金属用接着剤の人気おすすめランキング15選【高強度のものを厳選】

記事ID15694のサムネイル画像

接着剤には、木材用や金属用などさまざまな種類があります。接着したいものに対して適したものを選ばないと接着できない可能性もあります。そこで、金属に適した金属用接着剤の選び方、どのような用途があるのかを解説し、おすすめの金属用接着剤を紹介していきます。

金属用接着剤とは?

接着剤とは、物体と物体を接着させるときに使います。小学生のとき、図工で使うノリやボンドも接着剤、アロンアルファや木工用ボンドなど各家庭に一つはあるものと、多く人に馴染み深い商品。ただ、この接着剤でも多様な商品がありますが、瞬間接着剤やボンドさえ持っておけばいいのではないかと思っていませんか?

 

実際はそのようなことでなく、適材適所で選ばないと接着剤としての効果を得られません。木には木工用、ゴム素材にはゴム用、そして金属用の接着剤があります。金属用には「耐久性」「耐熱性」が求められます。

 

金属ごとに事前の処理は変わってきますが、「金属用」と記載があれば、多くの金属で接着することができます。一般の瞬間接着剤でも接着できますが、性能が揃っていないため、しっかり接着できないため、金属には金属用接着剤を選びましょう。

金属用接着剤を使う前に行うこと

金属用接着剤を使用する前に、接着剤を塗るところにサビが発生ていないか、塗装が施されていないかの確認しなければなりません。金属を接着させるために水分やホコリ、ゴミなどが付着していると、接着力が下がってしまうためです。

 

表面を綺麗にし、接着剤を塗らなければ耐久性が低くなり、すぐに剥がれてしまう原因になります。他にも油分の除去も行いましょう。どんなに平らなものでお凹凸があり、そこに油分が付着していることで接着面積が狭くなり、接着機能が発揮できません。

 

そのため、油分がある際は、シンナーやアルカリ性洗剤を使って表面にある油分をしっかり落としてから接着剤を使うようにしましょう。

金属用接着剤の選び方

金属用と記載された接着剤を選ぶことは必然とします。ここでは金属用接着剤の中から、どの接着剤が最適なのか注意点について紹介していきます。

金属用接着剤の用途をタイプによって選ぶ

金属用接着剤には、「エポキシ系」「アクリル系」「シリコン系」「ウレタン系」「耐熱」「強度」とあり、さらに「百均」も注目されています。。以下で用途にあったタイプの金属用接着剤の商品を解説していきます。

硬い素材同士であれば「エポキシ系」

エポキシ系接着剤では、耐久性や耐熱性と耐水性のバランスが良い接着剤です。金属・ガラス・陶磁器・石材のような硬い素材同士を接着するときに選びましょう。内容は、主材と硬化剤が別々に分かれており、2つを混ぜ合わせて使用します。

 

布やゴムなどのような柔らかい素材に関しては、硬化したときに硬い樹脂のようになるため、あまり向いていません。

金属同士の接着であれば「アクリル系」

アクリル樹脂を使用した接着剤であれば、強度や耐衝撃性に特化しており、金属同士をより強力に接着したいときに向いています。アルミや真鍮などの溶接では接着させるには厳しいものでは、異なる種類の金属でも接着できます。

 

さらに約1時間程度で実用強度に耐えられるほど硬化するため、急ぎで接着しなくてはいけないときに重宝します。ただ、凸凹面あるもの、ひねりなどの特殊なものには、しっかり接着できないので注意してください。

水回りで使いたい人には「シリコン系」

シリコン系接着剤には、大気中や接着面の水分に反応して硬化するので、水回りはもちろん屋外で使う必要があるときにおすすめします。思っているよりも耐水性に優れており、ゴム状になって弾力性をも上がるため、耐久性に耐衝撃性も高くなります。

 

さらに、異なる素材においても接着することができるため、コンクリートや石材などの接着するときにも役立ちます。

色々な素材を接着したのであれば「ウレタン系」

ウレタン系接着剤には、耐水性もあり水回りのものに使用することが可能です。硬化すればゴム状でなり、耐久性や耐熱性にも優れており、金属同士にこだわるだけのではなく様々な素材との接着ができます。

 

普通の接着剤では接着が難しい、ポリエチレンやポリプロピレンとの接着ができるので、家庭に一本持っておけば多くの場面で役立つでしょう。

金属は高温になる可能性もあるため「耐熱」も重視

金属は、周辺やそれ自体が高温になる可能性もあるので、耐熱性が高い接着剤を選びましょう。ただし、耐熱性があっても商品によってはさまざま、ですが熱に近くない箇所の接着は100度程度の耐熱温度で大丈夫です。

