ソロキャンプアイテムの人気おすすめランキング15選【初心者用装備品も紹介!】

大自然の中で一人で特別な時間を過ごせることで芸能人の間でも人気のソロキャンプ。快適なキャンプをするためには、様々なアイテムが必要になります。今回はソロキャンプアイテムの人気おすすめランキング15選とその選び方を紹介します。

非現実的な体験ができるソロキャンプ

日頃のストレスから解放され、一人でゆっくりとした時間を過ごせることで、今人気になっているソロキャンプ。芸能人の中でもソロキャンプにはまっている人も多く、テレビで放送されることもあるので気になっている方も多いでしょう。

 

キャンプには様々な道具や設置が必要なので、最初はすべて一人でできるのか不安になりますよね。実は設置が簡単なソロキャンプ用のテントを始め、一人用のコンパクトで軽量な道具がたくさん発売されています。

 

何を揃えれば良いか迷っている方の為に、今回はソロキャンプアイテムの選び方やおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは使いやすさ、Amazon評価の数、口コミの数を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ソロキャンプに必要な道具リスト

ソロキャンプは1人で行くのでたくさん道具を準備してしまうと、荷物が多くなり大変です。最低限次の道具は揃えておきましょう。

 

一人用テント&タープ、寝袋(シュラフ)、マット、焚き火台、テーブル&イス、クッカー、ライト。こちらを準備して一度キャンプを実践してみてください。足りないものがあれば追加していくと良いでしょう。

ソロキャンプの鉄板アイテム・グッズの選び方

ソロキャンプアイテムの中でも今回は、テント・タープ・焚き火台・クッカー・テーブル・ランタン・寝袋の選び方について、詳しく紹介していきます。

テントを選ぶ

ソロキャンプの必需品であるテントの選び方をご紹介します。一人用・二人用のテントがあるので、それぞれのメリットを説明しますので選び方の参考にしてみてください。

女子や登山キャンプには「コンパクト」なテント

女子のソロキャンプには、コンパクトで軽量な一人用テントがおすすめです。テントが一番大きな荷物になるので、一人用テントを選ぶことで少しでも荷物の軽量化ができます。

 

一人用のツーリングテントや登山用テントであれば、よりコンパクトで軽量タイプの商品があるので女子にもおすすめです。

車で行くオートキャンプなら「前室」があるタイプ

オートキャンプなら車で荷物を運ぶことができるので、重さを気にする必要がありません。前室が付いているテントは重くなりますが、テントの前に荷物や靴を置いたり、雨の時に出入りする際に濡れにくいというメリットがあります。

 

また調理スペースとしても使えるので、前室がついているテントはとても便利でおすすめです。

広くゆったりと使いたいなら「二人用」テント

テント内を広々と使いたい方は、一人用テントでは少し窮屈に感じてしまう可能性もあるので、二人用テントを選ぶのがおすすめです。その中でも一人で設営することを考えて、簡単に設置ができるテントを選ぶようにしましょう。

 

二人用でも軽量でコンパクトなテントもあるので、できるだけ持ち運びがしやすいものを選ぶことをおすすめします。

タープを選ぶ

テントの近くに日陰を作ったり、調理スペースを作ることができるタープ。タープのみで宿泊をすることができるものもあるので、選び方を詳しく紹介します。

荷物を最小限にしたいなら「宿泊」ができるもの

キャンプにテントは必須だと思われがちですが、実は宿泊ができるタープも発売されています。タープはテントよりもコンパクトに収納できるものが多いので、荷物を最小限に抑えることができます。

 

自転車やバイクツーリングキャンプをしたい方におすすめです。耐水性があるかなどは購入前に必ず確認しておきましょう。

タフに使うなら「耐水性・耐火性」があるもの

耐火性に優れているタープであれば、タープの下で焚き火を楽しむことができます。耐水性に優れた商品だと、すぐに天候が変わる登山キャンプに適しています

 

数分で設置ができるタープもあるので、登山中の休憩の日よけ・雨よけとして簡単に組み立てて使うこともできます。

焚き火台を選ぶ

キャンプと言えばやはり焚き火をしたくなりますよね。焚き火台にも様々な商品がありますので、おすすめの選び方をご紹介します。

焚き火だけで使うならシンプルな「焚き火台」

焚き火だけで使いたい場合はシンプルで折り畳みができる焚き火台がおすすめです。灰を下に落とさずに焚き火ができるので、後片付けも簡単にできます。

 

