クランプメーターの人気おすすめランキング15選【安全性を担保!】

記事ID1057のサムネイル画像

クランプメーターは電気工事などを仕事としている方には聞き馴染みのある電流を測定するための工具です。特徴的なのは通電したまま電流を測定できるという点で、素早く安全に電流が測定できます。今回はクランプメーターの種類や直流の価格やHIOKIなどのメーカー、おすすめの選び方を紹介します。

漏電チェックもセルフの時代!1台は持っておきたいクランプメーター

地震大国の日本に暮らしている私たち日本人にとって、漏電による火災を防ぐことは命を守るためにとても重要なことです。漏電しているかどうかを確認するためには電流が漏れているかどうかを測定する機器が必要です。

 

でも一般の家庭で漏電チェック・電流を測定するなんて専門的なことはわかりにくいものですが、実はクランプメーターを使えば簡単に漏電をチェックすることができるのです。

 

そこで今回はクランプメーターの機能性、性能性、使いやすさの観点からランキングを作成しました。

クランプメーターの特徴・原理・マルチメーターとの違い

クランプメーターは一般家庭では使用されることが少ない工具の1つで、あまり知られていないことが多いですが基本的な用途は電流を測定するということです。使用方法は非常に簡単で測定したい配線を本体上部のジョー部分で挟み込むだけです。

 

同じような製品にマルチメーターと呼ばれる工具も存在していますが、マルチメーターは回路の1部を切断してから測定するのに対してクランプメーターは切断することなく測定ができるので非常に安全で手軽に測定ができます。

 

最近では電圧が測定できるものやテスター機能があるものも販売されていて、多機能なものも多いのでDIYを趣味にしている一般家庭での使用も増えています。

クランプメーターの便利機能にも注目しましょう

クランプメーターには様々な便利機能があります。プロが愛用しているクランプメーターは多機能なものが多く、一台で色々な事に対応できるので必要最低限の工具で問題の解決ができます。その機能をいくつかご紹介いたします。

テスター機能

テスター機能はダイオード測定ができたり電圧の測定、周波数の測定さらに温度の測定もできるタイプがあります。それぞれに測定器はありますが、一つで色々な測定に対応していると一つの工具で事足りるので人気が高いのです。

Bluetooth機能

Bluetooth機能が付いていると、データをパソコンやスマホなどに転送できるので、測定データを記録しながら行うよりも短い時間で測定できます。さらにデータを転送できると以前のデータと比較も楽にできます。

クランプメーターの選び方

クランプメーターは商品によっては測定できる範囲が大きく変わったり種類が違うことも多いのでしっかりと自分が測定したい配線に対応しているかどうかチェックしてから選ぶようにしましょう。

クランプメーターの種類から選ぶ

クランプメーターは大きく2種類に分けることができます。使用する目的によって分ける必要があるのでしっかりと選びましょう。

家電製品の電流測定をするなら「負荷電流測定タイプ」がおすすめ

負荷電流測定タイプは一般的な家電製品などの電流を測定する場合に使用する種類です。一定数以上の電流を測定するための計測器なので下記に紹介する微量な電流などは測定することができないので注意が必要です。

 

プロの電気技師や技術者はもちろんですが一般家庭でも使用することが可能です。一般家庭などの場合はテレビや冷蔵庫などの家電製品の配線を挟み込んで測定することで電気代などの目安にする方もいます。

微量な電流を測定したいなら「漏れ電流測定タイプ」がおすすめ

漏れ電流測定タイプは上記で紹介した負荷電流測定タイプとは使用する用途が違い一定数以上の電流を測定するのではなく、微量な電流をしっかりとチェックするための計測器です。そのため感度が非常に良いのが特徴で、主に漏電しているかどうかを確認するために使用されることが多いです。

負荷電流にも漏れ電流にも使う人は「切り替えタイプ」がおすすめ

上記で紹介した負荷電流測定タイプと漏れ電流測定タイプは使用する用途によって使い分けるのが一般的ですが、最近では両方のタイプに対応している商品も多く販売されています。スイッチで切り替えることで対応させたりする製品もあるので両方で使用する場合はおすすめです。

 

