Gペンの人気おすすめランキング6選【初心者向けもご紹介!】

アナログで漫画やイラストを描く際には欠かせないアイテム、Gペン。つけペンの一種で、太めで躍動感のある線を得意とします。今回はGペンの選び方とおすすめ商品ランキングをご紹介します。初心者向け商品や万年筆との違いについてもまとめました。

漫画家・イラストレーター愛用のGペンはどれ?

つけペンの一種であるGペンは、アナログで漫画やイラストを描く際に欠かせないアイテムのひとつです。プロの漫画家やイラストレーターが愛用するGペンに、強い憧れを抱いている方は多いのではないでしょうか。

 

躍動的で太く生き生きとした線を得意とするGペンですが、実は、メーカーによって書き味にかなり差があるんです!中には初心者には扱いが難しく、まったく思い通りの線が描けないこともあります。失敗しないためには、Gペンの正しい知識を得ることが重要です。

 

そこで今回は、Gペンの選び方と人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは表面加工・セット本数・メーカーなどを基準に作成しました。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Gペンの選び方

Gペンを選ぶ際には、ぜひ注目してほしいいくつかのポイントがあります。ここからは、特ぬ重要なポイントに絞って解説していきます。

メーカー・ブランドで選ぶ

Gペンはさまざまなメーカー・ブランドから販売されています。ここでは特に人気のメーカー・ブランドの特徴をご紹介します。

強弱のある線を描きたいなら「ゼブラ」がおすすめ

硬い上によくしなるゼブラのGペンは、メリハリや強弱のある線を描くのに適しています。少年漫画や戦闘シーンなど、力強く生き生きとしたシーンを描きたいときに最適です。慣れるまでには多少時間がかかりますが、慣れるとかなりGペンらしい線が描けると言われています。

安定した線が描きたいなら「日光」がおすすめ

安定感のある線をしっかり確実に描きたい方には日光のGペンがおすすめです。しなりが弱いため芯がぶれにくく、一定の太さを保って描くことができます。まあ、細い線が描きやすいとも言われているので、線が太くなりがちな方にも最適です。

扱いやすいGペンをお探しなら「タチカワ」がおすすめ

コントロールしやすく初心者向けのGペンをお探しの方には、タチカワがおすすめです。使い心地はゼブラと日光の中間くらいをイメージしてください。紙への引っかかりが少なく筆圧の調節も難しくないため、初心者でも扱いやすいという特徴があります。

インクに浸したくないなら「コピック」のドローイングペンがおすすめ

Gペンはボトルインクに浸して使ういわゆるつけペンですが、インクに浸すのが面倒な方はコピックのドローイングペンがおすすめです。中にインクが入っているので普通のペンのように使うことができます。Gペンのような書き心地が楽しめるアイテムです。

表面のメッキ加工で選ぶ

Gペンのペン先表面にはメッキ加工が施されています。表面加工によって耐久性などに違いが出てくるのでぜひ注目してください。

値段が安くお手入れが楽なGペンなら「クローム」がおすすめ

現在、Gペンの表面メッキはクロームが主流であると言えます。硬めでガリガリとした線を描くのに適しており、サビにくく耐久性にも優れている素材です。値段も比較的安くメンテナンスも楽なので、初心者の方はクロームを選んぶことをおすすめします。

耐久性に優れたGペンならプロ愛用の「チタン」がおすすめ

プロの漫画家やイラストレーターが多く愛用しているのがチタン加工のペン先です。チタンでコーティングすることで耐久性が高まり、書き心地も向上させることができます。ただし、クローム加工に比べてやや値段が張るので、慎重に選ぶようにしてください。

摩耗しにくいものならハードGペンに使われる「ボロンメッキ」がおすすめ

ハードGペンのよく用いられるボロンメッキは非常に耐久性のある素材で、ゴルフクラブなどにも使われています。クロームに比べると高めですが、摩耗しにくいので長期的に見ればコストパフォーマンスも悪くありません。筆圧が強い方にもおすすめです。