現在は火事防止などの意味から、焚き火台がないと焚き火をしてはいけない所も増えています。コンパクトでかさばらない商品が多く出ているのでぜひ焚き火台を持参してはいかがでしょうか。

コンロやグリルとしても使うなら「2WAY焚き火台」

焚き火台として使うのはもちろん、その上で料理をしながらキャンプを楽しみたい方は、上に網が乗っている焚き火台コンロやグリルがおすすめです。

 

網を外して焚き火台として使用したり、網をつけてダッチオーブンなどで調理をすることができます。コンパクトなものでもソロキャンプであれば十分BBQが楽しめます。

クッカーを選ぶ

ソロキャンプで調理をするなら必ず必要なクッカー。深型や浅型など様々な商品があります。重さや使用用途によって選びましょう。

作りたい料理によって必要な「深さ」を決める

炒め物や煮込み料理を作りたいなら浅型のクッカーがおすすめです。フライパンのような形なので、かさばらず持ち運びも便利なのが浅型クッカーの特徴です。

 

パスタを茹でたり、汁物料理を作りたい方は深型のクッカーを選びましょう。中にガスバーナーを収納できる商品もあるので、荷物をコンパクトに抑えることができます。

荷物の収納性を重視するなら「コンパクト」に収納できるもの

ソロキャンプはできるだけ荷物をコンパクトにした方が良いので、重ねて収納できるものがおすすめです。複数のクッカーがセットになっていて、1つにまとめてコンパクトになる商品もあるので、そういったクッカーを選ぶと良いでしょう。

 

またクッカー自体の重さも必ずチェックしましょう。1kg以下のクッカーもあれば、3kg以上の重さがある商品もあります。

ステーキを焼きたいなら「鉄板」がおすすめ

ソロキャンプにぴったりな小さめの鉄板も発売されています。一人分のステーキをワイルドに焼いて食べたい方にぴったりの調理器具です。鉄板は厚い方がよりおいしく調理ができますが、その分重くなるので持ち運びができる重さのものを選びましょう。

テーブルを選ぶ

ソロキャンプに持っていくテーブルは重さや耐荷重、収納性などをポイントに選ぶと良いでしょう。どういった使い方をしたいか考えながら選ぶことをおすすめします。

荷物をコンパクトにしたなら「重さ・収納性」を重視する

ソロキャンプに持って行く荷物を少しでも軽量でコンパクトにしたい方は、軽くて収納性の高いテーブルがおすすめです。1kg以下のテーブルもたくさんあるので、少しでも軽量な商品を選ぶと良いでしょう。

 

また収納性に優れているテーブルだとA4の半分の大きさになるものもあるので、ツーリングキャンプなどの持ち運びにとても適しています

テーブルの上で調理もするなら「耐荷重」を確認

もしテーブルの上で調理もしたいと考えているなら、耐荷重を確認して購入しましょう。30kg以上の耐荷重のあるテーブルだと、バーナーや鍋を置いても問題ないでしょう。また調理するのであれば安定性も重要です。

 

高さがあると安定しにくいので、低めのローテーブルを購入するのがおすすめです。

ランタンを選ぶ

夜を過ごすキャンプで必需品であるランタンは、LEDランタンとガソリンランタンがあります。それぞれの特徴や選び方を紹介します。

使いやすさなら「LEDランタン」

LEDランタンはガソリンなどが不要なので、初心者でも簡単に準備できるのが一番のメリットです。乾電池を入れて使うタイプや、充電式のものもあります。火を使わないのでテントの中でも使うことができます

 

光量は少ないですが、自宅でも使うことができるので使用用途の幅が広がるので、便利です。

光の強さを求めるなら「ガソリンランタン」

ガソリンランタンは他のランタンと比較して、光がとても強いのが特徴です。そのため、キャンプにはぴったりのランタンで、全体をしっかりと照らしてくれます。ガソリンランタンは基本的に屋外用なので、雨や風に強いのも特徴です。

 

使うには様々な準備が必要になるので、初心者には向いていません。

 

下記の記事ではランタンのおすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

寝袋を選ぶ

ソロキャンプを快適に過ごす為には寝袋が必要になります。様々な種類や形状があり、その中でも封筒型とマミー型について詳しく紹介します。

男性やゆとりが欲しい方は「封筒型」

封筒型はワイドサイズになっているのが特徴です。体の大きな男性や、ゆったりと寝たい方におすすめです。体の小さい方が封筒型を使うと、隙間が大きくなるので風が入ってしまいます。特に冬は保温性がある方が良いので、体の大きさに合わせて選ぶと良いでしょう。

