機内持ち込み用スーツケースの人気おすすめランキング15選【軽量の商品も紹介】

記事ID9579のサムネイル画像

手荷物として機内持ち込みできるスーツケース。JALやANA、LCCといった航空会社にはサイズ制限があり、各ブランドから多くの製品が販売されているため、製品選びが難しいですよね。そこで今回は機内持ち込み用スーツケースのおすすめランキングと選び方をご紹介します。

機内持ち込み可能なスーツケースのサイズは異なるので注意!

飛行機で旅行や出張に出かける際に必須なのがスーツケースですが、手荷物として機内持ち込みできるスーツケースのサイズや容量などの制限を、ご存知ない方も少なくないでしょう。

 

スーツケースならどのようなサイズでも機内持ち込みできるわけではなく、実は航空会社や飛行機の席数によって、制限とルールが異なるので、スーツケースを購入する際は、注意して製品選びをしなくてはなりません

 

そこで今回は機内持ち込み用スーツケースの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

機内持ち込み用スーツケースの選び方

自分にあったスーツケースの選び方にはいくつかのポイントがあります。以下では自分にあった最適なスーツケースを見つけるためのポイントを解説していきます。

飛行機(航空会社)に合わせてサイズと容量を選ぶ

機内に持ち込めるスーツケースのサイズは飛行機会社で一定のサイズに定められているので、チェックしておきましょう。

100席以上の国内線なら3辺の長さ115cm(30L前後)

さまざまなタイプの飛行機がある中でも、100席以上の国内線の場合は3辺の長さの合計が115cmで容量にして30L前後のサイズがおすすめです。

 

全日空やJALの国内線の機内に持ち込めるスーツケースの大きさは、3辺のサイズが55×40×25cm、合計115cmで、重さにして10kgまでのスーツケースを1つまでと規定されています。

 

また、ピーチ航空は同じく3辺のサイズが115cmまでで、重さは7kgとされています。

100席未満の国内線なら3辺の長さ100cm(20L前後)

100席未満のいわゆるプロペラ機は、全日空ではボンバルディア社の機種で、東京-大島間、東京-三宅島間を往復しています。また、JALでは鹿児島や沖縄からの離島行きのほとんどがプロペラ機です。

 

このような100席未満のプロペラ機の場合には高さ45cm以内、横幅35cm以内、奥行20cm以内の3辺の合計が100cm以内と定められているので注意が必要です。

国際線は3辺の長さをチェック(30L~40L)

国際線については、航空会社それぞれによって定められたサイズに違いがあるので、各社のサイズをチェックする必要があります

 

JALは3辺の合計が203cm以内、全日空は158cm以内でそれぞれ23kg以内と定められています。ガルーダ・インドネシア航空は203cm、スリランカ航空とアメリカン航空、ユナイテッド航空、エールフランスなども158cmとなっています。

 

最も大きなサイズ規定になっているのがエア・カナダの292cmになっています。

LCCはサイズも重量も小さめのものを!(小型)

LCC各社の飛行機は大手航空会社の機体に比べて小さめのため、必然的に機内持ち込みスーツケースは全体的にサイズも重量も小さめになっています。

 

ピーチは50×40×25で重量7kg以内、バニラエアーは55×40×25で重量7kg以内、タイガーエアー台湾は54×38×23で重量10kg以内、ジェットスターは56×36×23で重量7kg以内など、各社でサイズ規定に違いがあります。

 

LCC各社の場合にはサイズも重量も小さめのものをチェックしましょう。

航空会社および飛行機によってサイズと容量が指定されているので、より詳細なサイズを知りたいという方は以下のホームページで確認してみるとよいでしょう。

用途や使い方に合わせてタイプで選ぶ

スーツケースは、用途や使い方によって選ぶタイプに違いが出てきます。以下ではそれぞれのタイプの特徴を紹介します。

耐衝撃性のある堅牢な「フレームハードタイプ」

フレームハードタイプは、本体をぐるっとフレームで囲っているタイプで安定感があり、頑丈にできているので空港で手荒に扱われても壊れることがなく、防犯性に優れているという特徴があります。また、密閉性が高いので雨などに似れても防水性が高いので安心です。

 

しかし頑丈な分、ファスナーハードタイプに比べて重く、完全に開けないと中の荷物が取り出せないので出先でちょっと取り出したい物があるときなどには不便を感じることがあるかもしれません。

