【2021年最新版】トマト缶の人気おすすめランキング15選【主婦の味方】

記事ID4318のサムネイル画像

さまざまな料理に活用できるトマト缶は保存が効くのでストックにも便利です。ただ、多くのメーカーから特徴の異なる美味しい商品が発売されています。そこで今回はトマト缶の選び方やトマト缶を使ったスープなどのレシピ、そして人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

美味しくて便利なトマト缶は主婦の味方

パスタソースやミネストローネスープなどさまざまな料理に活用できるトマト缶は生のトマトよりもリコピンやグルタミン酸が多く含まれており、常温で長期保存も可能です。そのためストックにも便利で主婦の強い味方と言われています。

 

そんなトマト缶は料理のバリエーションが広がる万能アイテムですが、さまざまなメーカーから発売されており、種類や特徴もそれぞれ違うので、どのような商品を選べばいいのか迷ってしまいます。

 

そこで今回はおすすめのトマト缶をランキング形式で紹介します。ランキングは味、価格、口コミによる評価を重視して作成しましたので、ぜひトマト缶選びの参考にしてみてください。

トマト缶の選び方

料理のレパートリーが広がる万能アイテムのトマト缶はさまざまなメーカーから発売されており、種類や特徴がそれぞれ違うので、どのような商品を選べばいいのか迷ってしまいます。そこで、どのようなところに注目すればいいのか、選び方のポイントを紹介します。

トマトの形状で選ぶ

トマト缶は大きく分けて「ホールトマト」と「カットトマト」の2種類のタイプがあります。それぞれの特徴を知って、作りたい料理に合わせて選びましょう。

トマト丸ごと詰められた「ホールトマト」

ホールトマトは生のトマトを一度加熱して水煮にしたもので、トマトがそのまま丸ごと缶詰になっています。ホールトマトに使われているのは主にイタリアントマトで、加熱することで旨みが引き出されます。そのため煮込み料理などに最適です。

 

トマトの果実には甘味が、また種には酸味があります。一緒に煮込むことで旨みが際立ち、味に深みが出ます。トマトソースなどの煮込み料理には大変おすすめです。煮込む際にホールトマトを潰して、果肉、果実、種に均等に熱を加えられ、より旨みを引き出せます。

トマトそのものの果実感が味わえる「カットトマト」

カットトマトはホールトマトと同じく生のトマトを一度加熱して水煮にしたものですが、違いはそれを角切りにカットしているところです。そして、種がある程度取り除かれているので、ホールトマトに比べて酸味が少なくなっています。

 

ミネストローネスープやカレーなど、見た目や素材の風味を直接的に感じられる料理に最適です。カットトマトはそのまま食べることができ、料理に使う場合もさっと温める程度で煮込みすぎないのがポイントです。

トマトの原産地で選ぶ

トマト缶に使用されているトマトの原産地は主にイタリアですが、中には国産のトマトを使用しているものもあります。それぞれのトマトの特徴を紹介します。

トマト缶定番の「イタリア」産

トマト缶に使用されているトマトは古くからイタリアで栽培されているサンマルツァーノ種が多いと言われています。サンマルツァーノ種は縦長の円筒のような形をしており、皮が薄いのが特徴で、ホールトマトの多くに使用されています。

 

加熱するとより旨みが増す品種で、味が濃くて、煮る時にくずれにくいので、煮込み料理にとても合うと言われています。また、トマトの中のゼリー状の部分が少なく、果肉が分厚くなっています。

トマト缶では珍しい「日本」産

トマト缶に使用されているトマトは90%以上がイタリア産のトマトですが、中には国産のトマトを使用した商品もあります。夏から秋にかけては茨城県や北海道、秋から春にかけては熊本県がトマトの名産地として知られており、海外のトマトに比べて甘いのが特徴です。

 

余談にはなりますが、イタリア産と記載されているトマト缶でも、実は中国で加工されたものも流通しており、「イタリア産」と偽の表記がしてあるものもあると言われています。そういったことも踏まえ品質を気にされる方は、価格はやや高めですが、国産のトマト缶も安心ですね。

原材料で選ぶ

トマト缶には原材料がトマトのみのものと食塩やクエン酸などが含まれたものがあります。それぞれの特徴を知って、自分に合うものを選びましょう。

本来の自然な味わいが感じられる「トマトのみ」

原材料がトマトとトマトジュース、またはトマトピューレのみのトマト缶はトマト本来の自然な美味しさを味わえます。また、味が自由に調節できるというメリットもあります。ただ、酸味が強いものが多いので、酸味が苦手な方は注意が必要です。

