水出しコーヒー器具の人気おすすめランキング15選【優しい口当たり】

記事ID7826のサムネイル画像

夏の暑い日には冷たいアイスコーヒーが飲みたくなるものですが、お湯で抽出してアイスコーヒーを作るのは手間も時間もかかりますよね。そんな時には水出しコーヒーはいかがでしょうか。今回は水出しコーヒーのおすすめ器具をランキング形式でご紹介いたします。

押さえておきたい水出しコーヒー器具の魅力

水出しコーヒーとは、その名の通り水で抽出するコーヒーのことです。お湯を使って抽出するコーヒーに比べ、手軽にアイスコーヒーを楽しめます。また味にも違いがあり、水を使う事で口当たりの良い風味の優しいコーヒーが出来上がると言われているんですよ。

 

手軽に水出しコーヒーを楽しむためには器具が必要です。ドリッパータイプ・ポットタイプ・パックタイプなど主に3種類の抽出方法がありますが、自分にはどれが良いのか、またそれぞれのタイプの特徴が分からない方も多いですよね。

 

今回はそんな水出しコーヒーを楽しむために必要な器具をランキング形式でご紹介いたします。抽出にかかる時間・材質・容量などにも注目。手軽さやお手入れのしやすさなども併せてご紹介いたしますのでぜひ参考にしてみて下さい!

 

 

水出しコーヒー器具のおすすめランキング15選

15位

HARIO(ハリオ)

水出し コーヒーポット MCPN-14CBR

価格:870円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1000ml作れる大容量タイプ

一日に何杯もコーヒーを飲むというコーヒー好きさんや、家族の中でコーヒー好きな方が複数いる方におすすめな大容量タイプ。手軽においしい水出しコーヒーが作れるので、水出しコーヒー初心者の方にも挑戦しやすいですね。

 

抽出方法もとても簡単。コーヒーの粉が全体的に湿るように少量ずつ水を注ぎ、くわえてひらがなの「の」の字を描くように水を注ぐだけ!抽出時間は8時間と長時間なので、前日の夜から準備しておくと朝にはおいしいコーヒーが出来上がっています。

 

お手入れが簡単なところも見逃せないポイント!口元は大きい作りとなっているので手がしっかりと底の方まで届きそうです。またストレーナーの底は外せるのでコーヒーの粉が出しやすくて洗いやすいので、いつでも清潔に使えそうですね。

抽出時間8時間本体材質耐熱ガラス
容量1,000ml

口コミを紹介

これで作った水出しコーヒーは外したことがありません
今までにシティーローストで8種類くらいの豆を使って作りましたが、
みんなちゃんと味が出ていて美味い!!

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

HARIO(ハリオ)

ウォータードリッパー WDC-6

価格:16,078円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一度に2~6杯分楽しめる

見た目にもおしゃれなこちらの器具。ポタポタと水を落としてじっくりとコーヒーの旨みを抽出するタイプで、インテリア性を重視したデザイン性の高さが特徴です。設置場所がある方にぜひおすすめしたい製品です。

 

コーヒーにこだわる方にぜひ注目してもらいたいのが滴下速度の調整が可能な点!金属コックを調整することでお好みの速度に変えられます。前日にセットすれば翌朝には極上のコーヒーが楽しめますよ。

 

 

 

抽出時間-本体材質耐熱ガラス
容量780ml
13位

キーコーヒー

香味まろやか水出し珈琲 (35g×4P)×3個

価格:1,128円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽なティーバッグタイプ

水に4時間浸けておくだけで、本格的な水出しコーヒーができあがるバッグタイプのこの製品。フィルターは特殊加工により水を通しやすく、コーヒーの粉によく浸透する優れもの。コーヒー豆の持つ本来の味わいをじっくりと余すところなく引き出してくれます。

 

作り方も非常に簡単。コーヒーバックを水出し用ポットに入れて、500mlの水を注ぐだけ。コーヒーバッグ全体に水が染み込むように水を注ぐことと、浮いてくるコーヒーバッグをスプーンなどで沈めて粉全体に水を染み込ませることがポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

抽出時間4時間本体材質-
容量1パックで500ml
12位

KINTO(キントー)

