線形代数を学べる参考書本の人気おすすめランキング15選【教科書・問題集をご紹介!】

機械学習を学ぶなら避けて通れない分野である線形代数。行列などを含む数学を文系・理系を問わず独学で勉強する場合などは、教科書・問題集選びに苦労してしまいます。そこで今回は、線形代数を学べる参考書の選び方と、おすすめ商品ランキングをご紹介します。

線形代数は書籍(本)で学ぶのがおすすめ

線形代数は、大学の数学で基礎となる重要な部分です。数学に限らず、理学や工学を理解するためにも線形代数は欠かせません。プログラミングを組むにも線形代数は不可欠ですが、抽象的な内容で理解するのはなかなか難しいんですよね。独学で学ぶならなおさらです。

 

そんなときに便利なのが、参考書などの書籍なんです!文字や図形で詳しく解説している参考書を使えば、線形代数の理解もグッと深まります。しかし、線形代数の参考書は非常に種類が多く、自分に合ったものを選ぶのは困難です。

 

そこで今回は、線形代数を学べる参考書の選び方や、おすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは著者・ページ数・発売日などを基準に作成しました。名著や東大で使われている教科書もご紹介しているので、購入を迷われている方は参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

経験者向け線形代数参考書のおすすめ

1位

東京大学出版会

線型代数入門

価格: 2,090円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本気で線形代数を学ぶなら必読!東大でも使われる教科書のひとつ

出版されて50年以上経つ、現在でも大学の教科書として使用されている信頼のある1冊です。旧字体が多数使用されているためやや読みにくさがあります。数学としての厳密性を維持しながらも分かりやすい説明が記載されている参考書です。

 

本気で線形代数を理解したい方には必ず読んでほしい1冊です。練習問題の解説がほとんどないので、分からないところはほかの書籍と合わせて学習してください。

著者 齋藤 正彦 ページ数 292
発売日 1966/3/31

初学者向け線形代数参考書のおすすめ

1位

数研出版

チャート式シリーズ 大学教養 線形代数

価格: 3,080円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

難しい応用が少なくチャート式で分かりやすい参考書

線形代数の基礎となる部分の知識と、理解を深めるための問題がセットになった参考書です。解説で知識をつけつつ、実際の計算問題を解きながら復習できます。授業を受けているような感覚で進められる1冊です。

 

難しい応用はあまり入っていないので高校数学の延長としてもおすすめで、入門編として使いやすい1冊です。じっくり読み進めながら勉強すれば、線形代数の基礎がしっかりと身につきます。

著者 加藤 文元(監修) ページ数 448
発売日 2020/4/17

線形代数を学べる参考書の選び方

線形代数の参考書にはさまざまな難易度があり、使用用途も幅広いため選び方が難しいです。参考書は練習問題の量・出版時期・著者なども考慮しながら選ぶ必要があります。

難易度で選ぶ

線形代数の参考書は中学生でも理解できるように解説されたものから、専門書のようなハイレベルのものまであります。難易度を考えて自分に合った参考書を選びましょう。

難しい用語がわからない初学者や独学で学ぶなら「入門書」がおすすめ

線形代数は大学の数学では基礎的となる部分ですが、抽象的な内容なので初めて学ぶ場合は理解しにくい内容です。高校の数学だけでは予備知識が不足しているので、学校で学ぶ知識だけでは理解できない場合があります。

 

難しい用語がわからない初学者の方や、独学で学ぶ方には「入門書」がおすすめです。中には漫画で解説している参考書など、中学生でも理解できる書籍もあります。大学の教科書として使用されるものは、慣れていないと分かりにくいものが多いです。

 

入門書の多くは初めて線形代数を勉強する方でも分かりやすく作られているため、難しい用語や数式が分からなくても勉強しやすいです。入門書の中にもいくつかレベルがあるので、自分の学力に合ったものを選んでみてください。

応用や専門知識を得たいなら「専門書」がおすすめ

本格的に線形代数を学ぶなら、大学の教科書として使用されているような「専門書」がおすすめです。専門書だからといって全てが難解なわけではなく、分かりやすく解説している書籍もたくさんあります。

