サスペンス映画の人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

記事ID9878のサムネイル画像

サスペンス。それは宙づりを意味する言葉で、ドキドキハラハラさせる緊張感のあるジャンルです。そんなサスペンス映画を好きな人も多いでしょう。本記事ではおすすめのサスペンス映画を洋画、邦画、アジア映画問わず、王道のものから隠れた名作までランキング形式で紹介します。

先が読めないサスペンス映画の魅力

サスペンス。それは元は宙づりを意味する言葉です。それが転じてドキドキハラハラするような『人の心を宙づりにする』という意味でつかわれるようになりました。謎があり、先が読めないスリルは誰もが味わったことがあるでしょう。

 

当然、サスペンスと一言に言っても様々なサスペンス映画が存在します。ちょっとコミカルなものからオカルトに片足をつっこんだもの、社会派映画や恋愛ものまで、幅広い魅力があるのがサスペンスの魅力の一つでしょう。

 

本記事ではそんなおすすめ幅広い魅力を持つサスペンス映画を、よりわかりやすく紹介するために『製作国』『サブジャンル』『監督』などを基準に選んでいきたいと思います。記事の最後ではサスペンス映画の選び方についても触れているので是非参考にしてみてください!

人気のおすすめサスペンス映画ランキング15選

15位

Happinet

殺人者の記憶法

価格:3,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

元連続殺人鬼VS連続殺人鬼

世界的に見ても、最もサスペンス映画を作るのがうまい国は韓国でしょう。そんな韓国で人気のサブジャンルの一つが連続殺人鬼ものです。『殺人者の記憶法』は、アルツハイマーの元連続殺人鬼が主人公という異例に作品です。

 

もうこの設定だけで人を惹きつけるサスペンスフルな魅力があるでしょう。本作はそれだけにとどまらず、主人公の前に新たな連続殺人鬼が登場します。その男は、なんと主人公の娘を狙っているのです。元連続殺人鬼VS連続殺人鬼という夢の対戦カードが実現します。

製作国韓国監督ウォン・シニョン
主演ソル・ギョング

口コミを紹介

素晴らしい構成。アルツハイマーの本人を視点とするので、見ているこちらも何が真実かわからなくなるが、それがまたはらはらどきどきを生む。
ありきたりな最後と思いきや二転三転。
最後まで楽しませてくれる。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

孤狼の血

価格:4,228円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の送るノワール・サスペンス

『孤狼の血』は柚月裕子による長編警察小説シリーズの映画化で、役所広司と松坂桃李主演で話題となった作品です。今の日本では考えられないほどの濃厚なノワールとバイオレンスが楽しめる映画です。

 

そんな『孤狼の血』は日本アカデミー賞で数多の賞を受賞した他。アジアン・フィルムアワードで主演男優賞を受賞しました。役所広司と松坂桃李の煮えたぎるような熱演は必見の映画です。

製作国日本監督白石和彌
主演役所広司/松坂桃李

口コミを紹介

映画館にも見に行きましたが、見返したくて購入しました。また、今の時代にはなかなか作れなくなっている激しい描写に限界まで挑戦していて、目を覆いたくなるシーンも多いですがその分見応えあります。主演の役所さんの演技がハンパないです。それに食われる事なく応えられる松坂さんの演技も必見です。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

TCエンタテインメント

ミッドナイト・ランナー

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

主人公は警察学校の未満警官!

『ミッドナイト・ランナー』は警察学校の学生が主人公の映画で、休日にたまたま誘拐事件を目撃した凸凹コンビが少女を救うために奔走する映画です。この一本にサスペンスだけでなく、友情、成長など青春が詰まった珠玉の一本です。

 

本作は韓国映画ですが、このたび日本で中島健人と平野紫曜のコンビで『未満警察』というタイトルでリメイクされます。そういった意味でも今一番も逃せない青春サスペンス映画でしょう。

製作国韓国監督キム・ジュファン
主演パク・ソジュン/カン・ハヌル

口コミを紹介

パク・ソジュンが好きで映画を観に行きました。映画館でも声を出して笑ってしまうほど面白かったです。自分の物にしたくって買いました。絶対に観るべき!シーズン2があるらしいみたいで楽しみです!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

