公務員試験の参考書の人気おすすめランキング10選【論文対策にも】

記事ID9936のサムネイル画像

薬剤師や保健師、警察官を含め多様な職種がある公務員。公務員試験は職種によって行政法や人文科学、英語、論文など様々な科目があり、本屋に行っても参考書選びが難しいですよね。しかし昨今は、独学の方にも予備校に通う方にも重宝する参考書が多く販売されています。今回は、人気でおすすめの公務員試験用参考書と選び方を紹介します。

公務員試験の参考書で独学でも社会人で納得の一冊を

「公務員」と聞くと、市役所や官庁で働いている職員をイメージする方もいるのではないでしょうか。しかし、実は公務員にも幅広い職種があり、薬剤師や警察官、教授なども含まれます。そんな公務員になるには、公務員試験を通過する必要があります。

 

行政法や英語、論文、人文科学など科目が多く、勉強法がわからないと悩む方も多いですよね。実は、最近では多岐に渡る公務員試験の種類に合わせた公務員試験用の参考書が数多く販売されているのです。

 

そのため、独学で受験対策する方でも、予備校に通っているけど物足りないという方でも、効率よく試験対策が行えるようになっています。そこで今回は、数ある公務員試験用参考書のなかから、おすすめのテキストと選び方をご紹介していきます。

試験全体の流れをつかむならまずは「ガイド」本を

公務員試験の最初は、試験全体の流れや特徴や科目をつかむ必要があります。そのためガイド的なものをまず選んでみてください。公務員試験は、教養試験・適性試験・小論文・面接といったいくつかの科目があるのが特徴です。

 

内容も幅広いため闇雲に勉強を始めてはいけません。試験全体を把握し、より効率的に勉強を進めるのが地汗津です。公務員試験を受けると決めたら、まずガイド的な本を選びましょう。

公務員試験用参考書の選び方

公務員試験用参考書と一言で表しても、試験内容や受験スタイル・科目によって様々なテキストが販売されているため、初めて公務員試験を受ける人のなかには「どれがいいか分からない」という人も多いことでしょう。ここでは、公務員試験用参考書の選び方をまとめていきます。

公務員試験の種類で選ぶ

公務員試験は業務内容や分野に合わせて細かく分かれており、受験する試験によって必要となる知識や受験科目が異なります。そのため、各自治体が掲載している試験要項をチェックし、自分が受験予定の試験に合った参考書を選びましょう。

市役所・警察所などで勤務する「地方公務員」

都道府県・市町村にある県庁や市役所の職員、図書館などの公共施設の職員として働きたいと考えている人は「地方公務員試験」を受験する必要があります。また他にも、警察や消防署・学校事務なども含まれており、試験区分のバリエーションが多いのが特徴です。

 

また地方公務員は、公務員全体の8割程度を占めるほど数が多く、自治体によって異なる試験スタイルを採用していることもあることから、参考書を選ぶ際には自分が働きたい都道府県・市町村専用の公務員試験用参考書を選ぶ必要があります。

国の根幹に関する仕事を行う「国家公務員」

行政府や財務省・厚生労働省などといった、国全体に関わる機関の職員として働きたい場合には「国家公務員試験」を受験する必要があります。

 

国家公務員とはいっても、厳密には政策の企画立案を行う「総合職」、事務を担当する「一般職」、特定の行政分野に携わる「専門職」の3つに分かれており、職種に合わせて少しずつ試験名や内容が変化するのが特徴です。

 

また、国家公務員ならではの試験として、自分が働きたい官庁に直接赴いてPRをする「官庁訪問」があるため、筆記試験だけでなく面接・官庁訪問に関するテキストもしっかり読み込んでおく必要があります。

「薬剤師・保健師」など専門的な職種は専用の対策を

「公務員」と聞くと、中央官庁や都道府県庁、市役所などに勤務している「行政」職員を思い浮かべるかもしれませんが、他にも様々な職種があります。

 

たとえば、教授や教諭などの「教育職」、特許庁の審査官のような「専門行政職」、税のスペシャリストである「税務職」、各官庁の研究機関に属する「研究職」、医師や薬剤師、保健師、看護師などの「医療職」、そして、警察官や消防官などの「公安職」など。


