水中ポンプの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID3655のサムネイル画像

メダカや金魚、熱帯魚を飼育している方、釣りが趣味の方。水中ポンプを使われていると思いますが、一口に水中ポンプといっても、さまざま。生き物の種類に合わせて万全の環境を整えてあげたいものですね。ここでは、価格、静音性、流量の3つを基準に15選を紹介します。

生き物と水槽にぴったり合った水中ポンプをチョイスしよう。

水槽で生き物を買い始めると、気になってくることがあります。水の汚れ、生き物の元気、臭い、音…。これらはすべて生き物と水槽とろ過装置、つまり水中ポンプがちょうどいい状態ではないことが原因です。

 

飼っている生き物によって水が汚れる速さが違ったり、酸素の必要量が違ったり、えさの量が違ったり。なかなかどうして、水槽で生き物を飼育するのは奥が深いものです。

 

そのなかでも、最も重要な水質を左右する水中ポンプの選択は最も重要といえるでしょう。ここではそんな水中ポンプの選び方を徹底研究。あなたの他の水槽をいつも見ても美しく、生き物も元気な状態にしましょう。

水槽用水中ポンプの人気ランキング15選

15位

カミハタ

Rio+1100 (50Hz)

価格:3,526円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なオプションで用途いろいろ

水槽の中に水流が欲しい時や、泡を発生するためのオプションもそろっており、定評あるパワフルなポンプです。水耕栽培や、金魚用などに最適でしょう。海水にも淡水にも使用でき、運転音も静かです。

仕様淡水・海水両用水量26L/m
設置タイプ水中型最大揚程200cm
調節の有無静音-

口コミを紹介

水量も多く、音も静かで気に入りました、泡発生チューブとかアダプターが色々ついているので、用途が豊富になります、水槽は90㎝×45×45で現在は上部濾過装置に利用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

エーハイム

コンパクトオン 1000 (60Hz)

価格:2,483円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホース接続など水の扱いに優れたコンパクトサイズ

安価ですが、容量の大きい池の濾過などに使用している方も多い機種です。大きめの濾過設備にも楽に対応でき、高い揚程を活用して壁面緑化などにも使用できるでしょう。安心できるポンプです。

仕様淡水・海水両用水量400~850L/h
設置タイプ水中最大揚程175cm
調節の有無静音-

口コミを紹介

庭に作った池に亀を飼っていて、池の水の濾過用に購入。
コンテナ三段積みの自作濾過機の構造上、90センチほど揚水する必要がありますが、小さいボディで楽々揚水してくれ、掃除の手間が大幅に減ったので助かっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ジェックス

上部フィルター用 共通ポンプ-M 各社共通タイプ

価格:2,761円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上部フィルター用の決定版

上部フィルター各社製品に共通で使えるポンプです。万が一水中に落としても漏電しない安心設計。多くの人が愛用する上部フィルター用ポンプの決定版でしょう。現在のポンプが壊れたり性能に不満があった場合の買い替えに活用されています。

仕様淡水用水量660l/h(50Hz)/630l/h(60Hz)
設置タイプ陸上型最大揚程記載なし(上部フィルター交換用のため)
調節の有無-静音-

口コミを紹介

初期不良にあたったらしく回転音がやかましかったのでサポートに電話したらとても丁寧に対応してくださいました。
交換品はまったく音が気にならないほど静かで大満足です。次もこの製品にすると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

イワキ

水陸両用ポンプ RSD-10A

価格:11,772円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルさがウリの水陸両用ポンプ

大きな水槽(90cm)でも、1時間に3回換水できる能力があります。水質の維持が高度なレベルで必要な生体を飼育している水槽で威力を発揮します。60cm水槽などですとさらに濾過回転数は上がりますので、これしかないくらい最適であるといえるでしょう。

仕様淡水・海水両用水量600l/h(50Hz)/600l/h(60Hz)
設置タイプ水陸両用型最大揚程1.6m(50Hz)/1.6m(60Hz) 調節の有無 - 静音 -
調節の有無-静音-

口コミを紹介

80水槽の掃除の時に吸い出しポンプとして使用するために買いました。よくある15mmホースが使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Anself

マイクロ ブラシレス オイルポンプ

価格:1,050円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚異の耐久性 DIY派におすすめのポンプ

