堂場瞬一の人気おすすめランキング10選【個性的なキャラが登場】

記事ID2241のサムネイル画像

堂場瞬一さんは情熱的な人間ドラマのスポーツ小説や、人物描写が魅力的な警察小説を多く執筆されています。ここでは堂場瞬一作品のおすすめランキング10選をご紹介していきますので、面白い小説をお探しの方は是非参考にして頂ければと思います。

速筆で数多くの警察小説を手がける堂場瞬一

堂場瞬一さんは茨城県出身、青山学院大学国際政治経済学部卒業の男性作家です。1986年に読売新聞東京本社に入社し、社会部記者やパソコン雑誌編集者を務めるかたわら小説を執筆し、2000年に第13回小説すばる新人賞を受賞し、デビューを果たします。

 

新聞記者出身ということもありかなりの速筆で、数多くの作品を執筆されています。ジャンルとしては主に警察・スポーツ小説を執筆しており、個性的なキャラクターや社会性を含んだ作風が特徴です。

 

今回は堂場瞬一作品の、人気、タイプ、ページ数、出版日を観点にランキングを作成いたしました。堂場瞬一さんの面白い作品をお探しの方は、是非ランキングを参考にして、自分好みの作品を見つけて頂ければと思います。

堂場瞬一の人気ランキング10選

10位

集英社

検証捜査

価格:886円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人物描写に注目

神谷警部補は警視庁捜査一課の敏腕刑事でしたが、伊豆大島署に左遷中でした。そんな中、彼に本庁刑事部長から神奈川県警に出頭命令が下ります。その特命は、連続婦女暴行殺人事件の犯人を誤認逮捕した県警そのものを捜査することでした。

 

本庁、大阪、福岡などから刑事が招集されチームを編成、検証を進めるうち、県警の杜撰な捜査ぶりが発覚します。警察内部の攻防、真犯人追跡、息づまる死闘、神谷が暴く驚愕の真実を描いた本格警察小説です。

 

登場人物たちの絡み合いや事件の先が気になってどんどん読み進めてしまいます。主人公の神谷や、ヒロインの凛など、個々の心情を感じながら読むと面白く、人物描写に力が入っている作品です。登場人物の掛け合いだけでも面白いので、警察小説が苦手な人にもおすすめです。

ジャンル警察小説ページ数528ページ
出版日2013/7/19

口コミを紹介

堂場瞬一さんらしい,緊張感のある作品です。シリーズで読みたい

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

角川書店(角川グループパブリッシング)

逸脱 捜査一課・澤村慶司

価格:720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人気シリーズ1作目

10年前の未解決事件を模倣した連続殺人、立て続けに3人の惨殺体が見つかります。県警捜査一課の澤村は、コンビを組む初美とプロファイリング担当の橋詰と犯人を追いますが、上司と激しく衝突し孤立を深めてしまいます。

 

澤村は過去に自分が犯した失態により心に大きな傷を抱えており、トラウマを払拭すべく澤村が捜査に邁進する中、さらに4人目の犠牲が出てしまうこととなります。被害者の共通点を洗うと、浮かび上がってきたのは意外な人物でした。

 

堂場瞬一さんの本を何冊か読んでいて気にいっている人には期待通りの面白さで失望させない小説です。二面的なストーリー展開を楽しむことができ、スピード感もあり、どんどん読めてしまいます。澤村の特殊能力と、彼をバックアップするメンバーの掛け合いが面白く、シリーズ作品なので気に入った方は続編もおすすめです。

ジャンル警察小説ページ数455ページ
出版日2012/9/25

口コミを紹介

スリリングで、面白い展開でした。途中から犯人の目星がついてきましたが、
最後まで、ハラハラドキドキです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

角川春樹事務所

交錯 警視庁追跡捜査係

価格:741円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

刑事の個性のぶつかり合い

白昼の新宿で起きた連続殺傷事件、無差別に通行人を切りつける犯人を体当たりで刺し、その行動を阻止した男がいました。しかし男はそのまま現場を立ち去り、そして月日が流れます。未解決事件を追う警視庁追跡捜査係の沖田大輝は、犯人を刺した男の僅かな手がかりを探し求めていました。

 

一方、同係の西川大和は、都内で起きた貴金属店強盗を追って、盗品の行方を探っており、二人の刑事の執念の捜査が交錯し、それぞれの事件は驚くべき様相を見せはじめます。

 