アイスコーヒージャグ

価格:2,530円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一度にマックス1.2Lも作れる

一回の抽出でマックス1.2Lも作れるこの製品。夏の暑い日やコーヒーが大好きでたくさん飲む方には非常におすすめです。見た目も無駄を省いたシンプルな設計となっているので非常におしゃれです。

 

また使い勝手も◎。高い密閉性を持つキントーのアイスジャグは冷蔵庫内で横にしてもこぼれません!フィルターは、コーヒーの微粉も漉せる目の細かいメッシュを採用しているので、抽出されたコーヒーに粉が混ざることもありませんよ。

 

口元が広いので、底の方までしっかりと手が届きやすくお手入れも簡単。また扱いやすいプラスチック製である点も嬉しいですね。

 

抽出時間-本体材質プラスチック
容量1.2L
11位

HARIO(ハリオ)

スロードリップ ブリュワー 雫 SBS-5B

価格:3,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目にも癒される滴下式

一滴一滴まるで雨が降るようにコーヒーが抽出される様子に癒されること間違いなしの滴下式の水出しコーヒー器具。点滴式なのに調整がいらない手軽さが嬉しいですね。また抽出時間も1~2時間となるので、気軽にコールドブリューコーヒーが楽しめます。

 

効率よく抽出できる秘密はメッシュの細かい細長いストレーナー。これにより、約1~2時間で600mlのコーヒーが抽出できるのです。

 

機能的なビーカー型ポットにも注目。ポットはコニカルビーカー形状を採用しているので軽くて注ぎやすく、液だれもしにくい機能的なもの。注ぐときに液だれしてしまうプチストレスもなさそうですね。

抽出時間1~2時間本体材質耐熱ガラス
容量600ml

口コミを紹介

初めて水出しコーヒーの器具を購入しましたが、すごくよかったです!コーヒーも美味しいし、出している過程も非常に面白かったです!是非オススメしたいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

iwaki

SNOWTOP ウォータードリップ コーヒーサーバー K8635-M

価格:44,685円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインと機能が融合したコーヒー器具

非常におしゃれなデザインが特徴の製品がランクイン。商品名であるSNOWTOPとはタンザニア北東部にあるキリマンジャロ山で栽培されるコーヒー豆の中でも特に等級の高い豆に付けられる名前です。

 

作り方も非常に簡単で、点滴が落ちるくらいのスピードで上から水が落ちるように調整するだけ。耐熱ガラス磁器をメインの素材として採用しているこの製品は、見た目が上品な上に機能的。最高のコーヒータイムを過ごせそうですね。

 

また滴下速度が自由に変えられる点にも注目!滴下速度が早ければよりあっさりと、遅ければより濃厚な味となると言われています。少々値段は張りますが、自分好みの味が淹れられるだけでなく見ても楽しめるので、こだわり派の方にぜひおすすめしたい製品です。

抽出時間-本体材質ガラス
容量440ml

口コミを紹介

アイスコーヒーを、短時間(約2時間)で作ることが出来ます。しっかりとした珈琲を抽出でき、満足です。あと、ガラスがとてもきれいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

(株)トキワ工業

水出しコーヒーパック22枚入り

価格:154円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽に楽しみたいならパックタイプ

水出しコーヒーに興味があるけど、どんな感じなのかまず知りたい方におすすめしたいこの商品。大がかりな器具を買うことなく水出しコーヒーを楽しめるので、水出しコーヒーがどんなものか試してみたいという方に非常におすすめです。

 

よどみが出にくい新素材を採用しているこの製品を使えば、まろやかで美味しいコーヒーを飲むことができます。また繊維が縦横どちらに対しても高い強度があるので、冷水筒の中に長時間付けたままにしていても大丈夫。破れる心配がありません。

 

パック1枚には約35g(3人分 約500mL)の粉が入るので、一度にたくさんの量が作れる点も◎。たっぷりと22枚入っているので非常にコスパも良いですね。また水出しコーヒーだけでなく、お茶・出汁取りなどの抽出や煮だしにも使えるので無駄がありません。

 

 

 

