バナナチップスのおすすめ人気ランキング10選【体に悪い?栄養や健康効果も紹介】

バナナチップスは豊富な栄養を手軽に取れる商品ですが、体に悪い・ダイエット中に食べてもいいかなど疑問がありますよね。しかし、ノンフライや砂糖不使用の商品などさまざまです。そこで今回こちらでは、バナナチップスの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。

手が止まらないほど美味!各種メーカーのバナナチップスが人気

バナナチップスを食べ始めると止まらない経験がある方は多くいると思います。ひとつで終わればいいのですが、止まらなくなり一袋を完食してしまう方も多いものです。しかし、バナナチップスは甘いためカロリーが気になりますよね。

 

実は、バナナチップスの中でもトーストされたものなどはカロリーが低めなので、女性やダイエット中の方も気兼ねなく食べられます。また、バナナに含まれる食物繊維やミネラルなどの栄養が豊富で体にいいので、健康を気にしている方にもおすすめです。

 

そこで今回はバナナチップスの選び方や、さまざまなメーカーのおすすめ商品をランキング形式で紹介します。ランキングは、原産国・原材料・形状・製法を基準に作成しました。購入を迷っている方はぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

厚切りバナナチップスのおすすめ

芳ばしい香りの甘さ控えめバナナチップトースト

甘さ控えめのバナナチップトーストです。トーストならではの芳ばしい香りサクサクな食感を楽しめます。また、バナナチップス用に作られたバナナを使用しており甘さ控えめです。

 

ブラウントーストという製法により油も砂糖も少なめでさっぱり食べられるバナナチップスです。

内容量 250g 原材料 バナナ・砂糖・ココナッツオイル
原産国 フィリピン 形状 縦切り
製法 ロースト

薄切りバナナチップスのおすすめ

ココナッツオイルであっさり軽い食感のセブ島産バナナチップス

甘すぎない丁度良い味付けで癖がなく、どなたでもおいしく食べられる薄めのセブ島産バナナチップスです。また、ココナッツオイルで揚げられているので、油感も少なくあっさり食べられます。

内容量 500g 原材料 バナナ・ココナッツオイル・砂糖・香料
原産国 フィリピン 形状 輪切り
製法 揚げ

オーガニックバナナチップスのおすすめ

アレンジとして製菓材料にも使える大容量

スリランカ産の完熟バナナを輪切りにして乾燥させています。油や砂糖のコーティングはしていません。そのままはもちろん、アレンジとしてお菓子作りの材料にもたっぷりと使える大容量です。

内容量 1㎏ 原材料 有機バナナ
原産国 スリランカ 形状 輪切り
製法 ドライ

バナナチップスの選び方

一言に「バナナチップス」と言ってもその種類はさまざまです。そこでバナナチップスを選ぶ上でチェックするポイントを紹介します。

バナナの切り方で選ぶ

バナナチップスは、バナナの切り方によって食感がさまざまです。切り方によって食べたときの印象が違うので、切り方ごとにバナナチップスの特徴を紹介します。

ジューシーなものが好みな方には「厚切り」がおすすめ

厚切りのバナナチップスはしっかりとした歯ごたえがあり肉厚でジューシーです。バナナ本来の味をしっかりと感じられます。また、食べ応えがあるので小腹がすいたときにおすすめです。

 

ただし、商品によっては硬くて食べにくいバナナチップスもあります。歯の悪い高齢者や、硬いバナナチップスが苦手な方は、説明やレビューをしっかりチェックしましょう。

パリパリ食感が好きな方には「薄切り」がおすすめ

薄切りのバナナチップスは、ポテトチップスや野菜チップスのような「パリパリ」とした食感お菓子に近い印象です。お子さんやバナナ自体が苦手な方も食べやすいように作られているので、初めてバナナチップスを食べる方には薄切りをおすすめします。

 

バナナチップスはお菓子よりもカロリーが少ないとはいえ油を使用しているので食べすぎないようにしましょう。

気軽に楽しむなら小さめの「輪切り」がおすすめ

バナナチップスの中で最も多い切り方が「輪切り」です。輪切りのバナナチップスは小さいので手軽に食べられます。また、輪切りのバナナチップスは割れにくく、小さいですが歯ごたえ抜群です。

