水切りカゴの人気おすすめランキング15選【2019年最新】

記事ID4753のサムネイル画像

水切りラックこと水切りカゴは、洗った食器を一時的に、もしくは収納として置くためのアイテムですが、機能的でおしゃれなものを選びたいものですね。ここでは、人気の水切りカゴのランキングと選び方のポイントをまとめていますので、ぜひ購入の際の参考になさってくださいね。

さまざまな種類がある水切りカゴ

水切りラックともいわれる水切りカゴですが、本来の食器の水を切る目的以外に、そのまま収納場所として活用することもあります。ご家庭によって置けるスペースが違いますが、最近の水切りカゴはより使い勝手の良い良品が登場しています。

 

家族の人数や使う食器の大きさや種類などで、必要な水切りカゴが決まってくると思いますが、あなたの欲しい水切りカゴはどのようなタイプでしょうか?まずは、置く場所のサイズを測って検討してみましょう。

 

食洗機が普及してきたとはいえ、まだまだ水切りカゴの需要はありますが、ここでは、今人気の水切りカゴのランキングと、選び方のチェックポイントをあげていきます。サイズ素材タイプ特徴などを参考になさってくださいね。

 

水切りカゴのおすすめ人気ランキング15選

15位

ビーワーススタイル

シンク渡しスリム水切りラック SS-310100

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伸縮バーで幅を調整できるスリムタイプ

シンクの幅に合わせて伸縮バーで調整できる水切りカゴです。20cmほど伸び縮みできるので、いろいろなシンクに対応できますね。片方だけの調整もOKなので、手前を広く取ったりもできそうです。

 

スリムでシンプルなデザインなので、シンクに渡しても圧迫感は感じないと思います。シンクに置くタイプは、洗ってすぐに置ける距離が近くて便利ですね。

サイズ幅約41.5~61.5cm×奥行約23.5cm×高さ約16.5cm耐荷重約2Kg
素材ステンレスタイプシンク掛け渡し型
特徴伸縮バーで幅を調整できるカラー-
水切りトレー生産国日本

口コミを紹介

シンクの手前と奥とで伸縮するので便利。
家族で1度の食器にサイズもちょうどよく、洗った食器の重さに負けることもなく作りもしっかりとしている。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

山崎実業(Yamazaki)

水切りかご トスカ 3107

価格:5,806円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天然木の持ち手がおしゃれでかわいい

持ち手が天然木でちょっとカントリー風な水切りカゴです。持ち手に布巾をかけたり、木製の食器や調理道具を入れると、おしゃれ度がアップ!見せることを意識したデザインですね。

 

遊び心のある水切りカゴを探している人におすすめです。この天然木を使ったシリーズがほかにもあるので、キッチンのアイテムをそろえるのも統一感が出ていいですね。

サイズ約W47XD33.5XH20cm耐荷重約10kg
素材スチール・天然木・ABS樹脂タイプ据え置き型
特徴耐熱90℃:耐冷-40℃カラーホワイト
水切りトレー生産国中国

口コミを紹介

4人目家族でも食器が余裕でいっぱい入るくらい大きさがあって使いやすいです!今まで作業台に水切りかごを置いていたのですが、この商品を買って流しの上に水切りかごを置けるようになってから、作業台を広く使う事ができて大変重宝しています。白色に木の取っ手も凄いオシャレで気に入って使っています!

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

MKUTO

水切りラック

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使わないときは丸めて収納、作業台にも

シンクに渡して使うステンレス製の折りたたみタイプです。このタイプのなにが便利かといえば、使うときだけ出せばいいので、調理の作業の場所を広くできるところですね。また、これを作業台として使うこともできます。

 

洗った食材を置いて水切りにも使えますし、お皿を置いて盛り付けたりなど、シンク上のスペースを有効利用できます。ステンレスパイプなので耐久性もあります。これを使い始めたら、普通の水切りカゴは不要という感想もうなづけますね。

サイズ42×35cm・47×35cm耐荷重-
素材ステンレス・シリコンタイプ折りたたみ型
特徴最高耐熱温度:230℃カラー-
水切りトレー生産国-

口コミを紹介

これぞ、欲しかったアイテム!
使いやすく、邪魔になりません。
もう洗いカゴは必要ありません!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

