石鹸で落ちるコンシーラーの人気おすすめランキング10選【プチプラのセザンヌは?】

石鹸で落とせるコンシーラーはクレンジング不要なため、肌への刺激が気になる方におすすめです。今回は石鹸で落ちるコンシーラーの選び方やおすすめ人気ランキングを紹介します。プチプラなセザンヌ・ちふれ・ザセムなどに石鹸オフ可能なコンシーラーはあるかも必見です。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

本記事では石鹸で落ちるコンシーラーをご紹介していますが、以下の記事ではコンシーラーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ併せて参考にしてください。

石鹸オフ可能なコンシーラーを探そう

敏感肌でクレンジング剤の刺激が気になる方や、時短でメイクオフしたい方におすすめなのが石鹸で落とせるコンシーラーです。クレンジング不要で肌への負担を軽減し、ダブル洗顔の必要がないので忙しい方にも向いています。

 

しかし石鹸でオフできるコンシーラーはエトヴォス・オンリーミネラルなど多くのデパコスやプチプラブランドから発売されており、スティック・パレットなど形状もさまざまでどれを選ぶか迷う方も多くいらっしゃると思います。

 

そこで今回は石鹸で落ちるコンシーラーの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは種類・内容量・カラー展開・成分を基準に作成しました。ザセム・ちふれ・セザンヌに石鹸オフできるコンシーラーがあるかも必見です。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

ETVOS(エトヴォス)

ミネラルコンシーラーパレット

2WAYブラシも使いやすい石鹸で落ちるコンシーラーパレット

オークルベージュ・オレンジベージュ・ナチュラルベージュの3色が入ったコンシーラーパレットです。そのまま、もしくは混ぜて色の調整をすればクマ・シミ・赤み・暗さカバーなどさまざまな用途に使えます。

 

SPF36/PA+++で紫外線対策ができ、植物オイルを使った低刺激処方に加えて美肌成分入りで素肌ケアができる人気商品です。ブラシとスポンジの2WAYブラシも好評でカバーする箇所により使い分けできます。

基本情報
種類 パレット
内容量 3.1g
カラー オークルベージュ・オレンジベージュ・ナチュラルベージュ
分類 化粧品

クレンジング不要!石鹸落ちコンシーラーを使うメリット

クレンジング剤はメイクがよく落ちる分肌が乾燥しやすいので、乾燥肌・敏感肌の方は特に肌の負担になる場合があります。その点で石鹸落ちコンシーラーならクレンジング不要なので肌負担を減らせるのがメリットです。ダブル洗顔不要で時短にもつながります。

石鹸で落ちるコンシーラーの選び方

石鹸で落ちるコンシーラーにはいろいろなものがあります。ここでは選び方のポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

種類で選ぶ

まずはコンシーラーの種類を見ていきます。使いやすさや適した目的が異なるのでぜひ以下を確認して自分に合ったものを選んでください。

ピンポイントをしっかりカバーするなら「スティック・ペンシル」がおすすめ

スティックタイプ・ペンシルタイプのコンシーラーはカバー力の高いものが多く、また狙った箇所につけやすいので、濃いシミなどをカバーしたいときに便利です。またスリムなので持ち運びしやすく出先での化粧直しのときもサッと使えるので重宝します。

 

以下の記事ではスティックコンシーラーの人気おすすめランキングをご紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。

さまざまな肌悩みに使いたいなら「パレット」がおすすめ

パレットタイプのコンシーラーは2色以上セットになっているものが一般的です。自分の肌色や肌悩みに応じて色を混ぜて調整できるので1つあると多岐に使えます。ニキビ跡・シミ・目元の暗さなどいろいろな部分をカバーしたい方におすすめのタイプです。

目元・口元に使うなら「リキッド・クリーム」がおすすめ

リキッドタイプ・クリームタイプは伸びのよさが特徴で、特にリキッドは広範囲に使いたい方におすすめです。どちらも肌にフィットしやすいので目元や口元などよく動く場所にも向いています。使いやすいのでコンシーラーに慣れない初心者の方にもぴったりです。

ナチュラルにカバーしたいなら「パウダー」がおすすめ

パウダータイプのコンシーラーは油分が少なく軽いつけ心地で肌への負担が気になる方におすすめです。ほかのタイプと違ってベースメイクの最後に使うので厚塗りになりにくく、ナチュラルメイクをしたい方にも向いています。

肌悩みで選ぶ

コンシーラーを使う目的によっても、適したものは異なります。ここでは肌悩み別に選ぶポイントについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

