くま用コンシーラーの人気おすすめランキング10選【プチプラ・デパコス】

記事ID22073のサムネイル画像

ファンデーションでは隠しきれない、目の下の厄介なくまに悩まされている方は多いのではないでしょうか。そんな悩みを解決するのにおすすめなのがコンシーラーです。今回はくま隠し用のコンシーラーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でまとめました。

コンシーラーの役割

女性の身だしなみであるお化粧ですが、お化粧をする中でファンデーションでは隠しきれない、目の下の厄介なくまに悩まされている方は多いのではないでしょうか。そんな悩みの解決にはコンシーラーがおすすめです。

 

コンシーラーは隠しきれない肌の色ムラをカバーする役割を持っていますが、実はファンデーションよりもカバー力が高いのです!くまだけでなく、シミやニキビ痕などもカバーしてくれる優秀な化粧品なので、メイクのスタメンとして1つは持っておきたいですよね。

 

そこで今回はくま隠し用のコンシーラーの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは、くまの種類・成分・価格などを基準に作成しました。購入を検討している方は是非参考にしてみてください。

くま隠し用のコンシーラーの選び方

コンシーラーはくまのタイプによって最適な色合いが変わってきますし、さまざまなものがあります。それぞれの特徴を紹介しますので、自分に合うコンシーラーを選びましょう。

くまの種類に合った色で選ぶ

コンシーラーの色は主にベージュですが、同じベージュでも色合いがさまざまで、イエロー系やピンク系などがあります。くまの種類によって最適な色が変わってきますので要チェックです!

青くまには血色感をプラスさせる「オレンジ・ピンク」系がおすすめ

お風呂に入ることでくまが薄く感じる場合、青くまであることが多いです。疲労による血行不良が原因の青くまには、オレンジやピンク、アプリコット系がおすすめです。これらの色味は青とは反対色にあたるので打ち消し、上手く隠して自然な目元に仕上げてくれます。

茶くまには同色系の「イエロー」系がおすすめ

くすんだ目元の茶くまには、同色系のイエロー系を使うと目立ちにくくなります。明るすぎる色味だと、不自然に見えてしまう可能性があるので注意しましょう。イエロー系で隠しきれない濃いくまに、グリーンのコンシーラーを使うとトーンアップするのでおすすめです。

黒くまには定番の「ベージュ」系がおすすめ!パール入りだと明るい目元に

加齢によってできる影が正体の黒くまには、肌なじみの良い定番のベージュやオークル系を選ぶのがおすすめです。また、パール入りのものやファンデーションより明るめの色を選ぶと、より影が目立たなくなり明るい目元に仕上がります。

形状・タイプで選ぶ

コンシーラーはリキッド、クリーム、スティック、パレットなどさまざまなタイプに分けられます。特徴を確認して、自分が使いやすいタイプのものを選びましょう。

初心者の方には使いやすい「リキッド」タイプがおすすめ

リキッドタイプは、液状で伸びが良いので肌になじみやすく、初心者でも使いやすいのが特徴です。カバー力は高くないので、使用する時は重ねづけするとくまが隠れます。保湿成分が配合されていることが多いので、シワや乾燥が気になる方にもおすすめです。

厚塗り感を出したくない方には「クリーム」タイプがおすすめ

クリームタイプは柔らかくなめらかなので、リキッドタイプ同様に肌なじみが良いです。塗る時にはブラシや指を使う手間がかかりますが、厚塗り感は出ないのにカバー力があり、自然な仕上がりに。くま以外の広範囲にも使用することができる万能なコンシーラーです。

カバー力を求める方には「スティック」タイプがおすすめ

固形状のスティックタイプは、カバー力と肌への密着度が高くなっています。スティックを直接に肌に当てるので使いやすく、頑固で濃いくまもしっかりと隠してくれる優れものです。しかしながら、重ねすぎると厚塗り感が出てしまうので、塗り方には注意しましょう。

 

以下の記事では、スティックコンシーラーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧下さい。

複数の悩みを持つ方には「パレット」タイプがおすすめ

パレットタイプは、1つのパレットに複数のカラーが用意されています。単色で使ったり、混ぜ合わせて簡単にオリジナルな色を作ることもできます。シミやニキビ痕など、くま以外の部分にも合う色を作ることも可能なので、複数のお悩みを持つ方にもおすすめです。