未解決事件を追う警視庁追跡捜査係を描いた作品で、クールな刑事と熱血な刑事のぶつかり合いを楽しむことができます。窃盗と殺人未遂という別々の事件を二人の刑事が反目しあいながらも協力し、犯人を追い詰めるというシーンは、警察小説が苦手な方にも面白く感じるのではないでしょうか。

ジャンル警察小説ページ数420ページ
出版日2010/1/1

口コミを紹介

個性溢れる刑事たちが面白い。これからの展開が楽しみなシリーズである。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

実業之日本社

ミス・ジャッジ

価格:741円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

傑作野球エンターテインメント

ボストンレッドソックスの先発投手として、メジャーデビューを果たした橘、暗い過去を秘めた日本人初のMLBアンパイア竹本、高校・大学時代の確執を引きずるふたりの人生が、大リーグを舞台に再び交錯することになります。

 

たった1球の判定が明暗を分ける熾烈な世界で、因縁の闘いに決着はつくのか、強烈な自負心と深い孤独を抱えた男たちのドラマを描いた作品です。ピッチャーが投げた投球がコースぎりぎりだった場合にストライクかボールかという人の判断によって変わる部分に焦点を当ており、2人以外の登場人物も個性が際立っていて物語に引き込まれていきます

 

この作品の主人公・橘投手は、「たった一球」をボールと判定されたことにより、のたうちまわることになり、野球のコクと面白みが堪能できる一冊です。野球好きな方にはかなりおすすめです。

ジャンルスポーツ小説ページ数432ページ
出版日2011/4/5

口コミを紹介

現実の選手たちとの会話を聞いている感じがリアル。読み進むうちに自分と重ねてしまうことでドキドキ感が倍増です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

中央公論新社

蝕罪 警視庁失踪課・高城賢吾

価格:926円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間の深みを知る小説

行方不明者を捜す専門部署として警視庁に設立された失踪人捜査課の実態は厄介者が寄せ集められたお荷物部署でした。ある事件により全てを失い酒浸りになった刑事・高城賢吾が配属され、着任早々結婚を間近に控え、なぜか失踪した青年の事件が持ちこまれます。

 

警視庁失踪課・高城賢吾シリーズの第1作目にあたる作品です。普通の刑事といえば、殺人犯捜査を行う「一課」をすぐ思い浮かべますが、物語の主体になっているのは、失踪者を探す仕事がメインの失踪課という珍しい構成です。

 

過去の暗闇を背負いながら失踪者を追い続ける主人公とその同僚たち、高城賢吾という一人の傷を負った人間と失踪者と失踪者家族、その周辺の人々など、それらの心と心、感情と感情が微妙に交差しながらクライマックスへ進んでいく、ページを進める手が止まらなくなる一冊です。

ジャンル警察小説ページ数483ページ
出版日2009/2/1

口コミを紹介

外的な面目維持のために設立された警視庁失踪人捜査課。
そこへ配属となった高城賢吾警部は、心に傷を負い酒びたりの暗い過去を引きずっている。
もっとも、失踪人捜査課自体が、わけあり警官の寄せ集め的な部署。
そんななか、結婚間近の婚約者の捜索依頼が舞い込む。
美人警官とコンビを組み、捜査にあたる高城だが…。
シリーズ1作目ということもあり、紹介的な内容だが、
無理のないストーリー展開で、そつなく読ませます。
これからの展開が気になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

文藝春秋

アナザーフェイス

価格:788円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

累計60万部突破の人気シリーズ

警視庁刑事総務課に勤める大友鉄は、小学校二年生の息子と二人暮らしの33歳で、捜査一課に在籍していましたが妻に先立たれ、男手一つで息子を育てることを宣言し、育児との両立のために異動を志願して二年が経っていました。


そこに銀行員の、6歳になる息子が誘拐される事件が発生します。身代金の受け渡し場所は、五万人が集まる東京ドームのコンサート会場で、捜査一課時代の上司・福原は大友のある能力を生かすべく、特捜本部に彼を強引に投入します。

 

昼休みにはスーパーのチラシを吟味し、夕食の献立を考える毎日を過ごす、堂場瞬一さんの警察小説の中では、最も刑事らしくない刑事が登場する作品です。動機は何なのか、犯人はいったい何者なのか、巧妙な身代金受け渡しの描写などは、手に汗握る展開で、緊迫して読むことができます。