 

ランプやバーナーなど、炎が当たるものを接着するには300度〜500度、自動車などのエンジン周辺には500度以上の耐熱がある商品を選びましょう。

 

以下の記事では、耐熱接着剤の人気おすすめランキング15選【素材や用途別に紹介】を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

衝撃にも耐えることができる「強度」

丈夫な金属は、力がかかったりするような場所に使用されることが多い。そのために接着した後も、それらの環境に耐えることができる強度が必要です。衝撃がちょっとあっただけで、外れるようでは金属用に向いていません。

 

瞬間接着剤などは金属を接着することもできますが、衝撃に弱くすぐ取れてしまいます。そのため、弾性でゴムのような弾力があるものや耐衝撃があるものを選ぶと、金属をより強固に接着できます。

 

以下の記事では、瞬間接着剤の人気おすすめランキング15選【高い強度のもの!】を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

「百均」でも金属用接着剤が買える

ダイソーやセリア、キャンドゥなど百均の接着剤は、安価な商品なため接着能力を期待している人は少ないでしょう。ですが、百均においても金属用の接着を購入することができます。

 

百均においても、強度や耐熱性、耐水性に優れた接着剤も取り扱っています。ただ、ちょっとしたものを直すときには使えますが、硬化後に白化現象があるため、貴重品に使うことはおすすめできません。

金属用接着剤の人気おすすめランキング15選

急いで接着したいときに使える

2つの接着剤を同じ容量を混ぜて使います。硬いもの同士をとても強く硬化するタイプとなっています。金属模型やプラモデルを作る人に向いている接着剤です。エボキシ樹脂が使われているため、耐久性・耐熱性・耐水性に優れた接着剤です。

 

5分ほどで硬化し始めるため、急いで仕上げたいときにおすすめできる金属用接着剤です。ただし、金属は強力に接着しますが、ガラスの場合には硬化収縮でヒビが入ってしまうことがあるため、どうしても使用するときには1cm四方以下のものに使うようにしてください。

接着できるもの 金属・陶磁器・硬質プラスチック タイプ エボキシ樹脂タイプ
成分 A剤:エボキシ樹脂/B剤:ポリチオール 重量(g) 80

口コミを紹介

2材を混ぜるとか、くっつくまで多少時間がかかるなどはありますが、固まってしまえば透明になり全く目立ちませんし、触れた感じもツルツルして良い感じでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

使用量がコントロールできる

サイドボタンが付いているので、必要な分だけ液量を手元でコントロールできるため無駄遣いが減ります。耐水性や耐衝撃性に優れており、金属同士の接着におすすめです。硬化後に接着剤が収縮しにくいため、簡単に外れることはありません。

 

接着できるものが数多くあり、靴におもちゃ、家具に家電など使うことができます。使用する際は、接着するものの片面に接着剤をつけて位置を合わせて接着し、20秒〜数分で接着し、完全硬化まで約2時間ほどかかります。

接着できるもの 金属・硬質プラスチック・合成ゴム・木材・陶磁器 タイプ 耐衝撃性タイプ
成分 シアノアクリレート 重量(g)

口コミを紹介

瞬間性能はあまり高くないように感じますが、接着後の強度も耐性も文句なし、その上長い期間利用できるので、価格以上の満足度があったと個人的には感じました

出典:https://www.amazon.co.jp

振動や衝撃に強い金属用接着剤

振動や衝撃に強く、セラミック部品やモーター周辺部品、スポーツ用品や模型などの用途にも使うこともおすすめです。接着時にハミ出た部分は完全硬化後に、削るまたは除光液などで拭き取ってください。

 

ただし、ポリプロピレン系樹脂、ポリエチレン系樹脂、フッ素系樹脂、シリコーン樹脂、発泡スチロールに接着不可なので注意しましょう。誤った使い方をすると、接着面が溶けたり割れたりすることがあるので使用しないようにしましょう。

接着できるもの 金属・硬質プラスチック・陶磁器・合成ゴム タイプ 耐衝撃性タイプ
成分 シアノアクリレート 重量(g) 20

口コミを紹介

靴底がはがれることがあり、その貼り合わせに使用しました。今までの接着剤では2、3日で剥がれ始め、頻繁に接着しなおす必要がありましたが今回は問題なさそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2剤でより強力に接着