乾燥が気になるなら「保湿成分入り」がおすすめ

乾燥肌の方や過去にコンシーラーを使ってカサカサしてしまった経験のある方は植物由来オイル・ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれたものがおすすめです。目元など油分の少ない部分は乾燥しやすい場合があるので保湿も意識して選んでみてください。

ニキビ跡・シミが気になるなら「カバー力の高い」ものがおすすめ

ニキビ跡・シミなどピンポイントでカバーしたいならスティックタイプやパレットタイプなどカバー力の高いものがおすすめです。ニキビ跡ならノンコメドジェニックテスト済み商品など肌に刺激の少ないものが向いています。

日焼けが気になるなら「UVカット機能つき」がおすすめ

シミが気になる方など、より紫外線対策を意識するならUVカット機能がついたコンシーラーがおすすめです。SPF・PAの値を確認して選ぶようにすると、日焼け対策になります。頬や鼻筋など高い部分は日焼けしやすいので意識してみてください。

肌への刺激を抑えたいなら「配合成分」をチェック

クレンジング剤が使えない敏感肌の方や、なるべく肌にやさしいコンシーラーをお探しなら成分をしっかりチェックして購入してください。天然由来成分・植物オイルを使用したものや添加物を極力使用していないものなど肌への負担が少ないコンシーラーがおすすめです。

 

以下の記事では、敏感肌向けコンシーラーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

目的に合った色で選ぶ

コンシーラーは肌の色味だけでなく、隠すものにより適した色味が異なります。色が合わないとカバーできなかったり逆に目立ってしまったりするので以下を参考にしてください。

ニキビ跡隠しなら「グリーン・ベージュ」がおすすめ

ニキビ跡の赤みが気になる方は反対色のグリーンでカバーしてください。赤みが少ない場合などグリーンでは浮いてしまうならイエロー系やベージュを加えたりベージュ単体でカバーしたりするのがおすすめです。

シミ隠しなら「暗めのベージュ」がおすすめ

シミを隠したいなら肌よりもワントーン暗いベージュがおすすめです。白っぽい色で明るさを出したくなりますが、そうするとシミの部分が目立って強調されやすいので避けてください。暗めのベージュならカバー力が高く肌の色から浮かずにシミをカバーできます。

クマ隠しなら「オレンジ・ピンク」がおすすめ

気になる目元のクマには色に応じてコンシーラーを選んでください。基本的にはクマと反対色を選ぶのがおすすめで、茶クマならオレンジ・イエロー、青クマにはピンク系が向いています。影のような黒クマは明るめのベージュで目元の印象を変えるようにしてください。

 

以下の記事では、クマ用コンシーラーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

ブルべ肌なら「ピンク系カラー」がおすすめ

コンシーラーはベージュ・オレンジなど黄み寄りカラーが多くブルべ肌だと肌の色とマッチしにくい方も少なくありません。そんな場合はピンクベージュなどピンク系の色味を選んだり、ピンク系が入った多色パレットを選んでほかの色と混ぜたりするのがおすすめです。

ブランドで選ぶ

石鹸で落ちるコンシーラーは多くのブランドから発売されています。ここでは特に注目のブランドについてご紹介してきますので、ぜひ購入時の参考にしてください。

ミネラルコンシーラーなら「ETVOS(エトヴォス)」がおすすめ

エトヴォスのコンシーラーはスティック・パレットの2種類で、どちらも天然ミネラル成分を使用し石鹸で落とせます。ニキビに使える商品やUVカット効果のあるものもり、品質が高く人気のコンシーラーです。

地球にも気を配っているコンシーラーなら「MiMC(エムアイエムシー)」がおすすめ

MiMCは肌へのやさしさにだわったコスメブランドで、天然ミネラルを使用した商品が揃います。コンシーラーはパレット・パウダー・クリームの3種があり、どれも石鹸で落とせるのでぜひチェックしてみてください。

薬用コンシーラーなら「ONLY MINERALS(オンリーミネラル)」がおすすめ

名前の通りミネラルを使用したコスメブランドであるオンリーミネラルは、肌に負担が少ない商品を展開しています。コンシーラーはパウダー2種でどちらも医薬部外品の薬用タイプです。パウダータイプをお探しの方や品質重視の方に向いています。

コンシーラーにUVカットも求めるなら「24h cosme(24hコスメ)」がおすすめ

ミネラルと天然保湿成分を使用し24時間落とさなくてもいいナチュラルコスメが注目されている24hコスメでもコンシーラーを扱っています。2色のパレットタイプで単色使いはもちろん色の調整もでき、SPF50と高いUVカット効果もある人気商品です。

石鹸で落ちるコンシーラーの人気おすすめランキング10選

1位

ETVOS(エトヴォス)

