本製」

「日本製」は日本人の肌に合わせて作られているので、肌が弱い方でも使いやすいのがメリットです。保証制度やアフターケア制度もしっかりしている場合が多いです。デメリットは、日本製は価格が高いものが多いということです。費用を抑えたい方には不向きですが、初心者や長く使用し続けたい方にはおすすめです。

価格の安い「外国製」

とにかく安い家庭用脱毛器が欲しい方は「外国製」がおすすめです。価格が安いのが1番のメリットで10,000円〜20,000円以下で購入できる製品がたくさん販売されています。デメリットとして、購入後の保証がない場合もあります。

 

説明書が英語だけだったり、説明書が付属されていなかったりするのも外国製のデメリットです。使い方が全くわからない初心者では、事故につながる可能性もあるため気をつけなければなりません。

⑦保証制度やアフターケアを確認する

脱毛効果を感じられなかったり、すぐに壊れてしまったりした場合に返金や修理をしてもらえる「保証制度」がついているかどうかをチェックしてください。メーカーや製品ごとに保証にかかる費用や期間が異なるため、期間制度の有無に加えて保証期間を調べておくことをおすすめします。

中学生でも使える家庭用脱毛器人気おすすめランキング6選

6位

エステティックTBC

エステティックTBC ヒカリビューティー3PRO

12歳から使用可能な家庭用脱毛器

「ヒカリビューティー3PRO」は対象年齢が12歳からなので、小学校6年生〜中学1年生でも使用できます。エステサロンの「エステティックTBC」から販売されている本格家庭用脱毛器で、クーリングパックを冷凍庫で冷やしてから使用します。

 

スキントーンセンサーとタッチセンサーが搭載されていて、事故を防止する意味でもおすすめの家庭用脱毛器です。

 

年齢 12歳から使用可能
脱毛方法 フラッシュ
機能 連射
5位

OPUS BEAUTY

OPUS BEAUTY

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

THRシステムで産毛まで脱毛

THRシステムで産毛まで反応してくれる家庭用脱毛器です。10歳から使用が可能で、小学生用としてもおすすめです。背中・腕・脚・手の脱毛が可能で顔やVIOには対応していません。チャイルドロック機能も搭載している点も魅力的です。

 

年齢 10歳から使用可能
脱毛方法 フラッシュ
機能 チャイルドロック・クール機能・肌色ストッパー
4位

Joves

Joves

\39ショップ買いまわり最大7倍開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

乳児以外の子どもに使える

「Joves」は保護者の監視のもとなら乳幼児以外の子どもでも使用可能な家庭用脱毛器です。子どもが使用する場合は必ず保護者が照射をしたり目の届く範囲で使ってください。全身に使える脱毛器で、保冷剤や冷却ジェルの準備も必要ありません。使いやすさ重視の方にもおすすめです。

年齢 制限なし(乳児以外なら保護者の監視のもと使用可能)
脱毛方法 フラッシュ
機能 -

サロンクオリティの最新"光"エステ

「LAVIE」は業界最高クラスの光パワーを搭載した家庭用脱毛器です。小型で小回りがきく設計なので初心者の方でも簡単にムダ毛ケアが行えます。パワーの強さを7段階で調節できるため、お肌のコンディションや、施術部位に合わせて最適なパワーを選択できます。

 

カートリッジを交換すると、光フォトフェイシャル美顔器としてもお使いいただけます。肌にハリツヤを与えてくれる効果が期待できますよ。

 

年齢 年齢制限なし
脱毛方法 フラッシュ
機能 7段階パワー調節、連射、オート照射、ミュート機能、肌センサー安全機能

照射範囲が広くてフラッシュ間隔が速い脱毛器

「ケノン」は楽天市場史上レビュー件数No.1※1、Yahoo!ショッピング売上総合ランキング第1位※2を誇る家庭用脱毛器です。

 

照射範囲が7㎠で、フラッシュ間隔も最大レベル10に設定できるため、時間をかけずスピーディーに脱毛を進めたい方におすすめです。照射回数も300万ショットとコスパに優れています。メーカーは20歳以上の使用を推奨していますが、親御さんの責任のもと10代で利用している方も多数いらっしゃいます。