抽出時間一晩本体材質-
容量コーヒー粉約35g(3人分 約500mL)
8位

HARIO(ハリオ)

コールドブリュー コーヒージャグ CBS-10HSV

価格:3,645円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約8時間で1,000mlできる

シンプルで見た目にもおしゃれなコーヒージャグがランクイン!水出しコーヒーだけでなく、お茶やフルーツウォーターを入れてもおしゃれに決まるので、一年中大活躍しそうですね。

 

作り方もとってもシンプル。ストレーナーにコーヒーの粉を入れて注ぎ口にセット!少量ずつ水を注いだら蓋をして冷蔵庫で約8時間待つだけ。またストレーナーを入れたままでも注げる点がずぼらさんには嬉しい点。

 

ストレーナーの素材はステンレスとなっている点も注目!本体は耐熱ガラスでできているので、ストレーナー・耐熱ガラスともに熱いお湯が使えるので、清潔に使用ができる点も嬉しいですね。

抽出時間8時間本体材質耐熱ガラス
容量1,000ml

口コミを紹介

水出しコーヒー用に購入しました。
スタイリッシュなデザインには満足しています。
フィルター部もしっかりしていて、手入れもしやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

家具の里

深煎りブレンド使用 水出しコーヒーパック(5個入り)

価格:1,566円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

喫茶店のコーヒーの味

ギフトにも最適なこちらの水出しコーヒーパック。プロも唸るこだわりの本格焙煎が特徴です。水出しコーヒーは自宅でも簡単に作れるものですが、中でもパックタイプのものは麦茶を作る感覚で楽しめるので、水出しコーヒー初心者の方に非常におすすめです。

 

パックタイプで気軽に水出しコーヒーを楽しめる製品はたくさん販売されていますが、こちらの魅力は何といってもハンドピックで不良豆を取り除き、少量ずつ手間暇かけて焙煎されたコーヒー豆を水出しに最適な大きさに挽いている点。

 

5パック(1個当たり6~7杯)で1,500円前後と値段は張る方ですが、丁寧に作られたこのコーヒーは薫り高く本格派のコーヒー。お店にも負けない美味しいコーヒーを自宅で楽しめると思えばむしろ安いのかもしれませんよ。

 

 

 

抽出時間8時間本体材質-
容量1パックで6~7杯

口コミを紹介

とても美味しく麦茶を作るような手軽さなので、リピートして購入しました。
氷を入れなくとも冷たいアイスコーヒーを楽しめるので嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

iwaki

SNOWTOP ウォータードリップ コーヒーサーバー K8644-M

価格:16,152円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使わない時もインテリアとして使える

第10位にランクインしたSNOWTOPよりも安価なタイプがランクイン!10位のものと比べてサイズもこじんまりとしており、よりシンプルなデザインがどんな部屋にもマッチしそうですね。

 

1滴1滴、水滴が自然に落ちる仕組みである簡易点滴抽出方法を採用したこの製品。これにより約2時間で雑味がなく、苦みも控えめな非常にすっきりとした本格的な水出しコーヒーを楽しめます。

 

デザインがおしゃれな上に実用的でもあるこの製品。陶磁器の蓋がセットに付いているので、一度にたくさん抽出して冷蔵庫で保管することも可能。また電子レンジで温めることもできるので気軽にホットコーヒーとしても楽しめますよ。

抽出時間2時間本体材質耐熱ガラス
容量440ml

口コミを紹介

アイスコーヒーを、短時間(約2時間)で作ることが出来ます。しっかりとした珈琲を抽出でき、満足です。あと、ガラスがとてもきれいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

HARIO(ハリオ)

フィルターイン コーヒーボトル FIC-70 CBR

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一度に650mlが作れる

ワインボトル型のおしゃれな水出しコーヒーボトルがランクイン!コーヒーの粉と水をセットするだけですっきり飲みやすい水出しコーヒーを作ることができます。抽出時間は約8時間。前日の夜セットして寝れば朝にはおいしいモーニングコーヒーが楽しめますよ。

 

美味しいコーヒーが簡単に出来上がるだけでなく、使い勝手が良い点にも注目。まず注ぎ口は水切れが良く注ぎやすいシリコン製となっているので、液だれしてしまうプチストレスの心配なし!

