豆大福の人気おすすめランキング15選【お取り寄せできる!】

記事ID10868のサムネイル画像

定番の和菓子であり、手軽に食べる事ができる豆大福。一口に豆大福と言っても老舗和菓子屋などの有名店からヤマザキなどのコンビニスイーツまで幅広くあります。ここでは、比較厳選した豆大福・塩豆大福をランキング形式ご紹介。銀座など地域別のおすすめや選び方、カロリーやレシピまでご説明します。

豆大福はお店によって味わいが違う

舌だけでなく目でも楽しむ事のできる和菓子は栗や果物などを使った繊細なものが多く、様々な和菓子が発売されています。しかし豆大福は一般的でよく見かけるものだからと、適当に選んだりしている方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、お餅の弾力とアンコのおいしさを味わうなら豆大福が一番で、和菓子の王様と言っても過言ではありません。豆大福がウリのお店の中には朝早くから行列ができ、一般的なお店の開店時間である午前10時頃には既に完売するお店もあるほどです。

 

そんな豆大福ですが、どこで買えばいいのか分からないという方もいるはずです。今回は地域、お店、日持ちの良さという観点からランキング形式にしてご紹介します。また、地域別などの選び方やカロリーについてもご説明しています。ぜひ最後までチェックしてくださいね。

豆大福の選び方

豆大福は自分で食べるだけでなく人に贈ったりする事もありますので色々な用途で購入されますが全ての豆大福が同じ味な訳ではありません。色々な豆大福があるからこそ色々な選び方ができます。しかし、どんな選び方をすればいいのか迷うという方の為に選び方のコツをご紹介します。

地域で選ぶ

豆大福は和菓子の鉄板なので地域ごとに名店と呼ばれるお店があります。口の多い東京や大阪、それに和菓子の老舗が立ち並ぶ京都などは特に豊富です。同じ豆大福でも地域ごとに味なども変わるので地域で選ぶというのも1つの選び方です。

「東京は上野・渋谷・新宿・銀座」に良いお店が多い

日本の首都である東京は古くから江戸前の文化を誇る場所でもあります。日本一人口が多い都道府県だけあってお店の数もかなりの数になります。特に新宿、渋谷や銀座と言った1日の利用者が多い駅や下町文化でにぎわい、アメ横もある上野には名店と呼ばれるお店があります。

 

群林堂、松島屋、浅田屋と言った有名なお店もすべて東京ですので、美味しいお店に困る事が無いのが東京です。

こだわりのお店が多い「埼玉」

東京の隣県である埼玉県も人口が多く、大きなショッピングモールも豊富です。埼玉県の有名なお店が伊勢屋であまりのおいしさにお昼過ぎには売り切れてしまうほどです。価格も130円と安く、まとめて買っていく方も少なくありません。

 

豆大福が好きな方には一度食べてみることをおすすめします。

「神奈川は横浜以外にも」多くのオシャレなお店が多い

神奈川県は港街として栄えた街だけあって観光地の多い場所として知られています。横浜は言うに及ばず鎌倉や赤レンガ倉庫など和の中に洋が混じるオシャレな街です。豆大福を扱うお店もオシャレなところが多く、日本茶ソムリエがいるお店やモモを思わせる形をした豆大福など様々です。

 

食事は味以外の要素も重要と思わせてくれるのが神奈川県です。

「千葉の柏」を中心に歴史のあるお店が豊富

千葉県で豆大福を選ぼうとしたら柏を中心に探してみるのが良いでしょう。人口が多いだけあってお店が豊富で気に入った豆大福を探しやすいです。また、千葉県と言ったら有名なのが木村屋の豆大福です。

 

甘いものが苦手な男性の方でも美味しく食べられる甘さ控えめが特徴で地域から親しまれています。木村屋以外にも角八や三好家など歴史あるお店が豊富なのも特徴です。

「愛知の岡崎市」には京都の名店に劣らない美味しいお店がある

愛知県と言えば名古屋が有名ですが、岡崎市に豆大福のおいしいお店があるのをご存知でしょうか。和泉屋というお店の本店が岡崎市にあり、そこの豆大福は京都の出町ふたばに勝るとも劣らない美味しさです。