モーターに強磁性体を使用した永久磁石回転子使用。ブラシレスでメンテナンスフリー。回路基板はエポキシ樹脂で封止されていますので水中設置でも完全防水です。

 

動作寿命30,000時間を標榜する頑丈さはほかのポンプの追随を許しません。水槽では必要ありませんが、100度のお湯にも耐えられるため車の冷却水の循環や、エアコンにも使用できるという頑丈さです。

仕様淡水水量240l/h
設置タイプ水陸両用最大揚程300cm
調節の有無-静音-

口コミを紹介

温水が組み上げる事の出来るDC12Vの水中ポンプ 漏電や感電が怖いのでDCで駆動出来て水中で音も静かでたすかります

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

Jhua

HSB-950

価格:1,816円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低騒音でスムーズな稼働、長寿命

水の流れの調節が必要な所に最適なポンプです。家庭の水槽はもちろん、魚の養殖場にも使用できるパワフルさ。

 

ブラシレスモーターを使用しており低騒音にしてスムーズな稼働。つけっぱなしの水中モーターは長寿命の性能が必須だから頑丈につくられています。モーターの軸はステンレス鋼。海水にも淡水にもOKです。

仕様淡水/海水水量1500l/h
設置タイプ水陸両用最大揚程200cm
調節の有無静音-
9位

イワキ

レイシー マグネットポンプ RMD-201

価格:15,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ仕様の本格派

全国の水族館や、研究施設で使われている陸上設置型の大容量ポンプです。

 

水量1620リットル/時間というハイパワーにして非常にコンパクトな筐体だから、研究所などで愛用されるわけです。しかも静音設計。オーバーフロー水槽からのくみ上げに最適です。本格的なアクアリウムを作り上げたい方には最もお勧めできる逸品です

仕様淡水・海水両用水量1620l/h(50Hz)/1860l/h(60Hz)
設置タイプ陸上型最大揚程3.1m(50Hz)/4.3m(60Hz)
調節の有無-静音-

口コミを紹介

レイシーシリーズは大小数種類持ってます。
耐久性、パワー文句なしです。専用バルブとかついてるともっといいのですけどね。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

イワキ

レイシー たて型ポンプ P-425V

価格:19,317円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性、耐食制に優れた点が評価され、多くの水族館や、研究施設で愛用されているモデルです。

 

水量、揚程、どちらも充分なパワーを持ちながらも作動音が静かなのがよい点です。オーバーフロー水槽に最適。異常加熱時に自動停止するサーマルプロテクタ機能が標準装備されていて安心です。

仕様 淡水・海水両用水量2520l/h(50Hz)/2760l/h(60Hz)
設置タイプ陸上型最大揚程2.6m(50Hz)/3.7m(60Hz)
調節の有無-静音-
7位

LNSTUDIO

水族館給水・排水ポンプ

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚異のハイパワーコストパフォーマンス

最大揚程、水量とも同価格帯のポンプに比べて大幅に高い性能をもつ、コストパフォーマンスに優れた人気商品です。

 

冷却を水で行う設計なので水中で使用することになりますが、40db以下の静音設計で問題ないレベルといえます。水槽内に自然の水の流れをシミュレートします。流量も正面のノブで調整可能。

仕様淡水・海水両用水量3000l/h
設置タイプ水中最大揚程350cm
調節の有無静音静音設計

口コミを紹介

庭の池の循環目的購入したわけでなく、池の噴水にならないかと購入しました。
思ったよりパワーが強く、揚程2.5mぐらいの様な気がします。吐出し量も大きくて、よっかたです。
音のほうですが、思った通り静かでたすかっています。
自宅に噴水。風流でいいものです。おススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

テトラ

オートワンタッチフィルター AT-60

価格:2,049円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一般家庭用の決定版

一般家庭の大きめの水槽、横幅60cmの水槽で金魚などの飼うのに適した、お財布にやさしいポンプキットです。ペットショップの店頭などで最もよく見かけるタイプなので誰でも一度は目にしたことがあるであろうモデル。

 

ほかのハイパワーポンプのように噴水を噴き上げるような能力はありませんが、濁った60cm水槽いっぱいの水を2時間~6時間できれいに透きとおた水に変えることができるくらいの能力があります。

