カメラホルスターの人気おすすめランキング18選【プロ監修!登山用にリュックに固定】

カメラホルダーはカメラを持ち運ぶ際に便利です。登山やハイキングをする際に、リュックやバッグにしっかりカメラを固定しておけます。さらに肩や腰に付けられるのも魅力です。今回はプロカメラマンとして活躍しているhabaさんにカメラホルスターの魅力や選び方、おすすめ商品についてお聞きしました。

プロカメラマンがおすすめするカメラホルスターをご紹介!

カメラを持ち運ぶのに活躍するのがリュックやバッグにも装着できるカメラホルスターです。カメラホルダー・ホルスターを使えば、すぐに取り出せて撮影できるので、一瞬の撮影チャンスを逃したくない方におすすめのアイテムになります。

 

また腰や肩につけられるベルト付きの商品もあるので、好みの使い方を選べるのもポイントです。さらにピークデザインやスパイダーなどの人気メーカーからも続々と登場しているので、迷う方もいるかもしれません、

 

今回はプロカメラマンとして活躍しているhabaさんにカメラホルスターの魅力や選び方、おすすめ商品についてお聞きしました。ランキングは、サイズ・重量・タイプなどを基準に作成しています。ぜひ参考にして選んでみてください。

専門家プロフィール画像
取材協力

南国プロカメラマン
Twitterはこちら Instagramはこちら

haba


デザイン系の専門学校(インターナショナルデザインアカデミー)卒業後、インテリア雑貨屋・服飾店販売スタッフ・デザイン事務所にて働く。イベントや宣材撮影・店舗撮影などがきっかけとなりブライダルカメラマンとして活動していた。

現在は南国育ちの色黒プロカメラマンとして、自身がカメラ初心者だった頃の経験と知識を活かし、初心者向けの情報をTwitterでつぶやいている。

編集部の画像

編集部

habaさんはプロカメラマンとして活躍されているということですが、カメラホルスターは普段から使用していますか?

habaの画像

haba

イベントの撮影だったり、山や川に撮影に行く時は使っています。僕は今まで何種類かカメラホルスターを使ってきましたので、選ぶ際のポイントやおすすめの商品についてお話しできればと思います!

編集部の画像

編集部

是非よろしくお願いします!早速ですが、カメラホルスターの魅力はどのようなところだと思いますか?

habaの画像

haba

やはり一番は負担を軽減してくれるということだと思います。カメラを首や肩から長時間下げると、結構肩が凝ってしまいます。しかしカメラホルスターを使えば、胸や腰にホールドする形になるので、そうした負担はかなり軽減されます。また、カメラホルスターでカメラが安定するため、いざという時にすぐに動けるという機動力も魅力になってくると思います。

編集部の画像

編集部

カメラマンにとって機動力はとても大事ですよね!habaさんが実際にカメラホルスターを使って役立った場面があれば教えてください!

habaの画像

haba

ブライダルの撮影をする時にはメインで使うカメラと遠くのものを撮るカメラの二種類を使っていました。肩にはメインで使うものをかけて、腰にはサブのカメラを付けていたのですが、やはり腰にガチッとくっついていてくれるので、負担はすごく軽くなりました。ブライダルの撮影は披露宴自体が2,3時間あるので、その間5kgくらいするカメラを2つ肩から下げるとなると、相当キツイと思うのでカメラホルスターは重宝していました。

編集部の画像

編集部

なるほど!habaさんはお仕事の時に使用しているということでしたが、実際カメラホルスターはプロだけでなく、趣味でカメラを撮っているような人にもお勧めできますか?

habaの画像

haba

そうですね!例えば、風景を撮る人や、山登りをする人には必須かもしれないですね。一回一回バッグからカメラを出して、準備して、撮るとなると手間もかかりますし、貴重な瞬間を逃してしまうかもしれません。リュックサックなどに直接カメラホルスターを取り付けてしまえば、撮ろうと思った時にすぐにカメラを使うことができるので、便利だと思います。

編集部の画像

編集部

分かりました!カメラホルスターにはどのような種類のものがありますか?