 

全国5大都市の1つがある県ですからお店は豊富にあるので美味しい豆大福に困る事はないでしょう。

「京都には関西の名店」が多い

大阪と並んで関西を代表する府の京都ですが、古くからの名店が最も多く立ち並ぶ場所としても知られます。特に名店「出町ふたば」の豆大福はつきたての柔らかさに加えて優しいあんこの甘味、えんどう豆の塩気がバランスよく混じり合っています。

 

他にも「鳴海餅」「金時」「養老軒」「うずまさふたば」と名店を挙げていけばキリがないくらいに歴史あるお店が多いです。

「大阪は梅田・堺」など美味しいお店が豊富

京都と並んで関西を代表する大阪府。江戸時代には天下の台所と呼ばれる程に流通が盛んな土地だったので美味しい豆大福を扱うお店もまた豊富です。梅田駅の近くにある「仙太郎」は黒豆の粒が大きく、さらにふっくらと炊き上げているのでモチモチした食感が特徴です。

 

また堺にある一心堂も有名なお店で甘さ控えめの上品な豆大福を取り扱っておりその味は絶品です。例で挙げた2件以外にも美味しいお店が豊富で美味しいお店に事欠きません。

貿易の街である「長崎」は和洋の揃った名店ぞろい

横浜等と同じで古くから貿易の街として栄えてきた長崎県。和菓子の名店も多く、豆大福以外にもカステラなどのおいしいお店が多い事でも有名です。長崎の名店と言えば佐藤饅頭で大ぶりの大福でありながら滑らかな食感、塩気のある赤えんどう豆がおいしいです。

 

特にあんこは自家製となっていて甘さを抑えていて上品な味わいをもたらします。

「茨城の水戸・つくば」辺りにも名店アリ

東京や京都などの有名店が目立ちますが、意外と見落としがちな地域にも有名店は存在します。茨城県の水戸であれば、もっちりとした食感がたまらない「小倉屋」。つくばであれば、素材を楽しめる「翁屋 つくば竹園店」や上品な味わいの「御菓子処 いとう」が有名です。

 

人気のお店で選ぶ

豆大福を選ぶ時のポイントとしてはお店で選ぶことです。地域によって味の違いが出ることはあっても最終的にはお店ですからお店基準で選ぶのは大事です。ここではおすすめのお店を紹介すると共にお店選びのコツについても紹介します。

東京三大大福の「松島屋」は外せない

東京で豆大福と言ったら松島屋を外すわけには行かないでしょう。創業100年の歴史を誇る老舗の和菓子屋であり、「東京三大豆大福」の1つに数えられています。場所は泉岳寺駅の近くにありますが思い付きで行く事はおすすめしません。

 

平日ですら午前中には完売してしまいますし土日に至っては朝早くから行列ができ、10時頃には売り切れという人気っぷりです。前日から仕込んだ餡は丁寧な作業で作られ、温度や湿度によって塩加減も微調整しています。

 

手間暇かけて作られているだけあって一度食べたら病みつきになるその豆大福は、かつて昭和天皇にも愛されたほどです。

「伊勢丹デパート」なら全国の豆大福が手に入る

デパートと言えば伊勢丹をパッと思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。あらゆるお店が入った伊勢丹では全国各地の名店の豆大福が手に入ります。あの名店の豆大福が食べたいけどあまりにも遠いという方は、お近くの伊勢丹に行けばお目当ての名店の豆大福が買えるかもしれません。

 

