カリマーのリュックの人気おすすめランキング15選【ダサいって本当?レディース用の評判も紹介】

カリマーのリュックは25・27・30Lのビジネスに使いやすいものから登山で使える40L以上のものなど容量の幅が広く、カラーも豊富。レディースやキッズ用も人気で、さまざまなバリエーションがあります。カリマーのリュックの選び方やおすすめランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてください!

デザインと機能性が評判のカリマーのリュック

カリマーのリュックは、バリエーションが豊富なのが特徴です。アウトドアはもちろん、タウンユースにも使いやすくキッズ用のものも販売されています。一方で、デザインやカラーバリエーションが豊富なので、どれを選んだらよいかわかりにくいという声も。
 
でも実は、カリマーのリュックは同じモデルでもサイズや背面長が選べるので、自分に合ったものを見つけやすいです!選び方さえ押さえれば自分に合ったものを簡単に見つけることができるので、ぜひ検討してみませんか。
 
そこで今回はカリマーのリュックの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは容量・サイズ・重量の3つのポイントを基準に作成しました。

カリマーのリュックの選び方

カリマーのリュックは容量の幅が多くさまざまな機能を搭載したものがあり、メンズ・レディース・キッズにあったものも販売しています。カリマーのリュックの選び方をまとめました。

容量・サイズで選ぶ

カリマーのリュックは、小さなものから大型のものまで容量のバリエーションが豊富です。容量ごとの特徴や適した用途についてまとめました。

タウンユースにはコンパクトな「10~20L」がおすすめ

タウンユースで、それほど荷物を入れないなら10~20L程度のコンパクトなリュックで十分です。ポケットなどが豊富なタイプなら、容量が小さくても意外に多くの荷物を収納できます。キッズ用のリュックもこのくらいの容量です。

通勤・通学やハイキングには「25・27・30L」がおすすめ

通勤や通学にリュックを利用するなら、20~30Lくらいの容量が最適です。簡単なハイキングに行く場合も、30L前後で対応可能。教科書や書類を折らずに収納するためには、A4サイズに対応したリュックを選ぶ必要があります。

 

ノートパソコンなど壊れやすい物を収納するなら、クッション材のついたものがおすすめです。

日帰りや1泊登山なら「リッジ30L・40L」がおすすめ

日帰りや1泊の登山に行く場合なら、30~40Lくらいのリュックが向いています。キャンプに行く場合でも、このくらいの容量のものが使いやすいです。山は天候が変わることも多いので、防水性に優れたものを選んでおくと安心できます。

 

ビジネス用などでも大量のものを持ち歩くなら、30L以上のものがおすすめです。下記の記事では、大容量リュックの選び方や人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

本格的な登山なら「40L以上」の大容量タイプがおすすめ

本格的な登山用のリュックが欲しいなら、40Lを超える大容量タイプのリュックがおすすめです。湿気がこもらないメッシュ素材を使用したものやハイドレーションに対応してものが、登山用には適しています。

 

大量に荷物を入れることになるので、容量だけでなくポケットの数なども考えて選びましょう。軽量タイプは使いやすいですが、耐久性は落ちるので注意が必要です。

機能性で選ぶ

カリマーのリュックは、タウンユースやアウトドアに適した多様な機能が搭載されています。機能をまとめたので、自分の用途に合ったリュックを見つける参考にしてください。

アウトドアで使うなら「防水性・撥水性」に優れたものがおすすめ

カリマーのリュックは防水性・撥水性のあるものが多いですが、モデルによって防水性は異なります。アウトドアに使うなら、どの程度の防水性があるのか確認しておきましょう。

 

登山用なら、レインカバーのついたものや雨蓋式になっているものがおすすめです。ファスナーからも水が入りやすいので、防水性を確認しておきましょう。下記の記事では、防水リュックの選び方や人気おすすめランキングをご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

