【2021年最新版】フォノイコライザーの人気おすすめランキング10選【ハイエンドメーカーもご紹介!】

記事ID23254のサムネイル画像

レコードプレーヤー(ターンテーブル)で音源を聴く際に欠かせないフォノイコライザー。真空管など高級なイメージがありますが実は安いものもあります。そこで今回はフォノイコライザーの選び方と使い方、おすすめの製品を人気ランキング形式で紹介します。

フォノイコライザーとは

フォノイコライザーとは、レコード用に収録された音を正確な音として再生するのに必要な機能・機材の名称です。現代では、この機能が搭載されているアンプや、内蔵されているプレーヤーも多くあります。

 

しかし、それ以外の場合はプレーヤー(ターンテーブル)とアンプだけでは、アナログ音源を再生することができません。実はその問題を解決してくれるのがフォノイコライザー なんです!

 

でも「どう選んだらいいの?」と思う方も多いですよね。そこで今回は、フォノイコライザーを選ぶ際のポイントと、おすすめの製品を人気ランキング形式でご紹介します。簡単な使い方も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フォノイコライザーの選び方

フォノイコライザーを選ぶポイントは、対応カートリッジ、素材、機能、回路にあります。それぞれの要素を組み合わせることで、好みの音質に近づけることができます。

プレーヤー(ターンテーブル)のカートリッジに対応した型で選ぶ

プレーヤーに対応したフォノイコライザーを選ばないと、音源を再生できません。カートリッジは、レコードプレーヤーのパーツの1つです。盤面(カッティング)から音を拾い上げるための針を接続するためのもので、MM型とMM型の種類があります。

「MM型・MC型両対応」のものがおすすめ

カートリッジの型が明確でない場合は、両方の型に対応したものがおすすめです。MM型・MC型にはそれぞれ特徴がありますが、対応していないものを選んでしまうと、音源を再生できない場合があるので、注意が必要です。

 

多様な音を聞き比べてみたい方や、どちらも使えるようにしておきたい方には特におすすめです。ただ、両対応なので、MM型やMC型の得意とする表現にこだわりたい方は、カートリッジを確認してそれぞれの型に対応しているものを選ぶことをおすすめします。

「MM型」は「重低音がパワフルでダイナミック」

MM型(Moving magnet)を見分けるポイントは、レバーの後端部にマグネットが取り付けられていることです。この型はメジャーなタイプで、流通数も多いため、特記されていない場合はMM型であることがほとんどです。

 

安価な製品もあり、比較的手が届きやすいのではないでしょうか?また、針交換が自分でできるのもMM型の特徴です。音で見分ける場合は、重低音に注目してみましょう。MM型は重低音がしっかりとしたダイナミックな表現に特化しています。

「MC型」は「繊細な音の表現」が得意

MC型(Moving Coil)は、カートリッジにコイルが巻かれているのが特徴です。この型はマイナーなタイプで、流通量はそう多くありません。MM型が比較的安価なのに対し、MC型は高価な製品が多いです。

 

高音質な場合が多く、さらに繊細な音表現が得意なため、音質にこだわりたい方には人気な型でもあります。針交換はメーカーに依頼するか、カートリッジごとの交換で対応してください。

 

MC型は出力が低いため、昇圧トランスやヘッドアンプといった、出力を上げるための機材が必要です。以下の記事では、レコードプレーヤーについてさらに詳しく解説してあります。参考にしてみてください。

音質を安定させる「アルミボディ」で選ぶ

フォノイコライザーは、ボディの素材によって音の表情が大きく左右されます。音質にこだわりたい方や高度な表現を求める方は、ボディの素材に注目してみてください。

 

アルミ素材スピーカーや本体などの振動に強く、ノイズが入りづらいのが特徴です。アルミは放熱性が高く、内蔵されている回路への負担が軽減されることから、耐久性にも優れています。