スリー・ビルボード

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

憎しみの在り処を問うサスペンス

『スリー・ビルボード』は娘を殺された母親ミルドレッドが、進展のない警察に業を煮やして田舎道に通る巨大な三つの看板に警察署長への痛烈な批判を掲載したことから始まるサスペンス映画です。

 

憎しみのまま暴走していくミルドレッドに、彼女を疎ましく思う警察など。様々な思惑が絡み合ってこちらの全く予想のつかない展開の連続はまさにサスペンスフル。アカデミー賞主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンドの演技も必見です。

製作国アメリカ監督マーティン・マクドナー
主演フランシス・マクドーマンド

口コミを紹介

圧倒的に面白い。他の追随を許さない。こんな映画を観てしまったら、もう生半可な作品なんて観られない!人間だもの、みんな違ってみんないい(笑)この映画の主要キャスト、全員パーフェクト!素晴らし過ぎます。空気なんか読まない本心の怒り、あぁ〜とても一筋縄では行かない!うぅー傑作。私は絶賛します!

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

キングレコード

ビースト・ストーカー/証人

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香港ノワールの超傑作サスペンス

『ビースト・ストーカー/証人』は香港ノワールの傑作サスペンスです。少女を誤って死なせた刑事が、その少女の妹の誘拐を阻止するために奔走します。一方少女を誘拐した誘拐犯は病気の妻を救うためにマフィアの言いなりになるしかないのです。

 

本作はそんな二人を軸に物語を展開していきます。どちらにもやらねばならぬ理由があり、どっちへ転ぶかわからない展開は非常にハラハラさせられます。香港映画の熱量と作りこみを知れる、傑作ノワール・サスペンス映画です。

製作国香港監督ダンテ・ラム
主演ニコラス・ツェー

口コミを紹介

主演のニコラス・ツェーが凄くよかった。完全にハマり役だと思います。
ストーリーは苦く、苦しく…だが、人と人との間に芽生える優しさが描かれている。
ダンテ・ラム監督の作品は哀しみに満ちているが、人間をあきらめていない。
私はそこに、惹かれてやまない。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Happinet

犯罪都市

価格:4,228円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マ・ドンソク二の腕炸裂サスペンス!

今現在、韓国の俳優の中で最も世界的に人気のある俳優は誰でしょうか。それは『マ・ドンソク』です。彼は韓流で良く見るようなイケメンではないです。肩幅が広く厳つい顔つきで丸々としており、チャーミングな魅力を持つ俳優です。

 

男気を擬人化したような存在感を持つマ・ドンソクが振るう強烈なビンタはマフィアを必ずワンパンで沈めます。その衝撃的なスタイルをごん太の二の腕で説得力を持たせる唯一無二の俳優です。ストーリーも勧善懲悪もので見やすく、おすすめできる映画です。

製作国韓国監督カン・ユンソン
主演マ・ドンソク

口コミを紹介

主役刑事がドウェインジョンソンばりに破壊力があり、拳銃も武器も一切使いません!
あのゴツい身体を使った肉弾戦が炸裂です!!極悪犯罪組織を肉弾で潰して、見終わった時には、さっぱりします!!韓国映画は、アジョシのように、極悪組織に正義が立ち向かい、潰す!!てストーリーが好きで、見ててとてもスッキリします!!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ジェネオン・ユニバーサル

レザボア・ドッグス

価格:7,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クエンティン・タランティーノ初監督作!