荷物の量が多いなら収納しやすい「ポケット・仕切り」の多いものがおすすめ

タウンユースでもアウトドアでも、荷物の量が多いならポケットや仕切りの数を確認してから購入しましょう。容量が同じならポケットや仕切りがあった方が、荷物を収納しやすく整理して入れることができます。

 

メインの収納が2気室になっているものだと、利便性が高く使いやすいです。すぐに取り出しやすい位置にポケットがあると、スマホや財布などを取りだしやすいので便利。

素早く水分補給がしたいなら「ハイドレーション」に対応したものがおすすめ

カリマーのリュックには、水分補給のためのハイドレーションを取り付けられるモデルもあります。水筒やペットボトルを取り出さずに、リュックから出たチューブで水分が補給できるので便利です。

 

登山用のリュックを購入するなら、ハイドレーションに対応しているか確認しておきましょう。自転車に乗る場合でも、簡単に水分補給できます。

快適に使用したいなら「メッシュ素材」が使われたものがおすすめ

カリマーのリュックは背負いやすく設計されていますが、快適さにこだわるなら背中にメッシュ素材やパッドが使われているかもチェックしましょう。メッシュ素材が使われたものは通気性が良いので、湿気がこもらず蒸れません。

 

背中にパッドが入ったものなら、金属プレートの感触が伝わらないのでより快適に使えます。本格的な登山用など過酷な環境で背負うなら、通気性などに優れたものがおすすめです。

ビジネス用には「PCスリーブ」のあるものがおすすめ

ビジネス用のカリマーのリュックが欲しいなら、PC用のスリーブのあるものがおすすめです。ポケットや2気室などの収納性の高いものが使いやすいですが、ビジネス用だとノートPCを収納できるスペースがあった方がいいでしょう。

 

カラーリングはスーツに合わせやすいブラックなどがおすすめです。

ストックを持ち歩くなら「ポールキャリア」のあるものがおすすめ

登山やトレッキングであると便利なのがストック。岩山を手で登るときなどはどうしても邪魔になってしまうでしょう。そんなときでもポールキャリアがあるリュックなら、ストックを取り付けられるので安心して登れます。

 

本格的な登山のためのリュックを購入するなら、確認しておきたい装備です。

メンズ・レディース・キッズで選ぶ

カリマーのリュックは、同じモデルでも背面の長さで3つのタイプに分かれているのが特徴です。レディース・メンズ用にあったタイプをご紹介します。

「レディース用」ならタイプ1でカラーリングがかわいいものがおすすめ

レディース用のリュックを購入するなら、タイプ1が女性の体格にあっています。女性用に設計されたモデルもあるのでおすすめです。容量に問題がないなら、キッズ用のリュックも小柄な女性には使いやすくなっています。

 

カリマーのリュックはカラーバリエーションが豊富で、カラーリングがかわいいものも。コーデなども考えて、自分が気に入ったものを選びましょう。

「メンズ用」はタイプ2・タイプ3で耐久性の高いものがおすすめ

メンズ用のリュックを購入するなら、身長に合わせてタイプ2かタイプ3から選ぶようにしましょう。男性は女性に比べて容量の大きなものを購入する傾向にあり、アウトドアなどでハードな使い方をする方が多いです。

 

できるだけ耐久性の高いものを選ぶようにしましょう。軽量のものを選ぶと耐久性が低くなりやすいので注意が必要です。

子供が使うなら専用の「キッズモデル」がおすすめ

カリマーのリュックは、キッズ用のモデルも用意されています。サイズがコンパクトなタイプ1のモデルを子供用に購入しても良いですが、キッズ用はデザインやカラーも子供向けに作られているのでおすすめです。

 

キッズ用でも機能性などは本格的に作られているので、トレッキングやアウトドアなどに安心して使えます。ネームプレートや夜間の視認性を考えた反射材もついているので便利です。

