ドローンの人気おすすめランキング15選【小型から本格的なものまで】

記事ID11296のサムネイル画像

最近では、カメラを搭載して空撮できるドローンを購入する人が増えています。様々な大きさや機能、価格のものがあり種類が豊富なドローン。この記事ではドローンのおすすめ商品のランキングと、正しい選び方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのドローンをご紹介

ドローンとは、プロペラを搭載した小型無人航空機です。ドローンを空に飛ばしてコントローラーで操縦を楽しんだり、カメラを搭載して空撮したりできます。カメラやコントローラーがなくても、スマートフォンで操作や撮影を楽しめる機種も増えています。

 

ドローンが空を飛んでいる姿を見ると、自分も一度は操縦してみたいと思う方は少なくないでしょう。室内で過ごすことが多い今、外出できるようになったらドローンを思いっきり飛ばしてみませんか。

 

今回はドローンのおすすめの商品を、サイズや重量の観点からランキング形式でご紹介します。選び方のポイントもご案内しますので、参考にしてみてください。

ドローンの選び方

初めて購入する方であれば、ドローンをどうやって選んだら良いのか迷うことでしょう。ドローンは子供や初心者でも安心して飛ばせるんだろうか、たくさんの機種があるけどどのメーカーが人気なんだろうかと色々と疑問がわいてくるでしょう。

 

ドローンを購入する前に、正しい選び方について理解しておく必要があります。ドローンの種類や機能性、メーカーについて理解すれば、自分にぴったり合ったドローンを見つけることができます。ここでは、ドローンの正しい選び方について、詳しく解説していきます。

ドローンの種類と重量で選ぶ

ドローンの選び方には、種類や重量で選ぶという方法があります。ドローンを選ぶ際には、本体の重量も関係してきます。ドローンには主に、トイドローン・空撮ドローン・産業用ドローンという三種類のタイプがあります。

初心者や子供の方は「200g未満のトイドローン」

200g未満で小型のドローンは、「トイドローン」と呼ばれています。初心者や子供の方でも気軽に操縦や空撮を楽しめるのが特徴です。ドローンを飛ばすための免許は必要ないので、禁止されている場所以外はどこでも自由に楽しめます。

 

200g未満のトイドローンは商品の種類も多く、価格が安い機種もあるので気軽に購入できます。200g未満のトイドローンを使えば、インスタグラムやSNSに自撮りしたセルフィー動画をアップできます。ドローンを初めて購入する方には、トイドローンがおすすめです。

飛行距離と飛行時間で選ぶ方は「空撮ドローン」

200g以上の重量があって、高性能カメラなどを搭載したタイプは「空撮ドローン」です。通信距離が長いため、遠くて高い上空から広大な景色を撮影できます。高画質な映像を撮影したい方に人気ですが、重量200g以上のドローンを飛行させるには航空法に基づき、国土交通省の許可を確認する必要があります。

 

ドローンの連続飛行時間は、一般的には10分程度が目安となります。ドローンの飛行訓練を受けたプロでも、集中力を保って安全に飛行できるのは10分程度と言われています。長時間の飛行時間が欲しい方には、30分以上連続運転できる高価なドローンもあります。

農業・建設・点検に使う方は「産業用ドローン」

「産業用ドローン」とは、農業や建設業、点検作業などの分野で活用されるタイプです。上空から農薬を散布したり、人が侵入しにくい場所を撮影することができます。現場の点検や測量目的で使用されることもあります。

 

産業用ドローンは高度な自律操縦システムが搭載されていて、飛行制御に優れているという長所があります。設定したエリアを自律飛行させたり、カメラの位置を変更させたりできます。産業用ドローンは、自然災害の救援活動にも活用されています。

ドローンの機能性で選ぶ

ドローンの選び方には、機能性で選ぶという方法があります。ドローンには様々な便利な機能が搭載されているので、自分の用途に合わせて選ぶことができます。ドローンを購入する前に、どんな機能を必要としているのか考えてみましょう。