保温効果を求めるなら「マミー型」

マミー型は封筒型に比べて小さいのが特徴です。サイズが小さい分体にしっかりと密着するので、保温効果が期待できます。体が小さい方はもちろん、冬のソロキャンプに行く方におすすめです。

 

サイズが小さいのでコンパクトにまとまりやすいのも、ソロキャンパーにとってメリットです。

 

下記の記事では寝袋のおすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

ソロキャンプ用テントの人気おすすめランキング3選

設営が簡単で室内は広々と伝えるエントリーモデル

重さが2.7kgと軽量で設営がとても簡単にできることから、初心者でもすぐに使えるテントとして人気の商品です。見た目の色がおしゃれなのも人気の理由です。収納した際のサイズもとてもコンパクトになるのでソロキャンプでの持ち運びにも便利です。

 

テント内に荷物を置いても広々と使える大きさなので、ゆったりと過ごしたい方におすすめです。

重さ 2.7kg 定員 2人
サイズ 高さ102cm 収納サイズ 51cm×17cm
2位

独自技術によって広々とした空間を確保

独自技術であるバーティカル・クロス・システムによって、テント内の空間を広くすることに成功した商品です。ポールとソケットが一体型になっているので、ソロキャンプで一人でも簡単に設営ができるのもこのテントのメリットです。

 

2.4kgと重さも軽く、室内の温度調整もできるので3シーズン使うことができるテントです。

重さ 2.4kg 定員 2人
サイズ 約230×130×105cm 収納サイズ 17cm×35cm

口コミを紹介

買ってから10ケ月でもう10回以上使いましたが、トラブルはありません。先週は北岳で暴風並みの嵐が一晩続き、中にいてかなり心配しましたが、全く被害もありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

前室が高く屈まずにテントに入れる

前室が高めになっているので開放感を感じられるテントです。一人でも簡単に設置ができるポールポケット式になっているのでソロキャンプにぴったりです。重量は4.4kgあるのでオートキャンプやツーリングキャンプに行く方におすすめの商品になっています。

 

耐水性があるので雨の日でも安心、そして風通しが良い構造なので夏でも快適に過ごすことができます。

重さ 4.4kg 定員 1~2人
サイズ 約210×120×100cm 収納サイズ 23×54cm

口コミを紹介

広めの前室が欲しかったので購入してみた
たしかに組み立ては簡単で使いかっても良い
とくに大雨に降られた時などはこの広い前室がとても有り難かった

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャンプ一人用テントのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重さ 定員 サイズ 収納サイズ
1
アイテムID:5728680の画像
ツーリングドームST

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

前室が高く屈まずにテントに入れる

4.4kg 1~2人 約210×120×100cm 23×54cm
2
アイテムID:5728734の画像
クロノスドーム2型

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

独自技術によって広々とした空間を確保

2.4kg 2人 約230×130×105cm 17cm×35cm
3
アイテムID:5728707の画像
エリクサー2

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

設営が簡単で室内は広々と伝えるエントリーモデル

2.7kg 2人 高さ102cm 51cm×17cm

下記の記事ではテントの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

ソロキャンプ用タープの人気おすすめランキング3選

広々とした空間を確保できるヘキサタープ

2~3人は入れる大きさなので、広々と使えるヘキサタープです。軽量で収納サイズは23cm

ほどになるので持ち運びにもとても便利な商品です。ポールは別売りですが、反射材入りの張り網、アルミペグ、収納袋がセットになっています。

 

ポールの長さは1.65mのものを購入することが推奨されています。ソロキャンプで使うのはもちろん、2人のキャンプでも使えるので1つあれば様々な使い方ができます。

重さ 640g サイズ 3.38×2.80×1.65m
収納サイズ 13×23cm 形状 ヘキサタープ

口コミを紹介

プラーっとソロキャンプ行って適当に楽しんでる私にとっては丁度良い大きさと収納性のタープでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

高い耐水性を持ち、様々な使い方ができる

他の商品に比べて耐水性が高いスクエアタープです。様々な張り方ができるので、ソロキャンプでタープとして使うのはもちろん、登山中の休憩場所としても数分で設置することができるのがこの商品の魅力です。

 