ダサいのが気になるならどんなコーデにも合わせやすい「黒」がおすすめ

カリマーのリュックは、カジュアルなデザインでカラーリングも豊富に用意されています。しかし、カラーリングが豊富だと、どんな色にしたらいいか迷ってしまうことも多いでしょう。あまりカラフルなリュックだとコーデに合わせるのも難しくなってきます。

 

そんなときは、幅広いコーデに合わせやすい黒のリュックがおすすめです。カリマーのリュックは、タウンユースでもアウトドア用でも、多くのモデルで黒を用意しています。迷ったら黒を選んでおけば、カジュアルでもビジネスでも安心して使えます。

シリーズで選ぶ

カリマーのリュックは、シリーズも豊富です。人気のシリーズの特徴をまとめたので、選ぶ参考にしてください。

軽量雨蓋式が欲しいなら「タトラ」がおすすめ

タトラは容量は小さいですが、雨蓋式で本格的な登山に十分な機能を備えたシリーズです。ほかのブランドだと30L以上の登山用リュックに搭載された機能を20Lのモデルでも装備しています。

 

容量が小さいので日帰り用になりますが、小型で本格的な登山に使えるリュックが欲しい方におすすめです。

長く使える中型リュックが欲しいなら「リッジ」がおすすめ

リッジは、中型サイズで展開するカリマーのリュックでも人気の高いシリーズです。強度の高い最新素材を使用しているので軽量で耐久性が高くなっています。登山やアウトドア用に使いやすく、テント泊や小屋泊をするのにも便利です。

タウンユースに使いたいなら「トリビュート」がおすすめ

トリビュートは、20~25Lと比較的コンパクトサイズでタウンユースに使うのに便利なシリーズです。専用のノートPC用のスペースやA4サイズの書類を入れるスペースがあるので、通勤・通学に使いやすくなっています。

大容量で軽量なものが欲しいなら「レオパルド」がおすすめ

レオパルドシリーズは、カリマーのリュックの軽量モデルです。本格的な登山用の大容量タイプを中心に展開しています。できるだけリュックを軽くして登山したい方におすすめです。

 

ただし軽量化のために、背面の金属プレートが取り付けられていません。ほかのシリーズに比べて耐久性が劣る点も考慮して選びましょう。

20~30Lのカリマーのリュックの人気おすすめランキング3選

3位

Karrimor

urban duty dirk 23

貴重品を収納するのに便利

ガゼット付きジップワンドポケットやバックパネルの中央にセキュリティバックパネルポケットが配置されたリュックです。パスポートや財布など、貴重品を入れるのに便利な作りになっています。

 

使い込むほどに味わいや風合いが増す独自素材のライノクロスを使用しています。インナーポケットやオーガナイザーも豊富で、タウンユースに使いやすいリュックです。

容量 23L サイズ 50x30x18cm
重量 800g

口コミを紹介

背負い心地はこのサイズのリュックの中では群を抜いています。
背中のパッドも良質だし、このクラスでは珍しくロードリフトストラップがあるのも大きなメリットです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Karrimor

デイパック tatra20

容量20Lで本格的な登山用に対応可能

容量は20Lとコンパクトですが、登山用の機能が充実したリュックです。雨蓋式なので、本格的なハイキングやトレッキングに活躍。ヒップベルトにポケットがあるので、行動食もすぐに取り出せます。

 

チェストストラップがしっかりとリュックを固定して、ポールキャリアでストックも携行可能。コンパクトサイズで本格的な機能があるので、日帰り登山に最適です。

容量 20L サイズ 46x29x21cm
重量 640g

口コミを紹介

このザックはハーネスの構造、背面構造、行動中の使いやすさ、トレッキングポールの取り付けなどきちんとした山岳用ザックを作ってきたメーカーの心意気を感じて是非山で使って頂きたいお勧めのザックです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Karrimor(カリマー)