そのため、硬めの食感が好きな方におすすめです。配送中や保存している間に割れてしまわない点も大きなメリットになります。

バナナの風味を楽しむなら「縦切り」がおすすめ

食感と風味を求めるなら「ななめ切り」がおすすめ

縦切りのバナナチップスは横切りのものよりも、バナナの風味を感じられます。香りが良いバナナチップスを選びたいなら縦切りのものがおすすめです。バナナ本来の味や風味を楽しめます。

 

繊維の方向にカットされているため、割れやすいのも縦切りされたバナナチップスの特徴です。パリッと軽い食感が好みの方におすすめします。

バナナをななめにカットしたバナナチップスは、しっかりとした食感・風味・香りなど、バランスの取れた味わいが特徴です。また、厚く大きくカットされているものが多く、バナナをそのまま食べているような食感を味わえます。

製法で選ぶ

バナナチップスには、油で揚げただけのものローストしたものトーストしたものの3つです。それぞれの製法の違いを紹介します。

値段の安さを重視する方には「揚げ製法」がおすすめ

一般的なバナナチップスは、ドライバナナを油で揚げて砂糖をまぶしたものです。この製法のバナナチップスは、表面の油がジューシーになります。カリカリした食感を楽しめますが、カロリーが高い点には注意が必要です。

お菓子にアレンジしたい方には「ロースト」がおすすめ

バナナチップスには油で揚げた後にローストされたものもあります。ローストされることによってバナナの甘さがさらに引き立ちます。お菓子などにアレンジしたい方にはおすすめです。ただし熟成されたような甘みが苦手な方は避けた方が良いです。

 

また、ローストする過程で余分な油が落ちるのでカロリーが低く、「脂質が多くて体に悪いのでは」と心配な方にもおすすめです。

ダイエット中の方には「トースト」がおすすめ

バナナチップスには油で揚げた後にトーストする製法があります。焼いたような芳ばしい香りが特徴で、カリカリした食感です。また、ローストよりもさらに油が少ないため、ダイエット中で太るかもと心配になる方にはトーストをおすすめします。

 

また、トーストされているバナナチップスは縦に厚く切られているものが多く、バナナ本来の味をしっかりと楽しめるものが多いです。バナナ自体の味が好きな方には特におすすめします。

砂糖不使用のものならノンフライの「ドライバナナ」がおすすめ

バナナを乾燥させただけの「ドライバナナ」は、油・香料・砂糖不使用なので、健康面が気になる方やお子さんでも食べられます。ノンフライなので食感が固く、味付けもされていないので素朴な味わいを楽しめます。

 

バナナを乾燥させることでお肌に良いカロテンや、足をすっきりさせるカリウムが多く含まれています。つまり、バナナの栄養をそのまま取りたい方におすすめです。

 

下記の記事では、ドライフルーツの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

油の種類で選ぶ

バナナチップスには主に、植物性油かココナッツオイルの2種類です。使用される油によってカロリーの違いやそれぞれの特徴があるので紹介します。

バナナの栄養素をとりながらスナック感覚で食べるなら「植物性油」がおすすめ

植物性油を使ったバナナチップスの場合、そのカロリーは一般的なお菓子とさほど変わりがありません。バナナの栄養素は取ることができますが、同時に脂質を取りすぎてしまっては本末転倒です。そのため、ダイエット中であれば植物性油は避けることをおすすめします。

 

カロリーが気にならない方や、スナック菓子感覚でバナナチップスを食べたい方には、植物性油のものがおすすめです。

カロリー制限中なら免疫などに効果が期待できる「ココナッツオイル」がおすすめ

販売されているバナナチップスに使用されたオイルのおよそ半分は、ココナッツオイルです。ココナッツオイルはカロリーこそ植物性油とあまり変わりませんが、体に蓄積されにくい特性を持っています。

 

