ハンダゴテの人気おすすめランキング17選【おすすめのメーカーやアクセサリー用も紹介!】

ハンダゴテとは学校の授業やDIYでもお馴染みの工具。電子工作や電気製品の修理・アクセサリー作りなどが可能です。今回はそんなハンダゴテの選び方や人気商品をランキング形式でご紹介します。高級なプロ用から値段の安いもの、コードレスで使いやすいものまで比較検討しぜひ自分に最適な1本を探してください。

ハンダゴテを比較して最適な1本を選ぼう

学校の授業で使ったことがある方も多いハンダゴテ。一般家庭で使うのは難しそうというイメージがありますが、実は家庭でも使いやすく、初心者にもおすすめなハンダゴテも沢山あるんです。価格もさまざまでなんと100円ショップで手に入るハンダゴテもあります。

 

ハンダゴテはガス式や電源式・充電式のコードレス・プロ用などその種類はさまざまで、DIYやアクセサリー作りにも活躍します。いろいろな商品を比較検討して選ぶのがおすすめですが、選び方のポイントが分かりづらいですよね。

 

そこで今回はハンダゴテの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは性能や価格・口コミ・通販での売れ筋などを基準として作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。 

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

ハンダゴテのおすすめ

温度調節ハンダゴテ 14-in-1 電子作業用!

温度調節機能はダイヤル式で200℃~450℃で可能です。ハンダゴテはセラミックヒーターの採用で短時間で加熱しすぐに使えます。セット内容はケース付きの14点で、交換用コテ先5個、ハンダ吸い取り器も付き、コスパも良くおすすめ商品です。

温度調節 200~450℃ 質量 -
サイズ - ヒーター容量 60W
セット内容 はんだ・コテ先・吸引器など14点

ハンダゴテ入門セットのおすすめ

アクセサリー作りやDIYにおすすめ!他と比較してもコスパ抜群の14点セット

はんだごて本体・こて台・はんだ吸い取り器・交換用こて先5つ・はんだ線など充実の14点セットが魅力のハンダゴテセットです。1から物を揃えなくて良いので初心者に最適です。

 

200℃~450℃まで温度調節可能で、電気修理や家庭DIY、アクセサリー作りなど幅広い用途に使えます。

温度調節 200~450度 質量 480g
サイズ ヒーター容量 60W
セット内容 はんだごて本体・こて台・はんだ吸い取り器・交換用こて先5コ・掃除スポンジ・静電気防止ピン2コ・日本語取説明書・はんだ線・収納ケース

ハンダゴテの選び方

ハンダゴテも多種多様なものが製造販売されています。購入を考えている方の用途や使い方等もさまざまです。自分に合ったハンダゴテを見つけてください。

ヒータータイプで選ぶ

ハンダゴテはコテ先を加熱してその熱でハンダを溶かして利用するという道具です。ヒータータイプによる特徴を確認しましょう。 

値段が安いものなら「ニクロムヒーター式ハンダゴテ」がおすすめ

昔から使われているニクロム線は電気抵抗が大きいため、電気コンロや暖房器具、電気炉などに使用されています。発熱体としては最も簡単に作れるので安価です。現在は、鉄やクロム、アルミニウム等の合金が主流になっています。
 
なお、ニクロム線ヒーターの欠点は感電や火災、短寿命等々あります。実際のハンダゴテの構造は、AC電源からの供給電気でニクロム線で発熱させコテ部を加熱しています。構造的には放熱用に穴が空いています。熱のスピードは遅いものの、高温になるのが特徴です。

効率重視なら「セラミックヒーター式ハンダゴテ」がおすすめ

加熱するのはタングステン製のヒーターで、それを覆った形でセラミックがあり、熱をコテ部に伝えます。セラミック式のハンダゴテはニクロム式より小型で、通電後の加熱が早いため素早く作業にかかれます。
 
セラミック式の最大のメリットはコテ先の温度調整が可能ということです。ニクロム式は温度が一定ですから、はんだ付けによっていくつか用意する必要があります。ところが、セラミック式は1つあれば、200℃~500℃まで自由に調整ができます。