イクリプス 27

多用途に使いやすい

タウンユースやアウトドアなど、幅広いシーンに対応できるリュックです。1気室構造ですが、パッド付のノートPC用のポケットがついています。ポケットが豊富なので、荷物を整理して収納可能。A4サイズの書類を折らずに収納できて、学生の通学用にも適しています。

 

強度の高い素材で作られており、ハイドレーションにも対応。水分補給が欠かせないスポーツやアウトドアでも活躍できます。野外フェスや日帰り登山、キャンプなどにも便利なリュックです。

容量 27L サイズ 49×33×28cm
重量 760g

口コミを紹介

そこそこある荷物(本や資料)でしたが初めて背負ったとき、あれ?軽いと感じました。旅行中も背中にフイットし、負担が少ない!容量もたっぷりですしポケットがたくさんあるので収納もしやすい!目下大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

20~30Lのカリマーのリュックのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 サイズ 重量
1
アイテムID:7446333の画像
イクリプス 27

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

多用途に使いやすい

27L 49×33×28cm 760g
2
アイテムID:7446330の画像
デイパック tatra20

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

容量20Lで本格的な登山用に対応可能

20L 46x29x21cm 640g
3
アイテムID:7446327の画像
urban duty dirk 23

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

貴重品を収納するのに便利

23L 50x30x18cm 800g

登山向け40L以上のカリマーのリュックの人気おすすめランキング3選

3位

カリマー KARRIMOR

レオパルド バックパック 65+5L

軽量タイプの大型リュック

カリマーのリュックの中でも軽量なレオパルドシリーズの大容量タイプです。容量は65Lとかなり大きいですが、重量は1450g。軽量化されているので、背面には金属プレートが入っていません。

 

ハイドレーションに対応しており、背中にはメッシュ素材が入っているので快適に背負えます。レインカバーもリュック全体をカバーできるので、雨が降っても対応可能です。

容量 65L サイズ 65x28x19cm
重量 1450g

口コミを紹介

3泊程度の軽い縦走を計画し、今のより少しでも軽量なザックをと思い購入しました。家の体重計で測ってみると実測1.4kgでした。レインカバー付きでこの重量はありがたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

カリマー

Couger 75-95

テント泊向きの大容量リュック

カリマーの登山用リュックの中でも、ベーシックなクーガーシリーズ。大容量タイプです。容量を調整可能で、最大で95Lまで収納可能。荷物が少ないときでも容量を調整することで、リュックが潰れるのを防ぐことができます。

 

背面長も無段階で調節できるので、体格に合わせた長さにすることができます。人間工学に基づいた設計でオールシーズン快適。長距離縦走やテント泊に最適な大容量テントです。

容量 95L サイズ 80×36×30cm
重量 2850g

口コミを紹介

何より、とにかく頑丈で安心感があります。ドリンクホルダーみたいな余分なものがついてないのも好印象。それと、サイドポケットが意外に便利で、メイン気室に影響なく追加の荷物を突っ込めます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Karrimor(カリマー)

Panther 65

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

登山用の機能が充実

カリマーの本社があるイギリスで最も人気が高い登山用のリュックです。ハイドレーションに対応しているので、効率的に水分補給ができます。メッシュ素材を使用しており、湿気がこもる心配がなく快適。

 

背面長を調節可能なユニセックスモデルで、自分の身長に合わせて背面長を変えられます。本格的な登山用のリュックが欲しい方におすすめのモデルです。

容量 65L サイズ 77x31x18cm
重量 2100g

口コミを紹介

たくさんのストラップが付いた優れた品質のバックパック。クリップは、寝袋用のバックサポートフレームsa2分離コンパートメントを保持します。

出典:https://www.amazon.co.jp

登山向け40L以上のカリマーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 サイズ 重量
1
アイテムID:7446344の画像
Panther 65

