【2021年最新版】片手鍋の人気おすすめランキング15選【一人暮らしの自炊にも!】

記事ID11676のサムネイル画像

味噌汁・カレー・揚げ物などさまざまな料理に使えて便利な片手鍋。でもサイズや素材が豊富でどれを選ぶか迷っている人もいるはず。そこで今回は片手鍋の選び方と人気おすすめ商品をランキング形式でお届けします。一人暮らし用からプロも愛用する商品まで幅広くご紹介します!

片手鍋は素材や種類ごとに得意料理が異なる!

汁物・揚げ物・煮物までさまざまな料理を作るのに必須のツールに片手鍋があります。両手鍋に比べて取っ手の位置が手前に来るのが特徴で片手で簡単に操作できるだけでなく、省スペースで料理がしやすいメリットがあります。

 

しかし各メーカーから色々な商品が発売されていることで、何を買うべきか迷ってしまうことはありませんか。実は片手鍋は素材や種類によって得意料理が全く異なるため、作りたい料理に合わせて最適な商品を選ばなくてはいけないのです。

 

そこで今回は片手鍋の選び方の基本おすすめの片手鍋をランキング形式で紹介します。ぜひお買い上げの際の参考にしてください。片手鍋のランキングはサイズ・重量・素材の3つの視点から作成しています。

片手鍋の選び方

まずは、片手鍋の選び方の基本を紹介します。デザインや素材、ブランドによっても得意料理が大きく変わってくるため、メインの料理を決めてから選ぶとスムーズに決めることができますよ。

種類で選ぶ

片手鍋は、種類ごとに得意料理がまったく異なる特徴があります。大きく分けてスタンダード・ミルクパン・ソースパンがありますが、それぞれの得意分野に合わせて料理していくことが大切です。

調理から湯沸かしまで幅広い用途に使うなら「スタンダード」

メインで使う片手鍋を選ぶなら、どんな料理でも万能に使えるスタンダードタイプがおすすめです。フライパンや両手鍋に比べてコンパクトなため、メインの調理器具をサポートする役割としても使えます。

 

スタンダードは料理だけでなく、湯沸かしや温めなど、あらゆる要素で使える万能さで重宝します。1人暮らしで少しだけ料理をしたい方にとっても、小ぶりなスタンダード型がおすすめです。ガラス製のふたによって、中身が見えやすい商品が多いのも特徴です。

以下の記事では、一人暮らし向けの鍋の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

汁物を調理するなら「ミルクパン」

ミルクパンとは注ぎ口がついたタイプの片手鍋のこと。注ぎ口から直接器に移すことができるため、みそ汁やスープといった汁物を作るのに向いています。それ以外にもチョコレートを溶かしたりカフェオレを温めたりと液体を使う料理・調理の際には特におすすめです。

 

スタンダードタイプよりもさらに小さいため、取り回しやすい点も魅力です。ただし注ぎ口がある関係でふたをしてもぴったり閉まらないデメリットもあります。密閉が必要な料理には向かない点は理解しておきましょう。

以下の記事では、ミルクパンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ジャムや離乳食を作るなら「ソースパン」

ソースパンは、スタンダードやミルクパンよりも深さがあるタイプの片手鍋のことです。形状的には離乳食や煮込み料理、ジャムなどとろみのある料理を作るのに向いています。スタンダードより小さいため、ほんの少量の料理をする際も使えます。

 

ただしミルクパンと違って注ぎ口がない点がデメリットです。セットでおたまを購入しておくことをおすすめします。

以下の記事では、ソースパンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

サイズで選ぶ

片手鍋は小さいもので直径14cm、大きいものでは直径30cmと大きさはさまざま。家族の人数や料理する量に応じてサイズを考えると失敗せずに最適な大きさの片手鍋を選ぶことができますよ。

一人暮らしで使うなら「直径14cm~16cm」

一人暮らしの場合は作る量が少なく部屋のスペースもコンパクトなことから、小型で使いやすいサイズがおすすめ。直径14cm~16cmであれば1人分の適量を作るのにぴったりです。

