【2024年最新版】広島周辺でレーシック手術ができる病院7院!費用や失敗しない名医の選び方、経験者133名の体験談を紹介

【2024年最新版】広島周辺でレーシック手術ができる病院7院!費用や失敗しない名医の選び方、経験者133名の体験談を紹介

「広島でレーシック手術を受けられるおすすめの病院が知りたい」


そんな方に向け、この記事では広島県周辺でレーシック手術ができる病院を7院紹介!レーシック手術で失敗しないための医院の選び方やレーシックにかかる費用、失明のリスクなどについて解説します。また、レーシック手術経験者133名の体験談も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

レーシックで失敗しないための病院の選び方【広島編】

まず初めに、レーシック手術で失敗しないための病院の選び方について解説します。どの医院でレーシック手術を受けようか迷っている方は、以下の3つのポイントを参考にしてください。

術後のアフターケアが手厚い医院を選ぶ

どこの医院でレーシック手術をしようか迷っている方は、各医院の術後のアフターケアの内容をチェックしてみましょう。なぜなら、レーシック後の緑内障の早期発見には「術後も定期的に眼科検診に通うこと」が重要となってくるからです。

 

レーシック手術によって角膜を削ると術後に緑内障の検査などで眼圧測定をした際に眼圧が低く測定されやすくなり、それによって緑内障の早期発見が遅れるリスクがあります。術後検診の無料期間が長期間に設定されている医院なら、術直後には分からず時間の経過とともに判明するような目の異常の早期発見にも繋がりやすいです。また、手術代のみで医院を決めてしまうと、「再手術や術後検診にかかった費用を考えると、手術費用は少し高いけどあっちの医院の方がお得だった」などとトータルでかかった費用に対して後悔してしまうこともあるかもしれません。

 

▼広島周辺の各医院が提供するアフターケアの内容

医院名 手術費用とアフターケアの内容
品川近視クリニック 梅田院
(大阪府大阪市)

手術代:320,000円
術後検診の無料期間:10年間
再手術の無料期間:10年間

先進会眼科 大阪
(大阪府大阪市)

手術代:198,000円
術後検診の無料期間:3ヶ月間
再手術の無料期間:ー

ソレイユ眼科
(広島県安芸郡)

手術代:275,000円
術後検診の無料期間:1年間
再手術の無料期間:1年間

つまもと眼科
(広島県東広島市)

手術代:220,000円
術後検診の無料期間:ー
再手術の無料期間:ー

木村眼科内科病院
(広島県呉市)

手術代:300,000円
術後検診の無料期間:6ヶ月間
再手術の無料期間:1年間

みはら眼科
(広島県福山市)

手術代:330,000円
術後検診の無料期間:ー
再手術の無料期間:ー

くが眼科
(広島県広島市)

手術代:264,000円
術後検診の無料期間:1年間
再手術の無料期間:1年間

ビジョンクリニック
(広島県広島市)

手術代:498,000円
術後検診の無料期間:ー
再手術の無料期間:ー

 ※ 公式サイトに記載がない場合は「ー」と表記
 ※ 内容は一例であり、選ぶコースによって変わる

 

例えば、この記事で紹介している広島周辺でレーシック手術が受けられる8院の中で、手術にかかる費用に対してアフターサポート(術後検診・再手術の無料期間)が最も手厚いのは「品川近視クリニック 梅田院」となるわけです

症例実績の多い医院を選ぶ

レーシック手術を受けるうえで、医院の実績(=症例数)を確認するのもとても大切です。医院によっては、ホームページで症例数を公表している医院もあります。また、医院自体の実績のほかに、執刀医の経歴なども見ておくとなお安心です。この記事では、広島周辺でレーシック手術が受けられる8つの医院がホームページで公表している症例数を下記のように表でまとめ、随時更新しています。

 

▼広島周辺の各医院が公表する症例数(更新日:2024年1月)

医院名 公表している症例実績
品川近視クリニック 梅田院
(大阪府大阪市)

251,179
(2006年6月〜2023年11月)

先進会眼科 大阪
(大阪府大阪市)

50,000件以上
(※1)

ソレイユ眼科
(広島県安芸郡)

つまもと眼科
(広島県東広島市)

木村眼科内科病院
(広島県呉市)

みはら眼科
(広島県福山市)

くが眼科
(広島県広島市)

ビジョンクリニック
(広島県広島市)

 ※公式サイトに記載がない場合は「ー」と表記
 ※1 先進会眼科全体の実績(公式サイトより参照)

患者に合わせてレーシック以外の視力矯正方法も提案できる医院を選ぶ

視力矯正方法にはレーシックのほかにも、目の中に直接レンズを移植するICL(眼内コンタクトレンズ)手術就寝中に専用レンズを着け角膜の形状を矯正するオルソケラトロジーなど、患者の目の状態に合わせて多種多様な選択肢があります。そもそも自分の目にとって一番合う視力矯正がレーシックでなかった時に、最適な視力矯正方法を提案できる医院でないと、別の医院にたらい回しにされたり、最悪の場合はリスクについて十分な説明がされないまま手術を受け、術後に様々な合併症を伴う危険性もあります。レーシック手術で失敗しないためには、「レーシック」という一つの手段にとらわれず、患者の目に合わせてさまざまな視力矯正方法を提案できる医院を選びましょう

 

▼広島周辺の各医院が提案できる視力矯正方法

医院名 提案できる視力矯正方法
品川近視クリニック 梅田院
(大阪府大阪市)

LASIK(レーシック)
ICL(後房型眼内レンズ)
アルチザン(前房型眼内レンズ)

先進会眼科 大阪
(大阪府大阪市)

LASIK(レーシック)
PRK
ICL(後房型眼内レンズ)
リレックス スマイル
オルソケラトロジー

ソレイユ眼科
(広島県安芸郡)
LASIK(レーシック)
オルソケラトロジー
つまもと眼科
(広島県東広島市)
LASIK(レーシック)
オルソケラトロジー
木村眼科内科病院
(広島県呉市)
LASIK(レーシック)
PRK
ICL(後房型眼内レンズ)
みはら眼科
(広島県福山市)
LASIK(レーシック)
ICL(後房型眼内レンズ)
オルソケラトロジー
くが眼科
(広島県広島市)
LASIK(レーシック)
PRK
オルソケラトロジー
ビジョンクリニック
(広島県広島市)
LASIK(レーシック)
ICL(後房型眼内レンズ)
オルソケラトロジー

 