 

ただし、内容はレベルの高いものなので基礎を学んでいないと理解できない可能性が高いです。まずは入門書で線形代数を学び、基礎ができあがったら専門書に進みましょう。基礎がすでにできている場合は、専門書からスタートしてみてください。

基礎が分からないなら「文系向け」のものがおすすめ

入門書の内容でも分かりにくいときは、「文系向け」の参考書を選ぶのがおすすめです。文系向けに作られた参考書の内容は、基礎の部分を分かりやすく解説しているものがほとんどになります。

 

そのため、入門編でつまずいてしまった方にも理解しやすいです。文系の方はもちろん、理系で線形代数が苦手な方でも勉強しやすいので、是非チェックしてみてください。

出版社や著者で選ぶ

線形代数の参考書は多くの出版社が出しています。中にはシリーズ化しているものもあるため、自分が勉強しやすいシリーズや理解しやすい出版社のものを選ぶのもおすすめです。

数式をしっかり理解したいなら「マセマ」がおすすめ

「マセマ」の線形代数はシリーズ化されており、基礎や演習などさまざまな参考書が出版されています。まずは基礎から勉強し、同じマセマシリーズの応用へと進んでいきましょう。線形代数の数式は複雑で難しいですが、マセマの参考書を読み込めば理解が深まります。

東大の教科書にも使われているものがいいなら「東京大学出版会」がおすすめ

「東京大学出版会」の参考書は、東大の教科書にも採用されています。本格的な線形代数の計算が学べるだけでなく、応用や実用的な部分までしっかりカバーされているのが特徴です。教科書にも使われているため、初心者でも比較的分かりやすくなっています。

世界規格を学びたいなら「ギルバート ストラング」の名著がおすすめ

「ギルバート ストラング」が手掛ける線形代数参考書は、世界でも通用するレベルの学習ができます。世界の大学でも教科書として採用されるほどクオリティの高い名著も多く、線形代数を詳しく勉強したい方には特におすすめです。

 

難しい計算ももちろんありますが、高校数学を入り口としているので初心者でも活用できます。簡単なところからスタートし、演習問題を解きながら少しずつ理解を深めていけるのが特徴です。

使用用途で選ぶ

線形代数の参考書は予備知識がない方でも分かりやすいものや、大学院入試を意識したものなどさまざまなタイプがあります。ここでは用途別の選び方を見ていきましょう。

高校数学の延長なら「行列式・行列」を学べるものがおすすめ

線形代数は高校数学の行列を発展させたものですが、現在の高校の指導要領では「行列式・行列」を教えないところも増えています。そのため、高校卒業レベルの数学知識では線形代数を理解するのは難しいです。

 

高校卒業後に大学などで線形代数を学ぶ場合は、行列や行列式を学べる参考書を用意しておくと心強いです。大学では行列を理解している前提で授業が進む可能性もあるため、自分である程度予習しておくと理解しやすくなります。

 

最近の線形代数参考書の中には、行列について詳しく解説しているものもあるので、行列を理解していない方は詳しい線形代数を学ぶ前に行列や行列式を解説している参考書を選んでみてください。

理解を深めたいなら「網羅性」のある参考書がおすすめ

線形代数は勉強する範囲が広いため、一部分だけを学んでも理解しにくい可能性があります。より理解を深めたいのであれば行列・ベクトル・さらに専門的な内容など幅広い分野を勉強できる「網羅性」のある参考書を選ぶのがおすすめです。

 

網羅性のある参考書は初心者から上級者まで使いやすく、どんな参考書を選ぶか迷ったときにもぴったりです。線形代数の内容がまんべんなく書かれた参考書であれば、いろいろな方向から勉強できて理解度がグッと深まります。

大学院入試なら「入試問題」のある参考書がおすすめ

線形代数は大学院での研究でも非常に重要な分野です。そのため、大学院入試の試験では線形代数が出題される可能性があります。大学院入試を受けるなら、線形代数の問題演習を十分に行っておくのがおすすめです。

