ハイセンステレビの口コミ・評判を調査!壊れやすい?寿命は?デメリットも解説

海外メーカーのテレビは壊れやすいイメージがありますが、ハイセンスの最新テレビは性能もよくサイズも幅広くあります。実際ハイセンステレビの品質や寿命などが気になりますよね。今回はハイセンステレビの口コミ・評判や選び方やおすすめ商品を紹介します。

ハイセンステレビの評判はいい?買ってみた方の口コミも紹介!

テレビを購入するとき、海外メーカーは安くて壊れやすいから国産メーカーが良いと思いますよね。特に海外メーカーのハイセンステレビは安い印象があります。しかし、ハイセンスは安くても保証がしっかりしているため評価が高いんです。

 

ハイセンスは液晶テレビ・家庭電化製品・モバイル通信の世界的な企業として認知されています。東芝映像ソリューションを傘下に入れて、東芝レグザの技術を用いたテレビを販売しているのです。また、性能もよく40~75型と幅広いサイズもあります。

 

今回は、ハイセンステレビの特徴や口コミ・評判、メリット・デメリットさらには人気のおすすめ商品や選び方についてご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

ハイセンステレビの特徴

ハイセンステレビは、安くてもたくさんの魅力的な機能が備えられています。ここでは、そんなハイセンステレビの特徴を見ていきましょう。

値段が安く有機EL・4Kテレビもお手頃価格で買える

ハイセンスからはハイビジョンテレビから4Kテレビ・有機ELテレビまで幅広いテレビが販売されています。その全てが高機能テレビですが安い値段で購入可能です。国産メーカーの半額以下で販売されている場合もあります。

 

東芝を傘下に入れて”レグザエンジン”を搭載してからは、画質も向上しコスパも良くなりました。低価格なのに高品質なテレビとして大注目のハイセンステレビです。HD2K の下位モデルならば40インチでも4万円を切るお手頃価格のものもあります。

きれいな映像や音楽を楽しめる高い機能性

”エグザエンジン”が進化した”NEOエンジン"という映像処理エンジンが開発され、AIテクノロジーのよる高画質処理が可能になりました。また、倍速パネル・フレームで残像感の少ないなめらかな映像を映し出します。

 

シーンごとに映像を最適化し自然なコントラストと鮮明な色を移すだけではなく高音質サラウンドシステムで映像と音の臨場感も楽しめるようになりました。また、機種によっては”低遅延ゲームモード”も搭載されゲーム好きも満足できます。

壊れやすいかどうかや耐久性が気になっても3年保証付きで安心 

海外メーカーは壊れやすい上に、保証が乏しいというイメージがありますがハイセンステレビには、購入日から3年間保証が付いています。買った経験のないメーカーのテレビは耐久性が分からなく不安になりますが、3年も保証が付いていれば安心です。

 

また、サポート体制も充実していて画像が映らないなどのトラブルにもしっかり対応しています。ただし、リモコンの保証は1年間だけなので気を付けましょう。リモコンはよく使うので故障する場合もありますが、テレビとは保証期間が違います。

ハイセンステレビの良い口コミ・評判

良い口コミ・評判①

素人ですが。
5
年齢非公開
性別非公開
文句のつけようがないくらい素晴らしいです。you tubeアマゾンプライムビデオはもちろん地デジがきれいです。
共に耳が遠くなった妻が音がよく聞こえるようになったと喜んでくれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

画質が素晴らしいだけでなく、音も聞こえやすいという口コミです。youtubeは4k画質で撮影されていないですし、アマゾンプライムも4k対応のものは少ないですが、きれいに画像解析して高画質に映し出せるハイセンステレビの技術は凄いものがあります。

良い口コミ・評判②

5つ星のうち5.0 疲れずに見ていられる
5
年齢非公開
性別非公開
12年前の亀山モデル52型からの買い替えだったので、見慣れたCMまでも新鮮に見えます。店頭で液晶と何回も見比べましたが、液晶の過ぎるほどの明るさに対して有機ELは色に深みがあって落ち着いています。カメラで言えば富士フィルム的な印象を持ち有機ELを選びました。
びっくりしたのが画質を落として録画していたテレビドラマを綺麗に再生してくれたことです。

