水彩絵の具の人気おすすめランキング10選【大人にも】

記事ID21451のサムネイル画像

お子さまの遊びにも、大人の習い事にも人気の水彩画。水彩絵の具は多様な商品が様々な価格で販売されており、選択に迷ってしまいませんか?そこで今回は、透明度や絵の具の形状、有名メーカーに着目し、水彩絵の具の選び方やおすすめの水彩絵の具をランキング形式でご紹介します。

水彩画には魅力が溢れている

自分で描いた水彩画を、絵はがきにして大切な人へ送ったり、部屋にインテリアの一部として飾ったりしたら、素敵ですよね。水彩画は、透明感があり、淡く繊細でみずみずしい表現ができるので、花や風景、動物など、どんな絵も鮮やかに彩ってくれます。

 

水彩画は、色を間違えると修正できない点などから、一見初心者には難しいように思えます。しかし、絵の具以外に特別な道具を必要としない点や、道具を簡単に水で洗い流すことが可能な点から、実は油絵などの他の絵画に比べて挑戦のハードルが低い絵画なのです。

 

まず、水彩画を始める上で揃えなければいけないのが絵の具です。水彩絵の具の種類は多く、初めて水彩画を始める人はどれが良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、水彩絵の具の選び方やおすすめ商品のランキングをご紹介します。

水彩絵の具の選び方

水彩絵の具は、どこで絵を描くのか、誰が描くのかによって選び方が異なります。ここでは、描きたい絵の透明度、絵の具の形状、絵を描く場所、メーカーに分けて、水彩絵の具の選び方をご紹介します。

描きたい絵の透明度で選ぶ

水彩絵の具は、顔料とバインダーの割合で、透明水彩、不透明水彩、半透明水彩の3つに分けることができます。バインダーの濃度が高いものが透明水彩絵の具、低いものが不透明水彩です。まずは描きたい絵をイメージしてみましょう。

絵はがきなら「透明水彩」

透明水彩(ウォーターカラー)の特徴は、他の絵画にはない透明感と、色を重ね塗りすることで表現できる深み。「にじみ」によって生まれる濃淡の差と、「ぼかし」によって生まれるグラデーションが、鮮やかな透明感と深みのある色を表現します。

 

この「にじみ」と「ぼかし」は透明水彩ならではの技術で、他の絵画では表現が難しいと言えます。また、パレット上で色を出すだけではなく、紙の上で色を重ね塗りすることができるため、紙の質感によっても表現の幅が広がります。

 

透明水彩の絵の具は、色を塗る範囲が狭い絵と相性が良いため、絵はがきやポストカードなど、サイズが小さい紙におすすめです。

大きい紙に塗るなら「不透明水彩」

不透明水彩(ガッシュ)の特徴は、塗り重ねても下の色が透けない点と、塗りのムラが比較的出にくい点です。透明性がなく、上の色が覆い被さる表現が可能なため、厚みのある絵を表現します。また、色の修正も可能なため、色を塗って失敗する心配がありません。

 

不透明水彩の絵の具は、色の塗りムラが比較的出にくいため、大きい紙のサイズにおすすめです。不透明水彩は乾くのが遅いため、自分の時間をゆっくり楽しみたい人にもおすすめです。

両方楽しみたい人は「半透明水彩」

「透明水彩も不透明水彩も、両方を楽しみたい。でも、両方の絵の具を買うのは高くなってしまう」と考えている人は、半透明水彩の絵の具がおすすめです。

 

半透明水彩は、水を混ぜる割合で、透明水彩も不透明水彩も楽しめる優れもの。小学校の時に使った絵の具はこの半透明水彩の絵の具が多く、使用したことのある人も多いのではないでしょうか。

 

半透明水彩の絵の具は、表現の幅や塗り方が多様なので、お子様が絵を学んだり、表現力を高めたりするのにおすすめです。また、水彩画をこれから始める人は、透明水彩と不透明水彩の両方を学んで表現の幅を広げられる半透明水彩の絵の具がおすすめです。