チタン、炭素繊維、ステンレスの接着に使うことができ、今までのエボキシ系接着剤と比較してもより衝撃に強く硬化することが可能。ですが、ポリプロピレン、ポリエチレン、塩化ビニル、フッ素樹脂には使用できません。

 

最初に接着面を綺麗にし、その後A剤とB剤を同じ量を出してヘラで混ぜます。しっかり混ぜ接着面に均一に塗り、硬化するまで仮固定し、数時間置けば完成です。素材が適合していても、部品が小さいと接着効果が得られない可能性があるので注意してください。

接着できるもの 金属・炭素繊維(CFRP)・チタン タイプ 耐衝撃性タイプ
成分 重量(g) 25

口コミを紹介

その粘着性が良いみたいです。ひび割れに塗っただけで、全く漏れ無くなりました。猛暑でファンが周りっ放しでも、漏れる事無く今に至っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ネジに特化した金属用接着剤

金属製のネジや普通のネジに発生するサビを予防し、ゆるみ止めに効果的です。潤滑性や衝撃性や耐振動性に優れていながら、取り外すこともできる。強度に関しては、中強度タイプの接着剤です。

 

金属専用なので、おもちゃなどのプラスチックネジには使用できません。ナットやボルトに使う場合、ネジの部分に接着剤を着け、その後しっかり締めて10分ほどで仮固定、24時間ほどで完全硬化が可能。使用後は冷暗所で保管しましょう。

接着できるもの 金属 タイプ 耐振動性タイプ
成分 変性メタクリレート 重量(g) 10

口コミを紹介

所持しているロックタイトの中で一番使い勝手が良いです。しっかりボルトを固定してくれて、なおかつ必要な時には緩められる。

出典:https://www.amazon.co.jp

工作が好きな人におすすめブラシ付き接着剤

ブラシタイプの接着剤で塗りやすくなっており、細かいところまで接着できます。スタンドボルトになっており、模型作成やペーパークラフトをするときに便利です。金属はもちろん、木材や硬質プラスチックに使うことができます。

 

そのため、アクセサリーやおもちゃの修理、家具、家電に置物などの接着に使えます。ですが、PE、PP、フッ素樹脂、シリコーン樹脂、ナイロン、ガラスなどの素材には使えません。使用する前には、素材を確認を忘れないようにしてください。

接着できるもの 金属・硬質プラスチック・木材・陶磁器・合成ゴム・厚紙 タイプ
成分 シアノアクリレート 重量(g) 5

口コミを紹介

ネイルには爪先にしか使わないので私には特に問題は起きていません。そして本来の接着剤として細かいちょっとした部分にこのブラシは非常に使いやすく便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

高い柔軟性があり衝撃に強い

耐水性と耐衝撃性に良い性能を発揮する金属用接着剤で、硬化後の収縮率が低くなっており、充填接着できるおすすめの接着剤です。ゼリー状なので、垂れにくいというメリットがあるため、様々な形で使用することができます。また、素材に染み込まないため、陶磁器や木材にも使用できます。

 

使用する際は、接着面を綺麗にし乾燥後、片面に接着剤を数滴塗って使用し、最短で約20秒ほどで硬化します。1〜2時間ほどで完全硬化しますが、できれば24時間放置すれば完璧です。

接着できるもの 金属・硬質プラスチック・陶磁器・合成ゴム・木材 タイプ 耐衝撃性タイプ
成分 シアノアクリレート 重量(g) 4

口コミを紹介

これは良いです。フィギュアの補修用に買いました。硬めのジェルが、狙った部分にしっかりと乗ってくれるので、とても使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

水回りで接着剤が必要な方に

金属はもちろん、接着が難しいシリコーンやプラスチックなど、さまざまな素材に使用できる金属用接着剤です。接着剤の独特なニオイが苦手な方にとっても、気にならず使用できるのも嬉しい。

 

そのため、水回りや凸凹な面で使用したい方におすすめです。色々な素材で必要になることが考えられる方に最適です。

接着できるもの 金属・硬質プラスチック・ガラス タイプ
成分 変性シリコーン 重量(g) 20

口コミを紹介

これでくっつかなければ諦めるぐらいに信頼している接着剤です。一部の素材に特化した接着剤にはかなわないかもしれませんが、今のところこれ以上の多用途接着剤を知りません。