家族2人以上なら「直径18cm~20cm」

夫婦やカップルなど2人以上で家庭で料理を作る時は、直径18cm以上のサイズがおすすめです。適度な大きさで2人分の食事やお弁当の具材を作る際に役に立ちます。逆に18cmより小さくしてしまうと2人用としては足りない場合があるので注意しましょう。

4人以上なら「15cm前後」「20cm前後」を両方持つのがおすすめ

家族が4人以上なら小さい片手鍋と大きめのものと一つずつあると便利。サイズ違いで持っているとおかずをもう一品作りたい時や、メインのソース作りなどに使えて重宝します。このように人数や料理の分量から片手鍋のサイズや数を決めると失敗が少ないですよ。

素材で選ぶ

片手鍋のタイプや大きさが決まったら続いて決めるのが素材です。素材によって得意分野が全く異なるためメインで作る料理やお手入れのしやすさによって自分にピッタリな片手鍋を選びましょう。

味噌汁作りなら火の通りが良くて軽い「アルミ製」

味噌汁やスープなどの汁物を作ることが多いなら、アルミ製の片手鍋がおすすめです。アルミは熱を良く通すため、火の通りが良くお湯が沸きやすいメリットがあります。加えて軽量なので女性でも簡単に扱うことができます。

 

弱点としては食材が片手鍋にこびりついてしまう点です。購入直後のきれいな状態を保つためには料理後に入念に洗う必要があります。

カレーやシチュー用なら焦げない「フッ素加工」された商品を

カレーやシチューに代表されるトロトロした料理は、他の料理よりも鍋の底に焦げ付きやすい注意点があります。そのようなメニューを作る時はフッ素コーティングされた片手鍋をおすすめします。フッ素の効果によって焦げ付きを防いでピカピカな状態を保ってくれます。

 

アルミにフッ素がコーティングされたことでIHにも対応している商品が多いのも特徴です。

煮込み料理なら「ステンレス製」

アルミとステンレスは見た目が似ていますが、金属の特性としては全く別の種類です。熱伝導率が高いアルミに対してステンレスは保温性が高い特徴があります。そのため、長い時間煮込む料理に対してはアルミよりも向いています。

 

そのほか錆びにくい、傷つきにくい、といった特徴から長く使える片手鍋を探している方にもおすすめです。ただし、あくまで錆びにくいだけで全く錆びないわけではありません。水分はこまめに拭きとるなど他の片手鍋と同じようにメンテナンスが必要です。

揚げ物に使うなら「ホーロー製」

鉄やアルミなど金属の鍋にガラス質の釉薬をコーティングしたものをホーローと呼びます。ガラス質等の効果によってニオイが移りにくく揚げ物などのニオイがキツい料理をする際におすすめできます。ガス火とIHの両対応になった商品が主流で住まいのコンロに左右されないのもメリットです。

 

注意点としてはホーロー自体が重たく、落とすと衝撃で割れてしまうことです。重いことを念頭にできるだけ扱いやすいサイズを選びましょう。

煮込み料理なら「鉄製」

現代では鉄の片手鍋は主流ではありませんが一部では今でも販売されてます。熱伝導率に優れており、食材にじっくりと火を通したい煮込み料理に向いています。使うほどになじんでくるのも魅力で長い期間使える商品を探している人にもおすすめです。

 

油が馴染みませていくことで、使うほどに焦げ付きにくくなる特徴もあります。長く使える相棒を探している人にはピッタリでしょう。一方でほかの素材より重くメンテナンスを怠るとサビてしまう欠点もあります。

2,000円前後の予算があれば「コスパ抜群」の片手鍋が買える

片手鍋の値段はピンからキリまであり、外国産のおしゃれな商品は数万円以上する場合もあります。ただ機能性にとしては国産の2,000円ほどの商品でも日常の料理なら十分に美味しく作れます。

 

コストパフォーマンスを重視する人は2,000円~3,000円あたりを予算に片手鍋を選んではいかがでしょうか。

「蓋つき」の商品を選べば保存が簡単に!