 

線形代数参考書の中には、大学院入試の過去問が載っているものもたくさんあります。大学院入試を受けるなら、問題演習ができる参考書や問題集を選びましょう。実際に出題された「入試問題」が載っている参考書は特におすすめです。

「プログラミング・ベクトル解析」などを学びたいなら応用編がおすすめ

線形代数は「プログラミング・ベクトル解析」などさまざまな分野に応用されており、それらを解説した参考書も販売されています。線形代数の中でもプログラミングなどにかかわる分野を勉強したいなら応用編を選びましょう。

 

応用編の参考書は基本的に線形代数をマスターしてから読むべきものですが、応用分野に必要な線形代数に絞って解説した参考書も販売されています。一部分だけを抜粋して便用する場合は、最初から応用編を選ぶのもおすすめです。

問題の量で選ぶ

線形代数も高校までの参考書と同様に、参考書と問題集に分かれています。ここでは、練習問題がついているものやついていないものなど、問題の量による選び方をご紹介します。

内容を理解したいなら「練習問題がない」タイプがおすすめ

線形代数の参考書は内容を理解するのがメインで、練習問題がほとんどないものや全くないものも少なくありません。特に苦手な方向けの線形代数の参考書は、「練習問題がない」タイプが多いです。

 

線形代数の内容をしっかりと理解したいなら、詳しい解説が載っている場合が多い練習問題がない参考書を選びましょう。

線形代数を使いこなすなら「練習問題がある」タイプがおすすめ

線形代数の参考書も高校までの参考書と同じで、練習問題がついた参考書は少なくありません。しっかり内容を理解したあとで練習問題を行うと、実践的な力が身につきます。「練習問題がある」タイプは、解説も問題も同じ著者が書いているので分かりやすいです。

 

問題の量は参考書によって違い、線形代数を理解するための解説は詳しくても問題の回答が簡素化されているものもあります。参考書は形代数を理解することがメインなので、どうしても練習問題の分量は少ないのです。

 

練習問題つきの参考書を選ぶ場合は、そのあたりを考慮して選びましょう。とはいえ、入試などで本格的に勉強したい方以外であれば、問題集つきの参考書で問題ありません。

入試対策なら「問題集」がおすすめ

ある程度線形代数を理解しているもののさらに力をつけたい方や、大学院入試を受ける方は線形代数の「問題集」がおすすめです。問題集は基礎的なものから、大学院入試を視野に入れたハイレベルのものまでさまざまなものがあります。

 

解説がないと間違えた問題を理解できないままになってしまうため、独学で学ぶなら必ず解説の詳しい問題集を選ぶようにしましょう。線形代数は大学の数学では基本中の基本なので、応用分野を学ぶなら完全にマスターしておく必要があります。

出版された時期で選ぶ

線形代数の参考書は最近出版されたものから、数十年前に出版されたされたものまで幅広いです。ここでは、出版時期それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

信用性が高いものがいいなら大学でも使われる「古い参考書」がおすすめ

線形代数の参考書は数十年前に出版された書籍でも、大学の教科書としてそのまま使われているものもあります。線形代数は参考書の内容が古くなる場合がほとんどありません。 長く愛用されている「古い参考書」は、信用性が高いのも大きなメリットです。

 

ただし、参考書の内容自体に問題はなくても、使われている言葉が現代的ではありません。言葉遣いのせいで読みにくい場合もあるので、よくチェックしておきましょう。

わかりやすくまとめられた現代向けの解説なら「新しい参考書」がおすすめ

出版時期が新しいものは現代の感覚で書かれているので読みやすいです。内容も分かりやすい参考書が多く、高校で習わなくなった行列をフォローしているなどの特徴があります。分かりやすい言葉で解説しているため、初学者には特におすすめです。

 

