グレインフリーキャットフードの人気おすすめランキング10選【国産も紹介】

記事ID10174のサムネイル画像

グレインフリーキャットフードのおすすめランキングと選び方を紹介します。グレインフリーキャットフードにはウェット、ドライ、子猫用、シニア用など様々な種類があります。また国産か海外製、安全性や品質、味のバリエーションなども様々。ランキングを見て参考にしてください。

グレインフリーのキャットフードとは?そもそも何が違うの?

グレインフリーキャットフードは猫の健康にもよい、安心安全な餌である。なんて話をよく耳にしますよね。実際に猫の健康を考えてグレインフリーキャットフードを選んでいる方も多いことでしょう。

 

しかし、グレインフリーってそもそもなんなのか?どうして健康にいいのかというのをご存知ない方が意外にも多いです。グレインフリーとは猫にとって消化がしにくい穀物類を一切使わずに、肉類などを主原料として使っているキャットフードをいいます。

 

そこで今回はグレインフリーキャットフードの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。基準はタイプ、容量、産地などです。ぜひとも参考にしてくださいね。

グレインフリーキャットフードの人気おすすめランキング10選

10位

ウェルネス

ヘルシーインダルジェンス

価格:1,980円(税込)

 Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

穀物不使用の高品質ウェットフード

高品質な穀物不使用の高品質ウェットフードを食べたいという方におすすめなのがこちら。グルメを極めた猫ちゃんも必ず満足するであろう、高品質な味わいはまさにプレミアム。厳選素材を配合しているだけではなく、人工保存料なども不使用でグッド。

タイプウェット容量85g
産地アメリカ合衆国原料鶏肉など

口コミを紹介

あまり食に執着のないネコを時々預かりますが、ちょうど来ていたのであげてみました。
最初、においを嗅いでは「いつものごはんじゃない」と言う顔をしていましたが、
お肉のひとかけらをお口に入れてあげると、おいしかったようで食べはじめました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

カナガン

キャットフード チキン

価格:5,060円(税込)

 Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グレインフリーキャットフードといえばカナガン!

カナガンのキャットフードは有名で、数々のメディアでもとりあげられているキャットフードなのでご存知の方も多いのではないでしょうか?その秘密は主原料の鶏肉の飼育方法や野菜やハーブの栽培方法にあります。もちろん人工添加物も皆無で安心。

タイプドライ容量1.5kg
産地イギリス原料チキン、サツマイモ、ジャガイモ

口コミを紹介

とても食いつきはいいですよー!原材料も他のものに比べ安心ですし、お値段貼るだけあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ジョセラ

ネイチャーキャット グレインフリー

価格:3,870円(税込)

 Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘアーボール対策にもおすすめ

グレインフリーキャットフードの中でも、ヘアボールが心配な方、マグネシウム量が心配な方におすすめなのがこちら。尿結石予防をしたい方のために。カルシウムとリン酸のバランスをしっかりと考えて作られている製品です。

タイプドライ容量2kg
産地ドイツ原料鶏肉、七面鳥など

口コミを紹介

体に問題無いうえに美味しそうによく食べます。本格的に切り替えて2か月ですが、問題無いうえに便の状態・臭いともにかなり良くなりました。若干カロリーが高いので、食べさせる量には注意です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ペトキュリアン

ナウフレッシュ フィッシュアダルト

価格:1,672円(税込)

 Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便秘でお悩みならば!

新鮮な魚類やベリー類だけを使っているグレインフリーキャットフードといえばナウフレッシュです。マスを原材料としているだけではなく、抗酸化作用のある食材をしっかりと使っているのです。食物繊維、オイルなどを使うことで便秘改善も期待できます

タイプドライ容量454g
産地カナダ原料トラウト、チキン、ポテトなど

口コミを紹介

好き嫌いの激しい9歳の猫用に購入しました。
美味しそうで健康的な香りがします。
本猫も気に入っているので、リピしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

クプレラ

ホリスティックグレインフリー・キャット

価格:3,448円(税込)

 Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消化に良い原料が使われている

消化不良を起こしやすい猫にぜひともおすすめしたいのがこちら。ヒラスやキスなどの白身魚を使用しているもので、乳酸菌や必須アミノ酸などを配合し胃腸をいたわってくれます。すべてのライフステージに対応しているというのも嬉しいポイントです。