酸味が調和された「クエン酸」等が含まれているもの

原材料に食塩やクエン酸が含まれているトマト缶は味が調整されているので味付けせずにそのまま料理に使うことができます。また、酸味を調和してくれるので、トマトの酸味が苦手な方におすすめです。

トマトの栽培方法で選ぶ

オーガニックや有機栽培で作られたトマトなど、トマトの栽培方法によってトマト缶を選ぶこともできます。トマトならではの本来の酸っぱさや甘味を楽しめるため、大変おすすめです。

 

しかし栽培に手間などがかかっているため、通常のものより高価な場合が多いですが、健康や環境のためにも、たまにはこういった栽培方法のトマト缶を選んでみるのも良いかもしれませんね。

健康に留意される方は「オーガニック」のものもおすすめ

健康志向の方や安全性にこだわりたいという方には有機栽培(オーガニック)のトマトを使用したトマト缶がおすすめです。農薬や化学肥料に頼らず栽培されたトマトは安心・安全で美味しさも抜群です。

 

オーガニックのトマト缶は、先ほど紹介した酸味を調和する理由で使用されているクエン酸が不使用のものも多いのも特徴です。

トマト缶の人気おすすめランキング15選

15位

トマトコーポレーション

カットトマト

ナポリ地方で獲れた太陽の恵みたっぷりのトマト

トマトコーポレーションのカットトマトです。イタリアのナポリ地方で獲れた太陽の恵みたっぷりのトマトを使用しており、自然な甘みと程よい酸味があります。

 

トマトとトマトジュースの他に食塩と酸味料が含まれているので、味付けなしでそのまま料理に使うことが出来ます。加熱することで甘みが増すので、スープやパスタソースなどにおすすめです。

 

ホールタイプに比べて酸味の弱いカットタイプですが、レビューによると酸味が強いと感じる方もいるようです。その場合は砂糖を少し加えるとコクも出て美味しくなります。24缶セットでの販売となっており、1缶当たりの価格は約110円とお買い得です。

内容量 400g 形状 カットトマト
原材料 トマト、トマトジュース、食塩、酸味料 原産地 イタリア

口コミを紹介

今まで購入したトマト缶より果肉が柔らかくきめ細かな感じで、程よい感じに仕上がりました。ほかの方のレビューで酸味の強さを指摘されていましたが、それほど気になりませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

モンテ物産

ダッテリーニトマト

南イタリア産の完熟ダッテリーニトマト

モンテベッロのダッテリーニトマトです。南イタリアのプーリア州レーシナ産のダッテリーニトマトを使用したトマト缶となっています。

 

レーシナ産のダッテリーニトマトは形がダッテロ(ナツメヤシ)に似ていることから名付けられたトマトで、ポモドリーニと呼ばれる日本でいうところのミニトマトです。

 

ダッテリーニトマトは濃厚な甘みと穏やかな酸味が特徴で、皮が薄くなっているので、皮が気になるという方にもおすすめです。価格は1缶当たり約300円で、他のトマト缶に比べるとやや高めです。

内容量 400g 形状 ホールトマト
原材料 トマト、トマトジュース、クエン酸 原産地 イタリア

口コミを紹介

お料理教室で使ってからずっとコレ。普通のトマト缶より甘味がうんと強くて、とっても美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ナガノトマト

イタリアの畑から あらくつぶしたトマト

ピューレ漬けで調理時間を大幅短縮

ナガノトマトのあらくつぶしたトマトです。イタリアの完熟トマトをカットしてトマトピューレ漬けにしています。一般的なトマト缶はトマトジュース漬けですが、あらくつぶしたトマトはピューレ漬けなので調理時間を大幅に短縮できます

 

原材料はトマトとトマトピューレのみで添加物は一切使用されていません。また、手で開けられる紙容器のテトラ・リカルトを採用しています。テトラ・リカルトはレトルトできる紙容器として知られており、長期保存が可能です。

内容量 390g 形状 カットトマト
原材料 トマト、トマトピューレ 原産地 イタリア

口コミを紹介

ハサミ無しでも開け易く、酸味も少なく食べ易くて調理しやすかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ノルレェイク

完熟カットトマト

自社農園で栽培した質の高いトマトを使用

ノルレェイクの完熟カットトマトです。南イタリアのプーリア州産のトマトを使用しています。メーカーが所有する自社農園で栽培されているトマトを使用しているため、最適なタイミングで収穫することができます。また、加工まで一貫して生産しているので安心です。