ミネラルコンシーラーパレット

2WAYブラシも使いやすい石鹸で落ちるコンシーラーパレット

オークルベージュ・オレンジベージュ・ナチュラルベージュの3色が入ったコンシーラーパレットです。そのまま、もしくは混ぜて色の調整をすればクマ・シミ・赤み・暗さカバーなどさまざまな用途に使えます。

 

SPF36/PA+++で紫外線対策ができ、植物オイルを使った低刺激処方に加えて美肌成分入りで素肌ケアができる人気商品です。ブラシとスポンジの2WAYブラシも好評でカバーする箇所により使い分けできます。

基本情報
種類 パレット
内容量 3.1g
カラー オークルベージュ・オレンジベージュ・ナチュラルベージュ
分類 化粧品
2位

株式会社Clue

&be ファンシーラー

大人気メイクアップアーティストのブランドの使いやすいコンシーラー

大人気メイクアップアーティストが手掛けるブランドの、使いやすい2色パレットです。しっかりと隠したい箇所をカバーしながら、自然に見せてくれます。また伸びが良くぴっくたい密着してくれるのも特徴です。

 

目元のクマや、色ムラのカバーなどいろいろな悩みに使用できます。

基本情報
種類 パレット
内容量 4ℊ
カラー ベージュ&オレンジ
分類 化粧品
3位

ナチュラピュリファイ研究所

24h cosme 24 ミネラルスティックファンデ 03ナチュラル

スティックタイプでメイク直しにもぴったり!

こちらの商品は、持ち運びにもぴったりのスティックタイプです。コンシーラーとしてだけでなく、ファンデーションとしても使用できます。高いカバー力を備えながら、軽くて快適なテクスチャーです。

基本情報
種類 スティック
内容量 7グラム
カラー 03ナチュラル
分類 化粧品
4位

VINTORTE

ミネラル シルク コンシーラー スティック

Amazon での評価

(2024/07/11調べ)

\プライムデー先行セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
プライム会員
-30%
¥ 1,771 税込
参考価格: ¥2,530
楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ファンデーションでは隠しきれない気になる箇所におすすめ

小さなシミやニキビ跡だけでなく、広範囲の色ムラにも使用できるコンシーラーです。スティックタイプなので、量を調節しやすいのもポイントです。しっかりと保湿してくれるため、夜まできれいな状態を保てます。

基本情報
種類 スティック
内容量 3ℊ
カラー ベージュ
分類 化粧品
5位

ETVOS(エトヴォス)

ミネラルコンシーラー

Amazon での評価

(2024/07/11調べ)

\プライムデー先行セール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

石鹸オフ可能なエトヴォスのミネラルコンシーラー

スティックタイプで使いやすいエトヴォスのミネラルコンシーラーです。ビタミンC誘導体や無水ヒアルロン酸などの整肌成分・保湿成分を含むため気になる部分をカバーしながら肌ケアも叶います。

 

シリコン・鉱物油・界面活性剤・合成香料・防腐剤不使用で天然ミネラルを主成分としています。肌刺激の緩和作用が期待されるグリチルレチン酸ステアリルを含んでいるのでニキビ跡やニキビにも使いやすいのが嬉しいポイントです。

基本情報
種類 スティック
内容量 2g
カラー ライトベージュ・ナチュラルベージュ
分類 化粧品
6位

株式会社ナチュラピュリファイ研究所

24h cosme 24 ミネラルUVコンシーラー

2色混ぜても!ハイライトとしても使えるコンシーラー

ナチュラルカラーとライトカラーの2色パレットです。ライトカラーはハイライトとしても使用できます。女性だけでなく、男性のひげ隠しにもおすすめです。天然由来の成分を多く使用しているので、クレンジング不要で石鹸でオフできます。

基本情報
種類 パレット
内容量 2.8ℊ
カラー ライト×ナチュラル
分類 化粧品
7位

エトヴォス

ミネラルインナートリートメントリキッドコンシーラー

紫外線が気になる方にもおすすめ!重ね付けしても厚塗り感なし

重ね塗りしても厚塗り感のでないコンシーラーです。SPF36PA+++なので、紫外線が気になる方にもおすすめできます。コンシーラーですが素肌のような自然な仕上がりになるため、コンシーラーが苦手な方も使用していただけます。

基本情報
種類 リキッド
内容量 8g
カラー ライトベージュ
分類 化粧品
8位

MiMC(エムアイエムシー)

ナチュラルホワイトニングコンシーラー

ピンク・オレンジ・ベージュの3色セットでいろいろな肌悩みに対応できる

シミやそばかすが気になる方におすすめの薬用コンシーラーです。ビタミンC誘導体に加え、プルーン酵素分解液・マカデミア種子油などの植物美容成分も使用し肌悩みを隠しつつケアもできます。