空撮したい方は「カメラ機能」

ドローンは飛行させるだけでも楽しいですが、せっかくなら空撮をしたいと思う方は多いことでしょう。ドローンには、カメラ無しタイプ、スマホ取り付け可能タイプ、カメラ搭載タイプがあります。空撮をしたい方には、最初からカメラ機能がついた機種がおすすめです。

 

カメラ機能を搭載したドローンでも、映像の画質は様々です。YouTubeSNSなど他の人にも見せる動画を空撮するなら、フルHD1920×1080p)以上の画質がおすすめです。高機能コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)レベルの性能を有したドローンに人気があります。

ブレなく空撮したい方は「200g以下ジンバル付き」

ジンバル(Gimbal)とは、1つの軸を中心に本体を回転させる回転台のことです。ジンバル付きのドローンなら、ロータの向きを一定に保って、ブレのない空撮を楽しめます。200g以上のドローンで撮影を行う場合は事前に許可が必要ですので、注意しましょう。

安定飛行させたい方は「GPS機能」

GPS機能とは、衛星を使ってドローンの位置を制御できるシステムです。GPS機能を搭載したドローンなら、現在位置を自動認識して、飛行している場所にとどまるように自動制御できます。GPS機能があれば、初心者の方でも簡単な操作で安定した飛行を楽しめます。

空中で停止させたい方は「ホバリング機能」

ホバリング機能とは、ドローンを空中で静止させるシステムです。初心者の方にとって、空中でとどまり続けるのはとても難しい操作です。ホバリング機能があれば、写真を撮影したい時や農薬散布、点検・測量などに役立ちます。

ダイナミック映像を撮りたい方は「自動追尾機能」

自動追尾機能とは、被写体を自動で追いかけながら飛行するシステムです。一定の距離を維持しながら動く被写体を撮影できるので、ダイナミックな映像撮影ができます。走行中のロードバイクや動物など、動くものを撮影したい方におすすめです。

自動で傾きを調整したい方は「ジャイロ機能」

ジャイロ機能とは、ドローンの傾きを自動で調整して、飛行を安定させてくれるシステムです。ジャイロ機能があれば、コントロールに不慣れな初心者の方でも操縦しやすくなります。不安定な飛行が少なくなるので、急なアクシデントを減らすことができます。

自動で帰還させたい方は「自動帰還機能」

自動帰還機能とは、電波状態が悪くなっても自動的に機体が帰還するシステムです。ワンキーリターンとも呼ばれる機能で、操作が困難になった時に活用できます。自動帰還機能を使えば、いざという時に紛失や事故を避けられます。

臨場感ある映像を見たい方は「FPV機能」

FPV機能とはファースト・パーソン・ビューの略で、一人称視点で動画を確認できるシステムです。リアルタイムで飛行映像を見れるため、臨場感のある視点を楽しめます。飛行映像は、スマートフォンやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)で確認できます。

安全に飛行させたい方は「障害物検知機能」

「障害物検知機能」とは、自動的に障害物を認識して、接触を避けてくれるシステムです。高価なドローンほど、障害物検知機能が搭載されている傾向にあります。初心者の方が操作を誤った時でも、不必要な接触や衝突を避けることができます。

ドローンの人気メーカーで選ぶ

ドローンの選び方には、人気メーカーで選ぶという方法があります。高機能ドローンを生産している有名なメーカーには、人気商品が数多く揃っています。ドローンを初めて購入する方は、世界の有名メーカーから探すことで、お気に入りのドローンを見つけやすくなります。

世界最大メーカーで探すなら「DJI」

DJI(ディージェーアイ)は、中国に拠点を構えるドローン業界最大手のメーカーです。空撮ドローンの販売シェアは、世界の約7割ほどを占めています。娯楽用のドローンからプロ仕様の商品まで、幅広いモデルが揃っています。

Telloが好きな方は「RYZETECH」

RYZETECH(ライズテック)は、大人気のドローン「Tello」を販売しているメーカーです。初心者でも簡単に操縦できる小型ドローンとして有名で、子供から大人まで人気があります。Intelプロセッサー搭載で、スマートフォンで直感的な操作が可能です。