また、ココナッツオイルに含まれる脂肪酸は、シェイプアップや免疫力アップなどの効果が期待できるといわれています。カロリーや健康が気になる方はココナッツオイルを使用したバナナチップスがおすすめです。

産地や種類で選ぶ

バナナチップスに使用されている産地はさまざまです。産地や種類ごとに味の特徴があるので、その特徴を紹介します。

さっぱりした味わいがいいなら「フィリピン産」「セブ産」がおすすめ

フィリピンやセブのバナナは糖度、食感などのバランスが良く、食べやすいのが特徴です。また、日本に輸出する目的で作られたバナナステーションがフィリピンのミンダナオ島にあるため、バナナチップスに使用されているバナナの多くはフィリピン産になります。

濃厚さを楽しむなら「台湾産」がおすすめ

台湾産のバナナは、濃厚な味わいが特徴です。また、ねっとりとした触感があるため好みが分かれます。日本に初めてバナナが商業的に輸入された当時、台湾は日本領であったこともあり、それらのバナナは台湾からのバナナでした。

甘くて濃厚ものなら「バリ産」がおすすめ

バリ産のバナナは、甘くて濃厚な味わいが特徴です。バリ島のお土産として「zanana chips(ザナナチップス)」が人気で、バリ島のスーパーマーケットでも購入できます。値段が手ごろな点も人気の理由です。

柔らかいものなら「グアム産」がおすすめ

グアム産のバナナは、柔らかいのが特徴です。グアムではバナナフェスティバルが行われるほど人気があります。シンプルなバナナチップスも人気がありますが、地元の調味料を使ったバナナチップスなども人気です。

甘いのが苦手な方は「バナナチップス用バナナ」がおすすめ

完熟したバナナを使用すると、バナナチップスにしたときに甘すぎる場合が多いです。甘すぎるバナナチップスが苦手な方は、バナナチップス用に作られた甘くないバナナが使用されたバナナチップスを選びましょう。

 

バナナチップス用のバナナは完熟する前に収穫されたものなので、甘みがなくあっさりとした味わいです。また歯ごたえが良いのも特徴の一つで、柔らかい食感よりもしっかり噛み応えのあるバナナチップスが好みの方にもおすすめします。

健康に気を付けるなら「オーガニックバナナ」がおすすめ

バナナチップスの中にはオーガニックバナナが使用されたものもあり、農薬や化学肥料を使わずに作られているので、気にせず食べられます。また、オーガニックバナナを使用しているバナナチップスは、油や砂糖、またその製法にもこだわっているものが多いです。

 

しかし、原材料にこだわっているだけあって高い値段設定のものが多いです。オーガニックバナナを使用したバナナチップスは、健康のために多少値段が高くても構わない方におすすめします。

おつまみとして食べたい方には「塩」バナナチップスがおすすめ

バナナチップスをおつまみとして食べたい方には、塩バナナチップスをおすすめします。食べているうちに癖になるような、甘じょっぱい味付けが特徴的です。

メーカーで選ぶ

バナナチップスはメーカーによっても異なる特徴を持っています。さまざまなメーカーの商品から、お気に入りの一品を見つけるのもおすすめです。

市販のタイやセブ島の商品なら「KALDI(カルディ)」がおすすめ

KALDI(カルディ)は、コーヒーと輸入食品を扱うショップです。タイやセブ島など、世界各国の珍しいお菓子も市販されています。日本では販売していないような珍しい商品も販売しているので、見ているだけでも楽しいショップです。

輸入ブランド菓子が好きな方には「成城石井」がおすすめ

成城石井は、輸入ブランドなども扱い食へのこだわりを大切にしているスーパーマーケットです。インターネットで注文して店舗で受け取るなどのサービスも行っています。また、実店舗だけではなくオンラインショップも展開しているので、自宅で購入可能です。

お買い得な価格で購入するなら「業務スーパー」がおすすめ

業務スーパーは、プロだけでなく一般の方も利用できるスーパーです。「毎日がお買い得」をコンセプトにしており、世界中から食材を直輸入しています。一般的なスーパーマーケットのように利用できるお店です。