出典:https://www.amazon.co.jp

特に細かい部品の接着で活躍

使用する液量のバランスが取りやすく、少ない液量を求めているときには断面部分を上にし、多く使用知るときには下向きにするだけで簡単に調節することができます。他の多くの接着剤では調節しずらく、細部においては液がはみ出てしまい、はみ出た部分を削る作業が追加されたりと面倒です。

 

しかしこの商品を使えば、細かな部分においてもはみ出さずに塗ることが可能。そのため、余計なストレスがかかりません。さらに、もし商品を倒したとしても、液漏れがしにくいという特徴もポイントです。

接着できるもの 金属・陶磁器・硬質プラスチック タイプ
成分 シアノアクリレート 重量(g) 2

口コミを紹介

アクセサリー作りに使っています。接着力が凄いので、ちょっとつけただけでしっかり接着できます。スティックタイプというのがめちゃくちゃ使いやすい!今までなぜこれが無かったのかと思うほどです。

出典:https://www.amazon.co.jp

使用できる素材が多いので持っておくと便利

振動や衝撃に強い、硬化するとゴムのようになる弾性接着剤です。シンナーが配合されていない無溶剤タイプの金属用接着剤なので、お子さんのいる家庭でも安心して使用できます。凸凹がある部品においても100%固形分なので、接着が可能。

 

耐水性や耐熱性が高いので、屋外でよく使用する人にも向いています。接着できる素材に付いても、ナイロンやアクリル、スチール、ガラス、タイルなどさまざまな素材に適用しています。

接着できるもの 金属・ステンレス・アルミ・銅・鉄・プラスチック・木材・合板・皮革・布・厚紙・コンクリート・モルタル タイプ 弾性タイプ
成分 重量(g) 20

口コミを紹介

ちょっとしたDIYなどをするため何かをくっつけたい時などにボンドや接着剤というものは必要不可欠だよね。

出典:https://www.amazon.co.jp

永久固定したいネジに推奨

金属を接着すると、空気をしっかりと接合部から遮断されることで硬化され、衝撃や振動によるネジのゆるみを予防します。ゆるみ予防だけではなく、取り外すことがない永久固定タイプのネジ止めとしての使用方法もあります。

 

衝撃性や耐振動性はもちろん、潤滑性も兼ね備えており、サビや腐食を予防する効果も期待できます。金属のネジに強い効果を認められますが、プラスチック製のネジには使用できません。

接着できるもの 金属 タイプ 耐振動性タイプ
成分 変性メタクリレート 重量(g) 10

口コミを紹介

一度固まると手で引っ張っても抜けずバーナーで炙って取るしかない。そのくらい強力です。

出典:https://www.amazon.co.jp

高温〜低温まで幅広く対応できる耐久性

弾性接着剤で、接着後の膨張や伸縮といった現象にも対応しており、この接着剤は耐久性・伸縮性に優れていることが分かります。上は120度、下は-60度と幅広い温度まで対応。金属はもちろん、多くの素材にも適用されています。

 

空気中の水分に反応することで硬化を始め、接着剤を塗ってわずか10分ほどで仮硬化されます。これ1本あれば、概ねどのような状況であっても使用でき、強力に接着できるのでおすすめです。

接着できるもの 金属・プラスチック・セラミック・ゴム タイプ 弾性タイプ
成分 重量(g) 170

口コミを紹介

服の補修から靴、車のブッシュなどの補修、柔軟性があるわりに耐久性もあり、コーキングとしても使用可能。本当に素晴らしい商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

屋内だけではなく屋外でも使用できる耐久・耐水性

金属だけではなくプラスチック素材にも対応し、さらに耐水性も優秀です。また、硬化してからも弾力性が持続され、衝撃だけでなく曲げるという動きにも強いのが特徴。クリヤータイプの接着剤で、透明な素材でも気にすることもなく使えます。

 

ポリエチレンやポリプロピレンなどの普通は接着剤が接着しにくい素材においても、対応されています。溶剤を配合していないため環境にも優しく、保管する専用の収納ケース付きなのも嬉しい。

接着できるもの 金属・硬質プラスチック・木材・コンクリート タイプ 弾性タイプ
成分 シリル化ウレタン樹脂 重量(g) 25

口コミを紹介

水に対して非常に強く、変質することなくそのままの状態を維持しています。臭いもまったくありません。硬化してもやわらかいため、フェルト貼りには良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

どのような場所でも使いやすいジェルタイプ

通常は使いづらい垂直面においてもジェルタイプなので垂れにくく、ソフトラバーで本体はできているため、握りやすくかつ液を押し出しやすくなっています。細かいところから広い範囲まで対応しています。