また、伊勢丹の支店がない地域の方でもオンラインショップにアクセスすることで、同じように豆大福を購入することができます。

渋谷・原宿に行ったら「瑞穂」に寄ろう

ファッションの最先端の地である東京・原宿と渋谷。そんな若者の街にお店を構えるのが瑞穂です。東京三大豆大福の1つに数えられるこのお店は以前までは新宿の伊勢丹や東急渋谷本店にも卸していましたが、生産が追い付かないという理由で撤退したほどの人気っぷりです。

 

手に持つとお餅の重量がずっしりと感じられ、食べると塩気が甘さを引き出し、歯ごたえも良い豆大福でさすが東京三大豆大福の1つと言われるだけあります。注意点としては8時30分に開店してもお昼ごろには売り切れるケースが多い事です。

 

しかし、予約は可能なのでゆっくり買いに行きたい方は必ず予約をしておくようにしましょう。

札幌にある「一堂」はまろやかなアンコが美味しい

まろやかな味わいのアンコと絶妙な塩加減と肉厚なお餅によって構成される豆大福がウリの一堂。他にもヨモギ大福や塩大福などもありますがそれらを抑えて豆大福が一番人気を誇ります。

 

口に入れた瞬間に他の大福とは違うと分かる質感でアンコも上品に仕上げられています。お店自体は札幌にありますが、東京などで出張販売しているケースも多く、ファンの多いお店です。

近くのコンビニやお店で買えばお手軽

松島屋や一堂と言ったいわゆる名店と呼ばれるお店で買うのも良いですが、「夜中にどうしても豆大福が食べたい」「そんなに遠い所まで行っていられない」という方もいるのではないでしょうか。

 

そういう方はお近くにあるコンビニや和菓子のお店で豆大福を購入するのが良いでしょう。最近のコンビニスイーツはその辺のお店と大差ないくらいのおいしいスイーツを販売しています。美味しい豆大福を今すぐ手軽に食べたいという方は近くのコンビニで買うのが一番手っ取り早いです。

美味しい豆大福が食べたいならお取り寄せもあり

ここまで地域別の豆大福の特徴や美味しいお店を紹介してきましたが場所が遠くて買いに行けないという方も少なくないでしょう。東京に住んでいる方が京都の「出町ふたば」に買いに行くというのは旅行か出張でもしない限り直接は買えません。

 

そこでおすすめなのがお取り寄せです。インターネットの普及により多くのお店が自社のサイトを持つようになり、インターネットで注文ができるようになりました。東京にいながら全国各地のお店の豆大福が買えますから、美味しい豆大福が食べたいのならお取り寄せするのをおすすめします。

どれくらい日持ちするかで選ぶ

生ものである豆大福はあまり日持ちする物ではありません。買ってすぐ食べるのであれば大した問題ではないかもしれませんが、プレゼントのために購入する場合はどれくらい日持ちするかを確認しなければなりません。

 

常温、もしくは冷蔵庫に入れておいたとしても日持ちする長さは2~3日を目安にして下さい。豆大福は「生菓子」に分類されてしまうので賞味期限はあってないようなもので、消費期限がそれくらいだと考えておくようにしましょう。

 

冷凍庫に入れておけば10日~2週間くらいは日持ちします。これらの日持ち日数を基準に消費期限を見ながら食べるペースに合わせて豆大福を選ぶようにしましょう。

豆大福の人気おすすめランキング15選

15位

あわづやヤフーショッピング店

豆大福 草餅 紅白 10個入りセット

価格:2,590円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目にも楽しい選べる紅白豆大福

創業100年を誇る新潟の老舗餅店の豆大福、草餅のセットです。北海道産の小豆を使用して作られたアンコはコシが強く、生地のもちもち感を引き立ててくれます。餅の伸びが良いにもかかわらず歯切れがよくて食べやすいのが特徴で、あんこのつぶつぶが食感のアクセントになっています。

消費期限解凍後24時間個数10個
14位

フードセレクト FBクリエイト

ジャンボ 豆 大福

価格:150円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

和菓子専門店のこだわりが詰まった豆大福

新鮮な材料で素材本来の味を楽しめるように丁寧に作られた豆大福です。鮮度にこだわって作られており、品質管理が徹底されているおかげで安定した品質の豆大福が食べられます。生地の柔らかさと豆の歯ごたえがしっかりと楽しめ、職人のこだわりを感じさせてくれる豆大福です。