このように、公務員には自分の適性や専門を生かせるバラエティに富んだ仕事があります。そして特殊性の高い職種の公務員試験は、職種によって少しずつ試験名や内容が変化する場合も多いです。そのため、専用の参考書を用意してしっかり対策することが必要です。

地方公務員の難易度で選ぶ

地方公務員の場合、受験者の学歴・経歴によって様々な試験区分・難易度が用意されており、難易度によって試験範囲や問題の難易度も変化するため、難易度別の特徴をしっかりおさえておくことで、より効率よく試験勉強できる参考書が見つけやすくなります。

「初級」は高卒程度のレベル

地方公務員試験のなかでも、高校卒業程度の学力・学歴を持つ人を対象としているのが「地方初級」と呼ばれる試験です。地方上級に比べて試験範囲が狭く、科目も一般教養がほとんどである点が特徴です。

 

一般的に、一次試験(筆記試験)に出題される、数的処理や文章理解を中心とした「一般知能」「一般知識」の2種類に関する参考書が中心ですが、作文や集団討論などが出題される場合もあるため、小論文や面接テクニックに関するテキストも読んでおくと良いでしょう。

「上級」国家総合職は大学卒業程度のレベル

地方初級に対して、より様々な業務に携わりたい人におすすめなのが、大学卒業程度の学力・学歴が必要となる「地方上級」と呼ばれる試験です。

 

自治体によって少しずつ試験スタイルは違いますが、一般的には地方初級でも扱う一般教養に加え、法律や経済・行政に関する問題が出題される「専門分野」や職種別の「専門試験」が課される点が特徴といえます。

 

専門分野や専門試験は科目・職種別で専用の参考書が販売されているため、自分が勉強したい科目に合わせてテキストを選びましょう。

試験内容で選ぶ

地方公務員・国家公務員のどちらにおいても、試験内容に合わせた参考書が販売されており、自治体によって試験スタイルや回数なども異なっているため「受験する自治体はどんな試験方法を採用しているのか」などをチェックしたうえで選ぶようにしましょう。

対策に時間がかかる「筆記試験」

公務員試験において一次試験・二次試験に多く採用されることが多いのが「筆記試験」です。公務員試験における筆記試験は、主に5択問題となっているため、科目別の参考書が販売されているのはもちろん、選択肢と解説がセットになっている本が多いのが特徴です

 

また、地方初級で出題される「作文」や地方上級で出題される「専門試験」は、記述式を採用していることから、より柔軟な解答ができるように、問題例や解答例をチェックできる参考書・過去問はもちろん、模擬試験用テキストなども活用することをおすすめします。

自治体ごとの特色が出てくる「面接試験」

筆記試験に比べ、受験する自治体の特色が出やすいのが「面接試験」です。公務員試験における面接試験では、実際に職員として勤務する時に重要視される物事の考え方・発想力などをチェックされるため、出題される問題も自治体の特徴に沿ったものが多いのが特徴といえます。

 

面接試験に関する参考書は、自治体・試験の種類ごとに販売されており、各地域におけるその年のニュースやイベントに関する問題例・解答テクニックなどが掲載されているため、一般的な面接対策テキストと併せて読み込むことをおすすめします。

事前にきちんと対策する必要があるのは「論文」

公務員試験において、重要度が高く、かつ準備しておかないと良い点数を取るのが難しいのが「教養論文」です。

 

公務員試験教養論文の参考書選びとして、接続詞など基本的な文法や文章の構築の方法だけでなく、「そもそも論文とはどうやって書くものなのか」といったことも網羅しているものを選ぶことがポイントです。

試験科目の分野で選ぶ

公務員試験用参考書は、試験の種類だけでなく、試験科目の分野別で分かれていることも多いため、自分の苦手分野・得意分野に合わせたテキストを選ぶことで、より効率よく試験勉強ができます。

試験において特に出題数が多い「数的処理」

公務員試験で行われる筆記試験のなかでも、かなりの問題数を占める分野の1つが「数的処理」です。

 

数的処理とは、一般的な算数・数学に近い問題を扱う「数的推理」をはじめ、暗号やウソつき問題などのユニークな問題を扱う「判断推理」、表やグラフから正しい文章・内容を表す選択肢を絞る「資料解釈」の3つの項目から構成されています。

 