 

光ピンク・カバーオレンジ・淡いベージュの3色がセットになっており、チップとブラシが2本付属しているので使い勝手が抜群です。明るさを出したい部分や赤み・シミのカバーなど広く活躍します。

基本情報
種類 パレット
内容量 6g
カラー 光ピンク・カバーオレンジ・淡いベージュ
分類 医薬部外品
9位

YAMAN(ヤーマン)

ONLY MINERALS 薬用コンシーラー アクネプロテクター

気になる部分をカバーできる石鹸落ち可能なコンシーラー

ニキビが気になる方におすすめの薬用コンシーラーです。ミネラルの薬用成分である酸化亜鉛・イオウを含みます。黄み寄りのベージュでニキビの赤みをナチュラルにカバーするパウダーコンシーラーです。

基本情報
種類 パウダー
内容量 0.7g
カラー ベージュ
分類 医薬部外品
10位

NonHoney(ノンハニー)

ミネラルモイストコンシーラー

クレンジング不要で肌への負担を軽減できるプチプラなコンシーラー

シミ・ニキビ跡・小鼻の赤み・クマなどさまざまな用途に使えるスティックコンシーラーです。7つの植物オイルを使用しシリコン・鉱物油・タール系色素などの添加物は一切使用していません。クレンジング不要で肌の負担を軽減します。

基本情報
種類 スティック
内容量
カラー シャインイエロー・クリアブルー
分類 化粧品

石鹸で落ちるコンシーラーのおすすめ商品一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 種類 内容量 カラー 分類
1位 アイテムID:15049492の画像

Amazon

楽天

ヤフー

2WAYブラシも使いやすい石鹸で落ちるコンシーラーパレット

パレット

3.1g

オークルベージュ・オレンジベージュ・ナチュラルベージュ

化粧品

2位 アイテムID:14956488の画像

Amazon

楽天

ヤフー

大人気メイクアップアーティストのブランドの使いやすいコンシーラー

パレット

4ℊ

ベージュ&オレンジ

化粧品

3位 アイテムID:15049491の画像

Amazon

楽天

ヤフー

スティックタイプでメイク直しにもぴったり!

スティック

7グラム

03ナチュラル

化粧品

4位 アイテムID:14956490の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ファンデーションでは隠しきれない気になる箇所におすすめ

スティック

3ℊ

ベージュ

化粧品

5位 アイテムID:14956491の画像

Amazon

石鹸オフ可能なエトヴォスのミネラルコンシーラー

スティック

2g

ライトベージュ・ナチュラルベージュ

化粧品

6位 アイテムID:14956492の画像

Amazon

楽天

ヤフー

2色混ぜても!ハイライトとしても使えるコンシーラー

パレット

2.8ℊ

ライト×ナチュラル

化粧品

7位 アイテムID:14956494の画像

Amazon

楽天

ヤフー

紫外線が気になる方にもおすすめ!重ね付けしても厚塗り感なし

リキッド

8g

ライトベージュ

化粧品

8位 アイテムID:14956495の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ピンク・オレンジ・ベージュの3色セットでいろいろな肌悩みに対応できる

パレット

6g

光ピンク・カバーオレンジ・淡いベージュ

医薬部外品

9位 アイテムID:14956496の画像

Amazon

楽天

ヤフー

気になる部分をカバーできる石鹸落ち可能なコンシーラー

パウダー

0.7g

ベージュ

医薬部外品

10位 アイテムID:14956497の画像

Amazon

楽天

ヤフー

クレンジング不要で肌への負担を軽減できるプチプラなコンシーラー

スティック

シャインイエロー・クリアブルー

化粧品

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\プライムデー先行セール開催中!!/ Amazon売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

セザンヌ・ザセム・ちふれなどに石鹸落ちコンシーラーはある?

ここでは、セザンヌ・ザセム・ちふれなどのプチプラメーカーにも石鹸で落ちるコンシーラーがあるのか解説します。ぜひ参考にしてください。

プチプラな韓国ブランド「The Same(ザセム)」には?

ザセムは韓国の人気コスメブランドです。コンシーラーは10種類ありそれぞれカラー展開も豊富なので肌の色やカバーしたい部分に合わせて選びやすいのが特徴です。ただし、2023年11月現在、石鹸で落とせるコンシーラーの取り扱い情報は見つかりませんでした。

 

日本では直営店舗のほか取扱店・公式オンラインショップで購入できますので、石鹸で落とせなくても豊富なカラーから選びたい方はチェックしてみてください。

ドラッグストアで買えるブランド「セザンヌ・キャンメイク・ちふれ」には?