 

重さよりもセキュリティー面や安定感を求めるならおすすめのタイプといえます。

容量も大きめでバランスの良い「ファスナーハードタイプ」

ファスナーハードタイプは、フレームハードタイプに比べて金属を使っていないぶん軽量にできており、全開させなくても少し開けて荷物を出し入れしやすいというメリットがあります。また、衝撃を吸収しやすく、本体部分が壊れにくいという特徴があります。

 

しかし止水機能がないものはファスナー部分から雨などの水分が入る可能性があり、さらにファスナー部分からカッターナイフなどでこじ開けられる可能性があるといったデメリットがあります。

 

取り出したい荷物をすぐに取り出せる機能と、軽さを追求したいという方にとってはもってこいなタイプです。

軽量でLCCにも女性にも最適な「ソフトタイプ」

ハードタイプが樹脂製なのに比べて、ソフトタイプは布製なので女性から大人気の抜群の軽さが特徴です。外側にポケットがある商品が多く、ガイドブックやタブレットなどの出し入れがとても便利です。

 

また、片開きなのでかさばるものも収納でき、パッキングの際にも場所をとりません。布製ならではの柔軟性があるので、多少無理しても荷物を詰め込むことができるのもソフトタイプが人気の点です。

 

しかし布製のため、鋭利なナイフなどで簡単に切られる恐れがあり、衝撃が中のものにまで伝わりやすく、壊れやすいものを入れるのには不向きです。また、本体に鍵がついていないものが多いので、付属の南京錠などの鍵で施錠する必要があります。

ビジネスにピッタリな機能を備えた「ビジネスキャリータイプ」

ビジネスキャリータイプは、コンパクトな小型サイズで、横長で高さが低く、移動で扱いやすいように設計された長いキャリーハンドルが特徴です。2輪タイプは一般的にキャスターが大きめにできており、キャスターが本体に埋め込まれるような形で設計されています。

 

4輪タイプは押しても引いても使えて小回りが効き、走行性が良いという特徴があります。また、横長タイプはビジネスユーザーなら必須の書類やモバイル機器などを取り出しやすく、機能的に収納できるようにポケットに工夫が凝らされています

 

長期海外出張でサブバッグとして持つ人も多く、安定して人気があります。

「最軽量2kg以下」のスーツケースは女性にも荷物が多い場合にもおすすめ!

女性にとってスーツケースで重要視しているのはとにかく軽い点という方も多いかと思います。機内持ち込みの場合は特に軽いという点がアドバンテージにもなります

 

2kg以下の最軽量スーツケースは意外にも荷物をたくさん入れることができ、特にソフトタイプは荷物が多いときにおすすめです。

 

女性で荷物が多いという時には2kg以下の最軽量スーツケースがおすすめです。

ブランドで選ぶ

どうしてもどのようなスーツケースを選べばよいのかわからないという方は、多くのユーザーが支持する信頼性の高い有名ブランドをチェックすることをおすすめします。

ドイツの伝統ブランド「リモワ(RIMOWA)」

リモワはドイツのスーツケースブランドで、1898年創業という古い歴史を持つ老舗ブランドです。もともとは牛革素材の製品が主流でしたが、現在では軽量性、強度といった面で優れ、最近ではポリカーポネート製のスーツケースが大ヒットしています。

 

そんなリモワのスーツケースはポリカーポネート性であることに加え、リブ加工が施さたことで15回の高層ビルから落としても中に入っているものを保護するという抜群の耐久性を誇ります。

 

また、凹凸のあるシルバーのスーツケースが有名で、スタイリッシュで高級感が漂うおしゃれなデザイン性も魅力です。

世界NO.1スーツケースブランド「サムソナイト(SAMSONITE)」

サムソナイトはアメリカ・コロラド州のデンバーでトランクと小型飛行機カバンの製造をスタートしたのが始まりです。革新的な技術と素材、そしてスタイリッシュなデザインを融合させた高品質なスーツケースは世界中のジェットセッターから支持を集めています。

 

サムソナイトのスーツケースは軽さと耐久性が抜群というメリットがあります。自社開発で特許を取得している素材の「カーヴ」を採用し、水より軽いポリプロピレンを薄いシート状にして何重にも重ねた構造で驚異的な軽量性を実現しています。