給電方式で選ぶ

ハンダゴテを選ぶときは給電方式をチェックしましょう。それぞれの特徴をご紹介します。 

ハイパワーが必要な方には「ガス式ハンダゴテ」がおすすめ

ガス式のハンダゴテは、内部に装てんされたガスによって加熱されます。AC電源は不要でコードレスのため、自由に場所が選べます。ガスの加熱は強力で15W~75Wまでの熱量があります。携帯性には優れるのですが、外気温や使用ガスによって熱量が変化するのが難しいポイント。
 
外では使うのが難しくても、室内ではウッドバーニングなどにはおすすめのハンダゴテです。本体とガスの値段が少々高め。しかし、使いやすさで補うことができます。使用ガスは、専用ガスやメーカー指定のガスを使うのが故障もなく得策です。

アクセサリー作りなど細かい作業ならコードレスの「電池式ハンダゴテ」がおすすめ

AC電源もガスも使えないときに重宝なハンダゴテが、電池式のものです。単三電池やニッケル水素電池などを使用します。熱効率は電源式に比べて少ないのですが、電子工作のハンダ付けには十分です。
 
携帯性の良さとコードが邪魔にならず作業できることが大きな魅力で、持ち運びたい方やアクセサリー作りや電気修理などの細かい作業を手軽に行いたい方におすすめです。
 
アルカリ電池での使用がおすすめですが、充電電池も充分使えます。値段も比較的安価で初心者の予備用としても活用できます。

連続使用時間が長いなら「ACアダプタ式」がおすすめ

ACアダプタ式のハンダゴテの利点は、安定した電力の供給を受けられることです。長時間作業しても電池切れやガス切れの心配がありません。集中し続けたい方におすすめです。また、種類が多いのでたくさんの商品から自分に合ったものを見つけることができます。 

形状で選ぶ

ハンダゴテの形状には主に2種類あります。特徴を知って、使いやすいものを選びましょう。 

ハンダ付けのしやすさ重視なら「ペン型(ストレートタイプ)」がおすすめ

ストレートタイプとも呼ばれるペン型のハンダゴテは、細かな作業がしやすいタイプです。学校で使うことの多いもので、見かけたことがある方は多いでしょう。ハンダ付けのしやすさで選ぶ方におすすめです。 

大きなものをハンダ付けするなら「ガンタイプ」がおすすめ

ガンタイプは拳銃のような形をしたハンダゴテ。握りやすく、力を加えやすいのが特徴です。大きなものを接合するときに活躍します。 

消費電力(ワット数)で選ぶ

ハンダゴテを選ぶ際は消費電力にも注目してみましょう。用途別に適した消費電力の目安をご紹介します。

精密プリント基板用ハンダゴテなら「30W程度」がおすすめ

精密プリント基板用のハンダゴテなら、30W程度のものがおすすめです。必要以上に出力が大きくならず、細かな作業がしやすいのが魅力。また、電力コストを抑えることにも繋がります。 

金属線を付けるなら「60W以上」のハンダゴテがおすすめ

金属のハンダ付けをする場合は、60W以上の出力が必要です。ニクロムヒーター式のハンダ付けがおすすめ。ニクロムヒーターは消費電力が大きいほど高熱が得られます。
 
また、バリエーションも多く、多種類のハンダゴテが製造販売されている商品です。金属線向けのハンダゴテが多数あります。

ステンレスに使うなら「100W以上」のハンダゴテがおすすめ

銅・真鍮・ブリキなどの金属には80W以上ステンレスには100W以上が最適です。また、80W以上の金属用のハンダゴテはコテ先の太いものがおすすめです。ステンレスの接合に使う予定がある方は、消費電力の大きいものを選びましょう。

初心者なら「温度調整機能付き」をチェック

ハンダゴテの用途はハンダを溶かすだけではありません。電子工作などでは、ハンダ付けがきちんとできなかったら電流が流れなくて作動しないこともあります。その出来具合は温度に左右されるためです。ハンダ付けはハンダの温度を250℃前後に保たねばなりません。
 
そのために、初心者の方には温度調整機能の付いたハンダゴテが人気であり主流。コテ先の温度はハンダに付けると下がり、途中で中断すると上がります。この上下する温度をうまくコントロールできるのが大変なのでこの機能が必要です。

付属品で選ぶ

ハンダゴテを選ぶ際は、付属品も確認しておくのがおすすめです。注目したい付属品をご紹介します。 

収納しやすいものなら「スタンドやケース付き」がおすすめ

ハンダゴテには、スタンドやケースがついている場合があります。スタンドは、使用中にハンダゴテを置きたいときに便利です。使用後に熱をさますときにも使えます。また、ケースがあれば、コテ先を保護しながら適切な状態で保管できるのでおすすめです。