「新しい参考書」は読みやすくて情報が新しいのがメリットですが、信用性に欠ける可能性があります。出版されたばかりの参考書なら、レビューなどを参考にしてみましょう。

応用分野から選ぶ

線形代数は大学入試だけでなく、日常生活の中でも活躍しています。自分が勉強したい分野や応用分野に応じて、参考書を選ぶのも重要です。

使い道の多いPCやAIを専攻するなら「プログラミング」がおすすめ

インターネットやAIなどのプログラムを設計できるようになるためには、線形代数を理解する必要があります。機械学習やディープラーニングに線形代数がどのように活用されているのかなど、「プログラミング」に必要な知識がまとめられた参考書も多いです。

 

下記の記事では、プログラミング本の人気おすすめランキング20選をご紹介しているので、是非あわせてご覧ください。

物理学専攻なら「量子力学」がおすすめ

原子や電子などの目に見えない小さな粒子の動きや、確率を計算する学問である「量子力学」は物理学の中でも最先端の研究分野です。量子力学には波動方程式という量子の本質を明らかにする手法があります。
 
 
波動方程式と線形代数の固有ベクトルを求めるための固定方程式は、数理構造が全く同じです。先端物理学の分野に進む場合には、線形代数と量子力学の関係を解説した参考書を読んでおくのがおすすめです。

数学科専攻なら「機械学習」がおすすめ

線形代数は「機械学習」においても非常に重要な分野です。機械学習は人工知能の一種とも呼ばれ、プログラミングなどとも深い関わりがあります。線形代数の中でもベクトルや行列を深く学習する必要があるため、目的に合った参考書を選ぶのがおすすめです。

 

線形代数参考書の中には行列の解説を省いているものもあります。行列について学びたい方は、その参考書が行列を取り上げているかどうかをチェックしましょう。

経験者向け線形代数参考書の人気おすすめランキング7選

7位

東京図書

大学院への数学 線形代数編

価格: 2,640円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初期からでも使える大学院の過去問題集

大学院入試の問題を集めた過去問題集です。過去問というと入試の対策に使うイメージがありますが、基礎的なレベルの問題から収録されていて使い勝手が良く、詳細な解説や学習のためのアドバイスなども記載されています。

 

さらに分野別に問題が整理されているので、線形代数を学び始めたばかりの方から深く学びたい方まで幅広く活用できます。

ページ数 240 著者 本田 龍央・五十嵐 貫・佐藤 義隆(監修)
発売日 2014/12/20

口コミを紹介

既に基礎事項を学んだ人向けだけではなく、学びながらでも、予習しながらでも使えるように、初歩から解説されている点が、独特だと思った。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

オーム社

プログラミングのための線形代数

価格: 3,300円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

行列の理解度を深めたい方向け

線形代数は、プログラミングを行うためにも必要な数学です。「プログラミングのための線形代数」は、線形代数の中でもプログラミングを行うために必要なものだけに絞って勉強できるのが特徴になっています。

 

ただし、プログラミングの書き方を学ぶ参考書ではありません。解説が分かりやすく、線形代数を勉強し始めたばかりの方でも使いやすくなっています。プログラミングに必要な部分だけを勉強したい方には、特におすすめの参考書です。

著者 平岡 和幸・ 堀 玄 ページ数 355
発売日 2004/10/1

口コミを紹介

具体例も豊富で、行列式・基底・ランクなど、今までただ暗記していた概念がすっきりと理解できました。
線形代数を学ぶ全ての大学生に勧めたい良書です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

産業図書

線形代数とその応用

価格: 4,620円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実用的な線形代数を学べる本!ギルバート・ストラングによる名著のひとつ

線形代数は解説が抽象的になりがちですが、この本はかなり具体的に説明されているのが特徴です。ページ数が多いですが解説がとても詳しく、抽象的ではなく具体的かつ丁寧な言葉で説明されています。

 

線形代数の応用例も多く挙げられていて、線形代数の使い方がイメージできるのも特徴です。線形代数を実際に使うことを意識した方におすすめの参考書になっています。内容はややハイレベルなので、基礎ができてから読むのがおすすめです。