 

また、ポリカーポネートやABS樹脂などと比較しても非常に高い耐衝撃性があり、さらには凹んでも元に戻るという復元力も魅力です。

デザイン性豊かなスウェーデンの「イノベーター」

イノベーターの歴史は1969年に始まり、コペンハーゲンで開催された家具フェアに出品したチェアスタンスからスタートしました。シンプルかつ合理的なデザインであること、環境に優しくあること、遊び心を忘れない事をコンセプトに多くの人が共感、一躍脚光を浴びました。

 

そんなイノベーターのスーツケースは、北欧デザインらしいテイストが魅力で、機能性だけではなく、スーツケースにデザイン性の高さを求める方にもおすすめの有名ブランドです。

コスパ抜群で人気の「無印良品」

無印良品といえばシンプルなデザインと商品のクオリティの高さが魅力で、性別や世代を問わず老若男女から幅広く愛されています。そんな無印良品のスーツケースは、高いコストパフォーマンスに対する機能性の高さにあります。

 

高級なスーツキャリーにも搭載されていないことがあるキャスターロック機能までついています。またキャスター一箇所ごとにダブルキャスターになっているなどクオリティの高さも評判です。

 

また、フォルムもおすすめで、きれいな四角形をした無印良品のハードキャリーバッグは、見た目もスッキリとしていてスタイリッシュで、無駄のない洗練されたデザインは無印良品ならではです。

様々なニーズに応えてくれる「エース(ace.)」

エースは1940年創業の日本の老舗ブランドで、一時期はサムソナイトの製造販売などを請け負う日本代理店としても知られています。

 

エースのスーツケースは日本製という点が最大の特徴で、日本の伝統と品質を保ちながら、最先端の素材を使った軽量化や最先端技術を使い、操作性や静音性など細部にこだわりを持った、世界でもトップレベルの品質で知られています。

 

さまざまなシリーズが揃っており、どれを選べば良いのか迷ってしまいそうですが、逆に軽量なスーツケースや操作性の良いスーツケースなど、さまざまなニーズに応えてくれるという捉え方をすればメリットの部分といえます。

荷物にアクセスしやすい「フロントドア付き(フロントオープン)」もおすすめ!

フロントオープンタイプのスーツケースはスーツケースを立てたまま荷物を取り出せるというメリットがあります。スーツケースのフロント部分は大きく開くため、小物はもちろん、ノートパソコンなどの大きな荷物もフロントドアを開けるだけで出し入れができます。

 

機内に持ち込めるサイズが豊富に展開しており、機内に貴重品やノートパソコンなどを側に置いておきたいというビジネスマン、狭い場所でも場所を取らずに荷物の出し入れをしたい方に最適です。

「容量拡張機能付き」ならいざというときに便利!

容量拡張機能とは、ファスナーの開閉や、フレームの伸縮により、マチ幅を広げ、内容量を大きくできる機能です。この容量拡張機能を使うことで、旅行の際に多くのお土産を買ったり、出張の帰りに書類などの荷物が増えてしまっても収納できるというメリットがあります。

 

行きは荷物が少なく、帰りに荷物が増えてしまっても容量拡張機能がついていれば、荷物を全て収納できるので安心して使うことができます。

「キャスター部分」で静音性や操作性をチェックして選ぶ

キャスター部分は4輪と2輪に大きく分けられますが、荷物が軽い場合は2輪キャスターが扱いやすくおすすめです。また、静音性の部分に関しても2輪キャスターは4輪キャスターに比べて優れています。

 

4輪キャスターは重たい荷物の場合や平坦な道におすすめで、小回りが効くというメリットがあります。静音性については2輪キャスターに比べてうるさいかもしれませんが、静音キャスターを選ぶことで解消されます。

 

 

「ストッパー付き」なら電車も坂道も安心!

キャスタータイプのスーツケースは移動するのにとても楽ですが、反面、電車内や坂道でうっかり目を離してしまうと転がってしまいます。

 

そのような危険を未然に防いでくれる機能がストッパー機能です。スーツケースが勝手に動いて、他人にぶつかってケガをさせてしまっては大変です。

 

キャスタータイプのスーツケースにはストッパー機能がついているかをチェックすると、より安心して使うことができます。

リュックもOKだけど最大個数は1個まで!