 

特に、初めてハンダゴテを購入する方は、スタンドやケースがついているかを確認して選ぶといいでしょう。 

長期間使うなら「交換コテ先がセットになったもの」がおすすめ

ハンダゴテのコテ先は、使用するにつれて劣化していきます。長期間ハンダゴテを使い続けるなら、コテ先の交換が必要です。もともと交換用のコテ先がセットになったものを選べば、買い替えの手間を省くことができます。 

幅広い用途で使うなら「先端部分の形状」が多いものをチェック

ハンダゴテのコテ先は、使用用途に合わせて先端部分の形を変えることができます。一つのハンダゴテをさまざまな用途に使いたい場合は、対応する先端部分の形状が多いものを選ぶのがおすすめです。 

値段で選ぶ

ハンダゴテの値段の目安をご紹介します。購入時に参考にしてください。 

気軽に試してみたいなら「2,000円程度」がおすすめ

ハンダゴテは1,000円台から販売されています。「ちょっと試しに使ってみたい。でもいきなり高価なものは買えない」という方は、2,000円程度を目安にして探すのがおすすめです。扱いが簡単な商品が多数揃っています。 

本格的な電子工作ならプロ用高級な「5,000円以上」がおすすめ

「本格的にDIYや電子工作をするから、しっかりしたプロ用ハンダゴテが欲しい」という方には、5,000円以上の高級なものをおすすめします。本格的な接合や長期間の使用が可能なアイテムが揃う価格帯です。 

メーカー・ブランドで選ぶ

ハンダゴテ選びに迷ったら、有名メーカーやブランドのアイテムを選ぶのがおすすめです。定番のものをご紹介します。 

ホームセンターの定番アイテムなら「goot(グット)」がおすすめ

本格的な製作に使えるハンダゴテを販売しているメーカー・goot。扱う商品の種類が多く、幅広いのが特徴です。用途に合わせて最適なものを探したいという方におすすめ。 

Amazonで人気の日本製ハンダゴテなら「HAKKO(白光)」がおすすめ

Amazonなどで気軽に購入できるHAKKOのハンダゴテは、初心者の入門品におすすめ。日本の会社なので日本製にこだわる方にもおすすめです。IoT対応の商品などユニークで実用的な商品を多く取り扱っています。 

手頃な価格でハンダゴテを購入したいなら「DAISO(ダイソー)」がおすすめ

100円ショップのダイソーでもハンダゴテを扱っています。価格は100円ではなく400~500円しますが、それでも一般的なハンダゴテと比べると充分リーズナブルに手に入ります。とにかく安価に購入したい方や気軽に試してみたい方はぜひチェックしてみてください。

ハンダゴテの人気おすすめランキング14選

上級者や仕事でアクセサリー制作をしている方に最適

はんだ付けを繰り返してもハンダゴテの温度がほとんど下がらない熱回帰特性ESD対応仕様です。また、コテ先はパワーセーブ機能によって安定した温度が保たれます。

 

コテ部のコードは1.2mと余裕があるのも魅力。少々高価なので上級者や仕事でハンドメイド・アクセサリー制作している方にもおすすめです。

温度調節 200~450℃ 質量 1.2kg(コテ部30g)
サイズ 幅×奥行×高さ(8mm×131mm×130mm)コテ部133mm ヒーター容量 70W
セット内容 -

口コミを紹介

今まで使った半田器具とは比べられない。半田がとても楽しくなる使いさすさ。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量で使いやすい日本製のハンダゴテ

標準型の温度調整は250~450℃まで変更できます。その場の状況に応じた温度調節ができ高品質のハンダ付けが可能です。1.5mの3芯コードはアースピンプラグが付いていて安全に扱えます。コテ部が軽く長時間のはんだ付け作業も疲れません。

温度調節 250~450℃ 質量 267g(コテ部41g)
サイズ  幅×奥行×高さ(100㎜×85㎜×57㎜)コテ部126㎜ ヒーター容量 80W
セット内容 -

口コミを紹介

すぐに温度が上がるので、さっと使えて良いです。特に問題を感じたことはありません。温度設定もダイヤルを回すだけで簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