『レザボア・ドッグス』は当時28歳だったクエンティン・タランティーノ初監督作のインデペンデント映画で、カンヌ国際映画祭に選出されるなど、多大な評価を受けたサスペンス映画です。

 

銀行強盗の集団に潜入捜査官が紛れ込むというシチュエーションと、時間操作を操作した構成で低予算ながら息もつかさぬサスペンスな展開をしており、2005年にEmpireが選ぶインデペンデント映画50選で1位に選ばれるほどの名作です。

製作国アメリカ監督クエンティン・タランティーノ
主演マイケル・マドセン/クエンティン・タランティーノ他

口コミを紹介

何度見てもやっぱり面白く、タランティーノのファンになったきっかけの1本。スピルバーグの「激突」のようにシンプルだけどストーリー展開は予測不能、そこが返って映画の世界にのめり込み十二分に楽しませてくれる、Simple is best!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

キングレコード

コクソン哭声

価格:2,362円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全てが予測不能のオカルト・サスペンス・ホラー

この世で最も予測不能な映画があるとしたら『コクソン哭声』でしょう。コクソン哭声はジャンル分けが非常に難しい作品です。サスペンスでありホラーであり、なんともいえぬ恐ろしい映画となっています。

 

そんな『コクソン哭声』では恐怖の象徴として國村準が出演しています。その恐怖の演技は韓国国民を恐怖のどん底に陥れました。そのため、國村準は韓国の映画祭で唯一外国人でありながら助演男優賞をとっています。強烈な映画体験ができる必見の恐怖の一本です。

製作国韓国監督ナ・ホジン
主演クァク・ドウォン

口コミを紹介

あーダメだ!何日経ってもこの映画が頭から離れない!完全に騙されるし惑わされるし、猟奇的かなと思えばオカルト的な映画になるし、まさかのウオーキングデッドと思えばガーンと!全く違う展開になるし、あーそういう事かと思えばまた違う解釈もかんがえられるし。謎だらけ!なのに引き込まれる至極の映画体験でした。汗だくでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

ファイト・クラブ

価格:1,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

脳髄を揺さぶるどんでん返しサスペンス!

これほど見る者に脳髄を揺さぶるほどの衝撃を与える映画もそうそうは存在しないでしょう。『ファイト・クラブ』は不眠症の男ジャックが謎の男タイラーと出会ったことからはじまります。

 

やがて二人はファイト・クラブを結成しますが、それが予想のつかぬ事態を引き越します。強烈な展開。強烈な台詞回し。強烈なキャラクター。強烈なメッセージ。本作を一言で言い表すことは不可能ですが、あなたの人生観に深い傷跡を残す可能性を持った映画です。

製作国アメリカ監督デヴィッド・フィンチャー
主演エドワード・ノートン/ブラッド・ピット

口コミを紹介

見終えた後に「すごいものを見てしまった」と呆然とし、しばらく頭の中で離れなくなり、伏線を回収しようと2回目を見てしまいます。その後、良さを噛みしめ3回、4回目と何度も見てしまう、中毒性の高い映画です。
一生モノの映画に出会いたい方にどうぞ。「どうだ、人生変わっただろ?」

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

96時間

価格:763円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

間違いなしの傑作サスペンスアクション!

これを見ておけばまず間違いないという完成度を誇るサスペンス・アクションの傑作。それが『96時間』です。娘を誘拐された元CIAの父親が鍛え抜かれたスキルを活かして誘拐組織を壊滅させていく痛快娯楽作です。

 

娘が誘拐組織に拉致されるというサスペンスと、元CIAのプロフェッショナルがどう難局を乗り切るかというサスペンス。二つのサスペンスがあります。誰もが楽しめるサスペンス・エンターテインメントです。

製作国アメリカ/フランス監督ピエール・モレル
主演リーアム・ニーソン

口コミを紹介

物凄い緊張感に支配され、一気に見終わる筋肉質のドライバイオレンス映画。極限まで切り落とされた構成と場面展開、無駄を一切省いたストーリーがあり得ないものをリアリティに変えてゆく。カメラワークも秀逸な、リュックベッソン流バイオレンスに乾杯!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位
アイテムID:5480985の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5480985の画像1枚目

暗戦 デッドエンド

価格:1,980円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しくも儚い対立する二人の男の友情

『暗戦 デッドエンド』は香港ノワールの巨匠・ジョニー・トー監督作です。余命いくばくもない男が仕掛けた銀行強盗事件と、それを追う刑事。二人のライバル関係と儚い友情を描いた傑作サスペンス映画です。

 