高画質の撮影をしたい方は「Parrot」

Parrot(パロット)は、フランスに拠点を構えるドローンメーカーです。スマホやタブレットに対応した商品を数多く販売しています。4KHDR動画撮影が可能な「ANAFI」が大人気で、高画質な撮影にこだわりたい方におすすめです。

ドローンの価格で選ぶ

ドローンの選び方には、価格で選ぶという方法があります。ドローンの価格には、5000円前後から10万円以上まで様々な商品があります。ドローンを選ぶ際には、予算や使用用途だけでなく、自分自身の操縦レベルも検討する必要があります。

安い価格帯で選ぶ方は「5,000円前後」

初心者の方や子供の娯楽用として購入したい方には、5,000円前後の価格帯がおすすめです。操縦に不慣れな初心者の方は、安い価格帯のドローンから練習してみましょう。5,000円前後のドローンの中から、プロペラが4基付いていて、用途に合わせた機能を搭載した商品がおすすめです。

旅行で空撮を楽しみたい方は「1万~5万円」

本格的に空撮を楽しみたい方には、1万円から5万円の価格帯がおすすめです。広々した風景の美しい場所に旅行に行く方なら、中級レベルのドローンがぴったり合っています。重量が200gを超える場合には、空撮できる場所を確認してから購入しましょう。

産業用に使いたい方は「10万円前後」

プロの空撮・農薬散布・物資運送・測量・災害救助など、産業用に使用したい方には10万円前後の上級者モデルがおすすめです。高度な自立操縦システムを搭載していて、オートフライトが可能なドローンもあります。高性能ですが故障・破損した時の代償は大きくなりますから、操縦レベルが上級者の方におすすめです。

初心者ドローンの人気おすすめランキング4選

4位

Shantoushiリトルキングダムトレーディングカンパニー

4DRCミニドローン初心者ドローン屋内折りたたみ式

価格:3,650円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供も楽しめるミニドローン

初心者の方にもおすすめの折りたたみ式マイクロドローンです。ヘッドレスモードで向いている方向を気にせずに操縦可能です。フライト保持モードを使えば、高度を簡単に維持でき、3つの速度レベルで飛行できます。

サイズ9.5 cm x 9.5 cm x 3.0 cm重量200g以下

口コミを紹介

カメラ付きじゃない方です。お間違えの無いようご注意ください。www
バッテリーが3つもあるの10分×3=約30分遊べます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Holy Stone

Holy Stone ドローン GPS搭載 カメラ付き 200g以下

価格:16,991円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GPS機能とフルHD画質カメラ搭載

安全なフライトと高画質での撮影が可能な初心者にもおすすめの機種です。大容量バッテリー搭載で、最大30分の飛行を楽しめます。最初から長時間のフライトと、画質の良いカメラが欲しい方におすすめです。

サイズ27 x 27 x 12 cm重量200 g

口コミを紹介

初めてのドローンということでGPSとリターンホーム付きで制限の少ない200g以下のこの機種を選択。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

DJI

Ryze トイドローン Tello Powered by DJI

価格:12,493円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホで飛ばせる超軽量トイドローン

フライトコントロールシステムとIntelプロセッサー搭載で、初心者でも簡単に飛行を楽しめる人気商品です。操縦に不慣れな方でも安定したフライトが可能で、ドローンの最初の一台としておすすめです。

サイズ9.2 x 9.8 x 4.1 cm重量81.6g

口コミを紹介

コスパに驚き。
安いのにここまで動くとは思わなかったです。特に操作性の良さは親切そのもの。
障害物にぶつかったら停止するし、電波が悪くなると警告してくれます。

1位

Parrot

Parrot ANAFI ドローン ウルトラコンパクト

価格:85,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4KHDRカメラ搭載の空撮ドローン

高画質な映像で本格的に空撮をしたい初心者の方におすすめです。軽量型のトイドローンで操縦に慣れてきたら、高画質な空撮に挑戦してみましょう。180°ジンバルと最大2.8倍のロスレスズーム、自動追尾機能でブレのない映像を撮影できます。