くま以外には「ペンシル・パウダー」タイプがおすすめ

ペンシルタイプはその名の通り鉛筆のような形状で、芯が硬いため目元には向きません。主にシミやそばかすをピンポイントで隠したい時に適しています。ただカバー力は高いので、使用する時はクレヨンや筆のように柔らかめを選ぶと良いでしょう。

 

パウダータイプはカバー力が低いため、頑固で濃いくまを隠すには向いていません。しかし、薄づきなので目元のトーンアップナチュラルに仕上げたい方にはおすすめです。

成分・肌質で選ぶ

くまだけでなく、目元の乾燥やシワなども気になる方は多いのではないでしょうか。肌質は十人十色ですので、自分に合う成分のものを選ぶようにしましょう。

乾燥肌の方には「美容液・保湿成分配合」がおすすめ

普段から肌が乾燥しやすく、目元のシワなどが気になるといったお悩みを持つ方は、美容液や保湿成分が配合されたコンシーラーを選ぶと良いでしょう。また、油分が少ないと乾燥やひび割れに直結してしまいますので、油分が多く配合されているコンシーラーもおすすめです。

敏感肌の方には「低刺激」なミネラルコンシーラーがおすすめ

敏感肌で肌荒れが心配な方はミネラルコンシーラーがおすすめです。ミネラルコンシーラーは「ミネラル=鉱物」使っているほか、植物成分配合で肌への負担が少ないのが特徴です専用のクレンジングが不要で、石鹸で簡単に落とすことができるのも魅力の一つです。

価格で選ぶ

毎日のメイクに欠かせないコンシーラーは、プチプラからデパコスまで幅広い価格帯となっています。それぞれの特徴を見て、自分のお財布と相談しながら選ぶようにしましょう。

コスパ重視な方にはキャンメイクなどの「プチプラ」がおすすめ

プチプラは「プチプライス」という意味で、お手頃価格となっています。なるべく予算をかけずに使いたい方や、学生さんのようなメイク初心者の方にもおすすめです。プチプラの定番キャンメイクは可愛い製品がたくさんあり、見てるだけでもウキウキしちゃいますよね!

高品質な「デパコス」は40代以上の大人の女性におすすめ

デパコスは「デパートコスメ」という意味で、一般的な化粧品に比べて価格は高くなっています。頑固で濃いくまに悩まされ、くま以外の乾燥やシワなども気になり始める40代以上の方におすすめです。高品質で肌への効果が期待できる成分が多く配合されているのが特徴です。

プチプラくま隠し用コンシーラーの人気おすすめランキング5選

5位
 

BCLカンパニー

カクシマストウルトラカバーコンシーラー

くまを隠しながら乾燥する目元もケア!

3色のブロッキングパールが光の反射で、頑固なくまを徹底カバー。薄いゲル膜がピタッと密着するのでメイクが崩れにくくなっています。乾燥しやすい目元のために保湿成分が配合され、カモミールとアーチチョーク葉エキスで透明感を演出します。

くまの種類 青くま カラー ナチュラル
タイプ クリーム 美容液・保湿成分配合
4位
 

アクアキューブ

カリプソ マジックコンシーラー サーモンベージュ

ベタつかずくま以外も隠す多機能コンシーラー

チップタイプなので、隠したい箇所にピンポイントで塗りやすくなっています。光拡散パウダー配合で、ソフトフォーカス効果が起こり、光で悩みを目立たせません。また、さらさらパウダーが配合されているのでベタつかず、使いやすいのも魅力です。

くまの種類 青くま カラー サーモンベージュ
タイプ リキッド 美容液・保湿成分配合

高密着でヨレにくい!ウォータープルーフなのも嬉しい

ヨレたりシワになりにくいストレッチ処方で、表情の動きに合わせてピタッと密着。気になる頑固なクマをカバーし、血色感をプラスさせるコンシーラーです。SPF50の他、ウォータープルーフタイプなので、汗をかきやすい夏場には特におすすめです。

くまの種類 青くま、茶くま カラー 30 オレンジ系
タイプ リキッド 美容液・保湿成分配合
2位
 

ザ セム(The saem)

カバーパーフェクションチップコンシーラー

安いのに機能性バツグンな韓国コスメ

韓国の人気ブランド「the SAEM(ザセム)」のコンシーラーは日本でも非常に人気!カバー力が抜群なだけではなく、重ね塗りしても厚塗り感が出ない高密着コンシーラー。ロングラスティングパウダーが配合され、長時間綺麗な肌が続くのも魅力です。