habaの画像

haba

大きく分けて、ハーネスタイプ、取り付けタイプ、肩掛け・前掛けタイプという3つのタイプのものがあります。それぞれ自分の目的に合ったものを選ぶと良いと思います。

編集部の画像

編集部

なるほど!ではハーネスタイプのカメラホルスターはどのような目的の人におすすめできますか?

habaの画像

haba

ハーネスタイプのカメラホルスターを使えば、胸にカメラをガッチリと固定することができますので、主に一眼レフなどの大きめのカメラを運ぶのに適しています。また、胸で固定するのでシャッターを切りたいときにすぐに構えることができるということも魅力的だと思います。

編集部の画像

編集部

分かりました!では取り付けタイプのカメラホルスターはどのような人におすすめできますか?

habaの画像

haba

取り付けタイプのカメラホルスターはリュックやベルトに取り付けて使います。比較的安価ですので、初心者の方なんかはこちらのカメラホルスターから購入してみても良いかと思います。

編集部の画像

編集部

では最後に肩掛け・前掛けタイプのカメラホルスターはどのような人におすすめできますか?

habaの画像

haba

個人的にはこちらの肩掛け・前掛けタイプのカメラホルスターが一番主流かなと思います。体に近いため安定しますし、体にかかる負担も軽減されます。体に密着している分、カメラが揺れて他のものにぶつかるという心配もありません。登山などをされる方にはお勧めだと思います。

編集部の画像

編集部

分かりました!ではhabaさんは使いやすいカメラホルスターと、使いにくいカメラホルスターの違いはどんなところだと思いますか?

habaの画像

haba

基本的な事ですが、やはり体にしっかりと密着するものと、しっかりと固定されるものを選ぶのは大事だと思います。今回おすすめする商品は、基本的に全て使いやすい商品を選びましたので、参考にして頂ければと思います。

カメラホルスターの選び方

ひとくちにカメラホルスターといってもさまざまな種類があります。用途に合ったカメラホルスターを選べば、より快適に活動できるようになりますので、参考にしてください。

タイプで選ぶ

カメラホルスターのタイプによって使い勝手が変わってきます。自身の使い勝手のよいものを探してみてください。

一眼レフを使う方には胸につける「ハーネスタイプ」がおすすめ

ハーネスタイプはおもに一眼レフを運ぶときに適しています。一眼レフは大きさも重量もあるので持ち運びには特に注意しなければなりません。一眼レフをかばんや収納ケースに入れていると撮りたい瞬間を逃しがちですが、カメラホルスターを使えばすぐに取り出せます。

リュックやバッグに固定するなら「取り付けタイプ」がおすすめ

取り付けタイプはリュックサックやバッグなどに直接装着できるタイプのカメラホルスターです。比較的リーズナブルな値段で購入できるので、カメラ周辺のアクセサリー類に予算を割きたくないと考えている方におすすめします。

 

コンパクトサイズで軽量ですが、耐久性や機能性にも優れているため安心してカメラの装着が可能です。また、荷物が多くなりがちな登山や旅行先でも気軽に使用できます。装着も外すのも簡単なので手間がなく気軽に使えてとても便利です。

シャッターチャンスを逃したくない方には「肩掛け・前掛けタイプ」がおすすめ

肩掛けや前掛けタイプは身体と近いのでより安全になっています。前掛けタイプだとよりサッと取り出せるので瞬間を逃しにくくおすすめです。ミラーレスなどの中型のカメラや一眼レフのような大きなカメラの持ち運びも楽にできます。

 

それに加えて、小さめのカメラの持ち運びも便利です。さまざまなカメラを使いたい方に適しています。身体に負担もかかりにくく、肩こりや腰痛に悩まされてきた方でも安心して使えるのが特徴です。

ミラーレスなど小さいカメラを持ち運ぶなら「腰かけタイプ」がおすすめ

小さいカメラを運ぶときには腰掛けタイプのカメラホルスターをおすすめします。両手が空き、安定感が増すため移動も安心です。カメラの全面を保護してくれるので、不用意に傷つけてしまう心配もありません。