出典:https://www.amazon.co.jp

海外メーカーに不安があったけど、映像に深みがあり綺麗だったという口コミです。画質を落として録画したものもきれいに再生され、音も高音質なようで、ハイセンスの有機ELテレビは高品質と評価が高くなっています

良い口コミ・評判③

テレビはこれでいいのだ!
5
年齢非公開
性別非公開
10年以上前のAQUOS46インチからの買い替えです。60インチ以上、倍速パネルで各メーカー検討しました。決め手は価格の安さです。初期不良は無し、画質はとても綺麗です。音も自然でクリアだし、65インチは大迫力、壁掛けにしたので周りはスッキリ、機能も隔世の感があります。日本のメーカーがメイドインジャパンに胡坐をかいてるあいだに韓国、中国にどんどんシェアを奪われてる意味がわかりました。家電屋さんでいくら重箱の隅をつつくように比較しても、自宅に置くと比較対象がないので気になりません。私はアマゾンで148000で購入しましたが、この性能でこの価格は正義です。しかも価格はまだまだこれから下がっていくでしょう。あとは耐久性ですが3年保証が付いています。ほかのメーカーは皆1年保証が一般的なので故障しない自信があるのかな?いい買い物をしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

65型U8Fを購入された方の口コミです。価格も安く、機能性のも飛んでいると大満足されています。65型の4K壁掛けテレビが148,000円というのは、かなりリーズナブルです。Amazonでの通販でも保証が3年あると安心できます。

ハイセンステレビの悪い口コミ・評判

悪い口コミ・評判①

初期不良が発生しましたが、メーカーの対応が素晴らしい
4
年齢非公開
性別非公開
購入から1か月以上たったころ、画面に10cm位の暗い部分があることを発見した。多分、液晶の背面にあるLEDの明るさが部分的に一定ではないと推定され、初期不良だと思い、メーカーにてクレームを送りました。2日後、暗くなっている画像を送るようにメールで連絡が来たので、送ったところ、翌日、電話で商品を交換修理するとの連絡があり、数日後の交換修理日程を提示されました。交換修理当日、委託された業者が来られ、最初に問題の部分を確認後、新品交換をしていただきました。とても素早い対応で、大変満足しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

購入後1ヶ月で画面に暗いところが見つかり、初期不良だとメーカーにクレームを送ったという口コミです。すぐにメーカーに対応してもらえ、暗くなっている画像を送ると交換修理されその対応に満足されています。不具合にすぐ対応してもらえるのは心強いです。

悪い口コミ・評判②

必要十分
4
年齢非公開
性別非公開
[画質]きれいです。光度がまあり下げられずちょっと眩しい。Amazonビデオをよく視聴しますが映りが良いです。
[機能]問題なし。国産との違いはもはやありません。録画もレコーダーが不要になりました。
[音質]スピーカーはしょぼい。音声が聞き取りづらい。別途アンプにつなげています。

65インチ9万円で4kチューナ、Amazonビデオが搭載されているので文句なし。
高価な国産テレビはもはや必要ないかも…

出典:https://www.amazon.co.jp

4Kチューナー内蔵液晶テレビを購入し視聴したところ、音質が良くなかったという口コミでです。画質や機能は満足されているので、音質にこだわる方は、音質を良くするために別のスピーカーを置くなどの工夫をしてみましょう。

ハイセンステレビのQ&A

ハイセンスのテレビは壊れやすい?寿命は?

専門家の画像

専門家

ハイセンスに限らず海外メーカーといえば「壊れやすい、すぐに故障する」というイメージは強いかもしれませんが、それは30年前のブラウン管テレビの時代のことです。一般的な液晶テレビは7~10年の寿命と言われています。また、多くのメーカーは保障期間が1年間なのに対しハイセンスは3年とあるのでハイセンスがテレビの品質に自信を持っていると考えられます。

ハイセンスはどこの国のメーカー?ハイセンスの電化製品の評判はどう?

専門家の画像

専門家

1969年に中国で設立された、総合家電メーカーです。冷蔵庫や洗濯機から、エアコンやテレビ・オーディオ機器まで取り扱っています。2017年に東芝映像ソリューション、その後”gorenje(ゴレニア)”というヨーロッパでもトップクラスの家電メーカーを傘下に入れてグローバル化をすすめ、世界的な家電メーカーとなりました。安くて高品質だと良い評判が多いですが初期不良や耐久性に不安があるという悪い評判もあります。

ハイセンスのテレビを少しでも安く買うには?