著者 ギルバート ストラング ページ数 431
発売日 1978/7/7

口コミを紹介

例が興味深いです。私は経済学部の学生ですが、本書で経済学を深く理解できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

東京大学出版会

線形代数の世界

価格: 3,080円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大学数学の基礎を理解している方向けの教科書

線形代数の基礎が理解できている方向けの参考書です。基礎が理解できていないと進められない部分もあるため、まずは入門書で勉強してから読んでみてください。ジョルダン標準形・双対空間・商空間など、線形代数の応用が多く記載されています。

 

それぞれに詳しい解説が付いているだけでなく、問題も用意されているので理解が深められるのでおすすめです。ページ数がやや多いですが、内容もかなり豊富なのでこの1冊で幅広い知識が得られます。

著者 斎藤 毅 ページ数 278
発売日 2007/10/12

口コミを紹介

この本は、大学1年生で学ぶような基本的な線形代数を知っている人向けです。数学科の2年生以上の線形代数を解説した教科書としては、現在普通に手に入る本では最良のものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

近代科学社

線形代数イントロダクション

価格: 8,800円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独学にもおすすめ!世界最高レベルの講義テキスト

理系大学としては世界最高レベルともいえるマサチューセッツ工科大学で長年使用されてきた講義テキストの日本語訳です。608ページとかなり分厚いですが、予習のための解説と練習問題の解説が非常に充実しています。

 

そのため、独習でも十分理解できる内容です。線形代数の本質をきちんと理解できるように書かれており、豊富な練習問題が用意されています。抽象的な線形代数・実用的な線形代数ともに学べるおすすめの参考書です。

著者 ギルバート ストラング ページ数 608
発売日 2015/12/22

口コミを紹介

この教科書は、隅々まで学習者のことが考えられていることがわかる。数学や応用例の内容がすばらしいだけではなく、教育的な価値としてもすばらしい本だといえると感じた。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

日本評論社

線形代数学

価格: 4,180円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初学者にもやさしく非常に親切な1冊

いろいろなコンセプトでビジュアル化されていることに加え、話の流れを重視し思考する順・学習する順に構成された本です。新装版になりさまざまな誤植が改訂されさらに読みやすくなっています。

 

初学者向けに丁寧に書かれた良書として評判で、これから学習を始める方におすすめの1冊です。

著者 川久保 勝夫 ページ数 364
発売日 2010/8/20

口コミを紹介

色々な本がありますが、結局基礎を固めないと応用がききません。結局この本を理解することが、一番の近道かと感じています。大学卒業から10年経ち、ほぼ初学者の状態でしたが、時間をかけて十分理解できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

東京大学出版会

線型代数入門

価格: 2,090円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本気で線形代数を学ぶなら必読!東大でも使われる教科書のひとつ

出版されて50年以上経つ、現在でも大学の教科書として使用されている信頼のある1冊です。旧字体が多数使用されているためやや読みにくさがあります。数学としての厳密性を維持しながらも分かりやすい説明が記載されている参考書です。

 

本気で線形代数を理解したい方には必ず読んでほしい1冊です。練習問題の解説がほとんどないので、分からないところはほかの書籍と合わせて学習してください。

著者 齋藤 正彦 ページ数 292
発売日 1966/3/31

口コミを紹介

この教科書は、「著者が読者に知識をひけらかす事が目的にしか思えない本」ではなく、「著者が読者に線形代数を理解して貰う為に教える本」なのだと、本当に読者想いの本なのだと本心で納得できる内容に思えた。

出典:https://www.amazon.co.jp

経験者向け線形代数参考書のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 著者 ページ数 発売日
1
アイテムID:10430149の画像
線型代数入門