あらゆるカメラを想定して選ぶなら「ケース・バッグタイプ」がおすすめ

カメラを選ばずに持ち運ぶならケース・バッグタイプがおすすめです。そこに小物を入れるポケットがあると細々としたものを収納できます。以下の記事ではカメラバッグの選び方とおすすめの商品をランキング形式で紹介していますので、参考にしてください。

単独で使用したい方には「ベルト付き」ホルダーがおすすめ

ベルト付きのカメラホルダーは単独で装備できるのが特徴です。ベルト付きのカメラホルスターには斜めがけや腰ベルト、ハーネスタイプなどがあります。ほかの荷物と重さを分散できるため、疲労軽減にもつながるのもポイントです。

機能で選ぶ

タイプのほかには、搭載されている機能によっても使いやすさが変わってきます。購入前にチェックしてみてください。

盗難対策をしたい方には「盗難防止機能」がおすすめ

盗難防止機能が搭載されていると安心してカメラの持ち運びができます。そのためには、盗難防止用にストラップが付いているカメラホルスターを選びましょう。特に、カメラの盗難に遭いやすい海外での使用を考えている方におすすめです。

 

また、盗難防止機能があれば盗まれる危険性が少なくなるだけでなく、落下防止にもつながります。けっして安くはないカメラを使ううえで、ストラップ付きのカメラホルスターを選ぶのは重要なポイントのひとつです。

カメラの落下を防ぎたい方には「ダブルロック」機能がおすすめ

ダブルロックができるカメラホルスターであれば頑丈にロック可能です。落下防止にもつながるため、カメラを保護しながらも気軽に写真撮影ができます。実際に業務用としても利用されている場合も多く、耐久性にも優れているのが特徴です。

気軽に取り付けたい方には「ザックへの取り付け」をチェック

気軽に使いたい方には簡単にザックに取り付けられるものがおすすめです。例えばPeak Design のクリップは両側にあるネジのうち、片方のネジだけが外れて動かせます。開いて、間にショルダーベルトが挟み込めるようになっているのも特徴です。

三脚を使いたいなら「アルカスイス互換」のものをチェック

アルカスイスとは雲台を作っている会社です。雲台とプレートは規格が統一されておらず、同じメーカーのものを選んでも必ず互換するわけではありません。アルカスイスのものなら高い互換性を持ち、固定力・安定性もあるのが特徴です

 

三脚を使う場合はプレートがアルカスイス互換のものを選べば、面倒なく取り付けられます。Peak Designキャプチャーなどがおすすめです。また、現在ではアルカスイスと同じような構造の雲台を作るメーカーも増えてきたので、チェックしてください。

メーカーで選ぶ

カメラ初心者だと、機能性だけでなどのカメラホルスターを選べばよいかわからない方も多いはずです。そんなときは人気メーカーの商品を選ぶのをおすすめします。

安全に持ち運ぶなら「PeakDesign(ピークデザイン)」がおすすめ

ピークデザインは創業者のいつでも簡単にカメラにアクセスできて、かつ安全に持ち運びたいとの思いから誕生したブランドです。同じような悩みを持つ世界中の人たちから支援を受けて、PeakDesignはカメラユーザーから愛されているブランドになりました。

安定感があるものなら「Hirano(ヒラノ)」がおすすめ

Hiranoのカメラホルスターには六角ボルトが付属していて、強く締めると固定力が大幅にアップします。また、2重ロック機能付きのクリップ型クイックリリースカメラキャプチャーを搭載しているので、カメラを守りながらも取り外しがサッとできる優秀なアイテムです。

デザイン性に優れたものなら「HAKUBA(ハクバ)」がおすすめ

ハクバのカメラホルスターはデザインと機能性に優れているのが特徴です。水に強いPVCコーティング生地や、内容物の増減に合わせて調整可能なバッグなど、とても便利な機能が備わっています。ほかにも沢山のカメラ用品を扱っているのでぜひご覧ください。