購入場所で選ぶ

バナナチップスを選ぶ際、購入場所で選ぶこともおすすめです。自分に合った購入場所でバナナチップスを選びましょう。

手軽に買うなら「コンビニ」がおすすめ

今すぐバナナチップスが食べたい時には、コンビニでの購入をおすすめします。各種コンビニではプライベートブランドのバナナチップスを出しているので、コンビニで販売されているバナナチップスの中からお気に入りを見つける楽しみ方もできます。

まとめ買いするなら「インターネット通販」がおすすめ

どこに居ても、何時でも、好きな場所で好きな時間にバナナチップスが購入できるのは、インターネット通販です。たくさん種類があるバナナチップスの中から好みに合わせて購入ができます。

厚切りバナナチップスの人気おすすめランキング4選

ヨーグルトにかけてもおいしいカルディのサクサクバナナチップス

サクサクした軽い食感で、スナック感覚で食べられるカルディのバナナチップスです。普通のバナナチップスは硬すぎて食べにくい方でもおいしく食べられます。ヨーグルトに混ぜたり、シリアルと一緒に食べたりするのもおすすめです。

内容量 220g 原材料 バナナ・ココナッツオイル・砂糖・塩
原産国 フィリピン 形状 輪切り
製法 揚げ

口コミを紹介

ホントにさくさくなので、ヨーグルトにトッピングとして使ってます。バナナが甘いので、ヨーグルトは無糖にしていますが、いいアクセントになっていて、朝食に最適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ジューシーな王道バナナチップス

油感のあるジューシーな王道バナナチップスで、硬すぎず食べやすいのが特徴です。バナナの味がそのまま残っています。また、バナナフレーバーがかかっているので香りも良く、食べ応えもあります。

内容量 1㎏ 原材料 バナナ・ココナッツオイル・砂糖・香料
原産国 フィリピン 形状 輪切り
製法 揚げ

口コミを紹介

美味しくて、あっという間に無くなっちゃった(笑)小分けにして外出にも持っていってました!

出典:https://www.amazon.co.jp

芳ばしい香りが漂う甘さ控えめのバナナチップトースト

甘さ控えめで厚く縦切りにされたバナナチップトーストです。トーストならではの芳ばしい香りサクサクな食感を楽しめます。また、バナナチップス用に作られたバナナを使用しており甘さ控えめです。

 

ブラウントーストという製法により油も砂糖も少なめでさっぱり食べられるバナナチップスです。

内容量 250g 原材料 バナナ・砂糖・ココナッツオイル
原産国 フィリピン 形状 縦切り
製法 ロースト

口コミを紹介

バナナは、あまり食べないのですが、この商品は、美味しく食べています。リピートしたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

久世福商店

塩バナナチップス

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

塩味の効いた食感の楽しいバナナチップス

久世福商店の塩バナナチップスは、波状にカットされた食感を楽しめる商品です。ココナッツオイルで2度揚げされているので、ちょうどいい食べ応えとサクサク感を楽しめます。おかしやお酒のつまみにもおすすめです。

また、牛乳やヨーグルトとも相性がいいため、朝食にもおすすめです。使用されているのは、バナナ・ココナッツオイル・砂糖・塩だけなので、自然な味を楽しめます。

内容量 200g 原材料 バナナ・ココナッツオイル・砂糖・塩
原産国 フィリピン 形状 輪切り
製法 揚げ

厚切りバナナチップスのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 内容量 原材料 原産国 形状 製法
アイテムID:10804167の画像

楽天

Amazon

ヤフー

芳ばしい香りの甘さ控えめバナナチップトースト

250g

バナナ・砂糖・ココナッツオイル

フィリピン

縦切り

ロースト

アイテムID:10804262の画像

楽天

Amazon

ヤフー

芳ばしい香りが漂う甘さ控えめのバナナチップトースト

250g

バナナ・砂糖・ココナッツオイル

フィリピン

縦切り

ロースト

アイテムID:10804259の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ジューシーな王道バナナチップス