タイプドライ容量1.81kg
産地オーストラリア原料ヒラス、シロキスなど

口コミを紹介

これを食べさせてるようになってから先住猫の緩いウンチがしっかりしてきました。プレミアムキャットフードに分類される商品の中ではかなり安いと思います。暫く続けるつもり、健診の血液検査が楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ニュートロジャパン

ナチュラルチョイス 穀物フリー

価格:3,120円(税込)

 Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

品質にこだわったおいしいグレインフリーキャットフード

おいしいキャットフードを愛猫に食べさせてあげたい!そんな飼い主様にぜひとも試していただきたいのがこちら。食物アレルギーに配慮した主原料。さらには新鮮な魚や肉類だけを採用している点など、猫のことを考えるからこその製品です。

タイプドライ容量2kg
産地アメリカ合衆国原料生サーモン、エンドウタンパクなど

口コミを紹介

少なくともスペック面では優良な部類ですし、猫たちの食い付きも良い。なかなか侮れないご飯です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ジャガー

ジャガーキャットフード

価格:5,412円(税込)

 Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質なプレミアムキャットフード

品質の高いプレミアムなグレインキャットフードを購入したいのであれば、ジャガーがおすすめです。上質な素材を厳選して配合しているだけありかなりの高額商品となっています。しかし、その栄養価の高さ、嗜好性の高さ、何よりも安全性の高さはお墨付き。

タイプドライ容量1.5kg
産地イギリス原料チキン、サーモン、マスなど

口コミを紹介

ベンガルに食べさせてます。
ジャガー変更初日から食いつき良く取り合いしてました。
ジャガー変更して一ヶ月経ちますが下痢なく体重増加も良好です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ネスレ

ピュリナワン キャット グレインフリー

価格:1,609円(税込)

 Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネスレから発売されている人気フード

ネスレから発売されているピュリナワンは、健康に気を使っている飼い主から大人気のキャットフードです。秘密は2つの食感が楽しめるという点。チキンの美味しさを堪能できるだけではなく、健康面にもしっかりと気を使えるという点が大人気の秘密です。

タイプドライ容量1.6kg
産地国産原料チキン

口コミを紹介

こちらは本当に香りがいい!チキンの美味しそうな感じが伝わってきて感動しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

マルカン

ナチュラハ グレインフリー

価格:110円(税込)

 Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大注目の安いウェットタイプのグレインフリーフード

グレインフリーのキャットフードの中でもウェットタイプはとても高価で試すのになかなか勇気がいりますよね。しかし、こちらのナチュラハは比較的リーズナブルな価格で楽しむことができます。今大注目のグレインフリーキャットフードならこちらです。

タイプウェット容量60g
産地ベトナムなど原料魚介類、ミネラル類など

口コミを紹介

にゃんが食べるか微妙だったけど、よく食べてくれました。

出典:https://review.rakuten.co.jp

1位

オリジン

キャット&キトゥン

価格:1,458円(税込)

 Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子猫〜シニアまで絶対にこれ!人気アイテム!

お肉好きもお魚好きでも大絶賛されているおすすめのキャットフードといえばこちら。肉好き、魚好きでも対応できるとっても優れたオールマイティーなグレインフリーです。主原料は新鮮な鳥や魚を贅沢に使用されているので香り高く、栄養も高めでグッド。

タイプドライ容量340g
産地アメリカ合衆国原料鶏肉、七面鳥、カレイなど

口コミを紹介

毛艶はいいですし、うんちの質がとてもよいです。食欲旺盛ですが、計って決まった量しかあげなくても満足はしているようです。安く穀物の入ったフードより腹持ちがいいのかな?と、見ていて思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

グレインフリーキャットフードの選び方

グレインフリーキャットフードのおすすめランキングをご紹介しましたがいかがでしたか?愛猫に合ったキャットフードを決めるために知っておくべきポイントを続いてはご紹介します。タイプ、原材料、年齢などを詳しくご説明させていただきましょう。

タイプで選ぶ

最初に注目をしていただきたいのがタイプです。キャットフードにはドライタイプとウェットタイプがあります。どちらを選ぶのか、愛猫の年齢や好みを考えながら選んでみましょう。

市販でもっとも多い「ドライフード」

グレインフリーのキャットフードの中でも一番多いのがドライタイプです。ドライフードとはいわゆる「カリカリ」です。硬いため顎の力が必要となりますが、歯石がつきにくく、食べ応えもあるため人気があるタイプだといえます。