山崎実業(Yamazaki)

トレイ付きディッシュラック アクア 2624

価格:2,540円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュな魅せるデザイン

水切りカゴ(水切りラック)というにはおしゃれすぎるデザインで目を引きますね。オープンキッチンでもぜんぜんOK、むしろ置いて見せたくなるかっこよさがあります。ペットボトルやコップをななめにさして乾かせるのが、これまたおしゃれです。

 

ホワイト、グリーン、レッドとキッチンに合わせてカラーが選べます。このアクアシリーズは、ほかにもキッチンツールスタンドや水切りトレー単品などがあるので、アイテムをそろえるのもいいですね!

サイズ約W30.8×D42.5×H29.5cm耐荷重上段:約8kg・下段:約3kg
素材ABS樹脂・スチールタイプ据え置き型
特徴耐熱温度:90℃・耐冷温度:-40℃・組立カラーホワイト・グリーン・レッド
水切りトレー生産国中国

口コミを紹介

直線が組み合わさって出来ている特徴的なデザインの水切りカゴです。
組み立てはとても簡単で、水キレ良好です。
2名程度の食器を乾かすに適切なサイズと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Latuna

くるくるスッキリラック

価格:2,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで抗菌仕様のたためるタイプ

ステンレスの芯にシリコンを合わせた折りたたみタイプです。国際食品衛生基準(FDA)試験合格の安心の素材なので、食材を気にせず置ける作業台としてもおすすめです。金属でありがちなさびなども出ず、より衛生的に使えます。

 

約1.1kgの重さがあり、安定感も抜群です。耐荷重も18kgと重い食材も置けるし、耐熱250度なので熱いお鍋やフライパンも大丈夫です。365日アフターフォローもうれしいサービスですね。

サイズ52x33cm耐荷重18kg
素材シリコン・ステンレスタイプ折りたたみ型
特徴抗菌・耐熱250度カラー-
水切りトレー生産国日本

口コミを紹介

届いた時は一瞬重く感じましたが、実際に使ってみるとこの重さに納得しました。丈夫で多少の衝撃にも耐えてくれます。柔軟性もあるのでペットボトルや小さい水筒は逆さにして棒の間に口の部分を挟み込むと安定するのですごく便利です。
お皿も滑らず置くことができるし、変な金属音もしないのでこれは買って良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

アスベル

フード付き水切りセット

価格:1,467円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昔ながらのスタンダードな形が使いやすい

取り外しができる箸立てがついている昔から家で使用していた水切りカゴです。水切りカゴといえば、まずこれが思い浮かびますが、それだけに使いやすいと根強い人気があります。

 

ステンレス製などに買い換えても、やはりこのオーソドックスタイプに戻ってしまうなんていう口コミもあるほどです。フードがついているので、そのまま食器の収納場所に使ってもホコリの心配がないので、そのあたりも使い勝手が良い理由のようです。

サイズ約幅45.5×奥33.5×高23.5cmcm耐荷重-
素材PPタイプ据え置き型
特徴フード付きでホコリが防げるカラーホワイト・グリーン
水切りトレー生産国日本

口コミを紹介

昔ながらのって言い方失礼かもしれませんがこのタイプが一番使い勝手がよくて好きです。
以前スーパーで同じ値段の同じタイプを買いましたがそれよりこっちが使いやすい!
哺乳瓶四本、マグ、旦那の大きなお弁当箱なんか入れてますが余裕で入ります。
これでプライム会員は送料無料なんだから絶対買いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

モリ工業

MORY シンク上水切りラック KU-01

価格:5,141円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンクの上の空間を上手に活用

シンク掛け渡しタイプではシンクが狭くなってしまいますが、こちらは水切り部分を上にあげることで、その下の空間を自由に使えるメリットがあります。キッチンに余裕がない場合には、このタイプがおすすめです。

 

フレームはシンクの幅に合わせて、55cmほど調整できるので、だいたいのシンクには合うのではないでしょうか。皿立て鍋蓋立てもついているのは、使い勝手が良さそうですね。