片手鍋は鍋だけで売られているタイプと、蓋つきで売られているタイプがあります。後からピッタリ合うふたを買うのは大変ですから購入時にふたが付いているタイプを購入するのがおすすめです。作った料理を保存しておく際にホコリや菌が入り込むのを防いでくれます。

 

ただしミルクパンの場合は注ぎ口がふさがらない点は知っておきましょう。

メーカー・ブランドで選ぶ

片手鍋はコスパ抜群な国産メーカーからおしゃれな海外メーカーまでさまざまなブランドが存在します。メーカーごとの特徴を知っておくと片手鍋選びがグッと楽になりますよ。

おしゃれでかわいい見た目と実用性なら「ル・クルーゼ(LE CREUSET)」

外国産のおしゃれな鍋と言えばル・クルーゼが有名です。鋳物ホーロー鍋のパイオニア的な存在として知られておりフランスらしいおしゃれさと実用性の高さで人気を呼んでいます。

 

ル・クルーゼのホーロー鍋は熱伝導率が高く食材にムラなく熱が入るのが特徴です。煮崩れしにくいだけでなく、食材の甘みや旨味を最大限引き出すことができます。蓄熱性の高さによって料理が冷めにくいのも魅力です。

プロも納得の使いやすさなら「宮崎製作所(Miyaco)」

ステンレス製の片手鍋なら国産の宮崎製作所が高品質で知られています。鉄芯にステンレスを挟み込む三段構造により優れた熱伝導を実現しているのが特徴です。熱性能によって料理が冷めにくいほか5年保証付きで安心して使うことができます。

 

料理研究家・服部幸應氏が監修した「ジオプロダクト」シリーズは特に人気で、プロにも愛用者が多くいるほど。プロも納得する使いやすさと機能美備えた本格的な片手鍋が欲しいならこちらがおすすめです。

安全性・耐久性を求めるなら「ティファール(T-fal)」

取っ手が取れる調理器具で有名なティファールも片手鍋を扱っています。ティファールのフライパンはこびり付きにくさが続くほか、耐久性に優れたコーティングで長持ちします。お知らせマーク付きでベストな温度で調理をはじめられるユニークな機能もあります。

日本製にこだわるなら「柳宗理」

日本製の片手鍋にこだわりたいなら柳宗理の片手鍋はいかがでしょうか。軽くて扱いやすいステンレスを使用し、考え抜かれた形状によって使いやすく作られているのが特徴です。小さなミルクパンであれば500g程度と女性でも簡単に扱うことができます。

「IHに対応しているか」の確認も重要

最近のマンション・アパートでは火を使わないIHタイプのコンロが主流になりつつあります。そのため購入前にIHに対応しているかはキチンと確認しておきましょう。ガスコンロで使うならIH対応でも非対応でも同じように使えます。

安心して長く使うなら「保証付き」のメーカーを選ぶ

多少お値段が高くなったとしてもメーカー保証が付いている方が安心して購入できますよね。例えばティファールならほとんど全ての商品が保証付きで安心です。

コスパの良い片手鍋の人気おすすめランキング3選

軽くて使いやすいステンレス片手鍋

錆びづらいステンレスを使用した片手鍋です。カレー・スープなどさまざまな料理に使える軽くてシンプルなデザインをしているほか、ふたには物理強化ガラスを採用していて落とした時も安心です。

サイズ 32.79×20.19×9.59 重量 0.58kg
素材 ステンレス

口コミを紹介

湯切り用の穴が蓋に開いているので、パスタやそうめん等の麺類を茹でた後が楽です。
また、ガラス製の蓋の為、目視で確認出来るのが良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パール金属(PEARL METAL)

クレア 両口付ミニ鍋

両サイドに注ぎ口が付いた片手鍋

フッ素樹脂膜加工が施されたアルミ片手鍋です。両サイドに注ぎ口加工がされているためスープや汁物を器に移しやすくなっています。ふたが別売りという注意点があるものの、480円程度の値段でコストパフォーマンスは抜群です。

サイズ 28×15×7.5 重量 0.25kg
素材 アルミ

口コミを紹介

お肉やお魚、お野菜を茹でて手作りしてます。
2日分作ったりするので、そのまま冷蔵庫に入れるのにも邪魔にならないおおきさで便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