全日空やJAL、スカイマーク、エアドゥなどは機内へ手荷物1個と観の周り品1個とその他を持ち込みことができるとしており、リュックは手荷物に含まれるため1個まで持ち込みが可能といえます。

 

サイズについてはユナイテッド航空は43×25×22cm以内、タイ国際航空は37.5×25×12.5cm以内という制限がありますが、日本国内の航空会社をはじめ多くの航空会社は大きさに制限を設けていません。

 

しかし、スーツケースと同じくらいのリュックは手荷物2個分としてカウントされるためと王常口で止められる可能性が高いといえます。

機内持ち込み用スーツケースのフレームハードタイプの人気おすすめランキング4選

4位

LNMLAN

スーツケース

価格:10,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

傷が目立ちにくいコーティング加工

半鏡面仕上げで傷が目立ちにくいコーティング加工を施し、高級なABS+PC混合樹脂を採用し、耐衝撃性や丈夫さなどの各方面の性能が向上したおすすめのスーツケースです。軽量アルミ製の多段階調整可能キャリーバー仕様で、機内持ち込みの可能です。

サイズ縦56×横38.5×奥行20.5cm容量35L
重量3.4kgカラーローズゴールド

口コミを紹介

機内持込用、一泊二日バックとして購入しました。年に数回出張時の移動に最適と思ってます。予想以上の良い品質で、キャスター音ほとんどしなくて、動きもものすごく滑らかです。出張等で活躍しそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

LEGEND WALKER(レジェンドウォーカー)

ハードフレームスーツケース

価格:13,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レッドドットアワード受賞

ボディ素材は驚くほど軽いポリカーボネートを100%使用、航空機や自動車、防弾ガラスの材料としても有名です。衝撃に強く、手で押せるほどソフトな質感も特徴です。また、アルマイト仕上げの最新フレームを採用し、深フレームなので歪みにくくなっています。

サイズ54×37×24cm容量31.5L
重量3.5kgカラーブラック/ピンク

口コミを紹介

とても綺麗な色と、丁寧な作り。淡いグリーンと白のコンビネーションがきれい。コスパよし。お店で探しても、気にいるものが見つからず、困ってましたが、最高の品に出会えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Preferred Innovation

スーツケース

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポリカーボネートを採用した抜群の耐久性

ポリカーボネートとアルミニウム、ABSを採用した耐久性抜群のスーツケースです。耐衝撃性だけではなく傷がつきにくいというメリットもあり、さらに静音性と耐久度を持ち合わせた8輪Wキャスターを搭載、360度自由自在に動かすことができる人気のスーツケースです。

サイズ39.5×22.5×58.5CM容量41L
重量3.4kgカラーシルバー

口コミを紹介

最近出張が増えてきて、見た目は重たそうに見えるけど、以外に軽かった。現物は写真通りおしゃれ。 これを選んで成功やった

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

RIMOWA

SALSA DELUXE HYBRID

価格:93,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐衝撃性は一般的なガラスの250倍以上

サルサシリーズのンかでも最も優れた機能性、豪華なデザインを採用した上級モデルです。フロントポケットなど実用性に優れた機能を装備し、耐衝撃性は一般的なガラスの250倍以上といわれるポリカーボネートを採用し、頑強かつ柔軟性も強化したスーツケースです。

サイズH:43cm/W:47cm/D:23cm容量32L
重量4.4kgカラーレッド

口コミを紹介

色が上品で気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

フレームハードタイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5440463の画像

    RIMOWA

  • 2
    アイテムID:5440495の画像

    Preferred Innovation

  • 3
    アイテムID:5440568の画像

    LEGEND WALKER(レジェンドウォーカー)

  • 4
    アイテムID:5440711の画像

    LNMLAN

  • 商品名
  • SALSA DELUXE HYBRID
  • スーツケース
  • ハードフレームスーツケース
  • スーツケース
  • 特徴
  • 耐衝撃性は一般的なガラスの250倍以上
  • ポリカーボネートを採用した抜群の耐久性
  • レッドドットアワード受賞
  • 傷が目立ちにくいコーティング加工
  • 価格
  • 93500円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 13800円(税込)
  • 10500円(税込)
  • サイズ
  • H:43cm/W:47cm/D:23cm
  • 39.5×22.5×58.5CM
  • 54×37×24cm
  • 縦56×横38.5×奥行20.5cm
  • 容量
  • 32L
  • 41L
  • 31.5L
  • 35L
  • 重量
  • 4.4kg
  • 3.4kg
  • 3.5kg
  • 3.4kg
  • カラー
  • レッド
  • シルバー
  • ブラック/ピンク
  • ローズゴールド