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

登山用の機能が充実

65L 77x31x18cm 2100g
2
アイテムID:7446341の画像
Couger 75-95

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

テント泊向きの大容量リュック

95L 80×36×30cm 2850g
3
アイテムID:7446338の画像
レオパルド バックパック 65+5L

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量タイプの大型リュック

65L 65x28x19cm 1450g

ビジネス向けのカリマーのリュックの人気おすすめランキング3選

3位

Karrimor(カリマー)

Ridge 32 Rucksack

仕事用の荷物が多い方でも安心

ペットボトルや水筒を入れるのに便利なメッシュポケットが両サイドについています。ポケットも充実しているので、小物などを仕分けして入れることが可能です。もちろん、ノートPCを入れられるスペースもあります。

 

背中に当たる部分にウレタンパッドがついているので、背中に不快な感じがありません。空気が循環する構造になっているので、蒸れを防いで快適に背負うことができます。荷物の多い方のビジネス用や1泊程度の旅行に最適なリュックです。

容量 32L サイズ 42x26x20cm
重量 680g

口コミを紹介

容量結構あって内ポケットというか小物が入れられる所もあるしノートパソコンも入る所があるので便利さをかなり追求した商品だと使ってみて感じました。
デザインもとてもシンプルで男女問わず使えると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Karrimor(カリマー)

Urban 30 Rucksack

よくフィットして通気性も高い

調節可能なバックル付きストラップを採用し、バックにパットを入れることでフィット感を高めたカリマーのリュックです。背中部分は立体メッシュ構造になっているので、通気性も高く快適に利用できます。

 

ファスナーには取っ手がついているので開けやすく、スマホや定期券などはすぐに取り出せる位置に収納可能。カラーバリエーションも豊富でビジネスだけでなく、通学用やプライベートにも使いやすいリュックです。

容量 30L サイズ 48cmx35x13cm
重量 -

口コミを紹介

軽いトレッキングや普段使いには全く不満はない。ポケットも多彩で使いやすく配置されているし、リュックに必要な機能もすべて、丁度いいボディに組みこまれている。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Karrimor

tribute20

縦長デザインでビジネス用に最適

カリマーのトリビュートサイズでは、コンパクトで縦長のタイプです。840デニールのナイロン素材が使われているので、耐久性が高く長く使うことができます。縦に長い作りになっているので、人混みでも邪魔になりにくいです。

 

満員電車によく乗る方に便利なサイズになっています。ノートPCが収納でき、ポケットも豊富です。自立するので、地面においてもリュックが汚れにくくなっています。デザインもシンプルで、通勤用に最適です。

容量 20L サイズ 48x28x15cm
重量 770g

口コミを紹介

収納性があって、身体にもフィット感があって楽です。
一応、15インチのマックが入ります。
ノートpcの厚みが3cmでも、収納にまだ余裕があるように感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ビジネス向けのカリマーのリュックのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 サイズ 重量
1
アイテムID:7446355の画像
tribute20

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

縦長デザインでビジネス用に最適

20L 48x28x15cm 770g
2
アイテムID:7446352の画像
Urban 30 Rucksack

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

よくフィットして通気性も高い

30L 48cmx35x13cm -
3
アイテムID:7446349の画像
Ridge 32 Rucksack

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

仕事用の荷物が多い方でも安心

32L 42x26x20cm 680g

レディース用カリマーのリュックの人気おすすめランキング3選

3位

Karrimor(カリマー)

デイパック セクター 18

タウンユースにもアウトドアにも使える

小柄な女性にもピッタリなサイズのリュックで、タウンユースにもアウトドアに使いやすい作り。ウエスハーネス付きで体にしっかり固定でき、コンパクトサイズなので自転車での移動にも最適です。

 

A4サイズの本や書類も入るので、通学用にも使いやすくなっています。25Lサイズに比べるとコンパクトで価格も抑えられていますが、2気室にはなっていないのでその点は注意です。