実用性と快適性を求めるなら「Spider(スパイダー)」がおすすめ

Spiderは米国のメーカーで、過去に数々の賞を受賞しています。欧米ではウェディング・スタジオフォトグラファーの定番となっていて、実用性と快適性を兼ねそろえたメーカーです。安全と信頼のメーカーが生み出す製品はカメラ初心者にもおすすめします。

安心感を求める方は「カメラと同じメーカー」かチェック

カメラホルスターの中には同じメーカーのカメラしか取り付けができない商品もあります。そのため、同じメーカーのカメラホルスターを選んでおくと間違いがありません。カメラホルスターを購入する際は、事前に下調べをしておきましょう。

habaさんおすすめのカメラホルスターランキング

耐久性に優れたカメラ

こちらは取り付けタイプのカメラホルスターです。こちらのホルスター自体は小さめですが、耐久性に優れています。耐荷重は50kgまでとなっているので、大きいカメラや機材に使用できるのが魅力のひとつです。

タイプ 取り付け サイズ 10.5×4.5×1.7cm
重量 135g
4位

HAKUBA(ハクバ)

カメラ用ホルスター

肩・腰に付けられて小さいカメラから大きいカメラまで幅広く対応

肩からかけて胸でホールドするタイプのカメラホルスターです。カメラのレンズ部分をパッドに差し込んで使用し、レンズ径に合わせて直径120mmまで調整できます。一眼レフからミラーレスカメラまで幅広く対応可能です。

 

ショルダーパッドは肉厚で幅広なので負担を軽減してくれます。また、使い方によっては、肩・腰・太ももにも装着が可能です。装着時の自由度が高いカメラホルスターを追求したい方におすすめします。

タイプ ホールド サイズ 33.8×24.9×11.1cm
重量 400g
3位

抜群のホールド力が魅力

腰に巻くタイプのカメラホルスターです。鉄製のプレートでしっかりとホールドしてくれるため、カメラを落とす心配はまずありません。ポートレート撮影や風景撮影にぴったりのカメラホルスターになっています。

タイプ 腰巻 サイズ 23.11×23.11×23.11cm
重量 657g

口コミを紹介

カメラマンですが、常時腰付けてます!
一台をつけて、もー一台で撮影首に掛けるのが嫌でかなり重宝してます

出典:https://www.amazon.co.jp

リュックやバッグにしっかり固定するならピークデザイン

リュックやバックパックなどに付けられるので、登山をする方などにおすすめの商品です。付属のプレートを使えばベルトなどにも付けることができるので、腰用のホルスターとしても使用可能になっています。

タイプ 取り付け サイズ 12.9×12.5×3.5cm
重量 84g

多機能が魅力のカメラホルダー

EVO+カメラベルトホルダーとバックパックストラップ取付用アダプターをセットにした商品です。前掛けタイプのホルスターで小さいカメラだけでなく望遠レンズなどの大きいカメラにも使用できます。

タイプ 前掛け サイズ 5.1×10.2×27.9cm
重量 170g

habaさんおすすめのカメラホルスター比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 タイプ サイズ 重量
アイテムID:11392239の画像

楽天

Amazon

ヤフー

多機能が魅力のカメラホルダー

前掛け

5.1×10.2×27.9cm

170g

アイテムID:11392238の画像

楽天

Amazon

ヤフー

リュックやバッグにしっかり固定するならピークデザイン

取り付け

12.9×12.5×3.5cm

84g

アイテムID:11392237の画像

楽天

Amazon

ヤフー

抜群のホールド力が魅力

腰巻

23.11×23.11×23.11cm

657g

アイテムID:11392236の画像

楽天

ヤフー

肩・腰に付けられて小さいカメラから大きいカメラまで幅広く対応

ホールド

33.8×24.9×11.1cm

400g

アイテムID:11392235の画像

ヤフー

耐久性に優れたカメラ

取り付け

10.5×4.5×1.7cm

135g

カメラホルスターの人気おすすめランキング13選

西洋劇さながらのおしゃれなカメラホルスター

デザインがおしゃれなホルスターケースです。こちらはPENTAX・Qシリーズのみの対応になっています。Qシリーズを愛用している方にはおすすめの商品です。西洋劇さながらの趣あるデザインに惹かれる方はチェックしてみましょう。