専門家の画像

専門家

いつも利用しているECサイトがありますが、大きな買い物なので他のショップと見比べて最安値を探します。このときに気をつけて見て欲しいのがショップによって長期保証やリサイクル料がセットになっていたりポイントバックが多かったりと価格に含まれているサービスです。実際の価格が高くても、保証やポイントで何千ポイントと帰ってくると最終的に安くなることもあります。また、家電量販店でも決算セールや型落ちを探すことです。

ハイセンスのテレビはどこで買える?

専門家の画像

専門家

Amazon・楽天・Yahoo・ヤマダ・ヨドバシ・ビッグカメラのようなECサイトや、家電量販店で販売されています。もちろん、メーカー公式からも購入できネットでも実物を見てからでも購入可能です。

多機能で高評価!ハイセンステレビのメリット

ハイセンステレビの一番大きなメリットは多機能で高品質なのに低価格な点です。レグザエンジンを搭載して高画質を実現し、良くないと言われていた音質も改善されました。4Kチューナー内蔵の43型テレビが5万円以下で購入できます。

 

2つ目はAmazonプライムやYoutubeなどの動画配信サービスや、低画質で録画した番組も4K画質で見れる点です。またゲームする方向けに高評価な低遅延ゲームモードも搭載され、格闘ゲームでも思う通りに動かせてストレスがありません。

 

3つ目はメーカー3年保証がついている点です。電化製品は1年保証が基本で、その後の長期保証は別料金でつけるのが普通なので、無料で付いているのは安心できます。ただ、リモコンは1年保証なので気を付けましょう。

ハイセンステレビのデメリット

ハイセンステレビのデメリットは、一般的な電化製品や液晶テレビについても言われているようなことです。例えば初期不良・画面の4隅が黒っぽい・正面から見ないと画面が白っぽく見えるなどですが、これはどのメーカーでも変わりません。

 

強いて言えばハイセンステレビにしかないというメーカー独自の機能や技術がないことです。”音がすごいビエラ”や”画音一体”のSONYのようなメーカーの売りになる点がありません。そうのような機能がないので低価格販売に繋がっています。

 

ほかには、リモコンの文字が小さいとの声がありました。これは使う方の慣れにもよるので、使っているうちに解消されていく場合が多いです。

ハイセンステレビを選ぶポイント

ハイセンステレビには、下位モデルから上位モデルまで多種多様なテレビが販売されています。ここでは、選び方をご紹介します。

サイズで選ぶ

ハイセンステレビには、24型から75型までの画面サイズがラインアップされています。部屋の大きさに合わせて選びましょう。

広いリビングに設置するメインテレビには「65~75型」がおすすめ

リビングルームのように家族が集まる部屋は、おおよそ10畳ぐらいです。10畳以上ならば65~75型以上をおすすめします。65V型ならば視聴距離は約1.2m~になっているので、テレビの前においてあるソファや椅子に座ってみるのにぴったりです。

 

また、4Kテレビには大きなサイズしかありません。小さくても43V型しかなく高画質でテレビを楽しみたいのならば大きな画面のものを選びましょう

寝室など狭い部屋用のサブテレビには「32~40型」がおすすめ

視聴距離が1m以下になるのならば43V型以下のテレビがおすすめです。昔から20型前後の小さいテレビを使っていた寝室などのプライベートルームに置くのならば、さらに小さいサイズを置いても十分楽しめます。

 

また、サブテレビならば低価格のテレビを探す方も多いです。40V型以下はフルハイビジョンの液晶テレビなのでかなりリーズナブルになっています。特に32v型はハイビジョンより2倍きれいな2K画質のものでも3万円以下なためコスパが良いです。

解析度で選ぶ

ハイセンステレビには3種類の解析度のテレビがラインアップされています。自分が欲しい画質のものを選びましょう。

高画質で見るのならば「4K」がおすすめ

4kはハイビジョンの4倍の解析度があり横1920×縦1080画素まで表示できます。画素数が多いと1つ1つの画素面積が狭く、大画面でも高画質で見られるというのが特徴です。4Kで視聴するにはチューナーが必要でハイセンスには内蔵されている物もあります。

 