また、日本国内の現在の屈折矯正手術の国内シェアは、レーシック手術が大半を占めているものの、近年では減少傾向にあり、代わりにICL(眼内コンタクトレンズ)手術の件数が増加傾向にあります。下記の記事では、ICL手術について詳しく解説しているため、興味がある方は参考にしてみてください。

広島周辺でレーシックが受けられる病院8院

ここでは、広島周辺でレーシック手術ができる病院を8院紹介します。「どんな視力矯正の方法が自分に合うのか分からない」「そもそも自分はレーシック手術ができる目なのかわからない」という方は、気になった病院に一度来院し、レーシックの適応検査を受けてみてください。なかには無料で受けられる医院も紹介しています。

品川近視クリニック 梅田院(大阪府大阪市)

品川近視クリニック 梅田院のおすすめポイント
症例数251,179件
術後検診代と再手術代10年間無料

 

▼料金表

コース

料金
アマリス750Zレーシック

320,000

 

▼基本情報

診療日

月、火、水、木、金、土、日

休診日

年中無休

診療時間

10:00〜20:00

住所

大阪府大阪市北区梅田2-6-20パシフィックマークス西梅田3F

最寄り駅

福島駅より徒歩5分
梅田駅より徒歩10分

問合せ先

0120-412-049

 

▼アクセスマップ

 

 

※ 料金はすべて税込

※ 料金は両眼施術した際の費用

▼品川近視クリニック 梅田院の特徴

 

関西圏トップクラスの症例数

品川近視クリニック梅田院は、2006年の開院から現在までのレーシック症例実績が251,179件あり、品川近視クリニック全体の累計レーシック症例実績は1,349,908件にのぼります。(2023年11月時点)この実績に対し、東京院の湯川聡院長いわく「日本でレーシックを受ける人の約70%は品川近視クリニックを選んでいる」とのこと。また、午前中に検査をし、午後に施術をすることで1日でレーシックができる「1日レーシック」を行なっている点も特徴です。

 

術後10年間の長期保障付き

品川近視クリニックは、術後のアフターサポートに力を入れている医院です。術後10年間の定期検診代は手術費用に含まれていて、万が一、術後検診で再手術が必要と診断された場合は、手術日から10年間は無料で再手術を実施してくれます。(※)また、無料のサポート会員に任意で入会すれば、術後の痛みを軽減する「痛み緩和プログラム」を受けることも可能です。

 

※保証期間はコースにより異なる。(上記はアマリス750Zレーシックの場合)

 

遠方から来院する人に最大10,000円の交通費を支給!

品川近視クリニックの大きな特徴の一つに、遠方に住んでいる方にも来院してもらえるよう交通費補助制度を設けている点です。片眼の手術の場合、最大5,000円、両眼の手術の場合は最大10,000円まで交通費を負担しています。広島県に住んでいる方が手術を受ける場合、上限10,000円まで交通費が補助されます。

 

▼品川近視クリニック 梅田院の先生はこんな人

 

院長の鳴美貴仁先生は、2002年から21年に渡って眼科医を務める日本眼科学会に認定された眼科専門医です。2007年に品川近視クリニックに入所し、2011年から梅田院の院長を務めています。

先進会眼科 大阪(大阪府大阪市)

先進会眼科のおすすめポイント
症例数50,000件以上
術後検診代3ヶ月無料

 

▼料金表

コース 料金
iFSイントラレーシック

198,000

アイデザインアイレーシック

348,000

アイデザインリフラクティブストゥーディオ

390,000

 

▼基本情報

診療日

月、木、金、土、日

休診日

火曜日、水曜日、年末年始

診療時間

10:00〜19:00
(日曜日、祝日は18時まで)

住所

大阪府大阪市北区小松原町3-3 OSビル17F

最寄り駅

大阪駅より徒歩7分
梅田駅より徒歩5分

問合せ先

0120-049-113

 

▼アクセスマップ

 

 

※ 料金はすべて税込

※ 料金は両眼施術した際の費用

▼先進会眼科の特徴

 

今年で開院21年目!視力回復治療の専門クリニック

先進会眼科は、創業以来レーシックやICL(眼内コンタクトレンズ)、白内障治療などの眼治療を専門に全国で5つの診療所を展開しているクリニックです。また、理事長は、日本白内障屈折矯正手術学会の理事を務めています。

 

入院不要!3種類から選べるレーシック手術

先進会眼科のレーシック手術は、両眼で20分程度で終わるため入院する必要がありません。近視の程度や予算に合わせて3種類のコースから選べることができ、どのコースが自分に合っているのかを来院して相談することができます。

 

アフターケアも充実!まずは個別説明会の予約から

先進会眼科のレーシックの手術費用には、術後3ヶ月間の定期検診代が含まれています。万が一、追加矯正や再手術が必要になった場合は、無料で対応をしています。WEB、LINEから24時間予約受付中なので、まずは個別説明会の予約をし、自分に合った治療を提案してもらいましょう。

 

▼先進会眼科 大阪の先生はこんな人

近藤美鈴院長は、日本眼科学会の認定する眼科専門医で、高知医科大学付属病院や高知県立安芸病院などの勤務を経て、現在は先進会眼科 大阪の院長及び岡眼科飯塚クリニックの副院長兼執刀医を兼任しています。

ソレイユ眼科(広島県安芸郡)

ショッピングモール内にあるクリニックで通いやすい

▼ソレイユ眼科の特徴

 

イオンモール広島府中内にあるソレイユ眼科は車や公共交通機関でもアクセスしやすく、第二・第四日曜日も受診可能なので通いやすいです。レーシック は両眼220,000円で術後1年間の再手術料・検査・診察料も全て含まれているため、わかりやすいプラン設定です。

 

▼料金表

コース

料金
レーシック

275,000

 

▼基本情報

診療日

火、水、木、金、土、日

休診日

月曜日、第2・4・5日曜日、祝日

診療時間

9:00〜12:30、14:00〜18:00

住所

広島県安芸郡府中大須2丁目1-1 イオンモール広島府中2F

最寄り駅

天神川駅より徒歩5分

問合せ先

082-561-0123

 

▼アクセスマップ

 

 

※ 料金はすべて税込

※ 料金は両眼施術した際の費用

※ 自由診療のため保険が適用されません。

医療法人聖明会

つまもと眼科(広島県東広島市)

▼つまもと眼科の特徴

 

JR西条駅南口から徒歩1分の好立地にクリニックを構えるつまもと眼科は、地域に密着した丁寧な検査に注力しています。

 