消費期限メーカー製造後12ヶ月個数不明
13位

ギフトの専門店 スマイルギフト

豆大福 3箱セット

価格:4,320円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

京料理で有名なたん熊北店の豆大福3箱セットです。生地はもっちりとした弾力でしっかりとした歯ごたえを感じられ、使われている赤えんどう豆はふっくらと炊きあげられています。アンコと生地のバランスが良く、京都の名店に恥じぬ味を実現しています。

 

3箱セットという事もあって贈答品として購入される方が多いのも特徴の1つですが、人気なので品切れになりやすいです。

消費期限冷凍90日個数6個
12位

もち・わがしの店『四季』

大福 50個

価格:6,264円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量50個入りで色々な味が楽しめる

北海道産の赤えんどう豆を使用し、伯方の塩でじっくり煮込んだ豆を使用。もちもちの生地に混ぜ込む事でもちもち感と豆の食感がバランスよく成立しています。アンコは北海道の最上級ブランドである豊祝小豆を使用しており、上品に仕立て上げています。

 

豆大福以外にもこしあんやヨモギ大福が入っているセットで合計50個入りです。自分の為に買って少しずつ食べるもよし、ギフトとして購入するもよしの人気の一品。楽天ランキングで1位を獲得した実績を誇る豆大福セットです。

消費期限冷凍30日間個数50個
11位

狛江 風月堂 楽天市場店

豆大福10個入り

価格:1,720円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昔ながらの安心感のある豆大福

赤えんどう豆を使用した豆大福で「これぞ豆大福」と思わせる丁寧な作りです。クール冷凍便を利用しているので日持ちがよく、ギフトなどでよく買われます。ギフト対応するためにのし宛書が入っているので、自分で食べるというよりは人様に贈るために購入するのに便利です。

消費期限冷凍14日間個数10個
10位

京都の和菓子 お多福庵

塩豆大福 みやこセット6個入り

価格:1,740円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

京都発祥の上品な甘さが持ち味

楽天の大福ランキングで1位を取った事もある人気の塩豆大福です。京都発祥のお多福庵は、大福餅を中心に販売しているので安心のクオリティです。特徴は甘すぎない事で甘さを控えめにしながらも、ほんのり天塩を入れることで甘さを引き立てさせて上品な味に仕上げています。

 

塩大福のこしあんと黒豆塩大福のつぶあんの両方を楽しめる大福セットです。

消費期限冷凍1ヶ月個数6個
9位

栗きんとんの恵那栗工房 良平堂

栗豆大福 よもぎ大福 10入セット

価格:2,268円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

職人の手作りによるこだわりの豆大福

黒豆大福と山ヨモギ大福のセットです。職人がこだわって作った手作りの大福で、自然の香りを楽しむ事ができます。雑誌にも紹介された事のある黒豆大福は、十勝産小豆を使用した自家製のアンコで黒豆とのバランスの取れた逸品です。

消費期限冷凍30日個数10個
8位

もち・わがしの店『四季』

豆大福 10個

価格:1,296円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北海道の最高級小豆を使用した豆大福

北海道・十勝産の最高級小豆である「豊祝小豆」を使用した豆大福です。甘さがくどくなく爽やかな後味を残してくれるアンコは、人を選ばず好まれる豆大福を作り上げています。赤えんどう豆も同じように北海道産を使用しており、伯方の塩でじっくりと煮込んでいます。

 