 

さらに全てのパーツは食洗器で洗えるという便利さ!奥の方に手を入れて洗う苦労も食洗器があれば無用です。また横に倒して保管もできるので、冷蔵庫のドアポケットに入らなくても倒して保管ができますよ。

抽出時間8時間本体材質耐熱ガラス
容量650ml

口コミを紹介

これ凄いいい!
水出しに関してはあまり美味しくできなさそうなイメージがあったが、かなり楽に作れるし美味しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

bruer(ブルーアー)

Cold Bruer

価格:6,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで設置しやすい

耐熱ガラスとブルーの組み合わせがなんともおしゃれなこちらの製品。カリフォルニア生まれのbruerはこれまで専門店でしか味わえなかった美味しさを、自宅で簡単に実現させました。

 

使い方は一般的な水出しコーヒーと同じ。夜寝る前にコーヒーの粉と水をセットしておくだけで、時間が経つとおいしいコーヒーの出来上がりです。1秒1滴のスピードに調整すれば、6時間で完成します。

 

 

抽出時間6時間本体材質耐熱ガラス
容量590ml
3位

FECHO

耐熱ガラス アイスコーヒー メーカー

価格:4,910円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

600ml-1000ml作れるサイフォン式

ドリップしながら氷で冷やすこの製品。多くの製品は、常温を使って抽出することが多い中、氷で冷やしながらドリップするので夏の暑い日には大活躍しそうですね。ただ冷たい状態で飲めるだけでなく低温で抽出することでコーヒー本来の風味を抽出できます。

 

美味しいコーヒーが作れるだけでなく注目してもらいたいのはデザイン性の高さ。使わない時もインテリアとして活躍してくれそうなデザインなので、ぜひ出しっぱなしにしておくのがおすすめです。

 

 

 

 

 

抽出時間8時間本体材質-
容量600ml~1,000ml

口コミを紹介

週二で使っています。
時間を掛けて抽出するので雑味がなく美味しいアイスコーヒーをいただいています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

OXO(オクソー)

OXO 水出し コーヒーメーカー

価格:6,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒー以外に紅茶でも使える

使い勝手の良さで高評価を得ているOXOの製品が第2位にランクイン!水出しコーヒーはもちろん、紅茶も淹れられるのでどちらも良く飲むという方には非常におすすめ。これ一台で両方を楽しめるので、収納スペースがすっきりしますね。

 

またフィルターは、紙とステンレスの2種類が使用可能。出来上がったコーヒーは冷たいものですが、お湯を注いでホットで楽しんだり、ミルクを注いでカフェラテを楽しんだりとさまざまなコーヒーが楽しめます。

 

抽出時間は12~24時間と長時間なので、前日の夜セットをするのがおすすめ。朝には酸味と苦みの少ない滑らかな味わいのコーヒーが楽しめます。

 

抽出時間12~24時間本体材質AS樹脂(カップ部分)
容量900ml
1位

iwaki

ウォータードリッパー 耐熱ガラス K8644-CL1

価格:2,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電子レンジの使用が可能

堂々の第一位は、水とコーヒーの粉をセットするだけで水出しコーヒーが作れるこちらの製品。水タンクに水を入れるだけで点滴がスタート。誰でも簡単においしい水出しコーヒーが作れます。

 

一滴一滴抽出するタイプなので抽出するのに時間はかかりますが、待っている時間もコーヒーの良い香りに癒されて至福の時間となりそう。また水さえセットすればあとは出来上がりを待つだけなので、時間を逆算すれば忙しい方でも問題なく使えそうです。

 

また水タンクのフタは取り外してポットの蓋になるという機能的なこの製品。一度にたくさん出来上がるので、飲みきれない分は蓋をして冷蔵庫で保管もできますよ。電子レンジも使えるタイプなので、簡単にホットコーヒーも楽しめます。

 

 

抽出時間2~3時間本体材質耐熱ガラス
容量440ml

口コミを紹介

購入してから半年ほど経ちますが、毎朝使っています。
タンクに一気にお湯を注いだらそのまま放置するだけなので、時短&簡単です。
味にムラが出ることもありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