1㎏

バナナ・ココナッツオイル・砂糖・香料

フィリピン

輪切り

揚げ

アイテムID:10804256の画像

Amazon

ヤフー

ヨーグルトにかけてもおいしいカルディのサクサクバナナチップス

220g

バナナ・ココナッツオイル・砂糖・塩

フィリピン

輪切り

揚げ

薄切りバナナチップスの人気おすすめランキング3選

3位

フラハナHULAHANA

ハワイアンホースト バナナツイスト

有名ブランドのパリパリ軽いバナナチップス

「ハワイアンホースト」は、マカデミアナッツチョコレートを世界で初めて作ったブランド。1ミリ以下にスライスされたバナナチップスで、パリパリとした軽い食感が楽しめます。ココナッツオイルで揚げられているので、油感も少ない商品です。

 

また、アイスなどにかける食べ方もおすすめです。

内容量 80g 原材料 バナナ・ココナッツオイル・砂糖・食塩
原産国 フィリピン 形状 薄切り
製法 揚げ

口コミを紹介

しっかり甘く、食感もいい。ジッパーがついているので保存も簡単だしたくさん入ってるしで大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

サクサク食感と濃密な味わいを楽しめるバナナチップス

天然生活のバナナチップスは、薄くカットしてあるためサクサクとした食感を楽しめる商品です。二度揚げしてあるので、食感はよく濃密な味わいを楽しめます。また、ココナッツオイルで揚げているので、くどくありません。

そのまま食べてもよし、砕いてヨーグルトに合わせてもおいしいです。大容量でチャック付きなので、まとめ買いもおすすめします。

内容量 1000kg 原材料 バナナ・ココナッツオイル・砂糖
原産国 フィリピン 形状 輪切り
製法 揚げ

口コミを紹介

ヨーグルトに入れてカリカリの食感を楽しんでます。生のバナナが高いときにはこちらを使って満足します。朝に栄養のバランスの足しにしてます

出典:https://www.amazon.co.jp

食べやすく大容量のコスパ抜群なフィリピン産バナナチップス

薄くスライスされたフィリピン産バナナをココナッツオイルで揚げたバナナチップスです。スナック菓子のようなパリパリとした食感を楽しめます。甘くて軽い食感なのでお子さんも食べやすく、おやつにぴったりです。

また、1000gと大容量なので、小腹が空いたときの間食や牛乳・ヨーグルトをかけて朝食にもおすすめします。

内容量 1000g 原材料 バナナ・ココナッツオイル・砂糖・香料
原産国 フィリピン 形状 縦切り
製法 揚げ

口コミを紹介

食べやすく甘さもちょうどよく1ヶ月もしないで全部食べてしまいました。少し固めですが、ココナッツオイルが効いていてすごく美味しかったです。もちろんまた購入したいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

薄切りバナナチップスのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 内容量 原材料 原産国 形状 製法
アイテムID:10804274の画像

Amazon

ヤフー

食べやすく大容量のコスパ抜群なフィリピン産バナナチップス

1000g

バナナ・ココナッツオイル・砂糖・香料

フィリピン

縦切り

揚げ

アイテムID:10804271の画像

楽天

Amazon

ヤフー

サクサク食感と濃密な味わいを楽しめるバナナチップス

1000kg

バナナ・ココナッツオイル・砂糖

フィリピン

輪切り

揚げ

アイテムID:10804268の画像

楽天

Amazon

ヤフー

有名ブランドのパリパリ軽いバナナチップス

80g

バナナ・ココナッツオイル・砂糖・食塩

フィリピン

薄切り

揚げ

オーガニックバナナチップスの人気おすすめランキング3選

バナナの栄養をそのまま摂取できる商品

バナナを乾燥させたドライバナナです。油・砂糖・香料などは一切使用されていないノンフライタイプなので、体にいいものを取り入れたい、バナナの栄養をそのまま取りたい方におすすめします。

 

ヨーグルトに入れたり、スイーツのトッピングにしたりと、調理に使用するにも便利です。素朴な味を楽しめます。

内容量 100g 原材料 有機バナナ
原産国 スリランカ 形状 輪切り
製法 ドライ

口コミを紹介

バナナチップスっていうよりドライバナナです。パリパリしてなくて少し水分が残ってて干し芋みたいな感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