サイズ650~1100×235×475mm耐荷重
素材ステンレス・樹脂・真ちゅうタイプタワー型
特徴フレームの幅が調整可能・組立カラー-
水切りトレー生産国日本

口コミを紹介

料理はよくするほうなので、作業スペースに水切りカゴがあるとせまくてストレスだったのでこれにしました。
シンクのところに置いたので、作業スペースがまるまる空いてスッキリです。
横にはまな板置きやキッチンばさみなんかをかけるフックまでついてるので、それがとてもポイント高いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

リス

水切りかご RST-556WH

価格:1,681円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

差し色の赤がかわいくて一人暮らしにおすすめ

ホワイトとブラックの2色がある水切りカゴですが、仕切付きカトラリーポケットの赤がワンポイントのアクセントになっていてかわいいですね。ブラックがかっこいいと人気があります。

 

シンクに合わせて、縦横左右どのようにも置けるデザインです。また排水する部分が可動するので、排水したい方向に向けられるのは便利ですね。トレーの脚が高くて通気性が良いのもポイントが高いです。

 

 

サイズ約39.5×30×20.7cm耐荷重-
素材スチール・PP・エラストマータイプ据え置き型
特徴排水方向を自由に変えられるカラーホワイト・ブラック
水切りトレー生産国ベトナム

口コミを紹介

タイトル通り排水方向を変えられるのはありそうでなかった!この点がすごく良かったです!
容量も大きすぎず小さすぎずでちょうど良いです
デザインも赤と白なのでシンプルでオシャレです
カップをさして置けるのも意外と便利ですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

山崎実業(Yamazaki)

ツーウェイ 水切りワイヤーバスケット 4386

価格:7,344円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムで場所を取らない2段タイプ

水切りカゴを置くスペースがあまりない作業スペースを減らしたくない場合に、このスリムなタイプはいかがでしょうか。下の水切りトレーを外せば、作業スペースが広がります。横のフックは小物を下げられるので、ちょっとした収納になりますね。

 

清潔感のあるホワイト、スタイリッシュなブラックの2色があります。キッチンがおしゃれになる水切りカゴですね。この水切りカゴはほかに、同色の洗い桶セット水切りマットグラス&マグスタンドなどがあるので、一緒にそろえてみるのもいいかも。

サイズW41×D22×H33.5cm耐荷重バスケット:約8kg・水切りトレー:約5kg
素材スチール・ABS樹脂・ポリプロピレン・シリコーンタイプタワー型
特徴耐熱温度/耐冷温度:90℃/-40℃カラーホワイト・ブラック
水切りトレー生産国中国

口コミを紹介

スリムサイズをずっと探していました。
ウチのキッチンにぴたっとハマって気に入りました!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

KINGRACK

水切りかご 112051

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワインラックやタオル掛けがついた多機能タイプ

ワインラックタオル掛けがついていて、水切りトレーが引き出し式になっている水切りカゴです。タオル掛けは布巾をかけるのにちょうどいいですね。水切りトレーを引き出すと、そこにも食器が置けるので、食器の数に合わせてスペースを広げられます。

 

ワインラック部分は好きな位置に移動できます。水切りトレーには排水用の出口がありますし、皿立ての仕切りカトラリー用のポケットもついているので、ほしいものをぎゅっと凝縮したようなデザインですね。

サイズ幅42×奥行29×高さ29cm耐荷重
素材ステンレス・ポリプロピレン・木タイプ据え置き型
特徴多機能カラーグレー
水切りトレー生産国-

口コミを紹介

お箸やスプーンを置く場所や、お皿を立てておく場所があり便利です。
水が流れて勝手に流れていくので、水を捨てる手間も省けます。
重宝しそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

山崎実業(Yamazaki)

折り畳み水切り 7846

価格:2,286円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あみだくじのような線でお皿を立てて水切りできる

折りたたみタイプのフレームは、なにもないストレートなものが主流ですが、こちらはひとつおきにあみだくじのような仕切りがついていて、小さめのお皿を立ててもずり落ちない仕様になっています。ちょっとしたアイデアが光っていますね!