デメリットはあるが多くの猫が好む「ウェットフード」

食べカスが歯につきやすく歯周病になりやすく、生タイプであるため長期保存をしにくいというデメリットがありますが、食べやすく猫ちゃんからも大人気なのがウェットタイプです。歯が弱くなってきた高齢の猫ちゃん、口にトラブルのある猫ちゃんなどにおすすめ。

 

ドライフードだとあまり食べないという場合でもウェットタイプに変えてあげるだけで喜んで食べてくれるようになったという話もあります。猫ちゃんの好みに合わせて選んであげるようにしましょう。

主原料で選ぶ

グレインフリーキャットフードとはグレインと呼ばれる「とうもろこし」「米」「小麦」「イネ科」などの植物を一切使っていないフードです。そのため、グレインフリーのキャットフードの主原料は肉や魚になります。それぞれにどのような特徴があるのか紹介します。

肉食のネコにぴったり「肉」

猫といえば魚というイメージがあるでしょうが、実は完全肉食動物なのです。そのため、最近では魚系のフードよりも肉系のフードが推奨されている傾向があります。味の好みなどによるでしょうが、消化不良の危険などを考えるなら肉系がおすすめです。

猫が大好きな味「魚」

昔から慣れ親しんだ味だからなのか、魚系の味を好む猫ちゃんは意外にも多いです。そのため、グレインフリーキャットフードは魚系を主原料にしているものが多数あります。

 

魚は消化不良の原因となりやすいと言われてますが、猫の体の構造にあうように調整されている商品もたくさんあります。どれだけ品質が高くても食べてくれなかったら意味がありませんので、好みにあったものを選んであげましょう。

安全性と品質で選ぶ

続いてチェックしていただきたいのが安全性と品質です。大切な愛猫に長生きしてもらうためには、品質がよく安心して与えられるキャットフードを選ぶことが大切。安全性と品質の良いフードを選ぶための注目ポイントをご紹介します。

穀物フリーのフードに含まれている原料の安全性をチェック

穀物類が含まれていない「グレインフリー」ですが、穀物類が含まれていないから安全とは言い切れません。キャットフードの中にはミートミールなどが含まれていることがあります。このミートミールとは、様々な肉のあまり、つまりなんの肉なのわからないのです。

 

また劣悪な会社によっては病気などで死んだ動物の肉「4Dミート」が含まれていることもあるのです。品質管理がしっかりとされているメーカーならば、このような肉は含まれていませんので、必ず原材料欄はチェックしてみましょう。

猫の健康を考えるなら「添加物不使用」がおすすめ

キャットフードには人工添加物が含まれていることがあります。防腐剤、化学合成保存料、着色料など、猫の体に無害とされているものから、あまりにも摂取してしまうと健康を害する危険があるものまで様々。

 

本当に心から愛猫の健康を守りたいと思うのであれば人工添加物が使われていないものもチョイスするのがおすすめです。防腐剤などが使われていないため消費期限が短いのですが、検討をしてみてはいかがでしょうか。

栄養価の高さを考えるなら「総合栄養食」をチョイス

キャットフードには総合栄養食と一般栄養食があります。総合栄養食は、それだけを食べればビタミン、タンパク質、ミネラル、カロリーなどの栄養を満たすことができる高栄養価のキャットフードをいいます。

 

一方、一般食はビタミンやミネラルが含まれていないことが多く、どちらかという完食や、普段の食事にプラスして与える栄養サプリのような役割を果たすものをいいます。栄養価の高いものを与えるなら総合栄養食をチョイスしましょう。

「味のバリエーション」も猫に食べてもらうポイント

味のバリエーションで選ぶのもおすすめです。というのも、あまりにも同じ味ばかりを食べていると飽きてしまうことがあるのです。飽きずに長く食べてもらいたいのであれば、様々な味が楽しめるものを選ぶと猫ちゃんも喜んで食べてくれるのでおすすめです。

 

また味のバリエーションの他にも同じシリーズのウェットタイプ、ドライタイプを両方日毎に分けて与えたり、ウェットタイプをおやつ代わりに時々与えたりするのもおすすめです。ぜひとも検討してみましょう。

メーカーとブランドで選ぶ

グレインフリーのキャットフードを選ぶときに注目をしていただきたいのがブランドとメーカーです。どれにしようかわからない!迷っている!というときは、有名なブランドを選んでみましょう。今回は有名なブランドとメーカーをご紹介しましょう。