細い部分で簡単便利な電池式ハンダゴテ

単三電池3本でいつでもどこでもはんだ付け作業が可能です。充電池の使用もできコスパもGOOD。暗い場所でも前部のLEDが明るく周りを照らしてくれます。開始後約15秒で350℃に達し即作業ができ、本体はポケットに入れて持ち運びできます。

温度調節 - 質量 62g(電池除く)
サイズ 180㎜ ヒーター容量 8W
セット内容 こて先

口コミを紹介

電源が無い場所でも半田が使用でき助かっております。 ビル内での使用作業が殆どで屋外での使用はしておりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

多機能ハンダゴテ!交換用コテ先も付属

ブタンガス使用で携帯に便利なサイズです。加熱時間が短くガス充填時間も簡単。コテ先を変えることでヒートナイフ・ヒートガン・加熱へらなどの加熱器具としても重宝がします。ハンダゴテ以外にも手芸品の加工・加熱用としても便利です。

温度調節 - 質量 135g
サイズ 210㎜×34㎜ ヒーター容量 17ml(ガス容量)
セット内容 -

口コミを紹介

コードレスで作業できるガス式を購入車の配線作業に使用してますが、取り回し良いし電源必要なくとっても便利。今までのコテがいかに酷かったのかハンダ付けが簡単綺麗に出来るようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

威力重視の日本製ガス式ハンダゴテ

ブタンガスを約30秒で充填して45分間使用可能。ハンダゴテの時は580℃、ホットエアは625℃、ブロートーチは1300℃という温度が温度調節つまみで加減できます。

 

また、ワンタッチ着火スイッチにより片手で着火できるので作業効率も高く携帯性にも優れている点も魅力です。

温度調節 - 質量 147g
サイズ 223㎜ ヒーター容量 25~125W相当
セット内容 -

口コミを紹介

コンセントの無い屋外での作業に購入しましたが、小さく軽くてコードレスで取り回しもしやすく温まるのも早くて温度調節もできて、出てくる熱風でチューブも縮ませられて燃料も安くて、コンセントに刺しにいく手間もない…etc

出典:https://www.amazon.co.jp

日本製のトリガー・スイッチ付き即熱はんだこて

トリガー・クイックスイッチの強弱2段切り替えで90Wと15Wが使えます。ハイパワーセラミックヒーターの監視は通電確認ランプで簡単。

 

エルゴグリップは、手が小さい方でも長時間の作業が楽に行える設計です。はんだ付けの後は耐熱キャップで即収納できます。

温度調節 390℃・560℃ 質量 90g
サイズ 167㎜ ヒーター容量 15W・90W
セット内容 -

口コミを紹介

セラミックヒーターの立ち上がりの速さやガンタイプでの作業の安定感は知っていましたので、はんだこてとしての製品自体に文句はなく、私にとっては完璧な製品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

コードレスでアクセサリー・模型作りなど細かい作業に最適

電源は単3乾電池4本で6V、ニッケル水素乾電池4.8Vです。連続使用時間もアルカリ乾電池で約60分、ニッケル水素乾電池で約120分。

 

模型やラジコンなどのホビー用品をはじめアクセサリー作りやプリント基板のはんだ付けもでき、細かい作業でもコードが邪魔にならないのが魅力。コードレスの電池ケースはカートリッジ式です。

温度調節 - 質量 76g
サイズ 212㎜ ヒーター容量 600W・5W
セット内容 -

口コミを紹介

50年間交流の半田ごてを使用し電子工作を行ってきたが、電源の切り忘れの心配あり、この期に購入した。コードの制限なく、半田付けのイメージが変わった!但し、電源切り忘れの心配は変わらず。

出典:https://www.amazon.co.jp

温調はんだこて!鉛フリーはんだ対応

250℃~450℃までコントロールできる温度調節ボリューム付きのハンダゴテです。センサーが内蔵されたセラミックヒーターですから、コテ先の温度を正確にコントロールできます。

 

持ちやすいエルゴデザイングリップは長時間の作業でも快適で、指先の疲れを軽減してくれます。

温度調節 250~450℃ 質量 90g
サイズ 210㎜ ヒーター容量 70W
セット内容 -

口コミを紹介

本品は、見た目はちゃちですが、熱くなるのがめちゃ早い。熱容量が多い。こんなに違うものかと感激。温度設定できて、自動で温度制御するのが良い。チップクリーナーを一緒に買いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