 

食器の量によって、2つ折りにしたりと大きさを変えられるのが折りたたみタイプのメリットです。調理中の作業台としてもぜひ活用したいですね。

サイズW26×D58×H0.8cm耐荷重-
素材スチール・シリコン樹脂タイプ折りたたみ型
特徴フレームの間に仕切りがあるカラーホワイト
水切りトレー生産国中国

口コミを紹介

キッチンの構造的に水切りカゴを設置できず、長い間困っていましたが、使わない時は丸めて端に寄せて置けばシンクの広さを保ったままにできるので、素晴らしい商品だと思います。
あみだくじ構造のおかげでサイズによりますがお皿も縦にできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

レック(LEC)

Riffle マルチ水切りかご スリムタイプ KK-086

価格:1,451円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リバーシブルの水切りトレーがついたマルチタイプ

グラススタンドが使いやすいと好評の水切りカゴです。ペットボトルやジュース缶のほか、水筒もななめに立てられるので、毎日使う場合にとても重宝します。地味にこういう配慮はうれしいものですね。

 

水切りトレーリバーシブルに使えて、排水ができる、できないが使い分けられます。傾斜がついているので、排水はスムーズですね。こちらはスリムタイプですが、食器が多い場合はワイドタイプがおすすめです。

サイズ幅41×奥行22.5×高さ15cm耐荷重-
素材ステンレス・ポリプロピレンタイプ据え置き型
特徴グラススタンドつきカラー-
水切りトレー生産国中国

口コミを紹介

ペットボトル立てに保冷用水筒の600mlも立てられます。
毎日息子の水筒を洗って水切りするのに活躍中です。
斜めになっているのでまっすぐ立てるよりも早く奥まで水切りできるようです。
オススメです!!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ラバーゼ(La Base)

シンクインバスケット LB-097

価格:12,960円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンクにすっぽり、見た目もすっきり

シンクにすっぽり入れるタイプの水切りカゴです。シンクの中に隠れるので圧迫感がありません。アームが伸縮するのでシンクの幅に合わせられる上に、収納時もコンパクトにできます。

 

蛇口の下に置けるので、野菜などの食材を洗ってそのまま水切りにも使えて便利です。掛けるタイプのはしポケットは、手前と奥のどちらにもつけられます。シンプルながら、よく考えられているデザインですね。

サイズ:約33.5~54×25.5×高さ12.5cm耐荷重-
素材18-8ステンレス鋼タイプシンク掛け渡し型
特徴アームが33.5~54cmまで伸縮カラー-
水切りトレー生産国日本

口コミを紹介

シンプルで格好良く丈夫です。
今まで何個も水切りかごを買い換えましたが、これなら一生ものかもと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ラバーゼ(La Base)

有元葉子の水切りかご DLM-8585

価格:17,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手入れしやすいデザインで高評価

溶接部分が少なく汚れがたまりにくいので、お掃除がラクな水切りカゴです。水切りトレーも水が溜まりにくいデザインで、斜めの傾斜で流れやすい構造です。お手入れがラクなので、常に清潔を保っていられるのはうれしいですね。

 

高品質なためお値段は張るのですが、迷っていても購入して使ってみたら満足だったというレビューが多い逸品です。

サイズ:452×390×140mm耐荷重-
素材18-8ステンレス・シリコーンゴムタイプ据え置き型
特徴溶接部分が少ないカラー-
水切りトレー生産国日本

口コミを紹介

家族の人数が減って食洗機を卒業しました!
そして購入してみたのですが下に引いてあるトレイが傾斜していて水が流れるようになっていてわざわざお水を捨てなくて良いのが気に入っています。
プラスチックでないので汚れも目立たず布巾でサッと拭くだけで清潔に保てます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

パール金属

アルデオ HB-4066

価格:1,463円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実用的でコスパ最高の人気NO.1

リーズナブル実用的な水切りカゴを探しているなら、このアルデオ HB-4066をおすすめします!水切りトレーはしっかりと水を流してくれますし、タテ置き、ヨコ置きと置くスペースに合ったタイプが選べるのがいいですね!