国産メーカーのウェットフード「ナチュラハ」

国産メーカーである「マルカン」から発売されている「ナチュラハ」は近年注目を集めているグレインフリーキャットフードです。ウェットタイプで食べやすく、子猫に大人気です。具材は混じり気なしで魚100%を使用!安心と安全なキャットフードを求めている方に。

キャットフード安全ランキングトップ常連「ピュリナワン」

コーヒーなどを発売している有名メーカー「ネスレ」から発売されている安全なキャットフード「ピュリナワン」は、大人気のシリーズです。味のバリエーションも豊富であるだけではなく、食べやすいように工夫をされている点も嬉しいポイントです。

ナチュラルさにこだわった高品質「ニュートロ」

世界的に有名なペット栄養学をリードする機関「ウォルサム研究所」のサポートによってうまれたブランド「ニュートロ」の穀物フリーキャットフードはとても品質が高く、世界中から愛されている商品です。

 

その特徴としては自然素材を厳選して作られているという点です。また嗜好性も高く、多くの猫ちゃんが喜んで食べてくれるアイテムとしても知られています。

原産国で選ぶ

高品質なものを選びたいから国産メーカー!と、安易に思っている方はちょっと待ってください。実は海外のペット業界はとてもハイレベル。むしろペットフードの安全基準は海外のほうが優れているという事実もあります。それぞれの特徴をみてみましょう。

厳しい基準を設けている「欧州、豪州、米国」

特にヨーロッパのペットフードの安全基準は世界トップクラスです。安全なキャットフードとしてあげられるほとんどのメーカーやブランドはヨーロッパ、とくにドイツの製品が多いのです。

 

またペット大国であるアメリカのキャットフードは人間が口にしてもいい素材ばかりを使用しているキャットフードがたくさん販売されています。品質の高い人気のキャットフードなら海外製のフードも視野に入れて選ぶのがおすすめです。

防腐剤が気になるなら「国産」

海外メーカーのキャットフードには防腐剤が使われていることがほとんどです。というのも、海外で製造されたものを輸入しなければいけませんので長期間の保存が必要となるためです。そのため、品質を保つためにも防腐剤は必須です。

 

もちろん、猫ちゃんにとって安全なものを使用しているのですが、本当の意味で安全かと言われると考えものです。その点が気になるのであれば、製造してからすぐに手元に届く国産メーカーをチョイスするのがおすすめです。

安いものでもコスパがよいとは限らない!価格帯で選ぶ

続いてチェックしていただきたいのが価格帯です。グレインフリーのキャットフードは、どうしても価格帯が高くなってしまいます。というのもカサマシができる穀物類を一切使っていないため、肉類や魚類などのコスパがよくない食材を多く使うことになるためです。

 

比較的安価な商品は、ミートミールなどのあまり品質のよくない肉類を使っている可能性がありますので注意が必要です。また安いものであっても、内容量が少ない場合もありますので、コスパが本当にいいのか安全性は満たしているのか購入前にみてみましょう。

子猫〜シニアまで!対象年齢やライフステージで選ぶのも重要

グレインフリーのキャットフードには対象年齢があります。1歳までの子猫期、1歳過ぎ〜8歳までの成猫期、8歳以上のシニア期と、その年齢に合わせた栄養、カロリー、ドライフードかウェットフードか、粒の大きさ柔らかさはどうかなどです。

 

中には全年齢対象のキャットフードもありますが、しっかりと自分の愛猫に合ったものを選んであげるように心がけましょう。特にライフステージに適したものを選ぶのは健康を保つための重要なポイントになりますので注意をしてくださいね。

お試し用があるキャットフードを最初にチョイスするのもあり

お試し用をチョイスするのもおすすめです。といのも猫ちゃんはとてもグルメな動物ですから、場合によっては高級なキャットフードでも頑なに食べないこともあります。せっかく購入しても食べてくれなかったら残念ですよね。

 

そんな時は、最初にお試し用の少量パックで食べてくれるかを試してから購入を検討する方がよいでしょう。ブランドやメーカーによっては、様々なシリーズや味のお試し用を揃えていますので検討してみてください。

泌尿器系の疾患が心配なら「マグネシウム量」に注意

猫は泌尿器系の疾患になりやすい動物です。特にマグネシウムやカルシウム、ミネラルなどの成分が固まってしまうことで尿石となり尿が出にくくなってしまう病気「尿道閉塞」になることが多いです。

 

この病気を予防するために必要なのが、マグネシウムなどのミネラル分を必要以上に摂取しないことです。もちろん、猫にとって必要な成分であるため完全に摂らなくなるのはNGですが、過剰摂取にならないように気をつけましょう。