半田ゴテ プレスト キャップ付

簡単な電気製品の修理からトランスやリレーなどの大型部品まで対応できるハンダゴテです。普通の状態で使う時は20Wですが、スイッチを押すとセラミックヒーターの威力で130Wまで急速加熱をします。作業後は耐熱キャップをかぶせて収納できます。

温度調節 - 質量 56g
サイズ 205㎜ ヒーター容量 20W~130W
セット内容 キャップ

口コミを紹介

ニクロム式と比較して、温まるのが早いです。温度調整器をお持ちなら、冷めるのも早いのでコントロールがしやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

半田付きのハンダコテセット

セラミックヒーターの内部加熱工芸を採用しているので加熱・放熱機能が最速になっています。その温度調節機能は200℃~450℃の広い範囲です。また、スチールパイプは放熱効果が高いため加熱コアの寿命が延びます。

温度調節 200~450℃ 質量 181g
サイズ 192㎜ ヒーター容量 60W
セット内容 はんだ

口コミを紹介

我が子が遊ぶおもちゃが動かなくなるので、ネジを外して原因探ると中の基盤と電池を繋ぐコードが外れてる…と、言うことで中学振りにハンダゴテでチョチョイのちょい♪おかげさまでおもちゃも治って一安心。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者にも!電子工作用はんだこてセット

初心者にも使いやすい30W型のハンダゴテです。模型工作や電子工作に使われているIC、トランジスタなどの電子部品やプリント基板は熱に弱いのでおすすめです。

 

ヒートクリップやハンダ吸い取り線をはじめ、置き台、ソルダーアシストまでセットになっています。

温度調節 - 質量 50g
サイズ 210㎜ ヒーター容量 30W
セット内容 はんだ・ヒートクリップ・吸取線・こて台

口コミを紹介

スーパーファミコンのカセットの電池を交換するために購入しました。
セロハンテープで止める方法だと剥がれ落ちる可能性が高いので、素人ながらはんだ付けで確実に止める方法を選びました。

出典:https://www.amazon.co.jp

先端が使いやすい!日本製の電子基板用はんだ付けセット

初めてハンダゴテを手にする方におすすめです。最低限必要なセットで安価なものですが、ハンダゴテの基本的な機能はすべて備えています。家庭用電化製品のコードの断線や楽器の修理、DIYで扱う電気部品のはんだ付けには最適な40Wです。

温度調節 - 質量 -
サイズ - ヒーター容量 40W
セット内容 ヤニ入りはんだ・はんだ吸取線・簡易こて台

口コミを紹介

初めてハンダ付けをやってみようと思い、購入しました。最初はエアガンの配線に使うためでしたが、今は簡単な電子工作をやろうと使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

高級なプロ用!日本製のダイヤル式温度調整はんだこて 

消費電力50W、設定温度200~500℃、リップル温度プラマイ1度で加熱はセラミックヒーター。IC/LED・プリント基板などのはんだ付けに最適です。

 

グリップに温度コントローラーを内蔵しており、温度調整はダイヤルを回すだけ、LEDランプで状態表示されるので分かりやすいのが魅力です。

温度調節 200~500℃ 質量 61g(コテ先B型)
サイズ 233㎜(コテ先B型) ヒーター容量 50W
セット内容 -

口コミを紹介

PXよりもさらに早く温まり使いやすいです。また、小手先がほどよく短く、取り回しもすぐれています。ガタなど、つくりのしっかり感もこちらが上です。

出典:https://www.amazon.co.jp

温度調節ハンダゴテ 14-in-1 電子作業用!

温度調節機能はダイヤル式で200℃~450℃で可能です。ハンダゴテはセラミックヒーターの採用で短時間で加熱しすぐに使えます。セット内容はケース付きの14点で、交換用コテ先5個、ハンダ吸い取り器も付き、コスパも良くおすすめ商品です。

温度調節 200~450℃ 質量 -
サイズ - ヒーター容量 60W
セット内容 はんだ・コテ先・吸引器など14点

口コミを紹介

交換用のコテ先も各種付属だし、スタンドや吸い取り器も付いてます。付属のピンセットの精度の良い事ったら!