音質にこだわるなら調整機能で選ぶ

フォノイコライザーによっては、音質を細かく調整できる機能がついているものも多くあります。自分好みの音質が既にある方や、いろいろな音を楽しんでみたい方は、調整機能もチェックしましょう。

低周波による「ノイズを排除」してくれる「ローカットフィルター」

ローカットフィルターは、サブソニック成分と呼ばれる30Hz以下の低周波が引き起こすノイズをカットする効果があります。この低周波を人間は音として認識できないため、雑音だと感じるんです。

 

また、サブソニック成分は出力部分に負担をかける成分でもあります。ローカットフィルターを搭載している製品を使用することで、劣化を抑え、クリアな音でレコードを楽しむことができます。

機材にやさしい「インピーダンスの切り替え」ができるものがおすすめ

長くいい音質でレコードを楽しみたい方や、機材への負荷が気になる方は、インピーダンス値を切替・調整する機能がついている製品がおすすめです。インピーダンス値は電気抵抗を表します。

 

この数値が大きいと、音が伝わりづらくなるんです。インピーダンス値を調整することで、最適な負荷で最適な音に。細かく調整することができるものもあり、複数のスピーカーを使用する方には特におすすめです。

 

また、負荷を調整してくれるので、カートリッジの消耗を抑えてくれる効果もあります。無理な電力がかからず、他の機材にもやさしいのがイチオシポイントです。

音の響きにこだわるなら「ゲイン調整機能」がついたものがおすすめ

ゲインとは電子回路の出力比を表すもので、音の響き(音圧)に大きく関係するものです。出力が高ければ、音圧が上がり迫力のある音質に近づきます。しかし、出力が高いからといって、臨場感があるクリアな音になるわけではありません。

 

どんな音の表現を求めるかで、必要な機能も変わります。例えば、臨場感のある音や音そのものに広がりを与えたい場合は、モノラル音質とステレオ音質を切り替える機能がおすすめです。

 

クリアな音質を求めたい、低音を強調させたいなど、様々なニーズに合わせた機能を搭載した製品もあるので、要チェックです。

「カーブ(RIAAカーブ)調整機能」でより「原音」に近づける

レコードプレーヤーに収録されている音(カッティング)は本来の音にカーブをかけることで、周波数を変えています。そのため、録音時とは逆のカーブをかけて元の音に戻し再生しています。

 

カーブのかけ方は年代によって差があるとされており、細かく調整することで、収録された当時の原音に近い状態を再現することができます。レコードそのものの音を好む方や、年代ごとの音の違いを味わってみたい方にもおすすめです。

上級者・さらに高音質を求めるなら回路で選ぶ

少しコアな話になりますが、フォノイコライザーに組み込まれている電子回路音質に大きな影響を与えます。先述したゲインにも関わってきます。

「クリアな音」を求める方には「負帰還回路」がおすすめ

負帰還回路(別名:NBF回路)はフォノイコライザーの中で最もメジャーなタイプです。入力と出力を比較し、フィードバックしたのち、バランスを整えてくれます。その働きにより音の聞こえ方が均一になるんです。

 

他にも、ノイズを軽減し、歪みを小さくする効果もあります。音楽のジャンルを問わず、安定したクリアな音で鑑賞したい方には、特におすすめです。

「原音に魅力」を感じる方には「無帰還回路」がおすすめ

無帰還回路は、ノイズや歪みなどのクセも含めて、音楽を楽しみたい方に向いています。負帰還回路がバランスを整えるのに対し、無帰還回路は音幅を均一化しないのが特徴です。

 

構造がシンプルなこともあり、自作したい方はこのタイプの回路を選択するのがおすすめです。レコードファンに古くから愛されているのも魅力です。

ハイエンドメーカーで選ぶ

値段が張っても、本格的な音質を求める方にはハイエンドメーカーの製品がおすすめです。ハイエンドとは最も性能が良く、機能も充実した最上位メーカーやモデルを指す言葉でもあります。