特に算数や数学に苦手意識を持っている人・数学自体にブランクがある文系の人は、早く解答できるようになるまで時間がかかる傾向にありますが、出題パターンがある程度決まっているため、過去問などを解いて問題に慣れていきましょう。

解答に時間がかかりやすい「文章理解」

数的処理の次に問題数が多いのが「文章理解」と呼ばれる分野です。こちらは主に現代文・英語の長文問題が中心となっており、空欄補充や要旨把握・文章整序などといった様々な出題スタイルが用意されているのが特徴といえます。

 

自治体や試験の種類によっては、古文の文章理解が出題されることもありますが「どれだけ早く文章を読み込み、まとめられるか」が重要となるため、公務員試験用参考書はもちろん、一般的な英語・現代文の長文問題集も併せて解いておくのもおすすめです。

暗記すべき項目が多い「人文科学」

地方上級・初級のどちらの試験において出題される分野の1つが「人文科学」です。こちらは主に日本史や世界史などの歴史分野をはじめ、文芸や地理・思想などといった、文系科目を中心とした分野となっています。

 

問題レベルは高校程度と易しいうえ、自然科学と同様に、出題される問題数が少ない傾向にありますが、取り扱う範囲が広いため、より効率良く勉強するためにも、各カテゴリーの要点だけをまとめた参考書を使ってダイジェストで暗記・学習できる参考書がおすすめです。

文系の人がつまづきやすい「自然科学」

人文科学と同時進行で勉強をする人も多い分野が「自然科学」です。こちらの分野では主に物理や化学・生物などの理科系科目や数学などを扱う分野となっています。

 

問題数自体は少ないですが、なかでも数学は数的処理と併せて勉強できる部分もあるため「一般教養」という名前で販売されている参考書を使って、人文科学・社会科学などといった他の分野とまとめて勉強するのも良いでしょう。

地方上級を目指す人は特にマスターすべき「社会科学」

一般教養のなかでも頭を抱える人が多い分野が「社会科学」です。政治や経済・法律・国際問題などといった、高校レベルの公民・現代社会に相当する分野となっています。1つひとつのカテゴリーのボリュームが多いため、流れを追いながら勉強できる参考書がおすすめです。

 

特に地方上級を受験する場合、経済や法律などといった比較的複雑で覚える項目が多い科目でつまづく人が多いため、あまり経済・法律分野に触れてこなかった人は「社会科学」分野の法律・経済から勉強を始めると良いでしょう。

「民法」の対策なら「民法改正」に対応したものを

民法とは、「総則」「物件」「担保物件」「債権総論」「債権各論」「家族法」のテーマから成り立っており、国家一般職や国税専門官、裁判所一般職、地方上級などの専門試験で出題されます。

 

そんな民法を勉強する方にとってやはり気になるのは、2020年度から施行された「民法改正」の影響ではないでしょうか。基本的に試験が行われるときに施行されている法律から出題されるため、特に専門試験の法律関係で、影響が大きくなると予想されます。

 

実際に、2018年度の東京都1類B採用試験(一般方式)の一般教養では、債権法に関する民法改正の問題が出題されていました。民法は改正後の対策の含め、特に時間が掛かる分野ですが、テーマごとに重要度を考えて、効率的に勉強することが大切です。

地方上級試験対策に欠かせないのは「行政法」

地方上級試験の法律系科目で最も配点が高い「行政法」。分量は憲法より多く民法より少ないといったところですが、様々な法律を寄せ集めているため体系的に捉えにくく、複雑な科目です。

 

そんな行政法は、憲法と同じく判例が重要になってきます。参考書を選ぶ際は、扱っている判例の量にも注目してみると良いでしょう。

公務員試験の勉強の始めに対策するなら「憲法」からがおすすめ

憲法は、大きくわけて基本的人権と統治機構の2つに分類され、それぞれ4つの分野に分かれます。出題数は多めで、5肢択一、妥当な組み合わせ、長文の空欄補充、対話正誤判断のどれかの出題方式です。

 

公務員試験のなかでも、入門にちょうどいい科目でもあるので最初憲法から入るのがおすすめです。法律に関する特徴的な考え方を身につけることができるからです。

教養・専門試験は「過去問」がおすすめ

教養試験では、一番点数を稼ぎたい部分でもあるので、過去問の解説が充実させた参考書を選ぶようにしましょう。公務員試験は、過去問を徹底的にやりこむことをすすめる人も少なくありません。複数年分の過去問が収録してあるもがいいでしょう。