サイズ67(W)×244(D)×65(H)mm重量320g

口コミを紹介

機体性能は素晴らしい。
ジンバルロックが追加になって旋回時の映像も迫力満点でよい。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者ドローンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5621642の画像

    Parrot

  • 2
    アイテムID:5621145の画像

    DJI

  • 3
    アイテムID:5621110の画像

    Holy Stone

  • 4
    アイテムID:5621809の画像

    Shantoushiリトルキングダムトレーディングカンパニー

  • 商品名
  • Parrot ANAFI ドローン ウルトラコンパクト
  • Ryze トイドローン Tello Powered by DJI
  • Holy Stone ドローン GPS搭載 カメラ付き 200g以下
  • 4DRCミニドローン初心者ドローン屋内折りたたみ式
  • 特徴
  • 4KHDRカメラ搭載の空撮ドローン
  • スマホで飛ばせる超軽量トイドローン
  • GPS機能とフルHD画質カメラ搭載
  • 子供も楽しめるミニドローン
  • 価格
  • 85000円(税込)
  • 12493円(税込)
  • 16991円(税込)
  • 3650円(税込)
  • サイズ
  • 67(W)×244(D)×65(H)mm
  • 9.2 x 9.8 x 4.1 cm
  • 27 x 27 x 12 cm
  • 9.5 cm x 9.5 cm x 3.0 cm
  • 重量
  • 320g
  • 81.6g
  • 200 g
  • 200g以下

トイドローンの人気おすすめランキング4選

4位

ジーフォース

スカイハイ ドローン

価格:17,973円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手のひらサイズの小型モデル

トイドローンのランキンで人気なのが、手のひらサイズで充実した機能を備えた「SKYHIGH」です。ドローンに搭載したカメラは、90度の角度調整が自由にできます。カメラアングル切替機能を利用すれば、機体の底面に搭載したカメラから撮影が可能になります。

サイズ180mm、218mm、58mm重量185g

口コミを紹介

値段の割には良い画質だと思う
中学生の息子でも1日で操作できるようになったので(動画は2日目です)
ラジコンが好きだったような人は直ぐにできると思います

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ジーフォース(G-Force)

INGRESS GPS FPV DRONE GB080

価格:17,973円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GPSセンサー搭載で自動飛行

トイドローンのランキングでおすすめなのが、重さ約182gのGPS機能を備えた機種です。専用アプリを使えば、あらかじめ作成したルートを自動飛行できます。自動的に帰還する機能や、操縦者を追尾するフォローミーモードも付いています。

サイズ162×162×52mm重量182g

口コミを紹介

おすすめな人
・DJIの空撮用ドローンの練習機として
・マイクロドローンの入門機として

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Potensic

Potensic ドローン 200g未満

価格:16,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高度維持とホバリングの機能で安定飛行

気圧センサーによる高度維持機能やホバリング機能を備えた、ランキングで人気の商品です。飛行が安定するので、臨場感のある写真や録画を撮影できます。1080P高品質カメラが、風景を高解像で記録してくれます。

サイズ27 x 27 x 12 cm重量198g

口コミを紹介

良く出来ているし、しっかりと各機能も動作しました。面白い!規制無く遊べる範囲内としは申し分ありませんでした。画質伝送画像は値段相応と考え期待してはいけません。でも静止画は悪く無いし、個人的には動画もトイドローンにしては馬鹿に出来ないレベルで面白いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ハイテック マルチプレックス ジャパン(Hitec Multiplex Japan)

ワウイトイズ LARK H4821-WH ドローン

価格:11,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新感覚の自撮りを楽しめるトイドローン

ハンドジェスチャー撮影機能を備えた、新しい感覚で自撮りを楽しめるトイドローンです。ドローンに向かってVサインをすると静止画が撮影でき、手のひらを向けると動画を撮影できます。顔認証機能搭載で、撮影したい人物を追尾しながら撮影できます。