ただしスイッチで切り替える場合は万が一で切り替え忘れると電流をしっかりと測定できない可能性もあるので使用するのが不安な人は不可電流測定タイプと漏れ電流測定タイプの2種類を購入するのがベストです。

測定方式から選ぶ

漏れ電流測定タイプにはあまり関係がないですが負荷電流測定タイプの場合は電流の測定方式である整流方式にもチェックしておきましょう。

電流の平均値が知りたい方は「平均値方式」がおすすめ

電線などを流れる電流には波があり、その波の平均を数値化して表示したものが平均値方式と呼ばれる種類です。電流の波形には必ず少しの歪みが生じます。歪みが少なければ下記で紹介する実効値方式と平均値方式の数値は似た数値になります。

 

ですが波形の歪みが大きい場合は平均値方式と実効値方式では数値が大きく変わってしまうこともあります。平均値方式は歪みの平均を数値化したものということをしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

できるだけ正しい数値を知りたい人は「実効値方式」で選ぶ

整流方式が実効値方式の場合は上記で紹介した平均値方式よりもしっかりとした数値を表示かしてくれるので電流の正しい実効値が知りたい場合は測定方式は真の実効値方式を採用している商品を選ぶようにしましょう。

対応する電流から選ぶ

電流には直流と交流の種類があることは小学校でも学んだことなので多くの方がしっているでしょう。クランプメーターには対応する電流があるので購入前にチェックしておくのも大事なポイントです。

乾電池などの電流を測るなら「直流電流」を選ぶ

直流電流は一般的な家庭で使用されているコンセントではなく乾電池などのように一直線の流れの電流のことを指します。こういった直流の電流を測定する場合は直流電流に対応したクランプメーターを購入する必要があります。

 

最近では一般家庭でも直流電流を使用している場合が増えてきたので注意が必要です。またスマートフォンの充電器のようにコンセントを使用していても直流電流のこともあるので初心者の方は特に注意です。

コンセントを使う製品に使うなら「交流電流」を選ぶ

交流電流はコンセントなどを使用している電化製品のほとんどが交流電流です。直流電流のように一方通行ではなくコンセントを介して電流が行き交っている電流を交流電流と呼び一般家庭の多くは交流電流になっています。

 

販売されているクランプメーターも交流電流に対応している商品が多く販売されているので間違えることは少ない種類といえます。ただし最近ではソーラー発電を採用している家庭も増えており直流電流も増えてきたので心配な方は直流と交流に対応した商品がおすすめです。

「両方」の電流に対応している製品から選ぶ

最近では直流と交流の両方に対応したクランプメーターも多く販売されています。一般家庭でも交流だけでなく直流電流も増えてきたので、この両方に対応したクランプメーターだと使い勝手が良いのでおすすめです。

 

ACやDCといった表記で表示されていることも多いので間違いがないように注意が必要です。またAC/DCクランプメーターであっても電圧のことを指している場合もあるのでしっかりと表記をチェックするようにしましょう。

数値の表示方式から選ぶ

クランプメーターには数値の表示方式がアナログかデジタルかの2種類の製品が販売されています。自分が見やすく使いやすい種類を選びましょう。

針の方が見やすいという人は「アナログ方式」がおすすめ

アナログ方式は数値が針によって示されるのでデジタルよりも見づらいというデメリットがありますが値段が安価な製品が多いです。また微妙な数値の変化も針が動いてくれるので分かりやすく今でも使用されることがあり人気です。

 

ただしアナログ式のクランプメーターはレンジを設定する必要があるので初心者には扱いが難しく測定値にブレが生じやすいため扱いには注意が必要な場合もあります。また最近ではデジタル式の人気が高く商品を探すのに時間がかかるというのもデメリットです。

針に慣れていない人は「デジタル方式」がおすすめ

デジタル方式は数値が見やすく最近では人気が高い種類です。アナログ方式と違いレンジ設定をする必要がなく初心者でも簡単に扱えるのがおすすめのポイントです。バックライト機能が搭載されている製品も多く販売されています。

 

バックライト機能が搭載されているとディスプレイが見やすく暗い場所などでもしっかりと数値を確認できるので人気が高いです。低バッテリー表示の製品も多いので電池の減りを気にすることがないのも人気の理由で、電流の測定値もアナログ式と比べると精度が高いです。