 

原材料はトマトとトマトジュースの他にクエン酸が含まれているので酸味が少なくなっています。そのため、酸味が苦手な方でも美味しく食べられます。24缶セットでの販売となっており、1缶当たりの価格は約130円とお買い得です。

内容量 400g 形状 カットトマト
原材料 トマト、トマトジュース、クエン酸 原産地 イタリア

口コミを紹介

他のカットトマト缶よりもトマトの色が濃く、液体が少なく感じます。なのでトマト感がとっても出ていて気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

カークランド Kirkland

有機トマト缶ダイスカット

コストコで人気のトマト缶

KIRKLAND(カークランド)の有機トマト缶ダイスカットです。コストコで販売されている8缶セットのトマト缶で、アメリカのカリフォルニア産の有機トマトが使用されています。

 

トマトの品種はローマトマトで、爽やかな香りと酸味が特徴です。形状はカットトマトですが、トマトの食感がしっかりと残っているという口コミが多く、トマトの代用として使うのをおすすめされています。

 

原材料はトマトとトマトジュースの他に食塩やpH調整剤などの食品添加物が使用されています。有機トマトを使用していますが、1缶当たりの価格は約180円とお買い得です。

内容量 411g 形状 カットトマト
原材料 トマト、トマトジュース、食塩、pH調整剤、塩化Ca 原産地 アメリカ

口コミを紹介

缶切りを使用して開けなくてはならない意外はパーフェクト。有機トマトの良い味で、色々なレシピで活躍しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

フードライナー

ポモドーリ・ペラーティ(ホールトマト)

料理人が選ぶ最良のホールトマト缶

カンポグランデのポモドーリ・ペラーティ(ホールトマト)です。南イタリアのプーリア州産のトマトを使用しています。

 

8月下旬に収穫されるサンマルツァーノ種のトマトの中から、さらに厳選されたトマトのみを使用し、トマトジュースの水分を飛ばして濃度と糖度を上げたソースに漬け込んでいます。そのためコクのある味わいで、料理人が選ぶ最良のホールトマト缶と言われています。

 

ただ、内容量が2500gと多いのでジップロックに入れて冷凍するなど保存方法を考える必要があります。取り扱う店舗によって価格は違いますが、1缶当たり900~1000円前後で販売されており、内容量を考慮するととてもお買い得です。

内容量 2500g 形状 ホールトマト
原材料 トマト、トマトジュース、食塩、クエン酸 原産地 イタリア

口コミを紹介

これまで色々なブランドのホールトマト缶を使ってきましたが、このカンポグランデのホールトマトはひと味違います。コクがあってとても美味しく、自分の腕が上がったような気になります。これに出会ってからは、他のトマト缶は使えなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

光食品

国産有機まるごとトマト

有機栽培の国産トマト使用

光食品の国産有機まるごとトマトです。7月~9月に収穫した有機栽培の国産のトマトを薬品処理せずに手で皮を剥き、トマトジュース漬けにしたトマト缶となっています。トマトだけでなくトマトジュースも有機栽培のトマトを100%使用しています。

 

形状はカットではなくホールですが、大きなトマトは分割されている場合もあるため、缶には不定形と記載されています。

 

原材料は有機栽培の国産のトマトとトマトジュースのみで、食塩や添加物は一切使用されていません。価格は1缶当たり約550円と高めですが、やさしい甘味と酸味が効いたトマトの美味しさは抜群で、安心安全の国産のトマト缶というのも嬉しいポイントです。

内容量 400g 形状 不定形
原材料 トマト、トマトジュース 原産地 日本

口コミを紹介

丸ごとのトマトですが、崩れたものも多少入っています。ジュースも自然な味でどんな料理にも合います。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ストリアネーゼ

有機トマト缶カット

フレッシュな味わいのオーガニックトマト缶

ストリアネーゼの有機トマト缶カットです。イタリアのナポリ近郊にある工場で生産されたオーガニックのトマト缶で、厳選されたサンマルツァーノ種のトマトが使用されています。

 

栽培から加工までを一貫体制で行っており、トマトの新鮮さを保つために収穫から24時間以内に加工に入っています。原材料は有機トマトと有機トマトジュースのみで、食塩やクエン酸などは含まれていません。

 

フレッシュな味わいで甘みも強いので、ロールキャベツやラタトゥイユなどにおすすめです。1缶当たりの価格は約200円となっています。

内容量 400g 形状 カットトマト
原材料 トマト、トマトジュース 原産地 イタリア

口コミを紹介

ほかのものより、甘くて味が濃くて、トマトソースにコクが出ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

