【SACDで高音質を再現】SACDプレーヤーのおすすめ人気ランキング15選

記事ID5693のサムネイル画像

普段使っているCD音源より、さらに高音質なものとしてSACDがあります。これは、対応しているプレーヤーによって再生出来るものであり、より音質の向上を図りたい人にはうってつけのものとなっています。今回は、SACDプレーヤーの選び方と製品について紹介していきます。

SACDプレーヤーでさらなる高音質を体験しよう

SACDプレーヤーと聞いても、あまりピンとくる人は少ないかもしれません。これは、通常のCDよりも、容量・音質ともに優れた音楽再生機器のことを意味しているのです。これを使えば、普段聴いている音楽がさらにグレードアップすることになります。

 

ですが、性能が高い分、通常のCDに比べて使いづらい点もあります。それでも、より良い音を求めている人には人気のある製品であり、近年では実用性も上がってきています。音にこだわりがある人なら、1度使ってみても損はないでしょう。

 

今回は、そんなSACDプレーヤーの選び方とおすすめ製品を紹介していきます。選び方のポイントとしては、サイズ・デザイン・フォーマット・ディスク・周波数・機能などがあります。それぞれ重要な要素なので、ぜひ参考にしてみてください。

SACDプレーヤーのおすすめ人気ランキング15選

15位

デノン

DCD-1600NE

価格:91,785円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安く手に入るSACDプレーヤー

SACDプレーヤーの中でも、かなり価格がリーズナブルとなっている製品です。SACDプレーヤーは、価格が何十万円もすることが多いので、初心者でも安心して購入出来ます。SACD以外のディスクにも広く対応しているので、ぜひ試してみてください。

サイズ434x135×329mm重量8.2㎏
フォーマットMP3、WMA、AAC、WAV/FLAC、ALAC、AIFF、DSDディスクSA‐CD、CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCAハイレゾ対応

口コミを紹介

安価ながら、よく出来たプレーヤーです。欠点が見当たらないです。さすがはデノン。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ラックスマン

D-06

価格:16,072円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スッキリとしたデザインのSACDプレーヤー

比較的コンパクトなデザインをしており、かなり評判の良い製品となっています。再生ディスクとしては少ないですが、その分、高音質を実現しているため、かなり満足出来るSACDプレーヤーと言えるでしょう。おすすめなので、ぜひどうぞ。

サイズ440×130×410mm重量15.5㎏
フォーマットPCM、DSDディスクSA-CD、CD
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCAハイレゾ対応

口コミを紹介

暖かく、明るめ、耳当たりが柔らかく響きの豊かな鳴りをする。

出典:https://review.kakaku.com

13位

デノン

DCD-2500NE

価格:170,478円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丁寧に音を再現しているSACDプレーヤー

音を丁寧に拾って再生してくれるため、繊細な音楽を聴くことが可能となっています。また、ハイレゾ対応もあるため、音質に関してはほとんど心配する必要はないと言えます。使って損はないSACDプレーヤーなので、ぜひ使ってみてください。

サイズ434x138x335mm重量13.7kg
フォーマットMP3、WMA、AAC、WAV、FLAC、ALAC、AIFF、DSDディスクCD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCAハイレゾ対応

口コミを紹介

とても伸びやかにそれでいて繊細で広がりもあり、とても心地よく聞けるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

エソテリック

ESOTERIC K-05X

価格:608,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

読み取り精度が高まっているSACDプレーヤー

読み取り精度が上がる仕様になっているため、かなり使いやすいSACDプレーヤーとなっています。また、音質もかなり高いレベルになっているため、安心して使うことが出来るでしょう。価格は高めなので、予算と相談して選んでみてください。

サイズ445x131x355mm重量14kg
フォーマットPCM、DSDディスクSA-CD、CD-R、CD-RW
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCAハイレゾ対応

口コミを紹介

音源に記録された情報を万遍なく、細分漏らさず、バランスよく表現します。

出典:https://review.kakaku.com

11位

マランツ

SA-12

価格:302,286円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パーツの選択が自由に出来るSACDプレーヤー

音質に関わるパーツを自由に選ぶことが出来るため、ある程度カスタマイズの楽しみがあるSACDプレーヤーとなっています。価格は高めですが、その分、高性能プレーヤーなので、ぜひ使ってみることをおすすめします。