 

年齢 20歳以上推奨*
脱毛方法 フラッシュ
機能 連射・オート

※1 2018年8月16日現在 楽天市場調べ

※2 Yahoo!ショッピング2020上半期売れたモノランキング総合ランキング1位獲得 ヤフー株式会社調べ

*20歳以上の利用を推奨。お子様の利用は保護書の自己責任となります

1位

脱毛ラボ ホームエディション

カートリッジの交換不要で全身に使える

【楽天レビュー満足度98.5%*|脱毛ラボが開発】

「脱毛ラボ ホームエディション」は全身脱毛サロンを全国展開している脱毛ラボが開発した業務用レベルの家庭用脱毛器です。部位に応じて選べる5段階のパワーで全身約300回分の照射が可能です。

 

【中学生でも大丈夫!家族で使える】

年齢制限なく使える家庭用脱毛器なので、ムダ毛が気になり始めたお子さんやヒゲ脱毛がしたい男性など、家族で使用するのにもぴったりでおすすめです。277gの超軽量設計なので、長時間使用しても腕が疲れにくいのもポイントです。

 

【コツいらずの簡単脱毛】

カートリッジを交換しないでも顔からVIOまで脱毛ができます。冷却機能を搭載しているので、保冷剤や冷却ジェルの準備も必要ありません。

 

* 満足を示す★★★~★★★★★だけを集計 (★★★...8.6%、★★★★...49.7%、★★★★★....40.0%) 楽天レビュー10,967件から抽出(2021年4月12日現在)

年齢 年齢制限なし
脱毛方法 フラッシュ
機能 冷却センサー・出力調整(5段階)

中学生が使える家庭用脱毛器おすすめ一覧表

商品 商品リンク 特徴
アイテムID:9915366の画像
脱毛ラボ ホームエディション

公式サイト

詳細を見る

レビュー記事で詳細を見る

詳細を見る

中学生から大人まで家族で使える

2
アイテムID:8218361の画像
ケノン

公式サイト

詳細を見る

実際のレビュー記事で詳細を見る

詳細を見る

照射範囲が広くてフラッシュ間隔が速い脱毛器

3
アイテムID:9011394の画像
LAVIE(ラヴィ)

公式サイト

詳細を見る

実際のレビュー記事で詳細を見る

詳細を見る

サロンクオリティの最新"光"エステ

4
アイテムID:8218777の画像
Joves

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

乳児以外の子どもに使える

5
アイテムID:8218788の画像
OPUS BEAUTY

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

THRシステムで産毛まで脱毛

6
アイテムID:8218812の画像
エステティックTBC ヒカリビューティー3PRO

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

12歳から使用可能な家庭用脱毛器

中学生が脱毛する際に気をつけるポイント

ここでは、中学生が家庭用脱毛器を使用する際に気をつけるポイントをいくつかご紹介します。誤った使い方は肌に負担をかけるだけでなく、火傷などの事故にも繋がり兼ねません。ぜひこちらを参考にしてください。

日焼けに気をつける

家庭用脱毛器を使う場合は日焼けにも十分気をつけてください。肌の黒い部分に反応する脱毛器は、日焼けをして黒くなった肌にも反応してしまうことがあります。中学生ではプールの授業・体育・部活で日の下に出るシーンも多いです。日焼けをしないように対策を取るのも必要です。また、日焼けした箇所に照射するときは照射パワーを下げるなどの工夫をするようにしましょう。

保護者の許可を必ずもらう

中学生が家庭用脱毛器を使用する際は、必ず保護者の許可を得てからにしてください。また、保護者の方はお子さんが使用している最中はできるだけ見守るようにしてください。誤った使い方は肌に負担をかけてしまいます。また、万が一の事故を防止するために使用前に親子で説明書をしっかりと読むのもおすすめです。

家庭用脱毛器を正しく使ってつるすべ素肌になろう!

今回は、中学生でも使える家庭用脱毛器の選び方とおすすめの家庭用脱毛器をランキング形式でご紹介しました。中学生が使う場合は対象年齢や痛みに注目して選ぶのがおすすめです。ぜひこちらの記事を参考に、使いやすい家庭用脱毛器を選んでください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年07月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事