珪藻土バスマットの人気おすすめランキング15選【お手入れ簡単な日本製商品も紹介】

記事ID11223のサムネイル画像

バスマットと言えば綿や麻といったタオル生地が主流でしたが、現在では珪藻土を利用した吸水性抜群の商品が多数登場しています。そこで今回は、珪藻土バスマットの選び方の基本と、おすすめの珪藻土バスマットをランキング形式で紹介いたします。

珪藻土バスマットは産地やメーカーによってさまざまな種類がある

珪藻土バスマットとは、植物性プランクトンの一種である珪藻(けいそう)が蓄積した珪藻土(けいそうど)を使用したバスマットのことです。表面には無数の穴が開いており、圧倒的な吸水力を持つのが特徴の商品です。

 

実は、ひとくちに珪藻土バスマットといっても、メーカーや生産国、機能性などによって商品の特徴は千差万別です。はじめて珪藻土バスマットを購入する場合、何を基準にして選んでいいのか迷ってしまうことでしょう。

 

そこで今回は、珪藻土バスマットの選び方の基本と、おすすめの珪藻土バスマットについてランキング形式でご紹介いたします。ぜひ、購入される時の参考になさってください。なお、ランキングはサイズ、重量、特徴の3つの視点から作成しています。

珪藻土バスマットの選び方

まずは、基本となる珪藻土バスマットの選び方を解説していきます。実際に購入する場面を想像しつつ、読んでみて下さい。

脱衣所の広さで選ぶ

珪藻土バスマットの基本は、洗面所や脱衣所のサイズに合わせた商品を選ぶことです。部屋のサイズより小さい珪藻土バスマットでは吸水力が落ちてしまいますし、お置きすればそもそも置くことができません。

 

珪藻土バスマットを購入する前に、必ず脱衣所の寸法を測っておきましょう。

一人暮らしなら「Mサイズ」がおすすめ

1Kなどの一人暮らしの場合、脱衣所の間取りも必然的に小さくなります。そのような1人暮らしの人におすすめできるのは、横45cm、縦35cm程度のMサイズの表記がある商品です。Sサイズだと大柄の男性では狭すぎる可能性があるので、Mサイズの方が良いでしょう。

 

ただし、メーカーによって表記の基準はさまざまですから、SかMかというサイズだけで決めずに、寸法をキチンと測ることをおすすめします。

家族暮らしなら「Lサイズ」

家族向けのアパートやマンションの場合は、洗面所・脱衣所も広く作られているでしょう。そんな時は、横幅が60cm以上あるLサイズあるいは大判サイズと表記された商品がおすすめです。見た目はMサイズよりかなり大きいものの、縦のサイズが変わらないため、収納のしやすさに大きな違いはありません。

 

Mサイズより横幅で15cm以上の余裕があるため、大柄な男性でもゆとりをもって使用できます。

サイズで選ぶ

洗面所・脱衣所のサイズが十分に確保されている場合でも、あえて小さめのサイズを選んだほうが良い場合もあります。珪藻土バスマットにはタオル生地にはない特有のデメリットがあるため、それを嫌う人は小さいサイズを選びましょう。

割れにくさを求めるなら「SかMサイズ」がおすすめ

珪藻土バスマットの最大のデメリットは、扱い方によって割れてしまうことがある点です。とくに大きめのLサイズの場合、小さいサイズより相対的に重くなり、何らかの衝撃で割れやすくなります。そのため、割れないようにするには立てかけて保管する必要があるのです。

 

Lサイズだと毎日立てかけるのが難しい場合、あえてMサイズに留めたほうが有効なことも多いのです。特に一人暮らしの場合、必要な大きさが確保できていれば無理に大きいサイズを選ぶ必要はないでしょう。

たっぷり吸水させるなら「Lサイズ」もおすすめ

立てかけて収納するスペースが十分にある場合は、やはり大型のLサイズ以上がおすすめになります。SやMサイズよりも大きいため、吸水性もアップします。横幅が15cm以上も長いため、飛び散った水を吸収する可能性も上がるでしょう。

 