 

過去問だけたくさんあっても、よくなくてできれば解説も充実しているものがおすすめです。

筆記・面接・小論文でも使いたいなら「時事問題」も

公務員試験全般で使える知識でもある「時事問題」もしっかりと勉強しましょう。教養試験や面接、小論文でも必要です。ただ用語がまとめられているものではなく、ポイントをおさえてまとめられているものがおすすめです。

 

さらに、データもしっかりと示されていて、信頼できるものであればばっちりでしょう。

出版社で選ぶ

公務員試験参考書の出版社もいろいろあるので、それぞれの出版社によって選ぶ方法もあります。

自治体別公務員試験参考書なら「ディスカバリー出版」がおすすめ

ディスカバリー出版では、各自治体ごとの公務員試験の問題集があります。受けたい自治体に絞った問題集はなかなかないので、自分が受けるつもりの参考書があるか探してみるといいでしょう。

公務員試験の受験生の信頼度ナンバーワンの「実務教育出版」もおすすめ

公務員試験の受験生の熱い支持を得る出版社です。問題集を始め小奉仕、就職・資格試験対策所など幅広い出版物を扱っています

公務員試験用参考書の人気おすすめランキング10選

10位
 

実務教育出版

地方上級 教養試験 過去問500 2021年度

\24日(土)〜タイムセール!事前予約中/ Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

公務員試験の過去問をたっぷり収録した1冊

近年の公務員試験地方上級の過去問題をたっぷり掲載した問題集であり、全500問というボリューミーな内容に加え、1問ごとに詳しい解説が掲載されているため、繰り返して解くことで公務員試験の内容や問題傾向に慣れることができます。

 

教養試験のすべての科目・分野の過去問が収録されているため、試験勉強の総仕上げや解答スピードの向上などといった様々なスタイルで使えるおすすめの1冊です。

出版年月日 2019年2月14日 ページ数 530ページ

口コミを紹介

広範囲の問題をカバーしてくれているためとてもいい問題集だと思います。サイズが大きいため持ち歩きはしにくいかもしれませんが、単語帳などのように電車などで使用するようなものではないので充分だと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位
 

実務教育出版

公務員面接を勝ち抜く力

\23日(金)〜お買い物マラソン!事前予約中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

公務員が面接・業務において必要な心構えを市長が解説

全ての公務員試験において必ず行われる「面接試験」における心構え・対策のポイントをまとめた面接特化型の参考書です。現場の公務員を取り巻く環境の変化や、職員として働く上で必要なスキルについて、奈良県生駒市の市長が自ら解説している点も魅力といえます。

 

小手先のテクニックだけでなく、実際に職員として働く上で必要な考え方・想いなどもまとめられているため、面接対策としてはもちろん「公務員の仕事についてもっと詳しく知りたい」という人にもおすすめの1冊です。

出版年月日 2018年9月20日 ページ数 191ページ

口コミを紹介

公務員試験の面接対策として購入しました。やはり普通の会社面接とは違う事がわかる。
かなり勉強になった。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位
 

ダイヤモンド社

全試験対応!直前でも一発合格! 落とされない小論文

\23日(金)〜お買い物マラソン!事前予約中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

失敗答案から学ぶ小論文・作文のハウトゥー本

公務員試験のなかでも対策が立てにくいとされている「小論文・作文」の対策に注目した参考書であり、元NHKアナウンサーの超人気講師が2000本もの失敗答案から統計的に創り出した「小論文における共通の減点基準」を掲載しています。

 

小論文・作文の基本的な書き方はもちろん、文章を書く時にやりがちなミス内容の質を上げるポイントなどについて、テコ入れ前・テコ入れ後の文章を掲載するとともに、詳しく解説している点も魅力的です。

 

国家公務員や地方公務員はもちろん、大学入試・就職試験などにも応用できる内容となっているため、小論文や作文に苦手意識のある人におすすめの1冊です。

出版年月日 2018年2月8日 ページ数 192ページ

口コミを紹介

私が、これまで読んできた対策本は、終始一般的なことが書かれていることが多かったです。当本は、非常に具体的に小論文の試験対策に特化したことが書かれており、大変ためになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
 