ペルシャ、チンチラなど「品種」に合わせて選ぶ

最後に気をつけていただきたいのが品種によって選ぶことです。ペルシャ、チンチラ、メインクーンなどの長毛種は体の中に毛玉がたまりやすいので毛玉の排出をサポートしてくれるフードがおすすめです。

 

またダイエット中であれば、室内猫用にカロリーなどが調節されたキャットフードを選びましょう。品種、ライフステージなどに合わせたものを選ぶのが大切なのでよく覚えておくようにしてくださいね。

グレインフリーキャットフードへの切り替え方法とタイミングとは?

現在の餌からグレインフリーキャットフードに切り替えたいけれど、どのようなタイミングでどうやって切り替えたらいいのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?まず、猫の体は大変デリケートであるため、いきなりフードを切り替えるのはNGです。

 

まずは現在与えているフードにすこしだけ新しいキャットフードを入れることから始めて、1週間くらいかけて少しずつ切り替えていくようにしましょう。詳しくは下記のリンクにて解説をしていますので、興味のある方はぜひともご覧くださいませ。

グレインフリーキャットフードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5491448の画像

    オリジン

  • 2
    アイテムID:5491468の画像

    マルカン

  • 3
    アイテムID:5491421の画像

    ネスレ

  • 4
    アイテムID:5491478の画像

    ジャガー

  • 5
    アイテムID:5491496の画像

    ニュートロジャパン

  • 6
    アイテムID:5491512の画像

    クプレラ

  • 7
    アイテムID:5491533の画像

    ペトキュリアン

  • 8
    アイテムID:5491571の画像

    ジョセラ

  • 9
    アイテムID:5491558の画像

    カナガン

  • 10
    アイテムID:5491583の画像

    ウェルネス

  • 商品名
  • キャット&キトゥン
  • ナチュラハ グレインフリー
  • ピュリナワン キャット グレインフリー
  • ジャガーキャットフード
  • ナチュラルチョイス 穀物フリー
  • ホリスティックグレインフリー・キャット
  • ナウフレッシュ フィッシュアダルト
  • ネイチャーキャット グレインフリー
  • キャットフード チキン
  • ヘルシーインダルジェンス
  • 特徴
  • 子猫〜シニアまで絶対にこれ!人気アイテム!
  • 大注目の安いウェットタイプのグレインフリーフード
  • ネスレから発売されている人気フード
  • 高品質なプレミアムキャットフード
  • 品質にこだわったおいしいグレインフリーキャットフード
  • 消化に良い原料が使われている
  • 便秘でお悩みならば!
  • ヘアーボール対策にもおすすめ
  • グレインフリーキャットフードといえばカナガン!
  • 穀物不使用の高品質ウェットフード
  • 価格
  • 1458円(税込)
  • 110円(税込)
  • 1609円(税込)
  • 5412円(税込)
  • 3120円(税込)
  • 3448円(税込)
  • 1672円(税込)
  • 3870円(税込)
  • 5060円(税込)
  • 1980円(税込)
  • タイプ
  • ドライ
  • ウェット
  • ドライ
  • ドライ
  • ドライ
  • ドライ
  • ドライ
  • ドライ
  • ドライ
  • ウェット
  • 容量
  • 340g
  • 60g
  • 1.6kg
  • 1.5kg
  • 2kg
  • 1.81kg
  • 454g
  • 2kg
  • 1.5kg
  • 85g
  • 産地
  • アメリカ合衆国
  • ベトナムなど
  • 国産
  • イギリス
  • アメリカ合衆国
  • オーストラリア
  • カナダ
  • ドイツ
  • イギリス
  • アメリカ合衆国
  • 原料
  • 鶏肉、七面鳥、カレイなど
  • 魚介類、ミネラル類など
  • チキン
  • チキン、サーモン、マスなど
  • 生サーモン、エンドウタンパクなど
  • ヒラス、シロキスなど
  • トラウト、チキン、ポテトなど
  • 鶏肉、七面鳥など
  • チキン、サツマイモ、ジャガイモ
  • 鶏肉など

まとめ

グレインフリーのキャットフードとおすすめランキングを紹介しましたがいかがでしたか?今回ご紹介した選び方とランキングを参考にぜひとも理想的なキャットフードを選んでみてくださいね。愛猫の健康はあなたの手にかかっているのですよ。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