レーシックやオルソケラトロジーといった視力矯正の他に逆さまつげによる目の病気に対応するために瞼を糸で引き上げてまつ毛を外に出す「埋没法」を導入しているのが特徴です。

 

▼料金表

コース

料金
レーシック

220,000

 

▼基本情報

診療日

月、火、水、木、土

休診日

金曜日、日曜日、祝日

診療時間

8:30〜12:30、14:30〜16:00、16:30〜18:00
(土曜日のみ16時まで)

住所

広島県東広島市西条岡町3-25

最寄り駅

西条駅南口より徒歩1分

問合せ先

082-423-9323

 

▼アクセスマップ

 

 

※ 料金はすべて税込

※ 料金は両眼施術した際の費用

※ 自由診療のため保険が適用されません。

木村眼科内科病院(広島県呉市)

▼木村眼科内科病院の特徴

 

目の総合病院を目指して開業した木村眼科内科病院は、眼科と内科が併設された病院です。手術前検査費用は無料で、検査の結果レーシックが受けられなかった場合にも費用はかかりません。

レーシックが不可だった場合でもICL手術の相談も可能です。

 

▼料金表

コース

料金
アイデザインレーシック

300,000

 

▼基本情報

診療日

月、火、水、木、金、土

休診日

日曜日、祝日

診療時間

8:30〜12:00、14:30〜17:00

住所

広島県呉市宝町3番15号

最寄り駅

呉駅より徒歩約5分

問合せ先

代表:0823-22-5544
予約専用番号:0823-32-6667

 

▼アクセスマップ

 

 

※ 料金はすべて税込

※ 料金は両眼施術した際の費用

※ 自由診療のため保険が適用されません。

みはら眼科(広島県福山市)

幅広い治療に対応した眼の総合クリニック

▼みはら眼科の特徴

 

広島県内に2院を構える「みはら眼科」は通常の保険診療から、レーシック・ICL・オルソケラトロジー・円錐角膜手術などの自由診療まで幅広く対応しています。車での来院にも便利です。

 

▼料金表

コース

料金
レーシック

300,000

 

▼基本情報

診療日

月、火、水、木、金、土

休診日

神辺クリニック:日曜日、祝日
みなみざおうクリニック:水曜日、日曜日、祝日

診療時間

9:00〜12:00、14:00〜18:00
(神辺クリニックは木曜日と土曜日、みなみざおうクリニックは土曜日が午前の診療のみ)

住所

神辺クリニック:広島県福山市神辺町新徳田2丁目309番
みなみざおうクリニック:広島県福山市南蔵王町6丁目20-13号

最寄り駅

神辺クリニック:JR福塩線 湯田村駅より徒歩8分程度
みなみざおうクリニック:JR 東福山駅、福山東ICより車で10分程度

問合せ先

神辺クリニック:084-960-5525
みなみざおうクリニック:084-940-5556

 

▼アクセスマップ

 

【神辺クリニックへのアクセス】

 

 

【みなみざおうクリニックへのアクセス】

 

 

※ 料金はすべて税込

※ 料金は両眼施術した際の費用

※ 自由診療のため保険が適用されません。

くが眼科(広島県広島市)

▼くが眼科の特徴

 

くが眼科では4種類のレーシック術に対応しており、術前に2回の検査を行い、検査結果に基づき一人ひとりにあった施術方法を提案します。予約なしで来院、レーシックの相談が可能です。

 

▼料金表

コース

料金
レーシック

264,000

イントラレーシック

297,000

 

▼基本情報

診療日

月、火、水、木、金、土

休診日

日曜日、祝日

診療時間

9:00〜12:30、14:30〜18:00
(土曜日は午前の診療のみ)

住所

広島県広島市佐伯区五日市中央7-12-1

最寄り駅

JR 五日市駅、広電五日市駅

問合せ先

082-923-8904

 

▼アクセスマップ

 

 

※ 料金はすべて税込

※ 料金は両眼施術した際の費用

※ 自由診療のため保険が適用されません。

ビジョンクリニック(広島県広島市)

▼ビジョンクリニックの特徴

 

黒を基調とした落ち着いた印象の院内が特徴的なビジョンクリニックは、手術前後もゆったりとした時間が過ごせるような空間に配慮されています。子供の近視治療にも力を入れています。

※現在、レーシックの受付を中止しています。

 

▼基本情報

診療日

月、火、水、木、金、土

休診日

日曜日、祝日

診療時間

9:00〜12:00、14:00〜18:00
(水曜日と土曜日の診療は13時まで)

住所

広島県広島市南区西霞町3-32

最寄り駅

広電バス 大学病院前停留所より徒歩10分

問合せ先

082-258-2244

 

▼アクセスマップ

 

 

※ 自由診療のため保険が適用されません。

【133名の体験談】レーシック手術を受けて本当に満足してる?

ここではgooランキング編集部がレーシック手術経験者133名を対象に独自のアンケート調査をして分かった、レーシック手術に対する満足度と体験談を紹介します。

「レーシック手術を受けたことに満足しているか?」という質問に対して、44%(59名)が「とても満足している」と回答しました。「満足している」と回答した53%(70名)と合わせると全体の97%(129名)の方がレーシック手術を受けたことに対して満足していることが分かります。「とても満足している」「満足している」と回答した人は、その理由について以下のように回答しています。

 

 

"格段に視界がよくなった。コンタクトレンズを使わなくなって日々の手間がなくなったことは大きい。満足に値する。"(53歳 女性)

 

"日常生活がとても楽になった。早くやればよかったともいつも思う"(43歳 女性)

 

"子供を生の目で見ることができるから。"(47歳 男性)

 

"視力が戻り、10年経った今でも視力が落ちないたため"(45歳 男性)

 

 

また、「あまり満足していない」と回答した人は2%(3名)「全く満足していない」と回答した人は1名という結果になりました。「あまり満足していない」「全く満足していない」と回答した人は、その理由について以下のように回答をしています。

 

"徐々に視力が戻りつつあるから"(41歳 男性)

 

"視力がまた悪くなったから"(50歳 女性)

 

"レーシック手術を受けたのが40代後半だったが、すぐに老眼が始まったのと、手術の際はアルバイトの医師が対応し、適当な対応に感じたから。"(59歳 男性)

 

"年々視力が落ちてあまりみえなくなっていること。物が二重に見える現象がのこっていること"(54歳 女性)

 

 