配線の太さに合ったクランプメーターを選ぶ

クランプメーターは配線をクランプして電流を測定するので、測定する配線の太さに合ったジョーの大きさのものを選ぶ必要があります。例えば太い配線を測定するためのクランプメーターで細い配線を測定しても正しい数値が出ないからです。

 

ただしクランプメーターは通常1本ずつ配線をクランプして測定するわけではありません。数本を同時に測定するものなので、特に注意したいのが太い配線を測定する時です。あまりきつすぎても正しい測定ができません。

 

普段測定する配線の太さに合ったジョーの大きさのクランプメーターを選ぶ必要があるので、測定する配線を束ねた時の径を測って購入すると良いでしょう。

クランプメーターのジョー部分は特に注意を

クランプメーターの使い方は本体上部のジョー部分を開いて配線を挟み込むことで電流を測定します。そのためジョー部分がどれだけ開口するかも非常に重要なポイントです。

 

一般家庭の配線などの場合は配線が細いので心配ないことが多いですが、プロが使用する場合は太い配線の電流を測定することが多いのでジョーの開口がどれぐらい広いかもしっかりとチェックする必要があります。

 

せっかく購入しても配線を挟み込めないと測定自体が出来ないので商品を選ぶ上で重要なポイントの1つです。また細い場所などの作業にはジョー部分のサイズがコンパクトなことも要求されるのでジョー部分は開口の広さだけでなくジョーのサイズもチェックしましょう。

クランプメーターの人気のランキング15選

15位

共立電気計器 (KYORITSU)

2033 キュースナップ・AC/DC電流測定用クランプメータ

交流・直流の両方に対応

携帯用ケースが付属しているので持ち運びにも便利で軽量なので作業する際も楽な人気のクランプメーターです。データホールド機能付きなので作業しやすくコア径約24mmのティアドロップ形式なこともおすすめのポイントです。

 

直流・交流電流に対応しており約10時間の連続使用が可能ですが、操作しなければ5分でオートスリープになるので安心です。

サイズ 147(L)×59(W)×25(D)mm 重量 約100g
対応電流 直流・交流 測定方式 平均値方式
被測定導体径 φ24mm

口コミを紹介

電子負荷でDC12V、1.04Aの負荷をかけたときに、電流計は1.07Aを示していたので、まずまずの精度ではないだろうか。使用頻度は低いが、電池2年目でようやく切れた。また、ケース、ストラップが付属するので、収納は便利

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

日置電機(Hioki Electric)

AC/DCクランプメータ(AC/DC600A Bluetooth搭載)

価格: 29,340円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

データをPCやスマホに送れて管理がしやすい

ACもDCも測定でき、そのデータをBluetoothで送信できるので、測定値や波形が見やすくて便利です。しかもGoogle Playアプリがあればデータの回収もできます。突入電流の実効値や波形ピーク値を同時表示できる他、多機能で用途が多用です。

サイズ 65W×215H×35Dmm 重量 340g
対応電流 直流・交流 測定方式 -
被測定導体径 φ33mm

口コミを紹介

スマホと接続できてロガーになるクランプメーターが欲しくて、中華も検討したけどやはり計測器が信頼ならんのはあり得ない事なのでこれに。

出典:https://www.amazon.co.jp

LCDバックライト機能搭載でディスプレイが見やすい

オートレンジ機能搭載で使いやすくジョー部分は17mmまでの配線ならクランプすることができるのもおすすめのポイントです。直流・交流電流に対応しているだけでなく測定方式は真の実効値方式を採用しています。

 

重量も170gと軽量なので作業がしやすくLCDバックライトでディスプレイも見やすいです。

サイズ 175*60*33.5mm 重量 170g
対応電流 直流・交流 測定方式 真の実効値方式
被測定導体径 17mm

口コミを紹介

10mA単位で測れるDCクランプを探していました。この製品は、2Aレンジでの分解能は1mAとなっており、「最小桁は捨てれば、かなりの精度で10mA単位まで読めるだろう」と思っていましたが目論見通りでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

クランプヘッド照明機能搭載で暗い場所での作業も安心

ダイオードと導通テストも可能なので使い勝手が良く直流・交流電流に対応しています。また電圧も直流・交流に対応しているのでさまざまな場面で使えるクランプメーターです。