実務教育出版

公務員試験 数的推理がみるみるわかる!解法の玉手箱[改訂第2版]

\23日(金)〜お買い物マラソン!事前予約中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

算数・数学が苦手な人に向けた数的推理の参考書

算数・数学にブランクや苦手意識を持つ、まさに「浦島太郎状態」な全ての受験生に向けた初学者向け問題集「玉手箱」シリーズの1つであり、誰でも解きやすい解法とポイントをイチから丁寧に解説している点が魅力といえます。

 

近年の過去問題に基づき、試験で繰り返し出題される頻出問題を厳選して掲載しており、数学が苦手な人向けのフォローアップもしっかり施されています。地方初級・地方上級など、様々な公務員試験対策におすすめです。

出版年月日 2016年8月26日 ページ数 320ページ

口コミを紹介

数学とは、無縁の日々を過ごしており、焦っていましたが、小学校からの復習から、解説があり、抵抗感は、最小限で勉強できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位
 

実務教育出版

公務員試験新スーパー過去問ゼミ5 判断推理

\23日(金)〜お買い物マラソン!事前予約中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

初学者から総復習までカバー可能なロングセラー本

公務員試験における一般教養のなかでも、初めて受験する人がつまづきやすい「判断推理」について、これだけはやっておきたい良問・学習効果の高い問題を全204題収録した1冊となっています。

 

平成27~29年度の問題を増補・掲載しつつ、それぞれの項目・単元には重要事項が一目でチェックできるレジュメ「POINT」がまとめられているため、勉強時間が確保できない時の勉強や振り返りもスムーズに行える点が魅力的です。

出版年月日 2017年8月28日 ページ数 471ページ

口コミを紹介

判断処理の問題集が欲しかったので、買いました。いろいろな問題が記載されているので良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
 

実務教育出版

公務員試験新スーパー過去問ゼミ5文章理解・資料解釈

\23日(金)〜お買い物マラソン!事前予約中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

英語・現代文の両方を1度にカバーできる人気の参考書

シリーズ累計350万部を突破するほどの高い人気を誇る参考書であり、過去15年間の出題傾向を詳細に分析し、文章理解・資料解釈分野の過去問だけでなく、理解度に合わせた解説・学習ポイントもたっぷり掲載されている点が魅力といえます。

 

収録されている過去問は、国家総合職・一般職・専門職、地方上級・市役所などから厳選した良問221題となっており、必修問題や実践問題のそれぞれに詳しい解答プロセスも書かれているため、文章理解・資料解釈分野の勉強を始めたばかりの受験者におすすめです。

出版年月日 2017年8月24日 ページ数 493ページ

口コミを紹介

こちらの文章理解の問題、解説もすらすら入ってきました。国語の文章読解、英文、資料解釈問題どれも問題数が多く、解説も丁寧だったため非常にわかりやすかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
 

エクシア出版

畑中敦子の社会人採用決め手の数的処理

\23日(金)〜お買い物マラソン!事前予約中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

厳選した過去問・解説のみをまとめた社会人受験者向けの参考書

働きながら公務員を目指す受験者のために作られた参考書の1つであり、公務員試験において特に注目される数的推理分野の第一人者・畑中敦子さんが厳選した良問155題が掲載されているのが特徴です。

 

詳しい解説とともに、必要な公式やルール・解答ポイントも網羅されているため、初めて公務員試験を受ける社会人受験生や「数的推理をどのように解いたら良いかわからない」という受験生におすすめの1冊といえます。

出版年月日 2018年8月5日 ページ数 288ページ

口コミを紹介

社会人の為の数的・判断・資料解釈の入門問題集は、現時点でこの1冊のみだと思います。問題も難しすぎず、社会人の方が最初に始める1冊に持って来いだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

KADOKAWA

伊藤塾の公務員試験「経済学」の点数が面白いほどとれる本 [ 伊藤塾 ]

\23日(金)〜お買い物マラソン!事前予約中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

公務員試験対策のプロが手掛ける経済学の参考書

国家公務員試験にてトップクラスの合格実績を誇る『伊藤塾』が公務員試験を受験する全ての人に向けて編纂した参考書であり、学校の授業などでは深堀されにくいマクロ・ミクロ経済学が1冊に集約されているのが特徴です。