フルーティーでさわやかな風味

自然食品を扱う創健社が発売している有機ダイストマト缶です。南イタリアのプーリア州産の有機トマトを使用しており、新鮮さを保つために収穫から24時間以内に加工に入っています。

 

使用しているトマトは完熟したDocet(ドウチェット)という品種のもので、フルーティーでさわやかな風味が特徴です。イタリアではバランスのとれたトマトと言われており、ジュースにしても美味しいと評判です。

 

原材料はトマトとトマトジュースのみで、食塩や添加物は使用されていません。有機トマトを使用しているため1缶当たりの価格は約200~250円とやや高めです。

内容量 400g 形状 カットトマト
原材料 トマト、トマトジュース 原産地 イタリア

口コミを紹介

オーガニックのトマト缶でも、クエン酸添加のものもありますが、こちらはトマトとトマトジュースのみなので、酸味が少なく濃いトマトソースが作れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

加藤産業株式会社

ファインカットトマト

フレッシュな味わいのトマト缶

MUTTIのPOLPA(ポルパ)ファインカットトマトです。細かく刻んだイタリア産のトマトの果肉にトマト果汁を加えたトマト缶となっています。収穫してから24時間以内に加工しているので、味わいがフレッシュです

 

MUTTIでは1kgのトマト缶を作るために新鮮なトマトを5kg使用しています。そして、ファインカット製法という個体が残らないような細かなカットをしているので、短時間で食材と馴染み、味わいも濃厚になります。1缶当たりの価格も約150円とお買い得で、コスパの高いトマト缶と評判です。

内容量 400g 形状 カットトマト
原材料 トマト、トマトジュース、食塩 原産地 イタリア

口コミを紹介

これを使うとあまり手を加えないくてもお店のトマトソースの味になります。それくらいトマト自体が旨い。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

イタリアNo.1のオーガニックブランド

イタリアNo.1のオーガニックブランドであるアルチェネロのトマト缶です。北イタリアのポー川流域にある肥沃な大地で栽培された有機トマトを使用しており、収穫してから10時間以内に加工に入っています

 

そのため新鮮さが保たれており、トマト本来の甘さ、酸味、香り、栄養がそのまま丸ごと詰まったトマト缶となっています。原材料はトマトとトマトジュースのみで、雑味のないトマト本来の美味しさを味わうことができます。

 

酸味が少ないので酸味が苦手な方にもおすすめです。有機トマトを使用しているため1缶当たりの価格は350~400円とやや高めになっています。

内容量 400g 形状 ホールトマト
原材料 トマト、トマトジュース 原産地 イタリア

口コミを紹介

おいしいトマトソースができました。煮込み料理が得意料理になりそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

トマトだけで驚きの濃厚さ

カゴメの濃厚あらごしトマトです。トマト缶とトマトピューレの中間のような商品で、南ヨーロッパ産の完熟トマトのみ使用しています。

 

トマトだけで驚きの濃厚さを実現しており、また糖度14の贅沢な甘さとコクのある味わいも魅力です。甘みが強くて酸味が少ないので、トマトの酸味が苦手だという方でも美味しく食べられます。

 

ラタトゥイユやパスタなどにおすすめで、いつもの料理が格別な美味しさになると評判です。1缶当たりの価格は約200円となっています。

内容量 295g 形状 あらごし
原材料 トマト 原産地 イタリア

口コミを紹介

とても濃厚で美味しい。いろいろ使っていますが、今までで一番美味しいトマト缶です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

モンテ物産(株)

モンテベッロ  有機ホールトマト オーガニック

厳しい基準をクリアしたオーガニック製品

モンテベッロの有機ホールトマトです。肉厚で酸味の少ないイタリア産の有機栽培の完熟トマトを湯剥きして、裏ごしした有機栽培のトマトのピューレに漬け込んでいます。

 

モンテベッロのトマト缶は厳しい基準をクリアしてオーガニック認定を受けており、また原料となるトマトの手配から製品に至るまでの全て過程を国内業者の仕様書に基づいて厳しく品質管理を行っているので安心です。

 

原材料は有機トマトと有機トマトジュースの他にクエン酸が含まれています。有機トマトを使用していますが、1缶当たりの価格は約150円とお買い得で、コスパの高いトマト缶となっています。