出典:https://www.amazon.co.jp

ハンダゴテのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 温度調節 質量 サイズ ヒーター容量 セット内容 サイズ 
アイテムID:11846932の画像

楽天

Amazon

ヤフー

温度調節ハンダゴテ 14-in-1 電子作業用!

200~450℃

-

-

60W

はんだ・コテ先・吸引器など14点

アイテムID:11836447の画像

楽天

Amazon

ヤフー

高級なプロ用!日本製のダイヤル式温度調整はんだこて 

200~500℃

61g(コテ先B型)

233㎜(コテ先B型)

50W

-

アイテムID:11836444の画像

楽天

Amazon

ヤフー

先端が使いやすい!日本製の電子基板用はんだ付けセット

-

-

-

40W

ヤニ入りはんだ・はんだ吸取線・簡易こて台

アイテムID:11836441の画像

楽天

Amazon

ヤフー

初心者にも!電子工作用はんだこてセット

-

50g

210㎜

30W

はんだ・ヒートクリップ・吸取線・こて台

アイテムID:11836438の画像

楽天

Amazon

ヤフー

半田付きのハンダコテセット

200~450℃

181g

192㎜

60W

はんだ

アイテムID:11836435の画像

楽天

Amazon

ヤフー

半田ゴテ プレスト キャップ付

-

56g

205㎜

20W~130W

キャップ

アイテムID:11836432の画像

楽天

Amazon

ヤフー

温調はんだこて!鉛フリーはんだ対応

250~450℃

90g

210㎜

70W

-

アイテムID:11836429の画像

楽天

Amazon

ヤフー

コードレスでアクセサリー・模型作りなど細かい作業に最適

-

76g

212㎜

600W・5W

-

アイテムID:11836426の画像

楽天

Amazon

ヤフー

日本製のトリガー・スイッチ付き即熱はんだこて

390℃・560℃

90g

167㎜

15W・90W

-

アイテムID:11836423の画像

楽天

Amazon

ヤフー

威力重視の日本製ガス式ハンダゴテ

-

147g

223㎜

25~125W相当

-

アイテムID:11836420の画像

楽天

Amazon

ヤフー

多機能ハンダゴテ!交換用コテ先も付属

-

135g

210㎜×34㎜

17ml(ガス容量)

-

アイテムID:11836417の画像

楽天

Amazon

ヤフー

細い部分で簡単便利な電池式ハンダゴテ

-

62g(電池除く)

180㎜

8W

こて先

アイテムID:11836414の画像

楽天

Amazon

ヤフー

軽量で使いやすい日本製のハンダゴテ

250~450℃

267g(コテ部41g)

80W

-

幅×奥行×高さ(100㎜×85㎜×57㎜)コテ部126㎜

アイテムID:11836411の画像

楽天

Amazon

ヤフー

上級者や仕事でアクセサリー制作をしている方に最適

200~450℃

1.2kg(コテ部30g)

幅×奥行×高さ(8mm×131mm×130mm)コテ部133mm

70W

-

ハンダゴテ入門セットの人気おすすめランキング3選

スイッチで切り替え可能なハンダゴテ

スイッチの切り替えが簡単にできるハンダゴテのセットです。インジケータランプがついているので、通電しているかは一目でわかります。220~450度までの温度調節が可能。コテ台やスポンジ、交換用コテ先が付いた、初心者向けのセットです。

温度調節 220~450度 質量 170g
サイズ - ヒーター容量 60W
セット内容 ハンダゴテ・交換用コテ先・スポンジ・コテ台・ハンダ

口コミを紹介

どうしてもすぐ必要!という方にはおすすめできると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

すぐに作業を始めたい方に

ハンダ付けに必要なアイテムが揃った初心者から経験者向けのセットです。交換用コテ先は5種類付属。ハンダ吸引器や保護手袋もついているので、環境を整えて作業に望めます。収納ケースに入っているので、紛失しにくいのも魅力です。

温度調節 180~500度 質量 -
サイズ 241mm ヒーター容量 80W
セット内容 ハンダゴテ・吸引器・交換用コテ先など15点

口コミを紹介

セットの欠品もなく、届いたその日から使えます。手袋の滑り止めゴム部分がハンダのケースに融着してました。気にしないので問題なし。

出典:https://www.amazon.co.jp

アクセサリー作りやDIYにおすすめ!他と比較してもコスパ抜群の14点セット

はんだごて本体・こて台・はんだ吸い取り器・交換用こて先5つ・はんだ線など充実の14点セットが魅力のハンダゴテセットです。1から物を揃えなくて良いので初心者に最適です。