アルマイトとアルミで作られた片手鍋

全家協のプリンセスパールIIは、パール発色のアルマイト加工で作られた片手鍋です。たっぷり2.1L入るためたくさんのスープや煮物を作ることができます。水量目盛りが刻印されているのも嬉しいポイント。ふたまで付いて547円と激安なのも魅力です。

サイズ 19×16×33 重量 0.4kg
素材 パール発色アルマイト加工

口コミを紹介

シンプルながら丸みが可愛らしい。もっと厚い鍋を探していたけれど、この軽さは料理するにも洗うにもラクで、サッと茹でる、アッサリ煮るなど手軽に使え重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパの良い片手鍋のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6832678の画像

    全家協

  • 2
    アイテムID:6832675の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 3
    アイテムID:6832672の画像

    カクセー

  • 商品名
  • 片手鍋 プリンセスパールII
  • クレア 両口付ミニ鍋
  • 片手鍋 S-Class
  • 特徴
  • アルマイトとアルミで作られた片手鍋
  • 両サイドに注ぎ口が付いた片手鍋
  • 軽くて使いやすいステンレス片手鍋
  • 価格
  • 547円(税込)
  • 480円(税込)
  • 637円(税込)
  • サイズ
  • 19×16×33
  • 28×15×7.5
  • 32.79×20.19×9.59
  • 重量
  • 0.4kg
  • 0.25kg
  • 0.58kg
  • 素材
  • パール発色アルマイト加工
  • アルミ
  • ステンレス

ティファール製片手鍋の人気おすすめランキング3選

3位

ティファール(T-fal)

インジニオ・ネオ IHブルゴーニュ・エクセレンス

別売りの取っ手を付けて使用

別売りの取っ手を付けて使うソースパンタイプの片手鍋です。チタンなどの4層構造で汚れが付きにくく、変形しにくいのが特徴。取っ手は付け外しが簡単なので食卓にそのまま出せたり収納スペースを取らないのも嬉しいポイントです。

サイズ 21.4×9.5×9.1 重量 0.78kg
素材 アルミニウム他

口コミを紹介

昔からティファールしか使用していないコーティングが剥げると買いたししている。少し重いが耐久性を考えて購入した。やはりティファールは重ねて場所を取らないから良い商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ティファール(T-fal)

コンフォートマックス IHステンレス ソースパン

耐久性が高くさらに10年保証付き

アルミニウムをステンレスで包み込んだ底面加工で耐久性に優れ長い期間使用できます。10年保証付きなのも嬉しいポイント。シンプルで飽きがこないデザインも人気を得ています。

 

ふたがガラス製なので調理中も鍋の中が見やすく便利。吹きこぼれを防ぐ蒸気孔もついていて安心です。

サイズ 36.6×19.2×15.5 重量 1.11kg
素材 ステンレス

口コミを紹介

沸騰が早い気がする。熱伝導がいいのかもしれません。気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ティファール(T-fal)

IHルビー・エクセレンス ソースパン

IH対応のアルミ片手鍋

アルミでありながらIH対応に進化し片手鍋です。4層のチタン・エクストラコーティングや新デザインのお知らせマークといったティファール独自の機能はそのままにしっかり握れる新形状の取っ手が新たにデザインされています。

 

こびりつきにくさなど、同社の5つのテストをクリアした安心品質です。

サイズ 37.5×19.4×15.1 重量 1.45kg
素材 アルミ・ステンレス

口コミを紹介

深さがあるので、16cmのソースパンと比べると意外と大きさの違いを感じます。
こげつきもなく、快適に使えてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ティファール製片手鍋のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6832689の画像

    ティファール(T-fal)

  • 2
    アイテムID:6914225の画像

    ティファール(T-fal)

  • 3
    アイテムID:6914515の画像

    ティファール(T-fal)

  • 商品名
  • IHルビー・エクセレンス ソースパン
  • コンフォートマックス IHステンレス ソースパン
  • インジニオ・ネオ IHブルゴーニュ・エクセレンス
  • 特徴
  • IH対応のアルミ片手鍋
  • 耐久性が高くさらに10年保証付き
  • 別売りの取っ手を付けて使用
  • 価格
  • 5211円(税込)
  • 3009円(税込)
  • 5081円(税込)
  • サイズ
  • 37.5×19.4×15.1
  • 36.6×19.2×15.5
  • 21.4×9.5×9.1
  • 重量
  • 1.45kg
  • 1.11kg
  • 0.78kg
  • 素材
  • アルミ・ステンレス
  • ステンレス
  • アルミニウム他