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

本気で線形代数を学ぶなら必読!東大でも使われる教科書のひとつ

齋藤 正彦 292 1966/3/31
2
アイテムID:9927259の画像
線形代数学

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

初学者にもやさしく非常に親切な1冊

川久保 勝夫 364 2010/8/20
3
アイテムID:9927256の画像
線形代数イントロダクション

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

独学にもおすすめ!世界最高レベルの講義テキスト

ギルバート ストラング 608 2015/12/22
4
アイテムID:9927253の画像
線形代数の世界

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

大学数学の基礎を理解している方向けの教科書

斎藤 毅 278 2007/10/12
5
アイテムID:9927250の画像
線形代数とその応用

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

実用的な線形代数を学べる本!ギルバート・ストラングによる名著のひとつ

ギルバート ストラング 431 1978/7/7
6
アイテムID:9927247の画像
プログラミングのための線形代数

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

行列の理解度を深めたい方向け

平岡 和幸・ 堀 玄 355 2004/10/1
7
アイテムID:9927244の画像
大学院への数学 線形代数編

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

初期からでも使える大学院の過去問題集

本田 龍央・五十嵐 貫・佐藤 義隆(監修) 240 2014/12/20

初学者向け線形代数参考書の人気おすすめランキング8選

8位

講談社

高校数学でわかる線形代数

価格: 1,012円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初学者・独学で勉強する方におすすめ!高校レベルから学べる線形代数

行列の基礎から解説されている線形代数の参考書です。高校数学で省かれてしまった部分から解説が始まり、大学の線形代数の内容へと進んでいきます。独学で学ぶ初学者には特におすすめの本です。

 

ごまかしのない数学的な参考書なので、この本を読み込めば線形代数をしっかり理解できて、かなりの実力をつけられます。

著者 竹内 淳 ページ数 232
発売日 2010/11/19

口コミを紹介

この著者の本はどれも当たり外れがない。非常に要領よく書かれていて、筋がはっきりしている。何のために役立つ、使えるかが示されているので、目的を見失わずに読める。量子力学への応用も簡略に書かれているのもとてもよい。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

裳華房

線型代数学(新装版)

価格: 3,740円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

線形代数のバイブルともいえる名著

2015年に改訂された60年以上愛されている伝説的な名著です。理工系学生のバイブルとして有名な参考書で、発展的に線形代数を理解できます。しっかり理解できれば高等数学を好きになれる本ともいわれている1冊です。

 

必要な部分は非常に丁寧に説明されていますが、一度解説した部分については「自明」などとして省略されるのが特徴になっています。大学数学では基礎の線形代数の参考書ですが、ややレベルが高めです。

著者 佐武 一郎 ページ数 339
発売日 2015/6/5

口コミを紹介

日本語で書かれた線形代数の本で一番何でも載ってる本だと思う.他の本で一通り勉強した後,辞典として持っておいたら良いと思う.旧版は読みにくくて探し物を見つけるのに苦労したけど,新装版は見やすくなってる.

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

東京図書

長岡亮介 線型代数入門講義

価格: 3,300円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独学でも高校数学の感覚で線形代数を学べる

駿台予備学校の講師としても活躍した、長岡亮介氏による線形代数の参考書です。高校レベルの数学ができていれば理解できる内容で、行列が分からなくても問題ありません。

 

大学数学の参考書は高校までの数学とは違う角度で書かれているものがほとんどなのに対して、この参考書は高校数学の感覚で勉強できるのが特徴です。独学でも問題ないほど分かりやすく、線形代数の入門にぴったりな1冊になっています。

著者 長岡 亮介 ページ数 424
発売日 2010/9/1

口コミを紹介

定義や証明だけでなく線形代数の概念をわかりやすく説明しているので初心者におすすめです。演習量は少ないので他の問題集で補いましょう

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

東京大学出版会

線型代数演習

価格: 2,640円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丁寧な解説の演習書

有名な東京大学出版会が出版している線型代数入門の姉妹書です。線形代数入門は練習問題の解説がほとんどありませんが、こちらはかなり詳しい解説が付いているのが特徴になっています。

 

レイアウトや記述がやや見にくいですが豊富な問題と解説で正しい知識が身につきます。単独で使える問題集なのですぐに実力をつけたい方にはぴったりです。問題集で迷ったらこの本を選んでおけば間違いありません。