多くの名機を輩出・質の追求「アキュフェーズ(Accuphase)」

アキュフェーズは「質の追求」を徹底しているメーカーです。音楽を芸術として捉え、現代に音楽でオアシスを生み出すことを理念としています。流行やニーズに左右されることなく、オーディオ史に名を残す銘機を生み出し続けているんです。

 

質の追求を第一としており、生産ラインにベルトコンベアを置かないという徹底ぶり。こだわり抜かれた高度精密製品ということもあり、世界各国の限られた専門店でのみ取り扱われています。

音楽で作り手の想いを届ける「ラックスマン(LUXMAN)」

音の世界に独自のこだわりを持ち、現場そのものを再現することに情熱を注ぎ続けてきた老舗メーカーであるラックスマン。限りなく純粋な音楽を届けることを第一に掲げ、国内および海外でも高い評価を得ているんです。

 

音そのものはもちろんのこと、そこに込められた想いにフォーカスしています。作り手の想いや音の繊細なニュアンスを楽しみたい方には特におすすめです。

すでにフォノイコライザーが内蔵されていないかチェックしよう!

フォノイコライザー を購入する前に、お持ちのプレーヤー(ターンテーブル)やアンプに、フォノイコライザー機能が内蔵されていないかをチェックしましょう。前述の通り、フォノイコライザー機能が搭載されている場合は、別途購入する必要はありません。

 

これから機材を揃えていく場合や、とにかくアナログ音源を聞いてみたい!という方にはこのタイプがおすすめです。しかし、フォノイコライザーほど細かな調整はできませんので、こだわりが強い方はそれぞれの機材を揃えることをおすすめします。

 

近年、アナログブームが再熱しており、フォノイコライザー 機能を内蔵・搭載している製品も増えてきています。本格的に楽しむにはハードルが高いと感じる方は要チェックです!

安いもの・「温かみのある音」を求めるなら「中古品」

あまり金額に余裕はないけど、フォノイコライザーが欲しいという方や、まずは安いもので試してみたいという方は、中古品から選ぶのがおすすめです。新品だと手が届かない、という製品や掘り出し物が見つかる場合もあります。

 

エージングが必要ないのも大きなメリットです。エージングとは音楽に関係する電子製品や機材を音と馴染ませる作業です。エージングによって、柔らかで滑らかな音に変化するため、温かみのある音を好む方には特におすすめです。

 

しかし、あくまで中古品なので、長く使いたい方は新品を購入することをおすすめします。最近では新品でも安価な製品が多くあり、結果としてコスパがいいかもしれません。

フォノイコライザーの人気おすすめランキング10選

両対応モデルで高音質なフォノイコライザー

音質重視で開発されたフォノイコライザーです。振動に強い金属製のボディを採用するなど、高音質を確保するための部材を使用し、設計されています。日本国内で製造から販売までを行なっています。

 

付属のACアダプターにも、工夫がされているのが嬉しいポイントです。ノイズの少ない安定した回路を採用しています。

対応カートリッジ MM/MC 両対応 素材
調整機能

口コミを紹介

思っていた以上にコンパクトで、レコードプレーヤーの下に入れられたので良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

より忠実な音楽バランスを楽しめるフォノイコライザー

MM型/MC型両対応のフォノイコライザーです。フェーズメーションのアンプはすべて無帰還増幅回路を採用しており、ありのままに自然な音を再現してくれるんです。音楽の躍動感、ダイナミクス、陰影感の表現に至るまで、あらゆる音の表情を楽しめます。

対応カートリッジ MM型/MC型 両対応 素材
調整機能 カーブ

口コミを紹介

楽器の微妙な音質の表現、定位の正確さ、周波数帯域のバランスなどが、大幅に改善され、満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