容量 18L サイズ 41×31×24cm
重量 600g

口コミを紹介

重量があるものを背負って歩く時に、肩ひもの作り、ベルト等機能的で身体に密着し、肩・腰がとても楽。見た目より多く収納できる。サイドポケットが大きく、大き目ボトル等、背負ったままで頻繁に取り出すものを入れられ便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Karrimor

デイパック VT day pack F

普段使いに最適

シンプルな作りで普段使いに最適なリュックです。フロント部分に大きなポケットがあるので、スマホや財布などをすぐに取り出すことができます。どこに何を入れたかわからなくなる心配がありません。

 

デイジーチェーンはカラビナなどを取り付けるのに便利で、デザインのアクセントにもなっています。ポールキャリアを装備しているので、トレッキング用にも便利なリュックです。

容量 30L サイズ 42x26x16cm
重量 460g

口コミを紹介

まずは見た目にやられました。色、デザイン最高です。実物は思ったほど大きくはないですが、アルコールストーブとコーヒーセットを持って自転車散歩に使っています。さすがカリマーという感じの使い勝手の良さです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Karrimor

デイパック sector25

マザーズリュックとしても使いやすい万能型

カリマーのレディース用リュックの定番です。セクターシリーズの18Lと基本的な機能は同じですが、2気室構造でより便利になっています。仕切りを外せばメインの収納部は1つ。より大きなものを入れられます。

 

2気室にしても、A4サイズの種類を折らずに入れることが可能。ポケットも豊富で小物などのアイテムを整理して入れられるので、マザーズリュックとしても最適のリュックです。

容量 25L サイズ 47×32×24cm
容量 700g

口コミを紹介

ジッパーには信頼のYKKのジッパー、バックルにはNifcoを使用しています。
細かい所で手を抜いていません。
縫製も丁寧です。

出典:https://www.amazon.co.jp

レディース用カリマーのリュックのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 サイズ 重量
1
アイテムID:7446366の画像
デイパック sector25

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

マザーズリュックとしても使いやすい万能型

25L 47×32×24cm
2
アイテムID:7446363の画像
デイパック VT day pack F

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

普段使いに最適

30L 42x26x16cm 460g
3
アイテムID:7446360の画像
デイパック セクター 18

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

タウンユースにもアウトドアにも使える

18L 41×31×24cm 600g

キッズ用のカリマーのリュックの人気おすすめランキング3選

3位

Karrimor

デイパック step10 K.Blue

フロントと両サイドに反射材付きで夜間でも視認性が高い

タウンユースにぴったりのキッズ用のリュックです。フロントと両サイドに反射材がついています。携帯などを入れるのに便利な内ポケット付き。ネームプレートを付けられるホルダーもついています。

 

チェストストラップ、デタッチャブルヒップベルトがついているので、体にしっかりとフィット。コンビカラーとマルチカラーのモデルが用意されています。

容量 10L サイズ 37x24.5x11cm
重量 330g

口コミを紹介

しっかりした作りで軽くファスナーの開閉もスムーズです。サイズが少し大き過ぎた為、今回は購入を見送りましたが次のサイズを買う時は第一候補です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Karrimor

デイパック cadet20 Multi

収納性に優れたキッズ用リュック

キッズ用のカリマーのリュックの中では、容量が大きめの20Lです。小学生の登山用にはちょうど良いサイズになっており、収納性も優れています。ボトルを入れるのに便利なサイドワンドポケット付きです。

 

メッシュ素材を使用しているので、快適に背負うことができます。夜間の視認性を上げるための反射素材付き。

容量 20L サイズ 41×27×24cm
重量 450g

口コミを紹介

5歳の男児用に購入しました。大きめなので、小学生になっても使えそうです。
重さが軽いので、荷物を入れても、子供本人が無理なく持てるのでいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Karrimor

デイパック step12

アウトドアにも使いやすい

アウトドアやトレッキングでも使いやすい実用的なキッズ用リュックです。リュックのフロント部分には、バンジーコードがついています。ジャケットなどを取り付けて運ぶのに便利。