 

液だれを予防するノズル構造で、接着剤がはみ出すことなく綺麗に仕上げられる特徴もあります。ただ、硬化まで数時間で、完全硬化は24時間は放置しなければなりません。キャップの構造として密閉性が高く、長期間の保存もできる上、使用もできます。

接着できるもの 金属・プラスチック タイプ
成分 シアノアクリレート 重量(g) 5

口コミを紹介

もうこれ何本使っているかわからないほど、リピートしてます。アクセサリー作るときに、パーツを接着するのはこれじゃないと、ダメ!

出典:https://www.amazon.co.jp

衝撃に強い弾性タイプ

急いで接着して欲しいときにおすすめの弾性速乾タイプの接着剤です。一液で使用でき常温で硬化するため使い勝手はかなり良いところに魅力を感じます。。さらに硬化後は振動や衝撃に強いため、ボトルやキャップスクリューなど、多様なネジのタイプに対応しているのが特徴です。

 

使用時の注意点として、高粘度の接着剤となっており、しっかり穴を開けることが重要です。接着剤をつけた際は、可能な限り早く接着して押さえて、24時間放置すると完全硬化します。

接着できるもの 金属 タイプ 耐振動性タイプ
成分 変性メタクリレート 重量(g) 10

口コミを紹介

使用後はねじのゆるみは全くなくなりました。メーカーサイトに耐振動、衝撃性があると書いてありました。なるほどすぐれものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

金属用接着剤のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5999303の画像

    ヘンケルジャパン(Henkel Japan)

  • 2
    アイテムID:5999214の画像

    スリーエム(3M)

  • 3
    アイテムID:5999135の画像

    コニシ(KONISHI)

  • 4
    アイテムID:5998799の画像

    セメダイン(Cemedine)

  • 5
    アイテムID:5998415の画像

    ヘンケルジャパン(Henkel Japan)

  • 6
    アイテムID:5998075の画像

    セメダイン

  • 7
    アイテムID:5997884の画像

    コニシ(KONISHI)

  • 8
    アイテムID:5997645の画像

    スリーエム(3M)

  • 9
    アイテムID:5997482の画像

    ヘンケルジャパン(Henkel Japan)

  • 10
    アイテムID:5997335の画像

    ヘンケルジャパン(Henkel Japan)

  • 11
    アイテムID:5997149の画像

    ヘンケルジャパン(Henkel Japan)

  • 12
    アイテムID:5996906の画像

    セメダイン(Cemedine)

  • 13
    アイテムID:5996594の画像

    コニシ(KONISHI)

  • 14
    アイテムID:5996343の画像

    ヘンケルジャパン(Henkel Japan)

  • 15
    アイテムID:5996112の画像

    セメダイン(Cemedine)