柔らかで繊細な線が描きたいなら「ニューム」がおすすめ

繊細で柔らかな線を描くのに適したニュームは、アルミニウムから作られます。柔らかい雰囲気のイラストや漫画の優しいシーンを描きたいときに最適です。しかし、比較的劣化しやすく扱いにくいためGペン初心者にはあまりおすすめしません。

Gペン初心者には「セット売り」がおすすめ

Gペンのペン先はほとんどの場合10本程度がセットになっています。消耗品なので、消費が激しい方は100本入りなどのお徳用を購入するのがおすすめです。また、初心者の方はGペン以外にも丸ペン、サジペンなどがセットになったものを購入すると安心できます。

持ちやすさにこだわるなら「ペン軸の太さ」をチェック

ペン軸の持ちやすさは描きやすさに直結しています。手にフィットする持ちやすいペン軸を選ぶことで、ミリ単位の浮き沈みを感知し、多様な線を描くことが可能です。太めがいいか細めがいいかは好みになってくるので、実際に持ってみることをおすすめします。

Gペンの人気おすすめランキング6選

海外メーカーデリーターのGペン

海外メーカーであるデリーターのGペンは、弾力性に優れているのが特徴です。メリハリ・強弱のある力強い線を描くことができます。ペン先が柔らかめなので、慣れれば細い線も太い線も思いのままに描くことが可能です。3本入りでお試し用としても最適です。

表面加工 本数 3本

しっかり太めの線も描ける!

タチカワのGペンT3ー10は、線の強弱がつけやすく太い線も難なく描けます。コントロールには多少の慣れが必要ですが、慣れればペン先の角度や筆圧加減によって太い線・細い線を使い分けて描くことが可能です。安価でコストパフォーマンスが高くなっています。

表面加工 本数 10本

口コミをご紹介

細い線が引け筆圧でかなり太い線までかける。高い海外のペン先を探すより経済的で高品質高性能、オブリーグの軸につけるには少し硬いけど、カッパープレートの練習している自分には一番使い易いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

Gペンで細い線を描くのが苦手な方におすすめ

ゼブラのハードGペンはボロンメッキ製で、耐久性が従来のGペンより約2倍アップしています。力を入れて描いてもペン先が開きすぎず細い線が引けるので、筆圧が強く線が太くなりがちな方にもおすすめです。上級者はもちろん初心者でも扱いやすくなっています。

表面加工 ボロンメッキ 本数 10本

口コミをご紹介

ペン先が開きすぎない、というのでこれを試してみました。なかなかいいです。紙に引っかからないし、どちらかというとスクールペンのように同じ太さの線がずっと引けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

安定した線が描けるGペン

ペン先のしなりが弱いため、同じ太さでブレのない安定した線を描けます。また、線の強弱がつけやすく、ペン先の中で最も太い線が書ける特徴もあり、迫力ある戦闘シーンなど力強く生き生きとしたシーンを描きたいときに最適です。

 

コツを掴むまで多少の慣れが必要ですが、筆圧の加減によって線の太さを自在にコントロールできます。これ1本ですべてが書けることからキングオブペンとも呼ばれるコスパ抜群のGペンです。

表面加工 本数 10本

口コミをご紹介

筆圧で線の太さが思った通りに描いて重宝しています

出典:https://www.amazon.co.jp

漫画家やイラストレーターなどのプロも愛用するGペン

表面に耐摩耗性チタンコーティングを施すことで、耐久性が格段に上がったワンランク上のプロ仕様Gペンです。漫画家やイラストレーターなどプロの絵描きでもチタンコーティングのペン先を使っている方は多くいらっしゃいます。

 

やや高めの値段設定ですが、耐久性に優れているため長期的に見るとコスパも良いです。コーティングされていることでペン先が消耗しにくいので、細く均一の線を長い間描くことができます。

表面加工 チタン 本数 10本

口コミをご紹介

Gペンとして1本の値段は高いとは思いますが、ゼブラさんの宣伝に偽りはなく、すごく長持ちします。結局はおトクかもしれません。わたしの感覚では、使い始めて2ヶ月くらいで最高の書き具合になるように思います。文字を書く方にもおススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者から上級者まで使いやすいGペン