それをもちもちの生地に練り込んでいるので生地は少ししょっぱく、そのしょっぱさがアンコの甘さを引き立ててくれています。

消費期限解凍後24時間個数10個
7位

新潟直送計画 楽天市場店

大福10個セット

価格:2,750円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

もちもち感にこだわった丁寧な豆大福

160年つづく老舗である市川屋の大福10個セットです。新潟県産のコガネモチを100%使用して作られた豆大福は、さすが米どころ新潟と思わせます。他のお店の大福と比べてももちもちとした食感が特徴で、お餅を食べている様な錯覚をします。素材の風味を活かすために余計な物を入れずに作っていて、丁寧な作りの豆大福です。

消費期限不明個数10個
6位

活き活きミネラル米 栗田米屋

手造りカムロ大福3種9個セット

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冷凍便なので日持ちする3個セット

山形産の水稲もち米を使ったもちもちした大福のセットです。豆大福、草大福、ゴマ大福の3種類が入っていてそれぞれ3つずつ入っています。豆大福だけでなく他の大福を食べたいという方に最適で、冷凍クール便で配達されるので日持ちしやすいです。

消費期限冷凍30日個数9個
5位

麺彩工房ふるさと

黒豆大福6個入り

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

黒豆とこしあんのバランスの良さが魅力

自然豊かな和歌山県北部の紀ノ川のほとりにあるお店の豆大福です。小豆は北海道で採れた物を使用し、あっさりとした口当たりにしているアンコを佐賀ひよく餅100%使った生地で作られています。黒豆とこしあんのバランスの良さが魅力の豆大福です。

消費期限冷凍保存30日個数6個
4位

株式会社松栄堂

しお豆大福 6個入

価格:842円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明治36年創業の老舗の豆大福

基本に忠実に作られた松栄堂の豆大福です。小倉餡、もち米、赤えんどう豆と言った基本的な食材を丁寧に調理しています。お店は創業が明治36年と非常に古く、歴史のあるお店の豆大福は安定した美味しさを提供してくれます。

消費期限3日個数6個

口コミを紹介

美味しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

恵那栗工房 良平堂

黒豆大福 6入

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伊勢神宮に奉納されている豆大福

豆大福と言えば赤えんどう豆を使用した物と定番はありますがこちらの豆大福は黒豆を使用したものとなっています。皮とアンコ、黒豆のバランスが見事に調和していて美味しさを引き出しています。

 

雑誌にも乗った事のある豆大福で人気があり、2013年からは伊勢神宮に奉納されています。

消費期限不明個数6個

口コミを紹介

豆が大きくて大変喜んでいました。柔らかくて美味しいとのことでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

株式会社いえい

塩大福 10個入り

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新潟県、山北笹川流れ産の天然塩と岡山県備中産中納言小豆を使用したこだわり抜いた豆大福です。通常の大福よりも革を薄くすることでよりアンコを引き立て、味わい深い味に仕立てられています。職人たちの匠が詰まった豆大福です。

 

冷凍便ですからそのまま冷凍しておけば日持ちもしやすいでしょう。

消費期限冷凍30日個数10個

口コミを紹介

今まで何回か注文したお気に入りの大福です。皮がうすくあずきがたっぷりつまっていて飽きないです。冷凍庫に必ず入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

わが街とくさんネット

豆大福・草餅 和菓子詰合せ

価格:3,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

老舗「たん熊北店」の豆大福を手軽に味わえる

京都の老舗和菓子屋の1つ「たん熊北店」が監修した和菓子セットです。前大福は赤えんどう豆を使った王道の豆大福で、もう片方は草餅が入っています。京都に行かないと普通は手に入らない豆大福を手軽にお取り寄せできるので、全国どこにいても名店の味を楽しめます。