サイズ 20.5×14×8.2cm 重量 136.08g
タイプ ホルスター

口コミを紹介

使用しました。カメラ単体でのホルスターがあれば、カバンの横に付けてすぐに撮影できると思います。腰に付けないでボディーバックのショルダー紐のつけ根にカラビナで取付てます。使い勝手は良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ベルトに装着可能なコンパクトホルスター

ウエストベルト、カメラマンベルトやショルダーバッグなどのベルトにカメラを装着できるカメラホルダーです。腰ベルトに装着した状態でレバーロックを解除すればワンタッチで取り外しもできます。

 

スリット入りで、ベルトを外さずに簡単に素早くホルダーからカメラの脱着が可能です。ワッシャ―でしっかりピンを固定すれば落下防止、緩みによるカメラ落下の心配はありません。安心して使えるのでおすすめです。

サイズ 13×8×4cm 重量 141g
タイプ 取り付けタイプ

口コミを紹介

この値段でこの使いやすさはやばいです(笑)
落下の心配も今のところはありません!

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

VIJIM

バックパッククリップ カメラホルスター

ササッと取り外しできるタイプ

ロックがすぐにかかるので、カメラを簡単に取り付けられます。取り外しも素早くできるのがうれしいポイントです。また、重さ108gと軽量なので登山や旅行などにもおすすめします。

 

軽いながらも頑丈で耐久性があり、最大負荷は50kgです。

サイズ ‎14.4×9.2×4.2cm 重量 108g
タイプ ホルスター

口コミを紹介

これは便利!
全部のダイオードやカメラなどに付けてます!

出典:https://www.amazon.co.jp

登山などにも便利な頑丈で安定性抜群のハーネス

動きの激しい環境下でも移動と撮影に専念できるカメラホルスターです。カメラの保護を重視したい方におすすめします。ストラップ携行のような不安定感や首、肩への負担がありません。

タイプ ハーネス サイズ 25.9×21.3×7.9cm
重量 522g

口コミを紹介

腰や首の負担が軽減できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

バックパックやザックにも対応可能

バックパックやザック、斜めがけバックのショルダーストラップにカメラを装着するキャリーシステムです。カメラに取付けるハブシステムを改良し、一眼レフから駆体の薄い小型機材まで快適な装着を実現しました。

 

ショルダーストラップに巻き付け、機材重量で下がらないようバッグの上部Dリング等にホルスターを固定して使用します。持ち歩く範囲内の重量であればどのような組合せでも耐えられるように設計されているのも魅力です。

タイプ 肩掛け・前掛け サイズ 6.1×12.7×24.6cm
重量 240g

口コミを紹介

自分も使っていましたが妻にも友人にも勧めました。安定性は星⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️です。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Clorets(クロレッツ)

カメラ クイックリリース カメラクリップ

軽くて丈夫なボディーが魅力

クイックリリースボタンを使えば簡単にカメラを取り出せる操作性に優れたカメラホルスターです。アルミ合金製の軽くて丈夫なボディーが魅力になっています。カメラ初心者からプロまであらゆるレベルの方におすすめです。

タイプ 取り付け サイズ 12×5.5×3.1cm
重量 160g

重い一眼レフでも安心できるホルスター

非常に頑丈な構造になっているのが特徴です。ほかのダイカストプロセスとは異なり、任意のベルトまたはバックパックの厚さに対応しています。重い一眼レフカメラや小型デジタルカメラにも対応しているのでおすすめです。

タイプ 取り付け サイズ 13×6.2×4.1cm
重量 191g

口コミを紹介

値段と質を鑑みて、とりあえず手っ取り早く安くカメラホルスターを使ってみたい人には十分であろう。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Peak Design(ピークデザイン)