内容量 400g 形状 ホールトマト
原材料 トマト、トマトジュース、クエン酸 原産地 イタリア

口コミを紹介

我が家の常備品でいつもリピしています。収穫時期によって旨みにバラツキがありますが、トマトソースには欠かせません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

キッコーマン食品

完熟カットトマト

安くて美味しいデルモンテのトマト缶

デルモンテの完熟カットトマトです。イタリア産の完熟トマトの皮を湯剥きしてトマトピューレに漬け込んでいます。トマトジュースではなくトマトピューレに漬け込んでいるので調理時間を大幅に短縮できて便利です。

 

デルモンテは「太陽を、おいしさに」をスローガンに掲げるグローバルブランドで、世界80カ国以上で販売されています。日本では1963年にキッコーマンと提携しており、日本の風土に合わせた品種改良、栽培、収穫を続けています。

 

そんなデルモンテのトマト缶は甘みと酸味のバランスが良くて美味しいと評判になっています。また、最近は缶だけでなく紙容器のタイプも発売されており、簡単に捨てらて便利だと好評です。1個当たりの価格も約170円とお買い得で、コスパの高いトマト缶と言われています。

内容量 388g 形状 カットトマト
原材料 トマト、トマトピューレ、クエン酸 原産地 イタリア

口コミを紹介

カレーやハヤシライス、トマト煮込みにスープなどなど、幅広く重宝してます。缶より処分しやすく助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

オーバーシーズ

ラ・プレッツィオーザ

そのまま食べても美味しいコスパ最強のトマト缶

コーヒーと輸入食品を扱うKALDI(カルディ)の看板商品であるラ・プレッツィオーザです。トマトの名産地として知られるイタリアのカンパーニャ地方で獲れた高品質のトマトのみを使用したトマト缶となっています。

 

ラ・プレッツィオーザのトマト缶の最大の魅力はそのまま食べても美味しいということ。塩とオリーブオイルをかけるだけで、レストラン並みの料理になると評判です。また、料理の隠し味としても使えます。

 

取り扱う店舗によって価格は違いますが、1缶当たり約100~200円とお買い得で、コスパ最強のトマト缶と言われています。

内容量 400g 形状 ホールトマト
原材料 トマト、トマトジュース、酸味料 原産地 イタリア

口コミを紹介

ほんとにトマトが丸ごと水煮になって入っています。姿煮。煮込みに使うには、潰すのが大変かもしれません。酸味が強すぎるとかもなく、味は美味しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

トマト缶のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6766307の画像

    オーバーシーズ

  • 2
    アイテムID:6766304の画像

    キッコーマン食品

  • 3
    アイテムID:6796515の画像

    モンテ物産(株)