サイズ440x123x419mm重量16.4kg
フォーマットMP3、WMA、AAC、WAV、FLAC、ALAC、AIFF、DSD、リニアPCMディスクSA-CD、CD-R、CD-RW、CD-DA、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、ヘッドホンハイレゾ対応

口コミを紹介

とにかく出てくる音が美しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

ヤマハ

CD-S2100

価格:251,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

読み取り精度が高いSACDプレーヤー

読み取り精度が高いため、ストレスなく音楽を楽しむことが出来るSACDプレーヤーとなっています。デザインもシンプルであり、繊細な音を聴くことが出来るので、ぜひ使ってみてください。

サイズ435x137x438mm重量15.6kg
フォーマットMP3、WMA、PCM、DSDディスクSA-CD、CD-R、CD-RW
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCAハイレゾ対応

口コミを紹介

癖が無く非常に馴染みの良い綺麗な音色と、解像度もこのクラスとしては申し分ありません。

出典:https://review.kakaku.com

9位

ラックス

D-06u

価格:535,572円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音質・読み取り精度ともに高いSACDプレーヤー

価格は高めになっていますが、期待通りの性能を発揮してくれるSACDプレーヤーとなっています。また、豊富な端子と高音質設計、USBとの接続も可能であり、かなり便利に使えるので、ぜひ使ってみてください。

サイズ440x133x410mm重量15.7kg
フォーマットPCM、DSDディスクSA-CD、CD
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、XLR3極バランスハイレゾ対応

口コミを紹介

特筆すべきは、高域の美しさです。バイオリンコンチェルトを良く聴きますが、決してきつくならず繊細な表現も余すことなく伝えてくれます。

出典:https://review.kakaku.com

8位

ヤマハ

CD-S1000(S)

価格:80,919円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格がリーズナブルなSACDプレーヤー

SACDプレーヤーの中でも、価格が安い部類に入る製品となっています。ですが、価格以上の高音質を誇っており、初めてSACDプレーヤーを選ぶ人でも購入しやすくなっています。入門用としてもおすすめなので、ぜひ試してみてください。

サイズ435x137x440mm重量15kg
フォーマットMP3、WMA、DSDディスクSA-CD、CD-R、CD-RW
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCAハイレゾ対応-

口コミを紹介

自然な楽器の音が聴こえます。さすが音響メーカーだなと感心しています。素晴らしいの一言です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ソニー

SCD-XE800

価格:24,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質を追求したSACDプレーヤー

ソニーの高性能コンバーターを搭載したSACDプレーヤーとなっているため、かなり音には期待出来る製品と言えます。ハイレゾ対応もしているので、SACDと合わせて質の高い音楽を楽しんでみてください。

口コミを紹介

いつでも聴ける事の優越感を、この金額で手に入れる事が出来るのは安いものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

オンキヨー

C-S5VL(S)

価格:64,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノイズを確実に排除してくれるSACDプレーヤー

高音質であることはもちろん、細かいノイズまでしっかりと排除してくれるSACDプレーヤーとなります。クリアな音を常に楽しむことが出来るだけでなく、価格もリーズナブルなので、ぜひ使ってみてください。

サイズ435x80x318mm重量4.5kg
フォーマット-ディスクSA-CD、CD-R、CD-RW
出力端子光デジタル、同軸デジタル、ヘッドホンハイレゾ対応-

口コミを紹介

スピーカーは前と同じでもオーディオが違うとこんなにも差があるのかとカルチャーショックでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

デノン

DCD-SX11

価格:344,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

CD音源もハイエンド化出来るSACDプレーヤー

従来のCD音源をハイエンド化することも出来る、音質にこだわったSACDプレーヤーとなります。また、ハイレゾ対応もしていることから、とにかく音質重視という人にはおすすめのSACDプレーヤーなので、ぜひ試してみてください。

サイズ434x137x404mm重量21.4kg
フォーマットMP3、WMA、AAC、WAV、FLAC、ALAC、AIFF、DSDディスクSA-CD、CD
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCAハイレゾ対応

口コミを紹介

1番、音がフラットで聴きやすかったですし、艶もあり、大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

マランツ

SA-14S1

価格:183,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

読み取り性能が高いSACDプレーヤー

読み取り性能を以前のモデルよりも向上させ、ノイズもかなり排除されているSACDプレーヤーとなっています。全体的に、開放感のある音を再生出来るようになっており、ストレスなく音楽を楽しむことが出来るため、ぜひどうぞ。