絵の具の形状で選ぶ

絵の具の形状には、チューブタイプ、固形タイプの2種類があり、固形タイプはケーキカラーとパンカラーに分かれます。この形状は、どこで描くかという点がポイントとなるので、自分が絵を描いている場所をイメージしてみましょう。

屋内で描くなら「チューブタイプ」

チューブタイプは、小学校で使用した人も多いのではないでしょうか。このチューブタイプは、水バケツやパレットの道具を必要とするため、自宅で絵を描く人におすすめです。また、伸びがよく広範囲を塗ることに適しているので、大きなサイズの紙に絵を描く時にもおすすめ。

 

最も普及している水彩絵の具の形状と言っても過言ではなく、カラーバリエーションが豊富な点や、セットでも単色でも入手できる点、本格的な画材店に行かずにスーパーなどでも手に入る手軽さも利点です。その上扱いやすいことから、お子様にもおすすめのタイプです。

 

透明水彩、不透明水彩、半透明水彩の3つの透明度から選ぶことができます。

屋外で簡単にスケッチするなら「ケーキカラー」

ケーキカラーは、乾燥させた絵の具を固形状にした絵の具で、水を含ませた筆で色を溶いて使用します。絵の具が固形状で持ち運びしやすいため、屋外で絵を描きたい人におすすめです。透明水彩、不透明水彩の2つの透明度から選ぶことができます。

 

他のタイプに比べて比較的リーズナブルで、セットでも単色でも購入が可能なため、気軽に水彩画に挑戦したい人におすすめです。また、扱いやすく汚しにくいことから、お子様にもおすすめです。

屋外で本格的な透明水彩が味わえる大人に人気の「パンカラー」

パンカラーは、半乾きの固形状の絵の具です。携帯性が高いので屋外で絵を描きたい人におすすめです。手軽に使えるため、ポストカードなどの小さいサイズの紙に描くのが向いています。

 

パンカラーのカラーバリエーションは少ないですが、混ぜても美しい色を出すことができる上に、発色性が良いので、プロや本格派に挑戦したい人におすすめです。また、絵の具が劣化しにくいため、同じ絵の具を使って長く作品を描くことを楽しみたい人におすすめです。

 

パンカラーは、大人の習い事でも使われる水彩絵の具です。透明水彩のタイプのみなので、透明水彩を描きたい人は、発色性が良く鮮やかな色を味わえるパンカラーがおすすめです。

持ち運びにはパレット・筆が一緒になった「セット」

固形タイプの水彩絵の具は、蓋がパレットになったケースを使用した、機能性の高い商品が人気です。屋外への持ち運びもしやすく、整理整頓もしやすいのがメリットです。また、筆やスポンジがセットになっているものは、より機能性が上がります。

 

パレットが蓋になっているものの他、小学校でよく使われる、チューブタイプの絵の具、水バケツ、筆、雑巾等がセットになっているものも販売されています。通販の方が安く購入できるものもありますので、小学校入学時にはそちらも検討してみてくださいね。

メーカーで選ぶ

水彩絵の具は、日本からも海外からも多くの種類が出ています。メーカーによって特徴があるのなら、その特徴を知ってから購入したいですよね。ここでは、有名なメーカーとその特徴を紹介します。

水彩絵の具と言えば「ホルベイン」

ホルベインは、絵画材料の製造販売を行う日本の企業で、明治33(1900)年に創業された、100年以上絵画の世界で活躍する歴史のある企業です。プロからアマチュアまで、ユーザー数が多いので、「水彩絵の具といえばホルベイン」と考える人も多いのではないでしょうか。

 

透明水彩絵の具、不透明水彩絵の具、パンカラー、ケーキカラーを取り扱っており、その色のバリエーションは、それぞれ、全108色、全89色、全48色、全26色と、とても豊富です。また、絵の具だけではなく、水彩用メディウムや新顔料も豊富です。

 

他社と比較して、顔料に対してバインダーが多く配合されているので色が濃く鮮やかに発色します。また、褪色が少ないのも特徵です。下記サイトは、ホルベインの公式サイトです。気になった人は、ぜひご覧になってみてくださいね!