 

専用の活性炭入りフィルターとバクテリアの培養床となるフィルタを二枚重ねで使用します。フィルタなど専用の消耗品もネットショップで気軽に安価で入手できます。家庭用としては必要十分の性能。最も普及している逸品でしょう。

仕様淡水・海水両用水量-
設置タイプ水中最大揚程-
調節の有無静音-

口コミを紹介

文句なしの使用感です。どの外掛けフィルターよりも優秀だと思います。
ただモーターの寿命がくるとモーターのみの価格が新品本体の値段とさほど変わらないため、
常に新品購入しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ジェックス

デュアルクリーン専用交換ポンプ

価格:1,480円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長寿命。上部フィルター用の決定版

家庭で最も普及しているジェックスのデュアルクリーン専用ポンプです。多くの人に使用されて安定した実績で高評価を受けています。

 

流量や最大揚程は家庭用水槽に十分な性能ですので問題にはならないのですが、この手のポンプはモーターの作りが問題になります。

 

このデュアルクリーン専用ポンプの耐用年数は公式には1年ですが、1年で買い替える人はあまりおらず、2年から5年は使用しておられるようです。音も静かな静音設計で信頼性抜群です。

仕様淡水・海水両用水量-
設置タイプ水中最大揚程-
調節の有無静音静音設計

口コミを紹介

最初に水槽とセットになっているものを購入しました。今2代目で3代目として注文しました。
現在2年半使用、水量は十分で問題ないです(2週間に1度スポンジストレーナー共手入れ)。
音は静かです。スポンジストレーナーが欲しかったのでついでに注文しました。
家に届いてからすぐに動作確認、問題ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

エーハイム

水陸両用ポンプ 1048 60Hz

価格:7,607円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音性の高い水陸両用型

陸上でも、水中での使用もでき、なおかつ静音性が高く、作動音が全く気になりません。

 

さらに、コンパクトなボディなのに最大揚程1.5mというハイパワーは、排泄量の多い亀や、海水魚の飼育をするユーザーに向いています。同社のフィルタと組み合わせればかなりのマニアックな飼育用途の使用に耐える高性能製品です。

仕様淡水・海水両用水量600l/h(50Hz)/600l/h(60Hz)
設置タイプ水陸両用最大揚程1.5m(50Hz)/1.5m(60Hz)
調節の有無-静音静音
3位

カミハタ

オーシャンランナープロ 1200 (60Hz)

価格:8,400円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多様な用途で活躍。水陸両用のハイパワーポンプ

この製品は、水陸両用のポンプなので、いろいろな使い方ができます。夏場、水温の上がりすぎが問題になる生体用のクーラーとして、外部フィルターの濾過用、オーバーフロー水槽の揚水用など、大型の海水飼育水槽に欠かせない性能を持っています。最大揚程1.6mの性能を生かせば、水槽レイアウトも工夫のし甲斐がありますね。

仕様淡水・海水両用水量1500l/h(50Hz)/1500l/h(60Hz)
設置タイプ水陸両用最大揚程1.6m(50Hz)/1.6m(60Hz)
調節の有無-静音-
2位

ニッソー

スペアポンプ SQ-03 NEO NSQ-021

価格:2,880円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高評価の日本製上部フィルタ用ポンプ

ニッソーのスライドプラスマスターなど上部フィルタ製品の交換用ポンプです。ほどんどの人がこのポンプに変えてよかったとの口コミで、大変満足度が高い評価になっています。

 

前のモデルに比べてペラ部の清掃が簡単になり、メンテナンスが非常に容易になったということ、静音性能が素晴らしく向上したということです。

仕様淡水用水量600l/h(50Hz)/600l/h(60Hz)
設置タイプ水中最大揚程-
調節の有無-静音静音設計

口コミを紹介

ニッソーの旧タイプからの買い替えです。
これは、お薦めです!
音は静かだし吸い上げ部品がワンタッチで取り外し可能!今までドライバーで螺子を外して掃除していたので面倒でしたが本当に楽に成りました!モーターの山型が平になり穴が無いので埃の入り方も違うから良いですね!
又、リピしたいと思う品です!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ZenCT