 

カラーはグレーのほか、Amazonではブラックホワイト限定色が購入できます。ホワイトは清潔感を重視するキッチンへ、ブラックはスタイリッシュさを求めるキッチンへと選べますね。初めて買うなら価格的にも満足できると思います。

サイズ幅40×奥行30.5×高さ15cm耐荷重-
素材ポリプロピレンタイプ据え置き型
特徴耐熱温度:100度カラーグレー・ブラック・ホワイト
水切りトレー生産国中国・日本

口コミを紹介

凄く使いやすくカッコいい。程よい大きさで場所取らない。
キッチンと一体感がありスッキリしてるし安定感もある。
もっと早く購入してれば良かったと思う良品です。この商品は本当オススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

水切りカゴの選び方

水切りカゴを探してみると、こんなに種類があるの!?と驚くくらいさまざまな種類があります。その中から理想の水切りカゴを見つけるために、ここをチェックしてみては?というポイントをまとめてみます。

水切りカゴのサイズで選ぶ

水切りカゴは大は小を兼ねるで、容量が大きいほど良さそうですが、置くスペースによってはそれがかなわないこともありますね。上部に余裕があるならタワータイプがおすすめですが、一段でも仕切りのないタイプはざっくりとたくさん置けます。

水切りカゴの素材で選ぶ

水切りカゴ素材といえば、ステンレス製がメインでしたが、最近はそれ以外の素材の水切りカゴも増えてきましたね。メリット、デメリットを考えて検討してみましょう。

ステンレス製の水切りカゴ

ステンレス製水切りカゴは、耐久性や強度があり、さびにくい素材でキッチン用品でもよく使われていますね。長く使うには適した素材ですが、水垢が目立ちやすく、つなぎ目などからさびが入ることも。

 

洗いやすく、メンテナンスしやすいので、大事に扱えば長持ちしますね。飽きのこないデザインを選ぶと末永く使えます。

プラスチック製の水切りカゴ

ABS樹脂などのプラスティック製水切りカゴは、軽くてカラフルなものが多く、キッチンのインテリアとして選ぶ楽しさがありますね。金属製のものより劣化が早く、傷やカビがついたりしやすいのがデメリットです。抗菌加工や丸ごと漂白できるタイプを選びましょう。

水切りカゴのタイプで選ぶ

水切りカゴには、おおまかにわけるといくつかの種類があります。ざっくりとタイプ別にわけてみました。

据え置きタイプの水切りカゴ

昔から良く見かけるのが、この据え置きタイプ水切りカゴです。スタンダード的な形状で、数が多いのもこのタイプではないでしょうか。シンク脇のワークトップにおく場合が多いと思うので、調理作業に邪魔にならないくらいの大きさが求められます。

折りたたみタイプの水切りカゴ

折りたたみタイプ水切りカゴは、巻き簾のように巻いて収納することができるもので、必要なときに取り出して、シンクの上に掛けて使います。キッチンの広さに関係なく、必要なときだけに使えるので、水切りカゴの置き場所を考えずに済みますね。

シンク掛け渡しタイプの水切りカゴ

ワークトップにスペースがない場合は、シンクを活用する掛け渡しタイプ水切りカゴがおすすめです。シンクの中に設置するタイプで、水はシンクに落ちるのでお手入れがラクなのがポイントです。

 

ただ、シンクのスペースを小さくしてしまうので、あまり大きなものは置けないのがデメリットです。少人数の食器など、洗う食器が少ない家庭向けですね。

タワータイプの水切りカゴ

シンク周りのスペースを有効的に使いたい場合は、タワータイプ水切りカゴを選択肢に入れてはいかがでしょうか。据え置きタイプの一種ですが、2段、3段と上のスペースを活用することで、水切りカゴの容量が増えて食器の収納力がアップします。

水切りカゴの特徴で選ぶ

水切りカゴ付加機能として、抗菌耐熱伸縮バーなどさまざまなものがついています。水気や食材を扱うキッチンは、カビなどが繁殖するのに好条件なので、抗菌仕様は助かりますね。

 

耐熱は、シンク掛け渡しタイプなどは作業台として使ったりするので、熱い鍋やフライパンを置いても大丈夫かどうかの目安になります。どのくらいの温度まで耐えられる素材なのかを確認しておきましょう。