ホーロー片手鍋の人気おすすめランキング3選

レトロかわいいデザインが人気

月兎印のソースパンは1人暮らしでもファミリーでも重宝する16cmのホーロー片手鍋です。ガラス質の表面が料理の味を変えることなく、素材の良さを活かして料理ができます。

 

レトロでかわいらしいデザインが若年層を中心に人気で、シンプルなデザインのためいつまでも使うことができるでしょう。

サイズ 32.5×18.0×12.6 重量 1.16kg
素材 ホーロー

口コミを紹介

コンロの上に置いておいておいても、サマになる素敵なパンです。
取っ手も、普通に使う分にはそんなに熱くなりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

富士ホーロー(Fuji Horo)

ミルクパン コットンシリーズ

かわいいデザインで人気

離乳食作りに最適なミルクパンと呼ばれる片手鍋です。ハンドルに木を使用しているため焦げにくく、長期間にわたって愛用することができるでしょう。

 

写真のホワイトの他にグレー、ピンク、ブルー、レッドなど豊富なカラー展開も人気。キッチンの雰囲気やお好みに合わせて選んでくださいね。

サイズ 32.5×17×12 重量 0.75kg
素材 ホーロー+木

口コミを紹介

鍋が小さめなので、IHコンロでも鍋どうしぶつからないし、洗う時シンクに置いてもかさばらないです。
白なので汚れが気になると思いましたがしっかりコーティングされていて、洗いやすさもいいです

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

野田琺瑯(Nodahoro)

クルール ソースパン

かわいらしさと上品さを兼ね備えたデザイン

直径14cmのコンパクトな片手です。1人暮らしに最適なサイズで少量の汁物からミルクティー・コーヒーまでさまざまな料理や調理に使えます。アルミと違って焦げ付きにくく、吹きこぼれしにくいのも特徴です。

 

かわいらしいデザイン艶のある上品な質感も人気の商品。ホワイト、グリーン、ブルー、グレーなどカラーも豊富に揃っています。

サイズ 16.1×29.3×13.7 重量 0.88kg
素材 ホーロー

口コミを紹介

我が家はIHでなかなかIH対応のひとり鍋を見つけることができなかったのですが、こちらで問題なく使えてます!本当買ってよかった!!!大正解!!

出典:https://www.amazon.co.jp

ホーロー片手鍋のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6832697の画像

    野田琺瑯(Nodahoro)

  • 2
    アイテムID:6832694の画像

    富士ホーロー(Fuji Horo)

  • 3
    アイテムID:6832700の画像

    月兎印

  • 商品名
  • クルール ソースパン
  • ミルクパン コットンシリーズ
  • ソースパン
  • 特徴
  • かわいらしさと上品さを兼ね備えたデザイン
  • かわいいデザインで人気
  • レトロかわいいデザインが人気
  • 価格
  • 3209円(税込)
  • 2750円(税込)
  • 4950円(税込)
  • サイズ
  • 16.1×29.3×13.7
  • 32.5×17×12
  • 32.5×18.0×12.6
  • 重量
  • 0.88kg
  • 0.75kg
  • 1.16kg
  • 素材
  • ホーロー
  • ホーロー+木
  • ホーロー

以下の記事では、ホーロー鍋の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ステンレス片手鍋の人気おすすめランキング3選

ゆでたまごが5個作れる片手鍋

日本製で安心の片手鍋です。ふた付きなので少量の煮物やゆでたまご、お弁当のおかず作りに重宝します。200Vの電磁調理器にも対応しているためコンロの規格によらずどこでも調理が可能。水量目盛りが付いているので汁物が作りやすいのも魅力です。

サイズ 29×14.7×11.8 重量 0.52kg
素材 ステンレス

口コミを紹介

今までのステンレスのお鍋は、こびりついてしまって、何度も洗わないととれませんでしたがこのお鍋はすぐ取れて一度こすればすぐ取れて助かってます
お値段手頃、しかも日本製
とても気に入りました!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ヨシカワ(Yoshikawa)