4Kは画素数が小さいため視聴距離が短めでもきれいな映像が楽しめます。しかも、ハイセンスなら43V型でも5万円~販売されているので、自室や寝室などのサブテレビとしても選択肢に入れるのが可能です。

画質にこだわらないならば「2K」がおすすめ

2Kとはフルハイビジョンのことで今の地デジ放送が2K画質となり、横1920×縦1080画素まで表示できます。今まで自宅でテレビを見ていて、画質に不満がなければ価格も安い2K画質がおすすめです。

 

ハイセンステレビにはそれより解析度の低いハイビジョンテレビも販売されています。ただし、2K以下のテレビには大画面のラインアップはありません。価格も昔のように大差はないので、予算に余裕があり長く使うのならば43V型の4Kでも良いです。

パネルで選ぶ

ハイセンステレビには有機ELパネルと液晶パネルを使用したものがあります。画質も価格も違うのでしっかりチェックしましょう。

高コントラストで鮮やかな映像ならば「有機EL」がおすすめ

有機ELディスプレイは明るさを高いコントラストで再現し、肉眼で眺めているようなリアルな映像を楽しめます。バックライトを使用せずに自然光デバイスなので、画面全体美しい画像です。

 

また、冷却インナープレートを採用しガンマ特性の補正に加えて輝度特性の独自チューにニングを行い、より高いコントラスト感を実現しています。ただ、寿命は液晶パネルの半分ぐらいと短寿命です。

寿命が長い!コスパよく高画質を楽しむなら「液晶パネル」がおすすめ

ハイセンステレビは、有機ELパネル使用のテレビのほかはすべて液晶パネルを使用しています。正面から見ないとぼやけて見える・4隅が暗い欠点もありますが、4K画質ならば十分美しい映像です。寿命が長く、コスパも良くなっています。

 

ハイセンスは”A50 ”シリーズのみですが斜めの角度から見てもぼやけて見えず美しい映像を映すIPSパネルを搭載しています。”A50”は2K テレビですが大人数で性能を気にしない方にはおすすめのテレビです。

機能で選ぶ

ハイセンステレビには、機能がシンプルなものからたくさん付いているものまであります。人気の機能についてご紹介しますので、選ぶ参考にしてください。

画質にこだわるならば「レグザエンジン」搭載がおすすめ

ハイセンステレビで画質が良い機種には、東芝レグザエンジンをもとに開発された”レグザエンジンNEO"が搭載されています。このエンジンによってノイズ処理と高画質化の処理を行っているので4Kテレビにはほとんど搭載済みです。

 

最新モデルのエンジンを搭載しているものが一番高画質になっています。最新モデルの”レグザエンジンNEO plus"は、BS・CSの4K放送をより美しくリアルな高画質で、ノイズやちらつきを抑えた映像処理行えるようになりました。

 

”レグザエンジンNEO"を搭載しているのは”4K有機ELテレビシリーズ""4K  ULEDシリーズ""4K SMARTシリーズ””HD SMARTシリーズ”です。

ゲームをするならば「低遅延ゲームモード」付きがおすすめ

テレビの遅延は、ボタンが押されて端子を通してパネルに入力されるまでの時間と画面のドットの色が変化するまでの時間”応答速度(ms)”によって大きく変わります。ゲームをする方ならば、最少のものを選びたいでしょう。

 

激しい動きのあるゲームでは”1ms以下”、ほかのゲームならば”5~10ms”が目安です。ハイセンステレビには”低遅延ゲームモード”が搭載されている機種があります。例えば"U7F”は最少遅延が0.83msと驚異的な早さです。

コンパクトに4Kテレビを楽しみたいなら「4Kチューナー内蔵」がおすすめ

せっかくテレビを買い換えるのならば、4K対応のテレビを購入したいでしょう。普通に4K対応テレビを購入しても別に4K対応チューナーも揃えないと4K放送は見られません。薄型テレビを購入してもチューナーを外付けすると台無しです。

 

そこで2つも機器を置きたくない方は4Kチューナー内蔵テレビがおすすめです。チューナーを内蔵しているので別に用意する必要はありません。アンテナ線をつなぐだけで4K 放送が楽しめます。

 

