スイムベイトの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

記事ID6337のサムネイル画像

釣りをする際、魚になるべく怪しまれないように工夫することは重要なことになります。そんなとき使えるのがスイムベイトとなります。魚と同じような形状のため、違和感なく魚をおびき寄せられるのです。今回は、そんなスイムベイトの選び方とおすすめ商品を紹介します。

釣りを楽しむならスイムベイトを使いこなそう

近年、釣りを楽しむ人が増えており、川や海などでよく見かけるようになりました。ですが、釣りを始めたばかりの人は、まだまだ道具を使いこなしていないことも多いと言えます。そんな釣り道具には、魚を模したルアーであるスイムベイトも含まれています。

 

スイムベイトを使った釣りは、餌を使わない方法であり、多くの人が実践しているものとなっています。また、スイムベイトの種類にも様々なものがあるため、自分好みのものを集めている人も多いのです。

 

今回は、そんなスイムベイトの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介していきます。ランキングの基準には主に、フック・形状・スペア・カスタマイズなどがあります。自分に最も合ったスイムベイトを選んで、釣りを楽しんでみてください。

スイムベイトのおすすめ人気ランキング15選

安くて数が多いスイムベイト

数が多く、価格もかなりリーズナブルになっているスイムベイトです。8本入りとなっており、壊れてもすぐに交換出来るので、コストパフォーマンスは抜群と言えるでしょう。とはいえ、スイムベイトとしての役割はしっかりと果たしてくれるので、ぜひどうぞ。

タイプ ワームタイプ サイズ 約73mm
重量

口コミを紹介

ヒラメ、マゴチが高確率で釣れます。近所の海に行くたびに1匹釣れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ジャッカル

ビッグバッカー ソフトバイブ

スペアを用意しやすいスイムベイト

別売りでスペアを用意するタイプのスイムベイトとなります。サイズは大きすぎず小さすぎないものとなっており、とても使いやすくなっています。交換作業は、ワーム部分を取り換えるだけです。釣りの途中でも時間をかけず使えるため、ぜひどうぞ。

タイプ 外付け サイズ 約115mm
重量 約28g

口コミを紹介

飛距離も伸びて手に伝わるバイブレーションの感覚が鋭いです。水中では小魚が泳いでる様な生感たっぷりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

特徴的な形状をしたスイムベイト

他のスイムベイトに比べて、かなり特徴的な形状をしているスイムベイトとなります。この形状から、多くの魚に使えるスイムベイトとなっているため、汎用性はかなり高いと言えます。悩んだときに試しやすいものなので、ぜひ使ってみてください。

タイプ 外付けフック サイズ 約80mm
重量 約26g

口コミを紹介

巻いてるだけで満足します。その上よく飛ぶのでキャストで遊びたいときなんかも良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

フックを隠すタイプのスイムベイト

フックが隠れるように作られているスイムベイトです。フックが魚の食いつきで飛び出るため、より自然な形で活用することが出来ます。また、根掛かりを防止することも可能なので、ぜひ上手く活用してみてください。

タイプ フック収納 サイズ 約76mm
重量 約14g

口コミを紹介

喰い付いたら離しにくくポテンシャルは高い感じですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

フックをホールドできるスイムベイト

スイムベイトの下部にフックをホールド出来る商品です。これにより、フックを極力目立たせずに釣りを行うことが可能になっています。また、魚が食いついた瞬間にホールドされたフックが外れてヒットします。使いやすいので、ぜひどうぞ。

タイプ 外付けフック サイズ 約127mm
重量 約21g

口コミを紹介

商品状態も良くてよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルかつコストパフォーマンスの良いスイムベイト

かなりシンプルな作りになっているスイムベイトであり、使いやすいワームタイプのスイムベイトとなります。1セット5本あるので、かなりコストパフォーマンスが良くなっています。種類も多く、様々な状況で活用できるのでぜひどうぞ。

タイプ ワームタイプ サイズ 約120mm
重量 約19g

口コミを紹介

飛距離も十分。ノーシンカーで使いましたが釣れるワームです。

出典:https://www.amazon.co.jp

フックがほとんど目立たないスイムベイト

フックが本体に完全に隠れる作りになっており、かなり使いやすいスイムベイトとなっています。実際に魚が食いつくとすぐにフックが飛び出すので、見た目以上に釣りやすくなっているのです。より魚を上手く引き付けたいなら、ぜひどうぞ。

タイプ フック収納 サイズ 約160mm
重量 約10.6g

口コミを紹介

使い方はアングラーの発想次第で広がるルアー。

出典:https://tsurihack.com

特殊な形状のスイムベイト

先端部分にプロペラが付いているスイムベイトとなっています。この特殊な形状によって、チリチリとした音を出し、周囲の魚にアピールを行うことが出来ます。とはいえ、傍から見ればほとんど魚と同じなので、ぜひ活用してみてください。

タイプ 外付けフック サイズ 約115mm
重量 約23.5g

口コミを紹介

1ozクラスのタックルでキャスト出来る控えめの重さで、初心者の方にもおすすめ!