洗練されたデザインが魅力のフォノイコライザー

パッと目を引くデザインが魅力のFono MM-MK3は「完璧」と評された Fono MMの進化版モデルです。 ノイズを軽減する効果をもつ高音質オーディオトランジスタ: LSK389を採用しています。

 

RIAA段と入力段を分けた構成により、入力時のノイズを大幅に抑えてくれるのが嬉しいポイント。音質回路への影響が最小限に抑えられているのも大きな特徴です。MM型に対応しています。

対応カートリッジ MM型 素材
調整機能

ローカットフィルター搭載のフォノイコライザー

DJ PRE IIには、フォノイコライザー回路が搭載されています。精度が高い上に、RIAAカーブに正確に沿っているため、ノイズを軽減してくれるんです。高音質、高性能にも関わらず、比較的手が届きやすい価格帯といえます。

 

最大の特徴は、フォノ・カートリッジの特性に合わせて、入力容量を100pFと200pFに切替えることができる点です。ローカットフィルターが搭載されており、サブソニック成分をカットしてくれます。

対応カートリッジ 素材 アルミニウム
調整機能 ローカットフィルター・ゲイン

口コミを紹介

音質の良いRock、R&B、Jazzなどを選んで聞いています。シンバル類の高音はしっかり伸び、ヴォーカルやギターの中音はちゃんと前に出て、ベースやバスドラの低音もリアルかつボリューム感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

E-200の後継機・更にグレードアップしたフォノイコライザー

ハイエンドメーカー・老舗メーカーとして紹介したラックスマンのフォノイコライザーです。「E-200」をベースに、構成部品を刷新して登場させた進化版モデルです。E-200の機能を引き継ぎ、新たに搭載された機能があります。

 

カートリッジの特性に合わせた負荷インピーダンス切り替えと、負荷容量切り替えが新たに追加されました。E-200同様、MC昇圧トランスを内蔵しています。

対応カートリッジ MM型/MC型 両対応 素材
調整機能 インピーダンス・二段階ゲイン切り替え・MC昇圧トランス内蔵・ローカットスイッチ

口コミを紹介

今回はデノンのカートリジ専用に同商品を購入。DP-500~E-250~パートリッジ昇圧トランス~ATM-1というシンプルな公正でレコード再生をたのしむ予定です。 

出典:https://www.amazon.co.jp

わかりやすく操作性の高いフォノイコライザー

ピアノやギターなどで有名な楽器メーカーYAMAHAのMM型対応のフォノイコライザーです。AC電源直結タイプ、ACアウトレット付きで安定した音質を求める方におすすめの商品です。CDラジカセに接続して使用できる珍しいタイプです。

 

楽器製造の権威である、YAMAHAだからこそ実現できた丁寧でフラットな音が特徴です。ディスクリート構成を採用しているのも魅力です。取り扱い商品のほとんどが中古です。

対応カートリッジ MM型 素材
調整機能 インピーダンス・カーブ

口コミを紹介

自然な感じの音だと思います。マイクロ精機のDD5・syureのM44Gで聞いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

お手持ちのシステムを簡単にグレードアップしてくれるフォノイコライザー

MM型/MC型両対応のフォノイコライザーです。メーカーであるプロジェクトの原点とも言える商品でもあります。プレイヤーの横に置いても、かさばらないのが嬉しいポイントです。シンプルなデザインも魅力ですが、操作性の高さにも注目!

 

「真のHi-Fi再生と言えるような高性能のフォノアンプを」というコンセプトの元、生み出されました。発売当初、大ヒットしたモデルです。

対応カートリッジ MM型/MC型 両対応 素材
調整機能

口コミを紹介

ノイズ感が少なく、刺激的な音をださずに程よい鈍さで丸く柔らかいアナログらしい音づくりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

MM/MC両対応・スイッチで切り替えられるフォノイコライザー

MM型/MC型をスイッチで切り替えられるフォノイコライザーです。VM(デュアル・マグネット)型にも対応できる珍しいタイプです。高音質FET入力によるRIAAイコライザー回路を採用しています。