キャプチャー

スタイリッシュなシルバーカラー

軽量で薄く機能性にも優れているカメラホルスターです。よりシンプルになり、カメラプレートの厚みが薄くなりました。ピークデザイン製のほとんどのカメラプレートが装着できます。

 

両手が空くので便利なので荷物が多いときにも活躍してくれるのもポイントです。

タイプ 取り付け サイズ 8.3×2×4cm
重量 86.2g

口コミを紹介

デザインも優れてて、丈夫で快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

数々の賞を受賞しているスパイダーのカメラホルスター

ベルトに装着して使用し、日々のお散歩や家族のイベント・旅行・アウトドア活動など、幅広いシーンで活躍します。いつもカメラを持ち歩きたい方や、すべての写真ファンにおすすめのカメラホルスターです。

 

素早い取り外しが可能なので、ストラップによる不安定感や首や肩の負担などのストレスから解放されます。実用性と快適性を兼ねそろえた米国のメーカーです。安心のロックシステムが携行中の落下や盗難を防ぎます。

タイプ 取り付け サイズ 22.9×15.2×5.1cm
重量 113g

口コミを紹介

カメラストラップや、ハンドストラップなどもいろいろ使ってきましたが、
これを買ってから、やっと理想の持ち運びの形が決まりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

磁力誘導による優れた操作性

磁力誘導による優れた操作性、片手で動作が完結できるカメラホルスターです。 機動性抜群で拳銃のホルスターのようにカメラを簡単に携帯できます。ユニットはアルカスイスの規格を使用、三脚の雲台としても使用が可能です。

タイプ 取り付け サイズ 16.2×15×5.2cm
重量 259g

口コミを紹介

クラウドファンディングで買い損ねて発売を待っていました。リュックに使用ていますが、カメラをしっかりホールドしてくれて便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

SPIDER(スパイダー)

ミラーレス・軽量一眼レフ用カメラホルスター

アルカスイス互換のカメラホルスター

ミラーレス一眼レフや軽量一眼レフに対応しているカメラホルスターです。アルカスイス互換になっているので、そのまま雲台に取り付けられるのがよいと口コミでも評判になっています。持ち運びにも便利です。

タイプ 取り付け サイズ 33.02×25.4×2.54cm
重量 158.76g

口コミを紹介

腰のベルトにカメラを安全にすばやく抜き差し出来るので買って良かったです。カメラ2機あるのであと1組欲しいと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ULANZI

カメラホルスター

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

外への持ち運びに便利なカメラホルスター

固定感と安定感に優れていて登山はもちろん、スキー・サイクリング・ハイキングといった動きが激しいアクティビティーを行う際に持ち運ぶのに便利なカメラホルスターです。耐荷重は50kg超えと丈夫さにも定評があります。

タイプ 取り付け サイズ -
重量 -
1位

ULANZI

カメラホルスターバックパッククリップ

ワンタッチで簡単に着脱できる優れもの

ワンタッチで簡単に着脱がおこなえます。アルカスイス対応できるのもうれしいポイントで、三脚に素早く取り付けられるのが特徴です。1/4ネジより、DSLRカメラ・ミラーレスカメラ・ベルト・望遠鏡などに固定できます。

サイズ 12.4×9×4cm 重量 200g
タイプ ホルスター

口コミを紹介

良い点は、製品自体の堅牢・精巧なところと、カメラ脱着の容易さと確実さ。

出典:https://www.amazon.co.jp

カメラホルスターの人気おすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 重量 タイプ
アイテムID:11392278の画像