出典:https://kurashi-no.jp

リアリティのある動きが特徴のスイムベイト

動きにリアリティがあるスイムベイトであり、魚の注目を上手く引き付けてくれる作りになっています。また、スペアも付いているため、万が一途中で千切れてもすぐに交換することが出来ます。食いつきがよくなるスイムベイトなので、ぜひ使ってみてください。

タイプ 外付けフック サイズ 約90mm
重量 約16g

口コミを紹介

1投目から時合終了まで毎投アタリあり。

出典:https://www.amazon.co.jp

テール部分が大きく存在感のあるスイムベイト

形状自体はそこまで大きくないのですが、テール部分の存在感があるスイムベイトです。そのため、魚に対するアピールを行いやすく、狙う魚のサイズも広く考えることが出来ます。汎用性が高いので、上手く活用してみてください。

タイプ 外付けフック サイズ 約62mm
重量 約29.5g

口コミを紹介

今まで口を使わなかった魚も食いつくようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

縦横無尽に動けるスイムベイト

このスイムベイトに採用されているテール部分は、動く速さを自在に変えられるよう設計されたものになっています。また、本体にはインナーコア構造が採用されており、耐久性もかなり高くなっています。おすすめのスイムベイトなので、ぜひどうぞ。

タイプ 外付けフック サイズ 約155mm
重量 約42g

口コミを紹介

スイムベイトらしい魚を引っ張る力はしっかりと持っている感じです

出典:https://www.flash-union.jp

誘いが得意なスイムベイト

魚を強く誘いたいときにおすすめ出来るスイムベイトとなります。動きが少し鈍い点もありますが、それがスレた魚を油断させやすくなっているため、予想以上の成果を出すことが出来るでしょう。人が多いスポットでこそ光るスイムベイトとなっています。

タイプ 外付けフック サイズ 約160mm
重量 約28g

口コミを紹介

重さもあるので、飛びますし動きもとても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者から上級者まで幅広く使えるスイムベイト

初心者から上級者まで使いやすいスイムベイトであり、動きもかなりリアリティがあります。また、使われている素材には本物のイカと海老の粉末があり、匂いと味も釣りを行う上で有利です。使いやすいスイムベイトなので、ぜひ使ってみてください。

タイプ 針差しタイプ サイズ 約88mm
重量 約15g

バランスの良いスイムベイト

見た目もさることながら、動きの強弱がつけやすいスイムベイトとなっています。また、フックをマグネットで固定出来るので、魚に警戒される可能性を引き下げつつスマートに釣り上げることが出来ます。使いやすいスイムベイトとなので、ぜひどうぞ。

タイプ 外付けフック サイズ 約115mm
重量 約15g

口コミを紹介

トータルバランスに優れたスイムベイト。初心者におすすめ。

出典:https://shimirin.com

プロが考えたスイムベイト

釣りのプロである村上晴彦さんが考えたスイムベイトです。テール部分から伝わる振動が魚を誘いやすくしており、なおかつ姿勢もしっかりと安定させることが出来ます。また、耐久性と柔らかさを両立している商品でもあります。おすすめなので、ぜひどうぞ。

タイプ 外付けフック サイズ 約140mm
重量 約30g

口コミを紹介

ユーザー目線でも使いやすいいスイムベイトです。

出典:https://bass-blog.com

スイムベイトの選び方

スイムベイトを選ぶ際は、それぞれの特徴を知っておかなければなりません。自分がどんな釣りをするかによって、選ぶべきスイムベイトは違ってきます。

使い方に変化を持たせるフックは重要

スイムベイトについているフックは、商品によってそれぞれ違ったものになっています。釣りやすさなどを決める重要な部位なので、しっかりとみて選んでいきましょう。

外付け出来るスイムベイトはフッキングしやすい

スイムベイトを使う際、フックを内蔵する場合と外につける場合があります。内蔵するものは、岩などにフックをひっかけにくくなるため、ロッドの操作性が高くなるのが特徴です。その点、外付けフックは引っ掛かりが多くなる分、フッキングが容易になります。