 

ファスナーには、持ち手がついているので子供でも開けやすいのが魅力。ポケットも多いので、荷物を整理して入れることも可能です。夜道の安全性を考えて、リフレクターも取り付けられています。

容量 12L サイズ 36x27x11cm
重量 320g

口コミを紹介

ポケットがたくさんついているので整理整頓ができて持たせやすいです。前はきちんと止められるのでずり落ちる心配もないです。軽量なので重いと言っておろしたがることもなく、だからと言って安っぽさは全く感じません。

出典:https://www.amazon.co.jp

キッズ用のカリマーのリュックのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 サイズ 重量
1
アイテムID:7446377の画像
デイパック step12

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

アウトドアにも使いやすい

12L 36x27x11cm 320g
2
アイテムID:7446374の画像
デイパック cadet20 Multi

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

収納性に優れたキッズ用リュック

20L 41×27×24cm 450g
3
アイテムID:7446371の画像
デイパック step10 K.Blue

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

フロントと両サイドに反射材付きで夜間でも視認性が高い

10L 37x24.5x11cm 330g

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天 「アウトドア」ランキング カリマー
\ペイペイジャンボ開催中!!/ Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

カリマーの名前の由来

カリマーの名前は「carry more=もっと運べる」からつけられました。1946年にイギリスのリサイクルバッグのメーカーとして創業。それ以来、常に機能性に優れた製品を開発しています。

カリマーのリュックの魅力

カリマーのリュックは、機能性の高さやデザインなどで人気があります。カリマーの魅力をまとめました。

背負いやすく疲れにくい

カリマーのリュックは、「背負いやすく、疲れづらい」をコンセプトに設計しているのが特徴。背面のプレートやショルダーハーネスなどを採用しており、背負った時のフィット感や安定感を高める工夫が豊富に用意されています。

 

装着者の身長に合わせて背面長の長さごとに同じモデルでも3つのタイプが存在。自分の体に合ったものが選べます。自分の体格や身長に合ったものを選ぶことができ、背面調節機能もあるので、背負いやすく疲れにくいです。

使用シーンに合わせて選べる

カリマーのリュックは、使用シーンに合わせて豊富なラインナップがあります。アウトドア用だけでも、ハイキング向け・トレッキング向け・登山用などと細かく分けているのが魅力。必要な荷物を効率良く運び、素早く取り出せるなど用途に合った機能も充実しています。

 

タウンユース用もビジネス・バックパッキング・トラベル用など使用シーンごとのモデルを販売。用途に合わせて使いやすい機能のリュックが選べることも、ユーザーの評判を呼んでいます。

機能性と耐久性が高い

カリマーのリュックは、常に現役のクライマーの意見を取り入れて作られています。ハードな環境でも耐えられる耐久性の高さが魅力。また、必要な荷物を効率良く運び素早く取り出せるなど機能を兼ね備えたモデルが作られています。

 

タウンユースのリュックも、ノートPCなどを収納して運びやすい設計です。

デザインがスタイリッシュ

容量が大きく機能性重視のリュックはデザインが良くないイメージがあります。カリマーのリュックはこのイメージに反して、スタイリッシュなモデルが多いのも特徴です。

 

単純にデザイン性が高いだけでなく、使用シーンに合わせてデザインも設計されています。用途に合ったおしゃれなデザインのリュックを見つけやすいのも魅力です。下記の記事ではメンズリュックの選び方や人気おすすめランキングをご紹介しています。要チェックです。

カラーバリエーションが豊富で好きな色が選べる

カラーバリエーションが豊富なのも、カリマーのリュックの人気の秘密です。1種類のモデルで、10色以上のカラーが用意されている場合もあります。

 