著者 斎藤 正彦 ページ数 322
発売日 1985/3/1

口コミを紹介

 同じ出版社から出ている、「線形代数入門」の演習版。
ベクトル、行列、線形空間、固有値、ジョルダンの標準形に
渡る問題が本編に183題、演習書に370題あり、全部
解くとノート400ページくらいになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

マセマ出版社

大学基礎数学 線形代数キャンパス・ゼミ

価格: 1,980円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高校数学レベルでも分かりやすいマセマ出版社の参考書

高校数学が理解できるレベルでも分かりやすい参考書です。高校数学で勉強しなかった行列をカバーしてくれるだけでなく、大学で勉強する線形代数の導入部分をスムーズに学習できるように設計されています。

 

高校数学の復習や、大学数学を勉強する前の予習にもおすすめの1冊です。全体が3部構成になっており、ひとつひとつ理解しながら進めていけるのが嬉しいポイントになっています。

著者 馬場 敬之 ページ数 199
発売日 2022/3/18

口コミを紹介

マセマ出版社の参考書は図解も豊富で、親切丁寧な解説でスラスラ読めると、周りからもよく聞きますので、持っていて損はない最高の本です。厳選されたであろう良問がたくさんあるので、試験勉強にも欠かせないアイテムとなっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

近代科学社

スッキリわかる線形代数

価格: 2,750円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イラストと豊富な例題でスッキリ学べる

大学初年度で学ぶ線形代数をカバーした網羅性の高い参考書です。レイアウトやイラストで分かりやすく解説しているだけでなく、新しく学ぶ概念が生まれた理由などが解説されていて、線形代数の知識の関連性もあわせて学べます。

 

応用を意識した形で線形代数を学ぶべるため、本格的に線形代数を身につけたい方には特におすすめの参考書です。内容は本格的ですが、分かりやすく解説されていて読みやすいため、ほかの本で挫折した方でもチャレンジしやすくなっています。

著者 皆本 晃弥 ページ数 296
発売日 2011/1/26

口コミを紹介

基本の考えをイラストを使って明確に分かりやすく書かれた本でレイアウトも良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

共立出版

やさしく学べる線形代数

価格: 2,200円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

文系の方にもおすすめ!四則演算から始めることもできる参考書

行列式や連立一次方程式・空間ベクトル・線形空間・積空間を計算練習を通して学ぶことの度できる1冊です。基礎知識がなくても基礎から固められるので、高校数学が苦手だった方にもおすすめできます。

 

一段階手前から学ぶのに適していると評判ですが、数学的に線形代数を学ぶには足りない部分もあるので、ほかの参考書との併用もおすすめです。

著者 石村 園子 ページ数 224
発売日 2000/10/25

口コミを紹介

文系学部です。授業全く出ませんでしたがこれを試験前に詰め込み余裕で単位取れました。分かりやすく短い時間で詰め込めました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

数研出版

チャート式シリーズ 大学教養 線形代数

価格: 3,080円(税込)

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

難しい応用が少なくチャート式で分かりやすい参考書

線形代数の基礎となる部分の知識と、理解を深めるための問題がセットになった参考書です。解説で知識をつけつつ、実際の計算問題を解きながら復習できます。授業を受けているような感覚で進められる1冊です。

 

難しい応用はあまり入っていないので高校数学の延長としてもおすすめで、入門編として使いやすい1冊です。じっくり読み進めながら勉強すれば、線形代数の基礎がしっかりと身につきます。

著者 加藤 文元(監修) ページ数 448
発売日 2020/4/17

口コミを紹介

本来、自分で調べる内容もきちんと書いてあります。初学者には最適かと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

初学者向け線形代数参考書のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 著者 ページ数 発売日
1
アイテムID:9927288の画像
チャート式シリーズ 大学教養 線形代数