お子様にも初心者にもおすすめ「ぺんてる」

ぺんてるは使いやすさが特徴の、小学校で使用されることが多いメーカーです。発色が良く、混色しても鮮やかなままで、色のりも良いため塗りやすいです。ぺんてるの水彩絵の具は、学校の先生の意見から生まれた「ポリチューブ入り」と「ラミネートチューブ入り」があります。

 

ポリチューブは、弱い力でも最後まで絞り出しやすいソフトチューブと、片手で開け閉めできるワンタッチキャップを使用しているので、小さなお子様におすすめの絵の具です。また、細口と大口を選んで絵の具を出せるのも利点です。

 

ラミネートチューブ入りの絵の具は、絞りやすくて丈夫なのが特徴です。ラミネートチューブ入りの絵の具のカラーバリエーションは全26色で、混色を楽しめる種類数です。下記サイトは、ぺんてるの公式サイトです。気になった人は、ぜひご覧になってみてくださいね!

使い続けたい人には「サクラクレパス」

サクラクレパスもぺんてると同様、小学校で使用されることが多いメーカーです。ポリチューブとラミネートチューブの絵の具があるのも同様です。

 

ぺんてると異なる点は、マット水彩絵の具、チューブタイプの透明水彩絵の具、固形タイプの透明水彩絵の具、筆やパレットも同時に揃う水彩セット、幼児用の絵の具など、様々なシーンに合わせて選べる商品が取り扱われているところです。

 

色のバリエーションは、マット水彩絵の具が全24色、チューブタイプの透明水彩絵の具が全12色、固形タイプの透明水彩絵の具が全96色。下記サイトは、サクラクレパスの公式サイトです。気になった人は、ぜひご覧になってみてくださいね!

混色を楽しみたい人には「ターナー色彩」

ターナー色彩の水彩絵の具は、全54色のうち37色が単一顔料で作られています。そのため、混色しても色が濁らず鮮やかに発色し、自然で深みのある仕上がりになるのが特徴です。また、その顔料は耐光性が強いため、鮮やかで美しい仕上がりが長期間保たれます。

 

人体や環境に有害な原材料が使われていないため、お子さまにも安心。お子さまの大切な作品を長く飾ることができる優れた水彩絵の具です。下記サイトは、ターナー色彩の公式サイトです。気になった人は、ぜひご覧になってみてくださいね!

品質にこだわりたい人には「Winsor&Newton(ウィンザー&ニュートン)」

Winsor&Newton(ウィンザー&ニュートン)は、世界で最も大きなイギリスの画材メーカーです。このメーカーの絵の具はリーズナブルではありませんが、金額を出す価値があると思えるほどの耐久性と透明度を併せ持っています。

 

ホルベインに比べて、落ち着いた色味を持っています。取り扱われている水彩絵の具は、「プロフェッショナル・ウォーターカラー」と「コットマン・ウォーターカラー」があります。水彩絵の具の他に、水彩用のメディウムや水彩紙、筆やスケッチブックなども取り扱われています。

 

水彩画の表現力を高められる商品が多く取り扱われているため、最高級のものを揃えたい人は、Winsor&Newtonの商品を使ってみてはいかがでしょうか。下記サイトは、Winsor&Newton(ウィンザー&ニュートン)の代理サイトです。気になった人は、ぜひご覧になってみてくださいね!

ドイツのプロも愛用「Schmincke(シュミンケ)」

Schmincke(シュミンケ)は、ドイツが誇る絵の具メーカーです。Schmincke(シュミンケ)の透明水彩絵の具は、「ホラダム」と「アカデミー水彩絵具」があります。

 

あらゆる目線から最高品質にこだわり、長い歴史の中で生み出されてきた最高級の水彩絵の具ですので、価格も高額になっています。本格的な水彩画を挑戦したい人におすすめのメーカーです。

 

下記サイトは、Schmincke(シュミンケ)の代理サイトです。気になった人は、ぜひご覧になってみてくださいね!