ハイセンステレビでは"4K有機ELTVシリーズ”"4K  ULEDシリーズ""4K SMARTシリーズ”が4Kチューナー内蔵です。

動画配信を楽しむなら「動画配信(VOD)・ブルートゥース機能」つきがおすすめ

VODとは、見たいときにさまざまな映像コンテンツを視聴できるサービスでAmazonプライムやNetflixのような定額型のサービスです。このサービスに対応しているテレビならばチャンネルを合わせて設定しておけば見たいときに大画面で楽しめます。

 

テレビを選ぶ際に自分が加入しているサービスが対応しているかどうか確認しましょう。高価格のものはたくさんのサービスに対応していますがリーズナブルなものには数種類のものしか対応していません。

 

リモコンにも対応ボタンがついていたり視聴しやすくなっています。スマホやPCなどの小さい画面より高画質な大画面で楽しめるテレビがおすすめです。またブルートゥース機能があれば、スマホなどと接続して大画面で映像を楽しめます。

コスパ良く高画質の映像を見るのなら「ULED」がおすすめ

高画質の映像が見たくても、有機ELパネルのテレビは高価なものが多くて手が出にくいです。ハイセンスは”有機ELと同じぐらいの画質で低価格なもの”をコンセプトとして”ULED"を開発しました。

 

ローカルディミングplusの技術を使い、従来の液晶画面を照らすバックライトをエリアごとに分割して直下型にし、分割数も大幅にアップさせることでより明るく高コントラストに進化しています。薄さも有機ELとほぼ変わらず価格ダウンに成功しました。

購入後のトラブルを防ぐなら「保証内容」を確認しよう

2015年8月以降に購入したハイセンステレビにはすべて3年間のメーカー保証がついています。わざわざプラス料金を払わなくても、しっかり保証がついているので安心です。リモコンには1年保証だけついています。

 

購入する際に、そのショップの対応はチェックしたほうがいいです。ショップが対応してくれるのか直接ハイセンスの窓口に応対してもらえるのか確認しましょう。うまく交渉できないとせっかくの保証が受けられない場合もあります。

 

また、保証を受けるときに購入日時を証明できる証票が必要です。なければ保証対象外になるので、しっかり保証書とともに保管しておきましょう。

ハイセンステレビのおすすめ6選と口コミ・評判

美しい高画質を実現!低遅延でゲームにもおすすめ

東芝と共同開発の「NEOエンジンLite」を搭載したモデルで、美しい高画質を実現しています。4Kはもちろんですが、地上波放送や衛星放送もきれいに見えるので、さまざまな映像を楽しみたい方はぜひチェックしましょう。

 

ネット動画にも強く、ノイズの少ないクリアな映像が楽しめます。低遅延なので、ゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

画面タイプ 液晶 画質 4K
チューナー BS 4K・110°CS 4K ×1・地上デジタル ×2・BS・CS110°デジタル ×2 エンジン NEOエンジンLite
VOD Netflix / YouTube / Amazon Prime Video / AbemaTV / hulu / dTV / U-NEXT / DMM.com / スカパー! on demand / TSUTAYA TV / Rakuten TV / Paravi

とても綺麗に映ってます。フルHDでも何一つ不満はありませんでしたが、やはり最新のものは綺麗です。当然ながら地上波は4Kではないのですが、NEOエンジンのおかげ?でくっきりはっきりと映ります。色ムラやドット抜けもありませんでした。ベゼルレスも最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

Netflix、Amazonプライムビデオをよく利用して見てます。大手メーカーのTVより断然コスパ良し。

出典:https://www.amazon.co.jp

さまざまなコンテンツが高画質で見れる!ダイレクトボタンも便利

好きなコンテンツを好きなだけ楽しめるテレビです。Amazonプライム・Netflix・Hulu・abemaTV・YouTubeなどはリモコンにダイレクトボタンが付いているので、ワンタッチですぐに繋げられます。

 

4Kで培った高画質処理技術にプラスして、AIネット映像高画質処理で、低解像度から高解像度のコンテンツまでさまざまな映像が高画質で見られます。

画面タイプ 液晶 画質 2K
チューナー 地上デジタルチューナー数×2 BS・CS4Kチューナー数×2 エンジン NEOエンジン2Ksmart
VOD Netflix/Amazon Prime Video/Disney+/Youtube/Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/ Rakuten TV/Paravi/DMM.com/SPOOX