  • 商品名
  • LOCTITE ねじロック222
  • 3M スコッチ 強力瞬間接着剤
  • ボンド ウルトラ多用途S・U
  • セメダイン スーパーX
  • LOCTITE ねじロック263
  • セメダイン 超多用途接着剤
  • ボンド アロンアルフア
  • スコッチ 超強力接着剤
  • LOCTITE 強力瞬間接着剤
  • LOCTITE 強力瞬間接着剤
  • LOCTITE ねじロック
  • セメダイン メタルロック
  • コニシ アロンアルフア
  • LOCTITE 強力瞬間接着剤
  • セメダイン エポキシ系接着剤
  • 特徴
  • 衝撃に強い弾性タイプ
  • どのような場所でも使いやすいジェルタイプ
  • 屋内だけではなく屋外でも使用できる耐久・耐水性
  • 高温〜低温まで幅広く対応できる耐久性
  • 永久固定したいネジに推奨
  • 使用できる素材が多いので持っておくと便利
  • 特に細かい部品の接着で活躍
  • 水回りで接着剤が必要な方に
  • 高い柔軟性があり衝撃に強い
  • 工作が好きな人におすすめブラシ付き接着剤
  • ネジに特化した金属用接着剤
  • 2剤でより強力に接着
  • 振動や衝撃に強い金属用接着剤
  • 使用量がコントロールできる
  • 急いで接着したいときに使える
  • 価格
  • 537円(税込)
  • 328円(税込)
  • 380円(税込)
  • 1127円(税込)
  • 515円(税込)
  • 980円(税込)
  • 333円(税込)
  • 417円(税込)
  • 326円(税込)
  • 348円(税込)
  • 507円(税込)
  • 900円(税込)
  • 609円(税込)
  • 380円(税込)
  • 627円(税込)
  • 接着できるもの
  • 金属
  • 金属・プラスチック
  • 金属・硬質プラスチック・木材・コンクリート
  • 金属・プラスチック・セラミック・ゴム
  • 金属
  • 金属・ステンレス・アルミ・銅・鉄・プラスチック・木材・合板・皮革・布・厚紙・コンクリート・モルタル
  • 金属・陶磁器・硬質プラスチック
  • 金属・硬質プラスチック・ガラス
  • 金属・硬質プラスチック・陶磁器・合成ゴム・木材
  • 金属・硬質プラスチック・木材・陶磁器・合成ゴム・厚紙
  • 金属
  • 金属・炭素繊維(CFRP)・チタン
  • 金属・硬質プラスチック・陶磁器・合成ゴム
  • 金属・硬質プラスチック・合成ゴム・木材・陶磁器
  • 金属・陶磁器・硬質プラスチック
  • タイプ
  • 耐振動性タイプ
  • 弾性タイプ
  • 弾性タイプ
  • 耐振動性タイプ
  • 弾性タイプ
  • 耐衝撃性タイプ
  • 耐振動性タイプ
  • 耐衝撃性タイプ
  • 耐衝撃性タイプ
  • 耐衝撃性タイプ
  • エボキシ樹脂タイプ
  • 成分
  • 変性メタクリレート
  • シアノアクリレート
  • シリル化ウレタン樹脂
  • 変性メタクリレート
  • シアノアクリレート
  • 変性シリコーン
  • シアノアクリレート
  • シアノアクリレート
  • 変性メタクリレート
  • シアノアクリレート
  • シアノアクリレート
  • A剤:エボキシ樹脂/B剤:ポリチオール
  • 重量(g)
  • 10
  • 5
  • 25
  • 170
  • 10
  • 20
  • 2
  • 20
  • 4
  • 5
  • 10
  • 25
  • 20
  • 80

金属についた接着剤の剥がし方

金属についた接着剤を剥がすには、除光液や市販の乖離剤を使うのが最も確実な方法です。ただ、乖離剤だけでは、綺麗に剥がすことが難しいため、白く残ってしまう部分があるかもしれません。

 

白く残ってしまった場合は、除光液や乖離剤では取れないため、サンドペーパーを使ってしっかりと削り落とさないといけません。誤まって手についてしまった場合には、硬化してしまう前にお湯と石鹸を使い洗い落とします。金属用接着剤は、一旦、金属に接着してしまうと簡単には剥がれないため、慎重に扱うようにしてください。

 

以下の記事では、シール剥がしの人気おすすめランキング15選【便利グッズ!】を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

まとめ

金属を接着させる際に、通常のものでも使うことは可能ですが耐久性が劣ってしまいます。そのため、耐久性や耐水性・耐衝撃性が強い金属用接着剤を使用することをおすすめします。接着前には表面を丁寧に綺麗にしてから、金属用接着剤を使用してください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月12日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】アクセサリー接着剤の人気おすすめランキング15選【デコレーションにも!】

【2021年最新版】アクセサリー接着剤の人気おすすめランキング15選【デコレーションにも!】

文房具・文具
【2021年最新版】プラスチック接着剤の人気おすすめランキング15選【強力接着剤から多用途タイプも】

【2021年最新版】プラスチック接着剤の人気おすすめランキング15選【強力接着剤から多用途タイプも】

素材・補修材
【2021年最新版】耐熱接着剤の人気おすすめランキング15選【耐水も】

【2021年最新版】耐熱接着剤の人気おすすめランキング15選【耐水も】

素材・補修材
【2021年最新版】静電気ホコリ取りの人気おすすめランキング15選【最強はどれ?】

【2021年最新版】静電気ホコリ取りの人気おすすめランキング15選【最強はどれ?】

掃除用具・清掃用品
【2021年最新版】2段タイプのゴミ箱の人気おすすめランキング15選【スリムタイプ・大容量タイプ】

【2021年最新版】2段タイプのゴミ箱の人気おすすめランキング15選【スリムタイプ・大容量タイプ】

インテリア雑貨
アルミテープの人気おすすめランキング15選【耐熱・防水性抜群!】

アルミテープの人気おすすめランキング15選【耐熱・防水性抜群!】

文房具・文具