安さを求めるなら「100円均一」

記事番号:21451/アイテムID:6589259の画像

出典:https://limia.jp

100円均一ショップのダイソーやSeriaなどでも、水彩絵の具を購入することができます。ただし、一般的な水彩絵の具よりも速乾性が高いことや、にじみが出にくいことから、アクリル絵の具に近しい性質を持っていると言えます。

 

「手軽に初めてみたい。有名メーカーの絵の具よりも安く購入したい」という人は、ダイソーやSeriaなどの100円均一ショップで購入することをおすすめします。

チューブタイプの人気おすすめランキング4選

自分に合う絵の具の形状を探したい人におすすめ

セット売りは12色、24色もありますが、多すぎず少なすぎない18色は混色が楽しめるため人気です。比較的安価で、内容量も5mlと少量のため、自分に合う絵の具の形状を探したい人は手軽に購入できる商品なのではないでしょうか。

透明度 透明水彩 絵の具の形状 チューブ
内容量 18色×5ml 製品型番 WT00518C
付属品 なし

口コミをご紹介

オペラなど買わないといけない色はホルベインを使っています。特に発色に違いもなく、緑色がちょっと変わった色が入っていて、楽しいです。絵の具は基本セットをこういうもので買って、5号を好きな色だけ買い足していけばいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者におすすめ!

24色は、「12色では少ないけれど、多すぎると何色が良いのかわからない」という方にもおすすめできる種類数です。また、種類数が多くないため、比較的安価に抑えられ、初心者も手に入れやすい価格になっています。

 

また、有名なメーカーのため、取り扱っている店舗が多く、手軽に購入できるのもおすすめポイントの一つです。

透明度 透明水彩 絵の具の形状 チューブ
内容量 24色×5ml 製品型番 W405
付属品 なし

口コミをご紹介

透明水彩は複数メーカーがありますが、ホルベインは国産でアマチュアからプロまでユーザー数が非常に多く、また初心者にもチャレンジしやすい価格だと思います。実際に何度か使用してみましたが、発色が綺麗で大変満足しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

自分好みの色を作れる!

使いやすいポリチューブを使用した、基本的な12色が入っています。粒子が細かくて練りが均一なので、色も簡単に混ざり合います。12色と少ない色の数だと、混色することが多いと思いますので、混色で自分の好みの色を作りたい人にとてもおすすめです。

 

さらに、絵の具の伸びがいいので、のびのびと絵の具を使うことができます。また、アメリカの安全基準をクリアした証拠であるAPマークを獲得し、国際玩具安全基準ISO8124-3に適合している安心で安全な絵の具です。

 

配色は、白色、レモン色、黄色、薄橙色、茶色、朱色、赤色、青色、セルリアンブルー(水色)、黄緑色、緑色、黒色。黄色系に強いのが特徴です。

透明度 半透明水彩 絵の具の形状 チューブ
内容量 12色×12ml 製品型番 MW12PR
付属品 なし

口コミをご紹介

幼稚園準備に必要で購入。定価よりもずっと安く手に入って有難い。
キャップは小さな子でも開け閉めしやすい造りです。カチッと上げ下げ。

出典:https://www.amazon.co.jp

お子様におすすめ!自宅でも学校でも

使いやすさにこだわられたポリチューブを使用し、基本的な12色が入っている商品をおすすめ。エフ水彩は、欧州連合(EU)加盟国の安全基準をクリアした証拠であるCEマークを獲得している安心で安全な絵の具なので、小さなお子さまや小学生のお子さまにもおすすめです。

 

専門的な画材店に行かなくても、スーパーや文具店でも購入ができ、セットも安価で、単色の購入もできる、手軽さがたっぷりな点もおすすめポイントの一つです。

 