 

ボディがアルミニウム合金なので、耐久性に優れています。ミニコンボなどで快適にレコードを楽しむことができる商品です。価格も比較的リーズナブルなので、初心者の方にもおすすめです。

対応カートリッジ MM型/MC型 両対応・VM型 素材 アルミニウム合金
調整機能 インピーダンス・ゲイン

口コミを紹介

おかけで40年前のレコードプレーヤー蘇りました。たまにソフトな音量のレコードも良いものです。デジタルが全てではありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

無帰還型回路を搭載したコスパが高いフォノイコライザーアンプ

繊細な表現を得意とするMM型/MC型両対応のフォノイコライザーです。口コミでも、音の表現を賞賛する声が多く、音の解像度を高めてくれるので、レコードならではの豊かな音の表情を楽しみたい方に特におすすめです。

対応カートリッジ MM型/MC型 両対応 素材 銅板
調整機能 ゲイン・インピーダンス・カーブ

口コミを紹介

音の解像度がまったく違います。今まで聴こえていなかった音が聴こえますし、音の定位感も向上した気がします。鳥肌ものの音です。レコードの音は本当はこんなに豊かだったんだと感激しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ・音質・デザインよしのコンパクトなフォノイコライザー

MM型対応のフォノイコライザーです。160gと軽量なので持ち運びたい方にも向いています。スッキリとしたデザインも魅力ですが、何よりも小さなボディに様々な工夫が施されているのが嬉しいポイントです!

 

高音質IC(集積回路)をイコライザー回路に採用しており、安定した音質で音楽を楽しむことができます。ジャック部分ノイズが発生しづらい金メッキで構成されており、接続部分からのノイズを軽減してくれます。

対応カートリッジ MM型 素材 メタル
調整機能

口コミを紹介

たまたま目にしたのがこの製品でした。使うまでは、ダメ元でしたがいざ使ってみるとなかなかの優れものでした。コスパにも優れ「さすがオーディオテクニカ!」でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

フォノイコライザーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6858570の画像

    Audio Technica

  • 2
    アイテムID:6858714の画像

    PHASEMATION

  • 3
    アイテムID:6858763の画像

    Audio Technica

  • 4
    アイテムID:6858883の画像

    PROJECT

  • 5
    アイテムID:6858950の画像

    ヤマハ

  • 6
    アイテムID:6859097の画像

    LUXMAN

  • 7
    アイテムID:6859446の画像

    ART

  • 8
    アイテムID:6859369の画像

    rega

  • 9
    アイテムID:6859320の画像

    PHASEMATION

  • 10
    アイテムID:6858514の画像

    バード電子

  • 商品名
  • フォノイコライザー AT-PEQ3
  • フォノイコライザー EA-200
  • フォノイコライザー AT-PEQ20
  • PHONOBOX/SL スタンダードMM/MCフォノアンプ
  • フォノイコライザー HA-5
  • MC/MM対応フォノイコライザー E-250
  • フォノ・イコライザー・アンプ DJ PRE II  国内正規輸入品
  • フォノイコライザーアンプ MM FONO MM-MK3
  • フォノイコライザー EA-300
  • フォノイコライザー PEQ1 MM/MCカートリッジ対応
  • 特徴
  • コスパ・音質・デザインよしのコンパクトなフォノイコライザー
  • 無帰還型回路を搭載したコスパが高いフォノイコライザーアンプ
  • MM/MC両対応・スイッチで切り替えられるフォノイコライザー
  • お手持ちのシステムを簡単にグレードアップしてくれるフォノイコライザー
  • わかりやすく操作性の高いフォノイコライザー
  • E-200の後継機・更にグレードアップしたフォノイコライザー
  • ローカットフィルター搭載のフォノイコライザー
  • 洗練されたデザインが魅力のフォノイコライザー
  • より忠実な音楽バランスを楽しめるフォノイコライザー
  • 両対応モデルで高音質なフォノイコライザー
  • 価格
  • 4660円(税込)
  • 72928円(税込)
  • 15600円(税込)
  • 15550円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 121800円(税込)
  • 6800円(税込)
  • 36500円(税込)
  • 203220円(税込)
  • 26400円(税込)
  • 対応カートリッジ
  • MM型
  • MM型/MC型 両対応
  • MM型/MC型 両対応・VM型
  • MM型/MC型 両対応
  • MM型
  • MM型/MC型 両対応
  • MM型
  • MM型/MC型 両対応
  • MM/MC 両対応
  • 素材
  • メタル
  • 銅板
  • アルミニウム合金
  • アルミニウム
  • 調整機能
  • ゲイン・インピーダンス・カーブ
  • インピーダンス・ゲイン
  • インピーダンス・カーブ
  • インピーダンス・二段階ゲイン切り替え・MC昇圧トランス内蔵・ローカットスイッチ
  • ローカットフィルター・ゲイン
  • カーブ