割れにくさと大きさを両立させたい場合は、LサイズではなくSサイズ2枚買ったほうが適している場合もあります。その場合は、保管時に厚みが出てしまうため、部屋の間取りや好みに応じてどちらを選ぶかは決めると良いでしょう。

産地で選ぶ

珪藻土バスマットの産地は、大きく分けて日本と中国に分けられます。外国産が必ずしも悪いことはありませんが、品質を追い求めると自然と国産が選択肢になります。予算に応じて、どちらを選択するか決めておきましょう。

コストカットを優先させるなら「中国製」

安い値段で買いたいなら、中国製の珪藻土バスマットを選択肢から外すことはできないでしょう。最近は品質もグングン上がってきており、国産の珪藻土バスマットと大差ない商品もあります。

 

ただし、長い目で見た耐久性や当初の吸水力で国産に劣る事例もまだまだあります。口コミをキチンと確認して、納得してから購入するようにしてください。

安心の品質で選ぶなら「日本製」

日本製の珪藻土バスマットを選ぶ理由は、やはり圧倒的な信頼性でしょう。また、国産の方がひび割れしにくい、吸水性が長持ちするといった口コミも多く見られます。結果的にコスト面でも有利になることもあります。

 

ただし、品質を追い求めすぎると値段が青天井になってしまいます。中には1万円を超える商品もあるため、どこで妥協するか予算を決めてから商品をさがすことをおすすめします。

デザインで選ぶ

珪藻土バスマットと言えば、角が丸い長方形で色も地味なものが多いという印象を持たれている人もいるでしょう。しかし、最近では動物や人気キャラクターが彫られた可愛らしい商品も珍しくありません。長方形以外の形状も徐々に登場しており、形・デザインにこだわって選ぶのも面白いでしょう。

メーカーで選ぶ

珪藻土バスマットの人気は年々上がってきており、国産でもさまざまなメーカーが存在します。ニトリやアイリスオーヤマなどの量販メーカーから、soil等の高品質国産メーカーまで多種多様です。

 

代表的なメーカーの強みを知っておくと、珪藻土バスマット選びの参考になるでしょう。

品質の高さを求めるなら「soil」

ソイル(soil)は、秋田県や石川県産の珪藻土を使用している国産の珪藻土バスマットのメーカーです。国産にこだわった素材はもちろんのこと、シンプルかつ自己主張しない優しいデザインの見た目が人気の秘密です。

 

製品は左官職人が1つ1つ丁寧に作っており、品質においてもっとも高い評価を受けているメーカーの1つです。

吸水力を重視するなら「宇部興産建材」

宇部興産建材は、左官材や防水材等を製作する専門メーカーです。明治30年から始まった歴史ある企業が、珪藻土バスマットの製作に携わっています。同社が独自開発・特許取得した製法により、高い吸水力を発揮するのが自慢です。

コスパで選ぶなら「アイリスオーヤマ」

アイリスオーヤマは、ご存知の通り生活製品・家電製品を企画・製造・販売を行っている会社です。シンプルな見た目と、コスパに優れた価格帯が人気を呼んでいます。その価格は中くらいのMサイズで2,000円以下で購入できるなど、他社の追随を許しません。

耐荷重で選ぶ

身体が大きな男性や、親子で珪藻土バスマットを利用したい人は、どのくらいの重さまで耐えられるかは気になるところでしょう。一般的な珪藻土バスマットの場合、耐荷重は約130kgです。これでも十分でしょうが、中には200kgまで耐える商品もあります。

 

使う人や人数によって、適切な耐荷重を考えておきましょう。

値段で選ぶ

珪藻土バスマットは最近の人気の高さも相まって、こだわりだすと1万円を超えてしまう商品も存在します。どの商品を選んでいいのか分からない場合は、試しにできるだけ安い価格の商品を購入するのも良いでしょう。気に入れば、国産の高品質商品に乗り換えればいいのです。

 

また、最近は低価格であっても十分に高機能な製品も登場しています。口コミを読み進め、高い評価が集まった商品であれば長く使うことができるでしょう。

機能性で選ぶ

珪藻土バスマットは長期間にわたって吸水性が落ちない魅力的な商品ですが、定期的なメンテナンスは欠かせません。便利な機能性が付いた商品であれば、メンテナンスの手間を大幅に削減することも可能です。