機内持ち込み用スーツケースのファスナーハードタイプの人気おすすめランキング4選

4位

Bonyage(ボンイージ)

スーツケース ファスナー式

価格:7,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独特でX型のボディが人気

樹脂+ABS樹脂を採用したハイブリッドボディ、超軽量で頑丈なボディーのスーツケースです。スーツケースのスタイルが独特で、X型のボディがおしゃれです。プッシュボタン式で、片手で簡単に操作ができ、段階調節することも可能です。

サイズ48.5×36×21cm容量37L
重量3.3kgカラーシルバー

口コミを紹介

スーツケース自体がとても軽いので、航空機の荷物重量制限を気にせずに物を入れられる。ローラーの動きもスムーズで扱いやすかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Coolife(クールライフ)

ファスナー式スーツケース

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

徹底的にこだわったコーナープロテクトを採用

徹底的にこだわったコーナープロテクトを採用し、ダメージを受ける部分をしっかりとガードして機能性とファッション性の両立を実現したおすすめのスーツケースです。ダブルキャスターは大口径にアップしたことでより走行安定性と耐久性が大幅にアップしています。

サイズ54×37×22.5 cm容量38L
重量2.9kgカラーネイビー

口コミを紹介

品質は良くて、長く使えそうな気がします。また、色は想像より上品感があって、出張とかに最適。物流も速いので、ちょうど来週の出張時に使って見たいです。いい感じだったら、今度、大きなサイズも買ってセットで使いたいと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Griffinland(グリフィンランド)

newFK10371

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心・丈夫で人気なYKK製ファスナー採用

さまざまな旅行からビジネスシーンまで幅広く使える軽量ファスナータイプのスーツケースです。安心・丈夫で人気なYKK製ファスナーを採用しているので壊れにくくて人気です。静音性・耐久性・機能性に優れた大口径キャスター搭載のコスパに優れたスーツケースです。

サイズ54×36.5×23.5cm容量32.4L
重量2.98kgカラーブラック

口コミを紹介

他の色々な製品やレビューを見ていると、この値段帯では耐久性が少し心配でしたが全く問題ありませんでした。内部はフラットで物を入れやすく、ファスナー付きの小物入れも3か所ありますから使い勝手も上々でした。容量の方もファスナーを開けることで増やせるのでお土産等も問題なく入りましたし、良い製品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ACE

クレスタ

価格:15,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エキスパンド機能付きのスーツケース

荷物が増えた時でも安心のエキスパンド機能付きのスーツケースです。通常時の容量は34Lですが、マチを広げると39Lまでアップします。また、エキスパンドした上部には隠しポケットを搭載し、外からも中からもアクセスできるおすすめのスーツケースです。

サイズH55×W35×D25/29cm容量34L
重量3.2kgカラーブラック

口コミを紹介

国内線、国際線どちらでも機内持ち込みできるサイズで重宝してます。
ポケットが沢山あり収納に役立ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ファスナーハードタイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5440647の画像

    ACE

  • 2
    アイテムID:5440674の画像

    Griffinland(グリフィンランド)

  • 3
    アイテムID:5440796の画像

    Coolife(クールライフ)

  • 4
    アイテムID:5440951の画像

    Bonyage(ボンイージ)

  • 商品名
  • クレスタ
  • newFK10371
  • ファスナー式スーツケース
  • スーツケース ファスナー式
  • 特徴
  • エキスパンド機能付きのスーツケース
  • 安心・丈夫で人気なYKK製ファスナー採用
  • 徹底的にこだわったコーナープロテクトを採用
  • 独特でX型のボディが人気
  • 価格
  • 15400円(税込)
  • 8980円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 7200円(税込)
  • サイズ
  • H55×W35×D25/29cm
  • 54×36.5×23.5cm
  • 54×37×22.5 cm
  • 48.5×36×21cm
  • 容量
  • 34L
  • 32.4L
  • 38L
  • 37L
  • 重量
  • 3.2kg
  • 2.98kg
  • 2.9kg
  • 3.3kg
  • カラー
  • ブラック
  • ブラック
  • ネイビー
  • シルバー

機内持ち込み用スーツケースのソフトタイプの人気おすすめランキング4選

4位

Samsonite

PFT MOBILE OFFICE

価格:10,260円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャスター付ビジネスバックは収納力抜群!