 

クランプヘッドに照明機能が搭載されているので暗い場所での作業も安心でジョー部分が最大で26mmまで開口するので太い配線でも問題なく作業が可能なのもおすすめのポイントです。

サイズ 208x78x35mm 重量 340g
対応電流 直流・交流 測定方式
被測定導体径 Φ26mm

口コミを紹介

ラジコン用に使っています。10年以上に亘って使用していた共立製オープンコアタイプが固守したので、値段とレンジ(400A)に惹かれて購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Crenova

6016Aデジタルクランプメーター

オートレンジ機能付きで使いやすい

全レンジ過負荷保護機能付きで安心して使用ができるクランプメーターです。使用していないと15分後には自動でパワーオフになる機能が搭載されているのも安心して使用できる理由の1つです。

 

データホールド機能付きで使いやすく30mmまでの導体の交流電流が測定できます。

サイズ 22 x 7 x 2.9 cm 重量 209g
対応電流 交流 測定方式
被測定導体径

口コミを紹介

比較的少ない電流を測定するため購入しました。小電流から大電流までレンジが広く使えるので使い勝手は良さそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

高域周波数カット機能付き

交流電流に対応しており漏れ電流も測定できるので使い勝手が良いクランプメーターです。重量は500gと他の製品と比較すると重たいですが、外部磁気の影響を受けずらい構造で高域周波数カット機能も搭載されています。

 

記録計用出力付きで本体のジョー部分も丸ではなく四角なので使いやすいのもおすすめのポイントです。

サイズ 重量 499g
対応電流 交流 測定方式 平均値整流(MEAN)
被測定導体径

口コミを紹介

すぐ数値がすぐでる。四角なので、薄い銅バーを対角で掴める。細いので、狭い所に突っ込める。思ったより安い。

出典:https://www.amazon.co.jp

HD液晶画面で画面が見やすい

交流電流に対応しているだけでなく直流・交流電圧も測定ができる人気のクランプメーターで、ダイオードや導通テストも可能なので使い勝手が非常に良いです。電流や電圧を測定しながら周波数の測定も可能です。

 

データホールド機能付きで使いやすくLEDライトも搭載されているので暗い場所での作業もしっかりと行えます。

サイズ 21.7cm*11.3cm*4.8cm 重量 198.0g
対応電流 交流 測定方式
被測定導体径

口コミを紹介

モーターを交換して電流を測るためにかった。電流だけでなく電圧や周波数も測れる便利、価格も手ごろだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者からプロにまで最適

クランプメーターにマルチテスターの機能が搭載された多機能な商品で非常に人気が高いです。そのため初心者だけでなくプロの電気技師や技術者にも適しています。

 

ジョー部分は最大で27mmも開口するので太い配線でも問題なく使用が可能でブラックケースが付いているので持ち運びにも便利です。

サイズ 213x52x31mm 重量 187g
対応電流 交流 測定方式
被測定導体径 27mm

口コミを紹介

通常のクランプは持っているのですが、リーク電流が測定できるものは高価で数万円程度します。このタイプはレンジ2A(分解能1mAまで)測定可能とのことで漏電電流測定用にダメ元で購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

利用者も多いBSIDEはバックライト付きで低バッテリ表示

こちらの商品は直流・交流の電流と電圧に対応しており最大で600Aの電流、600Vの電圧が測定できる優れたクランプメーターです。-20℃でも使用ができるので使用する場所を選ばず低バッテリー表示なので長く作業が可能です。

 

使いやすいデータホールド機能やオートパワーオフ機能が搭載されているのもおすすめのポイントです。

サイズ 18.8 x 3.2 x 6.5 cm 重量 295g
対応電流 直流・交流 測定方式
被測定導体径

口コミを紹介

独立型のソーラーシステムを物置に設置しDCとAC電流が測れるものを探して購入しました。趣味で使うには国産メーカー品は3万円程度するので躊躇してましたが、この値段なら多少制度が甘くても我慢できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

小型で持ち運びに便利

最大表示値が1999のLCD画面を採用したクランプメーターで直流・交流電圧だけでなく抵抗も測定ができるので使いやすいです。

 