  • 4
    アイテムID:6766298の画像

    カゴメ

  • 5
    アイテムID:6766295の画像

    日仏貿易

  • 6
    アイテムID:6766292の画像

    加藤産業株式会社

  • 7
    アイテムID:6766289の画像

    創健社

  • 8
    アイテムID:6766286の画像

    ストリアネーゼ

  • 9
    アイテムID:6766283の画像

    光食品

  • 10
    アイテムID:6766280の画像

    フードライナー

  • 11
    アイテムID:6766277の画像

    カークランド Kirkland

  • 12
    アイテムID:6766274の画像

    ノルレェイク

  • 13
    アイテムID:6766271の画像

    ナガノトマト

  • 14
    アイテムID:6766268の画像

    モンテ物産

  • 15
    アイテムID:6766265の画像

    トマトコーポレーション

  • 商品名
  • ラ・プレッツィオーザ
  • 完熟カットトマト
  • モンテベッロ  有機ホールトマト オーガニック
  • 濃厚あらごしトマト
  • 有機ホールトマト
  • ファインカットトマト
  • 有機ダイストマト缶
  • 有機トマト缶カット
  • 国産有機まるごとトマト
  • ポモドーリ・ペラーティ(ホールトマト)
  • 有機トマト缶ダイスカット
  • 完熟カットトマト
  • イタリアの畑から あらくつぶしたトマト
  • ダッテリーニトマト
  • カットトマト
  • 特徴
  • そのまま食べても美味しいコスパ最強のトマト缶
  • 安くて美味しいデルモンテのトマト缶
  • 厳しい基準をクリアしたオーガニック製品
  • トマトだけで驚きの濃厚さ
  • イタリアNo.1のオーガニックブランド
  • フレッシュな味わいのトマト缶
  • フルーティーでさわやかな風味
  • フレッシュな味わいのオーガニックトマト缶
  • 有機栽培の国産トマト使用
  • 料理人が選ぶ最良のホールトマト缶
  • コストコで人気のトマト缶
  • 自社農園で栽培した質の高いトマトを使用
  • ピューレ漬けで調理時間を大幅短縮
  • 南イタリア産の完熟ダッテリーニトマト
  • ナポリ地方で獲れた太陽の恵みたっぷりのトマト
  • 価格
  • 216円(税込)
  • 1018円(税込)
  • 3780円(税込)
  • 217円(税込)
  • 326円(税込)
  • 148円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 4925円(税込)
  • 520円(税込)
  • 894円(税込)
  • 1383円(税込)
  • 3041円(税込)
  • 778円(税込)
  • 270円(税込)
  • 2500円(税込)
  • 内容量
  • 400g
  • 388g
  • 400g
  • 295g
  • 400g
  • 400g
  • 400g
  • 400g
  • 400g
  • 2500g
  • 411g
  • 400g
  • 390g
  • 400g
  • 400g
  • 形状
  • ホールトマト
  • カットトマト
  • ホールトマト
  • あらごし
  • ホールトマト
  • カットトマト
  • カットトマト
  • カットトマト
  • 不定形
  • ホールトマト
  • カットトマト
  • カットトマト
  • カットトマト
  • ホールトマト
  • カットトマト
  • 原材料
  • トマト、トマトジュース、酸味料
  • トマト、トマトピューレ、クエン酸
  • トマト、トマトジュース、クエン酸
  • トマト
  • トマト、トマトジュース
  • トマト、トマトジュース、食塩
  • トマト、トマトジュース
  • トマト、トマトジュース
  • トマト、トマトジュース
  • トマト、トマトジュース、食塩、クエン酸
  • トマト、トマトジュース、食塩、pH調整剤、塩化Ca
  • トマト、トマトジュース、クエン酸
  • トマト、トマトピューレ
  • トマト、トマトジュース、クエン酸
  • トマト、トマトジュース、食塩、酸味料
  • 原産地
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • 日本
  • イタリア
  • アメリカ
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア
  • イタリア

トマト缶を使ったレシピをご紹介

トマト缶を使ったレシピはさまざまあります。代表的なものを紹介します。

パスタソースやグラタンなどのイタリアン料理に

王道ですが、トマト缶はイタリア料理素作る際には欠かせないものです。パスタソース、グラタンにも使えるミートソース、またピザのトマトソースにも使える事ができます。

トマトスープにもおすすめ

トマト缶ではさまざまなスープが作れます。例えば、代表的なものだとトマトのミネストローネスープですが、その他にもトマトとかきたまのスープやトマトの冷製スープなどさまざまです。

 

トマトは合う具材が多いので、トマト缶を使ってさまざまな野菜や具材と一緒に調理をしてスープを作る事ができます。

カレーや炒め物の料理にも

トマト缶はカレーや炒め物の料理にも使う事ができます。ルーで作らないインドのバターチキンカレーのようなスパイスなどのカレー粉から作るカレーにはトマト缶は必須です。またチキンのトマト煮込みなどのお肉の煮込み料理にも大活躍します。

まとめ

今回は味、価格、口コミによる評価を重視してトマト缶のおすすめランキング15選を紹介しました。トマト缶はさまざまな料理に使えて保存も効く万能アイテムなので、今回の記事を参考にしながらお気に入りの商品を見つけて下さい。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

化粧水
【バリスタ監修】通販で販売しているコーヒー豆の人気おすすめランキング14選

【バリスタ監修】通販で販売しているコーヒー豆の人気おすすめランキング14選

茶葉・インスタントドリンク
久世福商店の人気おすすめランキング32選【こだわりのご飯のお供やギフト用も紹介】

久世福商店の人気おすすめランキング32選【こだわりのご飯のお供やギフト用も紹介】

その他食品
メンズ香水の人気おすすめランキング34選【パルファンスタイリストが厳選】

メンズ香水の人気おすすめランキング34選【パルファンスタイリストが厳選】

香水・フレグランス
【2021年最新版】高級チョコレートの人気おすすめランキング22選【本当に美味しいチョコレート】

【2021年最新版】高級チョコレートの人気おすすめランキング22選【本当に美味しいチョコレート】

菓子・スイーツ
【美容ライター監修】スタイリング剤の人気おすすめランキング20選【市販の人気商品も!】

【美容ライター監修】スタイリング剤の人気おすすめランキング20選【市販の人気商品も!】

ヘアケア・スタイリング用品