 

伸縮バーは、シンク掛け渡しタイプでシンクの幅に対応するために便利なものですね。併せて、耐荷重もチェックしておくことをおすすめします。

水切りトレーの有無で選ぶ

据え置きタイプ水切りカゴには、水切りトレーがついているものが多くありますが、扱い方によっては雑菌の繁殖場所になりかねません。いつも水が溜まっていると不潔になりがちですが、ななめになって、シンクに水が流れる水切りトレーだと気を遣わずにすみますね。

 

また、リバーシブル水切りトレーで裏返すことで、水をシンクに流したり流さなかったりが選べるタイプもあります。その時々で選べるのは便利ですね。

水切りカゴのデザイン・形状で選ぶ

水切りカゴはデザインによっては生活感が出てしまうところがあります。来客に見られてしまうオープンキッチンなどでは、デザイン性の高い水切りカゴを置きたくなりますね。違和感のないおしゃれな水切りカゴもいろいろあるので、探してみましょう。

 

また、同じデザインでも、タテ置きヨコ置きが選べる水切りカゴもあります。気に入ったデザインが、シンクの幅で選べるのはうれしいですね。

水切りカゴのカラーで選ぶ

水切りカゴの色は、ステンレス製などはそのまま素材の色ですが、プラスティック製などはカラフルなカラー展開のものもあります。ほかのキッチン用品や家電に合わせて選ぶと、統一感が出てキッチンが心地よい場所になると思います。

水切りカゴのパーツで選ぶ

水切りカゴパーツは、ご家庭によって必要なものが異なるところではないでしょうか。最初からついているパーツもあれば、追加して購入できるパーツもあります。パーツのバリエーションがある水切りカゴを選ぶと、自分好みのカスタマイズができて、使い勝手が良くなりますね。

水切りカゴのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5069276の画像

    パール金属

  • 2
    アイテムID:5069242の画像

    ラバーゼ(La Base)

  • 3
    アイテムID:5070037の画像

    ラバーゼ(La Base)

  • 4
    アイテムID:5069269の画像

    レック(LEC)

  • 5
    アイテムID:5069987の画像

    山崎実業(Yamazaki)

  • 6
    アイテムID:5070787の画像

    KINGRACK

  • 7
    アイテムID:5069881の画像

    山崎実業(Yamazaki)

  • 8
    アイテムID:5070000の画像

    リス

  • 9
    アイテムID:5070055の画像

    モリ工業

  • 10
    アイテムID:5070015の画像

    アスベル

  • 11
    アイテムID:5069841の画像

    Latuna

  • 12
    アイテムID:5069248の画像

    山崎実業(Yamazaki)

  • 13
    アイテムID:5069957の画像

    MKUTO

  • 14
    アイテムID:5070044の画像

    山崎実業(Yamazaki)