 

例えば防カビ仕様であればカビの発生を防ぐため、長きにわたって使うことができます。滑り止め加工がされた商品であれば、使用する際にずれることが無く安心です。

タオルのバスマットとの比較も大切

バスマットと言えば、やはりメジャーなのはタオル式のバスマットでしょう。足の裏を優しく包んでくれる爽快感は、綿でできたタオル製のバスマットならではのものです。一方の珪藻土バスマットは、圧倒的な吸水力に加え、洗濯が不要な点が大きなメリットです。

 

以下のサイトではタオル製と珪藻土のバスマットの魅力を比較しています。購入に迷っている時は、一読してみることをおすすめします。

日本製の珪藻土バスマットの人気おすすめランキング3選

3位

ASUWELL(アスウェル)

Made in Japan刻印 レギュラーサイズ (57.5cm×42.5cm)

価格:6,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本珪藻土日用雑貨製造協会認定の珪藻土バスマット

アスウェルの珪藻土バスマットは、特許技術によってニオイや有毒ガスを分解・無害化する機能を備えた珪藻土バスマットです。その能力は半永久的に持続するため、ニオイに敏感な人に特におすすめできます。品質の高さを認められ、日本珪藻土日用雑貨製造協会の認定を受けています。

サイズ横57.5cm×縦42.5cm×厚さ0.95cm (レギュラーサイズ重量1.8kg
特徴特許技術によるニオイ・有毒ガスの無害化

口コミを紹介

少し値段は高いですが日本製にしました。Soilのバスマットと変わらずよく吸い取ってくれますし厚みもあり丈夫そうです。大事に使いたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

宇部興産建材

UB足快バスマット

価格:6,050円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足裏の水分を吸い付くように吸収する珪藻土バスマット

宇部興産建材のUB足快バスマットは、踏むだけで足の裏の水分を強力に吸い取っていきます。バスマットの上は常にサラサラ爽快で、メンテナンスにも困ることはありません。布では防ぎにくいカビの発生も抑えられるほか、製造も全て日本で行っている点も安心できる商品です。

サイズ(厚さ)9.5mm (縦×横)42.5cm×57.5cm重量1.8kg
特徴吸水性・速乾性に優れる

口コミを紹介

水の吸い込み具合、肌触りともに良い商品かと思います。3人家族にて普通に吸水させる程度であれば、翌日、きれいに乾いており、使用に何の問題もありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

フジワラ化学

珪藻土マット NEW足乾バスマット W550×D430

価格:3,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天日干しによる殺菌が可能で清潔な珪藻土バスマット

フジワラ化学の珪藻土バスマットは、日影干しが主流の中にあって天日干しができる珪藻土バスマットです。珪藻土の吸水性はそのままに、水をかけながらスポンジでこすって洗えるなど、メンテナンス性も高くなっています。

 

滑らかな形状により、小さなお子様が使用するのも安心です。

サイズW55×D43×厚み0.9cm重量3kg(発送重量)
特徴メンテナンスが簡単

口コミを紹介

コンパクトサイズで軽く、足もサラサラになりとても快適です。日本製ということもあり、匂いも気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

日本製の珪藻土バスマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5606339の画像

    フジワラ化学

  • 2
    アイテムID:5606320の画像

    宇部興産建材

  • 3
    アイテムID:5606263の画像

    ASUWELL(アスウェル)

  • 商品名
  • 珪藻土マット NEW足乾バスマット W550×D430
  • UB足快バスマット
  • Made in Japan刻印 レギュラーサイズ (57.5cm×42.5cm)
  • 特徴
  • 天日干しによる殺菌が可能で清潔な珪藻土バスマット
  • 足裏の水分を吸い付くように吸収する珪藻土バスマット
  • 日本珪藻土日用雑貨製造協会認定の珪藻土バスマット
  • 価格
  • 3000円(税込)
  • 6050円(税込)
  • 6480円(税込)
  • サイズ
  • W55×D43×厚み0.9cm
  • (厚さ)9.5mm (縦×横)42.5cm×57.5cm
  • 横57.5cm×縦42.5cm×厚さ0.95cm (レギュラーサイズ
  • 重量
  • 3kg(発送重量)
  • 1.8kg
  • 1.8kg
  • 特徴
  • メンテナンスが簡単
  • 吸水性・速乾性に優れる
  • 特許技術によるニオイ・有毒ガスの無害化