高画質で高コスパと評価も高い!耐久性が良く寿命も長く使える

NEOエンジン 2020”を搭載し見やすく高画質でテレビを楽しめます。高輝度のLEDを素早く点滅させることで液晶映像の残像感を低減し動きのあるシーンもくっきりした映像です。音質も臨場感あるれる音質で美しい映像とともに見られます。

 

低遅延ゲームモードも搭載しており薄型で壁掛けテレビとしても使えます。耐久性が良く、寿命も長く使えると高評価です。

画面タイプ 液晶 画質 4K
チューナー BS 4K・110°CS 4K ×1 ・ 地上デジタル ×3 ・ BS・CS110°デジタル ×3 エンジン NEOエンジン2020
VOD Netflix/Youtube/Amazon Prime Video/hulu/Abema TV/U-NEXT/スカパー! on demand/DMM.com/acTVila/ひかりTV 4K/TSUTAYA TV/Dtv/Rakuten TV/Paravi
レグザ32インチから買換え
5
年齢非公開
性別非公開
操作性殆ど同じで問題無し、画像も自動だと私には少し明るいが設定が細かく出来るので問題ない。
音も好みに設定できるので良いです。調整しないで各設定そのまま(自動)だと自分の好みと違う場合あると思う。画面大きさもすぐに慣れた。

出典:https://www.amazon.co.jp

良い買い物
4
年齢非公開
性別非公開
10年前のREGZAからの買い替え。初4Kは素晴らしく綺麗。画像の設定により見え方がかなり変わるで、気になる時は気になる。地デジの画面が若干白っぽくみえるが、気になるほどではないHDD.DVDレコーダーの接続も問題なく使用可能。

出典:https://www.amazon.co.jp

さまざまな動画を高画質処理できる40型テレビ

気になる番組も同時に2番組見れる2画面表示機能があり、録画しなくても両方を楽しめます。おすすめコンテンツや画面のカスタマイズ機能など搭載されていて見やすいのもポイントなので、ぜひチェックしてみましょう。

 

また、低遅延ゲームモードで判定がシビアなFPSや格闘ゲームを快適にプレイできます。そのほかには、AIネット映像高画質処理によって、ネットの動画やVODコンテンツなどさまざまな動画を高品質に再現可能です。

画面タイプ VAパネル 画質 1080P
チューナー BS×2・110度CS×2・地上デジタル×2 エンジン NEOエンジン 2Ksmart
VOD Netflix/Amazon Prime Video/Disney+/Youtube/Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/ Rakuten TV/Paravi/DMM.com/SPOOX

リモコン操作も問題ありません。YouTube観たり、Amazonプライム観たり、映像も音質も違和感ありません。リモコンに付いてるボタンは、Netflix、YouTube、Amazonプライム、Hulu、AbemaTV、U-NEXTの6つですが、ホーム画面からdmm動画やディズニー等も観れます!

出典:https://www.amazon.co.jp

・テレビを見る機会が出てきたので購入したが満足。prime videoやyoutubeも4Kの高画質で見れるものもありテレビ以外で使用する分にも満足している。

出典:https://www.amazon.co.jp

故障しづらい!最新の75V型壁掛けテレビ

画面の外枠がほとんどないノンベゼルテレビで、迫力のある画面が楽しめます。極上の4K画質で2K信号の映像も4K画質にしていつもの番組もより美しく映し出されAIネット映像高画質処理で最適な映像処理をされるのでVOD画像もきれいです。

 

低遅延ゲームモード搭載なので格闘ゲームのような激しいゲームでも高画質で楽しめます。また斜めから見ても色褪せないADSパネルを採用しているので、部屋のどこからでも美しい画面が見れるようになりました。

画面タイプ 液晶 画質 4K
チューナー ‎BS 4K・110°CS 4K ×1 ・ 地上デジタル ×2 : BS・CS110°デジタル ×2 エンジン NEOエンジンLite
VOD Netflix/Youtube/Amazon Prime Video/Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/DMM.com/スカパー! on demand/TSUTAYA TV/Rakuten TV/Paravi
ネット対応に満足
5
年齢非公開
性別非公開
テレビではニュースと天気予報以外を見ることがなかったのですが、YouTubeとAmazon prime videoに対応しており、従来、スマホやタブレットで見ていた動画を50インチのサイズで見られるのにとても満足しました。子供達も喜んでいますい。