サイズ440x123x419mm重量14.5kg
フォーマットMP3、WMA、AAC、WAV、リニアPCM、DSDディスクSA-CD、CD-R、CD-RW
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、ヘッドホンハイレゾ対応

口コミを紹介

ひと言で表すと「品のいい音」という印象です。滑らかで上質感があり、淡いゴールドカラーの見た目と音の印象がピタリと合っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

パイオニア

PD-70

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能かつリーズナブルなSACDプレーヤー

従来のモデルより高性能になっていますが、価格はかなりリーズナブルなSACDプレーヤーとなっています。そのため、初心者でも購入しやすい製品だと言えるでしょう。バランスもかなり良いので、ぜひ試してみてください。

サイズ435x128x329mm重量7.8kg
フォーマットMP3、MPEG-4 AAC、WMA、DSDディスクSA-CD、CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RW
出力端子光デジタル、同軸デジタルハイレゾ対応-

口コミを紹介

非常に良い製品です。適度な重量感があり、再生音も申し分ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

マランツ

SA8005

価格:74,400円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

経年劣化しにくいSACDプレーヤー

外装に金メッキが施された、高性能SACDプレーヤーとなります。これにより、経年劣化を最小限に抑えることが出来るため、音質低下を防ぐことが可能になっています。価格もかなりリーズナブルなので、ぜひ使ってみてください。

サイズ440x106x341mm重量8kg
フォーマットMP3、WMA、AAC、WAV、リニアPCM、DSDディスクSA-CD、CD-R、CD-RW
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、ヘッドホンハイレゾ対応

口コミを紹介

CDの音が生々しくなり、ハイレゾの音源もいいが、CDで十分と思わせてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ソニー

SCD-XA5400ES

価格:105,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自然な音楽が再生出来るSACDプレーヤー

搭載されているコンバーターにより、かなり自然な音楽を楽しむことが出来るようになっています。デザイン性も高く、コンパクトな形状なため、部屋のインテリアとしても機能するでしょう。おすすめ製品なので、ぜひ試してみてください。

サイズ430×124×390mm重量10.2kg
フォーマットDSDディスクSA-CD、CD-R、CD-RW
出力端子光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、ヘッドホン、HDMIハイレゾ対応-

口コミを紹介

癖がなくノビがあり、音楽的なバランスが良い。価格以上の音です。

出典:https://www.amazon.co.jp

SACDプレーヤーの選び方

SACDプレーヤーを選ぶなら、出来るだけ自分の環境に合ったものを探す必要があります。そのためには、それぞれの特徴を把握しておくことが重要なのです。

サイズをまずは見ておく

SACDプレーヤーは、基本的に大きめのサイズが多いです。そのため、部屋に設置する際には設置する場所が広めに必要になるので、その点を見ておきましょう。

設置場所の大きさを測ってから選ぶ

SACDプレーヤーは、大小それぞれで大きさに差があります。ほとんどの場合は、そこまでサイズが大幅に変わることはないのですが、設置場所によっては、数センチがネックになることもあるのです。

 

数センチで煩わされないようにするためにも、予め設置したい場所の大きさを測っておいてください。これは、SACDプレーヤーだけでなく、家具などを購入する際にも重要なポイントなので覚えておきましょう。

 

意外と、サイズを適当に選んで設置出来なかったという事例は多くあります。その際には、改めて設置場所を決め直さなければなりません。それでは二度手間かつストレスも溜まるため、サイズの測定はしっかりと行っておくことをおすすめします。

重量も一緒に見ておく

サイズを確認し終えたら、次は重量も確認しておきましょう。SACDプレーヤーは大きさがある程度あるため、重量もそれなりにあります。大抵は、10kg前後が平均的な重量だと言えるでしょう。

 

ですが、サイズは大きくても意外と軽い製品もあるため、特に女性などは軽い方が設置も安全に行えるでしょう。精密機器であるため、なるべく落としたりしないためにも、SACDプレーヤーの重要は見ておくことをおすすめします。

 

SACDプレーヤーの価格は、ピンからキリまでありますが、高いものは60万円程度かかるものもあります。これを壊しては一大事なので、少しでも不安があるなら、重量には注意しておいてください。