ステンレス雪平鍋

軽くて使いやすさ抜群

毎日の料理に欠かせない16cmの片手鍋です。ぬくもり伝わる木製ハンドルは濡れた手でも滑りにくい安心設計。鍋の両側に注ぎ口がついているので煮物、汁物を容器に移す時に液だれしにくく、利き手に関係なく使えるのも嬉しいポイント。

 

鍋の内側にメモリが入っているので分量の目安や人数に合わせて測れてとても便利。400gと軽いので女性でも楽に使えるのも大きな魅力です。

サイズ 32.59×16.1×8.2 重量 0.4kg
素材 ステンレス

口コミを紹介

インスタントラーメンを作る頻度が多いので16cmにしました。自重でガスコンロのセンサーに負けないので空でも傾きません。袋麺サイズが丁度入ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

宮崎製作所(Miyazaki Seisakusho)

ジオ 片手鍋

プロも愛用の長く使える商品

料理研究家・服部幸應氏が監修した「ジオプロダクト」シリーズの片手鍋。ステンレスとアルミニウムの全面7層構造によりガス火、IH、オーブンなどすべての熱源で使用できて便利。ステンレスの保温性を生かした余熱調理もできガス代や電気代の節約にも。

 

注ぎやすく液垂しにくいデザインも嬉しいポイント。15年のメーカー保証付きで長く使える片手鍋です。

サイズ 直径16cm 重量 1.08kg
素材 ステンレス

口コミを紹介

早速ゆで卵やざく切りジャガイモを無水調理で茹でたけど早い!簡単!
耐熱ガラスの電子レンジ調理も良いけどジオの無水調理も楽ちん♪
3口コンロの奥の火力弱い保温用の小さなコンロでも充分無水調理できてびっくり!これは小さな鍋の思わぬ利点でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ステンレス片手鍋のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6912508の画像

    宮崎製作所(Miyazaki Seisakusho)

  • 2
    アイテムID:6913242の画像

    ヨシカワ(Yoshikawa)

  • 3
    アイテムID:6832708の画像

    下村企販

  • 商品名
  • ジオ 片手鍋
  • ステンレス雪平鍋
  • プチ小鍋
  • 特徴
  • プロも愛用の長く使える商品
  • 軽くて使いやすさ抜群
  • ゆでたまごが5個作れる片手鍋
  • 価格
  • 6630円(税込)
  • 1618円(税込)
  • 2200円(税込)
  • サイズ
  • 直径16cm
  • 32.59×16.1×8.2
  • 29×14.7×11.8
  • 重量
  • 1.08kg
  • 0.4kg
  • 0.52kg
  • 素材
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス

アルミ片手鍋の人気おすすめランキング3選

3位

パール金属(PEARL METAL)

片手鍋

軽量で手ごろな値段が嬉しい

手ごろな値段が嬉しいパール金属の片手鍋です。ガス火専用でIH調理器では使えませんがその分軽量になっています。内側はこびりつきにくくお手入れが簡単なフッ素加工が施されているのも嬉しいポイント。料理中に中の様子が見えるガラスふたも魅力です。

サイズ 18.5×35×13.5 重量 0.77kg
素材 アルミニウム

口コミを紹介

結婚当初に安価だったのでとりあえずのつもりで購入し、気がつけば丸5年以上使用していました。最も使用頻度が高かった鍋ですが、その後買ったものよりも長く使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイリスオーヤマ(IRIS)

ダイヤモンドコート 片手鍋

汚れにくくこびりつかない

IHとガス火どちらでも使えるアイリスオーヤマの片手鍋です。フッ素樹脂に人工ダイヤモンドの粒子を混ぜたコーティングははがれにくく、少ない油でもこびりつかないのでヘルシー。汚れにくいのも魅力です。

 

ふたがガラス製で調理中の中身が見えるのも嬉しいポイント。写真のブラウンの他にホワイトとブラックの3色展開。どれも落ち着いた色合いでキッチンになじみます。

サイズ 36×19.5×8.5 重量 0.9kg
素材 アルミニウム

口コミを紹介

安いのに完璧。
買って正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ステンレス・アルミ三層構造の片手鍋