 

分野ごとの深い知識が重要視される公務員試験において、本当に大切な知識をスピーディーでムダなく学習できるように合格に必須の知識だけに絞って掲載されている点が魅力といえます。

 

オールカラーでテーマごとに注意すべきポイントが一目瞭然になっているため、初めて公務員試験に挑戦する学生や、勉強時間がなかなか確保できない社会人受験生にもおすすめの1冊です。

出版年月日 2019年2月4日 ページ数 264ページ

口コミを紹介

オールカラーで問答式で基礎から教えてもらえます。もっとむすかしい教科書を買っちゃうと、最初から挫折しそうだから、ここから始めるには良いかもと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

東京リーガルマインド

2020-2021年合格目標 公務員試験 本気で合格!過去問解きまくり!1 数的推理・資料解釈

\23日(金)〜お買い物マラソン!事前予約中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

「予想問題集」のように使える再現問題付きの対策本

専門の実力派講師による資格・検定試験の対策講義が人気の総合スクール『LEC』が「本気で公務員試験に合格したい」という受験生のために作り上げた参考書であり、通常では入手困難な「再現問題」豊富な過去問をたっぷり収録したボリューム満点の1冊です。

 

問題は必ずマスターしておくべき「必修問題」に加え、基本・応用の2つのレベルに分かれた「実践問題」が用意されているため、習熟度に合わせて学習できる点が魅力といえます。

出版年月日 2019年10月27日 ページ数 592ページ

口コミを紹介

図解も多く、視覚的にも理解しやすさにつながっているんだと思います。問題の重要度をラック付けされている点もポイント高いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

高橋書店

これだけ!教養試験要点まとめ&一問一答 2021年度版

\23日(金)〜お買い物マラソン!事前予約中/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

「一冊」で効果的に勉強!忙しい人向けの教養試験対策本

「公務員試験で出題される一般教養を効率良く勉強したい」という人にぴったりな要点まとめ集であり、公務員試験の合格ラインとなる正答率70%を目指すために必須となる十数科目の知識が集約されているため、勉強の時間が確保できない社会人受験生におすすめです。

 

また、テキストに掲載されている問題・項目はそれぞれ頻出度に合わせてまとめられており、特に必要となる知識や項目には「重要マーク」「赤文字チェック」が付けられているため、ムダのない学習ができるようになっています。

 

テキストの最後には本試験を忠実に再現した実力チェック問題も掲載されているため、試験勉強の総仕上げなども1冊で出来る点も魅力的です。

出版年月日 2019年3月7日 ページ数 288ページ

口コミを紹介

すごくわかりやすいです。
公務員の知識ゼロからでも独学で半分以上は点を取れます。頑張ってください!