 

200℃~450℃まで温度調節可能で、電気修理や家庭DIY、アクセサリー作りなど幅広い用途に使えます。

温度調節 200~450度 質量 480g
サイズ ヒーター容量 60W
セット内容 はんだごて本体・こて台・はんだ吸い取り器・交換用こて先5コ・掃除スポンジ・静電気防止ピン2コ・日本語取説明書・はんだ線・収納ケース

口コミを紹介

こて先の温度が低温から高温まで変えられるのも気に入りました。加えてピンセットやはんだの置き台、はんだ吸い取り器なども安全かつ操作性を考えて作られていて、はんだもいれての価格としては非常に安くコストパーフォーマンスが良いと思います。このセットは満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハンダゴテ入門セットのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 温度調節 質量 サイズ ヒーター容量 セット内容
アイテムID:11836461の画像

楽天

Amazon

ヤフー

アクセサリー作りやDIYにおすすめ!他と比較してもコスパ抜群の14点セット

200~450度

480g

60W

はんだごて本体・こて台・はんだ吸い取り器・交換用こて先5コ・掃除スポンジ・静電気防止ピン2コ・日本語取説明書・はんだ線・収納ケース

アイテムID:11836458の画像

楽天

Amazon

ヤフー

すぐに作業を始めたい方に

180~500度

-

241mm

80W

ハンダゴテ・吸引器・交換用コテ先など15点

アイテムID:11836455の画像

楽天

Amazon

ヤフー

スイッチで切り替え可能なハンダゴテ

220~450度

170g

-

60W

ハンダゴテ・交換用コテ先・スポンジ・コテ台・ハンダ

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

下記の記事では、テスターのおすすめ人気ランキングをご紹介しています。ぜひチェックしてください。

ハンダゴテの主な用途・使い方をご紹介

ハンダゴテの主な用途をご紹介します。使い方次第でより便利なアイテムとして活躍するでしょう。

電子基板を自作する

ハンダゴテが一番よく使われるのは電子工作の時のハンダ付けです。部品を組み立てて自作の電子基板を作る時は必須工具の1つ。必要なほかの工具がセットになっている場合は、バラバラで購入するよりもコスパとしてのお得感があり、初心者におすすめです。

細い金属を溶接しアクセサリーやステンドグラスを作る

ハンダゴテは金属の溶接・接合にもよく使われます。細い銅線や真鍮の線を加熱する際や、銅や真鍮、ブリキ板などの接合に昔からよく使われてきました。今はステンレス素材も接合することができます。金属工作用としても必要な道具です。
 
金属製のアクセサリーの加工や製作、ステンドグラスの制作など広く使えます。100W以上の金属用のハンダゴテは、コテ先が熱伝導の良い銅なのが特徴です。細かい作業にはコードレスのハンダゴテもおすすめ。コードが邪魔にならず快適に作業することができます。

木材に絵を描くウッドバーニングもできる

ハンダゴテの先端部は高熱になります。細い先端のコテ部とその高熱で木材を焦がして絵を描いたりするのがウッドバーニングです。専用の電熱ペンもありますが、安価なハンダゴテが手に入るようになって人気です。そのための専用のコテ先があります。
 
中には、ウッドバーニング用の交換コテ先を豊富に揃えてセット販売しているメーカーも。コテ部を変えてプラスチックの加工用としても使えます。伸ばしたり、切ったり、整形したり自由に使えます。ほかにもアイディア次第では楽しくて便利な使い方ができるでしょう。

ギター・ベースのエフェクターを自作する

ハンダゴテを使ってギターやベースのエフェクターを自作する方もいます。そんなハンダゴテを選ぶなら「ワット数」に注目するのがおすすめ。値が大きすぎると回路がすぐに焼けてしまい、小さすぎるとハンダがうまく溶けず接合しにくくなります。

 

エフェクターを自作するためのハンダゴテなら20~30Wがおすすめです。しかしパッチケーブルのジャックなどのハンダ付けには温度が足りないので、温度調節できるものだと安心です。さらに替えコテ先がたくさんセットになっているといろいろな部分に使えて便利です。

