【2021年最新版】チャコペンの人気おすすめランキング15選【水や熱で消えるタイプもご紹介!】

手芸から洋裁まで幅広く使える便利アイテムチャコペン。シャーペンタイプや熱で消えるものまで種類が多く選ぶのが難しいですよね。そこで今回はチャコペンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。是非参考にしてみてください。

裁縫や手芸の必須アイテムチャコペン

チャコペンは、洋裁や手芸で図案を書くのに役立ちます。すぐに消すことができるので作りたいアイテムに合わせて自由に描くことができます。しかし、チャコペンは鉛筆タイプかたパウダータイプまで種類が豊富で、どんなものを選んだらよいか迷ってしまいますよね。

 

実は、使う生地の種類や色に合わせてチャコペンを選ぶことで、使いやすく失敗しにくいものを購入することができるんです。

 

そこで今回は、チャコペンの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは、種類・印の消し方・価格を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

チャコペンとは

チャコペンはチャコール・ペンシルの略で、裁縫のときに生地に印を付ける道具です。元々は、木炭粉と粘土を合わせた芯を使った鉛筆状のものを指しました。現在は種類が増え、マーカーやパウダーなどさまざまな商品が売られています。

 

チャコペンの由来は、英語のチョークからきており、どちらも粉末を固めているという共通点があります。そのため、チャコペン自体をチョークと呼ぶことがあるので覚えておきましょう。

チャコペンの選び方

種類が豊富なチャコペンの選び方を紹介します。チャコペンを出すメーカーも多いのでしっかりチェックしておきましょう。

種類で選ぶ

チャコペンは、チョークやシャープペンシル、パウダーなど5種類あります。それぞれ特徴が異なるので、用途に合わせて選びましょう。

見やすい線をひきたいなら「チョークタイプ」がおすすめ

くっきりとした線を引きたい方は、チョークタイプがおすすめです。黒板に使うチョークと同じような素材を使っているため、見やすい線を描くことができます。ただし、線が太く消しにくいので慎重に使うようにしましょう。

 

また、縫い目に粉が入りこむ可能性があるため、強くこすらないようにすることが大切です。

刺繍などの細かい図案に使うなら「シャープペンシルタイプ」がおすすめ

細かい図案を描きたいときは、シャープペンシルタイプがよいでしょう。シャーペンタイプは細い線を均一に描くことができ、削らずに済むのでスケールの大きい下書きを描くのに向いています。

 

刺繍などの細かい下書きにもよいでしょう。ただし、目の粗い生地では引っ掛かりやすく、布を傷つける危険があるので注意しましょう。

描きやすさ重視なら「鉛筆型」がおすすめ

描き心地を重視する方には鉛筆型がおすすめです。どんな生地にもスムーズに描けて太さを自分で調整できるので万能です。ただし、通常の鉛筆と同じく、芯が折れてしまうことがあるので持ち歩くときは十分に気を付けましょう。

 

また、筆圧が強いと消えにくいため薄く書くのがおすすめです。

フェルトに使うなら「パウダータイプ」がおすすめ

パウダータイプは、生地に負担がかからないためフェルトに使うのがおすすめ。粉末がローラーから出ることで線を描けるので、芯が折れないのが嬉しいポイントです。ただし、線は見えにくいので、細かい下書きには向いていません。

 

また、粉末が生地の縫い目に入り込みやすいので縫い目が粗い布には使わないようにしましょう。

細かい印をはっきり描きたいなら「マーカータイプ」がおすすめ

細かい線を見やすく描きたい方は、マーカータイプを選びましょう。インクを使っているので太さが変わらず細かい下書きもきれいに描くことができます。マーカータイプは、さまざまなメーカーから出ているので使いやすい商品を選ぶようにしましょう。

 

また消し方も多様で、水や時間経過によって消えるタイプから熱で消せるタイプまでさまざまあるので、用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

印の消し方で選ぶ

チャコペンは、水や熱などを利用して消すことができます。印の消し方も種類が多いので消えやすさや使いやすさを意識して選びましょう。

スムーズに書き直したいなら定番の「時間経過・水で消えるタイプ」がおすすめ

チャコペンの定番の消し方は、時間経過や水を利用して消す方法です。時間が経つと自然に消えるタイプは、放置しておくだけなので手間がかかりません。また、放っておいて消すチャコペンは水でも消せるため、スムーズに書き直すことができます。

 