データ保持機能付きで本体もコンパクトで軽量となっており持ち運びに便利なのもおすすめのポイントです。低電圧表示で過負荷保護機能付きなので人気が高い商品です。

サイズ 17.5×5.5×2.5cm 重量 180g
対応電流 直流・交流 測定方式
被測定導体径 φ26mm

口コミを紹介

2000W以上クラスのワットチェッカーが見つからず、オフィスの電源に不安があったため購入したのですが、きちんと測れているようで大満足です。大電流を測るぶんには安いし使い勝手もいいし★5間違いなしです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オートパワーオフ機能搭載で安心

リーク電流も測定できる漏れ電流計です。本体がコンパクトで重量も125gしかないため持ち運びに便利です。そのため作業していても疲れにくいので非常に人気があります。

 

セミオートレンジ機能付きで使いやすくオートパワーオフ機能も搭載されているので万が一の場合でも安心して使用することができます。

サイズ 64×23×162mm 重量 125.0g
対応電流 交流 測定方式 平均値整流(MEAN)
被測定導体径 φ44mm

口コミを紹介

大きさ的にも丁度いい感じです。
表示の大きさもいい感じで見れるので
気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

データホールド機能付きで使いやすい

ジョー部分が最大で28mmも開口するので太い配線でも使用することが可能な使いやすいクランプメーターです。

 

ダイオード・導通テストも可能で使い勝手が良く交流電流だけでなく直流・交流電圧も測定ができます。オートレンジ切り替え機能付きでデータホールド機能も搭載されているので使いやすい商品です。

サイズ 20.8×7.6×30mm 重量 200.0g
対応電流 交流 測定方式
被測定導体径 φ28mm

口コミを紹介

電気料金が高い原因を調べる為に購入しました。家の中の電気製品を輪ッとメーターで調べたところ、該当する電気製品がよく分かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

日置電機(Hioki Electric)

HIOKI (日置電機) ACクランプメータ

価格: 8,316円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

精度の高さ・明るい画面とブレーカーを選ばないクランプメーター

コスパが良く日本製とあって、専門職の方もGood!の声が多いです。液晶画面が大きくバックライトでとても見やすいです。交流用なので一般家庭の電流を測定するのにも適しているでしょう。ジョーが大きくプレーカーのサイズを気にせず測定できるでしょう。

サイズ 57×175×16 重量 100g
対応電流 交流 測定方式 平均値方式
被測定導体径 φ33mm

口コミを紹介

すぐに届いてすぐに使えて大変助かりました。
説明書は韓国語みたいですが、説明書なくてもすぐに使えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

AC・DCの電圧も測定可能

非常に値段が安価で初心者やお試しにクランプメーターを使用したい方にもおすすめの商品です。カウントは1999まで可能で交流電流と直流・交流電圧も測定ができるので使い勝手も良いです。

 

データホールド機能だけでなくMAXホールド機能も搭載されているのもおすすめのポイントで収納ケースやストラップも付属しています。

サイズ 20.3 x 8 x 2.7 cm 重量 367g
対応電流 交流 測定方式
被測定導体径

口コミを紹介

基本的な機能はちゃんと使えます。説明書は皆さんが言ってように、字が小さくて、まとめに読むことができませんでした。サポートに連絡したところ、丁寧なお嬢様が対応してもらいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

見やすい角度で測定値を見れる

こちらの商品はディスプレイが見やすい角度に調節が可能なので作業がしやすいクランプメータです。1mA〜1000A確度保証で負荷電流だけでなく漏れ電流も測定できる1台で2役こなせる使いやすい商品です。

 

フィルタ機能も搭載しており、重量も135gしかないので連続作業でも疲れにくいおすすめのクランプメーターです。

サイズ 50W × 130H × 26D mm 重量 220.0g
対応電流 交流 測定方式
被測定導体径 φ 24 mm以下

真の有効値の測定ができる多機能クランプメーター

多機能で表示が明るく測定値がわかりやすいクランプメーターです。交流・直流の電圧と電流の測定ができ、工場や一般家庭にもおすすめです。NCV検出機能もついていてコスパが良く3年間の保証に対応してくれます。DIYや自動車整備にも最適ですね。