配色は、白色、黄色、黄緑色、緑色、空色、青色、桃色、赤色、朱色、ペールオレンジ(肌色)、茶色、黒色。桃色や肌色などの、混色しなければ作れない色が入っているので、そのままでも十分使いやすいのが特徴です。

透明度 半透明水彩 絵の具の形状 チューブ
内容量 12色×12ml 製品型番 WFC2-12
付属品 なし

口コミをご紹介

3歳児でもキャップの取り扱いが簡単にできます
はずれないキャップなのでなくす心配もなし
チューブは柔らかいので小さな子供でも絞り出しやすい

出典:https://www.amazon.co.jp

チューブタイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6515164の画像

    ぺんてる

  • 2
    アイテムID:6518136の画像

    サクラクレパス

  • 3
    アイテムID:6517736の画像

    ホルベイン(Holbein)

  • 4
    アイテムID:6520134の画像

    ターナー色彩(Turner Color)

  • 商品名
  • エフ水彩 ポリチューブ入り 12色
  • マット水彩 ポリチューブ入り 12色セット
  • 透明水彩絵具 24色セット
  • 透明水彩絵具 18色セット
  • 特徴
  • お子様におすすめ!自宅でも学校でも
  • 自分好みの色を作れる!
  • 初心者におすすめ!
  • 自分に合う絵の具の形状を探したい人におすすめ
  • 価格
  • 644円(税込)
  • 835円(税込)
  • 3428円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 透明度
  • 半透明水彩
  • 半透明水彩
  • 透明水彩
  • 透明水彩
  • 絵の具の形状
  • チューブ
  • チューブ
  • チューブ
  • チューブ
  • 内容量
  • 12色×12ml
  • 12色×12ml
  • 24色×5ml
  • 18色×5ml
  • 製品型番
  • WFC2-12
  • MW12PR
  • W405
  • WT00518C
  • 付属品
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし

ケーキカラーの人気おすすめランキング3選

色々揃ってこのお値段!超お得なケーキカラーセット

付属品は、スケッチ用の鉛筆、水彩筆、水筆、固形絵の具専用の水彩紙、スポンジ、6ml白色チューブ、コーラルベルベットバッグ、水彩パレット、折りたたみ式筆洗バケツ、4本水彩筆セットという、この商品だけで基本的な道具が揃うほどの付属内容です。

 

ケーキカラーは無毒素材を採用している上に、絵の具が服に付いても簡単に拭き取れるため、子どもにも安心、安全に使用できます。筆に水を含ませて触れるだけで簡単に溶けるので、使いやすい点もおすすめポイントの一つ。

 

付属品が充実し、安心と安全を兼ね備えたこの商品は、お子さまへのプレゼントにおすすめです。

透明度 透明水彩 絵の具の形状 ケーキカラー
内容量 36色 製品型番 なし
付属品 スケッチ用の鉛筆、水彩筆、水筆、固形絵の具専用の水彩紙、スポンジ、6ml白色チューブ、コーラルベルベットバッグ、水彩パレット、折りたたみ式筆洗バケツ、4本水彩筆セット

口コミをご紹介

ど素人の感想ですが、子供達の美術に対するハードルを少し下げて、楽しみながら絵を描く…という目的を果たすには、充分なセットだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

屋外で鮮やかな作品が描ける

美良(MeiLiaug)は中国のメーカーで、各サイトでも高い評価を獲得している、ケーキカラーの透明水彩絵の具です。高い評価の理由は、透明感が高く鮮やかに発色し、色がきれいになじむ点と、水筆がセットになっていて36色も入っているのに安価というコスパの良さです。

 

上部なメタルボックスが大切な絵の具を守るうえ、蓋がパレットとして利用できるので、屋外で描きたい人におすすめです。また、「カラーチャート」が作成できる、色の名前が書いた用紙が付いてくるため、着色するだけでカラーチャートを簡単に作ることができます。