 

せっかく獲物がスイムベイトを咥えても、しっかりとフッキング出来なければ意味がありません。そのため、フッキングに不安を感じるなら外付けフックをつけて、確実に釣り上げられるようにしてみましょう。

 

ですが、外付けフックには難点として、獲物に勘付かれやすいというものがあります。特に、多くの人が釣りを行うスポットでは、獲物の目も肥えがちです。そのため、使う場所を考えてから、外付けフックを上手く使ってみてください。

違和感をなくしたいならホールドタイプがおすすめ

フッキングを強化する意味合いが強い外付けフックがあまり合わないという場合は、スイムベイトにフックを固定するホールドもおすすめです。これを使うことで、フックを目立たせずに釣りを行うことが出来ます。

 

ホールドタイプは、同じ外付けタイプの中でもより違和感がないものとなっています。そのため、魚に勘付かれる可能性が低くなり、釣りの成功率が上がるようになっているのです。確実な釣りを行いたい人にはおすすめのタイプとなります。

 

ですが、ホールドタイプを使う際にはこれに適応したスイムベイトを選ぶ必要があります。これは、単なる外付けタイプとは多少作りが異なるものも多いためです。そのため、選ぶときには対応しているかどうかをよく確認しておくようにしましょう。

フックがボディにそのまま隠れるタイプもおすすめ

先程紹介したホールドタイプも良いですが、さらに魚の目を欺きたいと考えるのであればボディにフックが全て隠れてしまうものもおすすめします。このタイプなら、最も自然な形で魚を誘い出すことが出来ます。

 

ですが、魚がボディに隠れるため、食いつかれるまでフックが魚に引っかからないようになっています。これにより、場合によっては上手く魚がヒットしなくなることもあるのです。そのため、狙う魚によっては使いにくくなることもあります。

 

フッキングを得意としている人なら、多少弱い食いつきでも問題ありません。逆に、釣りの初心者などには少し難易度が高いタイプだと言えるでしょう。自分の力量と狙う魚をよく考えた上で、フックが隠れるタイプを選んでみてください。

根掛かりが気になる人はワームタイプを使ってみる

釣りをするうえで気になる点として、根掛かりがあります。これはスイムベイトを使う上でほぼ必ずぶつかる壁になるものです。こんなときに使いやすいものとして、ワームタイプと呼ばれるものも存在しています。

 

ワームタイプは、ソフトな素材かつ小型のスイムベイトであり、フックも比較的小さいものとなっています。これにより、フックをつけながらも根掛かりを最小限に抑えることが出来るため、使いやすいタイプだと言えるでしょう。

 

また、ワームタイプは価格がとても安くなっているので、試しに使ってみたいという人でも簡単に手に入れることが可能です。初めて釣りをする人にはとてもおすすめ出来るタイプになっているので、ぜひ活用してみてください。

形状なども上手く釣る上で重要な要素となる

スイムベイトは、フックだけでなく形状にも目を向けるべきものです。狙う魚やフィールドによって形状を選ぶことで、さらに釣りが楽しくなります。

狙う魚に合わせたサイズ調整は必須

釣りをするうえで、あらかじめ何を釣りに行くのかを決めるのは当然することです。ですが、釣りを始めたばかりであれば、何でもよいので釣れればいいと考えてしまうこともよくあります。

 

こうした考えは間違いではないのですが、出来るなら狙うべき魚は決めたほうが釣りはより楽しくなるのです。そのため、狙う魚に合わせたスイムベイトを選ぶということがどうしても重要になることを知っておきましょう。

 

とはいえ、そこまで難しく考えることはなく、小さい魚には小さいスイムベイトを選ぶといったごく当たり前の考えで十分です。一番良いのは、サイズごとにスイムベイトを揃えておくことなので、しっかりと準備をしておくようにしてください。

ロッドを大切に使うならウエイトの確認をしておく

釣りをする際、最も重要な道具となってくるのはロッドです。これがなければ釣りを始めることすら難しくなるのですが、中には間違った使い方をしてロッドを折ってしまう場合も見受けられるため、準備の段階で道具の確認は必須となってくるのです。

 

そして、これはスイムベイトにも同じことが言えます。スイムベイトには様々なサイズのものがあり、それぞれウエイトが決まっています。このウエイトが重すぎると、ロッドの対応限界を超えてしまい、折れるという事態に発展するのです。