水出しコーヒー器具の選び方

いかがでしたでしたか?水出しコーヒー器具にはさまざまな種類があって、それぞれに魅力的な点があるので選ぶのに迷ってしまいますよね。次に数ある水出しコーヒー器具の中からどのように選べば良いのかをご紹介致しますので、ぜひこちらも参考にしてみて下さい。

 

いかがでしたでしょうか。コストコから販売されているパンはどれも魅力的で試してみたい商品ばかりでしたよね。次に、数あるコストコのパンからどのように選べばいいのかをごしょうかいしますので、こちらも参考にしてみて下さい。

パンの種類で選ぶ

いかがでしたでしょうか。コストコから販売されているパンはどれも魅力的で試してみたい商品ばかりでしたよね。次に、数あるコストコのパンからどのように選べばいいのかをごしょうかいしますので、こちらも参考にしてみて下さい。

パンの種類で選ぶ

ランキング内でもご紹介したように、水出しコーヒー器具は大きく分けて3タイプがあります。基本的には抽出方法も抽出時間も大きくは変わりませんが、こだわる部分や生活スタイルなどによって選ぶと良いかもしれませんよ。

ドリッパー・サーバータイプ

ポタポタと滴が落ちる様子も楽しみたいという方におすすめなのは、ドリッパー・サーバータイプの水出しコーヒー器具。滴下速度によっても味が変わるので、コーヒーに対してこだわりがある方にはぜひおすすめしたいタイプです。

 

またデザイン性が高い製品が多いのも特徴。そのため大きめのサイズのものが多いです。購入前にはどこに置くのかしっかりとサイズを測ってシミュレーションすることをおすすめします。

 

デザイン性の高さゆえに、出しっぱなしでもインテリアとして活躍してくれる点も見逃せません。またそのまま電子レンジで温められるタイプの製品も非常に多いので、気軽にホットコーヒーも楽しめます。

 

ポットタイプ

寝る前にコーヒーの粉と水を入れて冷蔵庫で冷やしておけば、朝起きるとおいしいモーニングコーヒーが出来上がっている手軽さが嬉しいこのタイプ。倒して保管ができるものも多くあるので、冷蔵庫内での保管場所に困ることも少ないかもしれませんよ。

 

ポットタイプのおすすめポイントは、水出しコーヒー以外の使い方ができるところ。紅茶や緑茶など他のお茶を作ることに対応している製品も多く販売されているので、コーヒー以外にも使えますよ。

 

コーヒーの粉と水を混ぜておいておくだけという手軽さな上に、ドリッパータイプなどと比較すると値段もお手頃となるので、水出しコーヒーの興味があるという方はまずはこちらのタイプから始めてみると良いかもしれませんね。

 

 

 

パックタイプ

ポットタイプよりもさらにお手軽に水出しコーヒーを始めたい方にはパックタイプがおすすめ。麦茶を入れる感覚で寝る前にポン!と水出しコーヒーのパックを入れるだけで、朝にはおいしいコーヒーが完成しています。

 

後片付けが楽に行えるという点にも注目。ドリッパータイプやポットタイプはコーヒーの粉に直接水を加えて抽出するので、後片付けの際にはコーヒーの粉がどうしても散らばりやすくなります。

 

その点パック式のものでしたら、コーヒーの粉はパックの中に入っているので後片付けはらくらく。抽出し終えたらパックをつまんで捨てるだけなので、コーヒーの粉が散らかることもないでしょう。

利便性で選ぶ

水出しコーヒー器具には見た目でも楽しめる本格的なものから、ポンとパックを入れるだけという手軽に楽しめるものまでさまざまな種類があります。自分の生活スタイルにはどのタイプが一番便利で楽しめるのかを考えて選択してみましょう。

収納場所や設置スペースで選ぶ

水出しコーヒー器具は、こだわりの喫茶店でも良く見られるよな存在感があるものが多いです。滴下するタイプのものはまずほとんどが大きいものとなるでしょう。そのため、見た目の素敵さに惹かれて購入する前にしっかりと設置場所を検討する必要があります。