ハンダゴテを使うときのポイント・コツをご紹介

初心者には特にハンダゴテをうまく使えず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。うまく使うポイントとしては以下の3点が重要です。

 

  • ハンダゴテを充分熱くしてから使う
  • コテ先は寝かせて使う
  • コテ先をきちんと掃除する

 

特にうまく使うコツとしては「コテ先を寝かせて使う」ことで、熱を一気に伝えるためにコテ先ができるだけ対象物に触れるように寝かせて当てるのがおすすめです。うまく使えない方はぜひ試してみてください。

コテ先の種類をチェック

ハンダゴテのコテ先は、メッキ部の侵食や酸化等のため交換しなければなりません。本来の使い方は、対象によってコテ先を変えながらハンダ付けをします。ハンダゴテを長く使う場合は交換する必要がありますので店頭で確認しておくことも大事です。
 
電子工作や金属接合、ウッドバーニング等を1本のハンダゴテで済まそうとしたらコテ先は複数本必要になります。メーカーのホームページなどに交換用コテ先も紹介してある場合はチェックしておきましょう。

ハンダの種類をご紹介

ハンダゴテの選び方を紹介してきましたが、一緒に購入されるハンダについても使い方や種類を紹介します。ハンダ付けをする素材によってハンダも変える必要があります。

酸化防止・洗浄作用に役立つヤニ入りハンダ

リール巻きのハンダが主で、スズ:鉛=60:40が普通のヤニ入りです。線の直径は0.5mmから1.9mmぐらいまで、融点は183~190℃、100gぐらいから販売されています。主に電子機器の工作用に使われるもの。ヤニ入りを使うと部品が熱で侵されない利点があります。

 

フラックスは塩化亜鉛や塩化アンモニウムなどの液体で、不純物の洗浄やハンダの酸化防止に役立つ物質です。ヤニは松ヤニのことでロジンが主成分で固体滑り止めコーティングのによる保護も長所。目的はどちらも酸化防止、洗浄作用が主です

堅牢なハンダ付けに使える鉛フリーハンダ

鉛フリーハンダは、鉛成分がなくスズが大部分あるいはを微量含むハンダです。融点が高く、220℃前後あります。ヤニ入りもありますがフラックスも専用のものが販売されているのでぜひチェックしてください。高温で使用するので堅牢なハンダ付けが必要な部分に使われています。

ハンダゴテを使用するときの注意点

ハンダゴテを使用する際、まず気をつけなければならないのがやけどや火事。高温になるアイテムなので、取り扱いには十分に注意しましょう。思わぬ事故を防ぐために、ハンダゴテを机に置く場合は、必ずコテ台を用意してそこに立てかけます。

 

また、ハンダが口や目に入らないように注意することも重要。作業時には手袋を用意しておくのも一手です。 

 

以下の記事では、軍手の選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介しています。安全な作業のために、ぜひチェックしてください。

まとめ

ハンダゴテのおすすめ製品や選び方をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。電子工作や修理をされる方も多くなりました。店頭には特徴のあるハンダゴテが数多く販売されています。これまでの記事も参考にして自分に合ったハンダゴテを見つけてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【気分がup】おすすめのアクセサリーケース人気ランキング15選

【気分がup】おすすめのアクセサリーケース人気ランキング15選

アクセサリー・ジュエリー
【女子ウケ抜群】メンズアクセサリー通販人気おすすめランキング15選

【女子ウケ抜群】メンズアクセサリー通販人気おすすめランキング15選

メンズファッション雑貨・小物
【2023年最新版】32mmのコテ人気おすすめランキング15選【傷まないものも】

【2023年最新版】32mmのコテ人気おすすめランキング15選【傷まないものも】

ドライヤー・ヘアアイロン
手作りアクセサリー本のおすすめ人気ランキング15【ビーズアクセサリーも】

手作りアクセサリー本のおすすめ人気ランキング15【ビーズアクセサリーも】

本・雑誌
虫除けリングの人気おすすめランキング15選【身につけるアクセサリータイプも】

虫除けリングの人気おすすめランキング15選【身につけるアクセサリータイプも】

アウトドアグッズ
クレイツのコテの口コミ・評判を調査!偽物に注意?種類別にご紹介!

クレイツのコテの口コミ・評判を調査!偽物に注意?種類別にご紹介!

ヘアケア・スタイリング用品