耐水性が高く防風効果もあるので、登山ソロキャンプにぴったりの商品です。また1万円以下で購入できるので価格にもとても魅力があります。

重さ 790g サイズ 3×3m
収納サイズ - 形状 スクエアタープ

口コミを紹介

作りや生地が最高。遊び心のあるタープです。
自分だけのオリジナルの張り方が出来るので、楽しいです

出典:https://www.amazon.co.jp

スタイリッシュなヘキサタープ、タープ泊も可能に

1人用なのでソロキャンプにぴったりのヘキサタープです。ポールは別売りですが、1本のポールで設置することができるので、とても簡単です。遮光性を高くするコーティングが施されているので外の温度よりも1~2度低い温度で快適に過ごすことができます。

 

別売りのインナーシールドを購入すればこれ1つでタープ泊も可能になります。出来る限り荷物を減らしたいという方はタープ泊もおすすめです。

重さ 790g サイズ 3.2×4.0m
収納サイズ 21×35cm 形状 ヘキサタープ

口コミを紹介

ポール1本で普通に張ったり。2本で小川張りしたりして使っています。
軽量で小さくパッキングできるので気軽に持ち出せます。コレを片手に何度も何度もキャンプやデイキャンプへ出掛けました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャンプ用タープのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重さ サイズ 収納サイズ 形状
1
アイテムID:5729418の画像
ペンタシールド

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スタイリッシュなヘキサタープ、タープ泊も可能に

790g 3.2×4.0m 21×35cm ヘキサタープ
2
アイテムID:5729437の画像
タープ 3×3

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高い耐水性を持ち、様々な使い方ができる

790g 3×3m - スクエアタープ
3
アイテムID:5729425の画像
ミニタープ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

広々とした空間を確保できるヘキサタープ

640g 3.38×2.80×1.65m 13×23cm ヘキサタープ

下記の記事ではタープのおすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

ソロキャンプ用焚き火台の人気おすすめランキング3選

軽量でシンプルな初心者にもおすすめの焚き火台

耐熱クロスを使った、これまでとは異なる折り畳み式の焚き火台です。クロス部分と支えているワイヤーフレームが接していないので、フレームが熱くなることがほぼなくすぐに片づけができます

 

別売りのアタッチメントを購入すれば、ダッチオーブンなどを置いて調理ができるのもうれしいポイント。重さは1kg以下ととても軽量なので、ソロキャンプでの持ち運びにもとても便利な焚き火台です。

重さ W36×D36×H28cm サイズ 9×37cm

口コミを紹介

普通のサイズで炭や薪をたくさん乗せる強度もあり、網やロストルを載せて調理にも使える。軽量にすることにり何も犠牲になっていないところがこの焚き火台の最大のポイントだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ヘキサステンレスファイアグリル

1台3つの使い方ができるコスパ抜群の焚き火台

付属の網を載せてバーベキュー、網を外して焚き火台として、ダッチオーブンを入れて調理にも使える、1台で3通りの使い方ができる焚き火台グリルです。使い方は本体を広げてスタンドにセットするだけなのでとても簡単です。

 

収納する際には厚さ6cmになるので、コンパクトでソロキャンプでの持ち運びにもとても便利な焚き火台です。5000円以下で購入できるコスパの良さも人気の理由です。

重さ 3.8kg サイズ 47.5×41.0×30.0cm

口コミを紹介

約5回ぐらい使用して耐久性は全く問題ありません。
キャンプでほとんどBBQと焚き火をしているのですが1台で両方できてとても便利。
セットも簡単で、片付けも簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ロゴス(LOGOS)

ピラミッドグリル ステンレスグリル

10秒で組み立てができてBBQもできる焚き火台

ソロキャンプでたき火を楽しむのにぴったりの一人~二人用の焚き火台グリルです。上に付属の網を置けばBBQができます。10秒で組み立て・収納ができて、収納サイズは24cmほどになるので持ち運びにもとても便利です。

 

キャンプだけではなく、自宅の庭で炭火焼をすることもできるので1台あれば色々な使い方ができる焚き火台です。

重さ 1.0kg サイズ 19×19×15cm

口コミを紹介

最低限度の焚き火と調理が出来ればと、コンパクトさを優先で選びました。
大きな薪や木炭は使えませんが、1度火を起こせば安定して燃焼を続けてくれて、充分に役に立ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャンプ用焚き火台のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重さ サイズ
1
アイテムID:5728805の画像
ピラミッドグリル ステンレスグリル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

10秒で組み立てができてBBQもできる焚き火台

1.0kg 19×19×15cm
2
アイテムID:5728837の画像
ヘキサステンレスファイアグリル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