お手入れ簡単な小さめサイズの珪藻土バスマットの人気おすすめランキング3選

3位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

珪藻土 バスマット Mサイズ 約45×35cm SKBM-4535

価格:1,129円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトとコスパを兼ね備えた珪藻土バスマット

アイリスオーヤマのSKBM-4535は、横幅約45cmと使いやすいMサイズながら2,000円を大きく下回る圧倒的なコスパを誇る商品です。値段が安くても機能性は高く、ニオイの吸着機能も付属しています。シンプルなデザインですが、どのご家庭でも使いやすくデザインされています。

サイズ幅45cm×奥行38cm×厚さ0.9cm 重量約1.55kg
特徴シンプルな見た目とコスパの高さ

口コミを紹介

人生が変わりました。
お風呂上りに足の裏を拭かなくていい生活が二年たちました。

未だに現役です。たまに拭き掃除するだけで清潔に保てます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

soil

ソイル ジェムシリーズ 珪藻土 バスマット Sサイズ

価格:5,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

横幅43cm以下のコンパクトさが自慢の珪藻土バスマット

soilのソイルジェムシリーズは、珪藻土とひる石の組み合わせで吸水力がさらにアップした珪藻土バスマットです。ひる石の鉱物結晶により、角度を変えるとキラキラ光るデザインが人気を呼んでいます。その横幅はわずか43cmと非常にコンパクト。置き場所に困らないため、一人暮らしの人にもおすすめです。

サイズ約425×285×9.5mm重量約1kg
特徴横幅約43cmのコンパクトさ

口コミを紹介

購入して半年経ちました。今のところ毎日大人2名で使用し快適に使用できています。
使い終わったら壁に立てて置くだけ。
日陰で風通しもない場所に置いてますが、カビも生えません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

アネスティカンパニー

珪藻土 バスマット Sサイズ 46×34×2.2cm HO1914

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

割れにくいプラスチックフレーム設計を供えた珪藻土バスマット

アネスティカンパニーのHO1914は、乗った瞬間に吸収する吸水力と、横幅46cmのコンパクトさを両立させた珪藻土バスマットです。ひび割れや破損に強いプラスチックフレームを採用しており、丈夫で使いやすい点に人気があります。天日干しにも対応しているため、長い期間に渡って清潔に使用できます。

サイズ460×340×22mm重量1,865g
特徴ひび割れに強い構造

口コミを紹介

足を着いた瞬間に水が吸い取られ、次の一歩を踏み出したときには水気が無くなっていたので、抜群だと思います。
表面を洗えるのも天日干し出来るのも、衛生的に使えて良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

お手入れ簡単な小さめサイズの珪藻土バスマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5606422の画像

    アネスティカンパニー

  • 2
    アイテムID:5606387の画像

    soil

  • 3
    アイテムID:5606360の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 商品名
  • 珪藻土 バスマット Sサイズ 46×34×2.2cm HO1914
  • ソイル ジェムシリーズ 珪藻土 バスマット Sサイズ
  • 珪藻土 バスマット Mサイズ 約45×35cm SKBM-4535
  • 特徴
  • 割れにくいプラスチックフレーム設計を供えた珪藻土バスマット
  • 横幅43cm以下のコンパクトさが自慢の珪藻土バスマット
  • コンパクトとコスパを兼ね備えた珪藻土バスマット
  • 価格
  • 3300円(税込)
  • 5500円(税込)
  • 1129円(税込)
  • サイズ
  • 460×340×22mm
  • 約425×285×9.5mm
  • 幅45cm×奥行38cm×厚さ0.9cm
  • 重量
  • 1,865g
  • 約1kg
  • 約1.55kg
  • 特徴
  • ひび割れに強い構造
  • 横幅約43cmのコンパクトさ
  • シンプルな見た目とコスパの高さ

soil製の珪藻土バスマットの人気おすすめランキング3選

3位

soil

珪藻土 バスマット ウェーブ B255

価格:8,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウェーブした外観が特徴的な珪藻土バスマット

soilのB255は、約1.1kgのコンパクトな重量とウェーブがかかった見た目が特徴の珪藻土バスマットです。厚さ約1cmの薄さながら、割れない丈夫さを実現しています。自然素材でできている商品のため、皮膚が弱い人にもおすすめできます。