ジョニー・トー特有の美意識とロマンスがこれでもかというくらい詰め込まれており、儚くとも熱い一本となっています。余命少ない男が何のために銀行強盗を起こし、刑事との紺ゲームをはじめたのか。決して目の離せない作品となっています。

製作国香港監督ジョニー・トー
主演アンディ・ラウ

口コミを紹介

今までにこんなにクールな華仔(劉徳華)を観た事はありません。華仔の演技もさることながら、カメラワークも抜群です。無駄を一切削ぎ落とした逸品。
アンディ・ラウファン・香港映画ファンでは無くとも、引き込まれてしまう作品です。
絶対に鑑賞後に唸ってしまうこと請け合いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位
アイテムID:5481071の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5481071の画像1枚目

チェイサー

価格:6,643円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナ・ホジン初監督作

サスペンス大国である韓国。その中でも人気ジャンルの一つが連続殺人鬼ものです。本作もまた、実際に起こった事件を元にした映画で、元刑事にして娼婦の元締め(ポン引き)である主人公が、連続殺人鬼を逮捕するために奔走します。

 

この事件は元刑事のポン引きと連続殺人鬼に捕まった娼婦。二人の視点を交互に交えながら進みます。そのため、ナ・ホジン初監督作でありながら異様な緊張感と完成度を持つ強烈なサスペンス映画に仕上がっています。

製作国韓国監督ナ・ホジン
主演キム・ユンソク

口コミを紹介

9人殺害にビックリしました。今テレビで報道されている殺人事件とそっくりなので驚きながら観ていました。死体がどこに埋められているのか?生き残った売春婦の命は?釈放されてしまう容疑者の次の行動は?
映画が始まってから最後まで、中だるみも無く最後まで鑑賞できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
アイテムID:5481114の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5481114の画像1枚目

Happinet

ドラッグ・ウォー 毒戦

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中国警察VS麻薬密売組織の毒を毒で洗う争い

香港映画の巨匠・ジョニー・トー監督の傑作サスペンス『ドラッグ・ウォー 毒戦』は中国警察と麻薬密売組織との血も涙もない闘争を描いた映画です。ロマンチックな作風の暗戦に対して、こちらは非常にドライな作風となっています。

 

非常な警察に邪悪な麻薬密売組織。どちらにも徹底的に感情移入させないことでかえって奇妙なバランスが生まれ、どちらへ転ぶかわからない緊張感が生まれます。香港映画の巨匠・ジョニー・トー監督の力量を感じることのできる大傑作です。

製作国中国/香港監督ジョニー・トー
主演スン・ホンレイ/ルイス・クー

口コミを紹介

凄い映画です
特に中盤以降聾唖の兄弟の戦闘力は凄まじいです
ラストほぼ登場人物全員死亡の香港アクション映画 
デッドポイントが気に入った方々は必見です!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
アイテムID:5481132の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5481132の画像1枚目

株式会社ツイン

ベテラン

価格:2,528円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クソ御曹司VS人情派ベテラン暴力刑事!

サスペンス映画はその作風から暗い作品になりがちな傾向にありますが本作『ベテラン』は鼻持ちならない大企業の御曹司の鼻を明かす刑事の活躍を描いた痛快娯楽作となっています。韓国の世相を反映した映画で、歴代動員数5位を記録するほどの大ヒットとなりました。

 

全編非常に明るい作風に満ちていながら、決してコメディに寄りすぎず、停滞した空気をぶち壊すようなエネルギーに満ち溢れた作品です。最初から最後まで飽きない極上のサスペンス・エンターテインメントです。

製作国韓国監督リュ・スンワン
主演ファン・ジョンミン

口コミを紹介

いやぁ、これ痛快でした!ユアインが初の悪役を演じていますが、これがなかなかどうして、ハマリ役で、天晴れです。さすがの演技力!(^ ^)
主演のファンジョンミンも味のある刑事役熱演でこの2人の対決が凄すぎ!
気分がスカッとあがりたい方にオススメです(^_−)−☆

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
アイテムID:5481570の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5481570の画像1枚目