 

インテリアとしても使えるおしゃれなデザインも魅力の一つとなるので、設置する場所がある方にはぜひおすすめしたいのが滴下するタイプ。場所が確保できないけれど滴下するタイプを検討している方には小さめのタイプもあるのでそちらがおすすめです。

 

冷蔵庫にしまって抽出する場合も、ドアポケットにしまう余裕があるのか。ないのなら倒して保管はできるのかという点などもぜひチェックをしましょう。収納場所などから選ぶのも一つの方法ですよ。

 

サーバーがそのまま使えるものを選ぶ

抽出したコーヒーを別の容器に移したりする必要があるものだと、その分手間がかかってしまったり洗いものも増えたりします。ちょっとしたことですが、特に毎日飲む方にはこの手間が面倒に感じてしまうかもしれません。

 

そのため、抽出後はそのまま注げるサーバーであるところをぜひチェックしましょう。製品によっては蓋がついているものもあり、抽出後にそのまま冷蔵庫で保管ができるものもあります。

 

そのまま使えるサーバーの多くは、電子レンジで加熱ができるものが多いのも特徴。電子レンジが可能なものであれば、気軽にホットコーヒーを楽しむこともできますね。

 

 

 

使用頻度で選ぶ

コーヒーが大好きで毎日水出しコーヒーを作ろうと思っている方は、手入れのしやすさという点も重要なポイントです。水出しコーヒーは麦茶を作る感覚でパックをポンと入れるだけのものから、いくつものパーツを組み合わせて抽出するものまでさまざまです。

 

製品によっては食器洗浄機が不可能のものもあるので、部品が多いと手入れが大変でせっかくの水出しコーヒーから遠ざかってしまう可能性も。気軽に水出しコーヒーを毎日楽しみたいという方は、ぜひ手入れが楽なものを選びましょう。

 

あまりパーツが多いものだと洗いものが増えたり、組み立てる手間が生まれます。しかしパーツが多く本格的なものは、組み立てたり手入れをしたりするのもまた楽しみにもなるので、自分がどのタイプなのかを考えると良いでしょう。

こだわりで選ぶ

コーヒーは淹れ方で味が大きく変わります。味にこだわりがある方は滴下するタイプの器具で滴下スピードを好みの味に合わせて変えられるものがおすすめですし、とにかく簡単に美味しいコーヒーが飲みたい方はパックタイプがおすすめです。自分のこだわりに合わせて器具を選択するようにすると、お気に入りの一品が見つかりやすいですよ。

滴下スピードが変えられるものを選ぶ

コーヒーは淹れ方によって味が大きく変わる飲み物です。同じ豆でもお湯を使って抽出したものと水で抽出したものでは味が全然違います。滴下スピードも同じで、スピードにより味が変わるのです。

 

コーヒーに強いこだわりを持つ方は、ぜひ滴下スピードの調整ができるものを選んでその味の違いを楽しむことをおすすめします。滴下スピードは、多くの製品でコックを調整するだけで可能となるので簡単ですよ。

 

 

容量で選ぶ

ランキングでもご紹介したように、440mlくらいの量が作れるものから1,000mlを超える量を一度に作れるものまで、さまざまなものがあります。1人で楽しむのであれば440mlぐらいのものを選びましょう。2杯ほど楽しめます。

 

コーヒーが大好きで量をたくさん飲んだり家族で飲むという方であれば、1,000mlくらいの大容量を一度に使えるタイプがおすすめです。水出しコーヒーは抽出するのに時間がかかるので、1日に飲む量や飲む人数が多い場合には大容量を選ぶ必要があります。

 

普段は一人で1日2杯くらいだけれども、来客用に多く作りたい日があるという方はその時だけパック式の水出しコーヒーを使うというのはいかがでしょう?使い勝手も良くなり無駄もありませんよ。

 

水出しコーヒー器具のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5294109の画像

    iwaki

  • 2
    アイテムID:5294915の画像

    OXO(オクソー)

  • 3
    アイテムID:5296621の画像

    FECHO

  • 4
    アイテムID:5296585の画像

    bruer(ブルーアー)