この結果を踏まえると、「満足していない」と回答した全員が、「術後の視力低下」について言及をしていることが分かりました。また、「満足していない」と回答した4名は調査時点(2023年12月)でいずれも40代以上で、うち3名が50代以上、最年長が59歳という結果になったことからも、「年齢を重ねるに連れて老眼が進行し、視力が手術前の状態に戻ってしまったこと」に満足していないことが分かります。

経験者が語るレーシックのメリットとデメリット

ここではgooランキング編集部が独自に調査した、レーシック経験者が語るレーシック手術を受けるメリットとデメリットについて紹介します。

レーシック手術を受けた良かったと感じる瞬間の第1位は「朝起きたとき」

レーシック手術を受けて良かったと感じる瞬間の第1位は、有効回答数の17%を占めた「朝起きてすぐにモノが見えるとき」でした。

また、「寝る前に眼鏡やコンタクトレンズを外す手間がないとき」と回答した人も6%を占めていることから、回答者の約4人に1人が、「就寝前後にかかっていた眼鏡やコンタクトレンズの着脱の手間が減った」ことでレーシック手術を受けて良かったと感じていることになります。「日中眼鏡やコンタクトレンズをする煩わしさがないとき」と回答した人と合わせると回答者全体の34%が眼鏡やコンタクトレンズをする日々から解放されたことに満足していることが分かります。

 

 

"手術中や、手術前は本当に怖かったですし、手術後の痛みもありましたが、朝起きてからの裸眼で過ごせる感じが最高です!"(36歳 女性)

 

"朝起きてからコンタクトを入れて、寝る前にはコンタクトの洗浄が手間だった。"(39歳 男性)

 

"毎朝、コンタクトをつける手間がなくなったことを感じるとき"(39歳 男性)

 

 

次に多かった回答が同率で「運転が楽になったとき・運転が楽しくなったとき」と「スポーツや運動・アウトドアなどが楽しくなったとき」でした。

 

 

"裸眼で生活でき、車にもメガネなしでのれるのはとても嬉しいから"(32歳 男性)

 

"遠くまで見えるようになって運転が楽になった"(38歳 女性)

 

"よく見えるのでダンス・運転など助かります。眼鏡いらずでマスクしててくもらないので満足です。"(57歳 女性)

 

"テニスやスキーなどのスポーツをしている時が一番、よかったと思う"(54歳 女性)

 

"スポーツやプールなどでメガネやコンタクトの煩わしさが無くなった。"(23歳 女性)

 

 

また、全体の有効回答数の5%以下の少数意見としては「お風呂に入るのが楽になったとき」「旅行や出張時に眼鏡やコンタクトレンズを持ち運ぶ必要がなくなったとき」「以前よりも、視界がクリアに感じたとき・以前よりも視界が広く感じたとき」という声がありました。

 

このことから、レーシック手術を受ける主なメリットは「眼鏡やコンタクトレンズをつける生活から解放されること」だけに留まらず、「裸眼になったことで、それまでできなかったり楽しめなかったスポーツやアウトドア・運転が可能になったり楽しくなること」があると言えそうです。

レーシック手術を受けて不便になったことの第1位は「老眼になった・近くが見えなくなった」

「レーシック手術を受けて不便になったこと」を聞いた結果、全体の約71%が「特になし」と回答しています。つまり、残りの29%の人は何かしらの状況で「不便になった」と感じていることが分かります中でも最も得票数が多かったのが、有効回答数の約7%を占めた「老眼になった / 近くが見えなくなった」で、次に多かった回答が「ドライアイになった」でした。また、得票数5%以下の少数意見ですが「光が眩しく感じる時がある」「しばらくしたら視力が起きてきた / 今後視力が落ちないか心配」「術後の通院が面倒」と回答する人も見られました。

 

 

"目が乾くことがあるので、定期的に目薬を使ってケアを行う必要があるのが大変なのと、将来的にどのような影響が出るか不安があるので、心配である。"(47歳 男性)

 

"レーシック手術の効果が限定的であると言うことを聞いているので、また目が悪くなったらどうしようと言う不安がある"(37歳 男性)

 

"毎日ではないが、太陽の光を眩しいと感じることが多い。"(55歳 男性)

 

"夜のライトが以前より眩しく感じてしまう"(42歳 男性)

レーシック経験者に聞いた人気病院と選んだ理由

ここではgooランキング編集部が独自に行なったアンケート調査によって分かった、レーシック経験者に人気の病院とその病院を選んだ理由について紹介します。

レーシック手術を受けた病院の第1位は「品川近視クリニック」

レーシック経験者133名に聞いた「レーシック手術を受けた病院」の第1位は、回答者全体の20%を占めた「品川近視クリニックでした。

 

また、「その病院を選んだ理由は?」という質問に対しては72名が「手術件数などの実績が豊富そうだった」と回答し最も得票数が多い結果となりました。次に回答が多かった理由に「自宅や職場から通いやすかった」が挙がっていることから、「品川近視クリニック」や「先進会眼科」といった全国展開する大手眼科クリニックが人気の傾向があります。

 

逆に、「他院と比べて安かった」と回答する人が13名(全体の10%)となったことから、費用の安さを重視して病院を選ぶ人が少ないことも今回の調査で分かりました。

 

より詳しい調査結果の詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

レーシックとは?

レーシックとは、エキシマレーザーと呼ばれる医療用レーザーを使い、角膜のカーブを削り屈折異常を矯正する視力矯正方法です。具体的には、マイクロケラトームと呼ばれるカンナやレーザーを使って角膜の表面に「フラップ」と呼ばれる薄いふたを作り、フラップをめくることで角膜実質層を露出させ、そこにエキシマレーザーを照射、角膜の形状に変化を与えることで、網膜に正しくピントが合うように屈折率を調整します。最後は「フラップ」が手術後の傷を覆うことになります。手術時間は、片目で約10分〜15分程度で手術中は、点眼麻酔(目薬タイプの麻酔)を行うのが一般的です。多くの場合、手術日より前の別日に適応検査を行い、合併症などのリスクがないかを確認します。

 

レーシックがエキシマレーザーを用いた屈折矯正手術として、日本国内で認可されたのは2000年で、その後は今日まで世界中の多くの方々に普及している視力矯正手術となっています。しかし、普及したばかりの当初は、医療器具の不十分な滅菌処理などが原因による感染性角膜炎の集団発生、過矯正による健康被害などが相次いで起こりました。これは、レーシック手術の経験が不十分でありながら参入してきた眼科医や当時の形骸化したライセンス制度による影響だったと言われています。

 

現在では、日本眼科学会により「屈折矯正手術のガイドライン」が作成され、手術に当たっての安全性確保のための留意点が示されています。

レーシックって失敗しないの?