サイズ 19.05×7.11×3.3 重量 431g
対応電流 交流・直流 測定方式 -
被測定導体径 -

口コミを紹介

精度は特に期待していなかったのですが、意外と普通に良いです。
60AレンジでDC0.2Aを測ってみましたが結構正確で驚きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

クランプメーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4825928の画像

    日置電機(Hioki Electric)

  • 2
    アイテムID:4825920の画像

    AstroAI

  • 3
    アイテムID:6175369の画像

    日置電機(Hioki Electric)

  • 4
    アイテムID:4825889の画像

    エー・アンド・デイ(A&D)

  • 5
    アイテムID:4825870の画像

    マルチ計測器

  • 6
    アイテムID:4825847の画像

    Akozon

  • 7
    アイテムID:4825831の画像

    BSIDE

  • 8
    アイテムID:4825821の画像

    Micsoa

  • 9
    アイテムID:4825799の画像

    TackLife

  • 10
    アイテムID:4825782の画像

    マルチ計測器

  • 11
    アイテムID:4825776の画像

    Crenova

  • 12
    アイテムID:4823259の画像

    MASTECH

  • 13
    アイテムID:4823250の画像

    KKmoon

  • 14
    アイテムID:6175121の画像

    日置電機(Hioki Electric)

  • 15
    アイテムID:4823237の画像

    共立電気計器 (KYORITSU)

  • 商品名
  • クランプオンリークハイテスタ 3293-50
  • デジタル クランプメーター
  • HIOKI (日置電機) ACクランプメータ
  • クランプメーター AD-5585
  • 高精度クランプ式漏れ電流計 MODEL140
  • クランプマルチメータ DT3266L AC/DC
  • Acm22A Ac / Dcクランプメーター
  • デジタル クランプメーター
  • デジタルクランプメーター CM05
  • 大口径デジタルクランプ・リーカ MCL800D
  • 6016Aデジタルクランプメーター
  • デジタルクランプメーター MS2108A
  • UNI-T UT210E クランプメータ
  • AC/DCクランプメータ(AC/DC600A Bluetooth搭載)
  • 2033 キュースナップ・AC/DC電流測定用クランプメータ
  • 特徴
  • 見やすい角度で測定値を見れる
  • AC・DCの電圧も測定可能
  • 精度の高さ・明るい画面とブレーカーを選ばないクランプメーター
  • データホールド機能付きで使いやすい
  • オートパワーオフ機能搭載で安心
  • 小型で持ち運びに便利
  • 利用者も多いBSIDEはバックライト付きで低バッテリ表示
  • 初心者からプロにまで最適
  • HD液晶画面で画面が見やすい
  • 高域周波数カット機能付き
  • オートレンジ機能付きで使いやすい
  • クランプヘッド照明機能搭載で暗い場所での作業も安心
  • LCDバックライト機能搭載でディスプレイが見やすい
  • データをPCやスマホに送れて管理がしやすい
  • 交流・直流の両方に対応
  • 価格
  • -
  • -
  • 8316円(税込)
  • -
  • -
  • 1799円(税込)
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 29340円(税込)
  • -
  • サイズ
  • 50W × 130H × 26D mm
  • 20.3 x 8 x 2.7 cm
  • 57×175×16
  • 20.8×7.6×30mm
  • 64×23×162mm
  • 17.5×5.5×2.5cm
  • 18.8 x 3.2 x 6.5 cm
  • 213x52x31mm
  • 21.7cm*11.3cm*4.8cm
  • 22 x 7 x 2.9 cm
  • 208x78x35mm
  • 175*60*33.5mm
  • 65W×215H×35Dmm
  • 147(L)×59(W)×25(D)mm
  • 重量
  • 220.0g
  • 367g
  • 100g
  • 200.0g
  • 125.0g
  • 180g
  • 295g
  • 187g
  • 198.0g
  • 499g
  • 209g
  • 340g
  • 170g
  • 340g
  • 約100g
  • 対応電流
  • 交流
  • 交流
  • 交流
  • 交流
  • 交流
  • 直流・交流
  • 直流・交流
  • 交流
  • 交流
  • 交流
  • 交流
  • 直流・交流
  • 直流・交流
  • 直流・交流
  • 直流・交流
  • 測定方式
  • 平均値方式
  • 平均値整流(MEAN)
  • 平均値整流(MEAN)
  • 真の実効値方式
  • -
  • 平均値方式
  • 被測定導体径
  • φ 24 mm以下
  • φ33mm
  • φ28mm
  • φ44mm
  • φ26mm
  • 27mm
  • Φ26mm
  • 17mm
  • φ33mm
  • φ24mm

直流のクランプメーターはどうして高いのか?