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

難しい応用が少なくチャート式で分かりやすい参考書

加藤 文元(監修) 448 2020/4/17
2
アイテムID:9927285の画像
やさしく学べる線形代数

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

文系の方にもおすすめ!四則演算から始めることもできる参考書

石村 園子 224 2000/10/25
3
アイテムID:9927282の画像
スッキリわかる線形代数

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

イラストと豊富な例題でスッキリ学べる

皆本 晃弥 296 2011/1/26
4
アイテムID:9927279の画像
大学基礎数学 線形代数キャンパス・ゼミ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高校数学レベルでも分かりやすいマセマ出版社の参考書

馬場 敬之 199 2022/3/18
5
アイテムID:9927276の画像
線型代数演習

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

丁寧な解説の演習書

斎藤 正彦 322 1985/3/1
6
アイテムID:9927273の画像
長岡亮介 線型代数入門講義

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

独学でも高校数学の感覚で線形代数を学べる

長岡 亮介 424 2010/9/1
7
アイテムID:9927270の画像
線型代数学(新装版)

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

線形代数のバイブルともいえる名著

佐武 一郎 339 2015/6/5
8
アイテムID:9927267の画像
高校数学でわかる線形代数

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

初学者・独学で勉強する方におすすめ!高校レベルから学べる線形代数

竹内 淳 232 2010/11/19

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天 「数学」ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

PDFファイルで閲覧できるサイトでの学習もおすすめ

線形代数は参考書で勉強するのはもちろん、大学の講義の内容などをPDFファイルでダウンロードして学習するのもおすすめです。講義の内容や教科書の内容をPDFファイルにまとめているサイトがあるので、是非チェックしてみてください。

和算の大家!関孝和の業績

線形代数は、連立方程式についての考察から生まれました。線形代数を含めた学問の研究のほとんどは、西洋で始まっています。西洋の数学史では、1693年にライプニッツが最初に行列を用いたとされています。

 

しかし、西洋だけでなく日本でも研究は行われていました。日本の有名な数学者である関孝和は、現在の行列式に当たるものを研究していた人物です。和算の大家である関孝和の業績は多岐にわたりますが、一番大きな業績として点竄術が挙げられます。

 

点竄術とは、筆算による代数の計算法です。暦を作成するにあたり、円周率を小数第11位まで算出しました。また、「発微算法」という著作も有名です。

参考書に関する記事もあわせてチェック

線形代数と合わせて学びたい物理・プログラミング・そのほかの参考書についてまとめている記事もあわせてチェックしてみてください。どの参考書を選ぶ際も、自分の理解度やレベルに合わせたものを選びましょう。

 

以下の記事では、物理の参考書・数学の参考書・プログラミング本の人気おすすめランキングをご紹介しているので、是非あわせてご覧ください。

まとめ

線形代数を学べる参考書の選び方や人気おすすめランキングをご紹介しました。線形代数の参考書は難易度も幅広く、非常に種類が多いです。本記事を参考に、入門編や大学院レベルの参考書など、自分のレベルに合わせたものを選んでみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年06月23日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

中学生用数学参考書のおすすめ人気ランキング10選【問題集や正しい選び方も】

中学生用数学参考書のおすすめ人気ランキング10選【問題集や正しい選び方も】

本・雑誌
センター数学の参考書人気おすすめランキング10選

センター数学の参考書人気おすすめランキング10選

本・雑誌
【2022年最新】大学生が読むべき本の人気おすすめランキング20選【文系・理系の方向けも】

【2022年最新】大学生が読むべき本の人気おすすめランキング20選【文系・理系の方向けも】

本・雑誌
数学参考書のおすすめ人気ランキング15選【高校や大学受験に役立つ問題集も】

数学参考書のおすすめ人気ランキング15選【高校や大学受験に役立つ問題集も】

本・雑誌
ブルーバックスの人気おすすめランキング10選【中学生や文系の方向けも】

ブルーバックスの人気おすすめランキング10選【中学生や文系の方向けも】

本・雑誌
理系学生向けインターンシップサイト人気おすすめランキング12選【2022年最新版】

理系学生向けインターンシップサイト人気おすすめランキング12選【2022年最新版】

その他のサービス