  • 15
    アイテムID:5070026の画像

    ビーワーススタイル

  • 商品名
  • アルデオ HB-4066
  • 有元葉子の水切りかご DLM-8585
  • シンクインバスケット LB-097
  • Riffle マルチ水切りかご スリムタイプ KK-086
  • 折り畳み水切り 7846
  • 水切りかご 112051
  • ツーウェイ 水切りワイヤーバスケット 4386
  • 水切りかご RST-556WH
  • MORY シンク上水切りラック KU-01
  • フード付き水切りセット
  • くるくるスッキリラック
  • トレイ付きディッシュラック アクア 2624
  • 水切りラック
  • 水切りかご トスカ 3107
  • シンク渡しスリム水切りラック SS-310100
  • 特徴
  • 実用的でコスパ最高の人気NO.1
  • お手入れしやすいデザインで高評価
  • シンクにすっぽり、見た目もすっきり
  • リバーシブルの水切りトレーがついたマルチタイプ
  • あみだくじのような線でお皿を立てて水切りできる
  • ワインラックやタオル掛けがついた多機能タイプ
  • スリムで場所を取らない2段タイプ
  • 差し色の赤がかわいくて一人暮らしにおすすめ
  • シンクの上の空間を上手に活用
  • 昔ながらのスタンダードな形が使いやすい
  • コンパクトで抗菌仕様のたためるタイプ
  • スタイリッシュな魅せるデザイン
  • 使わないときは丸めて収納、作業台にも
  • 天然木の持ち手がおしゃれでかわいい
  • 伸縮バーで幅を調整できるスリムタイプ
  • 価格
  • 1463円(税込)
  • 17280円(税込)
  • 12960円(税込)
  • 1451円(税込)
  • 2286円(税込)
  • 2900円(税込)
  • 7344円(税込)
  • 1681円(税込)
  • 5141円(税込)
  • 1467円(税込)
  • 2099円(税込)
  • 2540円(税込)
  • 1380円(税込)
  • 5806円(税込)
  • 3980円(税込)
  • サイズ
  • 幅40×奥行30.5×高さ15cm
  • :452×390×140mm
  • :約33.5~54×25.5×高さ12.5cm
  • 幅41×奥行22.5×高さ15cm
  • W26×D58×H0.8cm
  • 幅42×奥行29×高さ29cm
  • W41×D22×H33.5cm
  • 約39.5×30×20.7cm
  • 650~1100×235×475mm
  • 約幅45.5×奥33.5×高23.5cmcm
  • 52x33cm
  • 約W30.8×D42.5×H29.5cm
  • 42×35cm・47×35cm
  • 約W47XD33.5XH20cm
  • 幅約41.5~61.5cm×奥行約23.5cm×高さ約16.5cm
  • 耐荷重
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • バスケット:約8kg・水切りトレー:約5kg
  • -
  • -
  • 18kg
  • 上段:約8kg・下段:約3kg
  • -
  • 約10kg
  • 約2Kg
  • 素材
  • ポリプロピレン
  • 18-8ステンレス・シリコーンゴム
  • 18-8ステンレス鋼
  • ステンレス・ポリプロピレン
  • スチール・シリコン樹脂
  • ステンレス・ポリプロピレン・木
  • スチール・ABS樹脂・ポリプロピレン・シリコーン
  • スチール・PP・エラストマー
  • ステンレス・樹脂・真ちゅう
  • PP
  • シリコン・ステンレス
  • ABS樹脂・スチール
  • ステンレス・シリコン
  • スチール・天然木・ABS樹脂
  • ステンレス
  • タイプ
  • 据え置き型
  • 据え置き型
  • シンク掛け渡し型
  • 据え置き型
  • 折りたたみ型
  • 据え置き型
  • タワー型
  • 据え置き型
  • タワー型
  • 据え置き型
  • 折りたたみ型
  • 据え置き型
  • 折りたたみ型
  • 据え置き型
  • シンク掛け渡し型
  • 特徴
  • 耐熱温度:100度
  • 溶接部分が少ない
  • アームが33.5~54cmまで伸縮
  • グラススタンドつき
  • フレームの間に仕切りがある
  • 多機能
  • 耐熱温度/耐冷温度:90℃/-40℃
  • 排水方向を自由に変えられる
  • フレームの幅が調整可能・組立
  • フード付きでホコリが防げる
  • 抗菌・耐熱250度
  • 耐熱温度:90℃・耐冷温度:-40℃・組立
  • 最高耐熱温度:230℃
  • 耐熱90℃:耐冷-40℃
  • 伸縮バーで幅を調整できる
  • カラー
  • グレー・ブラック・ホワイト
  • -
  • -
  • -
  • ホワイト
  • グレー
  • ホワイト・ブラック
  • ホワイト・ブラック
  • -
  • ホワイト・グリーン
  • -
  • ホワイト・グリーン・レッド
  • -
  • ホワイト
  • -
  • 水切りトレー
  • 生産国
  • 中国・日本
  • 日本
  • 日本
  • 中国
  • 中国
  • -
  • 中国
  • ベトナム
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 中国
  • -
  • 中国
  • 日本

まとめ

ランキング形式でいろいろな水切りカゴをご紹介しましたが、いかがでしたか?ご家族の人数や食器の数によって、最適な水切りカゴがあると思います。希望通りの水切りカゴが見つかるように、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