くまの種類 茶くま カラー 01 クリアベージュ
タイプ リキッド 美容液・保湿成分配合
1位
 

資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

スポッツカバー ファウンデイション(ベースカラー)

幅広い悩みに対応した多くの方から愛されるロングセラーアイテム

こちらはファンデーションですが、カバー力を求める方から圧倒的な人気を誇り、くま以外の悩みにも幅広く対応しています。もともと「やけど痕にお悩みの方の精神的負担を少しでも軽減してもらいたい」という思いから開発されました。

くまの種類 茶くま カラー H100 オークル系の明るめの肌色
タイプ クリーム 美容液・保湿成分配合 ×

プチプラくま隠し用コンシーラーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6594607の画像

    資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)

  • 2
    アイテムID:6593968の画像

    ザ セム(The saem)

  • 3
    アイテムID:6593482の画像

    セザンヌ化粧品

  • 4
    アイテムID:6593264の画像

    アクアキューブ

  • 5
    アイテムID:6592989の画像

    BCLカンパニー

  • 商品名
  • スポッツカバー ファウンデイション(ベースカラー)
  • カバーパーフェクションチップコンシーラー
  • ストレッチコンシーラー
  • カリプソ マジックコンシーラー サーモンベージュ
  • カクシマストウルトラカバーコンシーラー
  • 特徴
  • 幅広い悩みに対応した多くの方から愛されるロングセラーアイテム
  • 安いのに機能性バツグンな韓国コスメ
  • 高密着でヨレにくい!ウォータープルーフなのも嬉しい
  • ベタつかずくま以外も隠す多機能コンシーラー
  • くまを隠しながら乾燥する目元もケア!
  • 価格
  • 1073円(税込)
  • 498円(税込)
  • 660円(税込)
  • 978円(税込)
  • 1980円(税込)
  • くまの種類
  • 茶くま
  • 茶くま
  • 青くま、茶くま
  • 青くま
  • 青くま
  • カラー
  • H100 オークル系の明るめの肌色
  • 01 クリアベージュ
  • 30 オレンジ系
  • サーモンベージュ
  • ナチュラル
  • タイプ
  • クリーム
  • リキッド
  • リキッド
  • リキッド
  • クリーム
  • 美容液・保湿成分配合
  • ×

デパコスくま隠し用コンシーラーの人気おすすめランキング5選

天然ミネラル配合で肌に優しい

天然由来のミネラル植物由来オイルでできた、肌に優しい低刺激なコンシーラーです。単色使いでも良し、混ぜ合わせても良しなパレットタイプなので色味の調整に便利です。保湿成分以外に美肌成分も含まれており、女性には嬉しいですよね。

くまの種類 青くま カラー ナチュラルベージュ・オレンジベージュ・オークルベージュ
タイプ クリーム(パレット) 美容液・保湿成分配合
4位
 

ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)

インテンシブ スキン セラム コンシーラー

顔全体に若々しさと明るさを演出してくれる

粉っぽさがなく、肌なじみの良いコンシーラーです。瞬時に目元を明るくし、ハリ感もアップ。また、ビタミンC・カンゾウ根エキス・バンブーエキス配合で、透明化のある若々しい印象へと導いてくれます。

くまの種類 黒くま カラー 06 ベージュ
タイプ リキッド 美容液・保湿成分配合
3位
 

Christian Dior(クリスチャンディオール)

ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー

高保湿力が魅力!デパコスの定番Dior

デパコスの定番といえばDior。こちらは高いカバー力と保湿効果を備えたクリーミーなコンシーラーになります。軽いつけ心地で肌にスッとなじむのに、簡単にはよれず綺麗な肌を長時間キープしてくれます。明るい色を使うと立体感がプラスされます。

くまの種類 黒くま カラー 0Nニュートラル
タイプ リキッド 美容液・保湿成分配合

テクニックいらずで簡単にくまをカバー

ミネラルトーンバランスパウダーという独自のパウダーにより、肌のトーンを均一に整え、うるおいとツヤ感のある仕上がりになります。リッチなテクスチャーで、少量でも気になる部分をしっかりカバーしてくます。