柳宗理の片手鍋は鍋の内側に耐食性に優れた18-8ステンレスと熱伝導性に優れた純アルミニウムを使用した商品です。三層構造で熱がムラなく伝わりこげ付きにくくなっています。ガス火からIHまで幅広い熱源に対応しているのも魅力です。

サイズ 35.1×21.×11.7 重量 1.06kg
素材 アルミニウム

口コミを紹介

多少の傷も目立たないつやなしにしましたが、しっかりこすらないと汚れが落ちにくいのがマイナス程度。つやタイプだと、軽い洗いかたでもすぐに汚れも落ちるんではないかな?と思います。これでまた料理が楽しくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

アルミ片手鍋のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6832716の画像

    柳宗理(Yanagi Sori)

  • 2
    アイテムID:6914694の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS)

  • 3
    アイテムID:6914834の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 商品名
  • 片手鍋
  • ダイヤモンドコート 片手鍋
  • 片手鍋
  • 特徴
  • ステンレス・アルミ三層構造の片手鍋
  • 汚れにくくこびりつかない
  • 軽量で手ごろな値段が嬉しい
  • 価格
  • 7495円(税込)
  • 1720円(税込)
  • 739円(税込)
  • サイズ
  • 35.1×21.×11.7
  • 36×19.5×8.5
  • 18.5×35×13.5
  • 重量
  • 1.06kg
  • 0.9kg
  • 0.77kg
  • 素材
  • アルミニウム
  • アルミニウム
  • アルミニウム

片手鍋と一緒に両手鍋も検討しましょう

部屋の大きさや作る分量などによって片手鍋と一緒に両手鍋を検討することをおすすめします。両手鍋は片手鍋よりサイズが大きいため大容量の料理に向いているほか、重くなっても両手でしっかりと持てる点がメリットです。

 

以下の記事ではおすすめ両手鍋をランキング形式で紹介しています。片手鍋と両手鍋の購入で悩んでいる場合はぜひ読んでみて下さい。

初めての一人暮らしなら無印良品やニトリもチェックして

初めての一人暮らしで片手鍋のことがよく分からない、実際に見てみたいけれど鍋だけ買いに行く時間がない!という人は「無印良品」「ニトリ」に行くのがおすすめ。他の生活用品を揃えるついでに片手鍋も買えちゃいます。

 

無印良品には一人暮らしにピッタリな16cm、18cmのステンレスアルミ片手鍋が、ニトリには大きさも素材もさまざまな安いコストパフォーマンスの良い商品が揃っています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は片手鍋の選び方の基本おすすめの片手鍋をランキング形式で紹介しました。片手鍋はタイプや大きさ、素材によって得意な料理や分量が大きく異なります。家族構成や作る量に応じて選んでいけば最適な片手鍋に辿り着くことができますよ。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【タオルソムリエ厳選】バスタオルの人気おすすめランキング20選【ふわふわ・コスパの良いタオルなど】

【タオルソムリエ厳選】バスタオルの人気おすすめランキング20選【ふわふわ・コスパの良いタオルなど】

日用品
グリル鍋の人気おすすめランキング15選【一人暮らしにも】

グリル鍋の人気おすすめランキング15選【一人暮らしにも】

【2021年最新版】IH炊飯器の人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】IH炊飯器の人気おすすめランキング15選

炊飯器
【300人に聞いた!】カップ麺の人気おすすめランキング52選【2021年最新版】

【300人に聞いた!】カップ麺の人気おすすめランキング52選【2021年最新版】

カップ麺・インスタント食品
【2021年最新版】ダッチオーブンの人気おすすめランキング20選【レシピや使い方も紹介!】

【2021年最新版】ダッチオーブンの人気おすすめランキング20選【レシピや使い方も紹介!】

アウトドアグッズ
釣り用クーラーボックスの人気おすすめランキング20選【小型から大型まで!】

釣り用クーラーボックスの人気おすすめランキング20選【小型から大型まで!】

アウトドアグッズ