1台3つの使い方ができるコスパ抜群の焚き火台

3.8kg 47.5×41.0×30.0cm
3
アイテムID:5729042の画像
ワイヤフレーム

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量でシンプルな初心者にもおすすめの焚き火台

W36×D36×H28cm 9×37cm

下記の記事では焚き火台の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

ソロキャンプ用クッカーの人気おすすめランキング3選

食器としても使える飯盒。軽量で持ち運びも便利

アルミ製で取っ手が付いている飯盒です。約1.8合のご飯が炊けるのでソロキャンプにぴったりです。取っては折り畳んで持ち運びができるのでかさばらず便利です。

 

そのまま火にかけてご飯を炊くのはもちろん、深めなのでカレーライスを入れるなどして食器としても使えます。軽いので登山ソロキャンプにおすすめの商品です。

重さ 150g サイズ 17×9.6×6.2cm
容量 750ml

口コミを紹介

ご飯は美味しく炊けた

出典:https://www.amazon.co.jp

複数のクッカーがセットになっていて、高火力で調理ができる

ソースパンが2つとフライパンが1つのセットになったソロキャンプ用のクッカーです。Lサイズの商品もありますが、ソロキャンプならSサイズで十分だという口コミが多数ありました。

 

風防と五徳もセットになっているので、中にバーナーを入れて使えば風に邪魔されず、高火力で調理をすることができます。5つのパーツはすべて1つにまとめることができるので、持ち運びも便利な商品です。

重さ 869g サイズ 18×10cm
容量 1.0L

口コミを紹介

コンパクトで使いやすいし、調理も想像より早くできます。
あまり風がない時もちゃんと働いてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1台で2WAYの使い方ができる大容量の深型クッカー

ソロキャンプ用の深型クッカーです。蓋部分はフライパンとしても使うことができるので、1台で2つの料理を作れるのがこのクッカーの魅力です。内容量は900mlと大容量で、中にガスバーナーを入れて持ち運ぶことができるので、荷物がコンパクトになります。

 

今回紹介しているのはステンレス製ですが、他にもアルミ製やチタン製の商品もあるので予算に応じて選ぶことができます。

重さ 3.5kg サイズ 35×24.8cm
容量 900ml

口コミを紹介

サッポロ一番塩ラーメンの麺をそのまま入れることができる
袋ラーメンの場合水は500cc位が標準なので、ラーメン以外に卵とかソーセージなど
入れても溢れない丁度いいサイズ。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャンプ用クッカーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重さ サイズ 容量
1
アイテムID:5729393の画像
トレック 900

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

1台で2WAYの使い方ができる大容量の深型クッカー

3.5kg 35×24.8cm 900ml
2
アイテムID:5729405の画像
ストームクッカーS

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

複数のクッカーがセットになっていて、高火力で調理ができる

869g 18×10cm 1.0L
3
アイテムID:5729385の画像
メスティン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

食器としても使える飯盒。軽量で持ち運びも便利

150g 17×9.6×6.2cm 750ml

下記の記事ではクッカーのおすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

ソロキャンプ用テーブルの人気おすすめランキング3選

とにかく軽くて登山キャンプにも持っていける

重さ395gで、A4ハーフサイズに折り畳めるコンパクトさが特徴のテーブルです。耐荷重は3kgなので重い荷物を置くのには向いていませんが、ソロキャンプで一人分の調理器具を置いて使うには十分です。

 

気軽に持ち運びもできるので、登山やソロツーリングキャンプで持っていくのにも、重さが気になりません。収納方法もとても簡単なので、大人数で行うキャンプのソロテーブルとしても使えます。

重さ 395g 耐荷重 3kg
サイズ 29.7×21×7.8cm 収納サイズ 29.7×11×1.9cm

口コミを紹介

また構造が素晴らしい。パタンと折りたたんではみ出た脚をスライドするとキチンと格納されます。ほんとこの折りたたみのアイデア素晴らしい。登山は時間が限られてますので設営、撤収は時間が惜しいのでワンタッチが助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

アルミ ロールテーブル

コンパクトで持ち運びがしやすいローテーブル

幅40cmなのでソロキャンプにぴったりのサイズ感のローテーブルです。アルミ製なのでキズや錆に強いのが特徴です。耐荷重は30kgあるので一人分の食器などを置くのには、とても使いやすいのが人気の理由です。

 