フォノイコライザー・フォノアンプ・ヘッドアンプの違いとは?

実は、フォノイコライザー とフォノアンプ、ヘッドアンプ呼び方が違うだけで、同じものなんです。ここでは、少し詳しくこれらの呼称の違いがなぜ生まれるのか?を説明します。

 

そもそも、フォノとは、レコードの音を拾うカートリッジの出力(入力)を担う部分のこと。アンプは増幅器、イコライザーは、低音と高音の増幅度を自動調整して同じ音量に整える等価器です。

 

ヘッドアンプという名称は、レコードから拾った電気信号を最初に入れることに由縁しています。そのため、アンプにフォノ入力がない場合は、別途外付けのこれらの機材が必要になるんです。

フォノイコライザーで高音を小さく・低音を大きく

フォノイコライザーとは?でも軽く触れましたが、ここではもう少し詳しくフォノイコライザーがどんな効果をもたらすのかを解説します。実は、レコードプレーヤーにはCDと比べて幅広い周波数が記録されているんです。

 

そのまま音を拾っていくと、低音は針の振り幅が大きくなり、レコードに記録することすらできません。逆に高音は振り幅が小さすぎて、ノイズが混ざりやすくなるんです。そこで、レコード用にカーブをかけて低音は小さく、高音は大きく録音しています。

 

フォノイコライザー低音を大きく、高音を小さく補正してくれます。このように、収録時と逆のカーブをかけることで、フラットな音・原音に近い状態に整えているんです。

フォノイコライザーの使い方

MM型のフォノイコライザーの使い方はとっても簡単。MMカートリッジからPHONO入力に端子を繋ぎ、アンプに接続するだけです。MC型の場合は先述したとおり、別途機材が必要になるので、ここでは繋ぐ際の順番を紹介します。

 

MC型のフォノイコライザーは昇圧トランスが必要になります。MCカートリッジから昇圧トランス、フォノイコライザー、アンプの順番に接続してください。

上級者向け・カスタマイズ可能な真空管

フォノイコライザーの中には真空管を搭載したものもあります。真空管搭載のフォノイコライザーは自分でカスタマイズできるので、マニアや上級者に好まれているんです。

 

他のタイプのフォノイコライザーとの大きな違いは、そのデザイン性にあります。真空管が剥き出しになっているものや、ビジュアルが魅力的な製品が多いので、インテリアにこだわる方にもおすすめです。

 

真空管の種類によって、音質や音圧が大きく変化するのも特徴です。自分好みの音にこだわりたい方はチェックしてみてくださいね。

まとめ

レコードプレーヤー(ターンテーブル)と同じく、フォノイコライザーにも様々な種類があります。初心者向けのリーズナブルなものからとことんこだわり抜いた本格的なものまで幅広く展開されています。ぜひこの機会に、アナログ音源に挑戦してみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事