くまの種類 青くま カラー #1232 バニラ
タイプ リキッド 美容液・保湿成分配合

くまやくすみを自然にカバーする魔法の筆ペン

発売から25年経ってもなお、名品といわれるロングセラーのコンシーラー。ペンシルタイプの中でも筆ペンなので初心者の方にも使いやすく、ひと筆で明るく透明感のある肌に導きます。自然な仕上がりなので、ナチュラルメイクの方にもおすすめです。

くまの種類 茶くま カラー 2 ルミナスアイボリー
タイプ リキッド(ペンシル) 美容液・保湿成分配合

デパコスくま隠し用コンシーラーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6596105の画像

    イヴ・サンローラン

  • 2
    アイテムID:6595862の画像

    ナーズ

  • 3
    アイテムID:6595519の画像

    Christian Dior(クリスチャンディオール)

  • 4
    アイテムID:6595340の画像

    ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)

  • 5
    アイテムID:6594727の画像

    ETVOS(エトヴォス)

  • 商品名
  • ラディアント タッチ
  • ラディアントクリーミーコンシーラー
  • ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー
  • インテンシブ スキン セラム コンシーラー
  • ミネラルコンシーラーパレット
  • 特徴
  • くまやくすみを自然にカバーする魔法の筆ペン
  • テクニックいらずで簡単にくまをカバー
  • 高保湿力が魅力!デパコスの定番Dior
  • 顔全体に若々しさと明るさを演出してくれる
  • 天然ミネラル配合で肌に優しい
  • 価格
  • 3555円(税込)
  • 3469円(税込)
  • 5890円(税込)
  • 4100円(税込)
  • 4951円(税込)
  • くまの種類
  • 茶くま
  • 青くま
  • 黒くま
  • 黒くま
  • 青くま
  • カラー
  • 2 ルミナスアイボリー
  • #1232 バニラ
  • 0Nニュートラル
  • 06 ベージュ
  • ナチュラルベージュ・オレンジベージュ・オークルベージュ
  • タイプ
  • リキッド(ペンシル)
  • リキッド
  • リキッド
  • リキッド
  • クリーム(パレット)
  • 美容液・保湿成分配合

くまの原因

青くまは、疲れや睡眠不足による目元の血行不良が主な原因。冷え性や頭痛持ちの人にもできやすいのが特徴です。目元の皮膚は他と比べて薄く、血流が滞ると皮膚の上からでも紫や青黒く見えてしまいます。くまのあたりを下に引っ張ると薄くなったように感じられます。

 

茶くまは、紫外線や皮膚への刺激による色素沈着が主な原因で、茶色くくすんだように見えます。目のかゆみなどに対してこすってしまうことが大きく関係しています。目尻を引っ張ると、皮膚と共にくまも一緒に動き、色の変化が少ないのも特徴です。

 

黒くまは他のくまと違い、目の下の色が実際に変化しているわけではありません。加齢とともに皮膚や筋肉が衰えることによって脂肪が前に押し出され、目の下に段差ができ、その影がくまに見える、これが黒くまの正体です。上を向くと薄くなったように感じられます。

くまをコンシーラーで隠す方法

ここではコンシーラーでくまを隠す方法をご紹介いたします。基本的な塗り方から、綺麗に仕上げるコツなど必見です!上手にコンシーラーを使ってくまを隠しましょう。

ファンデーションによってコンシーラーを使う順番も変わる

コンシーラーはファンデーションのタイプによって使う順番が異なります。この順番を間違えるとカバー力が台無しになってしまうので注意が必要です。ここではファンデーション別の順番を紹介いたしますので確認しましょう。

 

リキッド・クリーム系のファンデーションの場合、ファンデーションの次に塗ります。液体から重ねて、パウダーをのせることでなじみやすくなります。「下地⇒コントロールカラー⇒ファンデーション⇒コンシーラー⇒フェイスパウダー」の順で塗ります。

 

パウダーファンデーションの場合も液体から塗り、パウダーで重ねます。ファンデーションの後に塗ると、コンシーラーが肌に密着せず、よれたりしてしまいます。「下地⇒コントロールカラー⇒コンシーラー⇒ファンデーション」の順で塗ります。

基本的なコンシーラーの塗り方

コンシーラーを塗る順番について説明します。まず、肌のベースを整えておくためにしっかりと保湿をしてから、下地もしくはリキッド・クリーム系ファンデーションを薄めに塗ります。薄めに塗ると、コンシーラーを塗った際に厚塗り感が出ないのでおすすめです。