折り畳みが簡単にできる上に、天板も折り畳むことが可能なので収納時にはとてもコンパクトになり持ち運びにも便利です。

重さ 700g 耐荷重 30kg
サイズ 40×29×12cm 収納サイズ 6×40×7cm

口コミを紹介

仮にそんなにアウトドアをすることがない方でも、これが1個あるだけでだいぶ便利に使うことができます。コンパクトで軽いので、運動会やハイキング等にも持っていけば十分に活用できると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐久性が高いステンレスのローテーブル

ステンレストップのテーブルなので、耐久性に優れていてダッチオーブンを置いても問題ありません。キズや汚れにも強いのもキャンプで使うのにおすすめの理由です。高さは37cmと低めなのでロースタイルキャンプにぴったりのテーブルです。

 

折り畳んでも55cmはあるので気軽な持ち運びには向いていませんが、ソロキャンプでオートキャンプによく行く方におすすめの商品です。

重さ 2.8kg 耐荷重 50kg
サイズ 55×35×37cm 収納サイズ 55×35×2.5cm

口コミを紹介

重量、サイズも絶妙で持ち運びしやすいです。
家でも使っていますが、汚れにくく、熱いものも気にせず置けるという点でも安心感があり使い勝手が良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャンプ用テーブルのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 重さ 耐荷重 サイズ 収納サイズ
1
アイテムID:5729057の画像
焚き火テーブル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

耐久性が高いステンレスのローテーブル

2.8kg 50kg 55×35×37cm 55×35×2.5cm
2
アイテムID:5729070の画像
アルミ ロールテーブル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンパクトで持ち運びがしやすいローテーブル

700g 30kg 40×29×12cm 6×40×7cm
3
アイテムID:5729084の画像
フィールドホッパー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

とにかく軽くて登山キャンプにも持っていける

395g 3kg 29.7×21×7.8cm 29.7×11×1.9cm

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ソロキャンプの楽し過ぎる暇つぶし

自然の中で時間を忘れてゆったりと過ごせるソロキャンプをさらに楽しむ方法を紹介します。まずはとにかく自分の好きな事、趣味に没頭することです。読書をしたり、料理を楽しんだり、川があれば釣りを楽しむこともできます。

 

ソロキャンパーという同じ趣味を持った人との出会いもあると思うので、お互いに色々な情報交換をすることができます。一番大事なのは自分を日々のストレスから開放し、心をリセットすることです。

 

以下の記事では、釣竿の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ソロキャンプの注意点

ソロキャンプには様々な注意点もあります。場合によっては命を危険にさらしてしまうこともあるので、注意点をしっかりと理解した上でキャンプを行いましょう。キャンプ場には一定のルールが決められているので、必ず確認しマナーを守るようにしましょう。

 

野営をする場合、そこが安全な場所かの確認が必要です。初心者であればまずは慣れている人と行くことをおすすめします。天候は必ずチェックしていきましょう。山でキャンプをする際は天候が変わりやすいので、悪天候になりそうであれば先に避難しましょう。

 

守られてないことが多いのがゴミ捨てのマナーです。自分が出したゴミは必ず持ち帰るようにしましょう。

まとめ

ここまでソロキャンプに必要な道具についてランキング形式でご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。色々な商品があるので揃えたくなると思いますが、まずはできるだけコンパクトな荷物でキャンプを最大限楽しめるようにしましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

美味しいお菓子の人気おすすめランキング73選【スーパーで買えるお菓子多数!】

美味しいお菓子の人気おすすめランキング73選【スーパーで買えるお菓子多数!】

菓子・スイーツ
グリル鍋の人気おすすめランキング15選【一人暮らしに!モノクロームのグリル鍋も】

グリル鍋の人気おすすめランキング15選【一人暮らしに!モノクロームのグリル鍋も】

【2022年版】キャリーカートのおすすめ人気ランキング20選【釣りや荷物運びにもおすすめ】

【2022年版】キャリーカートのおすすめ人気ランキング20選【釣りや荷物運びにもおすすめ】

アウトドアグッズ
【バイヤー監修】テレビ台のおすすめ人気ランキング29選【ISSEIKIなどの人気メーカーも】

【バイヤー監修】テレビ台のおすすめ人気ランキング29選【ISSEIKIなどの人気メーカーも】

家具
ドッペルギャンガーテントの人気おすすめランキング10選【ワンポーツテント・かまぼこ型も紹介】

ドッペルギャンガーテントの人気おすすめランキング10選【ワンポーツテント・かまぼこ型も紹介】

テント
コールマンテントの人気おすすめランキング20選【初心者向けも紹介】

コールマンテントの人気おすすめランキング20選【初心者向けも紹介】

テント