消費期限冷凍365日個数12個

豆大福のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5559003の画像

    わが街とくさんネット

  • 2
    アイテムID:5556140の画像

    株式会社いえい

  • 3
    アイテムID:5556147の画像

    恵那栗工房 良平堂

  • 4
    アイテムID:5556156の画像

    株式会社松栄堂

  • 5
    アイテムID:5558903の画像

    麺彩工房ふるさと

  • 6
    アイテムID:5558929の画像

    活き活きミネラル米 栗田米屋

  • 7
    アイテムID:5563197の画像

    新潟直送計画 楽天市場店

  • 8
    アイテムID:5565520の画像

    もち・わがしの店『四季』

  • 9
    アイテムID:5566326の画像

    栗きんとんの恵那栗工房 良平堂

  • 10
    アイテムID:5566333の画像

    京都の和菓子 お多福庵

  • 11
    アイテムID:5566352の画像

    狛江 風月堂 楽天市場店

  • 12
    アイテムID:5566369の画像

    もち・わがしの店『四季』

  • 13
    アイテムID:5566412の画像

    ギフトの専門店 スマイルギフト

  • 14
    アイテムID:5566423の画像

    フードセレクト FBクリエイト

  • 15
    アイテムID:5566444の画像

    あわづやヤフーショッピング店

  • 商品名
  • 豆大福・草餅 和菓子詰合せ
  • 塩大福 10個入り
  • 黒豆大福 6入
  • しお豆大福 6個入
  • 黒豆大福6個入り
  • 手造りカムロ大福3種9個セット
  • 大福10個セット
  • 豆大福 10個
  • 栗豆大福 よもぎ大福 10入セット
  • 塩豆大福 みやこセット6個入り
  • 豆大福10個入り
  • 大福 50個
  • 豆大福 3箱セット
  • ジャンボ 豆 大福
  • 豆大福 草餅 紅白 10個入りセット
  • 特徴
  • 老舗「たん熊北店」の豆大福を手軽に味わえる
  • 伊勢神宮に奉納されている豆大福
  • 明治36年創業の老舗の豆大福
  • 黒豆とこしあんのバランスの良さが魅力
  • 冷凍便なので日持ちする3個セット
  • もちもち感にこだわった丁寧な豆大福
  • 北海道の最高級小豆を使用した豆大福
  • 職人の手作りによるこだわりの豆大福
  • 京都発祥の上品な甘さが持ち味
  • 昔ながらの安心感のある豆大福
  • 大容量50個入りで色々な味が楽しめる
  • 和菓子専門店のこだわりが詰まった豆大福
  • 見た目にも楽しい選べる紅白豆大福
  • 価格
  • 3780円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 842円(税込)
  • 972円(税込)
  • 2900円(税込)
  • 2750円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 2268円(税込)
  • 1740円(税込)
  • 1720円(税込)
  • 6264円(税込)
  • 4320円(税込)
  • 150円(税込)
  • 2590円(税込)
  • 消費期限
  • 冷凍365日
  • 冷凍30日
  • 不明
  • 3日
  • 冷凍保存30日
  • 冷凍30日
  • 不明
  • 解凍後24時間
  • 冷凍30日
  • 冷凍1ヶ月
  • 冷凍14日間
  • 冷凍30日間
  • 冷凍90日
  • メーカー製造後12ヶ月
  • 解凍後24時間
  • 個数
  • 12個
  • 10個
  • 6個
  • 6個
  • 6個
  • 9個
  • 10個
  • 10個
  • 10個
  • 6個
  • 10個
  • 50個
  • 6個
  • 不明
  • 10個

豆大福のカロリーはどれくらい?

豆大福のカロリーはコンビニやメーカーによって変わりますが、164kcal程度が基準です。塩豆大福は特に食塩相当量が多い場合もあるため、気にされる方は必ずチェックしてから購入しましょう。

家で出来る豆大福のレシピ

豆大福は家で手作りすることも出来ます。材料はスーパーで手に入る簡単なもののみです。以前NHKの番組で豆大福の作り方が紹介されて、公式サイトにレシピが公開されていました。こちらを参考に、ぜひ家で豆大福づくりに挑戦してみてくださいね。

まとめ

老舗和菓子屋の豆大福からコンビニスイーツまで色々な豆大福を紹介してきました。最近は老舗和菓子屋でもオンラインで購入できるお店が増えてきているので遠くに住んでいて気軽に行けないという方はオンラインで購入してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