Amazon

ワンタッチで簡単に着脱できる優れもの

12.4×9×4cm

200g

ホルスター

アイテムID:11392275の画像

楽天

外への持ち運びに便利なカメラホルスター

-

-

取り付け

アイテムID:11392272の画像

楽天

Amazon

ヤフー

アルカスイス互換のカメラホルスター

33.02×25.4×2.54cm

158.76g

取り付け

アイテムID:11392269の画像

Amazon

磁力誘導による優れた操作性

16.2×15×5.2cm

259g

取り付け

アイテムID:11392266の画像

楽天

Amazon

ヤフー

数々の賞を受賞しているスパイダーのカメラホルスター

22.9×15.2×5.1cm

113g

取り付け

アイテムID:11392263の画像

楽天

ヤフー

スタイリッシュなシルバーカラー

8.3×2×4cm

86.2g

取り付け

アイテムID:11392260の画像

楽天

Amazon

ヤフー

重い一眼レフでも安心できるホルスター

13×6.2×4.1cm

191g

取り付け

アイテムID:11392257の画像

楽天

ヤフー

軽くて丈夫なボディーが魅力

12×5.5×3.1cm

160g

取り付け

アイテムID:11392254の画像

楽天

Amazon

ヤフー

バックパックやザックにも対応可能

6.1×12.7×24.6cm

240g

肩掛け・前掛け

アイテムID:11392251の画像

楽天

Amazon

ヤフー

登山などにも便利な頑丈で安定性抜群のハーネス

25.9×21.3×7.9cm

522g

ハーネス

アイテムID:11392248の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ササッと取り外しできるタイプ

‎14.4×9.2×4.2cm

108g

ホルスター

アイテムID:11392245の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ベルトに装着可能なコンパクトホルスター

13×8×4cm

141g

取り付けタイプ

アイテムID:11392242の画像

楽天

Amazon

ヤフー

西洋劇さながらのおしゃれなカメラホルスター

20.5×14×8.2cm

136.08g

ホルスター

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天 「ホルスター」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

誤った落下を防ぐなら着脱方法をチェック

着脱は片手でできるものと両手を使わないとできないものなど、製品によって変わってきます。ロックを解除して外すというのは共通していますが、カメラが誤って落ちないようにという部分を一番に考えられているので、両手で取り外すタイプのものがほとんどです。

 

ただし、片手で着脱できるものの中には、下を向いた状態で取り付けられているカメラレンズを90°回転させて引き上げるだけで簡単に取り外せるものもあります。より簡単に着脱したい方は片手で操作できるものを選ぶのがおすすめです。

登山用にも!カメラホルスターの自作方法

自分好みのカメラホルスターがなかなか見つからないと頭を抱えている方は、自作してみるのもひとつの方法です。簡単なものであれば、100円均一やクラフトショップなどでもリーズナブルな値段ですべての材料をそろえられます

 

ただし、市販のカメラホルスターのように強度をさらに上げたい場合は、もう少しお金をかけてしっかり作り込むようにしましょう。登山やスキー・スノーボード・ハイキングなど激しい運動につながるようなイベントには頑丈さと安定感が大事です。

まとめ

今回の記事ではカメラホルダーの選び方とおすすめの商品をランキング形式で紹介しました。カメラ好きの方には欠かせない商品でもあります。自分に合ったカメラホルスターは身体への負担も少なくなります。ぜひ今回の記事を参考に選んでみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月30日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2023年最新版】ホルスターの人気おすすめランキング10選

【2023年最新版】ホルスターの人気おすすめランキング10選

サバイバルゲーム装備・ミリタリー用品
【プロ監修】フィルムカメラのおすすめ人気ランキング11選【2023年最新!初心者向けも】

【プロ監修】フィルムカメラのおすすめ人気ランキング11選【2023年最新!初心者向けも】

フィルムカメラ
【マニア監修】大容量リュックのおすすめ人気ランキング29選【バックパックも紹介】

【マニア監修】大容量リュックのおすすめ人気ランキング29選【バックパックも紹介】

バッグ
リュックの人気おすすめランキング15選【機能性が高くて使いやすいリュックをご紹介】

リュックの人気おすすめランキング15選【機能性が高くて使いやすいリュックをご紹介】

バッグ
かわいいリュックの人気おすすめランキング15選【ダサいと言われない!メリメッコリュックなど】

かわいいリュックの人気おすすめランキング15選【ダサいと言われない!メリメッコリュックなど】

バッグ
【2023年最新版】アウトドアリュックの人気おすすめランキング15選【30kgの大容量も】

【2023年最新版】アウトドアリュックの人気おすすめランキング15選【30kgの大容量も】

バッグ