出典:https://www.amazon.co.jp

日本ブランドと比べて全く遜色ありません。
5
年齢非公開
性別非公開
リビングには同じ大きさの国産P社品、事務所にはやはり国内ブランドのT社品がありますが、こちらのハイセンスのほうが機能も充実、なぜかマニュアルも丁寧で本当に感心します。アマゾンプライムの映画視聴もワンタッチでできて動画サイトやWifiとの接続もすぐにできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

NEOエンジン2020 plus搭載・有機ELパネルで映像がよりリアルに

東芝と共同開発により進化したNEOエンジン2020 plusを搭載したモデルです。観やすさを重視した鮮やかな高画質なので、スポーツやライブ映像など、はっきりと観たい映像がよりリアルに楽しめます。

 

また、有機ELパネルなので、明暗のコントラストが豊かに再現されています。肉眼で見ているかのような映像を楽しめるので、画質にこだわる方はぜひ検討してみてください。

画面タイプ 有機EL 画質 4K
チューナー ‎BS 4K・110°CS 4K ×1・地上デジタル ×3・BS・CS110°デジタル ×3 エンジン NEOエンジンplus 2020
VOD Netflix・YouTube・Amazon Prime Vide・ AbemaTV・Hulu・dTV・U-NEXT・DMM.com・スカパー! on demand・TSUTAYA TV・Rakuten TV・Paravi・ひかりTV 4K・acTVila・Rakuten TV・Paravi

「黒」が真っ黒で、画質がとても良い。大きさも丁度いい具合で、ホームシネマを存分に楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

文句のつけようがないくらい素晴らしいです。you tubeアマゾンプライムビデオはもちろん地デジがきれいです。
共に耳が遠くなった妻が音がよく聞こえるようになったと喜んでくれています。

出典:https://www.amazon.co.jp

50型と65型の間で見やすい!ブルートゥースでスマホの映像を楽しめる

有機ELの55型テレビです。「NEOエンジンplus 2020」搭載で、観やすさを重視した鮮やかな高画質を追求高精細な4K画質をどこまでもリアルに表現しますのでチェックしましょう。疾走感あるシーンも残像が少ないクリアな映像で楽しめます。

 

AIネット映像高画質処理技術で動画配信サービスごとに高画質化し、奥行きのある音響とともにまるで映画館にいるような感覚です。低遅延ゲームモードも搭載されています。

画面タイプ 有機EL 画質 4K
チューナー BS 4K・110度CS 4Kチューナー×1・地上デジタルチューナー×3・BS・CSデジタルチューナー×3 エンジン NEOエンジンplus 2020
VOD YouTube/Netflix/Amazon Prime Video/U-NEXT
今のところ満足
5
年齢非公開
性別非公開
今までPanasonicにプラズマTVを使っていたのですが、有機ELにして正解でした。やはり前回も液晶には不満がありプラズマにしたのですが、有機ELは発色も良く、どの角度からも綺麗に見えます。コスパが良すぎるので心配していましたが、今のところ不満はありません。あとは耐久性がどうかだと思います。ちなみにPanasonicのプラズマは15年持ちました。

出典:https://www.amazon.co.jp

有機ELがとても良いです
5
年齢非公開
男性
有機ELで画質も良く コストも低く、良い買い物をしました

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイセンステレビのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 画面タイプ 画質 チューナー エンジン VOD
1
アイテムID:11355457の画像
55X8F

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

50型と65型の間で見やすい!ブルートゥースでスマホの映像を楽しめる

有機EL 4K BS 4K・110度CS 4Kチューナー×1・地上デジタルチューナー×3・BS・CSデジタルチューナー×3 NEOエンジンplus 2020 YouTube/Netflix/Amazon Prime Video/U-NEXT
2
アイテムID:11355454の画像
75A6G

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

故障しづらい!最新の75V型壁掛けテレビ

液晶 4K ‎BS 4K・110°CS 4K ×1 ・ 地上デジタル ×2 : BS・CS110°デジタル ×2 NEOエンジンLite Netflix/Youtube/Amazon Prime Video/Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/DMM.com/スカパー! on demand/TSUTAYA TV/Rakuten TV/Paravi
3
アイテムID:11355453の画像
40A40H