 

100年に渡るsoilの左官技術が詰め込まれている点も、人気を呼んでいる理由です。

サイズ約28cm×50cm×0.95cm重量約0.9kg
特徴ウェープ形状の見た目と丈夫さ

口コミを紹介

いろんな珪藻土マットが出ていて、安いのもあるけど、やっぱりsoilのが一番好きです!
キッチンの洗った食器を置く用の珪藻土マットも別日に購入しました!
生活感があって小さなロゴもお洒落でよかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ソイル(Soil)

浴室足ふきマット 珪藻土 バスマット ライトB246

価格:7,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな見た目の安定した吸水力の定番珪藻土バスマット

soilのライトB246は、どんなインテリアにもなじむシンプルな見た目が特徴の定番の珪藻土バスマットです。soil独特の足に吸い付くような吸水力は、さすがのmade in Japan製品と言えます。購入する商品に迷った人が、最後に選ぶのがこの商品というくらいの国産定番商品です。

サイズ425mm×575mm×9.5mm重量約1.8kg
特徴シンプルなデザインとカラー

口コミを紹介

我が家は3歳になる娘がおりますが、足跡が付くのを楽しんでおります。
なんか吸い付く感じがするのが嫌といえば嫌ですが、水が吸われているので仕方ないと納得して使ってます。
もしも壊れたらまた買いたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

soil

soil GEM ひる石バスマット [ Standardサイズ ] 珪藻土バスマット

価格:9,350円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

従来以上の吸水力と気持ちよさが自慢の珪藻土バスマット

soilのsoilジェムは、ひる石と珪藻土のコラボレーションでさらに高い吸水力を実現した珪藻土バスマットです。2つの素材を組み合わせ、従来以上の吸水力を実現しています。また、ひる石が配合されたことでインテリア性もアップ。脱衣所まわりをスタイリッシュに演出できます。

 

幅約65cmの大サイズで、たっぷりと水を吸収します。家族が多いご家庭であっても、最後の1人まで快適なさらさら感が持続するのが魅力です。

サイズ(約)幅65×奥行42.5×厚み0.9cm重量約2.5kg
特徴幅65cmの大判サイズで圧倒的吸水力

口コミを紹介

いつも、足裏の水分をがっつり吸い取ってくれる。過去に購入したものとは全く違う、とても素晴らしい商品です。立てかけるスタンドもあって、感動の商品です!

出典:https://www.amazon.co.jp

soil製の珪藻土バスマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5606524の画像

    soil

  • 2
    アイテムID:5606495の画像

    ソイル(Soil)

  • 3
    アイテムID:5606466の画像

    soil

  • 商品名
  • soil GEM ひる石バスマット [ Standardサイズ ] 珪藻土バスマット
  • 浴室足ふきマット 珪藻土 バスマット ライトB246
  • 珪藻土 バスマット ウェーブ B255
  • 特徴
  • 従来以上の吸水力と気持ちよさが自慢の珪藻土バスマット
  • シンプルな見た目の安定した吸水力の定番珪藻土バスマット
  • ウェーブした外観が特徴的な珪藻土バスマット
  • 価格
  • 9350円(税込)
  • 7500円(税込)
  • 8800円(税込)
  • サイズ
  • (約)幅65×奥行42.5×厚み0.9cm
  • 425mm×575mm×9.5mm
  • 約28cm×50cm×0.95cm
  • 重量
  • 約2.5kg
  • 約1.8kg
  • 約0.9kg
  • 特徴
  • 幅65cmの大判サイズで圧倒的吸水力
  • シンプルなデザインとカラー
  • ウェープ形状の見た目と丈夫さ