CT059

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

これはびっくり USB充電式携帯用電動ポンプ

この製品は、水槽にも使えますが、継続的に使うものではなくあくまでアウトドア用の優れものグッズとして絶賛発売中の逸品です。濾過器、エア用吹き出し口、金属製の蛇口が付属していて、川の水などを濾過して手洗い水などに使用できる構造になっています。

 

水を吸い上げずに空気を吸い上げればエアレーションとしても使用できるというすぐれもの。電池は不要でUSBで充電できますのでスマホと同じように使うことができます。

 

釣りに行って、手洗いに使用したり、釣った魚を生きたまま持ち帰る用途で活用する人が多いようです。今売れに売れています。

仕様淡水水量-
設置タイプ陸上最大揚程-
調節の有無-静音-

口コミを紹介

釣りの為に購入しました。二つモードがあるのでとても便利です。エアーポンプは、コンパクトで軽量なのに結構パワフルです。付属のストーンも泡が細かいので酸素効果は高いと思います。もう一つのモードは、車載して釣りの後の現地での道具洗い、手洗い、顔洗いに重宝しています。USB充電式なので、モバイルバッテリーを電源として、電池が切るの心配もありませんでした。使い勝手とアイデアが良すぎるので、五つ星です。

出典:https://www.amazon.co.jp

水中ポンプの選び方

水槽を置くと必ず必要になる水中ポンプ。実は、水中ポンプの選び方は、初心者にはもちろん、魚を飼育した経験のある人でもなかなか難しいものなのです。ここでは水中ポンプの選び方について詳しく解説します。

淡水用・海水用の仕様で選ぶ

まず、飼育する生体が、海水が必要なのか淡水なのかによって選びます。自分が飼育する生体がどのような水質に適しているかよく知ることから始まります。

淡水用の水中ポンプ

水中ポンプには淡水用、海水用、淡水海水両用があります。淡水しか使えないというポンプは、現在のところあまりなく、たいていの商品が「淡水・海水」両用になっています。金属部分の耐食設計、特にモーターの軸やねじなどの部品の材質の違いになります

海水用の水中ポンプ

海水用のポンプは塩分による耐食を考慮した材質、加工が施してあります。現在はほとんどの部品が樹脂製なので問題ありませんが、水中モーターの軸やねじなど金属の部品が、ステンレスなどの素材を使っている場合が多いです。

 

あと、基盤を用いているポンプの場合、完全に樹脂で封止されているはずですので、確認してみましょう。

淡水・海水両用

現在水槽用として販売されているほとんどの水中ポンプは、「淡水・海水両用」になっています。

 

水の中に沈めるタイプでなければ、ほぼどのポンプでもOKです。ただ、水の中に沈めて使うタイプのポンプの場合は、浸水しないようなしっかりとした作りである必要がありますのでよく確認しましょう。

水量で選ぶ

水槽内は、飼っている生体にとっても、鑑賞用としても、また衛生的にもきれいな状態を保持したいものです。飼育している個体の大きさ、数によっても変わりますがこの点をみていきましょう。

水槽の大きさと水量で選ぶ

いつも透き通ったきれいな水であるためには、これから選ぼうとしている水中ポンプが、お手持ちの水槽の水を1時間に何回濾過できるかという「回転数」を把握しておく必要があります。

 

飼育する生体によって必要な回転数は違ってきますが、だいたい最低でも1回~2回、亀や肉食の熱帯魚など水が汚れやすい生き物の場合7回~10回が必要と言われています。回転数は次の計算によって求めることができます。「回転数=流量(l/h)÷水槽全体の容量(l)」

 

ご家庭でよく使用される60cm規格水槽(約65l)の場合、2回転×65ll)の「水量」ですから130l/h以上あれば大丈夫ということになります。これを目安にして飼育している生体の大きさや数で「回転数」と「水量」を考慮して選びましょう。

設置場所で選ぶ

水中ポンプには、陸上設置型と、水中設置型とがあります。お手持ちの水槽をどのような場所に設置するのかによって選ぶポンプも多少変わってきます。

陸上設置型

モーター部分を水に入れずに、伸ばしたホースや配管を通じて給排水を行うタイプのポンプです。

 

大型の水槽で大量の水を常にろ過しなければならないような水槽に用いる場合に使用します。モーターを水槽とは別の場所に置かなければならないため、オーバーフロー水槽など大掛かりな装置に向いています。