レーシック手術が直接の原因となり、失明に至ることは理論上ないと言われています。これはレーシック手術が失明に関わる網膜に触れる手術ではないためです。しかし、「レーシック手術によって失明に至った」という話を稀に聞くことがあります。これはレーシック手術をしたのちに緑内障に罹患した事例だと考えられます。緑内障は日本国内の失明原因の1位であり、40歳以上で5%、60歳以上で10%の方が緑内障患者と言われています。

 

では、なぜレーシック手術を受けたのちに緑内障となり失明に至る事例が存在するのか?それは、レーシック手術を受けたことで角膜厚が通常よりも薄くなり、精密眼圧測定を使った緑内障の早期発見が遅れる恐れがあるためです。そのため、「レーシックは手術を受けたら終わりではない」と頭に入れておきましょう。術後定期検診には必ず通い、その後も定期的に眼科へ行くことで緑内障の早期発見と早期治療につながります。

【レーシックとよく似た矯正手術】PRKやLASEK(ラセック)、ReLEx(リレックス)との違い

レーザーを照射して角膜の屈折率を変化させる矯正方法は、レーシックの他にも、PRK(ピーアールケー)、LASEK(ラセック)ReLEx(リレックス)の大きく3種類があります。

 

▼レーシックとよく似た屈折矯正方法

手術名 レーシックとの違い
PRK(ピーアールケー)

角膜上皮を切除し実質層にレーザーを当てる。術後の痛みや視力の安定までに時間を要するのが欠点。

LASEK(ラセック)

アルコール等の薬品で角膜上皮をふやかすように柔らかくして薄皮を剥がしレーザーを照射する。

ReLEx(リレックス)

レーザーを当て角膜の内側に角膜片を作り、それを引き抜くことで屈折率を変える。

 

レーザーを使った屈折矯正手術の中で最初に考案されたのが「PRK(ピーアールケー)」です。PRKは、角膜上皮を切除させてから角膜実質層にエキシマレーザーを当てる手術方法で、角膜上皮が再生するまでの数日間は痛みを伴う点と術後に視力が安定するまでに非常に長い時間が必要という点の2つの欠点がありました。この欠点を解消するために考案されたのが、フラップ(ふた)を作成することで術後に傷を覆うことができる「LASIK(レーシック)」です。また、PRKから派生した「LASEK(ラセック)」という手術方法も考案されました。ラセックは、希釈したアルコールを角膜上皮に30秒程度ひたすことで、角膜上皮を遊離させ、角膜実質層にエキシマレーザーを当てた後に、遊離させた角膜上皮を元の位置に戻す方法です。ラセックは、角膜が薄い場合でも施術が可能のため、適応検査で「レーシックができない」と判断された場合に勧められる矯正方法の一つです。ReLEx(リレックス)は、先に挙げた3つとは大きく異なり、レーザーを当てることで角膜の内側に「レンチクル」と呼ばれる角膜片を作り、それを小さな切開創から抜くことで角膜の内側を空洞上にし、屈折率を変えます。ReLEx(リレックス)は、フラップの作成の有無で「ReLEx SMILE(リレックススマイル)」と「フレックス(FLEx)」2種類に分かれ、現在は、フラップの作成が不要な「ReLEx SMILE(リレックススマイル)」が主流です。

 

ここまで、レーシックとよく似た屈折矯正方法を3つ解説しましたが、一概に「この施術方法が最も優れている」というのはありません。医院で実施される適応検査を受け、自分の目に最も適している施術方法を見つけましょう

レーシックの費用っていくらかかるの?

レーシック手術にかかる費用は、眼科クリニックによってさまざまですが大阪の相場としては約200,000円~300,000円程度です。しかし、これはあくまで目安であり「メスではなくレーザーを使用することで、より薄く滑らかなフラップを作る」など術式や使用機器によって費用は変わります。以下では、レーシック手術にかかる費用を気にしている方に向けて詳しく解説します。

レーシック手術は自由診療のため保険適用外

レーシック手術は基本的に自由診療となり保険適用外のため、手術前後の検査料や受診料も含めすべての費用は自己負担になります。保険適用外で200,000円〜300,000円の負担となると、一見非常に割高にも思えるレーシックですが、多くのクリニックは術後の定期検診代が手術費用に含まれていることが多いです。なので、クリニックを選ぶ際は、術後どれくらいの期間までの検診代が手術費用に含まれているのかを確認してもいいかもしれません。

 

また、レーシック手術にかかった費用に対しては、確定申告をすることで医療費控除を受けられます。医療費控除とは、本人または家族が、その年に支払った医療費が100,000円を超える場合は医療控除の対象になるといった制度です

長期的に見るとレーシックはコンタクトレンズよりも経済的

前述した通り、レーシック手術にかかる費用は200,000~300,000円と決して安い金額ではありません。しかし、一度手術をしてしまえば10年、20年とコンタクトレンズの定期購入にかかり続ける費用と比べるとレーシックは経済的ともいえます。仮にワンデーのコンタクトレンズを1日あたり150円程度の費用がかかるとします。2週間レンズなら1日あたり50円程度と1ヶ月あたり1,000円程度のケア用品がかかるとします。30年後までにかかる費用を計算すると、なんとワンデーコンタクトレンズなら162万円、2週間レンズなら90万円にも上る計算になります

 

こういったことから、コンタクトレンズよりレーシックの方が長期的に考えると経済的な視力矯正方法といえます。しかし、かかる費用だけで視力矯正方法を決めるべきではありません。最後は自分に一番あった矯正方法を利用しましょう。

フラップの作成方法がレーシックの手術費用を左右する

レーシックの手術費用は、フラップ(ふた)の作成方法によって大きく変動します。マイクロケラトームと呼ばれる電動メスを使用してフラップを作成する場合、比較的安価に施術が可能ですが、フェムトセカンドレーザーと呼ばれるレーザー機器を使用してフラップ作成をする場合は、比較的高額な費用になります。

 

▼フラップの作成方法

使用機器 特徴
マイクロケラトーム

角膜をスライスしてふたを作るための電動メス。感染症対策として、先端部分は基本的に使い捨てが推奨される。比較的安価に施術が可能。

フェムトセカンドレーザー

マイクロケラトームに代わるフラップ作成方法として使用されるレーザー。患者の状態に合わせてフラップの厚みや角度を作成でき、より安全で精度が高いフラップ作成が可能。

 