安い珪藻土バスマットの人気おすすめランキング3選

3位

YouJiaBest

折り畳み式 YoujiaBest 風呂マット足拭きマット

価格:1,180円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格ながらニオイもカビも予防する珪藻土バスマット

YouJiaBestは、わずか1,000円超の価格ながら抜群の吸水性能を誇る珪藻土バスマットです。布製マットとは違ってバイ菌やカビの温床にならず、不快なにおいを抑えることが可能です。選択する必要もないことから、同じ金額の布製マットと比べてもメンテナンス性に優れています。

サイズ横60cm*縦39cm*厚さ1cm 重量約2.7kg
特徴折りたためる独特の形状

口コミを紹介

浴室と洗面所をリフォーム、ピンクで統一したかったので購入しました。浴室出入り口で使いましたが速乾性は良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

YAZEN

珪藻土バスマット グレーお風呂マット

価格:1,899円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

珪藻土70%含有した珪藻土バスマット

YAZENの珪藻土バスマットは、優れた吸水性能、消臭、空気浄化、カビ・ダニの抑制などさまざまな機能がついた商品です。毎日のメンテナンス不要でバスマットを清潔にキープできることから、面倒くさがりの人におすすめできます。

 

価格も2,000円弱と、お試しで使うのに最適な価格設定です。

サイズ40cm×30cm重量約1.5kg(発送重量)
特徴低価格と充実した機能性

口コミを紹介

コンパクトなサイズ感ですが、しっかり吸収してくれたので良かったです。子供たちがお風呂上がったあとでもびしょ濡れにならずに済みました。乾くのが速いのも助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

GFUN

珪藻土 バスマット お風呂マット 足ふきマット

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で女性でもラクラク持ち運びできる珪藻土バスマット

GFUNの珪藻土バスマットは、珪藻土を約75%も含有した商品です。デジタル印刷を利用した退色しにくいカラーリングが鮮やかで、部屋のカラーリングに合わせて選ぶことができます。適度なサイズ感と軽さにより、女性でも持ち運びが簡単です。

サイズ60cm×39cm×0.9cm重量1.8kg
特徴珪藻土を約75%配合

口コミを紹介

吸水・吸収性に優れ、バスマットを洗う手間と時間がなくなりました。
バスマットを洗う際は洋服と一緒に洗えないので
大変面倒に感じていたので、お手入れラクチンで
更に可愛い。

出典:https://www.amazon.co.jp

安い珪藻土バスマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5606657の画像

    GFUN

  • 2
    アイテムID:5606641の画像

    YAZEN

  • 3
    アイテムID:5606628の画像

    YouJiaBest

  • 商品名
  • 珪藻土 バスマット お風呂マット 足ふきマット
  • 珪藻土バスマット グレーお風呂マット
  • 折り畳み式 YoujiaBest 風呂マット足拭きマット
  • 特徴
  • 軽量で女性でもラクラク持ち運びできる珪藻土バスマット
  • 珪藻土70%含有した珪藻土バスマット
  • 低価格ながらニオイもカビも予防する珪藻土バスマット
  • 価格
  • 1999円(税込)
  • 1899円(税込)
  • 1180円(税込)
  • サイズ
  • 60cm×39cm×0.9cm
  • 40cm×30cm
  • 横60cm*縦39cm*厚さ1cm
  • 重量
  • 1.8kg
  • 約1.5kg(発送重量)
  • 約2.7kg
  • 特徴
  • 珪藻土を約75%配合
  • 低価格と充実した機能性
  • 折りたためる独特の形状

防カビ機能付きの珪藻土バスマットの人気おすすめランキング3選

3位

Vailge

VAILGE 珪藻土 バスマット

価格:2,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑り止めシート入りの良コスパな珪藻土バスマット

Vailgeの珪藻土バスマットは、滑り止めシートと紙やすりが同封されたコスパ抜群の商品です。吸水性だけでなく、防カビ・防ダニ機能にも優れています。ニオイ吸着・消臭と一通りの機能がついているため、低価格な商品で迷っている場合におすすめできます。