  • 5
    アイテムID:5296529の画像

    HARIO(ハリオ)

  • 6
    アイテムID:5296479の画像

    iwaki

  • 7
    アイテムID:5295995の画像

    家具の里

  • 8
    アイテムID:5295883の画像

    HARIO(ハリオ)

  • 9
    アイテムID:5295848の画像

    (株)トキワ工業

  • 10
    アイテムID:5294932の画像

    iwaki

  • 11
    アイテムID:5294928の画像

    HARIO(ハリオ)

  • 12
    アイテムID:5294920の画像

    KINTO(キントー)

  • 13
    アイテムID:5294180の画像

    キーコーヒー

  • 14
    アイテムID:5294171の画像

    HARIO(ハリオ)

  • 15
    アイテムID:5294136の画像

    HARIO(ハリオ)

  • 商品名
  • ウォータードリッパー 耐熱ガラス K8644-CL1
  • OXO 水出し コーヒーメーカー
  • 耐熱ガラス アイスコーヒー メーカー
  • Cold Bruer
  • フィルターイン コーヒーボトル FIC-70 CBR
  • SNOWTOP ウォータードリップ コーヒーサーバー K8644-M
  • 深煎りブレンド使用 水出しコーヒーパック(5個入り)
  • コールドブリュー コーヒージャグ CBS-10HSV
  • 水出しコーヒーパック22枚入り
  • SNOWTOP ウォータードリップ コーヒーサーバー K8635-M
  • スロードリップ ブリュワー 雫 SBS-5B
  • アイスコーヒージャグ
  • 香味まろやか水出し珈琲 (35g×4P)×3個
  • ウォータードリッパー WDC-6
  • 水出し コーヒーポット MCPN-14CBR
  • 特徴
  • 電子レンジの使用が可能
  • コーヒー以外に紅茶でも使える
  • 600ml-1000ml作れるサイフォン式
  • コンパクトで設置しやすい
  • 一度に650mlが作れる
  • 使わない時もインテリアとして使える
  • 喫茶店のコーヒーの味
  • 約8時間で1,000mlできる
  • 手軽に楽しみたいならパックタイプ
  • デザインと機能が融合したコーヒー器具
  • 見た目にも癒される滴下式
  • 一度にマックス1.2Lも作れる
  • 手軽なティーバッグタイプ
  • 一度に2~6杯分楽しめる
  • 1000ml作れる大容量タイプ
  • 価格
  • 2376円(税込)
  • 6500円(税込)
  • 4910円(税込)
  • 6380円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 16152円(税込)
  • 1566円(税込)
  • 3645円(税込)
  • 154円(税込)
  • 44685円(税込)
  • 3180円(税込)
  • 2530円(税込)
  • 1128円(税込)
  • 16078円(税込)
  • 870円(税込)
  • 抽出時間
  • 2~3時間
  • 12~24時間
  • 8時間
  • 6時間
  • 8時間
  • 2時間
  • 8時間
  • 8時間
  • 一晩
  • -
  • 1~2時間
  • -
  • 4時間
  • -
  • 8時間
  • 本体材質
  • 耐熱ガラス
  • AS樹脂(カップ部分)
  • -
  • 耐熱ガラス
  • 耐熱ガラス
  • 耐熱ガラス
  • -
  • 耐熱ガラス
  • -
  • ガラス
  • 耐熱ガラス
  • プラスチック
  • -
  • 耐熱ガラス
  • 耐熱ガラス
  • 容量
  • 440ml
  • 900ml
  • 600ml~1,000ml
  • 590ml
  • 650ml
  • 440ml
  • 1パックで6~7杯
  • 1,000ml
  • コーヒー粉約35g(3人分 約500mL)
  • 440ml
  • 600ml
  • 1.2L
  • 1パックで500ml
  • 780ml
  • 1,000ml

まとめ

水出しコーヒ器具のランキングと選び方、参考になりましたか?さまざまなタイプの器具が発売されているので、ぜひ自分の生活スタイルなどに合わせてこれだ!という一品を見つけてくださいね。水出しコーヒーは時間こそかかりますが、最高のコーヒーが飲めますよ。

 

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