 

また、水槽の上部で濾過を行うタイプのろ過装置のポンプもモーター部を水につけてはいけないような構造になっていることが多いです。90cm規格型以上の水槽をお持ちの方で肉食魚など買われる場合は検討の対象になることでしょう。

水中設置型

水の吸い込み口が本体に付属しており、完全に水中に沈めて使用するタイプです。

 

冷却を水で行う構造になっていますのでず水中で使用するのが条件です。水槽の外部にいろいろな装置を置くことなく濾過可能なので、省スペースに役立ちます。

 

モーターは水中なので作動音がほとんど聞こえないため快適ですが、水中のごみなど吸い込みますので、こまめな清掃が必要になってきます。60cm以下の小型の水槽に向いています。

最大揚程で選ぶ

「最大揚程」とは水を上へ押し上げる力のことで「cm」であらわされます。水量と並んでそのポンプのパワフルさを測る単位となります。

最大揚程が100㎝を超えるもの

ろ過装置を水槽の外において、水温調節用のクーラーを設置したりといって本格装備を必要とする場合は、これくらいの最大揚程が必要となる場合があります。

 

部屋の都合で水槽と濾過装置の高低差がある場合などもこの数値が物を言います。また、池などで小さな噴水を作りたい場合などにあえてこの最大揚程の高いポンプを使用している人もいるようです。

高い揚程を必要としないもの

60cm規格水槽などの場合で普通に金魚やメダカなど買う場合でさほど水の汚れなども発生しないような場合ですと、最大揚程を気にする必要はありません。

 

しかし、長い事魚を飼っているとだんだんと欲が出てくるもので、飼育数が増えたり、温度管理に厳しい魚を飼育してみたりということになってくると、装備が大掛かりになってきますので、その時は最大揚程を気にしましょう。

水量調整機能・静音性で選ぶ

魚の中には、水槽内に流れを作ってあげないと運動不足になって元気がなくなるものもいますので、ポンプ商品の中には水流を作る機能が付いたものもあります。それと、音がうるさくないかどうかも大事です。

流量調整つきのもの

水槽の中に流れを作ってあげることによって、元気になる魚もいます。その一方で流れが速すぎて泳げずに、物陰に隠れてしまって出てこない魚もいます。流れが速すぎるために餌をとることができずに死んでしまったりということもあります。

 

魚と水の流れの関係はなかなかに難しいもの。ですので、ご自分が買おうとしている魚がどの程度の流れを必要としているのか調べるのも必要ですが、わからない場合のために流量調節ができるタイプのポンプをチョイスしたほうがいいでしょう。

静音設計のポンプ

ポンプはモーターですので、どうしても作動音がします。水中に沈めて使用する場合はそうでもありませんが、陸上設置型だとやはり耳につくもの。

 

水を吸い上げるポンプはまだいいのですがエアレーション用のポンプは中で振動子が振動するため気にする人は気になる音が発生します。

 

寝室に癒しの空間を作るために設置される方もおられるでしょう。その際は、ぜひ「静音」「サイレント」と書いてあるポンプをチョイスしてください。

水中ポンプで湧き水を作る!

水槽に湧き水があると綺麗ですよね。水がボコボコ湧き上がってくる様子はリアルな川底のようで見ていて楽しいですし、魚たちも快適に泳いでいるように感じます。

 

この湧き水、水中ポンプをうまく使ってあなたの水槽にも出現させられるんです。色々なやり方があるようですが、理想的な湧き水の完成形をイメージしつつ作り方を調べているといいかもしれません。

 

こちらの動画では水中ポンプと塩ビ管で湧き水を作っています。素人から見ると難しそうですが、チャレンジしてみたい方はぜひ参考にしてみてください!

水槽関連商品もチェック!

現在の水槽環境をより良くするためにここでは水槽の関連商品をご紹介します。生き物たちが少しでも快適に過ごせるよう、新しい商品の買い替えも検討してみてください!