 

次にコンシーラーを放射線状に入れます。ナチュラルにカバーできるよう、必ず目頭から入れ、カバーしたい部分よりもひと周り大きく、色素を覆うように塗るのがポイントです。ただし、しっかりと塗りすぎると濃い印象を与えてしまうので、注意が必要です。

 

最後に柔らかめのメイクスポンジや指の腹でコンシーラーをのばします。とにかく均一に仕上げることが大切なので、ポンポンと優しくなじませましょう。下まぶたのキワや涙袋にちょこんとラメアイシャドウをのせると、くまが目立たなくなるのでおすすめです。

くまの種類別!コンシーラーの塗り方

青くまには血色感のあるオレンジ・ピンク系のコンシーラーを、茶くまにはイエロー系のコンシーラーを使用しましょう。特に青くまが目立つ時にはカバー力の強いスティックタイプ、茶くまが目立つ時には自然な仕上がりになるクリームタイプがおすすめです。

 

仕上げにパウダーファンデーションで密着させたり、ハイライトを使ってさらに明るさを出すのもおすすめです。クマが隠し切れない場合は、赤系のクリームチークやリップを代用する手もあります。

 

黒くまは、影を隠して光を足しましょう。影になってくぼんでいる箇所に、ピンポイントでコンシーラーを塗っていくと綺麗に仕上げることができます。特にパール入りのものだと明るい目元になります。パール系のアイシャドウでも代用可能です。

こんな時はどうする?思うような効果が感じられない時

コンシーラーを使って見たものの、「ヨレが気になる」「浮いてきてしまった」などのように思うような効果を感じられない時ってありますよね。ここではそんな時の対処法を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

 

乾燥によって崩れてしまった場合は、肌の保湿が大切になってきます。ミストを吹きかけ、ティッシュで軽く押さえたり、手で優しくなじませましょう。吹きかけた後はクリームで油分を重ね、フェイスパイダーをのせれば元通りになります。

 

汗や皮脂で崩れてしまった場合は、崩れている部分をティッシュで軽く押さえ、上からフェイスパイダーを薄く重ねます。無理にコンシーラーを重ねてしまうと、かえって悪目立ちしてしまうので注意しましょう。

くまの予防には日頃のケアが大切!

くまができるのを防ぐには、日頃のケアが大切になってきます。青くまは疲れや睡眠不足による血行不良が原因なので、生活改善が一番です。身体を温めることを意識し、ストレッチをしたり湯船につかりましょう。ホットアイマスクやマッサージもおすすめです。

 

黒くまは加齢による皮膚のたるみなどが原因なので、アイクリームでしっかりと保湿しましょう。目頭から目尻に向かってのばしたクリームを、優しくマッサージしながらなじませると効果的です。また、眼輪筋をトレーニングするのもおすすめです。

 

茶くまは紫外線のダメージや摩擦により色素沈着を引き起こしてしまっているので、クレンジングが重要。こすらず優しく落とすのがポイントです。以下の記事では、クレンジングオイルの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧下さい。

まとめ

ここまでくま隠し用のコンシーラーの人気おすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。さまざまなタイプがあり、くまに合った色を選ぶことで目元をより綺麗に見せてくれます。是非自分にピッタリのコンシーラーを見つけてみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年03月23日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

マスカラ下地の人気おすすめランキング15選【プチプラからデパコスまで!】

マスカラ下地の人気おすすめランキング15選【プチプラからデパコスまで!】

コスメ・化粧品
レディース用ヘアスプレーの人気おすすめランキング10選

レディース用ヘアスプレーの人気おすすめランキング10選

コスメ・化粧品
セラミド配合美容液の人気おすすめランキング15選【プチプラもご紹介!】

セラミド配合美容液の人気おすすめランキング15選【プチプラもご紹介!】

コスメ・化粧品
【美容ブロガー監修】2021年最新!口紅の人気おすすめランキング14選【イエベ・ブルべ】

【美容ブロガー監修】2021年最新!口紅の人気おすすめランキング14選【イエベ・ブルべ】

コスメ・化粧品
30代向けチークの人気おすすめランキング15選【プチプラ・デパコス】

30代向けチークの人気おすすめランキング15選【プチプラ・デパコス】

コスメ・化粧品
TOPへ