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

さまざまな動画を高画質処理できる40型テレビ

VAパネル 1080P BS×2・110度CS×2・地上デジタル×2 NEOエンジン 2Ksmart Netflix/Amazon Prime Video/Disney+/Youtube/Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/ Rakuten TV/Paravi/DMM.com/SPOOX
4
アイテムID:11355450の画像
50U7F

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

高画質で高コスパと評価も高い!耐久性が良く寿命も長く使える

液晶 4K BS 4K・110°CS 4K ×1 ・ 地上デジタル ×3 ・ BS・CS110°デジタル ×3 NEOエンジン2020 Netflix/Youtube/Amazon Prime Video/hulu/Abema TV/U-NEXT/スカパー! on demand/DMM.com/acTVila/ひかりTV 4K/TSUTAYA TV/Dtv/Rakuten TV/Paravi
5
アイテムID:11368822の画像
32A40H

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

さまざまなコンテンツが高画質で見れる!ダイレクトボタンも便利

液晶 2K 地上デジタルチューナー数×2 BS・CS4Kチューナー数×2 NEOエンジン2Ksmart Netflix/Amazon Prime Video/Disney+/Youtube/Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/ Rakuten TV/Paravi/DMM.com/SPOOX
6
アイテムID:11368973の画像
43E6G

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

美しい高画質を実現!低遅延でゲームにもおすすめ

液晶 4K BS 4K・110°CS 4K ×1・地上デジタル ×2・BS・CS110°デジタル ×2 NEOエンジンLite Netflix / YouTube / Amazon Prime Video / AbemaTV / hulu / dTV / U-NEXT / DMM.com / スカパー! on demand / TSUTAYA TV / Rakuten TV / Paravi

ハイセンステレビはなぜ安い?

ハイセンスのテレビは格安なものが多いですが、なぜ安いのか気になってしまいます。はっきりとは言い切れませんが、その理由は人件費の違いが大きいようです。ほかにも、さまざまな面でコストカットしていると思われます。

 

製造している国やメーカーなどのこだわりがなく、とにかく安いものをと考えている方はハイセンスのテレビを検討してみましょう。

ハイセンスとレグザを比較

ハイセンスは東芝を買収し、同じグループになったのでレグザとの共通点が多いです。ハイセンスはレグザの技術を活用し画質などの品質を向上させ、売り上げを伸ばしてきました。そのお陰で、リーズナブルな下位機種でシェアを伸ばしています。

 

一方、レグザは、高画質・高機能のテレビを作り続けてきており、ブランド力もあるため、価格帯が上の上位機種に強いです。2つを比較してみると、ブランドに信頼感がある方や、高機能を求める方はレグザをおすすめします。

 

高画質でありながらリーズナブルさやコスパの良さを求める方は、ハイセンスのテレビを検討してみてください。

まとめ

ハイセンステレビの特徴・口コミ・評判や選び方・おすすめ機種を見てきました。最初は国産が一番だと思っていても、ハイセンスは高品質で低価格その上日本の東芝と同等の技術があります。今回の記事でハイセンステレビが気になった方はご検討ください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

テレビの人気おすすめランキング18選【4Kから安いものまで紹介】

テレビの人気おすすめランキング18選【4Kから安いものまで紹介】

薄型テレビ・液晶テレビ
ハイセンス冷蔵庫の口コミ・評判を調査!「壊れる・冷えない」って本当?

ハイセンス冷蔵庫の口コミ・評判を調査!「壊れる・冷えない」って本当?

冷蔵庫・冷凍庫
【2022年最新】4Kテレビの人気おすすめランキング19選【音がいいテレビも】

【2022年最新】4Kテレビの人気おすすめランキング19選【音がいいテレビも】

薄型テレビ・液晶テレビ
【2022年最新版】8Kテレビの人気おすすめランキング9選【人気メーカーの8Kテレビもご紹介!】

【2022年最新版】8Kテレビの人気おすすめランキング9選【人気メーカーの8Kテレビもご紹介!】

薄型テレビ・液晶テレビ
32型テレビの人気おすすめランキング11選【サイズや大きさも解説】

32型テレビの人気おすすめランキング11選【サイズや大きさも解説】

薄型テレビ・液晶テレビ
お歳暮の人気おすすめランキング33選【もらって嬉しいセンスがいいもの!】

お歳暮の人気おすすめランキング33選【もらって嬉しいセンスがいいもの!】

お歳暮