エアストーン

エアストーンにはポンプで送った空気から細かい気泡を作り出し、水槽全体に酸素を行き渡らせる重要な役割を果たすものです。水槽で生き物を飼育する際に、「エアストーン」は欠かせません。

 

どんな生き物にも酸素は必要不可欠です。水槽飼育では水草などを用いて、より自然環境に近づけて飼育することも可能ではありますが、生き物にとって快適な環境を作り出すのは容易ではありません。

 

エアストーンを用いればより簡単に、そして効率的にあなたの大切な家族が暮らしやすい環境を手に入れることができます。目的や用途に沿ってぴったりのものを選んでください。

水槽ヒーター

水槽ヒーターとは、水槽の水を加熱して水温が低下するのを防ぐアイテムです。日本には四季があるため、冬は気温がぐっと下がってしまいますが、特に冬場の朝晩の温度差は大切なペットの命を落としてしまう危険があります。

 

それを防ぐためにも、水槽ヒーターを使用してアマゾン・東南アジアなどの「熱帯地域と同じ環境を作ってあげること」が大切です。例えば熱帯魚の飼育水は27℃前後を維持する必要があり、水槽ヒーター無しでは水温を維持する事が難しくなります。

 

近年は安全な素材である「キスゴム」を使用している商品や、表面温度が400度以下のもの、カバーが難燃性の素材を使用したタイプが登場するなど、安全性は飛躍的に向上しています。大切な命のために、ぜひ水槽ヒーターを取り入れてみてください!

水槽台

水槽の下に水槽台置いていますか?水槽台は必ずしも必要なものではありませんし、小型水槽で簡単に熱帯魚を育てている人などには無用なものかもしれません。

 

しかし水槽台は濾過器具を収納できるので、見栄えの良さや、腐食のしにくさ、水の入った水槽を事故などから守ってくれる安全性の高さがあります。地味で目立たないながらも堅実に役立ってくれる代物でもあるのです。

 

特に大型水槽や海水魚水槽を立ち上げている人などは、水槽台のありがたさを実感しているのではないでしょうか。まだの方、買い換える予定のある方は、一度こちらのランキングを参考に検討してみてください!

水槽

皆さんはどのような水槽をお使いですか?インテリアにもなる水槽、せっかく飼育するならスタイリッシュにお洒落に置いておきたいですよね。水草や熱帯魚などを色鮮やかに水槽内で演出するアクアリウムは近年特に盛んで、お部屋にとっても重要なアイテムの一つです。

 

水槽をおしゃれに演出するには、まずは水槽選びが大切です。もちろん生き物にとってのお家になるので生き物目線での快適さも考えてあげましょう。機能面やサイズ感も大切になってきますので、こちらのランキングを参考に素敵なお家を選んであげてください!

水槽ヒーターが壊れた時の対処法

水槽ヒーターが壊れてしまったなどの緊急時に、あるもので水温を保持する方法です。万が一の時に備えて覚えておくと便利です!

 

まず、大きめのダンボールや発泡スチロールなどで水槽を覆いましょう。水槽より一回り大きいものを普段から備えておくと良いです。そして水槽の周りにホッカイロやお湯の入ったペットボトルを置きます。この時温度が上がりすぎないように水温計で要チェック!

 

カイロやお湯が難しい場合はリビングなど暖かい場所に移動してあげましょう。エアコンの温風が当たる場所がベストです。新聞紙やアルミホイルを巻いてあげるとさらに保温効果が期待できます。また、水中モーターは稼働時に1,2度温度が上昇するのでその熱も助けになります。