例えば、品川近視クリニックの料金表を例に挙げると、厚生労働省が認可するフェムトセカンドレーザー機器「イントラレース」を使用する「品川イントラレーシックアドバンス」は158,000円(税込)に対し、マイクロケラトームを使用する「スタンダードレーシック」は75,000円(税込)と半値以下の価格設定となっています。一概に費用だけを比較するのではなく、こういった施術内容を確認した上でどのコースにするか決めましょう

レーシック手術のリスクと対策方法

眼鏡やコンタクトレンズから開放されるレーシック手術ですが、メリットだけでなくリスクも存在します。レーシック手術を受けた後に後悔しないために、「レーシック手術にはどんなリスクがあるのか?」と「そのリスクをできるだけ少なくするには何ができるのか?」をしっかり把握したうえで、手術を受けるか決めましょう。

事前の適応検査で合併症のリスクがないか確認しよう

レーシックはレーザーを使って角膜を削る手術のため、術後は角膜の強度や形を保つ力が低下すると言われています。そのため、事前のレーシック適応検査では、眼圧測定(緑内障の疑いがないかを確認する検査)や角膜厚測定(レーシックをするのに角膜の厚さが充分かを測る検査)などの他に、角膜の強度を測る検査が重要です。

この事前検査で、万が一「円錐角膜」(眼圧に対して角膜の強度が弱いために角膜が突出する症状)の疑いがあれば、レーシックを受けることはできません。しかし、なんらかの理由でこういった円錐角膜の診断が見逃されてレーシック手術をすると、角膜の強度がさらに低下し、ケラトエクタジア(角膜拡張症)という非常に重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

 

そのため、レーシック適応検査の結果の診断を受ける際は「私の角膜の強度でレーシックを受けても、合併症にはなりませんか?」と医師に聞いてみてもいいでしょう

手術は適切な環境で行われるか確認しよう

過去にレーシック手術による集団感染事件が起きたことは記憶に新しい方もいるはずです。これは、2008年から2009年の間に東京都中央区「銀座眼科」で起きた、67名もの被害者を出した大規模医療ミスで、のちの判明では、角膜手術における感染の合併症発生率は通常0.03%であるのに対し、当該医院では約10人に1人の感染率で、実に通常の333倍の発生確率であったとされています。

 

この集団感染の原因の一つとして、「元院長が経営効率や営利を重視し手術器具の滅菌をしなかったり、角膜を切開するブレードを使い回したりと基本的な衛生管理を怠ったままレーシック手術を実施していたことによるもの」とされています。これを受け、現在では日本眼科学会が作成した「屈折矯正手術のガイドライン」により、レーシック手術中の留意点などが示されています

 

こういったガイドラインに書かれている内容を見つつ、実際に受けようとしているクリニックのホームページなどで「手術環境」や「実施している感染症対策」などを確認することが、過去に起きたような感染症被害からの回避につながります

 

参照:医療問題弁護団 銀座眼科レーシック集団感染事件

一度削った角膜は元に戻せないため、削り過ぎによる遠視に注意しよう

レーシック手術によって削った角膜を元の状態に戻すことはできません。そのため、遠方が見えすぎてしまう過矯正には充分な注意が必要です。目が過矯正の状態になると、頭痛やめまい、吐き気、眼精疲労を引き起こす危険があります。また、消費者庁 国民生活センターの発表によると、事故情報データバンクに寄せられたレーシック手術による危害情報80件のうち、最も多い症状が「過矯正による遠視」と報告されています。下記では、同発表で報告された事例を一部抜粋し紹介します。(※1)

 

▼消費者庁が公表するレーシックによる遠視被害の事例

 

"レーシックによる角膜の削り過ぎで遠視にされ、目の周りの筋肉が常時痛む。眼科にて両眼視検査を行い、外斜位(※2)11が発覚した。プリズムレンズ(※3)の遠視眼鏡、目薬等で多少の軽減はするものの、毎日痛みでつらい。"
(平成19年2月手術 男性 30歳代)

 

"インターネットで有名人が出ている広告を見て眼科を訪れ、レーシック手術を受けた。手術後、遠視になってしまい、頭痛や目の痛み、吐き気があり仕事ができない。"
(事故発生年:平成25年 女性 30歳代)

 

"家族がもらったクーポン券を使ってレーシック手術を受けた。手術後、目の表面や 奥の痛み、めまい、まぶしさ、焦点が合わないなどの障害が起きた。3Dの画像を一 日中見ているような状態で、吐き気もひどい。遠くは見えるが近くが見えづらく、パソコンを使う仕事に支障を来している。"
(事故発生年:平成25年 女性 40歳代)

 

また、同庁が2013年11月に実施したレーシック手術経験者600名を対象としたアンケート調査(※4)では、レーシック手術後に「希望した視力になった」が74.3%(446人)に対し、「希望した視力に届かなかった」が13.0%(78人)、「一旦は希望した視力になったが、元の視力に戻ってしまった」と「矯正され過ぎた」がそれぞれ5.0%(30 人)という回答になりました。

 

これらの事例を踏まえ消費者庁では、「矯正の目標として、裸眼視力1.2や1.5を目指すのではなく、やや控えめの視力目標を設定した方が、過矯正による遠視問題を避けることができる」と助言をし、「軽度の近視は老視になったときに有利である」とも述べています。

 

角膜の削り過ぎによる遠視被害を避けるためには、「理想の視力よりも少し近視気味の状態でとどめる」という選択もいいかもしれません。

 

※1 期間:2009年度〜2013年11月8日
※2 片眼を隠した際に、隠された方の目が潜在的により遠方を見ようとし、目標物より外側を向く症状
※3 左右の視線のズレを補正するレンズ
※4 対象:20~60歳代のレーシック手術経験者600人、実施年:平成 25年11月

 

参照:レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!-希望した視力を得られないだけでなく、重大な危害が発生したケースもあります-

ドライアイやハローグレアなどの術後に起こりうる体調不良について十分に説明を受けよう

レーシック手術後に、一時的なドライアイの状態が続く場合があります。これは、手術によって一時的に視神経が損傷され、涙が出にくくなるためです。ドライアイの状態が続く期間は、個人差はありますが、半年から1年ほどと言われています。また、術後に「ハロー・グレア」といわれる、夜間や暗い場所で光のギラつきやまぶしさを感じたり、信号の光などがぼやけて見えたりする症状が出る場合があります。ハロー・グレアが起こる原因は、夜間に瞳孔が開くと目に入る光の量が多くなり、角膜を削った部分とそうでないところに多少の屈折力の違いが発生するためです。