透明度 透明水彩 絵の具の形状 ケーキカラー
内容量 36色 製品型番 なし
付属品 パレット(蓋)、水筆、カラーチャート用紙

口コミをご紹介

W&Nなども使ってるのですが、発色、色の伸びに特段優劣も感じられなく。まぁ時間が経つと退色の度合いが違うのかもしれませんが、今の所描きやすくて全く問題ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

透明水彩と不透明水彩を併用できる夢のセット

ホルベインのケーキカラーは、水溶けがよく鮮やかに発色するのが魅力です。蓋がパレットになっているので、携帯性も〇。準備にも後片付けにも手間がかからない固形タイプです。

 

単色でも購入できるため、セットされているカラーが無くなった場合や、自分でカスタマイズしたい場合にもおすすめです。また、同じ形の不透明水彩のケーキカラーもあるので、セット一つで透明水彩と不透明水彩を併用できるのもおすすめポイントの一つです。

透明度 透明水彩 絵の具の形状 ケーキカラー
内容量 24色 製品型番 C012
付属品 パレット(蓋)、チャイニーズホワイト(6mlチューブ入り)

口コミをご紹介

広げて筆に水を付けたらすぐに使えるし、片付けも簡単なのでとても使いやすいです。フタの裏がパレットになっているのもありがたいです。自分は透明水彩初めてなのですが、この値段でホルベインの絵の具を24色セットで買えたのはとても良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ケーキカラーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6519679の画像

    ホルベイン(Holbein)

  • 2
    アイテムID:6519050の画像

    美良(MeiLiang)

  • 3
    アイテムID:6522286の画像

    Frunsi

  • 商品名
  • 固形水彩絵具 透明ケーキカラー 24色セット
  • 固体水彩絵具 セット ブラシ付属 (36色)
  • 固形絵の具 36カラー
  • 特徴
  • 透明水彩と不透明水彩を併用できる夢のセット
  • 屋外で鮮やかな作品が描ける
  • 色々揃ってこのお値段!超お得なケーキカラーセット
  • 価格
  • 4197円(税込)
  • 2399円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 透明度
  • 透明水彩
  • 透明水彩
  • 透明水彩
  • 絵の具の形状
  • ケーキカラー
  • ケーキカラー
  • ケーキカラー
  • 内容量
  • 24色
  • 36色
  • 36色
  • 製品型番
  • C012
  • なし
  • なし
  • 付属品
  • パレット(蓋)、チャイニーズホワイト(6mlチューブ入り)
  • パレット(蓋)、水筆、カラーチャート用紙
  • スケッチ用の鉛筆、水彩筆、水筆、固形絵の具専用の水彩紙、スポンジ、6ml白色チューブ、コーラルベルベットバッグ、水彩パレット、折りたたみ式筆洗バケツ、4本水彩筆セット

パンカラーの人気おすすめランキング3選

3位

Schmincke(シュミンケ)

ホラダム固形水彩絵具 12色セット(丸筆付)

憧れのメーカーに丸筆が付いたセット

ドイツの最高級水彩絵の具「ホラダム」から、パンカラーの12色と丸筆のセットをおすすめ。外蓋と中蓋がパレットになり、パレットの面積が広いため、のびのびと使用することができます。

 

発色が非常に鮮やかで美しく、パレットに色を作る段階でもそれを感じることができます。金属製のケースに入っていて持ち運びにも便利なので、屋外や旅行先などでも、最高の発色で美しい絵が描けます。単色の購入も可能なので、オリジナルパレットを作るのも〇。

透明度 透明水彩 絵の具の形状 パンカラー
内容量 12色 製品型番 w067002
付属品 パレット(外蓋、中蓋)、丸筆

水筆もドローイングペンもセット!超便利なパンカラー

書道メーカー「呉竹」から、パレットと2種類の筆がセットになったパンカラーをおすすめ。蓋は9つに分かれたパレットで、14色の絵の具と、水筆、ドローイングペンが付属されているコンパクトでコスパの良い商品です。