サイズ180×170㎜ 38㎜重量80g

口コミを紹介

おすすめな人
・DJIの空撮用ドローンの練習機として
・マイクロドローンの入門機として

出典:https://www.amazon.co.jp

トイドローンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5621170の画像

    ハイテック マルチプレックス ジャパン(Hitec Multiplex Japan)

  • 2
    アイテムID:5621668の画像

    Potensic

  • 3
    アイテムID:5621174の画像

    ジーフォース(G-Force)

  • 4
    アイテムID:5621657の画像

    ジーフォース

  • 商品名
  • ワウイトイズ LARK H4821-WH ドローン
  • Potensic ドローン 200g未満
  • INGRESS GPS FPV DRONE GB080
  • スカイハイ ドローン
  • 特徴
  • 新感覚の自撮りを楽しめるトイドローン
  • 高度維持とホバリングの機能で安定飛行
  • GPSセンサー搭載で自動飛行
  • 手のひらサイズの小型モデル
  • 価格
  • 11800円(税込)
  • 16690円(税込)
  • 17973円(税込)
  • 17973円(税込)
  • サイズ
  • 180×170㎜ 38㎜
  • 27 x 27 x 12 cm
  • 162×162×52mm
  • 180mm、218mm、58mm
  • 重量
  • 80g
  • 198g
  • 182g
  • 185g

DJIドローンの人気おすすめランキング4選

4位

DJI

DJI Mavic Mini コンボ CP.MA.00000128.01

価格:58,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Mavicシリーズのコンパクトタイプ

DJIのランキングで人気の、軽量で高スペックな機種が欲しい方におすすめのドローンです。重さ199gのコンパクトな機体からは想像できない、高機能性を備えたトイドローンです。2.7Kの高画質カメラと3軸のジンバルを搭載して、ブレのない美しい空撮が可能です。

サイズ160×202×55 mm重量199g

口コミを紹介

199gという軽さの中で、安定力抜群。
トイドローンの中では、一番いいと言われるだけあって、使ってみて納得かなと。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

DJI

DJI Mavic Air 2

価格:105,600円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホサイズの折りたたみ式4Kドローン

本体もリモコンも折りたたみが可能な、重量430gのドローンです。高性能なカメラを搭載で、パノラマ撮影や高画質の動画撮影もできます。時速68.4kmで安定した飛行と、4K動画の撮影を実現してくれます。

サイズ180×97×84 mm重量430g
2位

DJI

DJI Mavic 2 Zoom

価格:159,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

望遠・ズーム機能で空撮が自由自在

光学2倍ズームレンズ搭載で、最大4倍までズーム撮影ができるランキングでおすすめのドローンです。望遠・ズーム機能を優先したい方に人気の機種です。約1200万画素の静止画と4K動画を撮影できる高性能カメラを搭載しています。

サイズ322mm 242mm 84mm重量905g

口コミを紹介

もう素晴らしいの一言につきます、
もうこう言う技術は日本が世界一なんて言葉を返上せざる負えません、

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

DJI

DJI Mavic 2 Zoom

価格:159,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高のドローンを求める方におすすめ

DJIのランキング第1位は、最上位機種「Mavic 2 Pro」です。全方向障害物検知やハッセルブラッドカメラを搭載したハイスペックなドローンです。抜群の安定飛行とプロのカメラマン並みの空撮映像を実現してくれます。コンパクトに折りたためるので、旅行の空撮にもおすすめです。

サイズ322mm 242mm 84mm重量907g

口コミを紹介

通常ではあり得ない構図からの撮影、確認ができるので、ラジコン好きな人、カメラ好きな人にはたまりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

DJIドローンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5621631の画像

    DJI

  • 2
    アイテムID:5621624の画像

    DJI

  • 3
    アイテムID:5621616の画像

    DJI

  • 4
    アイテムID:5621603の画像

    DJI

  • 商品名
  • DJI Mavic 2 Zoom
  • DJI Mavic 2 Zoom
  • DJI Mavic Air 2
  • DJI Mavic Mini コンボ CP.MA.00000128.01
  • 特徴
  • 最高のドローンを求める方におすすめ
  • 望遠・ズーム機能で空撮が自由自在
  • スマホサイズの折りたたみ式4Kドローン
  • Mavicシリーズのコンパクトタイプ
  • 価格
  • 159000円(税込)
  • 159000円(税込)
  • 105600円(税込)
  • 58300円(税込)
  • サイズ
  • 322mm 242mm 84mm
  • 322mm 242mm 84mm
  • 180×97×84 mm
  • 160×202×55 mm
  • 重量
  • 907g
  • 905g
  • 430g
  • 199g