ただし、自然に消えるタイプは放っておくと線がなくなるため、長時間の作業には向いていません

すぐに消したいなら「熱で消えるタイプ」がおすすめ

熱で消えるタイプは、すぐに線を消すことができておすすめです。アイロンや摩擦の熱で消えるので書き間違えてもこすって消すことができます。アイロンチャコペンという名前で売られていることが多いためチェックしておきましょう。

 

直射日光で消えるものもあるので、窓際に放置しないようにしましょう。また、以下の記事では手芸用アイロンの選び方や人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

筆圧が強い方は「消しペンタイプ」がおすすめ

しっかりと線を描いたあとに消したい場合は、消しペンタイプがおすすめです。筆圧が濃いと、熱や水ではなかなか落ちないので注意が必要です。専用の消しゴムを使えばきれいに消すことができます。強くこすると布を傷つけてしまうので優しく扱うようにしましょう。

 

消しペンや専用の消しゴムがあれば、消したい部分だけをきれいに消すことができます。細かい線をはっきりと描きたい方におすすめです。

色で選ぶ

チャコペンは、黒や白のほか、青やピンクなど鮮やかな色があります。描きたい布の色に合わせて選ぶと見やすくておすすめです。

濃いめの色の生地を使うなら「白色」がおすすめ

黒や茶色など濃い色の生地にチャコペンを使う場合は、白色がおすすめです。濃いめの色に白を合わせれば、下書きが見やすいでしょう。また、うすい水色や黄色なども見やすいため好みに合わせて選びましょう。

薄い色の生地を使う方は「青やピンク」がおすすめ

薄い色の生地に下書きするなら、青やピンク、紫などの濃い色のチャコペンがおすすめです。薄い色に白や水色を合わせると線が見にくいでしょう。濃い色のチャコペンは線が見やすい分目立つので、筆圧に気を付けるようにしましょう。

メーカーやシリーズで選ぶ

チャコペンを発売しているメーカーは、手芸用品を扱うところが多いです。信頼性が高いメーカーが多いので、それぞれの特徴を理解したうえで選ぶと使いやすい商品を選べるでしょう。

消えやすさを重視するなら「クロバー(CLOVER)」がおすすめ

クロバーは、ソーイング用品を扱うメーカーで豊富なラインナップが魅力です。チャコペンの種類が多いのはもちろん消し方も多様で、消えやすい商品が多くあります。消しやすく使い勝手のいいチャコペンが欲しい方におすすめです。

 

王道で使いやすいものが多くあるので、裁縫を始めたばかりの方でもお気に入りの商品が見つかりやすいでしょう。

シャープペンシルタイプが欲しいなら「ソーライン(Sewline)」がおすすめ

ソーラインは、株式会社ペステックが展開するシリーズで、チャコペンのほかに糸通し器や洋裁用ハサミなどさまざまなソーイング用品を扱っています。チャコペンの種類が多く、機能性が高い商品もたくさんあります。

 

特にシャーペンタイプのラインナップが豊富なので、シャープペンシルタイプのチャコペンが欲しい方におすすめ

フェルトに使うなら「アドガー工業」がおすすめ

チャコエースで有名なアドガー工業は、フェルトペンに最適なマーカータイプのチャコペンに特化しています。アドガー工業のチャコペンは、消し方の種類も多いので用途に合った商品を見つけやすいでしょう。

 

アドガーのマーカータイプは、使い勝手もいいので手芸や裁縫初心者の方でも安心して使えます

初心者が使いやすいものがいいなら「かわぐち(KAWAGUCHI)」がおすすめ

かわぐちは、手芸用品だけでなく、文房具やインテリア雑貨などさまざまな商品を扱うメーカーです。使いやすさにこだわった商品ばかりなので、初心者でも安心して使えるチャコペンが多くあります。プロにも愛用されているので、品質も安心です。

シャーペンタイプのチャコペン人気おすすめランキング5選

3色セットで使いやすい

ソーラインのトリオカラーズ SEW50030は、白・黒・ピンクの3色が1本にまとめられた商品で、どんな色の生地にも使える万能アイテムです。0.9mmと細いので細かい図案を書きたい方におすすめです。

種類 シャープペンシル 消す方法 専用消しゴム
黒・白・ピンク 1本あたりの価格 1452円

口コミを紹介

この三色構成は明暗様々な生地色に対応し、シャーペン型ということで細い線を書くことができ、摩耗したとき鉛筆型のように削る必要がない。だいたいが暗色生地に向いてない水性チャコペンと違い、暗色でも目立つ色の芯を選べるのが特徴です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