Happinet

ウインド・リバー

価格:4,180円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

極上の緊張感

今現在最も評価されているハリウッドの脚本家と言えばテイラー・シェリダンでしょう。『ボーダーライン』や『最後の追跡』などを手掛けたそんな彼の初監督作が本作『ウインド・リバー』です。実在の事件を元にした映画です。

 

極寒のアメリカ先住民居留地という土地的にも法的にもクローズド・サークルである場所で、一人の少女が雪原のど真ん中で死体となって発見されます。アメリカの持つ闇に切り込む、強烈かつ痛烈なサスペンス映画です。

製作国アメリカ監督テイラー・シェリダン
主演ジェレミー・レナー

口コミを紹介

シリアス作品を探しており、高評価のこの作品に行き当たる。そして期待を裏切らない名作。緊迫感がずっと続き、ラストの方で一気に大きな動きが起きる。実話という点が、衝撃と心の痛みを与える。
部屋で一人で観たが、しばらく動けなかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

サスペンス映画の選び方

サスペンス映画の歴史はとても古く、サスペンス映画には数多くのジャンルが存在します。本項ではサスペンス映画を選ぶときに参考するようなポイントを紹介します。

製作国で選ぶ

国によって映画の特徴は色濃くでます。どれがナンバー1とかはなく、どの国もとてつもなく面白いサスペンス映画が数多く存在します。

日本のサスペンスを楽しみたいなら邦画

邦画とは日本映画全般のことを指す言葉です。日本のサスペンスは多いですが、世界的に評価されているものは昔の作品を除いてあまり多くはありません。しかし、それでも中には評価の高い傑作映画は多いです。

 

特に日本は原作小説や原作漫画が豊富で、様々な映画を作れる土壌があると言えます。また、今では韓国映画、香港映画に後れを取っているのが現状ですが、今後に期待を持てるのが邦画です。

熱量のあるサスペンスを楽しみたいなら香港映画

香港映画といえばカンフー映画を想像する人が多いでしょう。しかし、香港映画において評価の高いジャンルの一つが香港ノワール。香港の黒社会を舞台にした映画です。サスペンスフルバイオレンスなノワール展開が魅力です。

 

そのため、香港映画にはノワール映画の名手がたくさんそろっています。ハリウッドでも活躍するジョン・ウー監督や数多くの名作を作り出すジョニー・トー監督。繊細な作風のウィルソン・イップ監督など。魅力的な監督が殆どです。

今話題の韓国映画

今現在、世界から大きな注目を浴びているのが韓国映画でしょう。その理由の一つはポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞など主要な賞を総なめにしたからです。

 

しかし、韓国映画は『パラサイト』だけではありません。そもそも韓国において『パラサイト 半地下の家族』は数多くの面白いサスペンス映画の一つに過ぎないのです。そんな韓国映画の得意分野はバイオレンスとサスペンス。面白い映画は見たければ韓国映画です。

ハラハラドキドキの大作を楽しみたいならハリウッド映画

世界一の映画産業と言えばハリウッド映画でしょう。ハリウッド映画は特別サスペンスが得意というわけではありません。強いて言えば、全てのジャンルにおいて強烈なクオリティを持つということです。

 

そんなハリウッド映画のサスペンスが面白くないわけがありません。当然、名作が数多く存在します。説明不要の絶大な信頼感。それを持つのがハリウッド映画でしょう。ハリウッド映画ならば、まず外れはないでしょう。

サブジャンル

サスペンスには幅広い魅力があり、それを一つに絞ることはできません。そのため、サブジャンルで細分化する必要があります。

ゾクゾクとした寒気を味わいたいならオカルト・サスペンス

サスペンスの魅力と言えば、真実がわからずハラハラさせるような展開が魅力の一つです。オカルト・サスペンスは、「これは超常現象なのか? それとも人の仕業なのか?」といった点で人をハラハラさせることができます。

 

どっちに転ぶかは作品次第ですが、そのハラハラドキドキ感が無駄になることはありません。オカルティズムが好きな人におすすめできるジャンル。それがオカルト・サスペンスでしょう。