初心者から上級者まで使いこなせる、もっともメジャーなGペンです。弾力があり柔らかいためなめらかな書き味で、筆圧にメリハリをつければ強弱のある線を描けます。強い筆圧にも耐えられる丈夫な素材なので、筆圧が強くて悩んでいる方にもおすすめです。

 

インクがダマになりにくいため、キャラクターの輪郭など長い線を描くのに適しています。職人がひとつひとつ手作りしているにもかかわらず、比較的お手頃な価格で手に入る点も魅力のひとつです。

表面加工 クローム 本数 10本

口コミをご紹介

やはりGペンに関してはゼブラのものが一番使いやすく感じます。他者に比べてペン先が安定しており、線のコントロールが効きやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

Gペンのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 表面加工 本数
1
アイテムID:9834272の画像
Gペン PG-6B-C-K

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

初心者から上級者まで使いやすいGペン

クローム 10本
2
アイテムID:9834270の画像
チタンGペンプロ PG-7B-C-K

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

漫画家やイラストレーターなどのプロも愛用するGペン

チタン 10本
3
アイテムID:9834268の画像
Gペン NG-10

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安定した線が描けるGペン

10本
4
アイテムID:9834266の画像
ハードGペン PG-8B-C-K

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

Gペンで細い線を描くのが苦手な方におすすめ

ボロンメッキ 10本
5
アイテムID:9834259の画像
Gペン T3-10

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

しっかり太めの線も描ける!

10本
6
アイテムID:9834258の画像
Gペン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

海外メーカーデリーターのGペン

3本

Gペンはどのような仕組み?使い方のコツは?

Gペンはペン軸にペン先を差し込みインクをつけることで、文字やイラストを描くことができます。力の入れ加減によってペン先が開き、中のインクが少しずつ降りてくる仕組みです。そのため、力加減のコツを掴むまでは使いこなすのが難しいと感じる場合もあります。

 

使い続けることで必ず慣れてくるので、コツを掴むまでは諦めず練習を続けてみてください。

Gペンを売ってる店は?

Gペンは画材店や文房具店、本屋などでも購入することができます。廃盤品が多いニュームのペン先は店舗に置いていないこともありますが、ネット通販などで手に入れることが可能です。大量に買いたいならネット通販、1本2本単位で買いたいならGペンを売ってる店舗をおすすめします。

万年筆との違いは?Gペン以外のつけペンやインクもチェック!

万年筆とGペンはともにつけペンに分類されます。万年筆が文字を書くのに適したつけペンであるのに対し、Gペンはイラストを描くのに適したつけペンです。また、消耗品であるかどうかも大きな違いで、半永久的に使える万年筆と違ってGペンは消耗品になります。

 

Gペンや万年筆のほかにも、丸ペン・サジペン・スクールペン・ガラスペンなどはつけペンに分類されます。ほかのつけペンやボトルインクについて詳しく知りたい方は、ぜひ以下のサイトを覗いてみてください。

まとめ

Gペンの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたか。Gペンはメーカーごとに特性があり、描きやすさも全く異なるということが分かりました。ぜひ今回の記事を参考にして、自分に合ったGペンを見つけてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年06月11日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

水彩ペンの人気おすすめランキング12選【コピックとの違いも!】

水彩ペンの人気おすすめランキング12選【コピックとの違いも!】

生活雑貨
クロームブックの口コミ・評判を調査!おすすめしない・使えないなどの口コミは本当?

クロームブックの口コミ・評判を調査!おすすめしない・使えないなどの口コミは本当?

その他
3Dアートペンの人気おすすめランキング10選【どこで買える?売ってる場所や口コミも紹介】

3Dアートペンの人気おすすめランキング10選【どこで買える?売ってる場所や口コミも紹介】

手芸用品・クラフト
【2022年最新版】水性ペンの人気おすすめランキング20選

【2022年最新版】水性ペンの人気おすすめランキング20選

文房具・文具
油性ペンの人気おすすめランキング10選【極細もご紹介!】

油性ペンの人気おすすめランキング10選【極細もご紹介!】

文房具・文具
布用ペンの人気おすすめランキング15選【染色ペンはどこに売ってる?】

布用ペンの人気おすすめランキング15選【染色ペンはどこに売ってる?】

手芸用品・クラフト