ジャンル警察小説ページ数428ページ
出版日2010/7/9

口コミを紹介

堂場瞬一シリーズを愛読しています。今後も楽しみにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

実業之日本社

大延長

価格:741円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高校野球小説の決定版

夏の甲子園決勝、。公立の進学校・新潟海浜と甲子園の常連・東京の私立恒正学園の勝負は延長15回で決着がつかず、翌日の再試合に持ち越されます。監督は、大学時代のバッテリー同士で、海浜のエースと恒正の四番バッターは、リトルリーグのチームメイトです。

 

お互いの過去と戦術を知り尽くした勝負の行方と、球場に出現した奇跡の舞台で交錯する人間ドラマをスポーツ小説の旗手が圧倒的な筆力で描ききった、野球小説の名作となっています。読むと勇気が湧いてくる小説で、野球を知らない人でも問題なく読むことができ、スポーツをしていない人、スポーツをしている人、全ての人におすすめです。

 

野球というスポーツの面白さはもとより、試合を通じ変化していく選手たちの心の変化、そして試合そのものだけでなく人生にも延長戦があるということを示唆してくれる展開は爽快感があります。

ジャンルスポーツ小説ページ数432ページ
出版日2011/6/4

口コミを紹介

久しぶりに、まっすぐなそしてドキドキする物語を読みました。野球ファンとしては平均以下の者だと思いますが、選手一人一人の心の動き、両軍の監督達の試合の駆け引きの裏側が手にとるようにわかり、これまでの甲子園全国高校野球大会の名試合の場面を思い出しました。そして年々自分とはとしが離れて行く若い選手に重ね合わせた人生の日々を振り返り、青春をこうしてゆっくりと味わいなおすことができました。堂場さん、熱い人生の応援物語をありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

中央公論新社

雪虫

価格:926円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新本格警察小説

祖父・父を継いで新潟県警捜査一課の刑事となった鳴沢了は、晩秋の湯沢で殺された老女が、かつての宗教教団の教祖で五十年前に殺人事件に関わったことを突き止めます。了は二つの事件の関連を確信するが、捜査本部長の父はなぜか了を事件から遠ざけます。正義は、そして歳月は、真実を覆い隠すのか、堂場瞬一さんの第2作目にあたる作品です。

 

ストイックなまでの主人公と警察署長の父、そして祖父の思い、3代続く警察官のそれぞれの時代背景をバックに次第に解き明かされる事件の真相、見えそうで見えない犯人像を追い詰め、そして行き着く先に待ち受ける「人間性」を描いた硬派な内容の作品です。

 

事件を追うことにすべてを費やす生き方、妥協を潔しとしない姿勢が、ハードボイルド的な魅力を醸し出しており、さまざまな対比を横糸に、緊張感をもって結末まで一気に読み進めることができます。

ジャンル警察小説ページ数476ページ
出版日2004/11/1

口コミを紹介

偶然駅で列車を待っている間に見つけたこの一冊で著者の虜になりました。湯沢町や県内の箇所が登場するのも嬉しかったです。それからずっと堂場さんの作品を読んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

実業之日本社

ラストダンス

価格:741円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

引退ドラマを濃密に描く感動作

プロ野球<スターズ>の同期、真田誠と樋口孝明の野球人生は常に対照的なものでした。ドラフト2位で即戦力と期待された樋口はついにレギュラーを奪えず、真田はドラフト5位から球界を代表するスター選手へとのし上がります。

 

そして今季、球界最年長・40歳の二人に引き際が訪れ、二軍監督要請という形で引退勧告を受けた樋口に対し、真田はシーズン半ばで突然引退会見を行います。ところが引退宣言以降の登板で真田は連勝、低迷していたチームも優勝争いにからむ快進撃を始め、正捕手の負傷で一軍に昇格した樋口が、17年ぶりに真田とバッテリーを組む日が到来します。

 

予想外に展開する引退ドラマを描いた作品で、キャリアの終盤に差し掛かかった因縁のある二人が、ともに力を合わせて偉業を達成する、野球というスポーツに興味がなくても、人間ドラマとして読ませる面白さがあります。

ジャンルスポーツ小説ページ数232ページ
出版日2012/6/15

口コミを紹介

球界で対照的な人生を送ってきた同期の二人のラストイヤー。

スポーツという、加齢による限界があり、終盤は下り坂になる選手が多い業界を舞台に
プロ野球のシビアさや人間関係、人物の心情がリアルに描かれている。

物語の出来事自体は非現実的、理想を通り越して都合が良すぎるのは確かだが、
野球ファンにとってはそれを許せるほど詳しい心理の描写や深みがあるのではないか。

日々元気のない「おじさん」が増えていそうな日本で、40前後のおじさんたちの活躍する物語はスカッとする。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