金亀糸業

〈KARISMA〉シャープペンシル替芯セット

替え芯付きで長く使える

金亀糸業の〈KARISMA〉シャープペンシル替芯セットは、シャープペンシルタイプのチャコペンで、縫い目が粗い布でもきれいに描くことができます。替芯がついており長く使い続けることができるので、裁縫をやる頻度が高い方におすすめです。

種類 シャープペンシル 消す方法 専用消しゴム
黄色 1本あたりの価格 680円

口コミを紹介

刺繍用の下書きをするのに丁度いいです。0.9mmであれば他メーカーさんの替え芯も使えました。近所の大きめ手芸店にも置いてたかなったので、良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ノックで芯を出せる便利なチャコペン

クロバーのノック式 チャコペル 3色セットは、ノックするだけで芯が出せるので削る必要がない便利なアイテムです。削り器がついていて線の細さを調整できるのも嬉しいポイント。

 

3色セットなので、さまざまな生地にチャコペンを使いたい方にぴったりです。

種類 シャープペンシル 消す方法 専用消しゴム
青・白・ピンク 1本あたりの価格 890円

口コミを紹介

久しぶりにチャコペルを使いましたが、記憶にあるよりずっと使いやすかったです。バッグを一つ作成してみましたが途中で線が消えてしまうこともなく作り終えることができました。ペンタイプの物が品薄で手に入らない方はこちらをおすすめします。

出典:https://www.amazon.co.jp

芯が折れにくい丈夫なチャコペン

ソーラインのファブリックペンシルは、折れにくい芯に加え、クッション機能が搭載されているので筆圧を抑えてくれます。専用の消しゴムや水で簡単に消すことができるので、筆圧が強い方におすすめです。

種類 シャープペンシル 消す方法 専用消しゴム
1本あたりの価格 836円

口コミを紹介

シャープペンシルみたいなチャコペンなので芯が折れるんじゃないかと思いましたが意外にも丈夫で折れない。合皮の裏地のレーヨン素材に使ってみたんですが粗い生地でも何回かなぞれば大丈夫でした。縫い目を入れる場所を細かく設定したい人にお勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

替芯が6本ついたお得なチャコペン

ソーラインのSEW50041は、描きやすく消しやすい万能なチャコペンでさまざまな用途に使えます。替芯が6本ついているので、長く愛用することができるでしょう。長持ちするので裁縫をすることが多い方にぴったりです。

種類 シャープペンシル 消す方法 専用消しゴム
ピンク 1本あたりの価格 836円

口コミを紹介

軽いタッチで色が付きました。今まで鉛筆タイプとマーカーペンタイプを使っていましたが、減りが早くてコスパが悪いなと思っていましたが、これなら暫く持ちそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

シャーペンタイプのチャコペンおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 消す方法 1本あたりの価格
1
アイテムID:7684982の画像
シャープペンシル 替芯セット SEW50041 836円

詳細を見る

替芯が6本ついたお得なチャコペン

シャープペンシル 専用消しゴム ピンク 836円
2
アイテムID:7684977の画像
ファブリックペンシル MFAB50037 836円

詳細を見る

芯が折れにくい丈夫なチャコペン

シャープペンシル 専用消しゴム 836円
3
アイテムID:7684976の画像
ノック式 チャコペル 3色セット 890円

詳細を見る

ノックで芯を出せる便利なチャコペン

シャープペンシル 専用消しゴム 青・白・ピンク 890円
4
アイテムID:7684975の画像
〈KARISMA〉シャープペンシル替芯セット 680円

詳細を見る

替え芯付きで長く使える

シャープペンシル 専用消しゴム 黄色 680円
5
アイテムID:7684971の画像
トリオカラーズ SEW50030 1,452円

詳細を見る

3色セットで使いやすい

シャープペンシル 専用消しゴム 黒・白・ピンク 1452円

マーカータイプのチャコペン人気おすすめランキング10選

消しペン付きできれいに消せる

アドガー工業のチャコエースEは、紫のマーカーとイレイサー用のペンがついた商品で、長年愛されるロングセラー商品です。また、時間経過や水でも消すことができるので、きれいに消せるチャコペンを探している方におすすめです。

種類 マーカー 消す方法 時間経過・水・消しペン
1本あたりの価格 241円

アイロン熱や水できれいに消える

カワグチのアイロンマーカー 19-531は、100度の熱で消すことができる商品です。白インクでありながら、時間の経過とともに濃く表れるので見やすい線を引くことができます。詰め替えができるので経済的なチャコペンが欲しい方にもおすすめ

種類 マーカー 消す方法 熱・水
1本あたりの価格 433円

口コミを紹介

時間が経てば白く残ります。
細い線がするする書けるので、私には結構便利な商品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

使い方に合わせて消し方を選べる!