株式会社K‘sトレーディング

有機JAS認証 ドライバナナ

熟成されたソフトタイプの市販オーガニックバナナチップス

スリランカで有機栽培されたバナナを使った市販のバナナチップスです。砂糖などの甘味料が一切添加されておらず、自然の甘味を感じられるのでダイエット中の方に向いています。フルーツケーキを作る際の材料としてもおすすめです。

内容量 100g 原材料 有機バナナ
原産国 スリランカ 形状 輪切り
製法 ドライ

アレンジとして製菓材料にも使える大容量

スリランカ産の完熟バナナを輪切りにして乾燥させています。油や砂糖のコーティングはしていません。そのままはもちろん、アレンジとしてお菓子作りの材料としてもたっぷりと使える大容量です。

内容量 1㎏ 原材料 有機バナナ
原産国 スリランカ 形状 輪切り
製法 ドライ

口コミを紹介

毎朝、豆乳ヨーグルトに入れて食べています。美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーガニックバナナチップスのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 内容量 原材料 原産国 形状 製法
アイテムID:10804283の画像

楽天

Amazon

ヤフー

アレンジとして製菓材料にも使える大容量

1㎏

有機バナナ

スリランカ

輪切り

ドライ

アイテムID:10804282の画像

楽天

Amazon

ヤフー

熟成されたソフトタイプの市販オーガニックバナナチップス

100g

有機バナナ

スリランカ

輪切り

ドライ

アイテムID:10804279の画像

楽天

Amazon

ヤフー

バナナの栄養をそのまま摂取できる商品

100g

有機バナナ

スリランカ

輪切り

ドライ

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天 「バナナ」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

下記のリンクでは、バナナチップスを含む体にいいお菓子の人気おすすめランキング15選をご紹介しています。ぜひご覧ください!

簡単なバナナチップスのレシピをご紹介

バナナチップスは、自分で簡単に手作りできます。作り方は以下のとおりです。

  1. 大きめのバナナを準備する
  2. 皮をむき、3mmほどの厚さに切る
  3. クッキングシートの上に重ならないように並べる
  4. 130度に熱したオーブンで25分から30分焼いて水分を飛ばす
  5. こんがりと焼けたら完成

レシピサイトなどでもバナナチップスの作り方が紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

バナナチップスの選び方とランキング、作り方を紹介しました。バナナチップスは、豊富な栄養素を手軽に摂取できます。体重が気になっている方は、カロリーの高いおやつの代わりに、バナナチップスを食べてみましょう。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年10月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【ブランドものも】バナナのおすすめ人気ランキング15選【美味しい種類をご紹介!】

【ブランドものも】バナナのおすすめ人気ランキング15選【美味しい種類をご紹介!】

フルーツ
【2023年版】バナナクリップのおすすめ人気ランキング15選【髪が多い方にも】

【2023年版】バナナクリップのおすすめ人気ランキング15選【髪が多い方にも】

アクセサリー・ジュエリー
【2023年最新版】バナナ味の野菜ジュースの人気おすすめランキング10選【市販のスムージーもご紹介】

【2023年最新版】バナナ味の野菜ジュースの人気おすすめランキング10選【市販のスムージーもご紹介】

果実飲料
体にいいお菓子のおすすめ人気ランキング22選 【太らないお菓子も!】

体にいいお菓子のおすすめ人気ランキング22選 【太らないお菓子も!】

健康食品・サプリメント
【2023年最新版】バナナプラグのおすすめランキング10選【ネジ式・はんだ付け・ナカミチ】

【2023年最新版】バナナプラグのおすすめランキング10選【ネジ式・はんだ付け・ナカミチ】

AVアクセサリ
【200人に聞いた!】ポテトチップスの人気おすすめランキング60選【美味しい味をご紹介!】

【200人に聞いた!】ポテトチップスの人気おすすめランキング60選【美味しい味をご紹介!】

菓子・スイーツ