実業之日本社

チーム

価格:741円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツ小説の金字塔

箱根駅伝出場を逃した大学のなかから、予選で好タイムを出した選手が選ばれる混成チーム「学連選抜」、究極のチームスポーツといわれる駅伝で、いわば敗者の寄せ集めの選抜メンバーは、何のために襷をつなぐのか、選手たちの葛藤と激走を描ききったゴールの瞬間まで目が離せないノンストップ駅伝小説です。

 

単にスポーツ小説として面白いだけでなく、チームのまとめかたや適材適所の配置など、経営にも通じるところがあり、興味を持てる方は多いのではないでしょうか。

 

箱根駅伝好きな方におすすめの小説で、現実味、躍動感、スピード感があり、一気に最後まで読み進めてしまいます。マラソン経験者なら誰もが手に汗握る展開になっており、特にレースシーンは読み応え満載です。今まで箱根駅伝をテレビで見ていて気にとめていなかった方でも、箱根駅伝の見方が変わる一冊です。

ジャンルスポーツ小説ページ数448ページ
出版日2010/12/4

口コミを紹介

どこまでも自分のペースを崩さない山城は本当に駅伝できるの?
浦は過去の自分を乗り越えられるの?と
気になりつつ、駅伝の実況中継を見ている感じで疾走するように読みました
箱根駅伝が好きな方には 絶対お勧めです!

出典:https://www.amazon.co.jp

堂場瞬一作品の選び方

堂場瞬一さんは速筆ということもあり、多くの作品を執筆されていますが、初めて読むという方はどの作品から読めばいいかわからない人が多いのではないでしょうか。ここでは堂場瞬一作品の選び方のポイントをご紹介していきますので、是非参考にしてください。

ジャンルで選ぶ

ここでは作品のジャンルごとの特徴やおすすめをご紹介していきます。人によって好みの作品や楽しみ方は異なる為、自分に合っているジャンルの作品を選ぶとスムーズに読み進めることができます。

警察小説で選ぶ

ミステリーやサスペンスが好きな方には警察小説がおすすめです。堂場瞬一さんは多くの警察小説を執筆されており、種類も豊富です。王道の刑事ものの作品から、珍しい部署をピックアップしている作品など、斬新なものもあります。

 

堂場瞬一さんの警察小説で特徴的なのが、登場キャラクター達の強い個性です。人物描写に力が入っており、キャラクター達の掛け合いが面白く、ミステリー・サスペンスに興味がない人でも楽しんで読むことができます。

スポーツ小説で選ぶ

堂場瞬一さんはスポーツ小説も得意としており、デビュー作はスポーツ小説でした。スポーツ作品のジャンルは多岐に渡り、野球、陸上競技、ラグビー、プロレス、フリークライミングなどがあります。

 

非常に多くのジャンルのスポーツ小説を執筆されているので、自分の経験したスポーツの小説を選ぶと、共感できるところも多く、より楽しむことができると思います。スポーツ小説の中では、野球、陸上競技の作品の人気が非常に高いです。

文学的評価で選ぶ

文学的評価は、著名な作家からの評価や、文学関係者からの評価ということになります。やはり、著名な作家から評価されている作品などは、世間の注目度も高く、それに比例して人気も高くなります。

文学賞受賞作品で選ぶ

文学賞とは、優れた文学作品を執筆した作家など、優れた文学活動に対して与えられる賞のことです。有名な芥川賞や直木賞などは、文学に詳しくない人でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

文学賞候補というものもあり、候補にノミネートされるだけでもかなりの注目度を得ることになります。堂場瞬一さんは、小説すばる新人賞を受賞しており、吉川英治文学新人賞候補にノミネートされています。話題を呼んだ作品なので、本好きな方は必見です。

デビュー作で選ぶ

作家のデビュー作にあたる作品は文学的評価が高い作品が多いです。堂場瞬一さんは2000年に「8年」という作品でデビューしており、第13回小説すばる新人賞を受賞されています。

 