 

ドローイングペンとは、ペン先の太さがミリ単位の線幅のペンのことで、乾くと色が水に流れにくく滲まない性質を持っているため、輪郭線や文字書きに最適です。

 

絵の具は14色だと少ないように感じますが、呉竹のパンカラーは色を混ぜても鮮やかに発色するため、14色でも素敵な作品を作ることができます。

透明度 透明水彩 絵の具の形状 パンカラー
内容量 14色 製品型番 KG301-1
付属品 パレット(蓋)、水筆、ドローイングペン

口コミをご紹介

14色はやや少なめだが、初心者が混色を学びながらスケッチを愉しむにはちょうど良い。ドローイングペンも絶妙な太さと書き心地。水筆は水入れ要らずで、不安定な場所でも描けてすこぶる便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Winsor&Newton(ウィンザー&ニュートン)

プロフェッショナル ウォーターカラー 24色セット

パンカラーならこの商品!

この絵の具は、小さな画材店でも取り扱われていることがあるので、入手しやすいのが嬉しい点。単色の販売もあるので、「24色では少ない」と感じる人でも、自分だけのパレットをカスタマイズすることができます。

 

プロフェッショナル・ウォーターカラーは、英国王室ご用達の最高級水彩絵の具です。純度、品質、信頼性が最高級グレードなこの絵の具は、最高級顔料を使用しているので、非常に鮮やかな発色と透明度、優れた耐久性を持っています。

透明度 透明水彩 絵の具の形状 パンカラー
内容量 24色×5ml 製品型番 w060808
付属品 パレット(蓋)

口コミをご紹介

色んなアーティストグレードの水彩絵の具を買い漁って試してみて、どのブランドにもそれぞれ良さがあり個性があることがわかりました。W&Nは単一顔料の絵の具が他のブランドより多いので、混色しても濁りにくく、パキっとした発色が私の好みでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

パンカラータイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6519167の画像

    Winsor&Newton(ウィンザー&ニュートン)

  • 2
    アイテムID:6520063の画像

    呉竹(Kuretake)

  • 3
    アイテムID:6521600の画像

    Schmincke(シュミンケ)

  • 商品名
  • プロフェッショナル ウォーターカラー 24色セット
  • 透明水彩セット フィス 14色セット
  • ホラダム固形水彩絵具 12色セット(丸筆付)
  • 特徴
  • パンカラーならこの商品!
  • 水筆もドローイングペンもセット!超便利なパンカラー
  • 憧れのメーカーに丸筆が付いたセット
  • 価格
  • 10895円(税込)
  • 2350円(税込)
  • 14850円(税込)
  • 透明度
  • 透明水彩
  • 透明水彩
  • 透明水彩
  • 絵の具の形状
  • パンカラー
  • パンカラー
  • パンカラー
  • 内容量
  • 24色×5ml
  • 14色
  • 12色
  • 製品型番
  • w060808
  • KG301-1
  • w067002
  • 付属品
  • パレット(蓋)
  • パレット(蓋)、水筆、ドローイングペン
  • パレット(外蓋、中蓋)、丸筆

アクリル絵の具との違い

水彩絵の具とアクリル絵の具の違いは、主に、絵の具の材料、絵の具が乾く早さ、乾いた後の性質、描ける素材にあります。

 

絵の具は、顔料とバインダー(展色材)が練り合わさって作られていて、このバインダーが、水彩絵の具はアラビアゴムで、アクリル絵の具はアクリル樹脂です。その違いにより、絵の具の様々な性質が変わっているのです。

 

水彩絵の具は乾くのに時間がかかるので、自分の絵と向き合いながらじっくり色を塗りたい人におすすめです。乾いた後の性質は水溶性のため、重ね塗りによる色の修正ができません。使用できる素材は紙が一般的で、服に付いても比較的落としやすく、お子様にもおすすめです。