 

消費者庁 国民生活センターによると、こういった術後に起こりうる体調不良について医療機関から十分な説明を受けないまま手術が実施されてしまう事例が報告されています。下記では、その中で報告された事例を一部抜粋し紹介します。(※1)

 

▼消費者庁が公表するレーシック術後の体調不良の事例

 

"レーシック手術を宣伝している眼科医院に行き、手術を受けた。手術前にリスクの説明はなかった。手術後、視力は両目とも 0.8~1.0 くらいになったが、ドライアイになり、10 分ごとに目薬をつけないと目を開けていられないような状態である。事前にリスクを聞いていれば手術はしなかった。"
(事故発生年:平成22年 女性 40歳代)

 

"インターネットで近所の病院を見付け、手術を受けた。術後、目に違和感が出て見え方もおかしくなり、目が痛み、乾くようになった。現在、地元眼科で症状を緩和するための眼薬を処方してもらっている。広告は、メリットばかりをうたい、手術を受ける前も危険性についての十分な説明がなかった。"
(事故発生年:平成18年 男性 20歳代)

 

また、同庁実施のレーシック手術経験者600名を対象としたアンケート調査(※2)では、「手術後に視力以外の症状や不具合が生じている」と回答した人の割合が43.2%(259人)にものぼり、「光がにじんだりギラギラしたりするようになった」16.5%(99人)が最多で、次点が「ドライアイが続いている(6ヶ月以上)」13.8%(83人)となりました。

 

これらの結果を受け消費者庁では、「ハロー・グレアやドライアイは術後長期間持続することもあるため、手術前に、可能性のある合併症と問題点について十分に説明を受け、理解し、同意しておく必要がある。 」と助言をしています。

 

メリットなどの甘い言葉で巧みに契約まで持っていくような悪質な医院には気をつけましょう。また、「安心LASIKネットワーク」に入会している医院から選ぶことで、そういった悪質な医院を避けることに繋がります。

 

※1 期間:2009年度〜2013年11月8日
※2 対象:20~60歳代のレーシック手術経験者600人、実施年:平成 25年11月

 

参照:レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!-希望した視力を得られないだけでなく、重大な危害が発生したケースもあります-

緑内障の早期発見のために術後も定期的に眼科に通おう

レーシック手術によって角膜を削ると、術後に眼圧測定をした際に眼圧が下がることが知られています。これは、角膜が薄いほど、また角膜のカーブが緩いほど眼圧測定では眼圧が低く測定されてしまうためです。眼圧測定は主に、緑内障の発見につながる検査なので、レーシック手術を受けることで緑内障の早期発見が遅れるリスクがあるのです。

 

つまり、レーシック後の緑内障の早期発見には「術後も定期的に眼科に通うこと」と「過去にレーシック手術を受けたことを医師に伝える」ことが重要となってくるわけです

レーシック手術の流れ

クリニックにより細かい点は異なりますが、基本的にレーシックは両眼20分程度で終わる、入院不要な日帰り手術になります。事前に治療の流れをしっかり把握しておきましょう。

ステップ①検査

目の状態によって、レーシック手術が合わない人もいます。具体的には、網膜剥離、白内障・緑内障・結膜炎などの眼の疾患がある方や、重度のドライアイである方はレーシックに適合しない可能性が高いです。

 

このように、レーシック手術はどんな人でも受けられるという訳ではありません。自分がレーシックを受けられるのかを調べるために、まずは検査を受ける必要があります

ステップ②手術の実施

片目約10分、両目約20分程度の日帰り手術です。点眼麻酔をして行うため痛みはありません。

 

また、術後1週間程度は、角膜の抵抗力が下がっているので、ゴミやホコリから守るため外出時はサングラスや保護メガネの着用が必要です。

ステップ③術後検診

術後は手術翌日、4日後、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後などに来院※し、目の状態を診察、検査します。術後の検診が無料だったり、手術費用に含まれていたりするクリニックもあります。アフターフォローが手厚い病院がおすすめです。

 

※病院や手術後の経過によって、検診の回数が変わることがあります。

レーシックに関するよくある質問

ここでは、レーシックに関するよくある質問とその回答を紹介していきます。レーシックを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

レーシックが受けれないのはどんな人?

レーシック手術は視力の異常が大きいほど、切除が必要な角膜の量も増えていきます。よって近視や乱視の度合いが非常に強い場合、および角膜が基準値よりも薄い場合は、原則としてレーシック手術を受けることができません。

 

また、以下の疾患や状況に該当する場合も治療を受けられなくなります。

  • 白内障や網膜症など、目に持病がある
  • 糖尿病やアトピーなど、全身性の疾患を抱えている
  • 妊娠、授乳中の人および18歳未満の子供


なおレーシック手術に技術的な年齢上限はないものの、安全性の観点から対象年齢を明確に設定しているクリニックが多いので、ご高齢の方はこちらを必ず確認してから受診するよう心がけてください。

費用を抑える方法はある?

レーシック治療を行うクリニックには、モニター募集をしているクリニックもあるのでぜひチェックしてください。今回ご紹介するクリニックの中では、「品川近視クリニック」が老眼対応レーシックのモニターを募集しています。

 

モニター募集は東京院のみですが、簡易検査は梅田院でも可能です。品川近視クリニックが2024年1月現在募集しているモニターの条件は以下の通りです。条件に合うかどうかを確認してみてください。

 

施術内容 遠近両用レーシック(プレスビーマックス)
費用 無料
募集人数

先着10名

(適応検査で手術が適応とされた方より先着順)

応募条件 ①45歳〜60歳の方
②過去にレーシックを受けていない
③手術の体験談にご協力する
④お薬手帳(または処方時に出される薬の名称及び、説明が明記された用紙)をお持ちの方は、必ず持参する
⑤手術後、品川近視クリニックが指定する定期健診を受ける(交通費は自己負担)

※簡易検査は、梅田院、名古屋院、福岡院、札幌院でも実施しております

レーシック手術はローンを組める?

病院やクリニックなどにもよりますが、クレジットカードでの分割払いのほか、オリコやジャックス、セディナなどでメディカルローンを組める場合があります。月々3,000円以上の支払いをすれば2回~84回まで分割できる場合もあり、気軽に手術が可能です。

手術前はコンタクトレンズをいつまで着用できる?