 

ロッドが折れるというのは、釣りをしている側からすればかなりショックな出来事となります。最悪、釣りをしたくなくなる可能性もあるので、必ずロッドに合ったウエイトのスイムベイトを選ぶようにしましょう。

魚にアピールするなら色にも注目してみる

スイムベイトを選ぶとき、意外と見落としがちな要素として色があります。大抵の場合、自分が好きな色を選ぶことが多いのですが、釣りをする場所などによっては、魚に気付かれにくいこともあるのです。

 

特に、水がかなり濁っている場所などで釣りをする場合、スイムベイトの色も派手なものにしておく必要があります。逆もしかりで、綺麗な水の場合は、なるべく周囲の景色に溶け込むような自然に近い色が有利となっています。

 

このように、スイムベイトを選ぶ際には、サイズや形状以外に色も重要な要素となってきます。そのことを覚えておけば、釣れる可能性をさらに上げることも可能です。しっかりと選んで、釣りをさらに楽しんでみてください。

スペアはしっかりと用意しておく

スイムベイトは、釣りを行う上で非常に便利な道具となっています。そのため、多くの人が使っているのですが、便利な反面、壊れやすいという欠点もあります。中には、1回の釣りで使い物にならなくなる場合もあるのです。

 

そのため、スイムベイトを中心に使っていきたいと考えている人は、必ずスペアをいくつか用意しておくことをおすすめします。特に、長時間の釣りを行いたいなら、スペアはほぼ必須と言っても過言ではありません。

 

このことから、スイムベイトは常に使い続けることは難しい道具だということが分かります。常にスイムベイトを使い続けるなら、交換しやすいものやコストパフォーマンスが良いものを選んでみると良いでしょう。

メーカーを知っていると選びやすい

スイムベイトを選ぶ際は、販売しているメーカーも調べておきましょう。どのメーカーがどんなスイムベイトを販売しているかを知っていれば、購入しやすくなります。

有名なメーカーとしてはジャッカル

スイムベイトをはじめとした釣り道具を多く販売しているメーカーとして、ジャッカルがおすすめ出来ます。ジャッカルのスイムベイトには個性的なものが多く、機能性も兼ね備えたものが多くなっています。

 

また、スイムベイトに限らず、各種ベイトに関しても優秀なものが多いのも特徴です。そのため、スイムベイト以外の釣り道具を探したいときにも活用しやすいメーカーであり、覚えておいて損はありません。

 

多くの人がおすすめしているメーカーであり、初心者から上級者まで幅広く利用することが出来るでしょう。どのメーカーを選ぶかで悩んだときは、まずジャッカルを見ておけば間違いありません。

老舗メーカーであるメガバスもおすすめ

老舗メーカーとして、日本国内で人気を博しているメガバスもおすすめ出来ます。もちろん、日本以外の国でも高く評価されることが多く、安心して選べるメーカーの1つとなっています。使っている人も多いので、評判などを集めやすいメーカーでもあります。

 

また、老舗メーカーというだけあって、そのラインナップも様々なものがあります。とにかく種類が多く、自分が求めているスイムベイトを選びやすいため、覚えておいて損はないメーカーがメガバスなのです。

 

また、スイムベイト以外の釣り道具に関しても、かなりの数が揃っていることから、気軽に利用できる点もおすすめです。商品ラインナップをよく確認して、自分に必要なものをぜひ見つけてみてください。

個性的なメーカーとしてイマカツもおすすめ

個性的なスイムベイトが多いメーカーとして、イマカツというメーカーもおすすめです。普通のスイムベイトではなく、少し変わったものを使いたいという人などはイマカツの商品を見てみると良いでしょう。

 

もちろん、一般的なスイムベイトも多く存在しており、完成度もかなり高くなっています。多くの人に使われているメーカーでもあり、実用性は保証されているスイムベイトだといえるでしょう。

 

それぞれが作りこまれたスイムベイトのため、価格は少し高くなっています。そのため、少しでも安くスイムベイトを用意したいと考える人は、予算と相談してから購入することをおすすめします。性能面はかなり信頼出来るので、1度は試してみてください。

スイムベイトのおすすめ商品一覧比較表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5201789の画像