安いドローンの人気おすすめランキング3選

3位

Tech rc

Tech rc ドローン カメラ付き 小型 ミニドローン

価格:4,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飛行時間20分でカメラ付き

ランキングで子供さんや初心者の方にもおすすめのカメラ付きドローンです。バッテリーが2個あるので、20分間の飛行が可能です。スマホと接続すれば飛行しながら風景を撮影できる、コストパフォーマンス最高の商品です。

サイズ130mm 130mm 30mm重量42g

口コミを紹介

この価格帯のドローンとしては満点に近いと思います。バッテリーも2つあるので、充電不足のバッテリーで飛ばしていたとしても予備があるので中断せずに楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

SNAPTAIN

SNAPTAIN ドローン カメラ付き

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音声や動作での操作が可能

自分の声でドローンを飛ばしたり、手のジェスチャーで写真や動画の撮影ができます。ホバリング機能やジャイロ機能搭載で、安定したフライトを実現できます。最大24分飛行が可能で、たっぷりと操縦を楽しめます。

サイズ34*34*9.5CM重量200g未満

口コミを紹介

色々探した中でこのドローンにしました。
初心者なので操作性やコストも考え、いくつも閲覧しましたが決めては画質ではないかと思い、このドローンにしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Parrot

Parrot ドローン Bebop Drone

価格:54,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュ&高機能でリーズナブル

ランキングでおすすめなのが、高機能空撮ドローンです。スタイリッシュなデザインと高機能を備えたドローンが、リーズナブルな価格で購入できます。ファッション性とプレレベルの空撮にこだわりたい方におすすめです。

サイズ28mm 32mm 36mm重量390g

口コミを紹介

高価で買えず、憧れだったParrot Bebop Drone + Skycontrollerが安価になり、やっと入手出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

安いドローンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5621725の画像

    Parrot

  • 2
    アイテムID:5621705の画像

    SNAPTAIN

  • 3
    アイテムID:5621716の画像

    Tech rc

  • 商品名
  • Parrot ドローン Bebop Drone
  • SNAPTAIN ドローン カメラ付き
  • Tech rc ドローン カメラ付き 小型 ミニドローン
  • 特徴
  • スタイリッシュ&高機能でリーズナブル
  • 音声や動作での操作が可能
  • 飛行時間20分でカメラ付き
  • 価格
  • 54800円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 4798円(税込)
  • サイズ
  • 28mm 32mm 36mm
  • 34*34*9.5CM
  • 130mm 130mm 30mm
  • 重量
  • 390g
  • 200g未満
  • 42g

ドローンを購入する前に技適マークと規制を確認しよう

ドローンの操作には無線周波数を使用するため、免許不要のドローンには「技適マーク(技術基準適合証明等のマーク)」が付いています。無線免許が不要なドローンを購入したい方は、「技適マーク」の付いた商品を選びましょう。海外製品の中には、「技適マーク」の承認を得ていない機種があるので注意しましょう。

 

ドローンを飛ばす前に必ず確認しておきたいのが、ドローン規制法です。ドローン規制法とは、ドローンの飛行について制限した法律です。ドローンの飛行には、航空法・小型無人機等飛行禁止法・道路交通法・民法・電波法などの規制が関係しています。

以下の記事では、ラジコンヘリ全般の人気おすすめランキングを紹介していますのでぜひご覧ください。

まとめ

今回は、ドローンの選び方やおすすめの商品を、人気ランキング形式でご紹介しました。重量や機能性の違いがあり、種類が豊富なドローン。今回ご紹介した選び方やランキングを参考にして、ドローンの空撮を楽しんでください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