アドガーのアシスタントマーカーは、2種類の消し方を選べる商品です。紫は時間経過で消すことができるので短時間の作業に向いています。水で消せる青は線を残しながら作業したいときによいでしょう。

 

用途に合わせてチャコペンを使いわけたい方にぴったりの商品です。

種類 マーカー 消す方法 時間経過・水
青・紫 1本あたりの価格 438円

口コミを紹介

手作りマスクを作るのに購入しましたが、簡単に水落ちして、とても使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

用途で選べるお得な3色セット

エソンの水性チャコペン3色セットは、自然に消えるタイプが2本と水で消えるタイプが1本入った商品で、作業時間や生地の種類に合わせて使いわけることができます。濃い色と薄い色が両方入っているので、さまざまな用途にチャコペンを使いたい方におすすめ

種類 マーカー 消す方法 時間経過・水
ピンク・紫・青 1本あたりの価格 200円

口コミを紹介

三色揃っているところが、気に入った!
なかなか、手に入らなかったので感動してる

出典:https://www.amazon.co.jp

濃い色の布にぴったりのチャコペン

クロバーのアイロンチャコペンは、白色のマーカータイプで濃い色の布にはっきりと線を描きたいときに役立ちます。アイロンの熱や水洗いできれいに落とすことができるので、チャコペンの跡を残したくない方におすすめです。

種類 マーカー 消す方法 熱・水
1本あたりの価格 480円

口コミを紹介

色の濃い生地に印や線を引いたりする時にとってもいいです。今までは普通のチャコを使っていましたが、すぐ線が太くなってきて正しい寸法が取れませんでした。でもこのペンは太さが一定しているので、ほんとになくてはならないものになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Leonis(レオニス)

自然に消えるチャコペン A91620

均一な線が引けるから刺繍にぴったり

レオニスの自然に消えるチャコペンA91620は、水で消える青と自然に消える赤がセットになった商品です。青色は、水で洗うか濡れた布で拭くときれいに消すことができます。線が均一で細かい作業がしやすいので、刺繍の下書きをしたい方によいでしょう。

種類 マーカー 消す方法 時間経過・水
青・赤 1本あたりの価格 385円

口コミを紹介

こちらのブルーをずっと使っておりましたが、今回はピンクを購入しました。1本が結構長く持つのでとてもおすすめです。ほかのチャコペンはもう使えないくらいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

かすれないからきれに描ける

ソーラインの自然に消えるローラーペン SEW50027は、直液式で最後までかすれずにきれいに線を引くことができます。ローラーボールタイプなので細い線をなめらかに描けるため、描きやすさを重視したい方にぴったり

種類 マーカー 消す方法 時間経過・水
1本あたりの価格 300円

口コミを紹介

濃い紫色の細い線が、軽く書けます。臭いも無いし、あまり布に滲まないのが良いです。線は暫くすると自然に消えるので縫い物の表布に型を直接書き込んでも大丈夫でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

チャコペーパー

水性チャコペン チャコパー アーチスト

自由自在に線が引ける優秀アイテム

チャコペーパーの水性チャコペン チャコパー アーチストは、極細タイプのマーカーなので細かい図案を描きたい方にぴったり。水で消すことができるので、自分のタイミングで線を消せるのも嬉しいポイント。

種類 マーカー 消す方法
1本あたりの価格 358円

口コミを紹介

この商品は、チャコペンの中では細く精確な線を引けるので重宝しています。ペン先も頑丈で、他の太いチャコペンのように潰れたりすることもなく、凸凹した生地でも問題なく書けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

どんな図案にも対応できる万能チャコペン

クロバーの水性チャコペンツイン 24-436は、2通りの消し方を選べ、赤と青の2色がセットになった万能アイテムです。太さも2種類あるので、さまざまな図案に対応できます。刺繍や裁縫など幅広い用途に使いたい方におすすめです。