アウトドア用でもタウンユースでも、自分の好きな色のモデルを見つけやすいです。コーデに合わせやすい黒のカラーが用意されたモデルも多くなっています。

サイズや容量も豊富

リュックを選ぶ際は、荷物の入る容量は重要な要素。カリマーのリュックは、容量のバリエーションも豊富です。8Lのコンパクトなリュックから、大きなものなら60Lを超える大容量のものまで。

 

同じモデルでも、複数の容量から選べる場合も販売されています。容量も自分の好みに合わせて、自由に選びやすいです。

正しいサイズのリュックを購入しよう

リュックを快適に使用するには、自分の体格に合ったものを選びましょう。背面長やウエストベルトの長さが重要です。測り方をまとめたので、参考にしてください。

背面長の長さの測り方

カリマーのリュックは、背面長が42cm・47cm・50cmの3つのタイプに分かれています。42cmがレディース用・47cmがメンズ用といわれることが多いですが、キチンと測って自分に合ったものを選んだ方がより体にフィット。

 

首の後ろにある一番飛び出した骨を第7頚椎骨と呼びます。この第7頚椎骨から、骨盤の上までの長さが背面長です。購入前に背面長を測って、自分に合ったカリマーのリュックを選びましょう

ウエストベルトの長さは腰骨の部分を基準に考える

ウエストベルトも自分の体に合った長さのものを選ぶことが大切です。ただし、腰のくびれ部分の長さに合わせてウエストベルトの長さを考えると失敗します。

 

ウエストベルトは、腰骨を包み込むように締めるのが正解です。サイズを測る際も、腰骨を包むように測るようにしましょう。

カリマーのリュックが壊れたらメーカーに連絡しよう

カリマーのリュックは耐久性が高いですが、ベルトの一部などが切れてしまうなどの口コミも。リュックとして使える状態でも体にしっかり固定されていないと、背負っても疲れやすくなります。

 

カリマーのリュックは、メーカーに連絡すれば修理が可能。下記はカリマーの公式サイトです。「修理について」の部分でメーカーの修理について説明しています。ぜひ、参考にしてください。

カリマー以外のリュックも参考に

リュックは、数多くのブランドが販売しています。下記の記事はカリマー以外のブランドのバックパックについても、選び方や人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

ほかのアウトドアグッズもチェック!

カリマーのリュックはキャンプやアウトドアを楽しむ際にも活躍します。せっかくカリマーのリュックを手に入れたなら、アウトドアグッズも揃えませんか?下記の記事では、キャンプ用品の選び方や人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。 

また、下記の記事ではソロキャンプで活躍するアイテムの選び方や人気おすすめランキングをご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。 

まとめ

カリマーのリュックの選び方やおすすめランキングなどをご紹介しました。カリマーのリュックは機能性が高く、デザインも豊富なのが魅力です。ぜひ、お気に入りのカリマーのリュックを見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

チャムスのリュックの人気おすすめランキング25選【通勤・通学にも!】

チャムスのリュックの人気おすすめランキング25選【通勤・通学にも!】

バッグ
レディースリュックのおすすめ人気ランキング35選【芸能人愛用の使いやすいものも】

レディースリュックのおすすめ人気ランキング35選【芸能人愛用の使いやすいものも】

バッグ
バックパックの人気おすすめランキング15選【海外ブランドのリュックも】

バックパックの人気おすすめランキング15選【海外ブランドのリュックも】

バッグ
ウエストバッグの人気おすすめランキング15選【肩掛けにも】

ウエストバッグの人気おすすめランキング15選【肩掛けにも】

バッグ
かわいいリュックの人気おすすめランキング15選【ダサいと言われない!メリメッコリュックなど】

かわいいリュックの人気おすすめランキング15選【ダサいと言われない!メリメッコリュックなど】

バッグ
コロンビアリュックの人気おすすめランキング15選【通学やビジネスに!ダサいって本当?】

コロンビアリュックの人気おすすめランキング15選【通学やビジネスに!ダサいって本当?】

バッグ