単色での購入におすすめの色

単色での購入におすすめな色は、白と原色です。白は、水彩画の表現時は混色に、油絵の表現時にはそのまま白としてなど、他の色より使うタイミングが多くあります。

 

原色は、シアン(青)、マゼンタ(赤)、イエローの3色で、基本的に混色はこの3色を使うことが多いので、単品で購入しておくことをおすすめします。

水彩絵の具の塗り方

水彩画を始めるにあたり、その塗り方を知る必要があります。水彩画は、透明水彩、不透明水彩があり、それぞれで塗り方が異なるので、それぞれご紹介します。

「透明水彩絵の具」の塗り方

白い部分は紙の白を残します。明るい色を作る時は、白を使わず水の量で調節します。下の色が透けるので、明るい(薄い)色から塗り、濃い色は最後に塗ります。色を混ぜる時は、パレット上で混色する場合と、紙上で塗り重ねて混色する場合があります。

「不透明水彩絵の具」の塗り方

白い部分を塗る時は、白い絵の具を使用します。明るい色を作る時は、白を混色させて作ります。色を塗り重ねても下の色が透けないので、濃い色から塗っても問題がありません。色を混ぜる時は、パレット上で混色します。

水彩絵の具の落とし方

夢中で絵を描いていたら、服に絵の具が付いてしまった、ということは珍しいことではありません。水彩絵の具は水性とはいえ、簡単に落ちてくれるわけではありません。ここでは、水彩絵の具の落とし方を2パターンご紹介します。

「でんぷんのり」を使って落とす

準備するものは、でんぷんのりのみです。まず、でんぷんのりを汚れた部分に付けます。その状態で数分間置いてから、水ででんぷんのりを洗い流します。そのあとは、洗濯用洗剤でいつも通りの洗濯をするだけです。

 

でんぷんのりがない人は、炊いたお米をすりつぶしたものでも代用ができます。

「アルコール消毒液と重曹」を使って落とす

準備するものは、タオル、アルコール消毒液、重曹、食器用中性洗剤(もしくは酸素系漂白剤)、キッチンペーパー、熱湯の6つ。

 

下準備として、アルコールや重曹が染み出してしまわないよう、絵の具で汚れた部分の下にタオルを敷きます。それから、重曹と食器用洗剤を1:1の割合で混ぜておきます。

 

汚れを落とす作業です。まず、汚れた部分にアルコール消毒液を塗ります。その上に、重曹と食器用洗剤を混ぜたものを覆います。この時のポイントは、叩くように塗っていくことです。次に、熱湯を汚れの上にかけます。そのあとは、洗濯用洗剤でいつも通りの洗濯をします。

まとめ

現在、自宅にいる時間が増えた人も多いのではないでしょうか。この期間中に、大人の習い事として人気の水彩画で、生活を華やかに彩ってみてはいかがでしょうか。また、お子さまと一緒にお絵かきを楽しむのも、素敵な思い出となるでしょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アクリル絵の具の人気おすすめランキング10選【セット商品も紹介】

アクリル絵の具の人気おすすめランキング10選【セット商品も紹介】

画材
水彩パレットの人気おすすめランキング10選【水彩画をもっと楽しく】

水彩パレットの人気おすすめランキング10選【水彩画をもっと楽しく】

画材
水彩紙(水彩画用紙)の人気おすすめランキング10選【水張りの方法もご紹介】

水彩紙(水彩画用紙)の人気おすすめランキング10選【水張りの方法もご紹介】

画材
イーゼルの人気おすすめランキング10選【使い方もご紹介!】

イーゼルの人気おすすめランキング10選【使い方もご紹介!】

画材
ケント紙の人気おすすめランキング10選【イラストやデッサンに大活躍】

ケント紙の人気おすすめランキング10選【イラストやデッサンに大活躍】

画材
面相筆の人気おすすめランキング15選【書道やプラモデル製作に大活躍】

面相筆の人気おすすめランキング15選【書道やプラモデル製作に大活躍】

画材