種類 マーカー 消す方法 時間経過・水・消しペン
青・赤 1本あたりの価格 336円

口コミを紹介

布に書いて見ました。細くてとてもスムーズな書き具合です。とても気に入りました。此れからワンピースを作戦しますので、大活躍です。

出典:https://www.amazon.co.jp

太さが選べる王道のチャコペン

アドガー工業のチャコエースIIは、2種類の線の太さを使いわけることができる王道のチャコペンです。時間経過や水などで消すことができカラーバリエーションも豊富なため、使い勝手のよさを重視する方にぴったりでしょう。

種類 マーカー 消す方法 時間経過・水
1本あたりの価格 200円

口コミを紹介

チャコペン、色々な色を使ってみましたが、こちらの色が一番良かったです。細と太が2つついてるのも良かったです。こちらのペンの在庫が極少なのがわかりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

マーカータイプのチャコペンおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 消す方法 1本あたりの価格
1
アイテムID:7685083の画像
チャコエースII 200円

詳細を見る

太さが選べる王道のチャコペン

マーカー 時間経過・水 200円
2
アイテムID:7685082の画像
水性チャコペンツイン 24-436 336円

詳細を見る

どんな図案にも対応できる万能チャコペン

マーカー 時間経過・水・消しペン 青・赤 336円
3
アイテムID:7685081の画像
水性チャコペン チャコパー アーチスト 358円

詳細を見る

自由自在に線が引ける優秀アイテム

マーカー 358円
4
アイテムID:7685079の画像
自然に消えるローラーペン SEW50027 300円

詳細を見る

かすれないからきれに描ける

マーカー 時間経過・水 300円
5
アイテムID:7685074の画像
自然に消えるチャコペン A91620 770円

詳細を見る

均一な線が引けるから刺繍にぴったり

マーカー 時間経過・水 青・赤 385円
6
アイテムID:7685073の画像
アイロンチャコペン白 480円

詳細を見る

濃い色の布にぴったりのチャコペン

マーカー 熱・水 480円
7
アイテムID:7685072の画像
水性チャコペン3色セット 600円

詳細を見る

用途で選べるお得な3色セット

マーカー 時間経過・水 ピンク・紫・青 200円
8
アイテムID:7684989の画像
アシスタントマーカー 438円

詳細を見る

使い方に合わせて消し方を選べる!

マーカー 時間経過・水 青・紫 438円
9
アイテムID:7684986の画像
アイロンマーカー 19-531 433円

詳細を見る

アイロン熱や水できれいに消える

マーカー 熱・水 433円
10
アイテムID:7684985の画像
チャコエースE 241円

詳細を見る

消しペン付きできれいに消せる

マーカー 時間経過・水・消しペン 241円

また、以下の記事では布用ペンの選び方や人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

チャコペンの使い方

チャコペンは、大きな布を裁断したり細かい縫い目を縫ったりするときに使います。使い方は、ハサミや針を使いたいところに線を引くだけです。間違ったところに線を引いた場合は、商品に合った方法で消すことができます。

 

また、ボタン付けの際にもポイントで印をつけることで、きれいにボタンを縫うことができるでしょう。ただし、縫い代が含まれていない場合は先に引いた線の外側に、含まれている場合は線の内側に描く必要があるので注意しましょう。

チャコペンはアイロンをすると消えない?

チャコペンは、アイロンで消えにくくなる商品があるので注意が必要です。通常のチャコペンにアイロンの熱を加えると、より布に密着してしまいます。密着度が高くなることで、線が消えにくくなるので気を付けましょう。

 

アイロンをする場合は、熱で消えるタイプのチャコペンを使うのがおすすめです。用途に合わせて消し方をチェックすることで、このような失敗を防ぐことができます。

チャコペンの代用品は?

チャコペンの代用品は、鉛筆やフリクションシリーズがおすすめです。鉛筆や色鉛筆は、消しゴムで消すことができるのでチャコペンの代わりになるでしょう。ただし、尖った部分で書くと布が傷つきやすいので薄く描くようにしましょう。

 

また、熱で消えるフリクションシリーズは、アイロンチャコペンと同じような使い方ができます。マーカーやボールペンなど種類も豊富なので使いやすいものを選びましょう。フリクションシリーズは、熱に弱いので直射日光などに当てないことが大切です。

 

以下の記事では、鉛筆や色鉛筆の選び方や人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

まとめ

今回は、チャコペンの選び方や人気おすすめ商品ランキングを紹介しました。チャコペンは、用途や使う生地に合わせて選ぶことで使い勝手のいい商品を購入することができます。お気に入りのチャコペンを使って効率よく裁縫を行いましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事