こちらのデビュー作は堂場瞬一さんのルーツとなる作品になっており、堂場瞬一さんの原点を知ることができるので、ファンの方におすすめです。

映像化作品・シリーズ作品で選ぶ

堂場瞬一さんの作品を初めて読むという人、何冊も読んでいる人など、人それぞれだと思いますが、それぞれに合った選び方をすると、より満足感を得ることができます。

ドラマ化されている作品で選ぶ

堂場瞬一さんの作品を初めて読むという方や、活字が苦手な方におすすめなのが、映像化された作品です。多くの作品がドラマ化されている為、堂場瞬一さんの作品を見たことがなくとも、ドラマは見たことがあるという方は多いのではないでしょうか。

 

映像は頭に残りやすいので、見たことがあるドラマの小説を読むと、より内容を理解しやすくなるので、読書をあまりしないという人にもおすすめです。

シリーズ作品で選ぶ

シリーズ作品は、長期間読書を楽しみたい人などにおすすめです。堂場瞬一さんのシリーズ作品は、警察小説が多く、シリーズを通して読むことで、キャラクターへの愛着が湧き、ずっと読んでいたくなるような感覚になります。

 

人物描写が上手いことも合わさって、人気が高いです。

読みやすさで選ぶ

自分にとって読みやすい作品を選ぶことは重要です。読書で満足感を得るためには、自分に合った読みやすい作品を選びましょう。

ページ数で選ぶ

小説のページ数は、作品によって異なります。一般的には200ページから500ページの小説が多く、400ページを超えると長編小説と呼ばれることが多いです。じっくりと読書を楽しみたい方はページ数が多い小説、活字にまだ慣れていない人はページ数が少ない小説がおすすめです。

レビューで選ぶ

作品のレビューを見ると、その作品を読んだ感想や作風などを確認することができます。自分好みの作品を探しやすくなりますが、中にはネタバレを含んだものも存在するので、確認する際には注意が必要となります。

堂場瞬一のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4891700の画像

    実業之日本社

  • 2
    アイテムID:4891720の画像

    実業之日本社

  • 3
    アイテムID:4891727の画像

    中央公論新社

  • 4
    アイテムID:4891733の画像

    実業之日本社

  • 5
    アイテムID:4891752の画像

    文藝春秋

  • 6
    アイテムID:4891758の画像

    中央公論新社

  • 7
    アイテムID:4891771の画像

    実業之日本社

  • 8
    アイテムID:4891781の画像

    角川春樹事務所

  • 9
    アイテムID:4891787の画像

    角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 10
    アイテムID:4891790の画像

    集英社

  • 商品名
  • チーム
  • ラストダンス
  • 雪虫
  • 大延長
  • アナザーフェイス
  • 蝕罪 警視庁失踪課・高城賢吾
  • ミス・ジャッジ
  • 交錯 警視庁追跡捜査係
  • 逸脱 捜査一課・澤村慶司
  • 検証捜査
  • 特徴
  • スポーツ小説の金字塔
  • 引退ドラマを濃密に描く感動作
  • 新本格警察小説
  • 高校野球小説の決定版
  • 累計60万部突破の人気シリーズ
  • 人間の深みを知る小説
  • 傑作野球エンターテインメント
  • 刑事の個性のぶつかり合い
  • 大人気シリーズ1作目
  • 人物描写に注目
  • 価格
  • 741円(税込)
  • 741円(税込)
  • 926円(税込)
  • 741円(税込)
  • 788円(税込)
  • 926円(税込)
  • 741円(税込)
  • 741円(税込)
  • 720円(税込)
  • 886円(税込)
  • ジャンル
  • スポーツ小説
  • スポーツ小説
  • 警察小説
  • スポーツ小説
  • 警察小説
  • 警察小説
  • スポーツ小説
  • 警察小説
  • 警察小説
  • 警察小説
  • ページ数
  • 448ページ
  • 232ページ
  • 476ページ
  • 432ページ
  • 428ページ
  • 483ページ
  • 432ページ
  • 420ページ
  • 455ページ
  • 528ページ
  • 出版日
  • 2010/12/4
  • 2012/6/15
  • 2004/11/1
  • 2011/6/4
  • 2010/7/9
  • 2009/2/1
  • 2011/4/5
  • 2010/1/1
  • 2012/9/25
  • 2013/7/19

まとめ

ここまで堂場瞬一作品のおすすめランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。堂場瞬一さんの面白い作品をお探しの方は、是非ランキングを参考にして、自分好みの作品を見つけて頂ければと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