人の生み出す狂気にゾクゾクしたいならサイコ・サスペンス

幽霊やゾンビより人の生み出す狂気が最も怖い。そんな人も多いでしょう。そういった恐怖や狂気をサスペンスにまで昇華したジャンルがサイコ・サスペンスです。狂気に侵されたリアルな恐怖を味わうことができます。

 

サイコ・サスペンスにつきものなのが連続殺人鬼の存在でしょう。狂気につかれた殺人鬼は人目もはばからず殺戮を楽しみます。そして何より恐ろしいのが、そういった連続殺人鬼ものには実話が多いことです。

スカッと楽しみたいならサスペンス・アクション

サスペンス・アクションはサスペンスにヒーロー的な主人公を置いた作品で、アクションシーンが多いのが特徴です。主人公の多くは刑事やCIAの特殊工作員など、特別なスキルを持つキャラクターです。

 

そういった作品はサスペンスのハラハラドキドキ感もありますが、何より痛快なのはヒーロー的な主人公が難局を乗り切るところでしょう。主人公が次にどういった行動をとるのか?そういった期待もまたサスペンスでしょう。

切なく感動できる作品も多い恋愛サスペンス

スリルのあるサスペンス要素を持ったラブストーリーを描く恋愛サスペンス。どろどろの愛憎劇が繰り広げられる重い作品から、犯罪者に恋をしてしまう切ない逃避行ものなど作品によって振れ幅が大きいため、あらすじを見て選ぶと失敗が少ないです。

 

そうは言ってもサスペンスはその性質上、先にネタバレしてしまうと楽しみが半減してしまいます。美しい純愛ものだと思って見ていたら、最後に大どんでん返しが起こり後味のよろしくないラストを迎えるのもまたサスペンスの醍醐味ですよ。

世の中に一石を投じる社会派サスペンス

社会派サスペンス実際の社会問題をテーマにしたサスペンス作品。AIなどのテクノロジーや資源問題から、犯罪、権力問題や貧困など様々な事柄を扱った作品があります。表現の自由な映画作品ならではの切り口で世の中に一石を投じる姿勢も魅力です。

 

また、ノンフィクションや実話をもとにして制作された作品も多いのが特徴です。鑑賞した後は元の事件や問題について調べてみるのも楽しみ方のひとつですよ。

監督で選ぶ

映画は監督によって決まると言っても過言ではないでしょう。本項ではサスペンスの名手と言える監督を紹介します。

大どんでん返しの名手、デヴィッド・フィンチャー

ハリウッドを中心に活躍するサスペンス映画の名手と言えば、やはりデヴィッド・フィンチャーでしょう。彼は『ファイト・クラブ』に代表されるように、大どんでん返しの名手でもあります。

 

また、デヴィッド・フィンチャーは色調を抑えた絵作り、センスを感じる構成力が評価された監督です。そんな彼の作った映画は名作と呼ばれる作品が多く、サスペンスのみにとどまらない活躍を繰り広げる名監督です。

香港ノワールの巨匠、ジョニー・トー

香港映画界を代表する映画監督と言えば、ジョニー・トーでしょう。数多くの名作を手掛けたまさに巨匠クラスの監督で、ノワールかつサスペンスフル、そして男の友情をロマンチックに描く唯一無二の映画監督です。

 

一方、幅広い作風を持つジョニー・トーはドライな作風も得意としています。中国との共作で手掛けた『毒戦/ドラッグ・ウォー』は高い評価を得ており、韓国でもリメイクされました。アジアのみならず世界的に高い評価を得ている映画監督です。

サスペンスの王様、ナ・ホジン

今や韓国映画界で最も世界的に注目されているのはポン・ジュノ監督ですが、もう一人、注目されているサスペンス映画の名手がいます。それはナ・ホジンです。初監督作である『チェイサー』からサスペンスフルで完成度の高い映画を作る監督です。

 

最新作『コクソン/哭声』ではオカルト・サスペンスで驚異的な恐怖を生み出し、国内外問わず多くの人を虜にし、ギレルモ・デル・ドロ監督ですら絶賛しています。日本ではまだ注目している人はあまり多くはないですが、まちがいなくおすすめできる映画監督です。