サイズ幅45cm×奥行35cm×厚さ0.9cm(M)重量1.1KG(M)
特徴紙やすり・滑り止めシート同梱

口コミを紹介

付属の滑り止めマットや紙ヤスリがついているのも親切だと思います。フローリングにじか置きしてもマットの水分がすぐに乾くので床まで濡れる心配はなさそう。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

seallte

珪藻土 バスマット

価格:1,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吸水率95%を誇る珪藻土バスマット

seallteの珪藻土バスマットは、吸水率95%(同社調べ)を誇る珪藻土バスマットです。高純度の珪藻土を使用して丈夫なため、簡単に割れることはありません。人にも自然にも優しいナチュラル素材を配合しており、安価ながら長く使い込んでいける一品です。

サイズ40cm×30cm(S)重量約1.4kg
特徴吸水率95%

口コミを紹介

お風呂上がりの時よく家族にちゃんと足を拭いてから出てくれって言われてたいた。それはめんどくさいと思ってこれを買った。本当にすぐ乾くんだ。数秒だけ上に立つと自然に乾燥されてしまう。滑り止めもあるし、最高だ。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

チチロバ(Titiroba)

珪藻土バスマット DS-01-G

価格:1,988円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有害物質一切なしのクリーンな珪藻土バスマット

チチロバ(Titiroba)の珪藻土バスマットは、アスベストをはじめとした有害物質を一切含まない珪藻土バスマットです。カビや雑菌をブロックするだけでなく、ニオイ吸収・湿度調整の機能も有しています。面倒な選択が不要で、維持費の面では布マットよりも割安です。

サイズ40cm×30cm(Sサイズ)重量1.4kg(発送重量)
特徴ニオイ吸収・湿度調節効果

口コミを紹介

今まで、布のバスマットを使っていましたが家族が入った後に使用する時は濡れていたけれど、これは速乾で、気持ちよく使用できます。何より、毎回抜け落ちた髪の毛が布マットに絡まっていましたが、掃除機をかける面倒がなくなりました!購入して良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

防カビ機能付きの珪藻土バスマットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5606838の画像

    チチロバ(Titiroba)

  • 2
    アイテムID:5606698の画像

    seallte

  • 3
    アイテムID:5606680の画像

    Vailge

  • 商品名
  • 珪藻土バスマット DS-01-G
  • 珪藻土 バスマット
  • VAILGE 珪藻土 バスマット
  • 特徴
  • 有害物質一切なしのクリーンな珪藻土バスマット
  • 吸水率95%を誇る珪藻土バスマット
  • 滑り止めシート入りの良コスパな珪藻土バスマット
  • 価格
  • 1988円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 2599円(税込)
  • サイズ
  • 40cm×30cm(Sサイズ)
  • 40cm×30cm(S)
  • 幅45cm×奥行35cm×厚さ0.9cm(M)
  • 重量
  • 1.4kg(発送重量)
  • 約1.4kg
  • 1.1KG(M)
  • 特徴
  • ニオイ吸収・湿度調節効果
  • 吸水率95%
  • 紙やすり・滑り止めシート同梱

珪藻土バスマットが水を吸わない時の対処法

珪藻土バスマットはタオル生地と違って洗濯不要なのがメリットです。とはいえ、使用を続けることで少しずつ表面に汚れがたまり、水を吸わなくなってきます。珪藻土バスマットと言えども、定期的なメンテナンスは必要なのです。

 

基本のメンテナンスは、タオルで汚れを拭きとって日陰干しすることです。それでも水を吸わない場合は、紙やすりで表面を削ります。商品に付属していることがあるほか、100均でで売っている目の細かいタイプで十分に綺麗になりますよ。

 

紙やすりをかければ表面の汚れは取れ、新品同様の吸水力が戻りますよ。 

まとめ

今回は、珪藻土バスマットの選び方と、おすすめの珪藻土バスマットをランキング形式で紹介しました。メーカーやブランドによって持ち味はさまざまなため、何を優先するのか明確にして購入商品を決定してください。

 

さらにバスマットについてご覧になりたい方は、以下のリンク先の記事も参考にしてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