出典:https://www.amazon.co.jp

公務員試験用参考書のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6285471の画像

    高橋書店

  • 2
    アイテムID:6285468の画像

    東京リーガルマインド

  • 3
    アイテムID:6285465の画像

    KADOKAWA

  • 4
    アイテムID:6285462の画像

    エクシア出版

  • 5
    アイテムID:6285459の画像

    実務教育出版

  • 6
    アイテムID:6285456の画像

    実務教育出版

  • 7
    アイテムID:6285453の画像

    実務教育出版

  • 8
    アイテムID:6285450の画像

    ダイヤモンド社

  • 9
    アイテムID:6285447の画像

    実務教育出版

  • 10
    アイテムID:6285444の画像

    実務教育出版

  • 商品名
  • これだけ!教養試験要点まとめ&一問一答 2021年度版
  • 2020-2021年合格目標 公務員試験 本気で合格!過去問解きまくり!1 数的推理・資料解釈
  • 伊藤塾の公務員試験「経済学」の点数が面白いほどとれる本 [ 伊藤塾 ]
  • 畑中敦子の社会人採用決め手の数的処理
  • 公務員試験新スーパー過去問ゼミ5文章理解・資料解釈
  • 公務員試験新スーパー過去問ゼミ5 判断推理
  • 公務員試験 数的推理がみるみるわかる!解法の玉手箱[改訂第2版]
  • 全試験対応!直前でも一発合格! 落とされない小論文
  • 公務員面接を勝ち抜く力
  • 地方上級 教養試験 過去問500 2021年度
  • 特徴
  • 「一冊」で効果的に勉強!忙しい人向けの教養試験対策本
  • 「予想問題集」のように使える再現問題付きの対策本
  • 公務員試験対策のプロが手掛ける経済学の参考書
  • 厳選した過去問・解説のみをまとめた社会人受験者向けの参考書
  • 英語・現代文の両方を1度にカバーできる人気の参考書
  • 初学者から総復習までカバー可能なロングセラー本
  • 算数・数学が苦手な人に向けた数的推理の参考書
  • 失敗答案から学ぶ小論文・作文のハウトゥー本
  • 公務員が面接・業務において必要な心構えを市長が解説
  • 公務員試験の過去問をたっぷり収録した1冊
  • 価格
  • 900円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1760円(税込)
  • 1760円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1540円(税込)
  • 1650円(税込)
  • 1320円(税込)
  • 円(税込)
  • 出版年月日
  • 2019年3月7日
  • 2019年10月27日
  • 2019年2月4日
  • 2018年8月5日
  • 2017年8月24日
  • 2017年8月28日
  • 2016年8月26日
  • 2018年2月8日
  • 2018年9月20日
  • 2019年2月14日
  • ページ数
  • 288ページ
  • 592ページ
  • 264ページ
  • 288ページ
  • 493ページ
  • 471ページ
  • 320ページ
  • 192ページ
  • 191ページ
  • 530ページ

公務員試験対策をするなら行政書士試験もおすすめ

取りたい資格の上位に常に名を連ねる人気国家資格「行政書士」。実は公務員試験と行政書士試験の試験科目には、大きな共通点があることをご存知でしたか。

 

公務員試験では憲法、民法、行政法が出題される試験種がありますが、行政書士試験も同様に憲法、民法、行政法が出題されます。そのため、公務員試験を受験する方は、試験科目や学習方法に共通点の多い行政書士試験の対策を並行することもおすすめです。

 

また行政書士は「採用試験」である公務員試験と異なり、「資格試験」です。資格は一生残るものなので、取っておいて損はありません。こちらの記事では。そんな行政書士試験の参考書を詳しく説明しています。併せてチェックしてみてくださいね。

公務員試験の独学スケージュールの立て方

6月から7月は、判断推理・数滴処理に絞って勉強し、途中で資料解釈の学習も始めましょう。専門科目は、民法や経済学から初めていきます。8月から10月は、文章理解と一般知識課目の演習を始めていきます。専門科目は、民法と経済学を2週したら憲法、行政法に着手。

 

11月から12月は、文章理解と数滴処理は継続して勉強をすすめ、英語と数滴処理は毎日するようにします。1月から3月は、一般知能科目は継続、復習し、年明けに「新スーパー過去問ゼミ財政学」の改訂版でも勉強を進めましょう。

 

4月から6月は、全般的に学習を進めます。小論文の学習や、総仕上げの学習を進めていきましょう。あくまで参考程度でご覧ください。自分のあった独学勉強法をみつけてくださいね。

まとめ

一見難しそうに感じる公務員試験ですが、専用の参考書を活用しながら勉強することで、高得点を取ることも難しくありません。公務員試験の受験を考えている人は、ぜひ今回ごランキングで紹介した公務員試験用参考書を使って、効率良く試験対策をしてみましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年01月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

幼児用英語教材の人気おすすめランキング10選

幼児用英語教材の人気おすすめランキング10選

本・CD・DVD
大学受験対策用国語参考書の人気おすすめランキング15選【漢文・現代文・古文】

大学受験対策用国語参考書の人気おすすめランキング15選【漢文・現代文・古文】

本・CD・DVD
地方公務員試験対策参考書の人気おすすめランキング15選【過去問に強くなる】

地方公務員試験対策参考書の人気おすすめランキング15選【過去問に強くなる】

本・CD・DVD
無機化学参考書の人気おすすめランキング10選【勉強法もご紹介】

無機化学参考書の人気おすすめランキング10選【勉強法もご紹介】

本・CD・DVD
【初心者から上級者まで】洋書の人気おすすめランキング10選

【初心者から上級者まで】洋書の人気おすすめランキング10選

本・CD・DVD
TOPへ