こちらのキャスター付きビジネスバックは収納力抜群で、細かなものを入れる小さなポケット、タブレットやパソコンを収納するための専用ポケット、ちょっとした出張の衣類、または営業の際にカタログ類や商品サンプルなども収納できます。

サイズ高さ38cm x 幅44cm x 奥行25cm 容量3.7kg
重量記載なしカラーブラック

口コミを紹介

上海に2泊の出張の為に購入しましたが、非常に便利でした。PCと資料とパスポート類の小物入れがちゃんと分れており、非常に出し入れに便利です。着替え類の入れるサイズもちょうど良いサイズで、非常に満足です。次の出張が待ち遠しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Beatas(ビータス)

BSC-20

価格:8,470円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすい機内持ち込みサイズ

国内線100席以上の航空機で機内持ち込みが可能なサイズです。前面は小物の入るジッパー式のポケットを2つ配置し、背面はガイドブックや新聞も入る大きめのポケットを1つ配置し、利便性を高めています。錆びにくいアルミニウム製で、軽量かつ耐久性に優れています。

サイズ54x37x24cm容量28L
重量3kgカラーブラック

口コミを紹介

数年前に買ってキャスターが消耗したので、2つ目を購入。1~4泊の出張にジャストサイズ。機内持ち込み可で、TSAもついているのでアメリカもOK。ポケットが多いので便利。かなり気に入っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Travelhouse(トラベルハウス)

ファスナータイプ スーツケース

価格:6,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で頑丈なボディーを実現

ABS+PC混合樹脂を採用して、軽量で頑丈なボディーを実現しています。しかもエンボス加工を施したものなので傷を防ぎます。荷物が露出しない密閉タイプのU字型ファスナーポケットで、整理に便利なメッシュポケット、型崩れを防ぐクロスベルトが付いています。

サイズ縦54×横34.5×奥行22cm容量34L
重量2.7kgカラーエメラルドグリーン+ベージュ
1位

Samsonite

アスフィア スピナー

価格:20,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中身が一目で分かるメッシュポケット

深さのあるフロントポケットには地図や大判のガイドブックなども収納でき、浅めの上側ポケットは携帯電話やチケットなど移動中すぐに取り出したいアイテムの収納に最適です。エキスパンダブル機能搭載で小回りの利くホイールが特徴です。

サイズ36×55×24cm容量39L
重量2.4kgカラーブラック

ソフトスーツケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5440836の画像

    Samsonite

  • 2
    アイテムID:5440934の画像

    Travelhouse(トラベルハウス)

  • 3
    アイテムID:5441040の画像

    Beatas(ビータス)

  • 4
    アイテムID:5441067の画像

    Samsonite

  • 商品名
  • アスフィア スピナー
  • ファスナータイプ スーツケース
  • BSC-20
  • PFT MOBILE OFFICE
  • 特徴
  • 中身が一目で分かるメッシュポケット
  • 軽量で頑丈なボディーを実現
  • 使いやすい機内持ち込みサイズ
  • キャスター付ビジネスバックは収納力抜群!
  • 価格
  • 20790円(税込)
  • 6580円(税込)
  • 8470円(税込)
  • 10260円(税込)
  • サイズ
  • 36×55×24cm
  • 縦54×横34.5×奥行22cm
  • 54x37x24cm
  • 高さ38cm x 幅44cm x 奥行25cm
  • 容量
  • 39L
  • 34L
  • 28L
  • 3.7kg
  • 重量
  • 2.4kg
  • 2.7kg
  • 3kg
  • 記載なし
  • カラー
  • ブラック
  • エメラルドグリーン+ベージュ
  • ブラック
  • ブラック

2kg以下の機内持ち込みスーツケースの人気おすすめランキング3選

3位

シーンプラスライト

価格:10,694円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく軽いハードスーツケース

重さ1.9kgととにかく軽いハードケースで、32Lの大容量は1泊~3泊分の荷物を収納することができます。国内線、国際線、LCCの機内持ち込みもできるお手頃サイズで、耐衝撃性、耐熱性、耐水性に優れた100%ポリカーボネート素材を採用し、手荒な運搬にも安心です。