デザイン性で選ぶ

これは、あくまで選ぶ人の好みなのですが、SACDプレーヤーのデザイン性にも注目しておくことをおすすめします。大抵は、四角形のシンプルなのものになりますが、中には細部のデザインや色にこだわっている製品も存在しています。

 

細部のデザインは、角を丸くしたものなどが多く、怪我防止などにも繋がります。また、色に関しても、シルバーを基本としたものが多い中、黒やその他の色で個性を出している製品も多くあり、部屋のインテリアとして活用出来るものも多いのです。

 

SACDプレーヤーに限らず、オーディオプレーヤーは、部屋のデザインに一役買うことが多く、あるだけで印象を変えることが出来るものです。もちろん性能にはこだわったほうが良いとはいえ、デザイン性にも目を向けると面白いと言えます。

フォーマットやディスクを見ておく

SACDプレーヤーを含むオーディオプレーヤーには、それぞれ対応しているフォーマットやディスクが存在します。これにより、何を再生出来るかが決まってくるのです。

SACDプレーヤーの対応フォーマットは確実に見ておく

SACDプレーヤーに限らず、オーディオプレーヤーにはそれぞれ決まった対応フォーマットがあります。そのため、対応していないフォーマットの音楽を再生しようとしても出来ないという問題が発生することもあります。

 

よく使われているフォーマットと言えば、MP3などがあります。このフォーマットなら、ほぼ全てのオーディオプレーヤーで再生が可能であり、多くの音楽で使われています。他には、WAVE・AIFF・AACなどがあり、それぞれ特徴は異なります。

 

これらのフォーマットは、変換することも可能なため、もしSACDプレーヤーで対応していない場合でも、フォーマットを変換して聴くことも可能です。ですが、音質などに影響が出ることも多いので、SACDプレーヤーの対応フォーマットはよく見ておいてください。

対応ディスクも確認しておく

SACDプレーヤーには、それぞれ対応しているディスクがあります。大抵は、CD-R・CD-RWなどであり、自分で焼きまわししたものを再生することが可能です。そして、その中でも特に優れているのがSA-CDとなっているのです。

 

SACDプレーヤーを使うなら、やはりディスクもSA-CDにするべきだと言えます。これにより、かなりの高音質を再現することができ、臨場感も増します。音マニアなら、こだわって損はない部分なのです。

 

とはいえ、SA-CD自体は、一般的なCDと比べれば普及率において負けています。そのため、SACDプレーヤーといえど、他のディスクにも対応しているものを選び、CD・SA-CDともに使いわけられるようにしてみてください。

SA-CDのみを楽しむならそこまでこだわる必要はない

SACDプレーヤーを選ぶ際には、対応するフォーマットやディスクを確認することが重要です。とはいえ、人によっては、SA-CDのみを聴くので、あまり他の要素を気にしないという人もいます。この場合は、好きな製品を選んでも構わないでしょう。

 

特に、ディスクに関しては、SA-CDのみを使う人にとって、他の対応ディスクは全く意味をなさなくなります。SACDプレーヤーは音にこだわりを持った人が使う傾向にあるため、敢えて質で劣るCD-Rなどを使う必要がないのです。

 

このあたりは、個人のこだわりが強く出る点でもあるため、選ぶときにはよく考えておく必要があります。SA-CDだけを楽しむのか、それとも幅広く音楽を聴けるようにするのかを決めて、自分に合った製品を選ぶようにしてみてください。

周波数がどれくらいかで選ぶ

SACDプレーヤーを含むオーディオプレーヤーには、それぞれ周波数というものが存在しています。これは、聴いている音がどれくらいの音域まで鳴っているのかを表すものであり、幅が広いほど、様々な音を拾うことが出来ます。

 

周波数特性と呼ばれるものであり、低ければ低いほど、ドラムなどの音を拾いやすくなります。逆に、高ければ高いほど、シンバルなどの高い音を拾いやすくなるのです。これにより、音楽再生に幅が生まれます。

 

音域が広がれば、それだけ現実に忠実な音を聴くことが可能となります。これで生演奏の状態に限りなく近づくので、こだわりを持って音楽を聴きたい人は、周波数にも気を配っておくようにしましょう。