人気サスペンス映画のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5481570の画像

    Happinet

  • 2
    アイテムID:5481132の画像

    株式会社ツイン

  • 3
    アイテムID:5481114の画像

    Happinet

  • 4
    アイテムID:5481071の画像

  • 5
    アイテムID:5480985の画像

  • 6
    アイテムID:5478690の画像

    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

  • 7
    アイテムID:5478600の画像

    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

  • 8
    アイテムID:5478573の画像

    キングレコード

  • 9
    アイテムID:5478536の画像

    ジェネオン・ユニバーサル

  • 10
    アイテムID:5478515の画像

    Happinet

  • 11
    アイテムID:5478496の画像

    キングレコード

  • 12
    アイテムID:5478458の画像

    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

  • 13
    アイテムID:5474181の画像

    TCエンタテインメント

  • 14
    アイテムID:5474107の画像

    TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

  • 15
    アイテムID:5474023の画像

    Happinet

  • 商品名
  • ウインド・リバー
  • ベテラン
  • ドラッグ・ウォー 毒戦
  • チェイサー
  • 暗戦 デッドエンド
  • 96時間
  • ファイト・クラブ
  • コクソン哭声
  • レザボア・ドッグス
  • 犯罪都市
  • ビースト・ストーカー/証人
  • スリー・ビルボード
  • ミッドナイト・ランナー
  • 孤狼の血
  • 殺人者の記憶法
  • 特徴
  • 極上の緊張感
  • クソ御曹司VS人情派ベテラン暴力刑事!
  • 中国警察VS麻薬密売組織の毒を毒で洗う争い
  • ナ・ホジン初監督作
  • 美しくも儚い対立する二人の男の友情
  • 間違いなしの傑作サスペンスアクション!
  • 脳髄を揺さぶるどんでん返しサスペンス!
  • 全てが予測不能のオカルト・サスペンス・ホラー
  • クエンティン・タランティーノ初監督作!
  • マ・ドンソク二の腕炸裂サスペンス!
  • 香港ノワールの超傑作サスペンス
  • 憎しみの在り処を問うサスペンス
  • 主人公は警察学校の未満警官!
  • 日本の送るノワール・サスペンス
  • 元連続殺人鬼VS連続殺人鬼
  • 価格
  • 4180円(税込)
  • 2528円(税込)
  • 円(税込)
  • 6643円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 763円(税込)
  • 1000円(税込)
  • 2362円(税込)
  • 7500円(税込)
  • 4228円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 4228円(税込)
  • 3100円(税込)
  • 製作国
  • アメリカ
  • 韓国
  • 中国/香港
  • 韓国
  • 香港
  • アメリカ/フランス
  • アメリカ
  • 韓国
  • アメリカ
  • 韓国
  • 香港
  • アメリカ
  • 韓国
  • 日本
  • 韓国
  • 監督
  • テイラー・シェリダン
  • リュ・スンワン
  • ジョニー・トー
  • ナ・ホジン
  • ジョニー・トー
  • ピエール・モレル
  • デヴィッド・フィンチャー
  • ナ・ホジン
  • クエンティン・タランティーノ
  • カン・ユンソン
  • ダンテ・ラム
  • マーティン・マクドナー
  • キム・ジュファン
  • 白石和彌
  • ウォン・シニョン
  • 主演
  • ジェレミー・レナー
  • ファン・ジョンミン
  • スン・ホンレイ/ルイス・クー
  • キム・ユンソク
  • アンディ・ラウ
  • リーアム・ニーソン
  • エドワード・ノートン/ブラッド・ピット
  • クァク・ドウォン
  • マイケル・マドセン/クエンティン・タランティーノ他
  • マ・ドンソク
  • ニコラス・ツェー
  • フランシス・マクドーマンド
  • パク・ソジュン/カン・ハヌル
  • 役所広司/松坂桃李
  • ソル・ギョング

まとめ

サスペンス映画は映画の根源的な面白さのあるジャンルです。そのため、魂を揺さぶるような名作から痛快娯楽作まで数多く存在します。子供から大人まで老若男女楽しめるのがサスペンス映画です。本記事が少しでもサスペンス映画を見る手助けになれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