水中ポンプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4996133の画像

    ZenCT

  • 2
    アイテムID:4996126の画像

    ニッソー

  • 3
    アイテムID:4996075の画像

    カミハタ

  • 4
    アイテムID:4996057の画像

    エーハイム

  • 5
    アイテムID:4996020の画像

    ジェックス

  • 6
    アイテムID:4995973の画像

    テトラ

  • 7
    アイテムID:4995909の画像

    LNSTUDIO

  • 8
    アイテムID:4995896の画像

    イワキ

  • 9
    アイテムID:4995185の画像

    イワキ

  • 10
    アイテムID:4995163の画像

    Jhua

  • 11
    アイテムID:4995130の画像

    Anself

  • 12
    アイテムID:4994894の画像

    イワキ

  • 13
    アイテムID:4994136の画像

    ジェックス

  • 14
    アイテムID:4994094の画像

    エーハイム

  • 15
    アイテムID:4994004の画像

    カミハタ

  • 商品名
  • CT059
  • スペアポンプ SQ-03 NEO NSQ-021
  • オーシャンランナープロ 1200 (60Hz)
  • 水陸両用ポンプ 1048 60Hz
  • デュアルクリーン専用交換ポンプ
  • オートワンタッチフィルター AT-60
  • 水族館給水・排水ポンプ
  • レイシー たて型ポンプ P-425V
  • レイシー マグネットポンプ RMD-201
  • HSB-950
  • マイクロ ブラシレス オイルポンプ
  • 水陸両用ポンプ RSD-10A
  • 上部フィルター用 共通ポンプ-M 各社共通タイプ
  • コンパクトオン 1000 (60Hz)
  • Rio+1100 (50Hz)
  • 特徴
  • これはびっくり USB充電式携帯用電動ポンプ
  • 高評価の日本製上部フィルタ用ポンプ
  • 多様な用途で活躍。水陸両用のハイパワーポンプ
  • 静音性の高い水陸両用型
  • 長寿命。上部フィルター用の決定版
  • 一般家庭用の決定版
  • 驚異のハイパワーコストパフォーマンス
  • プロ仕様の本格派
  • 低騒音でスムーズな稼働、長寿命
  • 驚異の耐久性 DIY派におすすめのポンプ
  • パワフルさがウリの水陸両用ポンプ
  • 上部フィルター用の決定版
  • ホース接続など水の扱いに優れたコンパクトサイズ
  • 豊富なオプションで用途いろいろ
  • 価格
  • 2900円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 8400円(税込)
  • 7607円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 2049円(税込)
  • 3699円(税込)
  • 19317円(税込)
  • 15980円(税込)
  • 1816円(税込)
  • 1050円(税込)
  • 11772円(税込)
  • 2761円(税込)
  • 2483円(税込)
  • 3526円(税込)
  • 仕様
  • 淡水
  • 淡水用
  • 淡水・海水両用
  • 淡水・海水両用
  • 淡水・海水両用
  • 淡水・海水両用
  • 淡水・海水両用
  • 淡水・海水両用
  • 淡水・海水両用
  • 淡水/海水
  • 淡水
  • 淡水・海水両用
  • 淡水用
  • 淡水・海水両用
  • 淡水・海水両用
  • 水量
  • -
  • 600l/h(50Hz)/600l/h(60Hz)
  • 1500l/h(50Hz)/1500l/h(60Hz)
  • 600l/h(50Hz)/600l/h(60Hz)
  • -
  • -
  • 3000l/h
  • 2520l/h(50Hz)/2760l/h(60Hz)
  • 1620l/h(50Hz)/1860l/h(60Hz)
  • 1500l/h
  • 240l/h
  • 600l/h(50Hz)/600l/h(60Hz)
  • 660l/h(50Hz)/630l/h(60Hz)
  • 400~850L/h
  • 26L/m
  • 設置タイプ
  • 陸上
  • 水中
  • 水陸両用
  • 水陸両用
  • 水中
  • 水中
  • 水中
  • 陸上型
  • 陸上型
  • 水陸両用
  • 水陸両用
  • 水陸両用型
  • 陸上型
  • 水中
  • 水中型
  • 最大揚程
  • -
  • -
  • 1.6m(50Hz)/1.6m(60Hz)
  • 1.5m(50Hz)/1.5m(60Hz)
  • -
  • -
  • 350cm
  • 2.6m(50Hz)/3.7m(60Hz)
  • 3.1m(50Hz)/4.3m(60Hz)
  • 200cm
  • 300cm
  • 1.6m(50Hz)/1.6m(60Hz) 調節の有無 - 静音 -
  • 記載なし(上部フィルター交換用のため)
  • 175cm
  • 200cm
  • 調節の有無
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 静音
  • -
  • 静音設計
  • -
  • 静音
  • 静音設計
  • -
  • 静音設計
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

まとめ

水槽で生き物を飼おうとする人は、水槽とろ過設備をどのように選べばよいかで大変迷うことと思います。なぜなら生き物の種類だけ飼育方法があるので、洋服やパソコンでも選ぶように単純なものではないからです。しばらく飼育すればコツがわかってくるので上手に飼育できるようになってくることでしょう。ペットショップなどで尋ねたり、インターネットで調べたりして最適な水中ポンプを選んでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2019年11月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