その他の機能がどれくらいあるか

SACDプレーヤーは、製品によって機能が違うものになっています。この点を確認しておけば、より快適に音楽を聴くことが可能になります。

端子はどうなっているか

SACDプレーヤーには、それぞれ接続端子が備わっています。これにより、デジタル・アナログ接続のどれを利用できるかが決まってきます。自分の環境などをよく確認して、合ったものを選ぶ必要があります。

 

また、接続端子によっては、再生時の音に影響が出るものもあります。今の主流はデジタル端子なので、まずはデジタル端子があるものを優先してみておきましょう。アナログ接続がよいという人は、RCA端子などを探してみてください。

 

接続端子は、接続するコードによっても音質に変化をもたらすものです。特に、再生中のノイズなどを極力減らしたいなら、コードもデジタル対応しているものを使ってみてください。SACDプレーヤーの性能だけでなく、端子の接続にもこだわることをおすすめします。

ハイレゾ対応しているかどうか

今の時代、より高音質な音楽を聴きたいなら、ハイレゾ対応かどうかは重要な要素となってきます。SACDプレーヤーは、大抵の製品がハイレゾ対応しているとされていますが、型が古いものは違うため、確認を徹底する必要があります。

 

ハイレゾで音楽を聴くと、より鮮明に音を感じることが出来ます。聴く人が聴けば、その違いがとても顕著になるため、こだわって損はない要素です。音質を極めたいなら、こうした点をよく確認していくことが重要になってきます。

 

SACDプレーヤーは、少し価格が高い部類に入るオーディオプレーヤーです。そのため、中古で安いものを求める人も多いのですが、それゆえにハイレゾ対応していないものを選ぶこともあります。せっかく音にこだわるなら、ハイレゾ対応のものを選んでみましょう。

通信機能があるかどうか

SACDプレーヤーの中には、WiFiなどの無線通信に対応したものもあります。これがあれば、お手軽に音楽を再生することが出来るのです。音楽をデータで管理したい人などは、通信機能などにも注目してみましょう。

 

SACDの再生だけでなく、先程紹介したハイレゾ音源なども効率よく再生したいなら、通信機能は外せない要素なってきます。今では、ネットのストリーミング再生が当たり前になっているので、より快適に通信機能を使うことが可能です。

 

SACDをセットしておき、他の音源で再生したくなったら、すぐに通信機能で再生する。このように、寝ながらでも音楽を楽しむためには必要な機能となっています。新しいSACDプレーヤーなどは、通信機能もしっかりとしているので、ぜひ試してみてください。

価格はよく見て選ぶ

これは、先程から紹介していることですが、SACDプレーヤーは価格が高いものとなっています。そのため、選ぶ製品によっては、かなりの出費を強いられる可能性があることを知っておきましょう。

 

特に、何十万円とするものは、よく吟味して選ぶ必要があります。SACDプレーヤーに限らず、オーディオプレーヤーにはこうした高額製品が多いのですが、中には予算オーバーで後悔する人も少なくありません。

 

こだわりが強い人ほど、高額なSACDプレーヤーを選びがちですが、これでは少し損をしてしまうこともあります。そのため、紹介した選び方をよく参考にして、自分が出せる費用の範囲でSACDプレーヤーを選んでみてください。

SACDプレーヤーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5147418の画像

    ソニー

  • 2
    アイテムID:5147417の画像

    マランツ

  • 3
    アイテムID:5147416の画像

    パイオニア

  • 4
    アイテムID:5147415の画像

    マランツ

  • 5
    アイテムID:5147414の画像

    デノン

  • 6
    アイテムID:5147413の画像

    オンキヨー

  • 7
    アイテムID:5147412の画像

    ソニー

  • 8
    アイテムID:5147411の画像

    ヤマハ

  • 9
    アイテムID:5147410の画像

    ラックス

  • 10
    アイテムID:5147409の画像

    ヤマハ

  • 11
    アイテムID:5147408の画像

    マランツ

  • 12
    アイテムID:5147407の画像

    エソテリック

  • 13
    アイテムID:5147406の画像

    デノン

  • 14
    アイテムID:5147404の画像

    ラックスマン

  • 15
    アイテムID:5147403の画像

    デノン

  • 商品名
  • SCD-XA5400ES
  • SA8005
  • PD-70
  • SA-14S1
  • DCD-SX11
  • C-S5VL(S)
  • SCD-XE800
  • CD-S1000(S)
  • D-06u
  • CD-S2100
  • SA-12
  • ESOTERIC K-05X
  • DCD-2500NE
  • D-06
  • DCD-1600NE
  • 特徴
  • 自然な音楽が再生出来るSACDプレーヤー
  • 経年劣化しにくいSACDプレーヤー
  • 高性能かつリーズナブルなSACDプレーヤー
  • 読み取り性能が高いSACDプレーヤー
  • CD音源もハイエンド化出来るSACDプレーヤー
  • ノイズを確実に排除してくれるSACDプレーヤー
  • 高音質を追求したSACDプレーヤー
  • 価格がリーズナブルなSACDプレーヤー
  • 音質・読み取り精度ともに高いSACDプレーヤー
  • 読み取り精度が高いSACDプレーヤー
  • パーツの選択が自由に出来るSACDプレーヤー
  • 読み取り精度が高まっているSACDプレーヤー
  • 丁寧に音を再現しているSACDプレーヤー
  • スッキリとしたデザインのSACDプレーヤー
  • 安く手に入るSACDプレーヤー
  • 価格
  • 105000円(税込)
  • 74400円(税込)
  • 49800円(税込)
  • 183800円(税込)
  • 344798円(税込)
  • 64980円(税込)
  • 24800円(税込)
  • 80919円(税込)
  • 535572円(税込)
  • 251400円(税込)
  • 302286円(税込)
  • 608000円(税込)
  • 170478円(税込)
  • 16072円(税込)
  • 91785円(税込)
  • サイズ
  • 430×124×390mm
  • 440x106x341mm
  • 435x128x329mm
  • 440x123x419mm
  • 434x137x404mm
  • 435x80x318mm
  • 435x137x440mm
  • 440x133x410mm
  • 435x137x438mm
  • 440x123x419mm
  • 445x131x355mm
  • 434x138x335mm
  • 440×130×410mm
  • 434x135×329mm
  • 重量
  • 10.2kg
  • 8kg
  • 7.8kg
  • 14.5kg
  • 21.4kg
  • 4.5kg
  • 15kg
  • 15.7kg
  • 15.6kg
  • 16.4kg
  • 14kg
  • 13.7kg
  • 15.5㎏
  • 8.2㎏
  • フォーマット
  • DSD
  • MP3、WMA、AAC、WAV、リニアPCM、DSD
  • MP3、MPEG-4 AAC、WMA、DSD
  • MP3、WMA、AAC、WAV、リニアPCM、DSD
  • MP3、WMA、AAC、WAV、FLAC、ALAC、AIFF、DSD
  • -
  • MP3、WMA、DSD
  • PCM、DSD
  • MP3、WMA、PCM、DSD
  • MP3、WMA、AAC、WAV、FLAC、ALAC、AIFF、DSD、リニアPCM
  • PCM、DSD
  • MP3、WMA、AAC、WAV、FLAC、ALAC、AIFF、DSD
  • PCM、DSD
  • MP3、WMA、AAC、WAV/FLAC、ALAC、AIFF、DSD
  • ディスク
  • SA-CD、CD-R、CD-RW
  • SA-CD、CD-R、CD-RW
  • SA-CD、CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RW
  • SA-CD、CD-R、CD-RW
  • SA-CD、CD
  • SA-CD、CD-R、CD-RW
  • SA-CD、CD-R、CD-RW
  • SA-CD、CD
  • SA-CD、CD-R、CD-RW
  • SA-CD、CD-R、CD-RW、CD-DA、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW
  • SA-CD、CD-R、CD-RW
  • CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW
  • SA-CD、CD
  • SA‐CD、CD-R、CD-RW、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW
  • 出力端子
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、ヘッドホン、HDMI
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、ヘッドホン
  • 光デジタル、同軸デジタル
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、ヘッドホン
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
  • 光デジタル、同軸デジタル、ヘッドホン
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、XLR3極バランス
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA、ヘッドホン
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
  • 光デジタル、同軸デジタル、アナログRCA
  • ハイレゾ対応
  • -
  • -
  • -
  • -

まとめ

SACDプレーヤーの選び方とおすすめ商品を紹介しました。SACDプレーヤーは、価格が高い変わりに、普通のCDでは聴けないような音を聴くことが出来ます。ハイレゾと同じくらいの価値があるので、よく製品を見て選ぶようにしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