レーシック手術を受ける前には、角膜の形状を検査します。その際本来の角膜の形状で検査を行うために、一定期間コンタクトレンズの装着を控える必要があります。

 

コンタクトレンズの種類 未使用期間
ソフトコンタクトレンズ 3日以上
ハードコンタクトレンズ 2週間以上

 

あくまで目安で、個人差やクリニックによって指示に差があるので、医師の指示に従ってください。また、手術後は洗顔、洗髪、アイメイクなどにも1週間程度制限があります。翌日から出勤などは可能ですが、肉体労働などを伴う場合はあらかじめ医師に相談してください。

手術中や手術後に痛みはある?

レーシックの手術中に痛みを感じることはほとんどないとされています。


レーシック手術は点眼麻酔(目薬タイプの麻酔)を行ったうえで手術をするため、痛みは大きく軽減されています。また、クリニックによっては希望に応じて笑気麻酔を追加でかけてくれる場合もあります。

 

しかし、手術中は目を大きく開いた状態で施術を行うので、少し眼球が押される感覚はあります。手術後に麻酔がきれると、半日ほど目が開けにくいような軽い痛みを感じる方もいますが、時間とともに軽減します。

手術日の翌日は仕事を休んだ方がいい?

室内でのデスクワークなら、手術日の翌日検診が終了してから可能です。

 

しかし、屋外での作業や運動、車の運転などは余裕を持って休んだ方がいいでしょう。また、レーシック手術後のメイクは、一般的には眼の周りを避ければ翌々日から可能です。

レーシックをしてもカラーコンタクトはできる?

一般的には、術後1ヶ月以降であればカラーコンタクトレンズの装着は可能と言われています。

 

しかし、レーシックを受ける前と後では眼球のベースカーブが変化していることもあるので、カラーコンタクトを着用したい場合は、必ず術後の定期検診の際にその旨を医師に相談しましょう。

手術後、何年かしたら近視に戻ることはある?

手術後1年以内に視力0.7未満の軽い近視の状態に戻る場合があります。

 

近視の戻りが発生するのは1年以内がほとんどで、1年以上経過しても視力が変わらない場合はその視力のまま安定する場合が多いです。また、老化が進めば徐々にピントを合わせる力が落ちてきますので、それが原因で再度視力が落ちる場合も考えられます。


視力が万が一低下した場合は、医師の診察、検査の結果のもと、角膜の厚みや形状に問題がないと判断されれば、再手術を行うことも可能です。


自分でできる対策としては、近くばかり見るのではなく、定期的に遠くを見て、近くを見るのに体が適応するのを防ぐのが大切です。

レーシック後に白内障や緑内障になった時、手術は受けられる?

レーシックを受けたあとに白内障手術は基本的に可能ですが、変化した角膜の形までを細かく考慮した眼内レンズを使う必要があるので、レーシックに詳しい病院を選び、白内障手術を受けたほうがいいです。

 

緑内障の場合、基本的にはレーシック手術は難しく、断られる場合が多いです。しかし条件次第では受けられる場合もあるので、医師と相談するようにしましょう。

白内障、緑内障って何?

白内障とは、加齢によって目の水晶体が濁り、ものが見づらくなる病気です。緑内障とは、眼球の奥にある視神経が圧迫され、視野に障害が起こる病気です。緑内障も目薬などでの治療で効果が得られなかった場合には、手術が必要となります。

レーシックって何年もつの?

レーシック自体には寿命はなく、レーシックの効果は他の病気をおこなさない限り一生続くと言われています。

 

しかし、もともと強度近視や乱視だった人、角膜を削る量が多かった人など約5%程度の人には視力の戻りが見られます。戻りが大きい場合は、再手術が受けられる場合もあるので、医師に相談してみましょう。

レーシックを受けると早く老眼になるって本当?

そもそもレーシックは近視、遠視、乱視を対象とした視力矯正の方法なため、老眼そのものは治せません。また、老眼は加齢とともに起こる生理現象なので、レーシックを受けても受けなくても老眼になる時期は変化しないのです。

 

もちろん老眼の方もレーシックを受られます。老眼の方がレーシックを受けると視力が矯正されるため術後は遠くが見えるようになりますが、近くを見るピントは調節しにくいままです。

 

ICLには老眼に対応できる遠近両用眼内コンタクトレンズもあるので、気になる方は対応可能なクリニックに相談してみましょう。

老眼はレーシックで治療できる?

レーシック手術をすることで老眼の根本治療することはできません。

 

そもそもレーシックとは、レーザーで角膜の屈折力を調整して見えやすくする施術なので、乱視、近視、遠視などの「屈折異常」の症状に対して有効な治療法です。一方、近くの文字などがぼやけて見えづらくなる老眼は「調節異常」になります。そのため、レーシックでは老眼治療はできません。ですがレーシック以外の方法で、老眼の治療もできます。コンタクトレンズよりも小さいリングを角膜の中に挿入し、ピンホール効果で近くのものを見えやすくする「リーディングアイ 」など施術方法もさまざまです。

 

以下の記事で、老眼治療について詳しく解説しているので、気になる方はぜひチェックしてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年02月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ICLやレーシックができる人・できない人の特徴は?クリニックの選び方も!

ICLやレーシックができる人・できない人の特徴は?クリニックの選び方も!

レーシック・ICL
【2024年】レーシックにはなぜ年齢制限がある?

【2024年】レーシックにはなぜ年齢制限がある?

レーシック・ICL
【2024年最新版】愛知名古屋でレーシック手術ができる病院5院!費用や失敗しない名医の選び方、経験者133名の体験談を紹介

【2024年最新版】愛知名古屋でレーシック手術ができる病院5院!費用や失敗しない名医の選び方、経験者133名の体験談を紹介

レーシック・ICL
ICLとレーシックはどっちがいい?クリニック7選【2024年度最新版】

ICLとレーシックはどっちがいい?クリニック7選【2024年度最新版】

レーシック・ICL
【2024年最新版】福岡でレーシック手術ができる病院6院!費用や失敗しない名医の選び方、経験者133名の体験談を紹介

【2024年最新版】福岡でレーシック手術ができる病院6院!費用や失敗しない名医の選び方、経験者133名の体験談を紹介

レーシック・ICL
【2024年最新版】神戸姫路周辺でレーシック手術ができる病院6院!費用や失敗しない名医の選び方、経験者133名の体験談を紹介

【2024年最新版】神戸姫路周辺でレーシック手術ができる病院6院!費用や失敗しない名医の選び方、経験者133名の体験談を紹介

レーシック・ICL