サイズ23 x 33 x 54.5 cm容量32L
重量1.9kgカラーブラック

口コミを紹介

本当に信じられない位の軽さなのに入る入る!乾燥して一夜で洗濯物が乾く欧州8日間旅行の2-3日の着替えなら何も不自由もなく使えました。また「手荷物のみ」の欧州内の航空機にも何の問題もなく持込め最高!!昔の重くて大きくて頑丈なスーツケース持って歩いてた頃思い出すと夢のよう

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Samsonite

コスモライト スピナー

価格:66,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サムソナイト史上最軽量

わずか1.7kgというサムソナイト史上最軽量のスーツケースです。ボディに採用した特許素材であるカーヴは、衝撃や歪みに対し優れた耐性を持ち、同時に驚きの軽さを実現しています。また、これまでのスーツケースの世界観を変える独創的なデザインが魅力です。

サイズ45 x 55 x 20cm容量36L
重量1.7kgカラーシルバー

口コミを紹介

軽くて使いやすいです。
毎日着替える僕は、ビジホ泊まりで寝巻きがいらないとして、2泊3日の容量かなーと

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

RIMOWA

サルサエアー

価格:88,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツが誇る最軽量の逸品

サルサエアーシリーズの中でも1.9kgという最軽量のモデルです。軽量化を求めて改良を重ね、内層はメッシュポケットで仕切られ、さらにシリーズ初となる1本バーのテレスコープハンドルが特徴です。機能、値段、軽さに優れた人気シリーズです。

サイズ55x40x20cm容量34L
重量1.9kgカラーウルトラバイオレット

口コミを紹介

リモア少し大きめのを使っていますが国内用に機内持ち込みのできるものが欲しくて購入しました。バイオレットの色合いも綺麗で何より軽くて気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2kg以下の機内持ち込みスーツケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5440442の画像

    RIMOWA

  • 2
    アイテムID:5440858の画像

    Samsonite

  • 3
    アイテムID:5440876の画像

  • 商品名
  • サルサエアー
  • コスモライト スピナー
  • シーンプラスライト
  • 特徴
  • ドイツが誇る最軽量の逸品
  • サムソナイト史上最軽量
  • とにかく軽いハードスーツケース
  • 価格
  • 88800円(税込)
  • 66000円(税込)
  • 10694円(税込)
  • サイズ
  • 55x40x20cm
  • 45 x 55 x 20cm
  • 23 x 33 x 54.5 cm
  • 容量
  • 34L
  • 36L
  • 32L
  • 重量
  • 1.9kg
  • 1.7kg
  • 1.9kg
  • カラー
  • ウルトラバイオレット
  • シルバー
  • ブラック

スーツケースにはベルトやカバーを活用しよう!

スーツケースが万が一開いても安心なベルトや、スーツケースを傷や汚れから守るカバーを使用することでさらに安心してスーツケースを使うことができます。

スーツケースベルト

スーツケースベルトはスーツケースに巻き付けるベルトで、ロックが不完全だったり、なんらかなの衝撃で解除されてしまってもベルトで固定しておくことで中身が飛び出さないように守ってくれます。

 

また、目印にもなるため、ターンテーブルから出てくると自分のスーツケースを見つけやすいというメリットがあります。さらにスーツケースをベルトでがっちりと固定することで盗難犯を諦めさせることにも役立ちます。

 

以下の記事ではスーツケースベルトの選び方や人気でおすすめの商品を紹介しているので是非チェックしてみてください。

スーツケースカバー

お気に入りのスーツケースを傷や汚れから守りたいという方には、スーツケースカバーがおすすめです。

 

スーツケースカバーを使用することで、旅先でスーツケースが横転して傷がついてしまったり、雨や汚れからスーツケースや中身の荷物を守ることができます。

 

以下の記事ではスーツケースカバーの選び方や人気でおすすめの商品を紹介しているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

まとめ

ここまで機内持ち込みできるスーツケースの選び方を解説し、人気でおすすめのスーツケースをランキング形式で紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。飛行機に合わせたサイズ、用途や使い方、ブランドをチェックして、最適なスーツケースで飛行機の旅を楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