    イッセイ

  • 2
    アイテムID:5201745の画像

    フィッシュアロー

  • 3
    アイテムID:5201720の画像

    オーエスピー

  • 4
    アイテムID:5201644の画像

    シグナル

  • 5
    アイテムID:5201551の画像

    フラッシュユニオン

  • 6
    アイテムID:5201539の画像

    ジャッカル

  • 7
    アイテムID:5201524の画像

    コアマン

  • 8
    アイテムID:5201478の画像

    ジャッカル

  • 9
    アイテムID:5201424の画像

    イマカツ

  • 10
    アイテムID:5201410の画像

    ゲーリーヤマモト

  • 11
    アイテムID:5200923の画像

    メガバス

  • 12
    アイテムID:5200837の画像

    メガバス

  • 13
    アイテムID:5200778の画像

    ジャッカル

  • 14
    アイテムID:5200721の画像

    ジャッカル

  • 15
    アイテムID:5200685の画像

    エコギア

  • 商品名
  • マサウオ
  • ビビッドクルーズ
  • ドライブシャット
  • デビルスイマー
  • ユニオン
  • ダンクル
  • VJ-16
  • ディズラ
  • ステルススイマー
  • ハートテール
  • マグドラフト
  • ダークスリーパー
  • デラボール
  • ビッグバッカー ソフトバイブ
  • パワーシャッド
  • 特徴
  • プロが考えたスイムベイト
  • バランスの良いスイムベイト
  • 初心者から上級者まで幅広く使えるスイムベイト
  • 誘いが得意なスイムベイト
  • 縦横無尽に動けるスイムベイト
  • テール部分が大きく存在感のあるスイムベイト
  • リアリティのある動きが特徴のスイムベイト
  • 特殊な形状のスイムベイト
  • フックがほとんど目立たないスイムベイト
  • シンプルかつコストパフォーマンスの良いスイムベイト
  • フックをホールドできるスイムベイト
  • フックを隠すタイプのスイムベイト
  • 特徴的な形状をしたスイムベイト
  • スペアを用意しやすいスイムベイト
  • 安くて数が多いスイムベイト
  • 価格
  • 1526円(税込)
  • 1487円(税込)
  • 858円(税込)
  • 1830円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 1742円(税込)
  • 1540円(税込)
  • 1094円(税込)
  • 1944円(税込)
  • 1011円(税込)
  • 5000円(税込)
  • 654円(税込)
  • 823円(税込)
  • 1089円(税込)
  • 561円(税込)
  • タイプ
  • 外付けフック
  • 外付けフック
  • 針差しタイプ
  • 外付けフック
  • 外付けフック
  • 外付けフック
  • 外付けフック
  • 外付けフック
  • フック収納
  • ワームタイプ
  • 外付けフック
  • フック収納
  • 外付けフック
  • 外付け
  • ワームタイプ
  • サイズ
  • 約140mm
  • 約115mm
  • 約88mm
  • 約160mm
  • 約155mm
  • 約62mm
  • 約90mm
  • 約115mm
  • 約160mm
  • 約120mm
  • 約127mm
  • 約76mm
  • 約80mm
  • 約115mm
  • 約73mm
  • 重量
  • 約30g
  • 約15g
  • 約15g
  • 約28g
  • 約42g
  • 約29.5g
  • 約16g
  • 約23.5g
  • 約10.6g
  • 約19g
  • 約21g
  • 約14g
  • 約26g
  • 約28g

そのほかのベイトはこちらをチェック

以下の記事では、ベイトの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

スイムベイトの選び方とおすすめ商品を紹介しました。スイムベイトは、釣りにおける様々な場面で活用出来る道具です。また、場所や獲物に合わせた選び方をすれば、釣りをさらに楽しめるものでもあるため、今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月31日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

レトルト・惣菜
2021年最新版】投げ竿の人気おすすめランキング20選【ダイワ・シマノも紹介!】

2021年最新版】投げ竿の人気おすすめランキング20選【ダイワ・シマノも紹介!】

釣具
【2021年最新版】ルアー回収機の人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】ルアー回収機の人気おすすめランキング15選

釣具
【2021年最新版】スリーパーの人気おすすめランキング15選【春夏用も!】

【2021年最新版】スリーパーの人気おすすめランキング15選【春夏用も!】

ベビー用品
【2021年最新版】花王のケープの人気おすすめランキング15選【巻き髪にも】

【2021年最新版】花王のケープの人気おすすめランキング15選【巻き髪にも】

ヘアケア・スタイリング用品
【2021年度最新版】家庭用金庫の人気おすすめランキング15選【耐火・防盗】

【2021年度最新版】家庭用金庫の人気おすすめランキング15選【耐火・防盗】

防犯グッズ