直流用のクランプメーターは交流用のクランプメーターと比べると価格が高いように感じる方もいらっしゃるでしょう。なぜ高いのかというと、交流用のクランプメーターは検出コイルに流れてきた電流を測定します。でも直流はそうはいかないのです。

 

直流の場合はコアの部分に磁気センサーを使い、磁気センサーが流れる電流を測定する仕組みなのです。つまり磁気センサーを仕組んである分価格がどうしても高くなってしまうと考えられます。

HIOKIや共立など各メーカーの特徴と価格について

クランプメーターを販売しているメーカーは少なくありません。そのため実際に購入しようとするとどれが良いのかがわからなくなります。価格が高い方が良いのかというわけでもありません。大事なのは何に使うのか?です。

 

測定機器で有名なのは「HIOKI」「共立電気計器」「AstroAI」「KAIWEETS」「STK」などですが、メーカーでも1,000円以下~数万円です。機能が多いほど価格が高くなるので、家庭用なら機能を限定すれば安く入手できます。

クランプロガーの特徴と用途について

クランプロガーはコンパクトな大きさのものが多く、コードが使用されていて狭い場所の電圧を測定する時などにとても役立ちます。本体そのものも小さくてポケットに入れて持ち運べ、メモリーが付いているものもあります。

 

メモリーは電池が切れてしまってもデータがすぐ失われることもないので、測定したデータが消えてしまうのを防げるタイプのものもあります。用途に合わせてクランプメーターと使い分けると良いでしょう。

車の暗電流の測定とクランプメーター

暗電流というとちょっとわかりにくいものですが、暗電流といえばわかりやすいのは車です。車はエンジンを始動していない状態の時にも電気が使われています。バッテリーなどによって補われているこの電流を暗電流と言います。

 

車の時計が狂っていないのは暗電流が使われているからなのですが、最近はドライブレコーダーやスマートキーの導入で暗電流の使用量が増えています。そのためバッテリーへの負担が増え、バッテリー上がりの原因になります。

 

この車の暗電流を測定するのにクランプメーターが使われるのです。なぜかというとクランプメーターはアースを外さなくても測定できるからです。アースを外すことによる車の誤作動を防止するためにクランプメーターが使われます。

まとめ

クランプメーターは安全に素早く電流を測定することができる便利な工具ですが対応する種類や電流など細かい部分もチェックしましょう。複数の配線などに対応する製品も多く販売されていますが、事故にならないよう用途に合った製品を選びましょう!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月02日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【専門家監修】2021年最新!Bluetoothイヤホンの人気おすすめランキング20選

【専門家監修】2021年最新!Bluetoothイヤホンの人気おすすめランキング20選

イヤホン・ヘッドホン
【2021年最新版】JASHENの掃除機人気おすすめランキング15選【バッテリーの交換についてもご紹介!】

【2021年最新版】JASHENの掃除機人気おすすめランキング15選【バッテリーの交換についてもご紹介!】

掃除機
【2021年最新版】スマホスタンドの人気おすすめランキング22選【クリップ型や車載対応も紹介】

【2021年最新版】スマホスタンドの人気おすすめランキング22選【クリップ型や車載対応も紹介】

携帯電話・スマホアクセサリ
【2021年最新版】プロにも人気のラチェットレンチのランキング15選【使い方もご紹介】

【2021年最新版】プロにも人気のラチェットレンチのランキング15選【使い方もご紹介】

工具
【2021年最新版】ヘッドホンアンプの人気おすすめランキング15選【自作キットも紹介】

【2021年最新版】ヘッドホンアンプの人気おすすめランキング15選【自作キットも紹介】

ヘッドホンアンプ・DAC
Qi充電器の人気おすすめランキング15選【すぐに充電が完了する】

Qi充電器の人気おすすめランキング15選【すぐに充電が完了する】

携帯電話・スマホアクセサリ