プチプラコスメで有名なセザンヌ・キャンメイク・ちふれは、スティックやクリームタイプなどさまざまなコンシーラーを扱っていますが、どれもクレンジング剤で落とす必要があります。石鹸で落ちるものにこだわらず価格重視の方におすすめです。

 

2023年11月現在、上記のブランドで石鹸で落とせるコンシーラーの取り扱い情報は見つけられませんでしたが、そのほかメイクアップ用品の中には洗顔料やお湯で落とせる製品もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

 

以下の記事ではプチプラコンシーラーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

その他人気ブランドでの取り扱いもチェック

2023年11月現在、以下の人気ブランドでも残念ながら石鹸落ちのコンシーラーの取り扱い情報を確認できませんでした

 

  • KOSE NOAH(コーセー ノア)
  • KATE(ケイト)
  • INTEGRATE(インテグレート)
  • DHC(ディーエイチシー)
  • d program(dプログラム)
  • NOV(ノブ)
  • bareMinerals(ベアミネラル)
  • IPSA(イプサ)
  • Dior(ディオール)
  • 無印良品

 

コンシーラー以外なら石鹸で落ちるアイテムを取り扱うメーカーは多いですが、石鹸落ちのコンシーラーを販売しているブランドは意外と少ないため、購入の際には必ず確認してください。

ミネラルコンシーラーとは?

ミネラルコンシーラーとはミネラル(=鉱物)を使用したもので、石鹸で落とせるものがほとんどです。成分としては酸化チタン・酸化鉄・マイカなどがあります。植物成分や保湿成分が含まれたものが多く肌をケアしながら悩みをカバーできるのが魅力です。

 

以下の記事ではミネラルフェイスパウダーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひこちらも参考にしてみてください。

コンシーラーを使う順番は?

コンシーラーを使う順番はリキッドファンデーションならそのあと、パウダーファンデーションならファンデーション前が基本です。リキッドファンデーションのあとパウダーで仕上げるなら、ファンデーションとパウダーの間で使いましょう。

 

どの場合もブラシ・スポンジ・指の腹などを使ってやさしくたたきこむようにつけ、そのあとにのせるパウダーファンデーションやフェイスパウダーはコンシーラーがとれないようにやさしく押さえるようにのせるのがおすすめです。

コンシーラーの効果的な使い方

コンシーラーは部位・悩みにより使い方が異なります。ここではそれぞれの効果的な使い方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目元のクマにはやさしくたたきこむ

目元はよく動いてヨレやすいので、カバー力も大切ですが何よりしっかりフィットするものを使うのがおすすめです。リキッドタイプなど伸びのいいコンシーラーを指の腹またはスポンジを使ってやさしくたたきこむとなじみやすいので試してみてください。

小鼻や頬の赤み隠しなら肌を引っ張ってつける

小鼻の横の赤みや頬の部分的な赤みが気になる場合は反対色のグリーンがおすすめです。ピンポイントならカバー力の高いスティックがおすすめで、周囲の肌を引っ張るとつけやすいので覚えておいてください。

シミ・そばかすのカバーならぼかすのがポイント

シミやそばかすをカバーするなら伸びがよくカバー力もあるクリームタイプが向いており、パレットタイプなら色の調整も可能です。指やブラシにとって気になる部分にのせ、周囲をぼかしながらなじませると自然な仕上がりになります。

ニキビ・ニキビ跡は負担の少ないものをやさしくのせる

ニキビができているときは刺激になるためコンシーラーの使用は避けてください。どうしても使いたい場合は、負担の少ないパウダータイプやニキビ肌でも使えるとうたう商品をやさしくのせるのがポイントです。

 

ニキビ跡の場合もまだ肌がデリケートな状態なので、色が薄くなっていればニキビ部分と同様の使い方ができます。赤みが気になる場合は反対色であるグリーンを選んでやさしくつけてください。

そのほかの肌に負担が少ない化粧品もチェック

肌の負担を減らすべくコンシーラーを選んでも、そのほかのメイクで刺激を与えては意味がありません。以下の記事では敏感肌向け化粧品・敏感肌向け化粧下地の人気おすすめランキングをご紹介しています。気になる方はぜひ併せてご覧ください。

まとめ

石鹸で落ちるコンシーラーの選び方とおすすめ商品ランキングをご紹介しました。形状や色味など、肌悩みに応じて選ぶのがポイントです。ぜひ本記事を参考に自分に合った石鹼で落ちるコンシーラーを探してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年04月04日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事